非同期転送モード(ATM) : プライベート ネットワーク間インターフェイス(PNNI)

プライベート ネットワーク間インターフェイス (PNNI) のルート選択

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

プライベート ネットワーク間インターフェイス(PNNI)は、ATM ネットワーク トポロジの検出、トポロジ情報のデータベースの作成、および検出されたトポロジ経由でコールをルーティングするために使用できる一連のネットワーク プロトコルです。 適切に計画すると、PNNI ネットワークの設定は、ATM ネットワークを介した接続の手動設定よりはるかに容易で迅速です。

このドキュメントでは、複数の例を使用して PNNI ルート選択プロセスを示しています。

前提条件

要件

PNNI に関する知識があることが推奨されます。 PNNI の詳細な説明については、次のドキュメントを参照してください。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Catalyst 8540 MSR Cisco IOS を実行するか。 ソフトウェア リリース 12.1(7a)EY1

  • Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(7a)EY を実行する LightStream LS1010

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

PNNI ルート選択

PNNI ではソース ルーティングが使用されます。このルーティングでは、送信元が宛先パスの選択の責任を持ちます。 より正確に言えば、各ピア グループの最初のノードは、そのピア グループを経由するパスを選択します。 選択されたパスは、接続設定に含まれる指定中継リスト(DTL)としてエンコードされます。 この DTL は、コール セットアップで転送するときに通過するすべてのノードを指定します。

この説明は、PNNI 1.0 の仕様の中のパス選択(af-pnni-0055.0 leavingcisco.com 、5.13 項)からのものです。

「宛先 ATM アドレスを選択する場合、ノードは常に宛先に一致する最も長いプレフィックスをアドバタイズしたノードをルートします。 最長の照合プレフィックスのあるノードだけが上位ノードの場合、宛先には到達できません。 複数のノードで他のすべてのアドバタイズメントよりもすべてが長い同じ長さの照合プレフィックスがアドバタイズされた場合にのみ、ローカル ベースで選択した計算ノードが宛先に使用される可能性があります。 同じ長さの最長の照合プレフィックスをアドバタイズしているノードでは上位ノードが無視され、ノードが残っていればその中から選択されます。」

Cisco デバイスでは、宛先 ATM アドレスへのルート選択は次の基準に基づいています。

  • 最も優先されるルートは、最長の ATM プレフィックスの一致があるルートです。

  • 複数の一致がある場合、ルート選択はルート検索の優先順位に基づいています。 優先順位の数が小さいほど、優先度が高くなります。

  • 同じ優先順位のルートが複数ある場合、優れた管理上の重みのルートを使用します。

次は、各ルートに関連付けられているデフォルトの優先順位です。

switch#show atm pnni precedence

                                 Working   Default
  Prefix Poa Type                Priority  Priority
  ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~  ~~~~~~~~  ~~~~~~~~
  local-internal                    1         1
  static-local-internal-metrics     2         2
  static-local-exterior             3         3
  static-local-exterior-metrics     2         2
  pnni-remote-internal              2         2
  pnni-remote-internal-metrics      2         2
  pnni-remote-exterior              4         4
  pnni-remote-exterior-metrics      2         2

これらの値は precedence [prefix type] [priority] コマンドで変更できます。 次に例を示します。

switch#configure  terminal

Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
switch(config)#atm router pnni
switch(config-atm-router)#precedence ?
  pnni-remote-exterior           Remote Exterior Prefix Without Metrics
  pnni-remote-exterior-metrics   Remote Exterior Prefix With Metrics
  pnni-remote-internal           Remote Internal Prefix Without Metrics
  pnni-remote-internal-metrics   Remote Internal Prefix With Metrics
  static-local-exterior          Static Exterior Prefix Without Metrics
  static-local-exterior-metrics  Static Exterior Prefix With Metrics
  static-local-internal-metrics  Static Internal Prefix With Metrics
  <cr>

switch(config-atm-router)#precedence pnni-remote-exterior ?
  <2-4>  Priority For Remote Exterior Without Metrics

switch(config-atm-router)#precedence pnni-remote-exterior 2

ルート選択の実例

次の 3 つの例では、PNNI ルート選択について示し、シングル ピア グループを使用します。

例 1

ネットワーク構成図

この例では、次のネットワーク構成図を使用します。

19131_a.gif

注: 

