音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Personal Assistant および Cisco Unity の統合の設定

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2014 年 11 月 3 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Personal Assistant(PA)音声認識機能により、電話を介して音声コマンドを使用して他の電話に発信したり、他の機能として Cisco Unity ボイスメール システム内を移動できるようになります。 音声コマンドに加えて、PA は、タッチトーン キー パッドを使用して実行されるコマンドを理解します。 このドキュメントでは、PA を使用してボイスメールを送受信できるよう Cisco Unity との PA 統合をイネーブルにするために必要な設定手順を説明します。

前提条件

要件

この設定を行う前に、Cisco PA および Cisco Unity について詳しく知っているはずです。 ユーザが直接 Cisco Unity との相互作用によって音声メールを送信 し、受け取ることができるように既に Cisco Unity および Cisco CallManager統合を設定したにちがいありません。 これを終了しない場合、以下を参照して下さい:

他のユーザに問い合わせるのにユーザが PA を使用できるように Cisco Unified CallManager および PA の統合を設定したにちがいありません。 これを終了しない場合、知識を確認 Cisco Personal Assistant および CallManager統合参照すれば。

これらの前提条件を満たしたら、PA との Cisco Unity サーバを統合を続行して下さい。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • 操作上 Cisco CallManager サーバ バージョン 3.2 または 3.3 を実行する

  • 操作上 Cisco Unity サーバ バージョン 3.1 または 4.0 を実行する

  • Cisco 操作上 IP PA サーバ バージョン 1.3.4 または それ 以降を実行する

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ネットワーク構成図

この資料はこのネットワークダイアグラムを使用します。

ネットdiag.gif

Cisco Unity ドメインに PA サーバを追加して下さい

PA サーバは Cisco Unity サーバのために使用する同じドメインのメンバーサーバである必要があります。 これは 2 つのタスクを含みます:

  • PA サーバのためのドメイン アカウントを作成して下さい。

  • ドメインに PA サーバを移行して下さい。

Cisco Unity ドメインに PA サーバを追加するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. サーバで Programs > Administrative Tools > Active Directory Users and Computers の順に選択 して下さい Active Directory (AD) ドメインにアクセスできる。

    注: 既に AD ドメインの PA サーバのためのアカウントを追加している場合、このステップをスキップして下さい。

  2. コンピュータを右クリックし、PA サーバの名前を『New Computer』 を選択 し、入力して下さい。

    PA Unitya.gif

  3. [OK] をクリックします。

  4. マイ コンピュータを右クリックし、PA サーバで『Properties』 を選択 して下さい。

    PA Unityb.gif

  5. Network Identification タブをクリックし、『Properties』 をクリック して下さい。

    PA Unityc.gif

  6. Domainオプション・ボタンをクリックし、ユニティ ドメイン 情報を(たとえば、cisco.com)入力し、『OK』 をクリック して下さい。

    PA Unityd.gif

  7. Domain Username and Password ウィンドウが開くとき、管理者およびユニティ アドミニストレーター パスワードをタイプし、『OK』 をクリック して下さい。

    PA Unitye.gif

  8. Welcome ウィンドウを閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

    PA Unityf.gif

  9. 実施されるために変更のためのサーバをリブートするためにプロンプト表示されるときウィンドウを閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

    PA Unityg.gif

  10. Network Properties Window を閉じるために『OK』 をクリック して下さい。 New ウィンドウは再起動するためにプロンプト表示すること開きます。 PA サーバを再起動するために『Yes』 をクリック して下さい。

  11. PA サーバを再起動するために『Yes』 をクリック して下さい。

    PA Unityh.gif

PAServer および PAWebadmin サービスのためのログオン アカウントを変更して下さい

PA サーバの PAServer および PAWebadmin サービスはドメイン 管理権限のアカウントにログオンする必要があります。 この場合ドメイン管理者アカウントは使用されます。

PAServer および PAWebadmin サービスのためのログオン アカウントを変更するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. PA サーバで Start > Programs > Administrative Tools > Services の順に選択 して下さい。

  2. PAServer としてリストされているサービスにスクロールして下さい。

    PA Unityi.gif

  3. 特性を修正するためにサービスをダブルクリックし Log On タブをクリックし、次に『Browse』 をクリック して下さい。

    PA Unityj.gif

  4. Look in ウィンドウ(この場合 cisco.com)の AD ドメインを選択し、ドメイン管理者アカウントを選択し、『OK』 をクリック して下さい。

    PA Unityk.gif

  5. ドメイン管理者アカウントのためのパスワードを二度入力し、『OK』 をクリック して下さい。

    PA Unityl.gif

  6. PAServer サービスを右クリックし、『Restart』 を選択 して下さい。

    PA Unitym.gif

  7. PAWebadmin サービスのためのステップ 1 〜 6 を繰り返して下さい。

    PA Unityn.gif

Windows 2000 サーバシステム PATH変数に %PAROOT% \ビン\展望を追加して下さい

この環境変数は PA Exchange プロファイルによってこの資料の以降を設定すること使用されます。 それは示されているように既存のパス 変数に丁度追加する必要があります。

