ユニバーサル ゲートウェイとアクセス サーバ : Cisco AS5200 シリーズ ユニバーサル アクセス サーバ

AS5200 および AS5300 シリーズ ルータのハードウェア トラブルシューティング

2015 年 3 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 12 月 1 日) | 英語版 (2014 年 11 月 1 日) | フィードバック


対話式: この文書では、個別のユーザに合わせたシスコ デバイスの分析を行います。


目次

LED

概要

実際には正常に機能しているハードウェアを交換することで、貴重な時間とリソースが無駄になることがよくあります。 この文書では、シスコ AS5200 およびシスコ AS5300 シリーズのルータにおいてよく起きるハードウェアの問題の解決と、それが本当にハードウェアの問題なのかどうかを判別するための方法を紹介します。 この文書では、ハードウェアの問題とよく誤解されるものを除いて、ソフトウェア関連の不具合に関する問題は取り扱いません。 AS5200 および AS5300 シリーズにインストールされているモジュールやコントローラ カードの特定に関する詳細については、『Identifying the Controllers and Modem Hardware On AS5xxx Platforms』を参照してください。

前提条件

要件

この文書を読む前に、『トラブルシューティング:ルータのクラッシュ』を読むことを推奨します。

使用するコンポーネント

この文書内の情報は、すべてのシスコ IOS(R)ソフトウェアのバージョンを実行するすべての AS5200 および AS5300 シリーズのルータを網羅します。 AS5350 シリーズのルータは扱いません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ハードウェアとソフトウェアの互換性およびメモリ要件

新しいカード、モジュール、または Cisco IOSソフトウェアイメージをインストールする時はいつでも、ハードウェア および ソフトウェアが機能と互換性があることアクセス サーバは十分なメモリがある、使用したいことを確認することは重要であり。

次の推奨手順を実行して、ハードウェアとソフトウェアの互換性とメモリ要件を確認してください。

  1. Software Advisor ツール登録済みのお客様専用)を使用して、ご使用中のネットワーク デバイス用のソフトウェアを選択します。

    ヒント:

    • " Software Support for Hardware " セクションは(登録ユーザのみのために利用可能 な)インストールされるモジュール および カードが望ましい Cisco IOS ソフトウェア バージョンによってサポートされるかどうか確かめるのを助けます。

    • " Software Support for Features " セクションは(登録ユーザのみのために利用可能 な)設定したい機能の種類の選択によって必要とされる Cisco IOSソフトウェアイメージを判別するのを助けます。

  2. Cisco IOS ソフトウェアまたは Cisco IOS ソフトウェア イメージのダウンロードに必要な最低限のメモリ量(RAM およびフラッシュ)をチェックするには、Download Software Area登録ユーザ専用)を使用してください。 ルータ装備のメモリ量(RAM およびフラッシュ)を判別するには、『メモリ要件』を参照してください。

    ヒント:

    • ルータ上で現在稼働しているバージョンと同じ機能を維持する必要があるものの、使用している機能セットが分からない場合は、ルータ上で show version コマンドを入力し、これをアウトプットインタープリタ登録ユーザ専用)ツールにペーストして確認してください。 特に最新のソフトウェア機能を使用しようとする場合は、機能サポートについて確認することが重要です。

    • Cisco IOS ソフトウェア イメージを新しいバージョンまたは機能セットにアップグレードする必要がある場合、詳細は、『Cisco IOS ソフトウェア リリースの選択方法』を参照してください。

  3. Cisco IOS ソフトウェア アップグレードが必要となることを判別したら、Cisco AS5200 のためのソフトウェアインストールおよびアップグレード手順AS5300 のためのソフトウェアインストールおよびアップグレード手順に続いて下さい。

エラー メッセージ

システム ソフトウェアはコンソールにオペレーションの間にエラーメッセージを(、オプションで、別のシステムのログ収集サーバに)送信 し。 すべてのシステム エラー メッセージがシステムにおける問題を示唆しません。 一部は単に情報を提供して、他の人々はコミュニケーション・ライン、内部ハードウェア、またはシステム ソフトウェアにおける問題の診断を助けるかもしれません。 また、いくつかのエラーメッセージがとシステム クラッシュ現れます。

