オプティカル : 同期光ネットワーク(SONET)

POS インターフェイスのNEWPTR エラーに関するトラブルシューティング

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2004 年 5 月 13 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、show controller pos コマンドの出力に示される、Cisco Packet Over SONET(POS)ルータ インターフェイスに起因する New Pointer(NEWPTR)イベント(エラー カウンタ)の増加条件について説明します。

NEWPTR イベントは H1 および H2 バイトの SONET オーバーヘッドに示すように SONETフレーマが新しいポインタ値を検証する回数を、定義します。 この文書では、SONET プロトコルがポインタと H1 および H2 バイトを使用して、SONET フレーム内にペイロードをフローティングするしくみを説明します。

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ポインタを使用する理由

SONET インターフェイスは、125 マイクロ秒ごとに 1 フレームを送信します。 各フレームは 810 バイトが含まれています。 従って、SONET 同期転送信号(STS)-1 ビットレートはここに示されているように計算されます:

810 bytes/frame x 8000 frames/second = ~51,840,000 bits/second 

このような高いビット レートを使用することにより、ポインタには重要な利点があります。 この利点を説明する単純なネットワークダイアグラムはここにあります:

newptrs_18931b.gif

このシナリオでは、ルータ C. Frames にデータを送信するルータ A 必要はフレームの 125 マイクロ秒期間の真中に A から時間着きます。 B は A が送信 する データを転送する必要があります。 B は C.B に接続される出力ポートに A に接続されるインプットポートからのデータを今持っています 2 つの選択を転送します:

  • B は A からのフレームをバッファリングでき次の 125 マイクロ秒 間隔を待っています。 B は SONET フレームの最初のペイロードバイトとそれから A からのフレームの開始するを一直線に並べることができます。

  • また、B はすぐに現在の間隔の A からのフレームを送信できます。 この場合、B は A からのフレームが実際に開始するバイト位置を示すためにポインタを使用する必要があります。 したがって、データはペイロード エンベロープ内のいずれかの位置から始まります。 このコンセプトはフローティング ペイロードと呼ばれています。

通常、SONET デバイスはいくつかのプロバイダが着信 フレームをバッファリングすることを選択するが、浮動ペイロードを用います。 浮動ペイロードの利点はここにあります:

  • 伝搬遅延の増加を避けることができます。

  • 保留中の帯を格納するために多量のパケット バッファが付いているデバイスを購入する必要はありません。

ポインタは基本的に非同期操作が同期環境の内で保守されるようにします。 実際のペイロードは非同期的に生成されますが、SONET フレームは同期で送信 されます。 SONET フレームは固定および固定レートで常に送信され、実際のデータか注入口が含まれています。

NEWPTR とは何か。

Cisco POS インターフェイスが新しい SONETポインタを検証するとき、インターフェイスは NEWPTR カウンターを高めます。 H1 および H2 バイトの Line OverHead セクションのバイナリ値は NEWPTR カウンターの増加を示します。

この表は SONET の 3 つの層のそれぞれのオーバーヘッド バイト、および Line OverHead の H1 および H2 バイトの位置を説明したものです:

パスのオーバーヘッド
セクションのオーバーヘッド A1 Framing A2 Framing A3 Framing J1 Trace
B1 BIP-8 E1 Orderwire E1 User B3 BIP-8
D1 Data Com D2 Data Com D3 Data Com C2 Signal Label
回線のオーバーヘッド H1 Pointer H2 Pointer H3 Pointer Action G1 Path Status
B2 BIP-8 K1 K2 F2 User Channel
D4 Data Com D5 Data Com D5 Data Com H4 Indicator
D7 Data Com D8 Data Com D9 Data Com Z3 Growth
D10 Data Com D11 Data Com D12 Data Com Z4 Growth
S1/Z1 Sync Status/Growth M0 または M1/Z2 REI-L Growth E2 Orderwire Z5 Tandem Connection

