ワイヤレス : Cisco Aironet 340 シリーズ

BSE342 およびBSM342 ベースステーションの設定

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Aironet 340 シリーズ ベース ステーション BSE342 および BSM342(総称的にベース ステーションまたは BSx と呼ばれる)は、ホーム ユーザや小規模オフィスにイントラネットやインターネットへのワイヤレス接続を提供します。 イーサネット RJ-45 ポートを備えたベース ステーションは、デジタル加入者線(DSL)またはケーブル モデム経由でインターネットに接続できます。 BSM342 には、複数のコンピュータが 1 つのダイヤルアップ接続経由でインターネットにアクセスできるようにする統合 56k v.90 ダイヤルアップ モデムが搭載されています。

使いやすいグラフィカル インターフェイスですぐにベースステーションをインストールし、設定できます。 システムとおよび Cisco Aironet クライアントアダプタと併用するための含まれている Base Station Client Utility (BSCU)はこれらのタスクを行うために Windows クライアントを使い易い ツール提供します。 Linux および MacOS クライアントは Telnet か HTTP 接続によって迅速かつ簡単にベースステーションを設定できます。

BSE342 におよび BSM342 に直接ケーブル接続を作るためコンソールポートがありません。 デフォルト設定は無線クライアント PC がポイントから BSCU、Webブラウザ、または有線接続の必要なしで Telnet クライアントによって接続をすることができるベースステーションと関連付けるようにします。

前提条件

要件

この資料に説明があるタスクを行う前にクライアントアダプタをインストールするのにこれらの手順を使用して下さい:

クライアントPC でインストールされる BSCU がまたあるはずです(インストールで詳述されるステップに BSCU セクション従って下さい)。 Linux または MacOS クライアントからのベースステーションを設定することを計画する場合場合 Webブラウザについて詳しく知っている Telnet で接続して下さい。

使用するコンポーネント

この資料はファームウェアの版を実行する BSE342 および BSM342 ベースステーションに適当です。

多くの異なった無線クライアント プラットフォームによって Cisco Aironet BSx342 ベースステーションを使用することは可能性のあるの間、現在 BSCU は Microsoft Windows 95 を実行するプラットフォームでだけ、98、2000 年、ME および XP サポートされます。 Linux および MacOS クライアントはベースステーションを HTTP によって設定するか、または Telnet で接続するのに Webブラウザか Telnet クライアントを使用する必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

製品の説明および使用方法

BSE342

Cisco Aironet BSE342 ベースステーションに有線ネットワークに接続するべき 10/100BAseT イーサネットインターフェイスがあります。 インターネットへのホーム ネットワークの接続のために BSE342 が Point-to-Point Protocol (PPP) over Ethernet (PPPoE)、頻繁に DSL によってインターネットサービスプロバイダー(ISP)によって必要なプロトコルまたはケーブルモデムを使用できます。

BSM342

BSM342 は BSE342 の機能を所有し、また ISP にダイヤルアップモデム接続を可能にするために v.90 モデムを組み込みます。

動作モードおよび記述

BSE342 のために設定可能な 3 つの動作モードがあります: ケーブルか DSL モデム、アクセス ポイント、または PPPoE。 BSM342 に 1 追加モードがあります: ダイヤル式。

  • Cable/DSL モデムモードはベースステーションがケーブルか DSL モデムを通って ISP およびインターネットに接続するようにします。

  • PPP over Ethernet モードは ISP がケーブルか DSL モデムを通して PPP を使用するとき使用されます。

  • アクセスポイントモードはスタンドアロン無線ネットワークをサポートするか、またはワイヤレスアクセスのための内部 LAN に接続します。 この設定はワイヤレス ターミナルがプリンタおよびサーバのようなローカルLAN リソースにアクセスするようにします。

  • ダイヤル式モードは電話回線にベースステーションを接続し、ISP と通信するのに内部モデムを使用します。

Base Station Client Utility による設定

BSCU によるベースステーションの設定はこれらのステップを必要とします:

