ワイヤレス : Cisco Aironet 350 ????

屋外でのブリッジ範囲計算に関するユーティリティー

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2012 年 11 月 13 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Outdoor Bridge Range Calculation Utility を使用してアンテナのレンジを求める方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報はこれらの Cisco Aironet に 2.4 GHz および Cisco Aironet 5G Hz 屋外リンク モデル基づいています:

  • BR340、BR350、BR500

  • WGB340、WGB350

  • PCI340、 PCI350

  • BR1410、BR1410-N

  • BR1300

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

Cisco 屋外での ブリッジ範囲計算に関する ユーティリティはブリッジ間のフレネルゾーン、距離、ケーブル損失、必須アンテナ高さおよび推奨されるフェードマージンを計算する最もよいツールです。 Cisco はブリッジを配置する前に範囲 パラメータを計測するのにサイト調査の一部としてこのユーティリティを使用するために強く推奨します。 これはより高いスループットおよび一貫したブリッジ パフォーマンスを確認します。

屋外での ブリッジ範囲計算に関する ユーティリティは入力として規定するドメイン、デバイスの種類、データ レート、アンテナゲイン、および少数の他を含むパラメータを使用します。

このツールがデバイス間の距離を予測するのを助けるので屋外ブリッジ計算ユーティリティにおける接続に関する問題を回避できます。 このようなツールのないワイヤレス環境では、高さが最大スループットのためのアンテナを置く必要があると他の変数できませんブリッジ間の距離を予測。 このユーティリティはまたブリッジ間の距離をカバーするために使用する必要があるアンテナの種類で決定するのを助けます。

ツールが提供する値はただ理論的です。 ワイヤレスブリッジを配置するのにガイドラインとしてだけこれらの値を使用して下さい。

範囲計算

屋外での ブリッジ範囲計算に関する ユーティリティを使用するためにこれらのステップを完了して下さい:

この計算ユーティリティは TX 電力のための制限およびリストされた規定するドメインの下に Effective Isotropic Radiated Power (EIRP)の内にとどまるために編集されました。 制限を超過する、それがインストールはインストールされている位置の関連法規の内にあることを確認するインストール パーティの責任であるケースがあるかもしれないし。 より古い 2.4 GHz 計算ユーティリティは保たれ、このスプレッドシートの最後のページで見つけることができます。

  1. 屋外での ブリッジ範囲計算に関する ユーティリティ ツールに行って下さい。

  2. を探します。 承認に基づいてインストール場所に適切な規定するドメインを選択して下さい。 (2.4 GHz 認定情報か 5 GHz 認定情報 ワークシートを参照して下さい)。

  3. リンクの両側のために使用する製品を選択して下さい。

  4. 使用する Datarate を選択して下さい。

  5. リンクの両端の Power level(出力レベル)を選択します。

  6. 各サイトで使用するアンテナを選択して下さい。 Cisco Aironet アンテナ以外アンテナを使用する場合、dBi のゲイン ファクタを規定 して下さい。

  7. 両方の側で使用するケーブルを選択して下さい。 Cisco Aironet ケーブル以外ケーブルを使用する場合、他を選択し、ケーブルの 100 フィートおよび長さごとの損失を入力して下さい。

    これらの計算は理論的です。

    ライン オブ サイトが必要となります。

  8. ローカル環境を一致するために典型的な環境条件を選択して下さい。

ワークシートは上記の距離で表示するマイルの適切な等方性最長の距離をおよびキロメートル、地球膨らみ、上記の距離のためのフレネルゾーン クリアランス、妨害の上の必須アンテナ高さ、および推奨されるフェードマージン(距離のファクタ)


関連情報


Document ID: 18860