  • Budvar と Platan は、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(7a)EY1 を実行する Cisco Catalyst 8540 MSR です。

  • Miles は、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(7a)EY を実行する LS1010 です。

  • デバイス A と B は SVC を確立できるいずれかのタイプのデバイスです。

目的

この最初のテストでは、まずコールをルートするために、PNNI が最長の照合プレフィックス、高い優先度、つまり最小の優先順位のあるルートを取得します。 この例では、固定ビット レート(CBR)のコール設定はデバイス A からデバイス B へ行われます。 これらのコール設定では、次の二つの異なる、しかし同じ管理上の重みを持つ点では同じデバイス B に到達するパスを使用できます。

  • Budvar と Platan 経由

  • Budvar と Miles 経由

この例では、Platan はデバイス B に内部 PNNI ルートをアドバタイズし、Miles はデバイス B に外部 PNNI ルートをアドバタイジングします。通常、パス選択の定義に従って Budvar は PNNI 内部ルートを経由してコールをルートする必要があります。

実例

デバイス B のネットワーク サービス アクセス ポイント(NSAP)アドレス: 47.0091.8100.0000.00d0.58b8.5555.0000.0000.0001.00

Budvar の ATM ルーティング テーブルを見たときのこの宛先の 2 つのルートを、次のように確認します。参照してください:

budvar#
show atm route


Codes: P - installing Protocol (S - Static, P - PNNI, R - Routing control),
       T - Type (I - Internal prefix, E - Exterior prefix, SE -
                 Summary Exterior prefix, SI - Summary Internal prefix,
                 ZE - Suppress Summary Exterior, ZI - Suppress Summary Internal)

P  T Node/Port        St Lev Prefix
~ ~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~ ~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
P  I 10  0            UP 0   47.0091.8100.0000.00d0.58b8.5555.0000.0000.0001/152
P  E 14  0            UP 0   47.0091.8100.0000.00d0.58b8.5555.0000.0000.0001/152

budvar#
show atm pnni identifiers
 
  Node  Node Id                                              Name
  1       56:160:47.00918100000000D058B79A01.00D058B79A01.00 budvar
  10      56:160:47.00918100000000D058B84201.00D058B84201.00 Platan
  14      56:160:47.0091810000000050E2030601.0050E2030601.00 Miles

前の説明では、Platan から学習した 1 つの内部 PNNI ルートと Miles から学習した 1 個の外部 PNNI ルートがあります。

デバイス A からのデバイス B へのコール セットアップの受信では、Budvar は Platan を通過するパスと同様 DTL を計算できます。 この出力は、Budvar が DTL を計算する方法を示しています。

budvar#show atm pnni dtl address 47.0091.8100.0000.00d0.58b8.5555.0000.0000.0001.00 cbr pcr 5000 5000
budvar#
00:42:34: PNNI: rcv CBR route req to addr 47.00918100000000D058B85555.000000000001.00
00:42:34: PNNI: Looking For Nodes That Advertise This Prefix
00:42:34: PNNI: Best Match Is 47.00918100000000D058B85555.000000000001.00/152
00:42:34: PNNI: Found 2 POAs
00:42:34:       priority: 2  (10 0) pnni-remote-internal 
00:42:34:       priority: 4  (14 0) pnni-remote-exterior 
00:42:34: PNNI: Compute On-Demand Route Based On Admin Weight
00:42:34: PNNI: Found A Suitable Route Based On AW, Check CDV and CTD
00:42:34: PNNI: Found A Route That Satisfies Both CDV and CTD
00:42:34: PNNI: SOURCE ROUTE
00:42:34:       DTL 1> 2 Nodes
00:42:34:              budvar 85001000 (ATM10/0/1)
00:42:34:              Platan 0
00:42:34: PNNI: Found 1 Ports To Next DTL Node 10 85001000 (ATM10/0/1)
00:42:34: PNNI: Send Source Route Reply To Requestor: Code PNNI_SUCCESS

すでに説明したように、Budvar ではデバイス B.に到達する 2 つのとりうるルート、つまり接続点(POA)があることを検出します。 Budvar を通過するルート(pnni - リモート - 内部)は Miles を通過するルートよりも優れた優先度を持ちます。 したがって、DTL はこのルートを使って構築されます。

説明:

