音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity VMO エラーとソリューション

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントの情報は、すべてのバージョンの Cisco Unity for Microsoft Exchange に基づいています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

ViewMail for Outlook (VMO)の音声メール メッセージを開くように試みるときユーザは The custom form could not be opened.を得ます Outlook は DEFAULT 形式を代りに使用します。 の後に表示されます。 ユーザは Microsoft Windows.の Media Player の使用のこの同じ音声メール メッセージを受信まだできます

解決策

このエラーは通常 2 つの方法の 1 つによって解決することができます:

  • 十分なレジストリ特権がある確かめ、それらをことを加えなさい。

  • VMO クライアントを再インストールして下さい。

十分なレジストリ特権があることを確かめて下さい

サブスクライバ コンピュータのローカル非管理ユーザ向けの不十分なレジストリ特権がある場合、VMO と利用可能 な 慣習的形式はこれらのユーザ向けに開きません。 これは VMO インストールが正常におよびエラーなしで完了しても発生します。 非管理ユーザであるサブスクライバが VMO形式を開くように試みるときこのエラーは表示する:

The custom form could not be opened. Outlook 
will use an Outlook form instead. An error occurred 
registering the form in the OLE registry.

Outlook 慣習的形式はレジストリキーにアクセスを、HKEY_CURRENT_USER \ソフトウェア\クラス必要とします。 適切 な アクセス権がこのキーのために設定 されない場合、非管理ユーザは Outlook カスタム用紙を開けません VMO形式が含まれている。

この資料が不十分なレジストリ特権を解決するために必要なステップを説明しますがサブスクライバが VMO形式を開けないなぜか他の原因がある場合もあります。 最初に Solutions セクションに進む前に不十分なレジストリ特権が VMO形式 エラーの原因であることを確認するために Problem セクションを検討する必要があります。

あるサブスクライバが VMO形式をなぜのための開くことができないか複数の説明が場合もあります。 不十分なレジストリ特権を経験することを確認するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. コンピュータに VMO形式を開くことができないログオンし Outlook を開始して下さいサブスクライバとして。

  2. 空白のままの電子メール メッセージを開くために『New』 をクリック して下さい。

  3. 無題の Message 形式では、Tools > Forms > Design This Form の順に選択 して下さい。 これは設計 モードの用紙を開きます。

  4. Tools > Forms > Publish Form As の順に選択 して下さい。

  5. ダイアログボックスとして Publish 形式では、個人的なフォーム ライブラリがメニューの一見で選択されることを確認して下さい。

  6. 形式 Name フィールドでは、テストを入力して下さい。

  7. 『Publish』 をクリック して下さい。 プロンプト表示された場合、他に形式を送るように意図しないことを示すために『No』 をクリック して下さい。

  8. 形式を閉じて下さい。 変更を保存する必要はありません。

  9. Test 形式を開くためにこれらのステップを完了して下さい:

    1. File > New > Choose Form の順に選択 して下さい。

    2. 選択ではダイアログボックスを、『Personal Forms Library』 をクリック します メニューの外観から形成して下さい。

    3. Test 形式をクリックし、『Open』 をクリック して下さい。

  10. このエラーメッセージが表示する場合、VMO形式の失敗が不十分なレジストリ特権によって開く引き起こされることを正常に確認しました:

    The custom form could not be 
    opened. Outlook will use an Outlook form instead.
    An error occurred registering the form in the OLE
    registry.
    

    適切なレジストリ特権 セクションを問題を訂正するために適用する方法を進んで下さい。 以前のエラーを受け取らなかった場合、この資料の VMO クライアント セクションを再インストールする方法を参照して下さい。

適切なレジストリ特権を適用する方法

不十分なレジストリ特権を解決するためにこれらのステップを完了して下さい。 SubscriberA は彼/彼女のコンピュータのローカル管理権限がない、不十分なレジストリ特権による VMO形式を開くことができサブスクライバを表します。

