音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

AVVID TAC ケース: トラブルシューティング情報の収集

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

シスコ テクニカル サポートに問題を開示する場合、より良い方法で問題を特定および限定するための予備情報が必要です。 この情報の一部は常に必要です。

他の情報は問題の性質によって異なります。 ケースをオープンした後情報を収集するようにエンジニアまで要求すれば待っている、により解決結果の遅延を引き起こします。

この資料は問題の種類に関してそれがエンジニアにすぐに提供することができるように必須予備情報を識別したものです。 この資料はまた同一 の データの反復的なテストおよび記憶を避けるために情報がテクニカルサポート エンジニアのために収集されるとき続くことができる一般指標を提供したものです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

一般的なガイドライン

このセクションはさまざまなツールのためのガイドラインを、製品定義し、AVVID テクニカルサポートケースを解決するために複雑処理します。

テクニカルサポートサイト エリア

テクニカルサポートサイト エリアはよくある 問題を分析し、ソリューションを提供するためにエンジニアが書いているツールおよび技術文書の詳しい収集が含まれています。 Technical Support Training Resources は接続およびさまざまなセミナーを学ぶ Cisco を含むさまざまなトレーニング リソースへのリンクが含まれています。

テクニカル サポートに連絡する前に音声 技術 サポートおよび音声とユニファイド コミュニケーション 製品サポートページを表示して下さい。

Ciscoサポート コミュニティ

シスコ サポート コミュニティは、質問、回答、推奨事項の共有、および仲間との協調作業が行えるフォーラムです。 テクニカル サポートに連絡する前にコラボレーション、音声およびビデオ コミュニティを表示して下さい。

Cisco.com ケース

連絡先テクニカル サポートを通してケースをオープンするとき、他のすべてのケース オープン メソッド上の優先順位を与えます。 ケースをオープンし、追うために Web を使用することを確かめて下さい。 高優先順位ケース(P1/P2)はこのルールへ例外です。

注: 選択がその説明に基づいている複数の URL が表示されると同時に Cisco.com 例をオープンするとき問題の正確な説明を提供することは重要です。 多くの場合それらが即時 の ソリューションを与えることができるので連絡するためにテクニカルサポート エンジニアを待っている間、これらのリンクの各自に従って下さい。

添付ファイル

より 100 Kb が ZIP にされる必要がある主として文書化します。 ケースに文書を接続し、E メールによってエンジニアにそれを送信できます。 そうするために、Webベース アップデートをテクニカルサポートケース オプション使用して下さい。

リモート アクセス

注: ダイヤルインを設定するとき、ログオンを使用しないで下さい: ciscoパスワード: それらが脆弱性を構成するように cisco

問題はテクニカルサポート エンジニアがこれらのメソッドの 1 つによってデバイスにリモートアクセスすることを許可するとき迅速に解決することができます:

リモートアクセスは HTTP (80) リモートポート、および Telnet (すべての関連する機器への 23) リモートポート セッション ターミナルサービス(3389) リモートポートを開始する機能を提供する必要があります。

ファイアウォールがエンジニアの介入の間に Cisco IOSソフトウェア トラフィックおよび PIX トラフィックを妨げないこと、そしてすべての必要なサービス、ターミナルサービスのようなことを確認するために特別な注意を、開始しますサーバで注意して下さい。

すべてのアクセス情報は細心の注意を払って処理され、システムへの変更を顧客の同意なしでは行いません。

スニファートレース

スニファートレースは設定される Catalystポートのラップトップまたは他の Sniffer装備デバイスの接続によって驚くべき情報が含まれている XL-IOS)に、VLAN かポート(CatOSCat6K-IOS 及ぶために一般的に収集することができます。 フリーポートが利用できない場合、もう一つの可能性はスイッチとデバイスの間で挿入されるハブの Sniffer装備デバイスを接続することです。

注: IP テレフォニーにおいての問題に関しては、Cisco IP Phone の背部を離れて PCポートにスニファーを接続して下さい。

注: Cisco テクニカル サポートで広く利用されていると同時に Sniffer Pro ソフトウェアの助けによって収集をトレースできます。 それはまたエンジニアによってトレースの理解および解釈を促進します。 、のような、IP 電話含まれる、すべての機器 ゲートウェイおよび Cisco Unified CallManager の IP か MAC アドレスを述べて下さい。

