音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

0 でオペレータにダイヤルするための Cisco CallManager の設定

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、0 をダイヤルしてオペレータにつながるように Cisco CallManager を設定する手順について説明します。 同様の設定で、受付や代表番号へのスピード ダイヤルを設定することも可能ですが、オペレータにつなぐには 0 をダイヤルするのが一般的です。 このドキュメントでは、この状態を可能にするための設定方法を説明します。

前提条件

要件

この ドキュメント を 読む人はこのトピックのナレッジがある必要があります:

  • Cisco CallManager の設定に関する一般的な知識

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco CallManagerバージョン 3.x および 4.0

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

0 の設定

次の手順を実行します。

  1. Route Plan > Route Plan Report の順に選択 し、他のパターンがないことを確認して下さい 0 と開始する(ゼロ)。

  2. 次に Route Plan > Translation Pattern > Add New Translation Pattern の順にクリックします。

  3. Translation Pattern 0 を作成し、Called Party Transform Mask にオペレータの電話番号を指定します。 変換パターン コンフィギュレーションウィンドウの例では、4001 はオペレータ番号です。

    注: Cisco Unified CallManager 4.0 によってデフォルト値で残すことができる接続されたパーティ変換あります、および MLPP 優位のような余分オプションが。

    /image/gif/paws/18007/Config_0_Operator-a.gif

  4. 変換パターン コンフィギュレーションウィンドウ例は Calling Search Spaces または配分がないことを前提しています。 ただし、多くの場合、これらが利用されています。

    一般の経験に基づく方法は変換パターンのための Calling Search Space が呼出される電話のディレクトリ番号のパーティションが含まれているようにすることです。 このためには、Calling Search Space フィールドのドロップダウン メニューから test を選択します。

    Config_0_Operator-b.gif

  5. 電話ディレクトリ番号 4001 はパーティション 2.と呼ばれるパーティションに属します。 従って、Calling Search Space、テスト、パーティション 2.を含む必要。

    注: Cisco Unified CallManager 4.0 に関しては画面は MLPP 交替パーティ設定のような追加オプションが、複数のコール/デフォルトとして残すことができるコール ウェイティング設定、等含まれています。

    /image/gif/paws/18007/Config_0_Operator-c.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 18007