スイッチ : Cisco Catalyst 4900 シリーズ スイッチ

Catalyst 4000/4912G/2980G/2948G シリーズ スイッチのハードウェア トラブルシューティング

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 8 月 9 日) | 英語版 (2015 年 10 月 7 日) | フィードバック


対話式: この文書では、個別のユーザに合わせたシスコ デバイスの分析を行います。


目次


概要

このドキュメントでは、Catalyst 4000 ファミリ スイッチのハードウェア問題を診断する方法に関するトラブルシューティング手順について説明します。 Catalyst 4000 ファミリには、4003 および 4006 モジュラ シャーシおよび 2948G、2980G、および 4912G 固定モデルがあります。 Catalyst 4000 と Catalyst 2900 の命名規則は、非常に複雑になり得ます。 これらの問題を明白にするのを助ける方法に関する詳細については知識 Catalyst 2900 および Catalyst 4000 命名規則を参照して下さい。

目標は Cisco テクニカル サポートに連絡する前にいくつかの基本的なハードウェアの問題を特定および解決するか、またはより広範な トラブルシューティングを行うのを Ciscoカスタマーが助けることです。 特定の診断の収集の整然としたトラブルシューティング プロセスは問題の解決に必要な情報が失われないようにします。 問題のスコープを詳細化する場合、これはソリューションのための検索の貴重な時間を節約します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Catalyst スイッチのハードウェア トラブルシューティングの準備

製品の概要を事前に理解しておくことで、インストレーションの際や運用中に発生するハードウェアに関する問題を、未然に回避することにつながります。 これらのスイッチ用の総合システムをおよび所要電力、適切なインストール手順、スイッチ管理およびソフトウェア面での配慮よく知っているそれらの顧客向けに既に Cisco は Cisco Catalyst 4000 シリーズ スイッチ トラブルシューティングTECHNOTE の文書を読むことを推奨します。

この資料はこの重要な情報を取り扱っています:

  • シャーシどのスーパバイザがサポートされますか。

  • 設定のバックアップ方法

  • Catalyst 4000 ファミリの General Deployment(GD)に該当するソフトウェア バージョン

この文書は、読者が「Catalyst 4000 のコマンド リファレンス」を理解していることを前提としています。 またスイッチングの基本の前提 知識がある必要がありましたりまたは LANスイッチがどのようにはたらくか読みました。 追加オンライン ドキュメントはこの資料の全体にわたってトラブルシューティングで助けるために参照されます。

オンライン トラブルシューティング ツール

Cisco にいろいろなトラブルシューティング ツールがあり、リソースはスイッチ出力を理解するのを助けるためにハードウェアとソフトウェアの互換性、トラック バグおよび検索フィールド注意を判別します。 これらのツールおよびリソースはこの資料の全体にわたって参照されます:

Catalyst 4000 ファミリのトラブルシューティング手順

この項では、Catalyst 4000 ファミリのトラブルシューティング手順、症状、show コマンド、および診断について説明します。 このセクションはこの資料の概要に記述されているようにこの 文書 の 添付ガイドを、読み、スイッチ および その 機能を理解していることを前提としています。

注: スイッチがネットワークに接続されている場合は、トラブルシューティングの最初のステップで、モジュールのリセットや装着は行わないでください。 ユーザ経験が、記録 する 内部バッファ、システムメッセージ消されるおよびハードウェアまたはソフトウェアエラーに関する役に立ちそうな情報失われますダウンタイムに加えて。 スイッチがオフラインの場合には、必要に応じて LED ステータスの監視、ケーブルの引き抜き、モジュールの装着し直し、またはスイッチのリセットを試すことができます。 LED ステータスのトラブルシューティングについては、このドキュメントの後半で詳しく説明します。

隠しコマンド

この資料で示されるいくつかのコマンドは非表示として知られています、つまりと「解析することができないことを意味しますか。」、およびあなた完了するために記録できません。 隠しコマンドがこの資料で提案されるとき、ケースをオープンする場合、出力を単に収集し、TAC エンジニアに送信 して下さい。 この出力がケースのことを解決で役立つことは可能性のあるです。 これらのコマンドは文書化されていないので、TAC エンジニアは、お客様にその出力について説明することが求められていません。

問題を解決したいと思う場合場合正しく続かれたソリューションを生成 するこれは手順の方式かセットを必要とします。 まず、LAN ネットワークの一般的な問題の解決方法を理解することから始めます。

一般的な問題解決モデル

問題を解決したいと思う場合場合正しく続かれたソリューションを生成 するこれは手順の方式かセットを必要とします。 まず、LAN ネットワークの一般的な問題の解決方法を理解することから始めます。 LAN ネットワークで発生するハードウェアの障害には、特定の症状があります。 これらの現象はリンクフラッピングのような特定のスイッチの間で、Telnet で接続する不可能のような一般である場合もありますまたは多分スイッチはそれ自身をリセットしています。 各現象は 1つ以上の原因に特定のトラブルシューティング テクニックを使用する場合トレースすることができます。 体系的な方法が最も効果的です。 特定の症状について明確に定義し、これらの症状を引き起こしている可能性のある問題をすべて特定します。それから、可能性のある問題のうち、最も可能性の高いものから低い順に 1 つずつ排除していき、症状がなくなるまで続けます。

一般的な問題解決フロー チャート

このダイアグラム概略 問題解決プロセスを詳述するステップ:

/image/gif/paws/18935/121-b.gif

次の手順を実行します。

  1. 問題を定義して下さい。

    まず、発生している問題を特定することが重要です。 これはどのような原因がこれらの現象という結果に終る場合があるか特定することを可能にします。 問題の判別を助けるためにあなた自身にこれらの質問をして下さい:

    • 主な症状は何ですか。

    • 問題仕様はこのスイッチにまたはネットワークにそれ同様に影響を与えます他のスイッチにありますか。

    • 問題は、特定のモジュールの 1 つまたは複数のポートに関係しているか。 ポートのタイプは、次のどれですか。 10/100、マルチモード ファイバ (MMF)、Singlemode Fiber (SMF)、GigabitEthernet、等か。

    • 問題に直面するどんなデバイスがスイッチポートに接続されますか。

    • 最初にこの問題が発生したのはいつですか。また、この問題は何度も発生していますか。

    • 何が問題その時に最初に注意されました起こりましたか。 その時刻に、何かトラフィック状況に特別なことがありましたか。 たとえば、それはトラフィックのピーク時でしたか。

    • 特殊なコマンドをその時に実行するか、またはコンフィギュレーション変更を行ないましたか。

  2. ファクトを収集して下さい。

    問題のスコープを隔離するためにスイッチからの診断および show コマンド出力を収集して下さい。 機器に物理的にアクセスできる場合は、赤色または黄色の LED、切断されているケーブル、または接触不良があるモジュールを探してリストアップします。

  3. 考えられる 原因を検討して下さい。

    収集した情報に基づき、可能性のある問題を検討します。 ある特定のデータを利用して問題としてハードウェアを除去するために、ソフトウェア側の問題に焦点を合わせることができるようにできます、たとえば。 段階的に潜在的な問題の数を絞り、効率的なアクション プランを作成できるようにします。

  4. アクションプランを作成し、設定して下さい。

    潜在的な問題に基づいてアクション プランを作成します。 1 度に 1 つの問題のみを扱ってください。 複数の変数を同時に変える場合、問題を解決できますが将来発生する場合現象を除去した特定の変更の識別ははるかに困難になり、同じ問題を解決するのを助けません。

  5. 結果を確認して下さい。

    変数が変更されるたびに結果を収集して解析し、問題が修正されたか確認します。

  6. プロセスを繰り返して下さい。

    問題が解決するまで、それぞれの考えられる原因に対するテストを繰り返し行ってください。

一般的な問題

「問題解決モデル」にあるように、問題解決の最初のステップは症状を特定することです。 解決されますすべての Catalyst スイッチによって関連付けられるいくつかのよくある問題に関する詳細については Catalyst トラブルシューティング に 役立つ ヒントを参照して下さい。

LAN ネットワークにおけるほとんどのハードウェア上の問題はこれらのカテゴリーに下り、各カテゴリにそれに関するさまざまな現象があります:

  • 接続性の問題

  • システム、スーパーバイザ、モジュールの問題

  • スーパーバイザのクラッシュ

接続性の問題

これらの問題は、モジュールに接続されているスーパーバイザ、モジュール、またはホストとの通信が断続的に途切れたり、失われたときに発生する可能性があります。

システム、スーパーバイザ、モジュールの問題

これらの問題はときシステムステータスLED が問題を示唆する、スーパバイザ発生する場合がありますまたはユーザが貧弱なパフォーマンスを体験するときモジュールは認識されませんし、不良、または示しません。

スーパーバイザのクラッシュ

これらの問題はスイッチがリセットされたら、絶えずリセット発生する場合がありましたり、または完全にダウンしています。

症状の説明

この項では、Catalyst 4000 ファミリ スイッチの症状、トラブルシューティング手順、およびコマンドについて説明します。 このセクションはスイッチ シャーシ、Supervisor Engine、モジュールおよび特殊機構カードを識別できそれ Cisco Catalyst 4500 シリーズ スイッチ インストールおよびアップグレード ガイドのために記述されているようにシステム仕様、ケーブル接続、電力およびソフトウェア要件を理解することを前提としています。

第一の症状がであるもの判別しなかったら、この資料の General Problem Solving Model セクションを参照し、問題にステップを適用して下さい。

接続障害と解決手順

このセクションは顧客が Catalyst 4000 によって直面できるよくある 接続上 の 問題をカバーします。

これらのコマンドは CatOS のための Output Interpreter ツールによってサポートされ、トラブルシューティング スイッチポート問題で助けるのに使用することができます:

  • show version

  • show module

  • show system

  • show port

  • show mac

  • show counters 

  • show cdp neighbors detail

ご使用の Cisco デバイスからのサポート対象コマンドの出力がある場合は、アウトプットインタープリタ登録ユーザ専用)を使用して今後予想される障害と修正方法を表示できます。 アウトプットインタープリタ登録ユーザのみ)を使用するために、登録ユーザである必要がありログオンされ、JavaScript を有効に してもらいます。

スーパーバイザにコンソール接続または Telnet できない

これらの問題は両方とも、前述した「Catalyst のトラブルシューティング ティップス」の文書で説明しています。

「受け取ってセッションを割り当てられないブロックして下さい」エラーメッセージを

Telnet のスイッチにアクセスする間、セッション Block エラーメッセージを割り当てるために失敗するの受け取れば、問題はスイッチが Telnetアプリケーションのための最小メモリを割り当てることができないので発生します。 スイッチでメモリ漏出が理由でそれ以上のメモリをまたは使用する利用可能 な 空きメモリはプロセスが理由で低いです。