  1. ローカル管理権限を SubscriberA に与え、次に SubscriberA のコンピュータに SubscriberA としてログオンして下さい。

  2. Regedt.32.exe を開始して下さい。 このプロシージャを行うために Regedit.exe を使用できません。

    注意 注意: 注意:誤ったレジストリ キーの変更や入力値の誤りは、サーバの誤動作の原因になります。 レジストリを編集する前に、問題が起きたときに復元する方法を確認してください。 通常、Cisco Unity サーバのバックアップでは、レジストリのバックアップは実行されません。 その他の情報に関しては、Regedit.exe のレジストリのヘルプトピックを復元するか、または Regedt32.exe の Registry 鍵 ヘルプトピックを復元する参照して下さい。 このレジストリキー設定の変更についての質問がある場合、Cisco テクニカル サポートに連絡して下さい。

  3. 現在のレジストリをバックアップしていない場合は、Registry > Export Registry File を選択し、レジストリ設定をファイルに保管します。

  4. HKEY_CURRENT_USER \ソフトウェア\クラス キーを拡張して下さい。

  5. このキーが強調表示される間、Security > Permissions の順に選択 して下さい。

  6. クラス ダイアログボックスのための権限のこれらのステップを完了して下さい:

    1. ネームボックスで『SubscriberA』 をクリック して下さい。

    2. 読まれたおよび完全 な 制御 ボックスをクリックして下さい。

    3. [OK] をクリックします。

  7. Regedt32 を閉じて下さい。

  8. ローカル管理権限があるサブスクライバ コンピュータをログオフし、次にアカウントと記録 して下さい。

  9. ローカルサーバ 管理グループから SubscriberA を取除いて下さい。

  10. コンピュータをログオフし、次に SubscriberA として記録 して下さい。

  11. Outlook を開始し、VMO形式を開いて下さい。 そうエラーなしでされますはずです。

    またサブスクライバ ローカル 管理権限を与える必要なしでサブスクライバのためのレジストリ特権を変更できます。 HK_USERS の下のどのキーが SubscriberA に属する判別し、次にソフトウェア\クラスの下で権限をキー入力します適切ように変更して下さいかそうするために、最初に。

VMO クライアントを再インストールする方法

適切なレジストリ特権を設定 し、それでもエラーメッセージを表示される場合、VMO クライアントの再インストールを考慮する必要があります。 このプロシージャのクライアントワークステーションの VMO をアンインストールし、次に VMO クライアントを再インストールして下さい。

  1. コンポーネントの\プログラム ファイルを\ Viewmail \ディレクトリおよびすべて取除いて下さい。

  2. C:\Winnt\System32 からこれらのファイルすべてを(あったら)取除いて下さい:

    • AvResLoaderSvrSL.dll

    • AvTrapConnectionHolderSvr.exe

    • AvTsmSL.dll

    • Avvox.acm

    • AvWavSl.dll

    • AvResSvr.dll

  3. Unpublish このプロシージャの VMO形式:

    1. Microsoft Outlook のメニューから、Tools > Options の順に選択 して下さい。

    2. 他を選択して下さい。

    3. 『Advanced Options』 をクリック して下さい。

    4. 『Custom Forms』 をクリック して下さい。

    5. 『Manage Forms』 をクリック して下さい。

    6. 形式マネージャウィンドウが個人的なフォームに設定 されることを確かめて下さい。 『ViewMail for Outlook』 を選択 し、そして『Delete』 をクリック して下さい。

    7. 形式を削除するために『Yes』 をクリック して下さい。

    8. [Close] をクリックします。

    9. すべてのウィンドウに『OK』 をクリック して下さい。

  4. ファイル FRMcache.dat をクライアントワークステーションで見つけ、FRMcache.old にファイルを名前を変更して下さい

  5. VMO クライアントソフトウェアを再インストールして下さい。 手順は統一システム 管理 ガイドで見つけることができます。

注: VMO がレジストリ場所 localMachine > ソフトウェア > シスコシステムズおよび localUser > ソフトウェア > シスコシステムズのインストールの間にレジストリに追加するすべてのキーを見つけることができます。

