音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco CallManager を経由するコール転送に関する複数の Cisco Unity AutoAttendant の設定

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、複数の Cisco Unity AutoAttendant をセットアップする方法と AutoAttendant にコールを転送するように Cisco CallManager を設定する方法を示します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unity のすべてのバージョン

  • Cisco CallManager のすべてのバージョン

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題

AutoAttendant を使用することで、Cisco Unity は一般的な自動メッセージを音声システムに設定できます。 メッセージは「あなたのよう何か達しました会社 ABC にです。か。選択して下さい次のオプションから」。

場合によっては、複数の Cisco Unity AutoAttendant が必要になります。 たとえば、合併した 2 つの会社が同じ Cisco Unity システムを共有する場合、部門ごとに異なる AutoAttendant が必要になる可能性があります。 また、1 つの会社が複数のロケーションで複数の Cisco Unity システムを使用している場合は、ロケーション固有のメッセージが必要になることもあります。

複数の Cisco Unity AutoAttendant のセットアップ

単一または複数の Cisco Unity AutoAttendant を単一または複数の Unity システムにセットアップするかどうかに関わらず、セットアップ手順は同じです。 手順は次のとおりです。

  1. 必要な Cisco Unity AutoAttendant ごとにコール ハンドラを作成します。

    複雑なコール ハンドラを作成および編集する場合は、Audiotext Manager を使用できます。 詳細については、Audiotext Manager leavingcisco.com を参照してください。

    必要であれば、サブスクライバを使用することもできます。

  2. コール ハンドラ プロファイルに内線番号を追加します。

  3. 必要なメッセージを追加し、Cisco Unity 内での適切なメニュー ツリーを設定します。

以下のイメージは、電話番号(DN)として 5000 が設定された Cisco Unity AutoAttendant コール ハンドラを示しています。

multi_aa_unity-1.gif

Cisco Unity でコール ハンドラを設定する方法について詳しくは、Cisco Unity のマニュアルを参照してください。

Cisco Unity AutoAttendant へのコールの転送

Cisco CallManager から Cisco Unity AutoAttendants へのコールのルートを設定できます。

この例では、Cisco Unity AutoAttendant DN 5000 へのコールの配置は自動転送 設定を完了した後行われます。か。コールは目的が Cisco Unity へコールを転送することであるコンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI) ルート ポイントに行きます。 CTI ルート ポイントは、すべてのコールを DN 1900 に転送するように設定されています。 DN 1900 DN は最初の Cisco Unity 音声ポートにあります。か。コールが Cisco Unity に転送するとき、Unity は DN 5000 のコール ハンドラにコールをルーティングします。 Cisco Unity はそれからメッセージをします。か。メッセージは発信者を手順に従うために指示します。 たとえば、「販売部門と通話するには 1 を、カスタマー サービスと通話するには 2 を、オペレータと通話するには 0 を押してください」といった指示です。

手順説明

Cisco Unity AutoAttendant へのコール転送を設定するには、次の手順を実行します。

  1. Cisco CallManager Administration を開きます。

  2. [デバイス(Device)] > [CTIルートポイント(CTI Route Point)] を選択します。

  3. [新規CTIルートポイントの追加(Add a New CTI Route Point)] リンクをクリックし、他の人にダイヤルさせるダイヤルイン(DID)番号と同じ内線番号を使用して、各 AutoAttendant の設定を入力します。

    各 AutoAttendant の設定を入力するには、以下の情報を使用します。

    • デバイス名(Device Name):このデバイスの一意の識別子。 1 文字から 15 文字の文字列を入力します。文字列には、英数字、ピリオド、ハイフン、アンダースコアを使用できます。

    • 説明(Description):CTI ルート ポイントの記述名。

    • デバイス プール(Device Pool):このデバイスのプロパティのコレクションを指定します。プロパティには、Cisco CallManager グループ、日時グループ、リージョン、自動登録用コーリング サーチ スペースなどがあります。 ドロップダウン メニューからデバイス プールの名前を選択します。

    [Insert] をクリックします。 この操作によりページが更新されて、新規 CTI ルート ポイントに入力した情報が表示されます。 ページ左側のリストに表示されたアイコンをクリックすると、ルート ポイントへの回線を追加する操作を開始できます。

  4. ページ左側の [回線1(Line 1)] をクリックし、以下の設定を入力します。

    • すべてを転送(Forward All):ポート 1 のボイス メール パイロット番号を入力して、すべてのコールの転送先電話番号を指定します。

    [Insert] をクリックします。

設定の確認

すべての手順を完了すると、この例での Cisco CallManager 設定は以下のようになります。

multi_aa_unity-2.gif

/image/gif/paws/18891/multi_aa_unity-3.gif

コール ルーティングの検証

ルーティングがきちんと実行されることを確認する最もよい方法はですコールが Cisco Unity で到着したかどうか、そして確認することコールが Cisco Unity AutoAttendant コール ハンドラに行けば。か。この判断をするのに Cisco Unity ツール コール ビューアおよびステータスモニタを使用できます。

この例では、DN 1400 から DN 5000 に対してテスト コールを発信します。 コールは Cisco Unity に転送され、Unity がそのコールを適切な Cisco Unity AutoAttendant コール ハンドラにルーティングします。

コール ビューアの使用

コール ビューアにアクセスするには、[スタート(Start)] > [すべてのプログラム(Programs)] > [ユーティリティ(Unity)] > [コールビューア(Call Viewer)] を選択します。

テスト対象のコールについて、コール ビューア画面は以下のような内容を表示します。

/image/gif/paws/18891/multi_aa_unity-4.gif

ステータス モニタの使用

ステータス モニタにアクセスするには、次の手順を実行します。

  1. [Unity] アイコンを右クリックします。

  2. [ステータス モニタ(Status Monitor)] を選択します。

  3. 左から 2 番目の電話機を表すアイコンをクリックします。

    Cisco Unity と Cisco CallManager の間のすべての回線がステータスとともに表示されます。

    このウィンドウに示されているように、テスト コールは最初の音声ポートで Cisco Unity に到達しています。 メッセージは正しいコール ハンドラのために遊びます。か。この情報はルーティングがきちんと行われることを確認します。

    /image/gif/paws/18891/multi_aa_unity-5.gif


関連情報


Document ID: 18891