音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

同じ Cisco Unity 2.4.6 メールボックスに Multiple/Alternate Extensions を割り当てる方法

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、同じメールボックスに 2 つの内線番号を割り当てる方法を説明します。 このシナリオは複数の拡張からの同じメールボックスに加入者の電話または前方呼び出しの複数の回線アピアランスを処理するとき、有利、たとえばです。

この機能性は加入者の設定の内の Cisco Unity 3.0 および 3.1 に追加されました。 詳細についてはサブスクライバの代替拡張の設定を参照して下さい。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • プラットフォーム— MCS 7835

  • Cisco CallManager 3.1(2)c

  • Cisco Unity ビルド 2.4.6.135

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

代替エクステンション

これは代替エクステンションの概要です。

  • 代替エクステンションは長さが 30 文字を超過できません。 デフォルトで、各々の管理者定義された代替エクステンションはサブスクライバ定義された代替エクステンションは少なくとも 10 文字である必要があるが長さが少なくとも 3 文字である必要があります。

    ツール ターミナルの詳細設定ツールは Cisco Unity 管理者および Cisco Unity アシスタントで入力されるエクステンションのための長さ最小の拡張 規定 するために使用することができます。 設定を使用する方法の詳細については詳細設定ツール ヘルプを参照して下さい。 それぞれ、設定は Administration > 設定 しました場所のための最小の長さをであり、Administration は > サブスクライバ定義代替エクステンションのための最小の長さを設定 しました。

  • サブスクライバが Cisco Unity アシスタントを Cisco Unity 管理者で規定 する 代替エクステンションを表示するのに使用できるかどうか制御できます。 これをするために、> サービス クラス > Profile ページ 『Subscribers』 を選択 して下さい。 サブスクライバ定義された代替エクステンション 表はサブスクライバが追加する代替エクステンションを表示するものです。

  • Cisco Unity は管理者かサブスクライバがそれを作成することを許可する前に各代替エクステンションが水平なダイヤル ドメインまでユニークであることを該当する場合確認します。 Cisco Unity 管理者か Cisco Unity アシスタントは公共分配リスト、コール ハンドラ、ディレクトリ ハンドラ、またはインタビュー ハンドラにプライマリか代替エクステンションとして他のサブスクライバに既に、たとえば、割り当てられている、または受け入れます拡張を。

  • すべての代替エクステンションはプライマリ 拡張と同じ転送設定を使用します。

エクステンションの新規追加

同じメールボックスに 2 つのエクステンションを割り当てるためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Cisco Unity システム 管理 Webページから、『Call Management』 を選択 し、『Call Routing』 をクリック して下さい。 それから『Forwarded Calls』 をクリック して下さい。

    2ext_same_mailbox-01.gif

  2. 転送された コール Call Routing ウィンドウから、ルーティング ルールを追加するために『Add』 をクリック して下さい。

  3. メールボックス xxxx のための第 2 拡張のような名前を入力して下さい。

    /image/gif/paws/18890/2ext_same_mailbox-02.gif

  4. Forwarding Station フィールドでは、第 2 拡張番号を入力して下さい: yyyy

    2ext_same_mailbox-03.gif

  5. フィールドへの送信コールでは、『Subscriber』 を選択 し、そして最初に 拡張 xxxx に割り当てられるサブスクライバを選択して下さい。

  6. サブスクライバ選択ダイアログボックスで、『Send to greeting for』 を選択 して下さい。

    2ext_same_mailbox-04.gif

  7. このルーティング ルールを保存するために『SAVE』 をクリック して下さい。

  8. Cisco CallManager Administration を開き、yyyy 拡張を用いる電話に行って下さい: yyyy Device > Phone > 検索ディレクトリ番号は > yyyy 外観を『Device』 を選択 しましたり > 『line』 を選択 します

  9. yyyy 電話線のための Forward No Answer および前方使用中オプションが音声メールパイロット数に設定されることを確かめて下さい。

確認

コールを yyyy 拡張に送信し、返事でまたは使用中、設定がきちんと機能することを確認するためにコールが拡張 xxxx を用いるサブスクライバのメッセージに転送されないことを確認して下さい。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。


関連情報


Document ID: 18890