アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco LocalDirector 400 シリーズ

LocalDirector の基本的なトラブルシューティング

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


Cisco では、Cisco LocalDirector の販売終了を発表しています。 詳細については、LocalDirector 400 シリーズの「サポート終了と販売終了のお知らせ」および「製品速報」を参照してください。


目次


概要

このドキュメントでは、仮想サーバまたは実サーバの 1 台(またはそれ以上)が LocalDirector(LD)上で動作していない場合のトラブルシューティング コマンドおよび情報について説明します。

はじめに

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • LD-416、ソフトウェア 4.2.2

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

コマンド

デバイスを解決するこれらのコマンドを使用して下さい:

  • show virtual —適切なプロトコルの仮想サーバをすべて、IP アドレスまたはポート見、インサービスです(state=is)か。

  • show real —適切なプロトコルの実サーバをすべて、IP アドレスまたはポート見、インサービスすべてにありますか。 最後の 3 つのカラムのカウンターのうちのどれかがゼロ以外ですか。

  • show bind —適切な reals に仮想 な限界を見ますか。 ポートを、場合規定 された確かめて下さい、正しくであって下さい。 仮想 な、実質ポートが同じではない場合、ポート変換は実行された、従ってこれが意図されていたものがであることを確かめて下さい。

  • ping —実質それぞれのために繰り返して下さい。

  • show arp — LD で。 実質 IP アドレスはすべてデフォルト ルータの IP アドレスより異なるインターフェイスに出て来ますか。 そうでなかったら、トポロジーを再評価する必要があります。 : バーチャルにアクセスするマシンはと同じインターフェイスでのそのバーチャルに結合 される reals あるなりません。

  • show arp — LD のデフォルトルータで。 すべての仮想サーバは LD の MAC アドレスと示しますか。 そうでなかったら、トポロジーをチェックして下さい。 show arp コマンドのために同じトラブルシューティング の 手順を使用して下さい。

  • show weight —実サーバのうちのどれかが 0 のウエイトを示しますか。 これはアウト オブ サービスと同じです。

  • サービスに再び失敗されて、持って来られているように show syslog — 実サーバのうちのどれかが検知 しますか。 その場合、どういうわけでか。 デフォルトルータからの TCP 仮想サーバ、Telnet または仮想 なか実質文で設定されるポート番号を使用して仮想アドレスへのルータの背後にあるデバイスに関しては。 実質が応答しない場合、LD はアウト オブ サービス なそれをすぐに奪取 します。


関連情報


Document ID: 18005