次のコマンドは、どの DTL がこのコール セットアップ用に作成される必要があるかを決定するために使用できます。

show atm pnni dtl [node|address] [NSAP-address|node number] [traffic class] [class parameters] 

ここで、

  • NSAP-address は、宛先の NSAP アドレス(上記の例でのデバイス B のアドレス)です。

  • traffic class、 CBR、UBR、VBR-rt、VBR-nrt、ABR です。

  • class parameters は、PCR、MCR、および SCR のようなトラフィック クラスに関連するさまざまなパラメータです。

注: これらさまざまなレート(PCR、MCR、SCR)は Kbps でなくセル/秒で定義されます。

注: このコマンドは、特定のトラフィック パラメータを持つ目的の NSAP アドレスまたは PNNI ノード番号にコール セットアップが行われたときにどの DTL が計算されるかを表示します。

例 2

ネットワーク構成図

この例では、次のネットワーク構成図を使用します。

/image/gif/paws/19131/19131_b.gif

目的

この例の目的は、PNNI は最長の照合プレフィックスを考慮するだけで、現在の POA が使用できない場合は次の使用可能な POA に切り替えることを示します。

CBR のコール セットアップがデバイス A とデバイス B の間に作成されます。これら 2 つのデバイスは E への ILMI およびそのような静的ルートです。この例でのアドレス 164 はまた 45 アドレスとしても知られ、これらに対するポイントが Femke および Droopie で作成されます。

Miles を通過するプライベート ATM クラウド内で輻輳が発生した場合、CBR のコール セットアップが公衆 ATM ネットワークを介して作成される必要があります。

コール セットアップが前提条件に従って確実に行われるために、ルータの優先順位を小さくして優先度が高くなるようにさまざまな優先順位を異なるタイプのルータに関連付けます。

次に、前提条件がどのように実現するかを説明します。

Femke と Droopie で、ローカルで接続されたデバイスをポイントするローカル スタティック ルートは内部として作成され、公衆 ATM ネットワークを介してリモート デバイスをポイントするバックアップ ルートは外部として定義されます。 さらに、両方のスタティック ルートはすでに説明した PNNI パス選択のルールのために同じ長さとして定義されます。

接続デバイスをポイントするローカル スタティック内部ルートに加え、PNNI が常に最長一致のルートを考慮している事実を示すために短い一致を持つ別のスタティック内部ルートが作成されます。

Femke を検出し、デバイス B に到達する次の 3 ルートがあることを確認します。

  1. Droopie で作成された内部スタティック ルートの再配布から取得された内部 PNNI ルート。

  2. Droopie で作成された短い一致の内部スタティック ルートの再配布から取得された短い内側 PNNI ルート。

  3. Femke で定義され、公衆 ATM ネットワークをポイントする外部スタティック ルート。

実例

デバイス B の NSAP アドレスは、 45.0033.4455.6677.889f.1111.2222.4000.0c80.1111.00

Droopie では、次のスタティック ルートが定義されています。

atm route 45.0033.4455.6677.889f.1111.2222.4000.0c80.1111... ATM1/0/0 internal    

atm route 45.0033.4455.6677.889f.1111.2222... ATM1/0/0 internal (*)

(*)(*)このルートはデバイス B をポイントする短い一致のルートです。

Femke で、次のバックアップ スタティック ルートが定義されます。

atm route 45.0033.4455.6677.889f.1111.2222.4000.0c80.1111... ATM1/0/2

したがって、デバイス B の次のエントリが Femke のルーティング テーブルで確認できます。

Femke#show atm route

Codes: P - installing Protocol (S - Static, P - PNNI, R - Routing control),
       T - Type (I - Internal prefix, E - Exterior prefix, SE -
                 Summary Exterior prefix, SI - Summary Internal prefix,
                 ZE - Suppress Summary Exterior, ZI - Suppress Summary Internal)


P  T Node/Port        St Lev Prefix
~ ~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~ ~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
P  I 14  0            UP 0   45.0033.4455.6677.889f.1111.2222/104
S  E 1   ATM1/0/2     UP 0   45.0033.4455.6677.889f.1111.2222.4000.0c80.1111/152
P  I 14  0            UP 0   45.0033.4455.6677.889f.1111.2222.4000.0c80.1111/152

