コラボレーション : Cisco ONS 15454 SONET Multiservice Provisioning Platform(MSPP)

単方向パス切り替えリングにノードを追加およびドロップする方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、単方向パス スイッチ型リング(UPSR)で 15454 ノードを追加および削除する方法について説明します。 詳細な説明が完全にドキュメント化されたラボ設定を使用することで、このドキュメントでは、UPSR にまずノードを追加してから削除するために必要な手順について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

背景説明

この資料は 3 つのノード(Node1、Node2 および Node3)と示すためにサンプル ラボ の セットアップを Node1 と Node3 の間で第 4 ノード(Node4)を追加し次に削除する方法を使用します。 このネットワークダイアグラムはここでは使用されるセットアップを表示します:

adddrop1.gif

この資料では、仮定され、New ノードがインストールされるカードすべてとプロビジョニング終了されます悩まされ、電源投入されることが。 プロビジョニングは下記のものを含んでいます:

  • 一般

  • ネットワーク

  • タイミング

  • SONETデータコミュニケーション チャネル(SDCC)

  • 光ポート 稼働中を置いて下さい

設定の前の作業のための参照は Cisco ONS 15454 プロシージャ ガイドの UPSR セクション、リリース 3.4 見つけることができます。 New ノードを通してテストトラフィックをすべてのハードウェアが正常に動作していることを確認するために実行することを忘れないでいて下さい。 プロシージャの開始する前にこれをして下さい。 始める前にまた含まれるすべてのファイバを識別し、タグ付けする必要があります。

注: UPSR にしか 1 つのノードを一度に追加できません。

注意 注意: ノードを追加しノードを削除する手順はサービスに影響を与え、含まれる保護スイッチングによる Maintenance ウィンドウの間に実行された必要があります。 トラフィックの中断は 3 分までスパニングツリー リコンバージェンスによるあらゆるイーサネットトラフィックのために可能性のあるです。 その他のトラフィックは最大で 50 ミリ秒中断します。 さらに、ノードを削除するプロシージャにより再製するために削除し、奪取 する 時間いっぱいのための停止を負うために除去されたノードを通る間、同期転送信号 (STS)か Virtual Tributary (VT)を変更した各回線を引き起こします。 これは Cisco Transport Controller (CTC)のオペレータ の 熟練によって決まります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

UPSR にノードを追加する方法

このプロシージャはに含みます:

  • 回線の完全性の確認

  • 強制保護切り替えの実施

  • New ノードにファイバを接続して下さい。

  • CTC の再起動

  • 回線をアップデートして下さい。

  • 強制保護切り替えの解除

これは CTC Network ビューから見られるようにラボ の セットアップの UPSR リング型トポロジーです:

adddrop2.gif

回線の完全性の確認

回線 統合をチェックするために提供される手順のステップを完了して下さい:

  1. CTC Network ビューからすべての回線をあります ACTIVE 状態に確認して下さい。

    どの回線でも INCOMPLETE 状態にあったら続けないで下さい。 ONS 15454 の回線を設定した場合最良 の 方法を INCOMPLETE 状態の回線においての問題を解決するために文書化します参照して下さい。

    adddrop3.gif

  2. すべての回線をあります ACTIVE 状態に前に conitnue 確認して下さい。

強制保護スイッチを開始して下さい

強制保護スイッチを開始するためにこれらの手順を完了して下さい:

  1. 手動で New ノード(Node4)が挿入されるスパンからのトラフィックを強制して下さい。

  2. UPSR リングがエラーから自由ではない場合強制保護スイッチによりサービス中断を引き起こす場合があります。 UPSR の光カードすべてがあるように PM 統計を確認して下さい:

    1. リング内の各シェルフにログインします。

    2. 各 UPSRの光カードをクリックして下さい。

    3. パフォーマンスを選択して下さい。

    4. Refresh をクリックします。

    5. すべてのフィールドがゼロ値を示すことを確認して下さい。

    すべてのフィールドのゼロ値を調べる場合、エラーの自由なスパン実行。

    注意 注意: 強制保護切り替えを行っている間、トラフィックは非保護状態になります。

  3. Network ビューから New ノードが挿入されるラボ の セットアップでスパンを Node1 に Node3 見つけて下さい。

    スパンを右クリックし、メニューから『Circuits』 を選択 して下さい。 これはスパンの回線を表示する ウィンドウを始動します。

    adddrop4.gif

  4. UPSRスイッチセレクタドロップダウンメニューから『Force』 を選択 して下さい。

  5. [Apply] をクリックします。

  6. 変更が実施されることができるように確認のダイアログ ボックス プロンプトで『Yes』 をクリック して下さい。

    注: すべてのトラフィックはこのスパンから今強制されます。 トラフィックはリングの反対側のまわりで今代替パスを選択します。

  7. 情報ダイアログボックスで『OK』 をクリック して下さい。

New ノードにファイバを接続して下さい

New ノードにファイバを接続するためにこれらの指示を完了して下さい:

  1. 手動で Node1 と Node3 間のファイバを切り、次に Node1 および Node3 から新しい Node4 にファイバを接続して下さい。

    adddrop5.gif

  2. リングのまわりで East から West の 設定があることを確認して下さい。

    注: それはイースト ファイバとしてシェルフの権限に光トランク カードを、およびシェルフの左に西の ファイバとして光トランク カード更に更に考慮する推奨される最良 の 方法です。

    前のラボ の セットアップで接続します:

    • Node3 のスロット 13 と Node4 のスロット 5

    • Node4 のスロット 13 と Node1 のスロット 5

    各ケースでは、それは Rx ファイバを接続する前に Tx ファイバだけ接続し、光のレベルをチェックする推奨される最良 の 方法です。 Rx レベルは Cisco ONS 15454 レファレンスガイドの Card Reference セクションでリリース 3.4 見つけることができます。

CTC の再起動

CTCアプリケ− ションをシャットダウンし、再起動して下さい。

注: この時点で新しい Node4 に隣接して Node1 および Node3 で光カードの未実装パス(UNEQ-P)アラームを参照することは正常です。

Network ビューから、New ノードは目に見えます:

adddrop6.gif

回線のアップデート

回線をアップデートするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 回線がそれ含まれているスパンがロードすることを終わることができるように Circuits タブをクリックし、数分間待って下さい。

    回線がロードすることを終わったら一部が INCOMPLETE 状態にあることに注意して下さい。 不完全な回路の数のメモを作って下さい。

    adddrop7.gif

  2. すべての不完全な回路は追加された新しい Node4 を説明するためにアップデートされる必要があります。

    Node4 を右クリックし、メニューから『Update Circuits With New Node』 を選択 して下さい。

    adddrop8.gif

  3. 示す回線は更新済であることをダイアログボックスは現われます。

    回線は一つずつアクティブになります。

    adddrop9.gif

  4. すべての回線が更新済のとき、アップデートされる回線の数を示す確認のダイアログ ボックスは現われます。

    この数はこの時点ですべての回線がアクティブでであるはずであるステップ 1.注意される不完全な回路の数を一致する必要があります。

    adddrop10.gif

  5. ダイアログ ボックスで OK をクリックします。

    注: 更新済回線の数がステップ 1 で注意される数を一致するかまたはまだ不完全な回路があれば、ステップ 2 〜 5.を繰り返すため。

保護 スイッチをリリースして下さい

保護 スイッチをリリースするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. スパンのどちらかを新しい Node4 に隣接して右クリックし、『Circuits』 を選択 して下さい。

    adddrop11.gif

  2. UPSR からドロップダウン メニューを切り替え、『CLEAR』 を選択 し、次に適用して下さい

    確認のダイアログ ボックスが現われると『Yes』 をクリック して下さい。

    adddrop12.gif

  3. Information ダイアログボックスで『OK』 をクリック して下さい。

    adddrop13.gif

UPSR からノードを削除する方法

Node4 が UPSR リングに追加に成功したので、それを取除くために手順を通過して下さい。 Node4 で現在のラボ の セットアップにいくつかの小変更から開始するために廃棄するいくつかの回線をデモ ンストレーション目的で追加して下さい:

このプロシージャはに含みます:

  • 取除かれるノードで廃棄される回線を削除して下さい。

  • 保護 スイッチを開始して下さい。

  • ノードを削除して下さい。

  • 再ファイバ 隣接ノード。

  • STS か VT を間、パススルー 除去されたノード変更する回線を削除し、再製して下さい。

取除かれるノードで廃棄される回線を削除して下さい

取除かれるノードで廃棄される回線を削除するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Node4 で廃棄される回線を特定し、削除して下さい。