Windows XP の VMO エラー

ActiveX 一度限り形式エラー

Windows XP の ViewMail for Outlook との音声メールを受信する試みの間に悪意のあるコードが、この形式の 1つ以上のオブジェクトがロードされなかった動作することを防ぐのを助けるために。 詳細については管理者に連絡して下さい。 エラーは発生します。

AcriveX コントロールをブロックできる Outlook のための追加項目がないことを確かめて下さい。

AcriveX コントロールが一度限りフォームで動作する制限を追加する Outlook 2002 SP3 および Outlook 2003 年のブロックされた AcriveX コントロールがあるかどうか点検して下さい。 Outlook 2003 年、基底形式制御、たとえば、テキストボックスだけでは、コンボ ボックス、等、一度限り形式のメッセージ ボディ制御、受信者の制御および Outlook ビュー コントロール ロード。 Outlook 2002 SP3 では、スクリプトを書くことのためのマークされなかったセーフではない AcriveX コントロールはロードしません。

この問題のための理想的 な ソリューションは一度限りフォームを完全に避けることです。 一度限りを使用する必要があり、Outlook 2003 年を使用すれば、動作を制御するためにレジストリエントリかポリシーを使用できます。

注: このオプションは Outlook 2002 SP3 で利用できません。

レジストリエントリを使用するために、AllowActiveXOneOffForms と指名される DWORD 値を HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook\Security 値に追加し、これらの値の 1 つに設定 して下さい:

  • frm20.dll 制御、Outlook ビュー コントロール、Outlook 受信者のコントロールおよび docsite (メッセージ ボディ)制御だけロードするために 0 にそれを設定 して下さい。

  • ロードするために初期化のためのセーフとしてマークされる制御だけ許可するために 1 にそれを設定 して下さい。

  • すべての AcriveX コントロールがロードするように 2 にそれを設定 して下さい。

VMO エラー: 未知問題はコールの完了を防いでいます

Windows XP SP2 で動作する VMO 3.x および 4.x、および再生/記録デバイス/レコードとして電話の使用によって遊ぶために電話がそこで答えられるとき ViewMail for Outlook によって音声メールは、電話リング、無音でありまたは未知問題はコールの完了を防いでいます。 エラーメッセージは表示する。

これは TCPポート 135 に着信トラフィックをブロックする Windows XP SP2 内蔵のファイアーウォールが原因です。 VMO 電話再生によって、Cisco Unity は Outlook に音声 ストリームを取出すために DCOM コールバックを作り、DCOM は TCPポート 135 が接続を確立することを必要とするのでコールバックは失敗します。 アンチウィルス ソフトウェアおよび VPN ソフトウェアのような他のサード パーティ security software によりまた着信 DCOM 呼び出しは失敗します場合があります。

回避策として 2 つのオプションがあります:

  1. VMO 4.0(4) および Cisco Unity 4.0 (4)にアップグレードして下さい。 Cisco Unity から Outlook へ DCOM 呼び出しがないこと VMO 4.0(4) の電話レコードおよび再生機能および Cisco Unity 4.0 (4)はそのような物設計し直されます。 従って Cisco Unity はクライアント問題に免疫があります、RPC ハングのような、サード パーティ security software によってブロックされる DCOM トラフィック等。 バージョン 4.0(4)に Cisco Unity および VMO を両方アップグレードして下さい。

  2. トラフィックをポート 135 に許可し、プロセス C:\Windows\system32\AvTrapConnectionHolderSvr.exe プロセスを許可するためにまた Windows XP SP2 Personal Firewall を(例外を追加して下さい)設定して下さい。

    詳細については Windows XP サービスパック 2 をインストールした後 842242 のいくつかのプログラムがはたらかせることを止めるようであるleavingcisco.com Microsoft Knowledge Base 記事を参照して下さい。

未知問題はまた IP アドレス ミスコンフィギュレーションまたは DNS 問題があるとき Call エラーの完了を発生する場合があります防いでいます。 たとえば、Cisco Unity サーバの代りに Cisco Unified CallManager の IP アドレスを設定しました、または、ホスト名を使用すれば、DNS 解決は正常に実行された。 Cisco IP Phone でプレイバックに Cisco Unity View Mail for Outlook (VMO)メディア マスターおよびレコードを設定するために Cisco Unity サーバのホスト名または IP アドレスを、ない Cisco CallManager サーバ、設定して下さい。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。