デバイス B に到達するには、次のルートがあります。

  • /152 の内部 PNNI ルート

  • /104 の内部 PNNI ルート

  • 公衆 ATM ネットワークをポイントする /152 外部スタティック ルート

/152 と /104 は、階層のレベルです。 階層のレベルの詳細な説明については、『異なるピアグループの PNNI』を参照してください。 この出力は、Femke と Miles の間で使用可能なリソースを確認する方法を示しています。

Femke#show atm interface resource atm 1/0/0

Resource Management configuration:
    Output queues:
        Max sizes(explicit cfg): none cbr, none vbr-rt, none vbr-nrt, none abr-ubr
        Max sizes(installed): 256 cbr, 256 vbr-rt, 4096 vbr-nrt, 12032 abr-ubr
        Efci threshold: 25% cbr, 25% vbr-rt, 25% vbr-nrt, 25% abr, 25% ubr
        Discard threshold: 87% cbr, 87% vbr-rt, 87% vbr-nrt, 87% abr, 87% ubr
        Abr-relative-rate threshold: 25% abr
    Pacing: disabled   0 Kbps rate configured, 0 Kbps rate installed
    Service Categories supported: cbr,vbr-rt,vbr-nrt,abr,ubr
    Link Distance: 0 kilometers
    Controlled Link sharing:
        Max aggregate guaranteed services: none RX,  none TX
        Max bandwidth: none cbr RX, none cbr TX, none vbr RX, none vbr TX,
                       none abr RX, none abr TX, none ubr RX, none ubr TX
        Min bandwidth: none cbr RX, none cbr TX, none vbr RX, none vbr TX,
                       none abr RX, none abr TX, none ubr RX, none ubr TX
    Best effort connection limit: disabled  0 max connections
    Max traffic parameters by service (rate in Kbps, tolerance in cell-times):
        Peak-cell-rate RX: none cbr, none vbr, none abr, none ubr
        Peak-cell-rate TX: none cbr, none vbr, none abr, none ubr
        Sustained-cell-rate: none vbr RX, none vbr TX
        Minimum-cell-rate RX: none abr, none ubr
        Minimum-cell-rate TX: none abr, none ubr
        CDVT RX: none cbr, none vbr, none abr, none ubr
        CDVT TX: none cbr, none vbr, none abr, none ubr
        MBS: none vbr RX, none vbr TX

Resource Management state:
    Cell-counts: 0 cbr, 0 vbr-rt, 0 vbr-nrt, 0 abr-ubr
    Available bit rates (in Kbps):
        72615 cbr RX, 72615 cbr TX, 72615 vbr RX, 72615 vbr TX,
        0 abr RX, 0 abr TX, 0 ubr RX, 0 ubr TX
    Allocated bit rates:
        75000 cbr RX, 75000 cbr TX, 128 vbr RX, 128 vbr TX,
        0 abr RX, 0 abr TX, 0 ubr RX, 0 ubr TX
    Best effort connections: 1 pvcs,  0 svcs

Miles と Droopie 間で使用できるリソースは、次のとおりです。

Miles#show atm interface resource atm 1/0/3

Resource Management configuration:
    Service Classes:
        Service Category map: c2 cbr, c2 vbr-rt, c3 vbr-nrt, c4 abr, c5 ubr
        Scheduling: RS c1 WRR c2, WRR c3, WRR c4, WRR c5
        WRR Weight: 15 c2, 2 c3, 2 c4, 2 c5
    CAC Configuration to account for Framing Overhead : Disabled
    Pacing: disabled   0 Kbps rate configured, 0 Kbps rate installed
    overbooking :  disabled
    Service Categories supported: cbr,vbr-rt,vbr-nrt,abr,ubr
    Link Distance: 0 kilometers
    Controlled Link sharing:
       Max aggregate guaranteed services: none RX,  none TX
        Max bandwidth: none cbr RX, none cbr TX, none vbr RX, none vbr TX,
                       none abr RX, none abr TX, none ubr RX, none ubr TX
        Min bandwidth: none cbr RX, none cbr TX, none vbr RX, none vbr TX,
                       none abr RX, none abr TX, none ubr RX, none ubr TX
    Best effort connection limit: disabled  0 max connections
    Max traffic parameters by service (rate in Kbps, tolerance in cell-times):
        Peak-cell-rate RX: none cbr, none vbr, none abr, none ubr
        Peak-cell-rate TX: none cbr, none vbr, none abr, none ubr
        Sustained-cell-rate: none vbr RX, none vbr TX
        Minimum-cell-rate RX: none abr, none ubr
        Minimum-cell-rate TX: none abr, none ubr
        CDVT RX: none cbr, none vbr, none abr, none ubr
        CDVT TX: none cbr, none vbr, none abr, none ubr
        MBS: none vbr RX, none vbr TX

