WAN : X.25 プロトコル

X.25 に関する FAQ

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2004 年 7 月 2 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

X.25 は、国際電気通信連合電気通信標準化部門(ITU-T)による WAN 通信用のプロトコル標準で、ユーザ デバイスとネットワーク デバイスがどのように接続を確立し維持するかを定義しています。 X.25 は、エラーが発生しやすいネットワークで広まりつつあります。 この文書では X.25 に関連する FAQ の一部に回答します。

Q. Annex G の X.25 マップを作成できますか。

A. Annex G は X.25 だけルーティングおよびパケット アセンブラ/ディスアセンブラ (PAD)呼び出しをサポートします。 Connection-Mode Network Service(CMNS; コネクションモード ネットワーク サービス)および X.25 over TCP(XOT)にも同じことが言えます。 RFC1536 X.25 コールを転送することはできますが、Annex G Data-Link Connection Identifier(DLCI; データリンク接続識別子)で RFC1536 X.25 コールを発信することはできません。

フレームリレー インターフェイス上の IP および X.25 トラフィックを両方運ぶために、2 DLCI を使用するか、または Annex G DLCI よりもむしろ IP をサポートする DLCI の XOT によって X.25 トラフィックを、運ぶ必要があります。 詳細については Annex G (X.25 over Frame Relay)ドキュメントを参照して下さい。 また X.25 over Frame Relay(Annex G) (Cisco のためのドキュメントを設定することを参照して下さいか。 12.2) IOSソフトウェアリリース。

Q. AODI はいつからサポートされていますか?

A. 常時接続 ダイナミック ISDN (AODI)は Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.3(3)T 以来サポートされていました。 詳細については、On/Dynamic ISDN (AO/DI)を常に参照して下さい。

Q. X.25 hold-queue コマンドの目的は何ですか?

A. X.25 hold-queue コマンドは、もう 1 つの Virtual Circuit(VC; 仮想回線)を作成する前に、VC 単位で保持するパケットの最大数を指定するのに使用します。 別の VC が作成することができない場合パケットは廃棄されます。 詳細については、「X.25 コマンド リファレンス」(Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2)を参照してください。 もう 1 つの VC を作成するには、コマンド x25 nvc X(X は同じ宛先に向けて同時に開いておくことができる VC の数)が必要です。

Q. hold-queue コマンドの目的は何ですか?

A. hold-queue <length> {イン/アウト}コマンドはバッファをルータで顕著である場合もある受け取ったか何制御することローレベルコマンドです。 ドライバはいくつかのルータの受け取り パケット捨られた一度治すただことができるインターフェイスの入力の限界を超過したら新しいデータを受け入れることを拒否します。 このコマンドを X25 hold-queue と混同しないでください。またこのコマンドは Link Access Procedure Balanced(LAPB; 平衡型リンク アクセス手順)および X.25 にはリンクできませんが、これは LAPB が入力制限の状態を監視し、サービスが I フレームを受信できなくなった時点で Receiver Not Ready(RNR)を発行するという制約があるためです。 詳細については、「Cisco IOS インターフェイス コマンド リファレンス」(Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2)を参照してください。

Q. X.25 プロトコルを使用すると入力キューが増加する理由は何ですか?

A. 入力キューが増加する理由としては、インターフェイスにトラフィックが過剰に存在するため処理しきれない場合、特に Simple Network Management Protocol(SNMP; 簡易ネットワーク管理プロトコル)など、パケットの宛先がルータそれ自身である場合が考えられます。 X.25 を使用して IP を転送する場合、IP データグラムを複数の X.25 パケットにフラグメント化する必要があります。

たとえば、IPデータグラムは X.25 5 つのパケットにフラグメント化できます。 X.25 それらのパケットのそれぞれは最後のものを除く M ビットによって、合います。 リモート シスコ ルータでは、最後のパケットが元の IP データグラムを再構築するのを待機する必要があります。 上述の例では、最初の 4 つのパケットは(物 M ビットと)キューに入る必要があります。 これらのパケットはインターフェイスの入力キューにキューイングされます。 このような状態になるのは、コールがルータ上で終端された場合(たとえば x25 map で終端された場合)だけです。

多くの呼び出しがルータで終了する場合、(IP および修飾論理リンク制御[QLLC]のような)入力キューはすべての VC が M ビット パケットを送信 して いるので育つかもしれません。 入力キューが最大値に到達した場合、ルータはレイヤ 2 で RNR を送信するため、このような状態になると悪影響が生じる場合があります。 hold-queue x in コマンドを使用して入力キューを調整できます。