Cisco IOS システム エラー メッセージの詳細については資料 Cisco IOS システム エラー メッセージを参照して下さい。

エラー メッセージ デコーダ登録ユーザのみ)ツールはエラーメッセージの意味を確認することを可能にしましたり資料にそのエラーメッセージについての広範な トラブルシューティング情報を提供する、もし可能であれば、リンクおよび推奨 処置を(もし必要なら)提供します。

エラー メッセージは通常、次の形式でシスコ製品のコンソールに表示されます。

%XXX-n-YYYY : [text]

次にエラー メッセージの例を示します。

Router# %SYS-2-MALLOCFAIL: Memory allocation of [dec] bytes failed from [hex], 
pool [chars], alignment [dec]  

問題の特定

直面する問題はハードウェアのような多くのファクタによってケーブル、telco、設定、等、ソフトウェア引き起こされる、かもしれないので、各オプションを隔離し、確認することは重要です。 このセクションはいくつかのよく見られる現象および適切な決定手順を記述します。

情報の収集

問題の原因を特定するための最初のステップは、その問題について可能な限り多くの情報を収集することです。 問題の原因を特定する上で不可欠な情報には、次のようなものがあります。

  • コンソール ログ(詳細については、コンソール接続のための正しい端末エミュレータ設定値の適用を参照して下さい)

  • syslog 情報 - ルータが syslog サーバにログを送信するように設定されている場合は、何が起こったかについての情報を取得できる場合があります。

    詳細については、資料 Resource Manager Essentials および Syslog 分析Syslog セクションのための Ciscoデバイスを設定する方法を参照して下さい: 手引き』)を参照してください。

  • show tech-support コマンド の 出力- show tech-support コマンドは show versionshow running-config および show stacks を含む多くの異なったコマンドのコンパイルです。 TAC エンジニアにハードウェア問題のトラブルシューティングを依頼する場合は、通常、この情報が必要です。 リロードかパワーサイクルをする前に show tech-support 情報を収集することは重要ですこれらの操作が問題についてのすべての情報を失います場合があるので。

  • ルータでブート エラーが発生する場合は、ブートアップ シーケンスを実行します。

Ciscoデバイスからの show コマンドの出力が(を含む show tech-support)あれば、潜在的な問題 および修正を表示するのに使用できます。 使用するには、登録ユーザとしてログインし、JavaScript を有効にしている必要があります。

紛らわしい症状

実際にはそうではないのに、ハードウェアの問題として誤解することがある場合があります。 中でも一般的なものは、ルータが反応を中断または「ハング」した場合や、または新しいハードウェアを導入したときに障害が起きた場合です。 これらのよく誤解される現象については、次の説明およびトラブルシューティング ステップを参考にしてください。