Resource Management state:
    Available bit rates (in Kbps):
        57743 cbr RX, 57743 cbr TX, 57743 vbr RX, 57743 vbr TX,
        57743 abr RX, 57743 abr TX, 57743 ubr RX, 57743 ubr TX
    Allocated bit rates:
        90000 cbr RX, 90000 cbr TX, 0 vbr RX, 0 vbr TX,
        0 abr RX, 0 abr TX, 0 ubr RX, 0 ubr TX
    Best effort connections: 1 pvcs,  0 svcs

この出力は、異なる PCR 値が使用されているときに CBR のコール セットアップがデバイス A からデバイス B へ行われた場合に何が起こるかを示しています。

a. PCR= 727 Kbps(1715 cells/s)でのデバイス A からデバイス B への CBR のコール セットアップ

このようなコール セットアップに対応するために、パスで使用可能なリソースがあります。 デバイス B に到達するために Femke で作成された DTL をチェックするために、次の手順に進んでください。

Femke#show atm pnni dtl address 45.0033.4455.6677.889f.1111.2222.4000.0c80.1111  cbr pcr 1715 1715  
Femke#  
Nov 13 08:16:08.310: PNNI: rcv CBR route req to addr 45.003344556677889F11112222.40000C801111.00  
Nov 13 08:16:08.310: PNNI: Looking For Nodes That Advertise This Prefix  
Nov 13 08:16:08.310: PNNI: Best Match Is 45.003344556677889F11112222.40000C801111.00/152  
Nov 13 08:16:08.310: PNNI: Found 2 POAs  
Nov 13 08:16:08.310:        priority: 2  (16 0) pnni-remote-internal  
Nov 13 08:16:08.310:        priority: 3  (1 80802000 (ATM1/0/2)) static-local-exterior  
Nov 13 08:16:08.310: PNNI: Compute On-Demand Route Based On Admin Weight  
Nov 13 08:16:08.310: PNNI: Found A Suitable Route Based On AW, Check  CDV and CTD  
Nov 13 08:16:08.310: PNNI: Found A Route That Satisfies Both CDV and  CTD  
Nov 13 08:16:08.310: PNNI: SOURCE ROUTE  
Nov 13 08:16:08.310:       DTL 1> 3 Nodes  
Nov 13 08:16:08.310:               Femke 80800000 (ATM1/0/0)  
Nov 13 08:16:08.310:               Miles 80803000 (ATM1/0/3)  
Nov 13 08:16:08.310:               Droopie  
Nov 13 08:16:08.310: PNNI: Found 1 Ports To Next DTL Node 13 80800000  (ATM1/0/0)  
Nov 13 08:16:08.314: PNNI: Send Source Route Reply To Requestor: Code  PNNI_SUCCESS

このコール セットアップでは、次の二つの POA が見つかります。

  • /152 の内部 PNNI ルート

  • /152 の外部スタティック ルート

/104 のルートは考慮に入っていません。 次に、優先順位 3 の外部スタティック ルートに比べ優先順位が 2 で優れた優先順位であるため、そしてこのコール セットアップに対応するための十分なパスのリソースがあるため、/152 の PNNI 内部ルートが使用されます。