    注意 注意: このステップは Service Affecting です。 回線を削除する前にこのノードで移動された廃棄したすべてのトラフィックを確認して下さい。

    ネットワークか回線からどちらかで取除かれるノードが(Node4) Source or Destination カラム含まれている回線を表示して下さい、特定して下さい。 並べ替え列の先頭に立つ Source or Destination カラムをクリックして下さい。

    adddrop14.gif

  2. それをこれらの回線を削除するために強調表示するように回線をクリックしそして『Delete』 をクリック して下さい。

    確認のダイアログ ボックスが現われると『Yes』 をクリック して下さい。

    adddrop15.gif

  3. 情報ダイアログボックスが現われると『OK』 をクリック して下さい。

    削除のために強調表示されるべき複数の回線のために CtrlShiftキーを押して下さい。

  4. STS か VT を間、パススルー取除かれるべきノード(Node4)変更するあらゆる回線のためのパラメータを識別し、文書化して下さい。

    これらの回線はこのプロシージャの最後の段階で削除され、作り直されます。 このタスクは取除かれるべきノード(Node4)の Shelf ビューからの最もよい堪能です。

    adddrop16.gif

  5. Shelf ビューで、『Circuits』 をクリック し、スコープが廃棄メニューからのノードに設定 されるようにして下さい。

    これはこのノードのパススルーかドロップする回線しか見ないことを可能にします。

  6. それぞれ各回線をハイライト表示し、『Edit』 をクリック して下さい。

    Edit ウィンドウから提示が詳述されたマップ ボックス チェックされることを確かめて下さい。 どの STS および VT 見る回線がノードを入力し、去るかで今はずです。 これらが一致するこのプロシージャの最後の段階 15 の削除およびレクリエーションのための回線を文書化して下さい。

    adddrop17.gif

    ラボ の セットアップからの前のスクリーン ショットでは、回線が実際に STS および VT によって Node4 を変更することがわかります。 それは STS2VT1-1 および STS3 によって終了を通って、VT2-1 入ります。 この回線はこのプロシージャの最後のステップで削除され、作り直される必要があります。

  7. Node View に現われるすべての回線のためのステップ 6 を繰り返して下さい。

  8. 手動で Node4 に接続されるすべてのスパンからのトラフィックを強制して下さい。

  9. UPSR リングがエラーがない場合強制保護スイッチによりサービス中断を引き起こす場合があります。

    UPSR の光カードすべてがあるように PM 統計を確認して下さい:

    • リング内の各シェルフにログインします。

    • UPSRの光カードをクリックして下さい。

    • パフォーマンスを選択して下さい。

    • Refresh をクリックします。

    • すべてのフィールドがゼロ値を示すことを確認して下さい。

    注意 注意: 強制保護切り替えを行っている間、トラフィックは非保護状態になります。

  10. Network ビューから、Node4 に接続する『Circuits』 を選択 し、スパンの右クリックはメニューから。

    adddrop18.gif

  11. UPSRスイッチセレクタから、ドロップダウン メニューから『Force』 を選択 し、次に『Apply』 をクリック して下さい。

    adddrop20.gif

    確認のダイアログボックスで Yes をクリックします。 それがリングの反対側のまわりで代替パスを選択しますこれはスパンからのすべてのトラフィックを強制します。

  12. Node4 に接続するすべてのスパンのためのステップ 11 を繰り返して下さい。

    完了されて、Node4 に完全に接続されていないです。

  13. 隣接した Node1 と Node3 間のファイバを再接続して下さい。

    この例では、スロット 5 Node1 にスロット 13 Node3 を接続します。

    adddrop21.gif

    隣接ノードにファイバを再接続するとき、それは最初にへ Rx ファイバを接続する前に推奨される最良 の 方法接続し、Tx ファイバだけチェックします光のレベルをです。 Rx レベルは Cisco ONS 15454 レファレンスガイドの Card Reference セクションでリリース 3.4 見つけることができます。

  14. すべてのファイバが再接続したら、最近接続された Node3 および Node4 の Alarms タブを開き、スパン カードがアラームがないことを確認して下さい。

    アラームが発生している場合は、すべて解消してから次の手順に進みます。

  15. この場合ステップ 4.で特定される回線を削除し、再製して下さい。 Network ビューから、各回線を見つけて下さい。

    一つずつ、回線をハイライト表示し、Delete ボタンをクリックして下さい。 回線 の 削除が完了した後、ダイアログボックスで『OK』 をクリック して下さい。 Create ボタンをクリックし、このプロシージャのステップ 4 で文書化されています同じパラメータの回線を再製して下さい。

    adddrop22.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 18480