  1. BSCU をインストールして下さい

  2. クライアントの設定

  3. ベースステーションを設定して下さい

BSCU をインストールして下さい

BSCU をインストールするために次の手順に従って下さい:

  1. クライアント無線 カードを挿入して下さい。

  2. Base Station Connection Status (BSCS) ユーティリティが PC でインストールされている場合、システムトレイの電話アイコンを右クリックし、BSCU のインストール前に『Exit』 を選択 して下さい。

  3. ベースステーションを設定するのに使用されるべきコンピュータの CD-ROMドライブに CD を置いて下さい。

  4. CD のコンテンツを表示するのに Windowsエクスプローラを使って下さい。

  5. それを表示するために BSCU フォルダをダブルクリックして下さい。

  6. setup.exe ファイルをダブルクリックして下さい。 インストール ウィザードは現われます。

  7. インストール ウィザードが提供するステップに従って下さい。

  8. インストール ウィザードによって要求された場合、『Talk To A Base Station To Access The Internet』 を選択 して下さい。

  9. 起動 Base Station Client Utility エントリ ボックスをチェックし、ユーティリティを開始するために『Finish』 をクリック して下さい。

ベースステーションにクライアントおよび関連を設定して下さい

ベースステーションにコンソールポートがありません。 従って BSCU の初期設定に関しては無線リンクを通ってベースステーションに接続することは必要です。 これを達成するために、クライアントを設定して下さい。

ベースステーションに tsunami の Service Set Identifier (SSID)の工場出荷時のデフォルト設定があります。 SSID がベースステーションに関連付けることができるクライアントを特定するのに使用されています。 tsunami にクライアントの SSID を設定 して下さい。 追加クライアントコンフィギュレーション情報に関してはクライアントアダプタの設定を参照して下さい。

クライアントを設定し、ベースステーションにそれを関連付けるために次の手順に従って下さい:

  1. (Base Station Client Utility) メニュー バーから、『Client』 を選択 して下さい。

  2. 図 1.に示すように『Edit Client Properties』 を選択 して下さい。

    図 1 -メニューの選択

    editclient.gif

  3. SSID がデフォルト tsunami に設定 されるようにして下さい。

    コンピュータ名値はウィンドウズオペレーティングシステムで設定される名前にデフォルトで設定されます。 この名前は無線ネットワークでユニークである必要があります。

    : Computer Name 設定への変更により PC の他のネットワーク プログラムを認識されない操作不可能なおよび PC ログインパスワードであるために引き起こす場合があります。 この設定を変更するとき注意して下さい。

  4. チェックボックスによってマークされる Enable Encryption (WEP)がチェックを外されることを確認して下さい。

  5. [OK] をクリックします。

図 2 -クライアント Properties

clientconf.gif

図 3 -ステータスバー

statusbar.gif

クライアントがベースステーションと関連付けこの時点で損う場合デフォルト設定にベースステーションをリセットして下さい。 Reset ボタンとの設定デフォルトを参照して下さい。

Reset ボタンはベースステーションのバックパネルの小さいホールにあり、デフォルト値に基地局パラメータをリセットするのに使用されています。

Reset ボタンをアクティブにするために、これらのステップを完了して下さい:

  1. まっすぐにされたペーパークリップを小さいホールに挿入し、押して下さい。

  2. ペーパー クリップを外します。

  3. ステータス LED がオレンジに点滅して、ベース ステーションが次のデフォルトのパラメータ値になったことを示します。

    無線ネットワーク名 tsunami
    WEP暗号化キー 3031323334353637383930313233
    ネットワーク タイプ インフラストラクチャ
    データ レート Auto
    暗号化 Enabled
    認証タイプ オープン
    暗号化 128-bit 暗号化
    アソシエーション 許可される混合されたセル