b. PCR = 77620 Kbps(183066 cells/s)でのデバイス A からデバイス B への CBR のコール セットアップ

Femke#show atm pnni dtl address 45.0033.4455.6677.889f.1111.2222.4000.0c80.1111  cbr pcr 183066 183066  
Femke#  
Nov 13 12:38:28.165: PNNI: rcv CBR route req to addr 45.003344556677889F11112222.40000C801111.00  
Nov 13 12:38:28.169: PNNI: Looking For Nodes That Advertise This Prefix  
Nov 13 12:38:28.169: PNNI: Best Match Is 45.003344556677889F11112222.40000C801111.00/152  
Nov 13 12:38:28.169: PNNI: Found 2 POAs  
Nov 13 12:38:28.169:       priority:  2  (14 0) pnni-remote-internal  
Nov 13 12:38:28.169:       priority:  3  (1 80802000 (ATM1/0/2)) static-local-exterior  
Nov 13 12:38:28.169: PNNI: Compute On-Demand Route Based On Admin Weight  
Nov 13 12:38:28.169: PNNI: Failed To Find An On-Demand Route, Code:  PNNI_USER_CELL_RATE_UNAVAILABLE  
Nov 13 12:38:28.169: PNNI: My Node Is Destination  
PNNI: Port List: 80802000 (ATM1/0/2)  
Nov 13 12:38:28.169: PNNI: Return 1 Ports In Source Route  
Nov 13 12:38:28.169: PNNI: Send Source Route Reply To Requestor: Code  PNNI_SUCCESS

前の例では、PNNI のパスに十分なリソースがないため、LS1010 では宛先への 2 番目の使用可能なルートの使用を試みます。 そのため、必要に応じてスイッチによって公衆 ATM ネットワークをポイントするスタティック外部ルートに切り替えられます。

例 3

ネットワーク構成図

この例では、次の設定を使用します。 すべてのリンクが同じ管理上の重みがあります。

/image/gif/paws/19131/19131_c.gif

この例の目的は、PNNI が常により小さい管理上の重みのルートを使用することを示すことです。 ただし、最善のパスが現在のコールに対応するために十分なリソースがない場合、PNNI は低いパスに切り替えられる場合があります。

このシナリオでは、デバイス A がデバイス B にコールを発信した場合、次の 2 つのとりうるのパスがあります。

  1. Femke、次に Stan

  2. Femke、Miles、そして次に Stan

通常の動作では、最初のパスがより小さい管理上の重みを持つパスなのでコール セットアップの流れはこのパスを通ります。

実例

これは、前の説明を示しています。

デバイス B の NSAP アドレスは、 47.0033.4455.6677.889f.1111.2222.4000.0c80.1111.00 です。 選択したルートがルーティング テーブルで見ると Miles から Stan に向かうルートであることを確認します。

Femke#show atm route

Codes: P - installing Protocol (S - Static, P - PNNI, R - Routing control),
       T - Type (I - Internal prefix, E - Exterior prefix, SE -
                 Summary Exterior prefix, SI - Summary Internal prefix,
                 ZE - Suppress Summary Exterior, ZI - Suppress Summary Internal)

P  T Node/Port        St Lev Prefix
~ ~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~ ~~ ~~~ ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
P  E 10  0            UP 0   47.0033.4455.6677.889f.1111.2222.4000.0c80.1111/152
[snip]

Femke#show atm pnni identifiers
  Node  Node Id                                              Name
  1       56:160:47.00918100000000E0146CB101.00E0146CB101.00 Femke
  10      56:160:47.0091810000000060705A8F01.0060705A8F01.00 Stan
  11      56:160:47.0091810000000050E2030601.0050E2030601.00 la-miles

a. PCR = 848 Kbps(2000 cells/s)でのデバイス A からデバイス B への CBR のコール セットアップ

このようなコール セットアップは、それに対応するために利用可能なリソースがあるため、次のように問題なく短いパスを経由して行う必要があります。

Femke#show atm interface resource atm 1/0/3
Resource Management configuration:
[snip]

Resource Management state:
    Cell-counts: 0 cbr, 0 vbr-rt, 0 vbr-nrt, 0 abr-ubr
    Available bit rates (in Kbps):
        72455 cbr RX, 72455 cbr TX, 72455 vbr RX, 72455 vbr TX, 
        0 abr RX, 0 abr TX, 0 ubr RX, 0 ubr TX
    Allocated bit rates:
        75000 cbr RX, 75000 cbr TX, 288 vbr RX, 288 vbr TX, 
        0 abr RX, 0 abr TX, 0 ubr RX, 0 ubr TX
    Best effort connections: 0 pvcs,  0 svcs