エラーを防ぎ、スイッチでそれ以上のメモリを使用する show proc mem コマンドを発行し、プロセスを確認するため。 問題を解決することはシステムに、それ以上のメモリを追加するか、または既存のメモリのいくつかを放すためにいくつかの機能をディセーブルにします。

スイッチにメモリリークがある場合、メモリのすべてのプロセスをリリースするためにスイッチをリセットして下さい。 リブートした後でさえもエラーメッセージがそれでも現れたら、スイッチのソフトウェア バージョンをアップグレードして下さい。

リモート ホスト、ルータ、または他のスイッチに接続できない

次の手順を実行します。

  1. ポートLED ステータスがグリーンであることを確認して下さい。 link LED がオレンジ色に点灯している場合は、ソフトウェアによってディセーブルにされています。 それがスーパーバイザブートアップおよびモジュール初期化の後でオレンジを点滅させる場合、これはハードウェア障害です。 link LED がない場合は、ケーブルを点検して交換してください。 エンド デバイスと NIC の動作を確認します。

    NIC のトラブルシューティングに関する詳細については Cisco Catalyst スイッチと NIC との互換性に関する問題のトラブルシューティングを参照して下さい。

  2. どのメディアタイプによりますか? ファイバですか。 Gigabit Interface Converters(GBIC; ギガビット インターフェイス コンバータ)ですか。 ギガビット イーサネットですか。 10/100 BaseTX ですか。 これが物理層問題、詳細についてはトラブルシューティング スイッチポート問題物理層 トラブルシューティングについて記述されている個所を示せば。

  3. ポートが正常に動作していることをステータスが接続される、つまり意味することを確認するために show port <mod/port> コマンドを発行して下さい。 どのその他のステータスでも表示する場合、トラブルシューティング の 手順については Port Status Shows Not Connected, Faulty, Disabled, Inactive, or Errdisable セクションを参照して下さい。

    エンド デバイスが Ciscoルータまたはスイッチであり、Cisco Discovery Protocol (CDP)が有効に なったら場合、デバイス、リモートインターフェイスの種類およびリモートIPアドレスを識別するために show cdp neighbor detail コマンドを発行して下さい。

    注: ステータスが connected でも、ポートにエラーがないとは限りません。 ポートにエラーが存在する場合は、このドキュメントの「ポートでエラーが見られる」の項に進みます。

  4. ケーブルを交換します。 ケーブルを別のポートに移動します。 パッチパネルを取り除きます。 パッチ パネルは接続障害の原因となることが多いため、エンド デバイスに直接接続を試みてください。 エンド デバイスの動作を確認します。

  5. show configshow module および show test 0 コマンドの出力をキャプチャして下さい。

    1. ステータスがそのモジュールのために良く、ディセーブルにされないまたは不良ことを確認するために show module コマンドを発行して下さい。

      • ステータスが無効である場合、一定モジュール イネーブル <mod> コマンドを発行して下さい。

      • ステータスが faulty の場合は、コンソール接続を確立して、ブートアップ Power on Self Test(POST; 電源投入時自己診断テスト)の診断結果とシステム エラー メッセージをキャプチャします。 モジュールをリセットするためにリセット <mod> コマンドを発行して下さい。 それ渡されるこのモジュールがすべてブートアップの診断テストだったかどうか確認するために show test 0 コマンドを発行して下さい。

      • モジュールを取りはずして、曲がったピンがないか検査します。 モジュールを装着し直し、イジェクタ レバーを確実に押し下げ、非脱落型ネジをしっかりと締めます。 show module コマンド ステータスの出力が依然として faulty の場合は、別のスロットでモジュールを試してください。 スロット 2 はラインカードか Supervisor Engine を受け入れます。 必要に応じて、スイッチの電源をオフ/オンします。 ステータスが依然として faulty の場合は、モジュールが故障しています。

    2. ポートがブートアップの最終診断診断試験に合格したことを確認するために show test 0 コマンドを発行して下さい。 F がそのポートのために起訴される場合、ステップ a.は次続行します。

  6. このデバイスが同じまたは別の VLAN にあるかどうか確かめて下さい。 これはレイヤ 2(L2)デバイスであって、VLAN 間のルーティングにはルータが必要であることに注意してください。

  7. 別のスイッチに接続する場合、あなた自身にこれらの質問をして下さい:

    • このポートのタイプは何ですか。 トランク ポートですか。

    • トランク ポートの場合、どのトランク カプセル化がサポートされていますか。

    • ポートは Etherchannel に対応していますか。

    ポートの機能をすばやく調べるには、show port capabilities コマンドを発行します。 トランキングか EtherChannel で問題を解決する方法に関する詳細については LAN テクニカル情報を参照して下さい。

Port Status Shows Not Connected, Faulty, Disabled, Inactive, or Errdisable

考えられるポート ステータス

ステータス 説明と回避策
connected
ポートは動作可能で、エンド デバイスに接続されています。 接続されるのステータスはポートがエラーなしであることを意味しません。 ポートにエラーが存在する場合は、このドキュメントの「ポートでエラーが見られる」の項に進みます。
notconnect
ポートには何も接続されていません。 ケーブルを点検して、交換します。 エンド デバイスの動作を確認します。
faulty
ハードウェア障害の可能性があります。 確認するために show test コマンドを発行して下さい。 ポートのための F ディスプレイが、続行すればの次ステップ 5 はこの資料の Switch セクションのリモートホストに接続できません
disabled
手動でディセーブルにされています。 ポートを有効に するために set port enable <mod/port> コマンドを発行して下さい。 ポートステータスがイネーブルに変更しない場合、モジュールが無効だったかどうか確認するために show module コマンドを発行して下さい。
inactive
ポートは、存在しない VLAN に属しています。 VLAN を追加するために set vlan <vlan> コマンドを発行して下さい。
errdisable
ポートは、エラーのためにシャットダウンされています。 詳細は、「CatOS プラットフォームでの errDisable ポート状態からの」の文書を参照してください。

ポートでエラーが発生する

ユーザからのパフォーマンスに対する不満は、スイッチ ポートにエラーがある可能性があります。 port error counters コマンド ヘルプからの出力接続に関する問題を解決します。

  1. ポートステータスを確認し、それに応じて解決して下さい。 この文書の「ポート ステータスに not connected、faulty、disabled、inactive、または errdisable が表示される」の項を参照してください。

  2. show port <mod/port>show mac <mod/port>、および show counters <mod/port> コマンドの出力をキャプチャして下さい。

    これらはポートのデータリンクエラーのためのコモン コーズです:

    show port <mod/port> コマンドは遅コル島、割り当てエラー、FCS-Err、Xmit-Err および Rcv-Err エラーを示すことができます。 CatOS のための Show port およびこれらのエラーおよび考えられる 原因のより多くの informaiton のためのトラブルシューティング スイッチポート問題Cisco IOS セクションのための Show interfaces を参照して下さい。

    show mac <mod/port> コマンドは送信されるユニキャスト、マルチキャストおよびブロードキャストフレームの数を示したものです。 帯が受信され、送信されるかどうか確認するためにこのコマンドを発行して下さい。

    In-Discards では、切り替える必要のないフレームが表示されます。 これはポートがハブに接続され、2 つのデバイスがデータを交換したら場合正常です。 Lrn-Discards は、Content Addressable Memory(CAM)エントリが破棄されていることを示します。 In-Lost カウンターはポートで受信されるエラーパケットの合計を表示する。 Out-Lost カウンターは出力ポート バッファオーバーフローを示します。 CatOS のための Show mac およびこれらのエラーおよび考えられる 原因に関する詳細についてはトラブルシューティング スイッチポート問題Cisco IOS セクションのための Show interfaces counters を参照して下さい。

    show counters <mod/port> コマンドはポートの問題を解決するために特に役立ちます。

    たとえば、このカウンターはコマンドを発行する場合生じます:

    5 badTxCRC = 0

    badTxCRC が増分した場合、これは悪いハードに悪影響を与えるパケットである場合もあります。 show counters <mod/port> コマンドの出力をキャプチャし、Cisco テクニカル サポートとのケースをオープンして下さい。

  3. show port <mod/port>show mac <mod/port>、および show counters <mod/port> コマンドの出力をリセットするために clear counters コマンドを発行して下さい。 IF エラーが増分していることを見るためにコマンド 出力を数回表示して下さい。

    見つけ出して、show nvramenv 1 コマンドの出力述べられる、前の手順のスイッチの断続する接続損失のための原因を、また前の手順の他のコマンドをキャプチャし、Cisco テクニカル サポートとのケースをオープンできない場合。

  4. Port エラーのその他 の 原因を解決する方法に関する詳細についてはこれらの文書を参照して下さい:

パフォーマンスが低下している

パフォーマンスの低下は多くの場合、ハードウェア障害であると認識されますが、実際には、接続障害に起因する場合がほとんどです。 トラブルシューティング の 手順については Seeing Errors on the Ports セクションを参照して下さい。

%PAGP-5 left/joined bridge メッセージが繰り返し表示される

次の手順を実行します。

  1. show port <mod/port>show mac <mod/port>、および show spantree summary コマンド出力をキャプチャして下さい。

    これらのメッセージと同じようなシステムメッセージはエラーが繰り返し続ければリンクがフラップできるが、情報です。

    2002 Jan 19 14:59:05 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 2/11 left bridge port 2/11
    2002 Jan 19 14:59:23 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/11 joined bridge port 2/11
  2. これらのメッセージがある決まったポートで繰り返し表示される場合、考えられる 原因のためのこれらの資料を参照して下さい:

  3. また show port <mod/port> のポートのエラーを見、mac<mod/port> コマンド 出力を示す場合、トラブルシューティング の 手順については Seeing Errors on the Ports セクションを参照して下さい。

  4. スイッチのどのポートでもブロックされる、どの VLAN がブロックされている場合何ポートが各 VLAN にあるか確認するために show spantree summary コマンドを発行すれば。 Since Spanning-Tree Protocol (STP)ループによりリンク フラップを引き起こす場合がありますか、または実際にスイッチかネットワークを、ハードウェア障害の出現とともにダウンさせるために、これはハードウェアかソフトウェアを解決するかどうかキャプチャ するべき必須の情報です。 STP を解決する方法に関する詳細については LAN テクニカル情報を参照して下さい。

自動ネゴシエーションできない、または速度/デュプレックスの不一致

次の手順を実行します。

  1. リンクの両端で全く同じに設定される速度 および デュプレックスを持つために確かめて下さい。 Catalyst 4000 スイッチポートはデフォルトで自動に設定されています。 BaseTX 100 リンクの両側が正しくオート・ネゴシエートするとき、show port <mod/port> コマンド 出力は次の通りです:

    Duplex   Speed
    -------   -------
    a-full    a-100

    両側をハードコーディングします。 ポートをハードコーディングする場合は、最初にポート速度を設定してから、デュプレックスを設定する必要があります。 show port <mod/port> コマンドを発行して下さい。 スイッチ出力は次の通りです:

    Duplex   Speed
    -------   -------
    full       100

    注: スイッチがハードコーディングされていても、問題を解消するには依然として接続デバイスをハードコーディングする必要があります。

  2. 速度/デュプレックスの不一致か NIC 非互換性によって引き起こされる自動ネゴシエーション の 問題がある場合エラーはポートに出て来ます。 詳細は、次のドキュメントを参照してください。

システム、スーパーバイザ、モジュールに関する問題と解決手順

とシステムステータスLED が問題を示唆するシステム、スーパバイザおよびモジュールの問題は、スーパバイザ発生しますまたはユーザが貧弱なパフォーマンスを体験しているときモジュールは認識されませんし、不良、または示しません。

次のコマンドは Output Interpreter でサポートされており、システム、スーパーバイザ、およびモジュールに関する問題のトラブルシューティングに使用できます。 show version、show module、show system。

Ciscoデバイスからのサポートされているコマンドの出力がある場合、潜在的な問題および修正を表示するためにアウトプットインタープリタ登録ユーザのみ)を使用できます。 アウトプットインタープリタ登録ユーザのみ)を使用するために、登録ユーザである必要がありログオンされ、JavaScript を有効に してもらいます。

ソフトウェアのアップグレードに問題がある

次の手順を実行します。

  1. ソフトウェアアップグレードとしなければならないほとんどのユーザの問題は copy tftp プロシージャを、スーパバイザのためのブートプロセス理解しなかった結果、またはフラッシュシステムです。

    、とりわけ、スーパバイザのための copy tftp プロシージャに関する詳細についてはシステムソフトウェアイメージを使用を参照して下さい。

    スーパバイザのためのフラッシュ ファイルシステムに関する詳細についてはフラッシュ ファイルシステムを使用して参照して下さい。

    ROMmon 回復手順 情報に関する詳細については CatOS が稼動している Catalyst スイッチのブート障害からの復旧を参照して下さい。

    show versionshow flash、または持っているスーパバイザの種類によって決まる dir bootflash コマンド出力をキャプチャして下さい。 十分な DRAM がある確認し、アップグレードするように試みる点滅させ次に copy tftp プロシージャを行って下さいイメージのためにことを。

  2. ブート 環境変数および設定登録値を設定 して下さい。 これらの設定に関する詳細についてはスイッチ ブート設定を修正することを参照して下さい。

    Cat4000-c> (enable) set boot ?
    auto-config                Set auto config file
    config-register            Set configuration register
    sync                       Set sync parameters
    system                     Set BOOT environment variable

    Cisco はブート 環境変数および設定登録値をこのように設定 したことを推奨します:

    1. 起動したいと思う現在 フラッシュするにインストールされるイメージを、確認して下さい。 dir bootflash: コマンドを発行します。 コマンドを使用します。

      Cat4000-c> (enable) dir bootflash:
      -#- -length- -----date/time------ name
      1  4106492 Aug 17 2001 16:22:52 cat4000.6-3-1.bin
      2  3554592 Nov 28 2001 10:38:33 cat4000.5-5-11.bin
      3  4199168 Dec 07 2001 10:30:01 cat4000-k9.6-3-3.bin
      4  3651336 DEC 11 2001 12:26:20 cat4000.5-5-8.bin
      
      216540 bytes available (15512100 bytes used)
    2. 起動したいと思うフラッシュするのイメージのためのブート 環境変数を設定 して下さい。

      Cat4000-c> (enable) set boot system flash  bootflash:cat4000.6-3-1.bin
      BOOT variable = bootflash:cat4000.6-3-1.bin,1;
    3. フラッシュからブートするように config-register を設定します。

      Cat4000-c> (enable) set boot config-register 0x2102
      Configuration register is 0x2102
      ignore-config: disabled
      auto-config: non-recurring
      console baud: 9600
      boot: image specified by the boot system commands
  3. アップグレードの間に rommon かブートモードで終了する場合、詳細については CatOS が稼動している Catalyst スイッチのブート障害からの復旧を参照して下さい。

  4. バグを見つけ出すのに Bug Toolkit を使用するかまたは警告の Catalyst 4000 ファミリー ソフトウェア リリース 5.x に関するリリース ノートを参照して下さい。

スーパーバイザがオンラインでないか、ブートまたは rommon のままになっている

認識されないべき Catalyst 4000 ファミリー スーパバイザのためのもっとも一般的な原因はそれがブートか損失または破損 した イメージによる rommon モードでスタックしているときあります。 これらのモードでは、スーパバイザに Telnet で接続できませんし、開いているコンソール セッションを持たなければなりません。

  1. スーパバイザがブートか rommon モードでスタックしている場合、CatOS が稼動している Catalyst スイッチのブート障害からの復旧のトラブルシューティング の 手順を完了して下さい。

  2. スーパバイザがブートか rommon モードにではないが、それでもオンラインではない場合、システム コンポーネント LED の Supervisor Engine におけるトラブルシューティング の 手順をですこの資料のオレンジ/レッド セクション完了して下さい。

システム コンポーネント LED がオレンジ色/赤色、またはスーパーバイザがオンラインでない

次の手順を実行します。

  1. 始動のオレンジ または 赤のLEDランプを観察する場合、システムまで完全に起動します問題があることを完了する前に待ちます。 スーパーバイザのシステム ステータス LED は、ブートアップが完了するまでオレンジ色にとどまり、ブートアップが成功すると緑色に変わります。 sys-status LED がオレンジ色になる原因の 1 つに、ファンの障害があります。

    次に、スーパバイザはモジュールによって別様に動作するスイッチング モジュールを初期化します、; 一部は断続的に点滅し、初期化が完了するまで他はオレンジにとどまります。 この時点で場合が検出するまで、リンク(ポート) LED は全体で消えます。

  2. LED が述べているか何を Catalyst 4000 ファミリー コンポーネントを理解すれば。 開始インポートとして、詳細についてはインストールのトラブルシューティングを参照して下さい:

    スーパーバイザの前面パネルにある LED を確認します。 詳細は、次のドキュメントを参照してください。

    スイッチング モジュールの前面パネルにある LED を確認します。 詳細については Catalyst 4500 E シリーズ モジュールインストーレーション 注を参照して下さい:

  3. show version、show system、show module および show test 0 コマンド出力をキャプチャして下さい。

    電源モジュール:電源モジュールと電源モジュールのファンが含まれます。 PS1 は、PS2 および PS3、Catalyst 4006 のために、ステータス LED グリーンであるはずです。 一方または両方が赤色の場合は、電源モジュールに障害が発生している可能性があります。

    1. show system コマンドを発行するとき、PS1 か PS2 ステータスが不良だったかどうか確認して下さい。

      注: Catalyst 4006 には、スイッチの動作用に 2 つの電源モジュールを取り付ける必要があり、3 つ目の電源モジュールは冗長用です。 詳細についてはモジュール 外観を参照して下さい。

    2. 電源モジュールを検査します。 両方のユニットに電力が供給されていることを確認します。 冗長電源装置はインストールされているが、電力がない場合、show system コマンド出力は電源の状態およびシスステータスが不良であることを示したものです。

    3. 電源モジュールを装着し直します。 別の回線で試すか、または電源コードを入れ替えてみます。 ステータスが赤色のままか、または show system コマンドの出力に faulty が表示される場合は、電源モジュールに障害があります。 詳細については、「取りはずしおよび交換の手順」を参照してください。

      ファン アセンブリ—システム電源がオンになっている時はいつでも、システムファンアセンブリは操作する必要があります。 それが動作したかどうか確認するためにファン アセンブリを聞けますはずです。

    1. ファン アセンブリと電源モジュールを検査して、システムに電力が供給されているか確認します。

    2. show system コマンドを発行して、fan-status が faulty であるか確認します。

    3. ファン アセンブリを装着し直し、非脱落型ネジを締めます。 必要な場合は、スイッチをリセットします。 show system コマンドの出力に依然として faulty が表示される場合は、ファンに障害があります。 詳細については、「取りはずしおよび交換の手順」を参照してください。

      スーパーバイザ エンジン- スーパーバイザ エンジンには、システム オペレーティング ソフトウェアが搭載されています。 スーパーバイザ エンジンを点検して、システム ソフトウェアに問題がないか確認します。 スーパーバイザ エンジンのステータス LED は、スーパーバイザ エンジンがすべての診断テストに合格したかどうかを示します。 コンソール セッションを開き、スーパーバイザがブート モードまたは rommon モードになっているか確認します。 これが事実である場合、スーパバイザがトラブルシューティング の 手順のための rommon セクションでオンラインまたはスタックしていないことを参照して下さい。

    1. シスステータスが不良だったかどうか確認するために show system コマンドを発行して下さい。 スーパバイザがスイッチの最後のブートアップ現在ですべての診断テストに合格したかどうか確認するために show test 0 コマンドを発行して下さい。 失敗結果のための F に注意して下さい。

    2. ファン アセンブリおよび電源モジュールに問題がないかどうかを検査します。

    3. コンソール セッションを開き、ブートアップ POST の診断結果とシステム エラー メッセージをキャプチャします。 スイッチをリセットし、ブートアップの診断テストが渡されたかどうか確認するために show test 0 コマンドを発行して下さい。

    4. スーパバイザを取除き、曲がったピンのために点検して下さい。 スーパーバイザを装着し直し、イジェクト レバーを確実に押し下げ、非脱落型ネジをしっかりと締めます。 スーパーバイザが初期化されるのを待ちます。 show system コマンドの sys-status が依然として faulty の場合は、スーパーバイザに障害があります。

      スイッチング モジュール- 各スイッチング モジュール上のステータス LED は、スイッチング モジュールが正しく初期化されているかどうかを示します。 Supervisor Engine はスイッチング モジュールが初期化する前にきちんとオペレーティングである必要があります。 スイッチに正しく取り付けられていなければ、スイッチング モジュールは機能しません。

    1. リンク(ポート) LED が点灯状態 (オレンジ)でしたりまたはスーパーバイザブートアップおよびモジュール初期化の後でオレンジを点滅させる場合、リモートホスト、ルータ、または別の Switch セクションに接続できないことをことを参照して下さい。

    2. show version および show module のコマンド出力をキャプチャします。 実行しているソフトウェア バージョンでこのモジュールがサポートされているか確認します。 詳細については Catalyst 4500 E シリーズ モジュールインストーレーション 注モジュール 概観のセクションを参照して下さい。

    3. ステータスが disable であるか確認します。 これはモジュールが管理上無効だったことを示します。 この場合、ステータス LED はオレンジ色です。 一定モジュール イネーブル <mod> コマンドを発行して下さい。

    4. ステータスがそのモジュールのために不良だったかどうか確認するために show module コマンドの出力を表示して下さい。 このモジュールがスイッチの最後のブートアップ現在で診断テストにすべて合格したかどうか確認するために show test 0 コマンドの出力を表示して下さい。 失敗結果のための F に注意して下さい。