    ベースステーションは『OK』 をクリック する場合これらの設定を送信 します。 ベースステーションへの変更を行なうために『Edit Base Station Settings』 をクリック して下さい。

ベースステーションを設定して下さい

無線クライアントはベースステーションと関連付けられることを BSCU が示せば、設定を続行できます。

  1. メニューバーから、『Base Station』 を選択 して下さい。

  2. 『Set up Base Station』 を選択 して下さい。

    図 4 -メニューの選択

    bsxsetup.gif

    Settings ウィンドウが付いているセットアップ ベース ステーションは現在のベースステーション設定を表示する。

    図 5 -現在の設定

    bsxsetup2.gif

    ベースステーションはネットワークの意図されていたロールに適するために今設定することができます。

  3. 表示する設定に満足する場合、『OK』 をクリック して下さい。

    ベースステーション設定を受け入れるために『OK』 をクリック するとき BSCU は設定にベースステーションを設定しましたり、同じベースステーション設定に自動的にワイヤレス PC のクライアント無線を設定します。

無線ネットワーク パラメータ

Edit Base Station Settings ボタンをクリックするとき、受け入れることができたりまたはベースステーションおよびクライアントカードの SSID、Wired Equivalent Privacy (WEP) キー エントリ方式、WEP暗号化キーおよび暗号化設定を変更するベースステーション 無線ネットワーク パラメータ 画面は表示する。

図 6 -無線ネットワーク パラメータ

netparms.gif

SSID (設定 された サービス識別子)はベースステーションの無線ネットワークを識別し、ベースステーションと通信するすべてのワイヤレス デバイスによって使用する必要があります。 この値を変更するために、エントリ ボックスで新しい名前を入力して下さい。 1 から 32 の ASCII文字に入ることができます。

WEP Encryption 鍵 エントリ方式は暗号化キー エントリ方式を選択します。 にこの値を、クリックします 16 進法(0-9、A-F)、または ASCII テキストを変更します。

WEP暗号化キーは 128-bit 暗号化をセキュリティに与えます。 暗号化キーはすべてのワイヤレス デバイスおよびベースステーションで同じ丁度設定する必要があります。 このエントリはクライアント無線 カードだけで利用できますそのサポート 128-bit WEP。 このフィールドの正当なエントリは選択した キーエントリー方式によって決まります。 ASCII エントリの場合、1 つから 13 の ASCII文字は使用することができます。 16 進法エントリが選択される場合、1 つから 26 の 16進文字(0-9、AF)は使用されるかもしれません。

Enable Encryption (WEP)チェックボックスは 128-bit 暗号化の使用を有効に するか、またはディセーブルにします。 設定を変更するためにボックスをクリックして下さい。

すべての無線クライアント PC の SSID および WEP Encryption 鍵設定はベースステーションの設定を完全に一致する必要があります。 ベースステーションのこれらのパラメータを変更する場合、クライアントカードを新しい設定を一致するために再構成するのに他のすべてのワイヤレス PC で BSCU を使用して下さい。

ネットワークパラメータを設定したら、次に分類されるボタンをクリックして下さい。

ベースステーションの特性

ベースステーション特性 画面は図 7.示される接続タイプ オプションを選択することを可能にします。

図 7 -ベースステーション特性

/image/gif/paws/19134/bsxprops.gif

異なるモードの説明に関しては、動作モードおよび説明セクションを参照して下さい。 Next ボタンを使用し、クリックしたいモードのオプション ボタンをクリックして下さい。

DSL/Cable モデムモードのために設定して下さい

DSL リンクまたはケーブルモデムからの高速インターネット接続があれば DSL/Cable モデムのイーサネットインターフェイスにベースステーションを接続することができます。

ケーブルか DSL モデムモードはベースステーションのデフォルトモードです。 このモードはサービスプロバイダーによって提供される既存の DSL かケーブルモデムに接続することを可能にします。

