非同期転送モード(ATM) : ATM の逆多重化(IMA)

ATM 逆多重化 (IMA) 仕様 v1.1の理解

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 3 月 8 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

ATM フォーラムでは、ATM の逆多重化(IMA)を定義します。これにより、論理バンドルで 2 つ以上の物理 T1 リンク間で ATM セルがラウンドロビン方式で処理されます。 このフォーラムでは、2 つのバージョンの IMA 仕様 AF-PHY-0086.001 を発行しています。 このドキュメントの目的は、バージョン 1.1(v1.1)の仕様で導入された変更を明確にし、IMA v1.1 のシスコのサポートを明確にすることです。

IMA および他の公認仕様をダウンロードするために、ATM フォーラムによって承認される仕様を参照して下さいleavingcisco.comさらに、これらのリソースは Cisco IMA ルータハードウェアの設定でバックグラウンド情報を提供します:

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ネットワークデバイスに Cisco IMA ハードウェアを接続する方法

IMA?v1.1.?All を他の Cisco IMA ポートアダプタ、ネットワークモジュール サポートし、ATM スイッチが 2004 年 1 月現在にモジュール IMA バージョンだけ 1.0 (v1.0)、サポートする Cisco ATM は統合 モジュール(AIM-ATM)を、音声/WAN インターフェイスカード(VWIC-MFT)と使用されたとき、です唯一のモジュール進めました。 IMA v1.1 のためのサポートはで IMA のどんなバージョンがシスコシステムズによってサポートされるか詳述されますか。 資料 ATM 逆多重化 (IMA: Inverse Multiplexing for ATM) に 関する FAQ のセクション。

Cisco IMA v1.0 ハードウェアは v1.0 か v1.1.?However をサポートするネットワークデバイスによって T1 各々の物理的 な リンクの両端の物理ポート番号が規定 される v1.1 のリンク 発注変更を取り扱うようにする必要があります相互運用します。 すなわち、IMA ポート アダプタのポート 0 を確認すればネットワークモジュールは IMA ネットワークスイッチまたはその他のデバイスのポート 0 に接続されます。

また、IMA 制御セルの維持 管理(OAM)ラベル フィールドを無視するためにまたは 1.0 サポートのために再構成するために IMA v1.1 をサポートするリモートデバイスを設定して下さい。 OAM か。ラベル フィールドは送信側デバイスが v1.0 か v1.1 IMA を使用しているかどうか識別しますか。形式。 ATM か。フォーラムはこと下位互換 ATM 規定 しますか。OAM の ATM セルを受信するデバイスか。1.1 を示すラベルは 1.0 モードでそれ自身を再構成する必要があります。

サード パーティ ATM か。スイッチは下位互換ではないです。 IMA バージョンのミスマッチの徴候は下記に示されているように show ima interface atm コマンドImaGroupState フィールドconfig-aborted 値、です。

Router#show ima interface atm 1/ima0 detail 
?? ATM1/ima0 is up 
?????????? ImaGroupState:NearEnd = config-aborted, FarEnd = config-aborted
?????????? ImaGroupFailureStatus? =??? Failure 
?? IMA Group Current Configuration: 
?????????? ImaGroupMinNumTxLinks = 2??? ImaGroupMinNumRxLinks = 2 
?????????? ImaGroupDiffDelayMax? = 25?? ImaGroupNeTxClkMode?? = common(ctc) 
?????????? ImaGroupFrameLength = 128??? ImaTestProcStatus???? = disabled 
?????????? ImaGroupTestLink = 0???????? ImaGroupTestPattern?? = 0xFF 
?? 
!--- Output suppressed.

config-aborted 値は遠端 IMA デバイスが受諾不能コンフィギュレーション パラメータを使用していることを、示しますサポートされていない IMA バージョンのような。か。詳細については 7x00 IMA ポート アダプタでの ATM リンクのトラブルシューティングを参照して下さい。

IMA プロトコルへの変更

ATM フォーラムは IMA v1.1 仕様をなぜこのように導入したか説明します: 「この修正の目的は IMA v1.0 のコンテンツに IMA MIB、また複数のマイナー な修正および説明の IMA プロトコル 実装 適合性宣言(PICS)見積および新しい バージョン導入することです。 インターオペラビリティ問題がいくつかの IMA v1.0 必要条件の異なる解釈によって生成されたことが認識されます。か。従って、ATM フォーラムは IMA v1.1." に移行を励まします