このパスには、まだ 75 Mbps あります。 次は、どの DTL がコール セットアップを受信したとき Femke によって計算されたかを確認する方法です。

Femke#show atm pnni dtl address 47.0033.4455.6677.889f.1111.2222.4000.0c80.1111  cbr pcr 2000 2000  
Femke#  
*Dec 20 05:46:11.740: PNNI: CBR route request from ATM_OWNER_UNKNOWN  
*Dec 20 05:46:11.740: PNNI: To address 47.003344556677889F11112222.40000C801111.00  
*Dec 20 05:46:11.740: PNNI: Best Match Is 47.003344556677889F11112222.40000C801111.00/152  
*Dec 20 05:46:11.740: PNNI: Found 1 POAs  
*Dec 20 05:46:11.740:       priority:  4  (10 0) pnni-remote-exterior  
*Dec 20 05:46:11.740: PNNI: Compute On-Demand Route Based On Admin  Weight  
*Dec 20 05:46:11.740: PNNI: Found A Suitable Route Based On AW, Check  CDV and CTD  
*Dec 20 05:46:11.740: PNNI: Found A Route That Satisfies Both CDV and  CTD  
*Dec 20 05:46:11.740: PNNI: SOURCE ROUTE  
*Dec 20 05:46:11.740:       DTL 1>  2 Nodes  
*Dec 20 05:46:11.740:                Femke 80803000 (ATM1/0/3)  
*Dec 20 05:46:11.740:               Stan 0  
*Dec 20 05:46:11.744: PNNI: Found 1 Ports To Next DTL Node 10 80803000  (ATM1/0/3)  
*Dec 20 05:46:11.744: PNNI: Send Source Route Reply To Requestor: Code  PNNI_SUCCESS

この出力では、コールが間違いなく最短パスを経由して行われたことを示しています。

b. PCR = 84800 Kbps(200000 cells/s)でのデバイス A からデバイス B への CBR のコール セットアップ

Femke によるコール セットアップなどの受信するでは、Femke と Stan 間の直接パスは十分な未使用のリソースがないため使用できません。 そのため、Femke は Miles を通る他のパスを使用することを試みることができます。 次は Femke がデバイス A からのコール セットアップのような受信をすると作成される DTL です:

Femke#show atm pnni dtl address 47.0033..4455.6677.889f.1111.2222.4000.0c80.1111  cbr pcr 200000 200000  
Femke#  
*Dec 20 05:47:31.885: PNNI: CBR route request from ATM_OWNER_UNKNOWN  
*Dec 20 05:47:31.885: PNNI: To address 47.003344556677889F11112222.40000C801111.00  
*Dec 20 05:47:31.885: PNNI: Best Match Is 47.003344556677889F11112222.40000C801111.00/152  
*Dec 20 05:47:31.885: PNNI: Found 1 POAs  
*Dec 20 05:47:31.885:       priority:  4  (10 0) pnni-remote-exterior  
*Dec 20 05:47:31.889: PNNI: Compute On-Demand Route Based On Admin  Weight  
*Dec 20 05:47:31.889: PNNI: Found A Suitable Route Based On AW, Check  CDV and CTD  
*Dec 20 05:47:31.889: PNNI: Found A Route That Satisfies Both CDV and  CTD  
*Dec 20 05:47:31.889: PNNI: SOURCE ROUTE  
*Dec 20 05:47:31.889:       DTL 1>  3 Nodes  
*Dec 20 05:47:31.889:                Femke 80800000 (ATM1/0/0)  
*Dec 20 05:47:31.889:               la-miles 80801000 (ATM1/0/1)  
*Dec 20 05:47:31.889:                Stan 0  
*Dec 20 05:47:31.889: PNNI: Found 1 Ports To Next DTL Node 11 80800000  (ATM1/0/0)  
*Dec 20 05:47:31.889: PNNI: Send Source Route Reply To Requestor: Code  PNNI_SUCCESS

デバイス B への最短パスがコールなどに対応するのに十分なリソースがないため、Femke は Miles を通過するパスに対応する DTL を作成します。

結論

結論として、ルート選択では、PNNI では次のことが行われます。

  • 考慮されるのは最長一致のルートだけです。

  • 複数のルートが存在する場合は、ルートを優先順位にしたがって試すので、優先順位を小さくしておくことがより大切です。

  • 現在のルートが使用できない場合、次に使用できるルートや次に使用できる POA(使用可能な場合)があればそれを使用します。

  • どの POA も使用できない場合、ルートが到達不能であることを宣言します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 19131