ベースステーション特性 画面(図で 7) 『Use Cable or DSL Modem for Internet Connection』 を選択 し、示されている『Next』 をクリック して下さい。

図 8 - Cable/DSL モデム Properties

/image/gif/paws/19134/cabldsl1.gif

『Next』 をクリック すれば 設定されたパラメータの主要なセットアップスクリーンに戻ります。 ベースステーションにワイヤレスリンクを渡るパラメータを送るために『OK』 をクリック して下さい。

図 9 - Cable/DSL 設定

/image/gif/paws/19134/cabldsl2.gif

PPPoE モードのためのセットアップ

PPP over Ethernet (PPPoE)モードは ISP がケーブルモデムか DSL モデムを通して通信のためにプロトコルを必要とするとき使用されます。 ベースステーションは DSL かケーブルモデムにイーサネットによって物理的に接続されます。

ベースステーション特性 画面(図で 7) 『Use PPP over Ethernet for Internet Connection』 を選択 し、示されている『Next』 をクリック して下さい。

PPP Over Ethernet Properties 画面では現われる、ISP から提供されるユーザ名、パスワード、およびドメイン名を入力して下さい。 [Next] をクリックします。

図 10 - PPPoE の プロパティー

/image/gif/paws/19134/pppoe1.gif

新しい設定は表示する。 ベース ステーション の モードおよび他のパラメータが設定 される確認し、ベースステーションに設定を送信 するためにことを『OK』 をクリック して下さい。

図 11 - PPPoE の 設定

/image/gif/paws/19134/pppoe2.gif

アクセスポイントモードのためのセットアップ

アクセスポイントモードでベースステーションは内部 無線LAN に接続できます。 このモードでワイヤレス デバイスはネットワークリソースのための無線LAN にアクセスできます。

アクセスポイントモードでベースステーションはワイヤレスか配線されたデバイスに DHCPサーバ 機能か NAT 機能を提供しません。 有線ネットワークが DHCPサーバが含まれている場合自動的に DHCP によってネットワーク情報を得るために、無線カードが使用されるときワイヤレス PC は設定 することができます。 ベースステーションは典型的なアクセス ポイントとして機能し、DHCPサーバに/から DHCP パケットを渡します。

外部 DHCPサーバを使用するときベースステーション IP アドレスを得るために、Cisco Aironet 340 シリーズ ベースステーション CD で見つけられる IP Setup Utility (IPSU)を使用できます(IPSU をインストールすることを参照して下さい)。

ベースステーション特性 画面(図で、使用を無線クライアント オプション ボタンだけのためのアクセス ポイントとしてクリックし、『Next』 をクリック して下さい 7)示されている。

Access Point Properties 画面では現われる、ベースステーションを自動的に受け取ります IP情報を『IF』 を選択 して下さい。 そうでなかったら、アドレス、マスク、ゲートウェイおよび DNS 情報をネットワークのために適切ように記入して下さい、『Next』 をクリック して下さい。

図 12 -アクセス ポイント の 特性

/image/gif/paws/19134/ap1.gif

新しい設定は表示する。 ベース ステーション の モードおよび他のパラメータが一定である確認し、次にベースステーションに設定を送信 するためにことを『OK』 をクリック して下さい。

図 13 -アクセス ポイント設定

/image/gif/paws/19134/ap2.gif

ダイヤル式のためのセットアップ

BSM342 はブロードバンド インターネット 接続がない時 ISP にダイヤル式のための統合モデムが含まれています。 手動で 引き起こされたときクライアント PC は ISP にダイアルインするためにダイヤル オンデマンド接続を開始できましたりまたは設定することができます。

ベースステーション特性 画面(図で 7) 『Use Built In 56k Modem for Internet Connection』 を選択 し、示されている『Next』 をクリック して下さい。 ダイヤルアップ モデム の プロパティー 画面は現われます。