このセクションはこれらの変更で詳細を提供します。

Change 説明
IMA プロトコル 実装 適合性宣言(PICS) PICS 資料状態ある特定のプロトコルが実装した機能およびオプション。か。必須のリストおよび IMA のオプション機能leavingcisco.com のための v1.1 仕様のページの 88 Annex I を参照して下さいか。 プロトコル。か。
IMA 管理情報ベース (MIB) (atmfImaMib) IMA MIB の「更新済/修正済 な」バージョンを提供します。 IMA プロトコルをサポートするすべての簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP) エージェントは Request For Comments(RFC) 2233 の MIB-II および必須グループが実装される必要がありますleavingcisco.com"atmima(107)" の MIB II ifType は IMAグループに属する物理インターフェイスを識別します。か。更に詳しい情報については v1.1 仕様のページのleavingcisco.com 106 付録 A を参照して下さい。
修正および説明 下記の例を参照して下さい。

プロセスリンク情報フィールド

IMA インターフェイスはインターフェイスが複数の状態を通ってアクティブになる前に遷移する状態マシンに続きます。 IMA Control Protocol (ICP) セルと問い合わせられる特別なセルは 2 つの端間のステート情報を伝えます。 (Cisco 2600 および 3600 ルータでの ATM IMA リンクのトラブルシューティングを参照して下さい。)

リンク情報フィールド(ICP セルの 49)へのオクテット 18 は IMA バンドルのメンバーリンクのそれぞれの IMA 固有の情報を伝えます。か。具体的には、リンク情報フィールドは次が含まれています:

  • 州 Tx は近端 IMA デバイスの伝送 方向の状態を報告します。

  • 州 Rx は近端 IMA デバイスの受信 方向の状態を報告します。 すなわち、Rx 状態は遠端 IMA デバイスから ICP セルで届く情報を報告します。

  • Rx 障害識別子-レポートは遠端 IMA デバイスによって通信されるように問題を、リンクします。

注: リンク情報フィールドの完全な内訳についてはleavingcisco.com v1.1 仕様のページを参照して下さい 32。

v1.0 仕様を使用して IMA の最初のインプリメンテーションは遠端デバイスから届いたリンク情報フィールドの値がどのようにで示されたか異なりました。か。そのような違いはメンバー T1 リンクが送信するおよび受信 方向両方の IMA プロトコルをサポートする対称的な設定でよくありました。か。v1.1 仕様はインプリメンテーションごとの違いの確率を将来下げるために複数の技術的な説明をします。か。詳細については v1.1 仕様のページの 54 セクションleavingcisco.com 10.1.6 を参照して下さい。

IMA 制御セルへの変更

IMA プロトコルは制御セルの 2 つの型を使用します: 充てんセルおよび ICP セル。か。両方とも OAM Label フィールドで v1.1 が使用されていることを示すのに 0x03 の値を使用します。

注: また参照して下さい ATM 制御セル 例-アイドルセル、未割り当て セル、IMA 充てんセルおよび無効なセル

ICPセル

ICP セルは bundle interface の状態およびバンドルの個々の T1 を伝えます。か。128 人のセルのデフォルト の フレーム長で設定されたとき、IMA インターフェイスはメンバー T1 各リンクの 128 人のセル毎にの 1 つの ICPセルを送信 します。

この表は ICPセルのフィールドを説明したものです: (IMA v1.0 仕様のページを参照して下さい 27leavingcisco.com 。)