Q. Cisco は CMNS の DEC からのギャップをサポートしますか。

A. Cisco はギャップをサポートしません。 DECnet ネットワーク サービス プロトコル(NSP)リンク上の VAX から X.25 情報を得、X.25 ネットワークにそれを転送する X.25 ゲートウェイに X.25 を転送するギャップは独自の DEC プロトコルです。 Cisco IOS ソフトウェアで同じような機能を実現するには、Connection-Mode Network Service(CMNS)(DEC の用語では CONS とも呼ばれる)を使用します。 CMNS は Logical Link Control, type 2(LLC2; 論理リンク制御副層タイプ 2)で X.25 を使用しますが、これは DECnet PhV および P.S.I. バージョン 5 以降を搭載した VAX で実現できます。

Q. ウィンドウおよびパケットサイズはどのようにローカル確認応答で処理されるか。

A. 最初に、コールのための一貫したパケットサイズをネゴシエートするように試みて下さい。 することができなければ従って(そのパケット サイズ の ネゴシエーションである 1 つの原因は無効であり、)ローカル確認応答が有効に なれば、X.25 推奨事項に従う回線のためのハンドル Segmentation And Reassembly。

下記の例では、シリアル 1 は 128 のために設定され、シリアル 0 は 256 のために設定されます:

3d22h: Serial1: X.25 I D1 Data (131) 8 lci 1024 M PS 5 PR 4 
     
!--- Two packets of 128 incoming.
 
     3d22h: Serial1: X.25 I D1 Data (131) 8 lci 1024 M PS 6 PR 4 
     3d22h: Serial0: X.25 O D1 Data (259) 8 lci 1024 M PS 5 PR 4 
     
!--- One packet of 256 outgoing on other interface.
 
     3d22h: Serial1: X.25 O D1 RR (3) 8 lci 1024 PR 7 
     3d22h: Serial1: X.25 I D1 Data (131) 8 lci 1024 M PS 7 PR 4 
     3d22h: Serial0: X.25 I D1 RR (3) 8 lci 1024 PR 6 
     3d22h: Serial1: X.25 I D1 Data (131) 8 lci 1024 M PS 0 PR 4 
     3d22h: Serial0: X.25 O D1 Data (259) 8 lci 1024 M PS 6 PR 4 
     3d22h: Serial1: X.25 O D1 RR (3) 8 lci 1024 PR 1 
     3d22h: Serial1: X.25 I D1 Data (131) 8 lci 1024 M PS 1 PR 4 
     3d22h: Serial0: X.25 I D1 RR (3) 8 lci 1024 PR 7 
     3d22h: Serial1: X.25 I D1 Data (131) 8 lci 1024 M PS 2 PR 4 
     3d22h: Serial0: X.25 O D1 Data (259) 8 lci 1024 M PS 7 PR 4

Q. hunt-group はサポートされますか。

A. はい、ハント グループと X.25 ロード バランシングがサポートされています。 この機能は、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(3)T で導入されました。 詳細については、「X.25 ロード バランシングの設定」を参照してください。

Q. Cisco は X.75 をサポートしますか。

A. ITU-Tleavingcisco.com (以前の CCITT)は X.25 公衆データ網の相互接続をサポートするために X.75 規格(データ転送 サービスを提供するパブリックネットワーク間のパケット交換 シグナルシステム)を定義しました。 Cisco はこれを設定しません。

ISDN Bチャネル上の LAPB セッション上の非同期 文字 ストリームを伝送するプロトコル スタックはまた(X.75 が X.25 と共有する)として唯一の類似性がそれ X.75 なるが X.75 と、です LAPB の使用 リンク層プロトコル呼ばれます。 Cisco はこの LAPB ターミナル アダプタ(LAPB-TA)を呼出し、これはサポートされます。 詳細については、「ISDN LAPB-TA」を参照してください。

Q. どの X.25 のバージョンがシスコによってサポートされていますか?

A. Cisco IOS ソフトウェアは常に X.25 バージョン 1984 をサポートしてきましたが、これは Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2 でも同じです。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.3 よりも前では、DDN または BFE カプセル化を設定する際には、使用されるバージョンは 1980 でした。 カプセル化が X.25 だった場合、使用されたバージョンはスループット値のためのバージョン 1988 の付加との 1984 年、でした。

Q. Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0 にアップグレードした後、変換が動作を停止した理由は何ですか?

A. Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.2 およびそれ以前では、標準外プロトコル識別名(PID)との変換コールは不正確に受け入れられました。 宛先アドレスは、Call User Data(CUD)を指定していない最初の変換エントリに一致していました。

この変換は、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0 でより厳密になりました。 PID を PAD(0x01000000)と呼ぶ必要があり、また CUD データは空である必要があります(変換が行われるのは PAD が 0x01000000 である場合ですが、CUD のデータ フィールドにデータが含まれている場合には行われません)。 変換行はこの値と一致する必要があります。 このことが必要であるのは、アプリケーションが着信コールをどのように処理するかを PID が参照するためです。 ケースでは、変換は PAD 機能常にです。 ルータが不正確な PID の着信コールを受信する場合、リモートホストで、アプリケーションが PAD 機能を示していないのでコールを拒否します。

PAD を参照していない着信コールを受け入れるための回避策はいくつかあります。 最も一般的な回避策は x25 default-pad コマンドです。 PID 0xC0000000 の着信コールがルータのたんぽずりへ処理された誤りが無い場合もあると仮定しないで下さい。 システムは両方ともコールを扱うさまざまな方法を示します。 これは正しく機能しますが、場合によっては X3 パラメータが交換されず、端末で読み取り不可能な文字が表示されたり、コールが切断されることがあります。

PID 問題に関してはコールが PID 0x01000F00 と受信されたら、translation コマンドで食い戻し \001.* を使用することを試みて下さい(001 はこれ 8 値です)。 すでに説明したように、この設定を使用する際の問題点に注意してください。

CUD データの部分に関しては、試み変換。 すなわち、X.25 10 食い戻しを変換して下さい。* TCP 1.1.1.1。 これにより、データ部分がどのようなものであっても、(PID が 0x01000000 である)すべての PAD コールが受け入れられます。

詳細については、「プロトコル変換と仮想非同期デバイスの設定」を参照してください。

Q. ルーティングする X.25 では何が最初に来ますか。

A. 着信コールに関してはマップ テーブルにルートテーブル上の優先順位があります。 一致するマップ PAD エントリが検出される場合、専ら加えられ、ルートテーブルは参照されません。 ルート テーブルが調べられるのは、一致するマップ エントリが見つからなかった 場合だけです。。

送信コールに関しては、インターフェイスの設定されたマップはルーティングされるできません。 他の呼び出し、内部パッドまたはスイッチドコールはすべてルーティング テーブルに入れることができます。 使用可能な最初の一致が常に使用されます。

Q. Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.2 の XOT はリリース 11.3 またはそれ以降を使用しますか。

A. Cisco IOS ソフトウェア Release 11.3 と それ以降では、コールがクリアするルータ要求時それはデフォルトの動作 End to End である切断 確認を期待します。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.2 で、復旧要求を呼出す動作は異なっています。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.2 を作ってクリアを確認します必要としますグローバル な レベルで隠しコマンド xot-confirm-svc-reset を送信 して下さい。 上のコマンドに加えて、service tcp keepalive-in および service tcp keepalive-out および xot-keepalive コマンドは両方の Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.2 および 11.3 ルータで有効に する必要があります。 これにより、終了したシングル SVC および TCP セッションがクリーン アップされます。

Q. XOT はシリアルインターフェイスで設定できるコマンドをサポートしますか。

A. 現在 XOT はこれをするインターフェイスがないので、x25 デフォルト パッドのようなコマンドを可能にしません。 ただし、XOT プロファイルは以降のリリースでサポートされます。 現時点での対象は Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2-7.T です。

Q. どのようにシリアルインターフェイスで設定される X.25 マップを再ルーティングできますか。

A. x25 map コマンドが開始しようとする X.25 コールを再ルーティングすることはできません。 ただし、X.25 Remote Failure Detection は第 2 ルータが始動に X.25 マップ目標とすることができるところに、リモート障害を検出するための興味深い機能-たとえばです。

Q. X.25 の最大速度は?

A. X.25 は最大 2 MB までサポートされています。 これよりも高速に実行できますが、高速動作を試みる場合、たとえば 34 MB の速度で 4095 の VC を処理するのに必要な処理能力を考慮する必要があります。 このような状態には悪影響が生じるため、2 MB の速度を維持することをお勧めします。

Q. ISDN 上の X.25 プロトコルを使用できますか。

A. はい、X.25 カプセル化は ISDN でサポートされています。 X.25 は、物理モードとダイヤラ モードのどちらでも設定可能です。 物理的 な モードの X.25 の設定に関する詳細については、X.25 の設定を参照して下さい。 ダイヤラモードの X.25 の設定に関する詳細については、ISDN 上のダイヤルインのためのダイナミック 多重 カプセル化を参照して下さい。 D チャネルの X.25 の設定に関する詳細については、ISDN の X.25 の設定を参照して下さい。