図 14 -ダイヤルアップ モデム の プロパティー

/image/gif/paws/19134/dialup1.gif

ユーザ名、パスワード、電話番号およびドメイン名設定は ISP によって提供する必要があります。

またはベースステーションが接続される電話線の機能に基づいてパルスダイヤル 『Tone Dialing』 を選択 して下さい。

クライアントPC からトラフィックがあるときモデムに自動的に ISP に接続してほしい場合にダイアルオンデマンド設定を行って下さい。 『OFF』 を選択 する場合、Base Station Connection Status (BSCS) 画面で『Connect』 をクリック して下さいまたは(インターネットブラウザを使用するとき)手動で接続を開始するためにベースステーション Main Menu 画面で『Start a connection』 をクリック して下さい。

アイドル状態のハングアップ時間設定は IP トラフィックが行を渡って渡されない場合何分をとどまることは ISP に接続したかモデムに告げます。 ISP が接続の端で設定されるより短いアイドル時間を過すかもしれないことに注意して下さい。

Country 設定は統合モデムのための国別コードを規定 します。 ベースステーションが操作される国にこれを設定 して下さい(国際的にダイヤルする場合、ない国にモデム ダイヤル。)

図 15 -ダイヤルアップ モデムの設定

/image/gif/paws/19134/dialup2.gif

『Next』 をクリック すれば ダイヤルアップの設定は表示する。 パラメータを確認し、そしてベースステーションに設定を送信 するために『OK』 をクリック して下さい。

Webブラウザによるベースステーション の 設定

非 Windows プラットフォームを使用するか、または BSCU を使用したい場合 Webブラウザからベースステーションを設定できます。

ベースステーションに参照して下さい

Webブラウザとベースステーションに接続するために、BSx &apos の IP アドレスを入力して下さい; Webブラウザのアドレスまたは Location エリアへの s IP アドレス。 デフォルト IP アドレスは 192.168.200.1 です; 以前にそれを変更する場合、正しいアドレスを入力して下さい。

ブラウザが設定したアドレスかデフォルト IP アドレスと接続しなかったら、デフォルト設定にベースステーションをリセットして下さい。 プロシージャのための Reset ボタンとの設定デフォルトを参照して下さい。

接続されて、メインセットアップページは表示する。

図 16 -メインセットアップページ

/image/gif/paws/19134/browser1.gif

主要なセットアップスクリーン ディスプレイ ベースステーションの現在の設定。

ベースステーションの特性

SSID および WEPキー デフォルトを変更する必要があります。 これを行うために、テキストボックスの New 値をタイプして下さい。 ブラウザ エントリ ボックスで情報を入力するとき、エントリを完了するために入力 キーを押して下さい。 SSID および WEPキーへの変更を行なう場合、Aironet Client Utility のクライアントマシンでそれらを設定 して下さい。

ベースステーションの変更をアクティブにするために、『Use new SSID and key』 をクリック して下さい。

Cable/DSL モデムモードのために設定して下さい

図 16 では、黒いレタリングで、ベースステーションのデフォルト動作モードが cable_DSL_modem であることがわかります。 Cable/DSL モデムモードで利用可能 な他の構成可能オプションは下記のものを含んでいます:

  • ベースステーション名前: ベースステーションの新しい名前をここに入力し、『Enter』 を押して下さい。

  • ネットワーク アドレスを自動的に得て下さい: ベースステーションが DHCPサーバから IP アドレッシング 情報を受け取る場合、これを設定 しましたに残して下さい。 そうでなかったら、『OFF』 を選択 して下さい。 画面は IPコンフィギュレーション オプションをリフレッシュし、示します。 アドレス、マスク、ゲートウェイ、DNS およびドメイン名 情報は ISP によって提供する必要があります。 各エントリを入力した後『Enter』 を押して下さい。