Windows 2000 サーバシステム PATH変数に %PAROOT% \ビン\展望を追加するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. マイ コンピュータを右クリックし、PA サーバで『Properties』 を選択 して下さい。

    PA Unityb.gif

  2. [Advanced] タブをクリックします。

    PA Unityo.gif

  3. 『Environment Variables』 をクリック して下さい。

    PA Unityp.gif

  4. スクロールして下さいパス-システム 変数

    PA Unityq.gif

  5. [Edit] をクリックします。

  6. 可変値の終わりに入力して下さい(; ここに示されている %PAROOT% \ビン\展望)

    PA Unityr.gif

    注意 注意: PATH変数で領域を挿入しないで下さい。

  7. [OK] をクリックします。

  8. Environment Variable ウィンドウを閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

  9. システム 性質を閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

PA サーバの Cisco Unity サーバのためのホストエントリを追加して下さい

PA サーバは IP アドレスに Cisco Unity サーバの DNS名を変換できる必要があります。 PA サーバのホスト ファイルの Cisco Unity サーバのためのホストエントリを追加するためにこれらのステップを完了して下さい。 Cisco Unity サーバは IP アドレスへ有能な解決 PA サーバのである必要があります DNS名。

注: 作動中 DNSサーバがあり、DNSサーバを使用するために PA サーバが設定されれば DNSサーバの DNS エントリに Cisco Unity サーバを追加できます。 これをし、PA サーバが IP アドレスに Cisco Unity サーバの DNS名を変換できれば PA サーバのホストファイルの Cisco Unity サーバのためのエントリを作成する必要はありません。

  1. PA サーバのコマンドプロンプトウィンドウを開き、server_name が Cisco Unity サーバの DNS名であるコマンド PING server_name を入力して下さい。

    PA Unitys.gif

  2. Cisco Unity サーバのステップ 1 を繰り返して下さい。

    今回は、PA サーバの DNS名を ping します。 この場合、それは SPECORE61 です。

    PA Unitys new.gif

    PA サーバから DNS名を使用して Cisco Unity サーバを ping でき、Cisco Unity サーバから DNS名を使用して PA サーバを ping できればこのタスクの残りをスキップできます。 Cisco Unity サーバはこの場合 SPECORE64 と呼ばれます。

  3. Cisco Unity サーバのための PA サーバに DNS エントリを追加するために、C:\winnt\system32\drivers\hosts ファイルを開き、Cisco Unity サーバのための静的エントリを追加するのに Notepad を使用して下さい。 この場合、それは SPECORE64 です。

    PA Unityt.gif

  4. File > Save の順に選択 して下さい。

  5. File > Close の順に選択 して下さい。

  6. 必要ならば Cisco Unity サーバのステップ 3 〜 5 を繰り返して下さい。

  7. PA サーバから Cisco Unity サーバを ping できることを確認して下さい。

  8. Cisco Unity サーバから PA サーバを ping できることを確認して下さい。

Exchange サーバの Send As and Receive As 権限を設定して下さい

PA のためにそれを正しく操作することは PA を使用するユーザ向けのプロキシとして Exchange サーバが付いているメッセージを送信 し、受け取れます必要があります。 たとえば PA を使用するために設定されるユーザネーム ジョージ・ジョーンズ(gjones)があればそして PA は Exchange サーバの彼のアカウント(gjones@cisco.com)を使用して彼のメッセージを送信 し、受け取れます必要があります。

Exchange サーバの Send As and Receive As 権限を設定するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco Unity サーバから Start > Programs > Microsoft Exchange > System Manager の順に選択 して下さい。