症状 推奨処置
ルータの電源を入れても LED が点灯しない。 電源プラグがきちんと差し込まれているかどうかをチェックします。 それでも問題が解決しない場合、電源を交換します。 それでも問題が解決しない場合は、ルータを交換してください。
ルータの電源を入れた後 LED が点灯するが、コンソールに何も表示されない。 ルータに PC かターミナルを接続するために次の手順に従って下さい:
  1. ボー レートが 9600bps に設定されていることを確かめます。 詳細についてはコンソール接続のための正しい端末エミュレータ設定値の適用を参照して下さい。
  2. 次のコンソール ポートのデフォルト特性に一致するように、PC または端末のボー レートと文字フォーマットを設定します。 9600 ボー、8 データビット、1 つのストップ・ビット、No parity。
  3. ステップ 3 :供給されたロールオーバー ケーブルを使用して、RJ-45 コネクタをコンソール ポートに挿入してください。
  4. 同梱されていた RJ-45-to-DB-9 メス型 DTE アダプタを PC に接続します。または適切なアダプタを端末に接続します。
  5. 同梱されていたロールオーバー ケーブルのもう一方の端を、接続したアダプタに挿入します。 ケーブルおよびコネクタに関する詳細についてはコンソール および AUX ポートのためのケーブリング ガイドを参照して下さい。
  6. ステップ 6 :PC あるいは端末をご使用中の場合、端末エミュレーション プログラムを実行してください。
解決しない場合、コンソールへの接続に使用されている機器が適切に作動していることを確かめます。 これを行うには、正しく動作することが分かっているルータにコンソール装置を接続し、その動作を確認します。 この装置のテストに成功しても問題が解決しない場合は、ルータを交換してください。
ルータが ROMmon でブートする。 コンソールにはエラー メッセージは表示されない。 コンフィギュレーション レジスタを 0x2102 に設定し、ルータをリロードします。
rommon 1 > confreg 0x2102
rommon 2 > reset 
ルータが ROMmon のままである場合、次の文書に記述された手順に従います。
ルータがシステム ブートストラップのバージョンを表示したところでハングするか、ブート ループに入る。
ROM: 
System Bootstrap, 
Version 12.0(2)XD1, 
EARLY DEPLOYMENT 
RELEASE SOFTWARE (fc1) 
Copyright (c) 1994-1996 
by cisco Systems, Inc. 
メモリが適切に固定されていない可能性があります。 まず、適切な静電気保護を使用して、シングル インライン メモリ モジュール(SIMM)を再固定(取り外してから再度差し込む)してください。 それでもルータが起動しない場合、ルータを交換します。 ダイナミックRAM(DRAM)SIMM の位置に関する情報は、AS5200 はここ、AS5300 はここで見ることができます。
正常に動作したあと、ルータが突然ハングするか、または応答を中断する。 これはソフトウェアの問題である可能性があります。 つまり、コンソール画面が特定の箇所で停止します。 hangs 必ずしもハードウェア上の問題ではないし、ほとんどの場合、それらはソフトウェア上の問題です。 ご使用のルータにルータ ハングが発生している場合、『トラブルシューティング:ルータがハングする場合』を参照してください。
ルータはブートモードで起動します; コンソールにはエラー メッセージは表示されない。 コンフィギュレーション レジスタを 0x2102 に設定し、ルータをリロードします。 リロードの前に実行中の構成を保存する必要はありません。
router(boot)#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  
End with CNTL/Z. 
router(boot)(config)#config-register 0x2102 
router
(boot)(config)#end 
router(boot)#reload 
System configuration has been modified. 
Save? [yes/no]: no 
Proceed with reload? [confirm] 

注: config-register コマンドは、NVRAM に保存されない唯一のシスコ IOS ソフトウェア設定コマンドです。 これによってただちにコンフィギュレーションレジスタは変更されますが、次のブートの間のみ有効です。

ルータはブート モードで起動し、次のメッセージがコンソールに表示される。
device does 
not contain a valid 
magic number 
boot: 
cannot open "flash:" 
boot: 
cannot determine 
first file name on 
device "flash:" 
フラッシュするは空ですまたはファイルシステムは破損しています。 有効なイメージをフラッシュにコピーします。コピー中に、古いフラッシュを消去するように求められます(もしあれば)。 その後、ルータをリロードします。 フラッシュするに正しいイメージをコピーする方法に関する説明に関しては AS5200 および AS5300 についてはソフトウェアインストールおよびアップグレード手順を参照して下さい。
新しいネットワーク モジュールが認識されない。 Software Advisor ツールを調べて、お使いの IOS ソフトウェアのバージョンが新しいカードまたはモジュールをサポートしていることを確認します。

ブート エラーはルータでインストールされている Cisco IOS ソフトウェア バージョンによってサポートされないハードウェアの結果である場合もあります。 ルータがハードウェアをサポートする最小必須 Cisco IOS ソフトウェア バージョンを実行していることを確かめるのに Software Advisor登録ユーザのみ)ツールを使用して下さい。

パケット損失

ハードウェアの不具合が引き起こすパケットの損失は容易に特定することができます。 次のセクションでは、パケットの損失を特定するために、show interfaces コマンドの出力を使用します。

巡回冗長検査(CRC)エラーとフレーム エラー

サイクリック冗長性検査エラーまたはフレーム エラーがインターフェイスにおいて絶えず増加する場合、通常、ハードウェアに不具合があることを示しています。

router#show interface ethernet 0 
     Ethernet0/0 is up, line protocol is up 
     ... 
          121 input errors, 102 CRC, 19 frame, 0 overrun, 0 ignored 

例外は、CRC およびフレームのエラーがチャネライズド インターフェイスに見られる場合です。これは、クロッキングの問題も同様に示している可能性があるためです。 エラーを引き起こす不具合は、ケーブル、中間デバイス、インターフェイスそのものなど、接続された 2つのインターフェイスの間のどこにでもある可能性があります。 トラブルシューティングの方法は、インターフェイスの種類によってわずかに異なります。