    5. コンソール セッションを開き、ブートアップ POST の診断結果とすべてのシステム エラー メッセージをキャプチャします。 モジュールをリセットするためにリセット <mod> コマンドを発行して下さい。 このモジュールがブートアップの診断テストすべてを渡したかどうか確認するために show test 0 コマンドを発行して下さい。 失敗結果のための F に注意して下さい。

    6. モジュールを取りはずして、曲がったピンがないか検査します。 モジュールを装着し直し、イジェクタ レバーを確実に押し下げ、非脱落型ネジをしっかりと締めます。 show module のステータスが依然として faulty の場合は、別のスロットでモジュールを試してください。 必要に応じて、スイッチの電源をオフ/オンします。 ステータスが依然として faulty の場合は、モジュールが故障しています。

スイッチング モジュールが認識されない

認識されないべきスイッチング モジュールまたはラインカードのためのもっとも一般的な原因はソフトウェアの間違った バージョンが原因です。

  1. これがちょうど 1 つのモジュールおよびすべてのモジュールにおける問題ではないことを判別して下さい。 すべてのモジュールが影響を受けている場合、システム コンポーネント LED のステップをですオレンジ/レッドまたはスーパバイザ オンライン セクション完了して下さい。 show version、show module、および show test 0 のコマンド出力をキャプチャします。

  2. 使用するソフトウェア バージョンおよび問題がとのあるモジュールの型番をチェックするために show version コマンドを発行して下さい。 DRAM の合計とフラッシュの合計を確認します。 ハードウェアがソフトウェアと互換性があったかどうか確認するために Catalyst 4500 E シリーズ モジュールインストーレーション 注モジュール 概観のセクションを参照して下さい。

    アップグレードが必要となる場合、リリース ノートを常にまずチェックして下さい。 Catalyst 4500 ファミリー リリース ノートに参照し、アップグレードする必要があるバージョンを選択して下さい。 たとえば、ハードウェアに関してあらゆる情報の Catalyst 4000 ファミリー ソフトウェア リリース 5.x および検索用のリリース ノートを選択して下さい。

    詳細については Catalyst スイッチにおけるソフトウェア イメージの管理とコンフィギュレーション ファイルの操作を参照して下さい。

  3. モジュールはソフトウェアの最新バージョンによってサポートされることをスーパバイザがブートでスタックしていないか、または rommon および判別したら、システム コンポーネント LED のスイッチング モジュールのトラブルシューティングためのステップをですオレンジ/レッドまたはスーパバイザ オンライン セクション完了して下さい。

モジュール ステータスが faulty と表示される、または ok でない

次の手順を実行します。

  1. show module および show test 0 コマンド出力をキャプチャして下さい。

  2. これら二つのコマンドの出力の ok 以外のあらゆるステータスに関しては、システム コンポーネント LEDスイッチング モジュールにおけるトラブルシューティング の 手順をですオレンジ/レッドまたはスーパバイザ オンライン セクション完了して下さい。

パフォーマンスが低下している

パフォーマンス低下はハードウェアの問題と認識されることが多いですが、通常はそうではありません。 特定のスイッチ エクスペリエンス低いパフォーマンスのユーザは頻繁に、これ接続に関する問題、ソフトウェア の 設定ミス、またはネットワークで問題と他の所で関連していることをなること顧客が Ciscoテクニカル サポートを記述する時。

  1. パフォーマンス上の問題がすべてのスイッチング モジュールに接続されるユーザ向けに発生するかどうか特に 1 つのモジュール、か一つ以上のポートのちょうどユーザを識別して下さい。 show module および show test 0 コマンド出力をキャプチャして下さい。 スーパーバイザとモジュールのステータスが ok であることを確認します。 障害ステータスがある場合、システム コンポーネント LEDスイッチング モジュールにおけるトラブルシューティング の 手順をですオレンジ/レッドまたはスーパバイザ オンライン セクション完了して下さい。

  2. show port <mod/port> をキャプチャ して下さい、Mac<mod/port> および show counters <mod/port> コマンド 出力を示して下さい。 ポート カウンタでエラーが増加している場合は、このパフォーマンス問題を接続性の問題と考えてトラブルシューティングを行います。 トラブルシューティング の 手順については Seeing Errors on the Ports セクションを参照して下さい。

  3. show config および show logging buffer 1023 コマンド出力をキャプチャして下さい。 show config コマンドは、非デフォルトの設定変更のみを表示します。 設定を変更するたびに、比較に使用できるようにバックアップをとっておくことが理想的です。 可能性のある気付く動作とコンフィギュレーション変更を関連付けるために show config コマンドを発行して下さい。

    ハードウェアか他の問題を示唆できる情報メッセージ以外システムメッセージが表示されたらこれらのメッセージをキャプチャ するために show logging buffer 1023 コマンドを発行して下さい。 このコマンドはタイムスタンプが付いている最後の 1023 のシステムメッセージを、デフォルトで表示するものです。 また、問題を示唆できるからの問題のないシステムメッセージを除外できるかどうか見るためにメッセージおよび回復手順をので Catalyst 4000 シリーズ スイッチのよくあるCatOSエラーメッセージよく参照して下さい。 あらゆるメッセージの出力の解読を助けるためにエラーメッセージ デコーダツールを使用して下さい。

  4. 多くのパフォーマンスに関連した問題はネットワーク トラフィック 条件と関連しています。 これがネットワーク トラフィック の 問題であるかどうか見るために show system コマンド出力をキャプチャして下さい。

    show system コマンドは、現在のバックプレーンの使用率をチェックするために使用できます。使用率は通常、10 % 未満です。 最後に起動された、検知 し Peak-Time によって示されるタイムスタンプに注意して下さいのでスイッチのピークバックプレーン使用率である特定のスイッチのパフォーマンスに関連する問題があっていることを信じたら、Peak フィールドを。 バックプレーンのトラフィックのパーセンテージのスパイクが STP ループまたはブロードキャスト ストームのどれである場合もあることに留意して下さい。 詳細は、『スパニングツリー プロトコルのトラブルシューティングと設計上の考慮事項』を参照してください。

  5. show proc cpu コマンド出力をキャプチャして下さい。 このコマンドはスーパバイザの CPU使用率が高い状態を引き起こす場合があるプロセスの特定を助けます。 これは show proc cpu コマンド出力の抄録です:

    Cat4000-c> (enable) show proc cpu
    CPU utilization for five seconds:  11.62%                      
                          one minute:  12.00%                    
                        five minutes:  12.00%
    PID Runtime(ms) Invoked    uSecs    5Sec    1Min    5Min    TTY Process
    --- ----------- ---------- -------- ------- ------- ------- --- ---------------
    1   20176816    0          0         88.38%  88.00%  88.00% -2  Kernel and Idle

    このコマンドの出力を表示するとき、CPU稼働率が示されている最初の事柄であることを覚えて下さい。 Kernel and Idle の値を CPU 使用率と混同しないでください。 Kernel and Idle は、その時間枠にアイドルになっていた CPU のパーセンテージです。 従って、過去 5 分で、典型的な境界の内にある CPU の 11.62%だけ利用されました。

    CPU が Catalyst 4000、2948G、2980G および 4912G スイッチでどのようにの利用されるか詳細については Catalyst 4000、2948G、2980G および 4912G スイッチおよび完全な知識の知識 CPU稼働率を参照して下さい。

    プロセスが問題に引き起こす場合があるスイッチのベースラインを知り、識別を助けるためにこれらのステップを完了して下さい:

    • ネットワークの通常稼動時に show proc cpu コマンドを発行します。 結果を保存します。

    • パフォーマンス関連の問題が発生したときに、このコマンドを再び実行します。

    • 2 つの出力を比較します。 相対的に異常に高の特定できるプロセスがありますか。

    • このコマンドを複数回実行します。 CPU 使用率に顕著な減少や増加、または急激な上昇はありますか。 それとも、CPU 使用率は一貫して高いままですか。

    返事は他の所で可能性が高いですないハードウェア上の問題、しかしポイント。

  6. ミスコンフィギュレーションに起因する 1 つのパフォーマンスに関連する問題は PING のようなスイッチのあらゆるコントロール トラフィック 終端のために使用されるインバンドチャンネルがユーザのデータからの別々のVLAN に、Telnet、VLANトランク プロトコル(VTP)、STP、CDP、等、置かれないときあります。

    いかなる場合も、ユーザ データとは別個の VLAN 内でスイッチの管理または sc0 インターフェイスを維持することをお勧めします。 別の VLAN にしなければ、上記プロトコルを処理するために解放されている必要がある Network Management Processor(NMP; ネットワーク管理プロセッサ)へのインバンド チャネルが、ブロードキャストやマルチキャストのストームによってフラッディングされる可能性があります。

    見つけ出して、前の手順のこれらのコマンド述べられる、前の手順のスイッチのパフォーマンス上の問題のための原因を、また他のコマンドの出力をキャプチャし、Cisco テクニカル サポートとのケースをオープンできない場合:

    • show nvramenv 1(隠しコマンド)

    • 介入 1 (hidden)を示して下さい

    これらは隠しコマンドです、意味すると「解析することができないか」。 そして完了するために記録できません。 コマンドは完全に入力してください。 この出力が解決で役立たないケースことは可能性のあるです。 これらのコマンドは文書化されていないので、TAC エンジニアは、お客様にその出力について説明することが求められていません。

  7. かなりまれが、メモリリークは行われ、貧弱なパフォーマンスおよび他の現象の自然にようであるものが引き起こす場合があります。 見つけ出して、show mbuf total (hidden) コマンドの出力述べられる、前の手順のスイッチのパフォーマンス上の問題のための原因を、また前の手順の他のコマンドをキャプチャし、Cisco テクニカル サポートとのケースをオープンできない場合。

    メモリリーク問題があったかどうか確認を助けるためにこのコマンドの出力を検知 するとき考慮するべき 2 つの事柄があります:

    • 出力を検知 すれば自由な mbufs はまたは値を減少しましたり決して増加しません、これ可能性のある メモリリークを示すことができますクラスタ化しませんが。

    • 出力を検知 すれば、最も低い空きメモリがゼロにアプローチするか、またはゼロにあったらスイッチが乏しくなるか、または使い果たしたメモリを持っていることを、これは示します。

    両方の問題は明らかにこのメモリを必要とするプロセス/プロトコルに影響を与えるメモリ問題を示します。

    Cat4000-c> (enable) show mbuf total        
    mbufs                   9280    clusters        3660        
    free mbufs              9256    clfree          3659        
    lowest free mbufs       9235    lowest clfree   3638

    これらは隠しコマンドです、意味すると「解析することができないか」。 そして完了するために記録できません。 コマンドは完全に入力してください。 この出力が解決で役立たないケースことは可能性のあるです。 これらのコマンドは文書化されていないので、TAC エンジニアは、お客様にその出力について説明することが求められていません。