デバッグ

注: オペレーション時間の間のライブ環境のデバッグの収集は避ける必要があります。 デバッグが働かない時間の間に収集されることは望ましいです。 それらがライブ環境で集められなければならない場合 no logging console および logging buffered コマンドを発行して下さい。 デバッグを収集するために、show log コマンドを発行して下さい。

Cisco IOSソフトウェア 音声ゲートウェイ デバッグを実行する前に、ゲートウェイの service timestamps debug datetime msec コマンドをグローバルに設定することを確かめて下さい。

いくつかのデバッグは非常に冗長です。 従って、コンソールポートでそれらを直接集めて下さい(バッファ(ロギングバッファ)のデフォルト logging console または。 Telnetセッションにそれらを集めればそれはデバイスのパフォーマンスの影響があり、結果として生じるデバッグは不完全である場合もあります。 これはそれらを思い出す必要という結果に終ります。

CallManagerトレース

Cisco CallManagerトレースは IP テレフォニー問題を解決するのに使用されるプロセスで非常に重要です。 Cisco CallManagerトレースを収集するガイドラインに関しては Cisco テクニカル サポートのためのセットアップ Cisco CallManagerトレースを参照して下さい。

統計情報に電話をかけて下さい

Cisco IP Phone 79xx の電話統計情報を得るためにアクティブ コールの間に I ボタンを二度押して下さい。

また Cisco CallManager Administration ページ内の「QRT」サービスを設定し、このサービスを電話を定期講読できます。 詳細については、電話問題レポート ビューアを参照して下さい。

一般的なトピック

問題を再生し、情報を生成 するためにテストを実行するときこのデータはこの問題を理解して重大です:

  • 発信者番号/呼出 し 番号。

  • 他特定のシナリオのロールと共に含まれる数。

  • コールは H.323 ゲートウェイか Media Gateway Control Protocol (MGCP) ゲートウェイから送信されるかどうか。

  • 問題は PSTN に出入する着信/発信呼び出しか IP Phone への IP Phone で直面するかどうか。

  • コール時間—すべての機器の時刻の同期は重要です。

標準的な必要情報

すべての問題に関しては、情報は Cisco テクニカル サポートに提供される常に必要があります。 またケースをオープンした上でそれ以上の使用のためのこの情報を収集し、保存する必要があります。 さらに、あらゆる変更とそれを定期的にアップデートする必要があります。

ネットワーク レイアウト

これは物理的 で、論理的なセットアップの詳細な説明、また音声ネットワークに関連するすべてのネットワーク要素です(該当する場合)。

  • Cisco CallManagerバージョン(CCMAdmin > 詳細)、あらゆるサービス パッチ、CallManager の数、セットアップ(、クラスタ スタンドアロン)

  • Cisco Unity —バージョン(主要な管理者ページ)、統合タイプ

  • アプリケーション—バージョン

  • IP/Voice ゲートウェイ— Operating System (OS)バージョン、show tech コマンド(Cisco IOSゲートウェイ)、CM ロード(Skinnyゲートウェイ)、H.323 または MGCP

  • switch — OS バージョン、VLAN構成

  • ダイヤル プラン—ナンバリングスキーム、呼ルーティング

理想的には、可視か他の詳しいダイアグラムは、JPG のような、入る必要があります。 ダイアグラムはまた Cisco Live を通して提供することができます! ツールのホワイトボードの使用のセッション。

問題の説明

問題が発生するときユーザによって実行された操作のステップバイステップ詳細を提供します。 詳細な情報は下記のものを含む必要があります:

  • 予期された動作

  • 詳しい観測 された 挙動

一般情報

このすぐに利用できる情報 ニーズ。

  • これは新しいインストールありますか。

    • それが古いインストールである場合、この問題はインストールされてから発生しましたか。

      • そうでなかったら、システムへのどんな変更が最近行いましたか。

  • 問題は再生可能ですか。

    • 再生可能である場合、標準か特殊事情のもとでありますか。

    • それが再生可能ではない場合、によって発生する時間について特別な何でもありますか。

    • 発生の周波数とは何か。

  • 影響を受けたデバイスとは何か。

    • 特定ならデバイス影響を受けています(ランダム)、公有地で何が持っていますか。

  • コール パスにどんなデバイスがあります(該当する場合)か。

問題のタイプおよび特定の必要情報

問題の種類およびテクニカル サポートにケースを入れるために必要な仕様情報でこのセクションが情報を提供します。

注: これらの表の影で覆われた領域は Cisco テクニカル サポートにケースを入れるとき情報を示します必要である。

CallManager: System/OS

この情報を提供します:

  System/OS
開始していないサービス 高CPU Event Log エラー システム クラッシュ/フリーズ メモリリーク
イベントログ(アプリケーション/sys/秒) ?     ?  
IIS および Ciscoサービス ステータス ?   ?    
パフォーマンスモニタ ログ(MS - Q248345) leavingcisco.com   CPU パーセント カウンター   CPU パーセントおよびメモリ カウンター メモリ カウンター
コモン ソフトウェア バージョン、インストール済みサービスパック、追加項目、熱い修正、パッチ
追加情報     RED X'ed エラー    

CallManager: 管理

この提供される情報 ニーズ:

  Cisco CallManager の管理
CCMAdmin へのアクセス 設定
イベントログ(アプリケーション/sys/秒) ?  
IIS および Ciscoサービス ステータス ?  
IIS ログ ?  
DBL トレース   ?
コモン ソフトウェア バージョン、インストール済みサービスパック、追加項目、熱い修正、パッチ
追加情報    

CallManager: コール処理/シグナリング

この提供される情報 ニーズ:

1 コールを行い、同時にこの表に基づいてすべての十分な情報を収集して下さい。 この資料のデバッグ セクションの一般指標に従って下さい。

  Cisco CallManager: 呼処理確立/ドロップ
IP Phone 1 への IP Phone MGCP ゲートウェイ 2 Skinnyゲートウェイ 3 H.323 ゲートウェイ 4
デバッグ show version IOS Gateway   IOS Gateway
show run IOS Gateway   IOS Gateway
Cisco CallManager のトレース 含まれるすべての Cisco Unified CallManager
cch323 h225     IOS Gateway
音声 ccapi inout     IOS Gateway
mgcp すべて IOS Gateway    
ISDN Q931     プライマリレート Interface(PRI)の IOS Gateway
vtsp すべて IOS ゲートウェイ Foreign Exchange Station (FXS)   R2、チャネル連携信号 (CAS)、または FXS の IOS Gateway
vpm すべて IOS gateway/FXS   R2、CAS、または FXS の IOS Gateway
      <->gateway IOS 以外のゲートウェイ トラフィック Cisco Unified CallManager
コモン 発信者番号、呼出 し 番号、コール時間含まれる、他の番号観測 された 挙動

注: 複数のデバッグを収集するとき、それらをすべて同時に集めて下さい。

追加情報      

1 IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager —スキニー プロトコル— IP Phone

2 IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager — MGCP protocol — MGCP gateway — PSTN

3 IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager —スキニー プロトコル— Skinnyゲートウェイ— PSTN

4 IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager — H.323 — H.323 gateway — PSTN

CallManager: 単方向音声

この提供される情報 ニーズ:

1 コールを行い、同時にこの表に基づいてすべての十分な情報を収集して下さい。 従いますデバッグ一般指標に確認して下さい。

    CallManager: 一方通行の音声
IP Phone 1 への IP Phone MGCP ゲートウェイ 2 Skinnyゲートウェイ 3 H.323 ゲートウェイ 4
デバッグ show version   IOS Gateway   IOS Gateway
show run   IOS Gateway   IOS Gateway
CallManagerトレース ゲートウェイの減衰設定
cch323 h245       IOS Gateway
cch323 rtp       IOS Gateway
音声 ccapi inout       IOS Gateway
mgcp パケット   IOS Gateway    
vtsp すべて   IOS Gateway   IOS Gateway
show call active voice brief       IOS Gateway PRI 上のコールなら、FXS、取扱い区域外 Office(FXO)
  RxCnt の 7960/7940 の現在動作、TxCnt、RxLost、MaxJtr
  音声エンドポイントとエンドポイント <->CallManager 間のトラフィック
コモン 発信者番号、呼出 し 番号、コール時間含まれる、他の番号観測 された 挙動