  1. 『Options』 を選択 して下さい。

  2. Phone Record and Playback Settings ウィンドウで、- Cisco Unity サーバの…エクステンションおよび IP アドレスまたはホスト名入力して下さい。 ホスト名を含んでいる場合、Cisco Unity サーバの IP アドレスに名前を変換できることを確かめて下さい。

    前のステップが問題を解決しなかった場合、Permissions ウィザードを実行し、ことをグラント Dcomm 権利確かめ、メディアを有効に して下さいマスター コントロール オプションがチェックされる。

ViewMail for Microsoft Outlook の音声メールをする試みの間に資格情報を入力するためにプロンプト表示して下さい

クリックするときメディアはメッセージを再生するために VMO の play ボタンを資格情報のためのプロンプト作成されます禁止します。 正しい資格情報を入力するように試みるときログオンは失敗します。 Cancel ボタンを選択する場合、このエラー messsage は現われます。

Access was denied when connecting to the voice server. To use the telephone you
  must be logged into windows using the account associated with your subscriber
  account.

Cisco Unity イベントログはこのエラーを示します:

AvCsGateway: FindCsComponents failed, no access for 
global\tom.krenn with subscriber type=Unknown (err=0x80070005).
A subscriber must be associated with global\tom.krenn.

解決策 1: DCOMCNFG を使用して下さい

この問題へのソリューションとして、Cisco Unity サーバおよびユーザ マシン両方の DCOMCNFG を実行して下さい。 Start > Run の順に選択 し、DCOMCNFG をタイプし、『Enter』 を押して下さい。

vmo_error_custom_form.gif

次の手順を実行します。

  1. Properties を『DEFAULT』 を選択 し、このコンピュータのイネーブル分散 COM をチェックして下さい。

  2. デフォルトの認証 レベルのために『Connect』 を選択 し、デフォルト偽装レベルのために識別して下さい

  3. Cisco Unity サーバの権限 ウィザードを実行して下さい。

  4. Cisco Unity サーバを再起動します。

Windows XP サービスパック 2 およびそれ以降では、匿名コールバックを有効に するために各クライアントマシンの匿名ログオン権限を与えて下さい。匿名ログオン権限を設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. > コンポーネント サービス コンポーネント サービス ダイアログボックスを起動させるために Start > Programs > Administrative Tools の順に選択 して下さい。

  2. コンポーネント サービス ダイアログボックスで、サービス > コンピュータを『Component』 を選択 し、次にツールバーのマイ コンピュータを『Configure』 をクリック して下さい。

  3. My Computer ダイアログボックスで、COM Security タブを選択し、次にアクセス 権限界を『Edit』 をクリック して下さい。

  4. アクセス 権 ダイアログボックスで、グループまたはユーザネーム パネルの匿名ログオンを選択し、次にリモートアクセス許可のための割り当てボックスを選択して下さい。

解決策 2: GrantUnityAccess ユーティリティを実行して下さい

GrantUnityAccess ユーティリティを実行して下さい、認証 ドメインのユーザと Cisco Unityサブスクライバを関連付けるために C:\commserver\grantunityaccess.exe にある。

VMO ツールバーを使用して PC スピーカーを通した音声メールが遊ぶ場合のユーザ エクスペリエンス問題

何人かの VMO ユーザは PC スピーカーが再生デバイスとして選択されるとき音声メール メッセージを聞くことができません。 クライアントPC および Cisco Unity サーバのイベント ビューアで表示する No エラーまたは警告があります。 VMO ユーザが再生デバイスとして電話を選択する場合、うまくはたらき、音声メール メッセージを聞くことは可能性のあるです。

解決策

かどうかファイルは tfxext32.dll かどうかメッセージを再生できないユーザが無効である Outlook で ViewMail に付加無効を、そして示したら確認して下さい。 その場合、Outlook クライアントの Microsoft Office Outlook を Help > About の順に選択 し、項目を『Disabled』 をクリック して下さい。 この場合、tfxext32.dll ファイルを選択し、『Enable』 をクリック して下さい。