システム エラー メッセージが表示される

この文書の「概要」に述べたとおり、シスコではオンラインの診断ツール群を提供しています。これらはハードウェアとソフトウェアの互換性の確認、出力の解釈、およびエラーのデコードを支援します。 これらのツールの 1 つに、エラー メッセージ デコーダがあります。 このツールにはログインが必要で、当該のシステム メッセージの出力の解読に使用できます。

  1. システムメッセージに問題のための時間枠の隔離で助けることができるタイムスタンプがデフォルトであります。 システム クロックが正しく設定 されることを確かめるために show time コマンドを発行して下さいによって。 また接続デバイスがようにログ一致設定 されることを、確認して下さい。

  2. show logging buffer 1023 コマンドで、システム メッセージの出力をキャプチャします。 多くのシステムメッセージは他が問題を示唆できる間、その性質に情報です。 詳細は、次のドキュメントを参照してください。

スーパーバイザのクラッシュと解決手順

スーパーバイザークラッシュはスイッチがリセットされたと、絶えずリセット発生しましたり、または完全にダウンしています。

これらのコマンドはアウトプットインタープリタによってサポートされ、トラブルシューティング スーパーバイザークラッシュで助けるのに使用することができます: show version、show system。

Ciscoデバイスからのサポートされているコマンドの出力がある場合、潜在的な問題および修正を表示するためにアウトプットインタープリタ登録ユーザのみ)を使用できます。 アウトプットインタープリタ登録ユーザのみ)を使用するために、登録ユーザである必要がありログオンされ、JavaScript を有効に してもらいます。

システム エラー メッセージが表示される

システム エラー メッセージはスイッチ リセットが生じる場合役立ちます。 詳細については得るシステム エラー メッセージ セクションを参照して下さい。

スイッチがリセットされたか、連続してリセットされる

ハードウェアやソフトウェア関連の理由で、スイッチがリセットまたはクラッシュした場合は、特定の show コマンドの出力を早急にキャプチャすることが重要です。

  1. show log をshow versionshow test 0,and show logging buffer 1023 コマンド出力キャプチャ して下さい。

    show log コマンド出力にクラッシュと関連していることができるいくつかの重要な問題の表示があります。

    • このコマンドは、最後の 10 回のシステム リセットを、リブートが発生した時刻を示すタイムスタンプ付きで表示します。 これは出力される再度ブートする履歴のスナップショットあります:

      Reboot History:   Jan 23 2002 11:14:16 0, Jan 22 2002 14:57:21 0
                         DEC 24 2001 13:56:38 0, DEC 24 2001 13:52:30 0
                         DEC 11 2001 12:31:59 0, DEC 07 2001 13:26:48 0
                         DEC 07 2001 10:42:19 0, DEC 07 2001 10:36:16 0
                         Nov 28 2001 11:03:10 0, Oct 26 2001 16:04:26 0

      Reboot History には、スイッチのリセットだけが表示されます。 それはユーザによってまたはクラッシュが原因で手動でリセットすることができます。 しかし、スイッチのほとんどの最新 の マニュアル リセットは出力の記録されたそれ以上のダウンです。

      Last software reset by user: Jan 23 2002 11:14:16 0

      最後の手動リセットのタイムスタンプ 1/23/2002,11:14:16 が、Reboot History 内の最新のエントリに一致していることに注意してください。

    • これは、何らかの例外があった場合に表示されます。 例外とは、クラッシュの直後に発生する CPU ダンプです。 次に、例を示します。

      MCP Exceptions/Hang:    0

      この場合、記録された例外がありませんでした。 例外があった場合、再度ブートする履歴と一致することができる含まれまたこれはハードウェアがソフトウェアによって強制された例外または原因だったかどうか判別するために TAC エンジニアによってデコードすることができる、か HEX ダンプをスタック含まれていますタイムスタンプが。

    show version コマンドでは、不具合検索に使用するためのソフトウェア バージョン情報が提供されます。 たとえば show log コマンド出力の例外を識別したら、Catalyst 4000 および例外のバグを捜すために Bug Toolkit を使用して下さい。 また、show version コマンドでは、スイッチの稼働時間を示す簡単なスナップショットが提供されます。 次に、例を示します。

    Uptime is 28 days, 11 hours, 42 minutes

    show test 0 コマンド出力は診断のうちのどれかが失敗した場合スーパバイザまたはモジュールの F ステータスを示したものです。 モジュールが正しく装着されていないと、スイッチがクラッシュする可能性があります。 スーパーバイザまたはモジュールが障害を示している場合は、この文書の「システム コンポーネント LED がオレンジ色/赤色、またはスーパーバイザがオンラインでない」の項のトラブルシューティング手順に従ってください。

    クラッシュに関連できる可能性のある エラーメッセージが含まれている show logging buffer 1023 コマンドはすべてのシステムメッセージを表示する。 トラブルシューティングの参考については得るシステム エラー メッセージ セクションを参照して下さい。

  2. 先行する ステップの show コマンドおよびトラブルシューティング 手順を最初に発行して下さい。 これらのステップが失敗した場合は、show tech-support コマンドの出力をキャプチャします。 このコマンドは出力は完全までスクロールし続けるまたはまでディスプレイがで Ctrl + C キーストローク終了することを意味するすべてのこれらのコマンドのための出力を常に表示したものです、:

    sh version、sh flash、sh microcode、sh system、sh module、sh port、sh Mac、sh trunk、sh vlan、sh vtp domain、sh spantree active、sh spantree summary、sh test、sh arp、sh ip route、sh cdp neighbor detail、sh netstat stats、show memory buffers、show out-of-band stats、sh inband stats、show cam static、sh cam count dynamic、sh cam system、sh config、sh log、sh proc、sh proc mem、sh proc CPU、ps、Ps -c

    多くの場合、すべてのこれらのコマンドからの出力は特定の問題を解決して必要ではないです従って TAC エンジニアはそれを頼むことができません。 しかし他の show コマンドがもしか、またはトラブルシューティング の 手順が問題を解決しなければ、この出力を持っていることは有利です。

  3. すべての前のトラブルシューティング の 手順がもし問題を診断するために、前の手順のこれらの隠しコマンド、また他のコマンドをキャプチャし、Cisco テクニカル サポートとのケースをオープンしないために:

    これらは隠しコマンドです、意味すると「解析することができないか」。 そして完了するために記録できません。 コマンドは完全に入力してください。 この出力はケースの解決で役立ちますまたは。 これらのコマンドは文書化されていないので、TAC エンジニアは、お客様にその出力について説明することが求められていません。

紛らわしい問題

ハードウェアの故障によるものと考えられる、紛らわしい問題が数多くあります。 このセクションは頻繁にハードウェア障害として混同する少数の問題をリストします。

  • 1 つのよくあるユーザが抱える問題は不良示すシステムLED のため追加電源装置が追加される、プラグを差し込まれなくてですとき。 これが、起こるとき ps# ステータスおよびシスステータスは両方不良示します。 これは、スイッチが追加の電源モジュールが取り付けられていても、アクティブではないとスイッチが感知するからです。 これがまたできるので追加電源装置が実際に失敗したことを、オンサイト検査必要とされます意味して下さい。

  • show proc cpu コマンドの出力を表示するときよくある 誤解はカーネルおよびアイドル状態のパーセントがその時間の CPU稼働率であるために解読されることです。 Kernel and Idle は、その時間枠にアイドルになっていた CPU のパーセンテージです。

show コマンドの説明

これらの表はどんな show コマンドが異なる徴候タイプの解決を助けるのに使用されているか破壊します。

接続性の問題 システム、スーパーバイザ、モジュールの問題 スーパーバイザのリセットとクラッシュ
show version show config show module show system show port capabilities show port <mod/port> は Mac<mod/port> show counters <mod/port> clear counters show cdp neighbors detail show spantree summary を示します show version show module show flash show config show test 0 show system show time show logging buffer 1023 show proc cpu または Ps -c show mbuf all は(hidden) show nvramenv 1 (hidden)介入 1 (hidden)を示します show log show logging buffer 1023 show version show test 0 show system show tech support ps-c (multiple times) (hidden) show mbuf all (hidden) show nvramenv 1 (hidden)は介入 1 (hidden)を示します

これらの show コマンドをキャプチャして下さい徴候によって決まる。

ことに各々の前の現象カテゴリ オーバーラップのコマンドの多数注意して下さい。 これは同じ症状が重大度の異なるレベルで発生する場合があるという理由によります; 1 つはパフォーマンス上の問題を引き起こし、他によりクラッシュを引き起こす場合があります。

一部のコマンドは、ソフトウェアのトラブルシューティングや設定上の問題により適していることに注意してください。 たとえば、show spantree summary コマンドはブロックしていることスイッチのどのポートでもブロックされる、どの VLAN のために場合何ポートが各 VLAN にあるか、どの VLAN が STP を実行するか示し。 STP ループが実際にハードウェア障害の外観を知らせるスイッチをかネットワークをダウンさせることができるので、これはハードウェアかソフトウェアを解決するかどうかキャプチャ するべき必須の情報です。

show version

このコマンドでは、実行しているソフトウェア バージョンを確認します。 このコマンドでは、フラッシュと DRAM のサイズに関する情報も得られます。 これはアップグレードが必要な際に便利な情報です。 アップグレードが必要となる場合、リリース ノートを常にまずチェックして下さい。 Catalyst 4500 ファミリー リリース ノートに参照し、アップグレードする必要があるバージョンを選択して下さい。 たとえば、ハードウェアに関してあらゆる情報の Catalyst 4000 ファミリー ソフトウェア リリース 5.x および検索用のリリース ノートを選択して下さい。

表 2-82 を参照して下さい: 詳細については show version コマンド アウトプットフィールド

Cat4000-c> (enable) show version
WS-C4006 Software, Version NmpSW: 6.3(1)
Copyright (c) 1995-2001 by Cisco Systems, Inc.
NMP S/W compiled on Jul 24 2001, 12:55:29
GSP S/W compiled on Jul 24 2001, 10:36:29

System Bootstrap Version: 5.4(1)

Hardware Version: 2.0  Model: WS-C4006  Serial #: JAB04380209

Mod Port Model      Serial #              Versions
--- ---- ---------- -------------------- ---------------------------------
1   2    WS-X4013   JAB04380209          Hw : 2.0
                                         Gsp: 6.3(1.0)
                                         Nmp: 6.3(1)
2   34   WS-X4232-L3 JAB045004AA          Hw : 1.5
3   24   WS-X4424-GB-RJ45 JAB0514071N          Hw : 0.7
5   6    WS-X4306   JAB02400048          Hw : 0.2