    PA Unityu.gif

  2. サーバの隣で + 記号クリックして下さい。

    Server リストは Cisco Unity サーバ名前を表記するために拡張します。

    PA Unityv.gif

  3. Cisco Unity サーバ テキストを右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。

    PA Unityw.gif

  4. [Security] タブをクリックします。

  5. Server Properties ウィンドウが開くとき管理者のユーザ名を強調表示して下さい。

  6. 親からの割り当て相続できる権限のチェックを外して下さい。

    PA Unityx.gif

  7. New ウィンドウが開くと『Copy』 をクリック して下さい。

    PA Unityy.gif

  8. Permissions ウィンドウでスクロールし、レシーブをように有効に し、ように送信 し、Advanced ボタンをクリックして下さい。

    PA Unityz.gif

  9. Access Control ウィンドウが開くと拒否権限をウィンドウの上で強調表示し、『Remove』 をクリック して下さい。

    PA Unityaa.gif

  10. 残りの Deny ステートメントすべてのために繰り返して下さい。

  11. アクセス ウィンドウを閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

  12. Cisco Unity サーバ Properties ウィンドウを閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

PA サーバのメッセージング設定を設定して下さい

Cisco Unity サーバの Exchangeポスト名前は PA サーバの設定でメールボックスにアクセスできるように入力する必要があります。

このタスクを完了するために必要な 2 つのサブタスクがあります。

Cisco Unity サーバ Exchangeポスト名前を確認して下さい

Cisco Unity サーバ Exchangeポスト名前を確認するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. Cisco Unity サーバで、Exchange 開いたマネージャは Start > Programs > Microsoft Exchange > System Manager の順に選択 し。

    PA Unitybb.gif

  2. サーバの隣で + 記号クリックして下さい。

    PA Unitycc.gif

  3. + 拡張するべき Cisco Unity サーバ名前の側の記号クリックして下さい。

    PA Unitydd.gif

  4. + 拡張するべき最初のストレージ グループの側の記号クリックして下さい。

    PA Unityee.gif

  5. + 拡張するべきメールボックスストアの側の記号クリックして下さい。

    PA Unityff.gif

  6. メールボックスのリストを表示するためにメールボックスを強調表示して下さい。

    PA Unitygg.gif

  7. Unity メッセージング メールボックス名を確認して下さい(Unity メッセージングまたは Unityメッセージング システム <Servername>)。 この場合、それはです Unityメッセージング システム- SPECORE64. この名前のメモを作って下さい。

PA サーバのメッセージング設定の Cisco Unity サーバのメールボックス名を設定して下さい

PA メッセージング設定を行うためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. PA サーバでシステム > メッセージング 設定 ページにナビゲート して下さい。

  2. システム > メッセージングを選択して下さい。

  3. これらの音声メール サーバ属性を正しいです確認して下さい:

    • メールボックス名: <Unity メッセージングシステム- SPECORE64>

      注: これはこの資料の識別ユニティサーバ Exchangeポスト名前セクションで検索した名前です。

    • Unityライセンスの数: <enter システムが設定された for> であるライセンスの数。 この場合 32。

      注:  使用を設定する何 Cisco Unity ライセンス現在を問い合わせるために Cisco Unity サーバの Unity ライセンス交付 ツールが設定を認可するか知らなければ。

    • 音声メール サーバのリスト: SPECORE64

      注: まだ音声メール サーバを追加していない場合、それを今して下さい。 不適当な DNS名だけ使用して下さい。 たとえば、SPECORE64 およびない SPECORE64.CISCO.COM。 IP アドレスを使用しないで下さい。 DTMF リダイレクション シーケンスはこの例でデフォルトで残っていました。

    • Pilot number: 5000

    • DTMF リダイレクション シーケンス(外部/内部): #X#2

      このシーケンスはユーザ コール処理ルールが音声メールにコールを直接転送すると言うとき#押すとき外部か内部 コールが音声メールに、拡張転送することができることを示します(ワイルドカード X)は、#再度、およびそれから 2. Personal Assistant がこの DTMF シーケンスを発行します表す。 第 1 は#一般のメッセージをスキップし、#2 はスキップするために PA を示しま拡張および送信コールを直接拡張の音声メール グリーティングに鳴らします。

    • 電子メール通知: 管理者の Eメールアドレス: <your 管理者の eメールアドレス >

    • 社内 ディレクトリおよびメッセージ記憶装置のユーザを一致する ユニーク な 属性: <mail>

      注:  メールはデフォルト値です。

      注: システムのユーザの eメールアドレスのためのテスト Attributes ボタンおよび検索をクリックするとき属性をテストできます。 電子メール アカウント名だけ、ない完全修飾 アドレス使用して下さい。 たとえば、管理者およびない administrator@cisco.com

  4. Cisco Unity システムからの話された名前を同期するために同期します Unity 話された名前と『Synchronize』 をクリック して下さい。

    PA Unityhh updated.gif

    PA Unityhh new.gif

  5. [Save] をクリックします。

PA Exchange プロファイルを確認して下さい

PA Exchange プロファイルを確認するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. PA サーバで、メール Properties を開くために Start > Settings > Control Panel の順に選択 して下さい。