注: 複数のデバッグを収集するとき、それらをすべて同時に集めて下さい。

追加情報 どのパーティがオーディオを聞きませんか。 単方向音声は常置ですか。 そうでなかったら、それはコールの起動で起こりますか。 しばらくするとか。 どの位それは持続しますか。

1. IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager —スキニー プロトコル— IP Phone

2. IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager — mgcp — MGCP gateway — PSTN

3. IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager —スキニー プロトコル— Skinnyゲートウェイ— PSTN

4. IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager — H.323 — H.323 gateway — PSTN

CallManager: Echo

この提供される情報 ニーズ:

1 コールを行い、同時にこの表に基づいてすべての十分な情報を収集して下さい。 この資料のデバッグ セクションの一般指標に従って下さい。

   
IP Phone 1 への IP Phone MGCP ゲートウェイ 2 MGCP ゲートウェイ 3 MGCP ゲートウェイ 4
show version   IOS Gateway   IOS Gateway
show run   IOS Gateway   IOS Gateway
CallManager 構成 ゲートウェイの減衰設定
show call active voice   (トーンテスト間) IOS Gateway   (トーンテスト間) IOS Gateway
show port voice active     (トーンテスト間) Catalyst 6000  
  音声エンドポイントとエンドポイント <-> Cisco Unified CallManager 間のトラフィック
コモン 発信者番号、呼出 し 番号、コール時間含まれる、他の番号観測 された 挙動

注: 複数のデバッグを収集するとき、すべてを同時に集めて下さい。

追加情報 どのパーティがエコーを聞きますか。 エコーは常置ですか。 そうでなかったら、それはコールのはじめに起こりますか。 しばらくするとか。 どの位それは持続しますか。 それは長くか短いエコーですか。 それまたは下位は大声でありますか。

1 IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager —スキニー プロトコル— IP Phone

2 IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager — mgcp — MGCP gateway — PSTN

3 IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager —スキニー プロトコル— Skinnyゲートウェイ— PSTN

4 IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager — H.323 — H.323 gateway — PSTN

CallManager: 部分的に最適化された音声クオリティ

この提供される情報 ニーズ:

1 コールを行い、同時にこの表に基づいてすべての十分な情報を収集して下さい。 この資料のデバッグ セクションの一般指標に従って下さい。

  Cisco CallManager: 部分的に最適化された音声クオリティ
IP Phone 1 への IP Phone MGCP ゲートウェイ 2 MGCP ゲートウェイ 3 MGCP ゲートウェイ 4
show version   IOS Gateway   IOS Gateway
show run   IOS Gateway   IOS Gateway
Cisco CallManager のトレース 含まれるすべての Cisco Unified CallManager
CallManager 構成 ゲートウェイの減衰設定
show call active voice | 株式会社 LOS       IOS Gateway PRI 上のコールなら、FXS、FXO
  RxCnt の 7960/7940 の現在動作、TxCnt、RxLost、MaxJtr
  音声エンドポイントとエンドポイント <-> Cisco Unified CallManager 間のトラフィック
コモン 発信者番号、呼出 し 番号、コール時間含まれる、他の番号観測 された 挙動

注: 複数のデバッグを収集するとき、それらをすべて同時に集めて下さい。

追加情報 どのパーティが最適でないオーディオを聞きますか。 問題は常置ですか。 そうでなかったら、それはコールのはじめに起こりますか。 しばらくするとか。 どの位それは持続しますか。

1 IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager —スキニー プロトコル— IP Phone

2 IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager — mgcp — MGCP gateway — PSTN

3 IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager —スキニー プロトコル— Skinnyゲートウェイ— PSTN

4 IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager — H.323 — H.323 gateway — PSTN

CallManager: アップグレード または インストール 失敗

このアップグレード または インストール 失敗の場合には提供される情報 ニーズ:

  • Cisco Unified CallManager のオリジナルバージョン

  • アップグレード/インストール バージョン

  • プロセスの間に現われたエラーメッセージ

これらのパスの下でログを集めて下さい:

  1. C:\ *.log

  2. C:\ *.txt

  3. C:\Winnt\sti *.*

  4. C:\dcdsrvr\log\ *.*

  5. C:\Install\DBInstall\ *.*

  6. C:\Program Files\Common ファイル\ Cisco \ログ\ *.*

これがサービスパックまたは特別なインストールを設計することである場合、ファイル C:\Program Files\Cisco\ciscoupdate.txt を含んで下さい。

CallManager: Backup ユーティリティ

この提供される情報 ニーズ:

  • Cisco CallManagerバージョン

  • C:\Winnt\sti *.txt

  • C:\Winnt\Catalog.txt

Backup ユーティリティ アイコンのこのファイル、右クリックを画面の一番下右上隅で作成し、バックアップのカタログを『Create』 を選択 するため。

CallManager: その他

この提供される情報 ニーズ:

  Cisco CallManager: その他
1 つを再登録する IP 電話/登録を解除すること 1 つをリブートする IP 電話
Cisco CallManager のトレース 含まれるすべての Cisco Unified CallManager
  Cisco Unified CallManager と IP 電話間のトラフィック
コモン 複雑な電話の IP および MAC アドレス
追加情報 電話はどのように動力を与えられる(インラインパワーか外部電源装置)か。

1. IP Phone —スキニー プロトコル— CallManager

アプリケーション: アテンダント コンソール

ケースをオープンする前に、Cisco CallManager Attendant Console FAQ を参照して下さい。

これらの情報を収集して下さい:

  • Cisco CallManagerバージョン

  • アテンダント コンソール バージョン

  • パイロット ポイント DN、順序でハント グループ メンバー

  • サーバ側から、C:\ProgramFiles\Cisco\CallManagerAttendant\ にある完全なログ フォルダを提供して下さい

  • すべての関係するCallManager からの Cisco CallManagerトレース

  • すべての複雑な Cisco Unified CallManager からのコンピュータ テレフォニー インテグレーション (CTI)トレース

  • Telephony Call Dispatcher (TCD)はすべての複雑な Cisco Unified CallManager からトレースします

  • クライアント側から、で見つけられるログを提供して下さい:

    • C:\ProgramFiles\Cisco\CallManager Antendant コンソール\ *.txt

    • C:\ProgramFiles\Cisco\CallManager Antendant コンソール\ jtapi \ *.txt

    • クライアントにログイン するのに使用される USERID

注: クライアント側に関しては、このパスはインストールの間にデフォルトパスを選択したときだけ有効です。 これが事実ではない場合、選択したパスの C:\ProgramFiles\ を代わりにして下さい。

アプリケーション: Customer Response Solutions (CRA/CRS、Cisco Unified Contact Center Express、IP AutoAttendant、ICD)

トレース マスクのための:

  • AutoAttendant: SS_TEL

  • ICD: SS_RM、SS_CM、SS_TEL、SS_RMCM、ICD_CTI、ICD_RTDM、STEP_ICD

  • エクステンションモビリティ: GENERAL_STEPS*、LIB_LDAP、CCNUSER_STEPS*、SS_HTTP*、LIB_DIRECTORY*

*利用可能 な全額… /CRS バージョンだけ。

アプリケーション: 問題固有の必須情報

管理レポートツール(ART)

ART サーバで、これらのアプリケーション、システムおよびセキュリティイベント ログを得て下さい:

  • ErrorLog.txt — C に置かれる: /ciscowebs/art

  • ARTSchError.log — C に置かれる: /ciscowebs/art/SchedulerService

  • ARTSchOutput.log — C に置かれる: /ciscowebs/art/SchedulerService

  • wrapper.properties — C に置かれる: /ciscowebs/art/SchedulerService

Tool for Auto-Registered Phone Support (TAPS)

これらのログは TAPS のために生成されます:

  • C:\CiscoWebs\BAT\Taps\TAPSTrace.txt

  • C:\CiscoWebs\BAT\Taps\LogFiles\Taps ログ file.txt

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 18281