       DRAM                    FLASH                   NVRAM
Module Total   Used    Free    Total   Used    Free    Total Used  Free
------ ------- ------- ------- ------- ------- ------- ----- ----- -----
1       65536K  33235K  32301K  16384K  16173K    211K  480K  180K  300K

Uptime is 28 days, 11 hours, 42 minutes

show module

このコマンドでは、スイッチにインストールされたモジュールに関する情報が表示されます。 特に、モジュールのステータスに注目します。 ステータスが不良である場合、これはハードウェア障害である場合もあります。

Cat4000-c> (enable) show module
 Mod Slot Ports Module-Type               Model               Sub Status
 --- ---- ----- ------------------------- ------------------- --- --------
 1   1    2     1000BaseX Supervisor      WS-X4013            no  OK
 2   2    34    Router Switch Card        WS-X4232-L3         no  OK
 3   3    24    10/100/1000 Ethernet      WS-X4424-GB-RJ45    no  disable
 5   5    6     1000BaseX Ethernet        WS-X4306            no  OK
   
 Mod Module-Name Serial-Num 
      --- -------------------- -------------------- 
      1 JAB04380209  
      2 JAB045004AA  
      3 JAB0514071N  
      5 JAB02400048 
   
 Mod MAC-Address(es) Hw Fw SW 
      --- -------------------------------------- ------ ---------- ----------------- 
      1 00-02-b9-83-ac-00 to 00-02-b9-83-af-ff 2.0 5.4(1) 6.3(1) 
      2 00-02-16-f6-64-5c to 00-02-16-f6-64-7d 1.5 12.0(7)W5( 12.0(14)W5(20) 
      3 00-30-85-0e-2c-18 to 00-30-85-0e-2c-2f 0.7  
      5 00-10-7b-f6-9c-e4 to 00-10-7b-f6-9c-e9 0.2  
      Cat4000-c> (enable) 

表 2-35 を参照して下さい: 詳細については show module コマンド アウトプットフィールド

show flash

このコマンドは、フラッシュ ファイル システムの内容を表示します。 フラッシュ ファイルシステムは Catalyst Supervisors の間で異なります。 show flash コマンドを使用するスーパーバイザもあれば、dir bootflash: コマンドを使用 コマンドを使用します。 イメージを SupIIIG にコピーするとき、たとえば、download コマンドを使用すると、イメージをインストールするプロセスでフラッシュは完全に消去されます。 他の一口を使うと、1つ以上のイメージを追加するために copy tftp flash コマンドを使用できます。

両方の多くの問題は関連するハードウェア および ソフトウェア スーパバイザのためのフラッシュシステムを理解する場合回避することができます。

show flashdir bootflash を参照して下さい: 詳細については命じて下さい。

Cat4000-c> sh flash
-#- ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------ name
  1 .. ffffffff 4e88958b  42a97c   17  4106492 Aug 17 2001 16:22:52 cat4000.6-3n
  2 .. ffffffff b965ace8  78e71c   18  3554592 Nov 28 2001 10:38:33 cat4000.5-5n
  3 .. ffffffff 70a608c8  b8fa9c   20  4199168 DEC 07 2001 10:30:01 cat4000-k9.n
  4 .. ffffffff e873ea40  f0b224   17  3651336 DEC 11 2001 12:26:20 cat4000.5-5n

216540 bytes available (15512100 bytes used)
Cat4000-c>

show config

このコマンドでは、デフォルト以外のシステム設定が表示されます。 これは、ハードウェアまたはソフトウェアの問題と設定変更の関連を調べる便利なコマンドであり、設定変更を行うたびにキャプチャしておくと役立ちます。 is is に各出力のためのタイムスタンプそこに注意して下さい。 この出力と show config all コマンドの出力を比較します。これには、システム全体の設定が表示され、かなり長いものがあります。 詳細については show config コマンドを参照して下さい。

Cat4000-c> (enable) show config
This command shows non-default configurations only.
Use 'show config all' to show both default and non-default configurations.
.............
..................

....................

..

begin
!
# ***** NON-DEFAULT CONFIGURATION *****
!
!
#time: Tue Jan 22 2002, 11:20:05
!
#version 6.3(1)
!
!
#system web interface version(s)
!
#test
!
#system
set system name  Cat4000-c
!
#frame distribution method
set port channel all distribution Mac both
!
#vtp
set vtp domain blah
!
#ip
set interface sc0 1 172.16.84.200/255.255.255.0 172.16.84.255

set interface sl0 down
set interface me1 1.1.1.1 255.255.255.0 1.1.1.255

set ip route 0.0.0.0/0.0.0.0         172.16.84.1
!
#syslog
set logging level cops 2 default
!
#set boot command
set boot config-register 0x2102
clear boot system all
!
#mls
set mls nde disable
!
#port channel
set port channel 1/1-2 100
!
#module 1 : 2-port 1000BaseX Supervisor
set udld enable 1/1
set port channel 1/1-2 mode desirable silent
!
#module 2 : 34-port Router Switch Card
!
#module 3 : 24-port 10/100/1000 Ethernet
set vlan 150  3/9
!
#module 4 empty
!
#module 5 : 6-port 1000BaseX Ethernet
!
#module 6 empty
!
#cam
set cam permanent 01-00-5e-01-01-01 1/1 1

end
Cat4000-c> (enable)

show test 0

このコマンドでは、スーパーバイザとすべてのモジュールに対する診断テストの結果が表示されます。 show test コマンドでは、スイッチの最後のブートアップ時またはスーパーバイザやモジュールのリセット時の診断結果だけが表示されることを理解しておくことが非常に重要です。 1 つのモジュールのための診断が必要となる場合、この情報のための show test <mod #> コマンドを発行して下さい。

5.4.1 またはそれ以降を実行する場合、show test diaglevel コマンドの発行によって diaglevel のステータスをチェックして下さい。 Encoded Address Recognition Logic(EARL)、ポート ループバック/バンドル/インライン書き換え、および DRAM/NVRAM/外部キャッシュの完全なステータス テストをお勧めします。 最小限のテスト レベルで 30 秒なのに対し、このテストには約 1 分 かかります。 しかし、それはより完全です。 結果はハードウェア障害を示す失敗のための F 出力されます、かパスのための a.と。

次のようにして、diaglevel を表示/変更します。

Cat4000-c> (enable) show test diaglevel     
 Diagnostic mode at next reset  : minimal 
Cat4000-c> (enable) set test diaglevel ? 
  complete                   Complete diagnostics
   minimal                    Minimal diagnostics 
  bypass                     Bypass diagnostics

Diagnostic level set to complete. 

Cat4000-c> (enable) show test diaglevel     
 Diagnostic mode at next reset  : complete

詳細については show test コマンドを参照して下さい。

Cat4000-c> (enable) show test 0

Diagnostic mode at next reset: complete 
System Diagnostic Status : (. = Pass, F = Fail, N = N/A)
  Module 1 : 2-port 1000BaseX Supervisor
 Status: (. = Pass, F = Fail, U = Unknown)
  Module 2 : 34-port Router Switch Card
 Status: (. = Pass, F = Fail, U = Unknown)
   Eeprom: .
   CX1000 Regs:
     Ports 3-11  : .    Ports 12-19    : .    Ports 20-27 : .
     Ports 28-34 : .
   CX1000 Sram:
     Ports 3-11  : .    Ports 12-19    : .    Ports 20-27 : .
     Ports 28-34 : .
   10/100Base-TX Loopback Status:
   Ports   3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26
          -----------------------------------------------------------------------
           .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .


            27 28 29 30 31 32 33 34
          -----------------------
           .  .  .  .  .  .  .  .
   1000Base-X Loopback Status:
   Ports   1  2
          -----
           .  .

  Router CPU board Status:

  Module 3 : 24-port 10/100/1000 Ethernet
 Status: (. = Pass, F = Fail, U = Unknown)
   Eeprom: .
   Lemans Regs:
     Ports 1-4   : .    Ports 5-8   : .    Ports 9-12  : .
     Ports 13-16 : .    Ports 17-20 : .    Ports 21-24 : .
   Lemans SRAM:
     Ports 1-4   : .    Ports 5-8   : .    Ports 9-12  : .
     Ports 13-16 : .    Ports 17-20 : .    Ports 21-24 : .

  10/100/1000Base-TX Loopback Status:
   Ports   1  2  3  4  5  6  7  8  9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24
          -----------------------------------------------------------------------
           .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .  .

   Module 5 : 6-port 1000BaseX Ethernet
 Status: (. = Pass, F = Fail, U = Unknown)
   Eeprom: .
   Alpheratz: .

    1000BaseX Loopback Status:
     Ports  1  2  3  4  5  6
     -----------------------
            .  .  .  .  .  .
 Cat4000-c> (enable)

show system

このコマンドでは、システム情報が表示されます。 このステータス フィールドは、システムのコンポーネントにあるさまざまな LED に関連します。 アップタイムとスイッチの稼働時間を確認してください。 これは、スイッチがクラッシュした場合に有用な情報です。 詳細については show system コマンドを参照して下さい。

Cat4000-c> (enable) show system
 PS1-Status PS2-Status PS3-Status PEM Installed PEM Powered
 ---------- ---------- ---------- ------------- -----------
 OK         OK         none       no           no           

  Fan-Status Temp-Alarm sys-status Uptime d,h:m:s Logout
 ---------- ---------- ---------- -------------- ---------
 OK         off        OK         28,15:10:39    20 min

  PS1-Type     PS2-Type     PS3-Type     
 ------------ ------------ ------------ 
 WS-C4008     WS-C4008     none     

  Modem   Baud  Traffic Peak Peak-Time
 ------- ----- ------- ---- -------------------------
 disable  9600   0%      0% Fri Jan 11 2002, 13:37:07

  Power Capacity of the Chassis: 2 supplies


   System Name              System Location          System Contact           CC
 ------------------------ ------------------------ ------------------------ ---
 Cat4000-c

show time

このコマンドでは、曜日、月、年および 24 時間形式の時刻が表示されます。 これによって、システム クロックの動作が検証されるだけでなく、システム ログ メッセージにタイムスタンプが付いていることも確認できます。 時間が正確に設定されているか確認するか、スイッチを Network Time Protocol(NTP)に同期させてください。

Cat4000-c> (enable) show time
 Wed Jan 23 2002, 10:41:22 
 Cat4000-c> (enable)

詳細については show time コマンドを参照して下さい。

show logging buffer 1023

このコマンドでは、内部バッファからのシステム メッセージが表示されます。 show logging buffer コマンドは 1023 キーワードを追加すれば、これは最後の 1023 のメッセージを伝えるがだけ、最後の 20 のシステムメッセージを伝えます。 これらのメッセージの多くは、厳密には情報メッセージです。 他は問題の性質に関してそれがハードウェア上の問題、switch crash、またはソフトウェア側の問題であるかどうか糸口が含まれている場合があります。 比較するときタイムスタンプが正しい発行します show time コマンドをログオンしますことを複数の装置を、確認し。