    PA Unityii.gif

  2. 統一システム プロファイル Properties ウィンドウを表示するために Mail アイコンをダブルクリックして下さい。

    注: 記憶誤 りを受け取る場合、システム パス環境変数文は正しくないです。 この資料の Windows 2000 サーバシステム PATH変数 セクションへの追加を %PAROOT% \ビン\展望参照して下さい。

    PA Unitykk.gif

  3. Profile ウィンドウがブランクである場合、PA はプロファイルを作成しませんでしたおよび作成この資料の PA Exchange Profile セクション 手動でのステップに手動で従うことによってそれを作成する必要があります。 手動で プロファイルを作成した後、このステップでこの補助的なタスクに戻して下さい。

  4. Microsoft Exchange Server ウィンドウを開くために『Properties』 をクリック して下さい。

    PA Unityll.gif

  5. Cisco Unity サーバ名前が Microsoft Exchange サーバ フィールドにリストされていることを確認して下さい。 それが不正確である場合、正しい名前を入力して下さい。 この場合、それは SPESM66 です。

  6. メールボックス名が正しいことを確認して下さい。

    これはユニティ システムのメールボックス名であるはずです。 これは識別統一システム Exchangeポスト名前セクションで判別する名前です。 それが不正確である場合、正しい名前を入力して下さい。 この場合、それはです Unityメッセージング システム- SPECORE64.

    注: これは識別ユニティサーバ Exchangeポスト名前セクションで検索した名前です。

    メールボックス名が下線を引かれない場合、名前を確認するために『Check Name』 をクリック して下さい。 名前を確認した後、メールボックス名は下線を引き、Check Name ボタンは選択不可能にする必要があります。 正しいシステム メールボックス名を入力したことをこれが確認する必要失敗した。

  7. Microsoft Exchange Server ウィンドウを閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

  8. 統一システム プロファイル Properties ウィンドウを閉じるために『OK』 をクリック して下さい。

  9. テスト PA ボイスメール アクセス セクションに進んで下さい。

手動で PA Exchange プロファイルを作成して下さい

確認からそれを PA Exchange Profile セクション参照された場合その時だけ次の作業を行う必要があります。 さもなければ、テスト PA ボイスメール アクセス セクションに進んで下さい。

手動で PA Exchange プロファイルを作成するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. PA サーバで、フォルダ C:\Program Files\Cisco システム\ Personal Assistant \ビンを開いて下さい。

  2. ファイル名を右クリックし、paUnity.prf ファイルを修正するために『Open with』 を選択 して下さい。

    PA Unitymm.gif

  3. リストから『Notepad』 を選択 して下さい。

    PA Unitynn.gif

  4. [Service1] ヘッダの下で、Unityサーバ名を一致するために Homeserver エントリを修正して下さい(以下を参照): HomeServer=spesm66.

  5. [Service1] ヘッダの下で Unityサーバ名を一致するために MailboxName エントリを修正して下さい(以下を参照): MailboxName=Unity メッセージングシステム- SPECORE64.

    注: これは識別ユニティサーバ Exchangeポスト名前セクションで検索した名前です。

    PA Unityoo.gif

  6. File > Save の順に選択 して下さい。

  7. File > Close の順に選択 して下さい。

  8. コマンド プロンプト(DOS)ウィンドウを開いて下さい。

  9. cd C:\Program Files\Cisco システム\ Personal Assistant \ビン\展望を\入力して下さい。

  10. newprof.exe と新しいプロファイル セットアップ プログラムを- p - s 実行して下さい

    PA Unitypp.gif

  11. NewProf ウィンドウが開くと『Browse』 をクリック して下さい。

    PA Unityqq.gif

  12. その paUnity.prf ファイルをアップデートしました C:\Program Files\Cisco システム\ Personal Assistant で\ビン フォルダ選択して下さい。

  13. 『Execute』 をクリック して下さい。

    PA Unityrr.gif

  14. スクリプトがユニティ エクスチェンジ プロファイルを作成した後ウィンドウを閉じて下さい。

  15. 確認に戻 PA Exchange Profile セクション

PA ボイスメール アクセスをテストして下さい

PA ボイスメール アクセスをテストするためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. ユーザの電話からの PA 数を呼出して下さい。

  2. 音声メールを言って下さい。

    注: PA 要求がユーザの Cisco Unified CallManager PIN であること PIN; ない Cisco Unity 音声メール パスワード。

