ワイヤレス : Cisco Aironet 350 Wireless LAN Client Adapter

Windows NT v4.0 用の Cisco Aironet Client Adapter インストールヒント

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


Ciscoエアロネットドライバを、ファームウェアおよびユーティリティーソフトはシスコ ワイヤレス ソフトウェア センターに得るために、このリンクを使用します。


目次


概要

Cisco Aironet Client Adapter Installation Wizard for Windows は、Aironet Client Utility(ACU)および関連ドライバのインストールを自動化し、システム リソースを調整して、ハードウェアが Windows と適切にやり取りできるようにします。 このウィザードを使用しない従来のインストールの場合、代わりとなるインストール方法を使用する必要があります。 Windows NT のプラットフォームで Cisco Aironet クライアント アダプタ カードをインストールする手順は、他の Windows プラットフォーム上でのインストール プロセスとは異なります。 このドキュメントでは、クライアント アダプタ カードで使用される IRQ および I/O ポート番号を設定する方法について説明します。

前提条件

要件

読者は Windows GUI およびコントロール パネルについて詳しく知っているはずです。

使用するコンポーネント

この資料は Windows NT バージョン 4.0 を実行するあらゆるプラットフォームに適当です。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

どの割り込みが使用されるか判別して下さい

Windows NT v4.0 がプラグアンドプレイをサポートしないので、利用可能 な IRQ および I/Oポート数を判別して下さい。 これを Windows NT でするために、これらのステップを使用して下さい:

  1. 行って下さい Start->Programs->Administrative ツール— >NT 診断:

  2. Windows NT Diagnostics ウィンドウで、Resource タブをクリックして下さい。

    ディスプレイの下部のでボタンが付いている IRQ および I/Oポート数を検査できます。

    01-irq.gif

    注: これらは数その Windows NT レポートです; それらはレジストリで設定 されません。

    01-ioport.gif

ドライバのインストール

どの IRQ および I/Oポート数が既に使用中であるか知っていれば、Cisco Aironet クライアントアダプタカードと使用される利用可能 な IRQ および I/Oポート数を選択できます。 たとえば、示されているディスプレイのために IRQ 10 および I/Oポート 100 を使用できます。

まだそう終了していない場合、Cisco Aironet ソフトウェアを Wireless ページ Cisco Software Center から-ダウンロードするかまたは Windows ドライバ及びユーティリティーページに直接行って下さい。 ドライバ 自己解凍型アーカイブをダウンロードしたら、フロッピーディスクまたはハード ドライブのフォルダにそれを得て下さい。

注:  ドライバをインストールするとき、Windows NT はファイルのために参照するためにプロンプト表示しません。 ファイルの位置にフル パスを打ち込んで下さい。 従って、フロッピーディスクのファイルがなければ、c:\temp のような記憶しやすい 位置にダウンロードされたファイルを、抽出することが最善です。

ドライバをインストールするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 『Start』 を選択 して下さい。

  2. 選択した設定。

  3. 『Control Panel』 を選択 して下さい。

  4. ネットワーク特性を選択して下さい。

  5. Adapter タブをクリックして下さい。

  6. [Add] をクリックします。

  7. 適切なネットワークアダプタを選択するか、またはディスクからドライバを選択するためにプロンプト表示されます。 [Have Disk] をクリックします。

  8. ファイルの位置にパスを打ち込んで下さい。

  9. Select OEM オプション box では現われる、クライアントカードと一致するアダプタを選択して下さい。

  10. [OK] をクリックします。

    02 追加してadapter.gif 下さい

  11. Adapter Setup ウィンドウで、Value ダイアログボックスのコンピュータの固有のクライアント ネームを『Client Name』 を選択 し、タイプして下さい。

  12. 『SSID』 を選択 して下さい。 Value ダイアログボックスでは、システム アドミニストレータから得ることができる RF ネットワークの大文字/小文字の区別がある SSID を入力して下さい。

  13. 以前にである利用可能判別した値を『Interrupt』 を選択 し、選択して下さい。

    02 追加してirq.gif 下さい

  14. 以前にである利用可能判別した値を『IO Base Address (hexadecimal)』 を選択 し、選択して下さい。

    02 追加してio.gif 下さい

  15. 『OK』 をクリック し、閉じて下さい

  16. Microsoft TCP/IP Properties ウィンドウは開きます。 それが開かない場合、に行って下さい

    • My Computer > コントロール パネル— >Network — >Protocols — >TCP/IP — >Properties

  17. これらの 1 つを行って下さい:

    • コンピュータが DHCPサーバから IP アドレスを得たら— 『Obtain an IP address from a DHCP server』 を選択 して下さい。

      DHCP を有効に したいと思い、『Yes』 をクリック し、承諾するかどうか尋ねられた場合。

    • コンピュータが DHCPサーバから IP アドレスを得なかったら—システム アドミニストレータから得ることができるこの情報を『Specify an IP address』 を選択 し、入力して下さい:

      • IP アドレス

      • サブネット マスク

      • コンピュータのデフォルトゲートウェイアドレス

    • [OK] をクリックします。

  18. コンピュータを再起動するためにプロンプト表示された場合 CD かフロッピーディスクを取り出し、『Yes』 をクリック して下さい。

    ドライバのインストールはこれで終了しました。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 19057