たとえば、次のようなメッセージは情報です。

2002 Jan 06 16:07:04 %DTP-5-TRUNKPORTON:Port 2/23 has become dot1q trunk
2002 Jan 06 16:07:08 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/21 joined bridge port 2/21-24

次のようなメッセージは、ハードウェアとソフトウェアの互換性を示しています。

Module 6 is not supported (46)

この 1 のようなメッセージはハードウェア障害を示すことができます:

EARL-3-LTL: Failure to set LTL for module [DEC]

システムメッセージのリストにおけるメッセージおよび回復手順を参照して下さい。 この文書の「前提条件」で説明した Error Message Decoder、Bug Toolkit、およびその他のリソースを使用します。 また、詳細については Catalyst 4000 シリーズ スイッチのよくあるCatOSエラーメッセージを参照して下さい。

詳細については show logging buffer 1023 コマンドを参照して下さい:

Cat4000-c> sh logging buffer 1023
2002 Jan 23 11:14:23 %SYS-5-MOD_OK:Module 1 is online
2002 Jan 23 11:14:32 %SYS-5-MOD_OK:Module 5 is online
2002 Jan 23 11:14:35 %SYS-5-MOD_OK:Module 3 is online
2002 Jan 23 11:14:54 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/9 joined bridge port 3/9
2002 Jan 23 11:15:14 %SYS-5-MOD_OK:Module 2 is online
2002 Jan 23 11:15:23 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/9 left bridge port 3/9
2002 Jan 23 11:15:30 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/1 joined bridge port 2/1
2002 Jan 23 11:15:30 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 2/2 joined bridge port 2/2
2002 Jan 23 11:15:41 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/9 joined bridge port 3/9
2002 Jan 23 11:17:19 %PAGP-5-PORTFROMSTP:Port 3/9 left bridge port 3/9
2002 Jan 23 11:17:37 %PAGP-5-PORTTOSTP:Port 3/9 joined bridge port 3/9
Cat4000-c>

show proc cpu

このコマンドは、CPU 使用率に関する情報を表示します。 この情報を別様にフォーマットするために ps-c コマンドを発行して下さい。

CPU が Catalyst 4000、2948G、2980G および 4912G スイッチでどのようにに関する利用されるか詳細についてはこれらの文書を参照して下さい

Cat4000-c> (enable) show proc cpu

CPU utilization for five seconds:  11.62%
                       one minute:  12.00%
                     five minutes:  12.00%

  PID Runtime(ms) Invoked    uSecs    5Sec    1Min    5Min    TTY Process
 --- ----------- ---------- -------- ------- ------- ------- --- ---------------
 1   20176816    0          0         88.38%  88.00%  88.00% -2  Kernel and Idle
 2   8           131        1000       0.00%   0.00%   0.00% -2  Flash MIB Updat
 3   97245       176675     40000      0.25%   0.00%   0.00% -2  SynConfig      
 4   33358       34879      2000       0.96%   0.00%   0.00% -2  Statuspoll     
 5   6254        87069      1000       0.00%   0.00%   0.00% -2  PwrDevMsgUpd   
 6   376         5258       1000       0.00%   0.00%   0.00% -2  StatusPoll 5s  
 8   5           2          5000       0.00%   0.00%   0.00% -2  SecurityRx     
 9   106         1092       1000       0.00%   0.00%   0.00% -2  SWPoll64bCnt   
 10  1713        26229      1000       0.00%   0.00%   0.00% -2  Earl           
 11  172         2613       1000       0.00%   0.00%   0.00% -2  ProtocolFilter 
 12  0           1          0          0.00%   0.00%   0.00% -2  telnetd        
 13  0           1          0          0.00%   0.00%   0.00% -2  llcSSTPFlood   
 14  441829      9511273    1000       1.47%   1.00%   1.00% -2  gsgScpAggregati
 15  347         444        1000       0.00%   0.00%   0.00% -2  cdpd           
 16  58134       26267      5000       0.57%   0.00%   0.00% -2  cdpdtimer      
 17  29751       26913      9000       0.96%   0.00%   0.00% -2  SptTimer       
 18  1           1          1000       0.00%   0.00%   0.00% -2  SptBpduRx      
 19  40610       26227      3000       0.28%   0.00%   0.00% -2  SptBpduTx      
 20  2230        26227      1000       0.16%   0.00%   0.00% -2  VtpTimer       
 21  0           1          0          0.00%   0.00%   0.00% -2  RMON AlarmTimer
 22  22352       257353     9000       0.28%   0.00%   0.00% -2  ProtocolTimer  
 23  2024        2305       2000       0.00%   0.00%   0.00% -2  DTP_Rx         
 24  649         1200       16000      0.00%   0.00%   0.00% -2  EthChnlRx      
 25  901         1745       2000       0.00%   0.00%   0.00% -2  EthChnlConfig  
 26  15943       260008     1000       0.28%   0.00%   0.00% -2  sptHelper      
 27  0           1          0          0.00%   0.00%   0.00% -2  sptTraps       
 28  154         2629       1000       0.00%   0.00%   0.00% -2  ciscoRmonTimer 
 29  167         2629       1000       0.00%   0.00%   0.00% -2  ciscoUsrHistory
 30  1           1          1000       0.00%   0.00%   0.00% -2  rmonMediaIndep 
 31  0           1          0          0.00%   0.00%   0.00% -2  SnmpTraps      
 32  0           1          0          0.00%   0.00%   0.00% -2  Acct Send Bkg  
 34  0           1          0          0.00%   0.00%   0.00% -2  l2t_server     
 36  164         504        1000       0.00%   0.00%   0.00% -2  SysLogTask     
 37  8188        26039      1000       0.80%   0.00%   0.00% -2  pinggateA      
 38  43007       876770     1000       0.44%   0.00%   0.00% -2  Authenticator_S
 39  0           1          0          0.00%   0.00%   0.00% -2  dot1x_rx       
 40  3423        57501      1000       0.32%   0.00%   0.00% -2  Backend_Rx     
 41  39173       577158     1000       0.09%   0.00%   0.00% -2  Backend_SM     
 143 642792      9511281    34000      2.28%   2.00%   2.00% 0   Console        
 144 199         1          199000     0.00%   0.00%   0.00% -2  snmpdm         
 145 1           2          1000       0.00%   0.00%   0.00% -2  VtpRx          
 193 591423      783586     10730      2.26%   2.27%   2.22% 0   Packet forwardi
 194 353123      359502     6164       1.33%   1.35%   1.36% 0   Switching overh
 195 727712      633244     57354      2.83%   2.85%   2.77% 0   Admin overhead 
 Cat4000-c> (enable)

show port capabilities

このコマンドは、スイッチ内のモジュールとポートの機能を表示します。 リリース ノートを検索する必要なしでハードウェア/ソフトウェア機能を表示する簡単としてこのコマンドを捉えて下さい。 このコマンドでは、どのトランク カプセル化 タイプがサポートされているか、またはポートは Etherchannel 対応か、などの質問の答えが見つかります。 表 2-49 を参照して下さい: 詳細については show port capabilities コマンド アウトプットフィールド

Cat4000-c> (enable) show port capabilities 2/1
 Model                    WS-X4232-L3
 Port                     2/1
 Type                     No Connector
 Speed                    1000
 Duplex                   full
 Trunk encap type         802.1Q
 Trunk mode               on,off
 Channel                  2/1-2
 Flow control             no
 Security                 yes
 Dot1x                    yes
 Membership               static,dynamic
 Fast start               yes
 QOS scheduling           rx-(none),tx-(2q1t)
 CoS rewrite              no
 ToS rewrite              no
 Rewrite                  no
 UDLD                     yes
 Inline power             no
 AuxiliaryVlan            no
 SPAN                     source
 Link debounce timer      yes
 Cat4000-c> (enable)

show port <mod/port>

このコマンドでは、ポート ステータスとカウンタが表示されます。 ステータスが connected 以外の場合は、この文書の「ポート ステータスに not connected、faulty、disabled、inactive、または errdisable が表示される」の項のトラブルシューティング手順を参照してください。 ポート カウンターが増加する エラーを示す場合、Ports セクションの見るエラーのトラブルシューティング の 手順を参照して下さい。

詳細については show port コマンドを参照して下さい。

Cat4000-c> (enable) show port 3/9
 Port  Name               Status     Vlan       Level  Duplex Speed Type
 ----- ------------------ ---------- ---------- ------ ------ ----- ------------
  3/9                     connected  1          normal a-full a-100 10/100/1000

  Port  AuxiliaryVlan AuxVlan-Status     InlinePowered     PowerAllocated
                                  Admin Oper   Detected mWatt mA @51V
 ----- ------------- -------------- ----- ------ -------- ----- --------
  3/9  none          none           -     -      -        -     -

  Port  Security Violation Shutdown-Time Age-Time Max-Addr Trap     IfIndex
 ----- -------- --------- ------------- -------- -------- -------- -------
  3/9  disabled  shutdown             0        0        1 disabled      64

  Port  Num-Addr Secure-Src-Addr   Age-Left Last-Src-Addr     Shutdown/Time-Left
 ----- -------- ----------------- -------- ----------------- ------------------
  3/9         0                 -        -                 -        -         -

  Port   Send FlowControl    Receive FlowControl   RxPause TxPause Unsupported
        admin    oper       admin    oper                           opcodes
 -----  -------- --------   -------- --------     ------- ------- -----------
  3/9   on       disagree   desired  off          0       0       0

  Port  Status     Channel              Admin Ch
                  Mode                 Group Id
 ----- ---------- -------------------- ----- -----
  3/9  connected  auto silent             40     0


   Port  Align-Err  FCS-Err    Xmit-Err   Rcv-Err    UnderSize
 ----- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------
  3/9           -          0          0          0         0

  Port  Single-Col Multi-Coll Late-Coll  Excess-Col Carri-Sen Runts     Giants
 ----- ---------- ---------- ---------- ---------- --------- --------- ---------
  3/9           0          0          0          0         0         0         0

  Last-Time-Cleared
 --------------------------
 Tue Jan 22 2002, 14:57:21

show mac <mod/port>

このコマンドはカウンターが予想通り増分しているかどうか MACカウンタを表示する、判断で役立ったのものです。 このコマンドでは、ポートで受信されたユニキャスト、マルチキャスト、およびブロードキャストのフレームの合計が表示されます。 Catalyst 4000 の In-lost カウンターはポートで受信されるエラーパケットの合計を反映します。 これは異なっていますそして Catalyst 5000 スイッチの In-Lost カウンターの動作; すべてのレシーブ バッファ障害の合計を反映するかどれが。 両方の out-Lost カウンターは Catalyst 4000 および 5000、不十分なバッファ領域が転送された原因での前に失われた発信 フレームを反映します。 これは一般にインターフェイスをオーバーサブスクライブする場合引き起こされます。