オクテット ラベル コメント
1 – 5 ATM セル ヘッダー オクテット 1 = 0000 0000 オクテット 2 = 0000 0000 オクテット 3 = 0000 0000 オクテット 4 = 0000 1011 オクテット 5 = 0110 0100
6 OAM ラベル ビット 0 – 7:か。 IMA バージョン
  • 00000001 (0x1) = IMA バージョン 1.0
  • 00000011 (0x3) = IMA バージョン 1.1
7 セル ID およびリンク ID ビット 7:か。 IMA OAMセル型。 1 という値は ICPセルを示します。 ビット 6 – 5:か。 4 – 0 0。ビットに未使用および一定:か。 送信する IMA リンク 範囲のための論理的な ID。 0 – 31 の有効値。
8 IMA Frame シーケンス番号 0 – 255 の有効値。
9 ICP Cell Offset 範囲(0… M-1)。 IMA Frame 内の ICPセルの位置を示します。
10 リンク原料示す値 ビット 7 – 3:か。 2 – 0 0。ビットに未使用および一定:か。 Link Stuffing Indication (LSI)。
11 ステータスおよび制御変化示す値 ビット 7 – 0:か。 ステータス 変更示す値: 0 – 255 および循環(オクテット 12 の各変更増分するべき数– 49)。
12 IMA ID ビット 7 – 0:か。 IMA ID
13 グループ ステータスおよびコントロール ビット 7 – 4:か。 グループ状態
  • 0000 = 始動
  • 0001 = 始動 Ack
  • 0010 = Config-Aborted —サポートされていない
  • 0011 = Config-Aborted —非互換グループの対称
  • 0100 = Config-Aborted —サポートされていない IMA バージョン
  • 0101、0110 = 他の 設定中断 の 理由で今後使用できるように予約されて。
  • 0111 = Config-Aborted —他の原因
  • 1000 = 不十分なリンク
  • 1001 = ブロックされる
  • 1010 = 操作上
  • 他:か。 IMA 仕様の今後のバージョンで後で使用できるように予約済み。
ビット 3 – 2:か。 グループ対称モード
  • 00 = 対称的な設定およびオペレーション
  • 01 = 対称的な設定および非対称的なオペレーション(オプションの)
  • 10 = 非対称的な設定および非対称的なオペレーション(オプションの)
  • 11 は = 予約しました
ビット 1 – 0:か。 IMA Frame 長さ
  • 00 = 32
  • 01 = 64
  • 10 = 128
  • 11 = 256
14 送信タイミング 情報 ビット 7 – 6:か。 0。ビット 5 に未使用および一定:か。 送信クロックモード。
15 TX はコントロールをテストします ビット 7 – 6:か。 0。ビット 5 に未使用および一定:か。 テスト リンク コマンド(0: 非アクティブ、1: アクティブ)。 ビット 4 – 0:か。 テスト リンクの送信する リンク ID。 0 – 31 の有効値。
16 TX テストパターン ビット 7 – 0:か。 送信する テストパターン。 0 – 255 の有効値。
17 RX テストパターン ビット 7 – 0:か。 レシーブ テストパターン。か。0 – 255 の有効値。
18 リンク情報フィールド(0) バイト ビット 7 – 5:か。 送信する状態
  • グループの 000 = ない
  • 001 = 使用不可能与えられる原因無し
  • 010 = 使用不可能な Misconnected
  • 100 = 禁じられる使用不可能
  • 101 = 使用不可能な失敗する(未定義にされる)
  • 110 = Usuable
  • 111 = アクティブ
ビット 1 – 0:か。 レシーブ 障害識別子
  • 00 = 問題無し
  • 01 = 物理リンク問題
  • 10 = Loss of IMA Frame (LIF)
  • 11 = 遅延同期(LODS)からのリンク
19 – 49 リンク情報フィールド(バイト 1 – 31) リンクのステータスおよび制御情報を示します。 有効値は 1 – 31 から及びます。
50 未使用 未使用 バイトに関する ITU-T 推奨事項 I.432 で定義されたように 0x6A に、設定 して下さい。
51 エンドツーエンド チャネル 0 に一般的に未使用および一定
52 – 53 巡回冗長検査(CRC)エラー制御 ビット 15 – 10:か。 今後使用できるように予約済み。か。0 へのセット デフォルトで。 ビット 9 – 0: ITU-T 推奨事項 I.610 で指定どおりの CRC-10。

充てんセル

データセルはいつ送信されるユーザトラフィック必要を運んでいる IMA bundle interface 送信された セルの安定したストリームを維持するために充てんセルを伝送しません。か。Cell ID フィールドのビット 7 の 0 という値は IMA 充てんセルを識別します。

この表は充てんセルのフィールドを説明したものです:

オクテット ラベル コメント
1 – 5 ATM セル ヘッダー オクテット 1 = 0000 0000 オクテット 2 = 0000 0000 オクテット 3 = 0000 0000 オクテット 4 = 0000 1011 オクテット 5 = 0110 0100
6 OAM ラベル ビット 0 - 7:か。 IMA バージョン
  • 00000001 (0x01) = IMA バージョン 1.0
  • 00000011 (0x03) = IMA バージョン 1.1
7 セル ID か。リンク ID ビット 7: OAMセル型。か。0 という値は充てんセルを示します。 ビット 6 – 0: 0 に未使用および一定。
8 – 51 未使用 未使用 バイトに関する ITU-T 推奨事項 I.432 で定義されたように 0x6A へのセット。
52 – 53 CRC エラー コントロール ビット 15 – 10:か。 今後使用できるように予約済み。か。すべての 0s をデフォルトで使用して下さい。 ビット 9 – ITU-T 推奨事項 I.610 で指定どおりの 0:?CRC-10。

既知の問題

Ciscoバグ CSCdw74417登録ユーザのみ)は IMA 1.0 および 1.1 デバイス間のインターオペラビリティのための既知の問題を文書化します。 結果は 1.0 OAM ラベルからのリンク検出を必要とする ATM フォーラム 1.1 仕様に基づいています。 従って 1.0/1.1 実装を混合している場合、物理ポートを組み合わせることが最善です。 すなわち、IMA ポート アダプタのポート 0 を確認すればネットワークモジュールは IMA ネットワークスイッチまたはその他のデバイスのポート 0 に接続されます。 更に詳しい情報については Bug Toolkit登録ユーザのみ)を参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 19006