PPPoE モードのためのセットアップ

図 16 示されているメイン ページから『PPP_over_ethernet』 をクリック して下さい。

メイン ページは入るべき PPPoE パラメータと拡張します。 ログインネーム、パスワードおよびドメイン名を記入して下さい。 これらの値はインターネットサービスプロバイダーによって提供する必要があります。 各エントリの端に『Enter』 を押すことを忘れないでいて下さい。

図 17 - PPPoE の セットアップ ページ

/image/gif/paws/19134/browser2.gif

アクセスポイントモードのためのセットアップ

図 16 示されているメイン ページから『accesspoint』 をクリック して下さい。

メイン ページは入るべきアクセス ポイント パラメータと拡張します。 アドレス、マスク、ゲートウェイ、DNS およびドメイン名 情報を記入して下さい。 各エントリの端に『Enter』 を押すことを忘れないでいて下さい。

図 18 -アクセス ポイント セットアップページ

/image/gif/paws/19134/browser3.gif

ダイヤル式モードのためのセットアップ

図 16 示されているメイン ページから『PPP_over_ethernet』 をクリック して下さい。

メイン ページは入るべき PPPoE パラメータと拡張します。 ログインネーム、パスワードおよびドメイン名を記入して下さい。 これらの値はインターネットサービスプロバイダーによって提供する必要があります。 各エントリの端に『Enter』 を押すことを忘れないでいて下さい。

ダイアルオンデマンド設定はにクライアントPC からトラフィックがあるときモデムに自動的に ISP に接続してほしい場合行う必要があります。 『OFF』 を選択 する場合手動で接続を開始するために、『Start a connection』 をクリック して下さいまたは手動で モデムコールを終了するために接続を停止して下さい

ハングアップ設定を引き起こすアイドル時間の分は IP トラフィックが行を渡って渡されない場合何分をとどまることは ISP に接続したかモデムに告げます。 ISP が接続の端で設定されるより短いアイドル時間を過すかもしれないことに注意して下さい。

図 19 -ダイヤルアップの設定

/image/gif/paws/19134/browser4.gif

Telnet による設定

ベースステーションの内部 IP アドレスにワイヤレス Telnet接続を開くことは可能性のあるです。

BSx342 に Telnet によって接続されるとき、このメニューを見ます:

図 20 - Telnet BSx342 接続 メニュー

/image/gif/paws/19134/telnet1.gif

ベースステーションの設定は簡単です。 の menu 画面のオプション アクセスするために、メニュー プロンプトで番号をタイプできます。

ロード ファームウェア

BSx342 はファームウェアと前もって積まれて来、ボックスの解決する間、BSx342 のための最新版ファームウェアをロードすることは賢明です:

  1. リセットモードに新しいファームウェアをロードしたいと思うところにベースステーションを置くために 3 秒の小さいオブジェクトの Reset ボタンを(電源 接続の左側にユニットの背部にある) (つまようじかペーパークリップのような)押して下さい。

    中央 LED は黄色く点滅し始めます。

  2. ファームウェアイメージをベースステーションにアップロードするために、BSCU を使用して下さい。

    デスクトップの BSCU アイコンをダブルクリックしか、または Start ボタン メニュー ナビゲート し、BSCU を開始するために『Base Station Client Utility』 を選択 して下さい。

  3. ユーティリティがロードしたら、BSCU メニューから『Base Station』 を選択 し、『Load New Firmware Into Base Station』 をクリック して下さい。

    ファームウェアファイルをアップグレードのために必要とされて見つけるためにプロンプト表示されます。 ファイルを捜し、Open ボタンをクリックして下さい。

  4. 経過表示バー ディスプレイはリセットモードのベースステーションにファイルとしてアップロードされます。

    経過表示バーはベースステーションが再起動する間、およそ 95%で停止するようです。 ベースステーションがバックアップの、転送がなされるコンピュータ回復するベースステーションへの接続を、およびバーは 100%に行きますとき。


関連情報


Document ID: 19134