    Cisco Unity パイロット番号に、再起動する Cisco Unity サーバを転送される聞き、行に来、次に PA サーバを再起動するためにそれを待っています音声メール ボックス」にアクセスおよびできないことをエラーメッセージは「残念であることを。

    あなたの PA を呼出したことユーザの電話のための音声メール アカウントに連れて行かれれば PA および Cisco Unified CallManager によって Cisco Unity を統合ために必要なステップを完了しました。

  3. ステップ 1 に戻ります。

    音声メール ボックス」にアクセスおよびできないことをエラーメッセージは「残念であることを聞けば Unity パイロット番号に、続きますこの資料のトラブルシューティング に 役立つ ヒント セクションに転送されます

Cisco Personal Assistant および Unity を解決して下さい

PA、Cisco Unity および Cisco CallManager統合のための 2 つの可能性のある 障害シナリオがあります。 最初の障害シナリオはユーザが PA を使用して音声メールにアクセスできないところにです。 2回目 の 失敗 シナリオは他はできないが何人かのユーザが PA から音声メールにアクセスできるときあります。

PA を使用して音声メールにアクセスすることできるユーザ無し

ユーザ全員は PA を使用して音声メールにアクセスすることを防ぐ最も 一般的 な 問題は PA サーバ、Cisco Unity サーバ、または両方のサーバの設定に誤りがあることです。 この資料のステップすべてを実行したこと、そして使用したコンフィギュレーションパラメータが正しいことを確認して下さい。

ユーザ全員が不適当に設定されることはまた可能性のあるです。 次の セクションへ進むことによってこれを確認できますこれらのテストを完了した後。

サーバー統合設定またはユーザコンフィギュレーションのエラーを検出しない場合、PA ボイスメール アクセスのためのロギングを有効に して下さい。

PA 音声メール ロギングを有効に するためにこれらのステップを完了して下さい。

  1. PA System Admin Webページを開いて下さい。

  2. 管理者のユーザ名 および パスワードを入力して下さい。

  3. Servers > Configuration の順に選択 して下さい。

  4. PA サーバを選択して下さい。

  5. トレースおよびデバッグ パッケージ リストの下で、SS_PA_MAIL オプションをチェックして下さい。

    このサブシステムは音声メールおよびページングと相互に作用しています。

  6. [Save] をクリックします。

  7. デバッグ パッケージがチェックされたら、C:\Program Files\Cisco システム\ Personal Assistant の CiscoAVVIDPAMapi.log と\ログ呼ばれる新しいログファイルはフォルダ作成されます。

    ユーザの電話からの音声メールに接続し、次にあらゆる潜在的な問題のためのログファイルを検知 することを試みて下さい。 問題を判別し、固定できなければ場合 Cisco または Ciscoサポート パートナーとのケースをオープンするとき使用できるようにできるようにログファイルのコピーを保存して下さい。

何人かのユーザは PA を使用して音声メールにアクセスすることができません

いくつかのユーザが PA から音声メール アカウントにアクセスできれば、他がなければ、問題は Cisco Unity サーバや Cisco CallManager サーバのユーザコンフィギュレーションにある可能性があります。

IP Phone からボイスメール アクセスを直接テストして下さい

これらのテストすべてはきちんとはたらく PA および Cisco Unity Integration のために正常である必要があります。 これらのテストのうちのどれかが失敗した場合、PA および Cisco Unity Integration のテストを続行できる前に問題を解決して下さい。

  1. ユーザが電話からの Cisco Unity 音声メール パイロット番号をダイヤルできることを確認して下さい。

  2. 電話にダイヤルし、ロールオーバーに音声メールことをに待っていることによってユーザ向けのメッセージを残すことができることを確認して下さい。

  3. MWI ランプが電話でつくことを確認して下さい。

  4. ユーザがステップ 3.で残したメッセージを取得できることを確認して下さい。

    これらのステップが正常なら Cisco Unified CallManager および Unity ユーザコンフィギュレーション セクションは確認に進みます。

Unity Cisco Unified CallManager およびユーザコンフィギュレーションを確認して下さい

  • ユーザ向けのユーザ ID (eメールアドレス)が Cisco Unity Exchange サーバおよび Cisco CallManager サーバ両方に同じであることを確かめて下さい。

  • Cisco Unified CallManager のユーザの拡張を用いるユーザの音声メール ボックス数一致を確かめて下さい。

変更を行なう場合、Cisco CallManager サーバの DC Directory からのユーザ情報をリフレッシュして下さい。 PA サーバの Speech Services Configuration ページの Refresh Now オプションを使用して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 18887