Q. Cisco は密接なユーザ・グループをサポートしますか。

A. はい。 詳細については、X.25 非公開ユーザ グループの設定を参照して下さい。

Q. X.25 カプセル化 ietf コマンドに関して特別な点がありますか?

A. インターネット技術特別調査委員会 (IETF)を選択することはカプセル化を RFC 1356 と対応させますleavingcisco.com

Q. プライオリティ キューイングは X.25 でサポートされますか。

A. プライオリティ キューイングとカスタム キューイングは、Cisco IOS ソフトウェア リリース 11.3 の時点で X.25 インターフェイスに対してサポートされています。 次の例では、Routing Information Protocol(RIP; ルーティング情報プロトコル)パケットが高プライオリティ キューに配置されます。

interface Serial0 
     description Connection to Packet Handler ph3.F007 port 11 
     ip address 10.10.10.1 255.255.255.0 
     no ip directed-broadcast 
     encapsulation x25 
     no ip mroute-cache 
     x25 map ip 10.10.10.2 22222 packetsize 128 128 
     x25 map ip 10.10.10.3 33333 packetsize 128 128 
     x25 map ip 10.10.10.4 44444 packetsize 128 128 
     priority-group 2 
     ! 
     priority-list 2 protocol ip high udp rip 
     priority-list 2 protocol ip low

プライオリティ キューイングに関する詳細については、プライオリティ キューイングの設定を参照して下さい。 (cq) Custom Queueing (CQ)に関する詳細については、(cq) Custom Queueing (CQ)の設定を参照して下さい。

Q. 圧縮は X.25 でサポートされますか。

A. はい、X.25 では圧縮を使用できます。 次に、例を示します。

interface Serial3/0:2 
     ip address 133.11.102.101 255.255.255.0 
     encapsulation x25 
     x25 address 3101 
     x25 map ip 133.11.102.210 3210 broadcast compress

M bit=0 が受信された時点でディクショナリはリセットされるため、X.25 VC ごとに 1 つのディクショナリが必要です。また複数の VC で、Mbit=1 であるインターリーブされた X.25 フラグメントを受信できます。 その結果必要とされるメモリは 24 kb *圧縮のための VC の数です。

圧縮アルゴリズムは各 X.25 パケットの開始時点でリセットされます。 このことは、サイズの大きいパケットが使用される場合、ペイロード圧縮がより効率的に行われることを意味します。

Q. クリアおよび診断情報はどこを参照すればよいですか?

A. すべてのオフおよび診断が標準ではないことに注目して下さい。 X.25 ほとんどのコンストラクター、か X.25 ホストは自身の診断を適用します。 これが事実である場合、適切なドキュメントを参照して下さい。 標準診断の情報に関しては、X.25 原因および診断コードを参照して下さい。

Q. 正規表現はどこを参照すればよいですか?

A. 正規表現は、X.25 ルートに関するさまざまな決定を行うための優れたツールです。 正規表現については、「正規表現」を参照してください。

Q. IP アドレスはどのように Defense Data Network (DDN)および Blacker Front End (BFE)のために変換されるか。

A. 「X.25 DDN カプセル化」および「X.25 BFE カプセル化」を参照してください。

Q. T1 正しい値を判別する方法

A. 再送信タイマー(T1)は、送信されたフレームが確認応答のない保留状態のままでいられる期間を決定します。 T1 の適切な値は、最大 X.25 パケット長(128、256、1024 など)を確認し、その値に 8 を掛け、ビット数を取得します。 続いて Kbps 単位の回線の速度で除算を行います。 これによりミリ秒単位の送信時間が得られます。 最も近いスイッチにパケットを送信するのに要する時間は、LAPB T1 値の最小値です。 無駄な再送信を回避する T1 値を得るには、「セキュリティ」係数 3 または 4 を使用します。

19.2 のキロビット毎秒の回線および 128 のバイトパケットに関しては、これは 200 ミリ秒の値の原因となります 普通値をアドバイスする X.25 ネットワーク サプライヤーが提供する情報をチェックして下さい。

送信時間を評価するのに PING を使用しないで下さい。 これにより得られるのはネットワーク全体での時間で、タイマーが適用されるリンク上の時間ではありません。

Q. X.25 はフェールオーバーをサポートしますか。

A. はい、X.25 ではフェールオーバーがサポートされています。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.1(1)T では x25 fail-over コマンドが導入されました。

Q. プロトコル変換とはどのようなものですか? また、プロトコル変換の機能に関する詳細情報はどこを参照すればよいですか?

A. プロトコル変換機能は、異なるプロトコルを実行するシステム間での透過的なプロトコル変換を実現します。 Protocol Translation 機能の Protocol Translation およびバーチャル 非同期式装置の設定を参照して下さい。


関連情報


Document ID: 18327