H1 および H2 バイトはここに説明されるように 16 ビット フィールドを、形成します:

newptrs_18931a.gif

これらのビットポジションがどのように定義されるかこの表に説明されています。

ビット位置 定義 説明
ビット 1 - 4 New Data Flag (NDF)
  • 通常動作中は、0110 に設定します。 0110 という値は Pointer フィールドの値が有効であることを示します。
  • 1001 へのセット(前のポインタ値がもはや有効ではないこと、そして Pointer フィールドに今正しいのが、New 値あることを示す 0110)の逆。
  • 他の値はすべて未定義です。
ビット 5 - 6 予約済み
  • 通常動作中は、00 に設定します。
ビット 7 - 16 10 ビット ポインタ
  • SPE が行 4 で、4 H3 バイトの直後のカラム、開始することを示すためにゼロに設定して下さい。
  • SPE が行 5 で、4 K2 オーバーヘッド バイトの直後のカラム、開始することを示すために 87 に設定 して下さい。
  • Cisco POS ルータ インターフェイスでは、522 に設定します。

連結フレームは(たとえば、STS-3c 場合)最初の STS-1 フレームだけのポインタ ビットを使用します。 H1 および H2 バイトの 2 番目と 3 番目のセットには、10010011 および 11111111 という連結インジケータ値が含まれています。

SONETフレーマは新しい H1 か H2 ポインタ値をこのような状況の下で検証します:

  • NDF ビットが反転している。

  • リンクは初期化します。

  • インターフェイスはアラーム条件を終了します。

  • コンフィギュレーション変更はフレーマの部分をリセットしました。

NEWPTRs を解決して下さい

Cisco POS インターフェイスが NDF によって有効に される示す値の無効 な ポインタ値か超過数を検出するとき、インターフェイスは Path loss of pointer (PLOP) アラームを宣言します。

router#show controller pos 3/1 
POS3/1 
  SECTION 
     LOF = 0         LOS    = 0          BIP(B1) = 0 
  LINE 
    AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0     BIP(B2) = 0 
  PATH 
    AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0     BIP(B3) = 0 
    LOP = 0          NEWPTR = 768        PSE  = 0     NSE= 1009 
Active Defects: None 
Active Alarms:  None 
Alarm reporting enabled for: SF SLOS SLOF B1-TCA B2-TCA PLOP B3-TCA

Bellcore GR-253 仕様は、SONET プロトコルを定義しています。 それは SONETリンクがポインタ損失 (LOP) アラームなしで 2000 のポインター調整 毎秒を容認する必要があること規定 します。 この値はデジタルネットワーク 同期の電気電子学会(IEEEleavingcisco.com )資料の推奨事項を一致するために選択されます。

ポインター調整は SONET ネットワークが同期されないことを示します。 値の急速な、一定した増加は耐久性があるタイミング問題を指します。 この問題を解決するために、プロバイダが付いている供給されたクロックのクロックディストリビューションツリーおよび正確さを評価して下さい。

さらにルータエンドポイントに正しいクロック セッティングがあることを、確認して下さい。 この表は詳細を提供したものです:

クロック セッティング 続けてダークファイバか高密度波長分割多重(DWDM)と Add-Drop Multiplexer(ADM; アド/ドロップ多重化装置)または MUX を備えた Telco ネットワーク
internal - internal なし
internal - line なし
line - internal なし
line - line なし

またその他の情報に関しては POS ルータ インターフェイスでのクロック セッティング設定を参照して下さい。

Cisco POS インターフェイスがリモート Cisco POS に SONET ネットワーク上のインターフェイスを接続するとき、インターフェイスは NEWPTRs の増加を報告できます。 この設定では、にクロック ソースを設定 して下さい。 クロック ソースが行のとき、Cisco POS インターフェイスの伝達はネットワークの伝達とのフェーズにある必要があります。 従って、ネットワークはエンドポイントからの場合との周波数の違いを補正する必要はありません。 ポインター調整はネットワークデバイスにおける問題を示唆します。 通常、ADM パススルーにより SONET ネットワークこれらのポインター調整を引き起こすというオフ周波数場合を補正する必要。

バックツーバック トポロジで使用されている場合と同じように、内部生成されたクロック ソースに対してポインタ調整が必要になると、Negative Stuff Event(NSE)カウンタが増分します。 以前に注意されるように、Cisco POS ルータ インターフェイスは 522 の固定 ポインタ値を送信します。 従って、このトポロジーで、ルータ レポートもしあっても僅かの NEWPTRs。


関連情報


Document ID: 18931