音声メール添付ファイルが開く場合のエラー

このエラーメッセージは添付ファイルを、Microsoft Outlook の PDF ファクシミリのような、開くとき受け取られます:

Can't create file: FAX.TIF. Right-Click the
folder you want to create the file in, and then click Properties on the
shortcut menu to check your permissions on the folder

解決策

Outlook は添付ファイルを保存し、開くために一時フォルダを使用します。 デフォルトで、このフォルダは(#乱数があるかところに) C:\Documents and Settings\ %USER_NAME% \ローカル 設定\インターネット一時ファイル\ OLK# \です。 いくつかのセキュリティ更新プログラムが原因で、それはそのフォルダで作成されるべきフォルダを防ぎます。 ソリューションは規則的な臨時雇用者フォルダを使用することです。 次の手順を実行します。

  1. このキーを見つけるために REGEDIT.EXE を使用して下さい: HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\11.0\Outlook\Security

    注: 後バージョンによるオフィス キー パスを修正しなければならなかったことは可能性のあるです。 およびフォルダ 8.0、9.0、10.0、11.0 がある高頻度はおそらく使用するバージョンである行きます。

  2. インターネット一時ファイルを臨時雇用者と置き換えて下さい、キー OutlookSecureTempFolder を odify。

    たとえば、古い VALU — C:\Documents and Settings\tim\Local 設定\一時インターネット Files\OLK177\

    NEW 値— C:\Documents and Settings\tim\Local Settings\Temp\OLK177\

    注: 177 より異なる数があるかもしれません。

  3. 再始動 Microsoft Outlook。

音声メール メッセージが IP Phone によって再生される場合の問題

何人かの VMO ユーザはメッセージが IP Phone によって再生されるとき音声メール メッセージを聞くことができません。 未知問題のようなエラーメッセージはコールの完了を受け取られます防いでいます

解決策

次の手順を実行します。

  1. > コンポーネント サービス Start > Settings > Control Panel > Administrative Tools の順に選択 して下さい。

  2. サービス > コンピュータ > My Computer > DCOM 構成を『Component』 を選択 して下さい。

  3. AvCsGateway を右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。

  4. Security タブに行き、これらのステップを完了して下さい:

    1. Security タブでは、起動およびアクティベーション許可の下で『Customize』 をクリック して下さい。

    2. 『Edit』 をクリック し、グループを追加し、リモート アクティベーションにこのグループに権限を割り当てて下さい。

    3. 『OK』 をクリック し、コンポーネント サービス ウィンドウを閉じて下さい。

  5. 前の手順が問題を解決しなかった場合、ステップ 4 までプロシージャを完了し、次にこのプロシージャと続けて下さい:

    1. Security タブでは、起動およびアクティベーション許可の下で『Customize』 をクリック して下さい。

    2. IUSR_ <Servername> アカウントを『Edit』 をクリック して下さい、追加して下さい。 ローカル起動およびリモート起動にこのグループに権限を割り当てて下さい。

    3. Security タブに戻るために『OK』 をクリック して下さい。

    4. Security タブでは、アクセス 権の下で『Customize』 をクリック して下さい。

    5. IUSR_ <Servername> アカウントを『Edit』 をクリック して下さい、追加して下さい。 ローカルアクセスおよびリモートアクセスにこのグループに権限を割り当てて下さい。

    6. 『OK』 をクリック し、コンポーネント サービス ウィンドウを閉じて下さい。

エラー: Viewmail は機能的に次の Outlook 電子メール アカウントに利用できません

Outlook 2010 の Viewmail 8.5.7 では、Outlook を開くことを試みるときこのエラーメッセージが現れます:

Cisco ViewMail encountered one of more errors. Viewmail
	 functionally is not available for the following Outlook email accounts(s).

解決策

このエラーは Cisco Unity バージョンが Windowsのバージョンをサポートしないと来ます。 Cisco Unity および Windows サポートのための互換性 マトリックスに関する詳細についてはユーザワークステーションの Cisco Unity Connection およびソフトウェアを参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 18955