トラブルシューティング の 手順についてはこの資料の Seeing Errors on the Ports セクションを参照して下さい。 詳細については show Mac コマンドを参照して下さい。

Cat4000-c> (enable) show mac 2/1

Port     Rcv-Unicast          Rcv-Multicast        Rcv-Broadcast
-------- -------------------- -------------------- --------------------
 2/1                        6                  446                    0

Port     Xmit-Unicast         Xmit-Multicast       Xmit-Broadcast
-------- -------------------- -------------------- --------------------
 2/1                        6                16041                26236

Port     Rcv-Octet            Xmit-Octet
-------- -------------------- --------------------
 2/1                   149408              2901773

MAC      Dely-Exced MTU-Exced  In-Discard Lrn-Discrd In-Lost    Out-Lost
-------- ---------- ---------- ---------- ---------- ---------- ----------
 2/1              0          0          0          0          0          0

Last-Time-Cleared
--------------------------
Tue Jan 22 2002, 14:57:21

show counters <mod/port>

このコマンドは、ポートのハードウェア カウンタを表示します。これは、ポートのタイプによって異なります。 トラブルシューティング の 手順についてはこの資料の Seeing Errors on the Ports セクションを参照して下さい。 詳細については show counters コマンドを参照して下さい。

Cat4000-c> (enable) show counters 2/1
2  rxUnicastPacketCount       = 6
3  txUnicastPacketCount       = 6
4  rxMulticastPacketCount     = 447
5  txMulticastPacketCount     = 16078
6  rxBroadcastPacketCount     = 0
7  txBroadcastPacketCount     = 26296
8  rxByteCount                = 149742
9  txByteCount                = 2908424
10 pkts64                     = 40611
11 pkts65to127                = 890
12 pkts128to255               = 441
13 pkts256to511               = 891
14 pkts512to1023              = 0
15 pkts1024to1522             = 0
16 rxNoPacketBufferCount      = 0
17 rxCRCAlignErrorPacketCount = 0
18 rxUndersizedPacketCount    = 0
19 rxOversizedPacketCount     = 0
20 rxFragmentPacketCount      = 0
21 rxJabberPacketCount        = 0
22 pauseControlFramesRx       = 0
23 pauseControlFramesTx       = 0
24 unsupportedOpcodesRx       = 0
25 txQueueNotAvailable        = 0
26 totalCollisionCount        = 0
27 lateCollisionCount         = 0
28 singleCollisionFrames      = 0
29 multipleCollisionFrames    = 0
30 excessiveCollisionFrames   = 0
31 deferredTransmissions      = 0
32 carrierSenseErrors         = 0
33 falseCarrierDuringIdle     = 0
34 symbolErrorDuringCarrier   = 0
35 sequenceErrorDuringCarrier = 0

clear counters

このコマンドを使用すると、show port、show mac、および show counter の統計情報がリセットされます。 それは増分するか、または解決され続けるエラーの判断に役立ちます。

詳細については clear counters コマンドを参照して下さい。

show cdp neighbors detail

このコマンドは、CDP を使用しているリモートのシスコ デバイスに関する詳細を表示します。 これは、特定のスイッチポート上に存在する Cisco デバイスの IP アドレスおよびインターフェイスを迅速に取得する方法の 1 つです。 詳細については show cdp neighbors detail コマンドを参照して下さい。

Cat4000-c> (enable) show cdp neighbors detail 
Port (Our Port): 2/1
Device-ID: 8-4006-L3
Device Addresses:
IP Address: 127.0.0.3
Holdtime: 170 sec
Capabilities: ROUTER
Version:
Cisco Internetwork Operating System Software
IOS (tm) L3 Switch/Router Software (CAT4232-IN-M), Version 12.0(14)W5(20)  RE
  Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc.
  Compiled Thu 01-Mar-01 18:18 by integ
Platform: cisco Cat4232L3
Port-ID (Port on Neighbors's Device): GigabitEthernet3
VTP Management Domain: unknown
Native VLAN: unknown
Duplex: unknown
System Name: unknown
System Object ID: unknown
Management Addresses: unknown
Physical Location: unknown
___________________________________________________________________________
Port (Our Port): 2/2
Device-ID: 8-4006-L3
Device Addresses:
  IP Address: 127.0.0.3
Holdtime: 170 sec
Capabilities: ROUTER
Version:
  Cisco Internetwork Operating System Software
  IOS (TM) L3 Switch/Router Software (CAT4232-IN-M), Version 12.0(14)W5(20)  RE
  Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc.
  Compiled Thu 01-Mar-01 18:18 by integ
Platform: cisco Cat4232L3
Port-ID (Port on Neighbors's Device): GigabitEthernet4
VTP Management Domain: unknown
Native VLAN: unknown
Duplex: unknown
System Name: unknown
System Object ID: unknown
Management Addresses: unknown
Physical Location: unknown
Cat4000-c> (enable)

show spantree summary

このコマンドによって提供される STP 情報の要約は、リンク フラップや、ハードウェア障害と見分けのつきにくいその他のネットワーク問題のトラブルシューティングに使用されます。 詳細については show spantree summary および show spantree コマンドを参照して下さい。

Cat4000-c> (enable) show spantree summary
MAC address reduction: disabled
Root switch for vlans: 1.
BPDU skewing detection disabled for the bridge
BPDU skewed for vlans:  none.
Portfast bpdu-guard disabled for bridge.
Portfast bpdu-filter disabled for bridge.
Uplinkfast disabled for bridge.
Backbonefast disabled for bridge.

Summary of connected spanning tree ports by vlan

VLAN  Blocking Listening Learning Forwarding STP Active
----- -------- --------- -------- ---------- ----------
   1         0         0        0          3          3

      Blocking Listening Learning Forwarding STP Active
----- -------- --------- -------- ---------- ----------
Total        0         0        0          3          3
Cat4000-c> (enable)

show log

このコマンドは、システムまたは特定のモジュールのエラー ログを表示します。 スイッチがリセットまたはクラッシュした場合に、スイッチのクラッシュの原因を判別するために必要なスタック情報がここに表示されます。 詳細については show log コマンドを参照して下さい。

Cat4000-c> show log

Network Management Processor (ACTIVE NMP) Log:
  Reset count:   15
  Reboot History:   Jan 23 2002 11:14:16 0, Jan 22 2002 14:57:21 0
                     DEC 24 2001 13:56:38 0, DEC 24 2001 13:52:30 0
                     DEC 11 2001 12:31:59 0, DEC 07 2001 13:26:48 0
                     DEC 07 2001 10:42:19 0, DEC 07 2001 10:36:16 0
                     Nov 28 2001 11:03:10 0, Oct 26 2001 16:04:26 0
  Bootrom Checksum Failures:      0   UART Failures:                  0
  Flash Checksum Failures:        0   Flash Program Failures:         0
  Power Supply 1 Failures:        0   Power Supply 2 Failures:        0
  DRAM Failures:                  0

  Exceptions:                     0

  Loaded NMP version:            6.3(1)
  Reload same NMP version count: 2

  Last software reset by user: 1/23/2002,11:13:13

  MCP Exceptions/Hang:            0

Heap Memory Log:
Corrupted Block = none

NVRAM log:

01. 11/28/2001,11:03:11: convert_post_SAC_CiscoMIB:Nvram block 0 unconvertible:)
02. 11/28/2001,11:03:11: convert_post_SAC_CiscoMIB:Nvram block 1 unconvertible:)
03. 11/28/2001,11:03:11: convert_post_SAC_CiscoMIB:Nvram block 2 unconvertible:)
04. 11/28/2001,11:03:11: check_block_and_log:Block 3 has been deallocated: (0x1)
05. 11/28/2001,11:03:11: convert_post_SAC_CiscoMIB:Nvram block 5 unconvertible:)
06. 11/28/2001,11:03:11: check_block_and_log:Block 35 has been deallocated: (0x)
07. 11/28/2001,11:03:11: convert_post_SAC_CiscoMIB:Nvram block 44 unconvertible)
08. 11/28/2001,11:03:11: convert_post_SAC_CiscoMIB:Nvram block 62 unconvertible)
09. 11/28/2001,11:03:14: supVersion:Nmp version 5.5(11)
10. 12/7/2001,10:36:16: convert_post_SAC_CiscoMIB:Block 0 converted from versio5
11. 12/7/2001,10:36:20: supVersion:Nmp version 6.3(3)
12. 12/11/2001,12:32:00: convert_post_SAC_CiscoMIB:Nvram block 0 unconvertible:)
13. 12/11/2001,12:32:00: convert_post_SAC_CiscoMIB:Nvram block 1 unconvertible:)
14. 12/11/2001,12:32:00: convert_post_SAC_CiscoMIB:Nvram block 2 unconvertible:)
15. 12/11/2001,12:32:00: convert_post_SAC_CiscoMIB:Nvram block 5 unconvertible:)
16. 12/11/2001,12:32:00: check_block_and_log:Block 35 has been deallocated: (0x)
17. 12/11/2001,12:32:00: convert_post_SAC_CiscoMIB:Nvram block 44 unconvertible)
18. 12/11/2001,12:32:00: convert_post_SAC_CiscoMIB:Nvram block 62 unconvertible)
19. 12/11/2001,12:32:04: supVersion:Nmp version 5.5(8)
20. 12/24/2001,13:56:38: convert_post_SAC_CiscoMIB:Block 0 converted from versi5
21. 12/24/2001,13:56:42: supVersion:Nmp version 6.3(1)

Module 2 Log:
  Reset Count:   16
  Reset History: Wed Jan 23 2002, 11:15:13
                 Tue Jan 22 2002, 14:58:18
                 Tue Jan 15 2002, 17:03:35
                 Tue DEC 11 2001, 12:32:58


Module 3 Log:
  Reset Count:   12
  Reset History: Wed Jan 23 2002, 11:14:34
                 Tue Jan 22 2002, 14:57:39
                 Mon DEC 24 2001, 13:56:53
                 Fri DEC 7 2001, 13:27:07


Module 5 Log:
  Reset Count:   15
  Reset History: Wed Jan 23 2002, 11:14:31
                 Tue Jan 22 2002, 14:57:36
                 Mon DEC 24 2001, 13:56:51
                 Mon DEC 24 2001, 13:52:43

show tech-support

このコマンドは連続的な出力としてこれを表示するものです:

show version、sh flash、sh microcode、sh system、sh module、sh port、sh mac、sh trunk、sh vlan、sh vtp domain、sh spantree active、sh spantree summary、sh test、sh arp、sh ip route、sh cdp neighbor detail、sh netstst ststs、show memory buffers、show out-of-band stats、sh inband stats、show cam static、sh cam count dynamic、sh cam system、sh config、sh log、sh proc、sh proc mem、sh proc cpu、ps、ps -c

詳細については show tech-support コマンドを参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 18935