シリアル インターフェイス

シリアル回線の問題のトラブルシューティング』の「シリアルライン:シリアルライン入力エラーのトラブルシューティング」セクションを参照してください。

T1 行のトラブルシューティングを実行するための資料 T1 トラブルシューティング フローチャートを参照して下さい。

イーサネット インターフェイス

イーサネット インターフェイスに関しては、共有環境(デバイスがハブを通して接続されている)と切り換え環境(デバイスが切り換え器に接続されている)とで解決方法が異なります。

スイッチ環境では、エラーの原因となる可能性があるのは、次の 5 つのコンポーネントだけです。

  • ケーブル

  • ローカル インターフェイス(ポート)

  • リモート インターフェイス(ポート)

  • スピード

  • 二重モードのミスマッチ

そのため、トラブルシューティング手順は簡単です。 たとえば、ルータが切り換え器に接続されている場合、ステップは次のようになります。

  1. ケーブルを交換します。

  2. それでも問題が解決しない場合は、スイッチ上の他のポートを使用してみます。

  3. まだ問題が残っている場合、ルータを交換します。

共有環境では、問題の原因を見つけるのはより難しくなります。 共有セグメントを構成しているすべてのハードウェアが原因となる可能性があります。 したがって、すべてのコンポーネント(ケーブル、コネクタ、その他)をひとつひとつテストしなければなりません。

無視されたパケット

router#show interface ethernet 0 
      Ethernet0/0 is up, line protocol is up 
      ... 
       21 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 21 ignored 

新しいパケットを受け入れる空きバッファがない場合、パケットは無視されます。 これはルータがトラフィックによって過負荷になっている場合に発生しますが、インターフェイスに障害がある場合にも発生することがあります。 「無視」がすべてのインターフェイスで起きた場合、おそらくルータのトラフィックが過負荷であるか、インターフェイスの最大伝送ユニット(MTU)に適合するだけの十分な空きバッファがプールの中にないということになります。 後者の場合、ignored カウンタの値に追随して no buffer カウンタの値も増加します。

router#show interfaces serial 0 
     ... 
      1567 packets input, 0 bytes, 22 no buffer 
      22 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 22 ignored, 0 abort 

また、プールの中に、MTU の大きさに一致するfailuresカウンタが現れることもあります。

router#show buffers 
     ... 
     Big buffers, 1524 bytes (total 50, permanent 50): 
          50 in free list (5 min, 150 max allowed) 
          3066 hits, 189 misses, 0 trims, 24 created 
          12 failures (0 no memory)

事前に設定されている固定バッファ、空きバッファ、および最大許容バッファの値が、完全に適合しない環境もあります。 これに関する詳細と、どのようにそれを回避するかについては、バッファ チューニングを参照して下さい。

「無視」が 1 つのインターフェイスでのみ増加し、no bufferカウンタがそれにつれて増加することがなく、さらにそのインターフェイスに大きな負荷がかかっていない場合は、そのインターフェイスに不具合がある可能性があります。 そのケースでは、show tech-support コマンドの出力をキャプチャし、テクニカル アシスタンス センタ (TAC)に連絡して下さい。 インターフェイスの負荷は、show interfaces コマンドの出力に次のように表示されます。

router#show interfaces serial 0 
     ... 
          reliability 255/255, txload 100/255, rxload 122/255 

入力および出力キューの廃棄

入力キューの廃棄は、ハードウェアの問題が原因で生じることはありません。 出力キューの廃棄がハードウェアの問題によって生じるのは、出力キューが絶えずいっぱいで、パケットがインターフェイスから送信されない場合に限られます。 このようなタイプの廃棄についての詳細は、『入力キュー廃棄と出力キュー廃棄のトラブルシューティング』を参照してください。

クラッシュのトラブルシューティング

何人かハードウェア障害が原因であるかもしれないルータはさまざまな理由でリブートまたはリロードするかもしれません。 いくつかの AS5200 および AS5300 シリーズ ルータの潜在的なハードウェア上の問題に起因するもっとも一般的な徴候のための下記の例を参照しソリューションを見つけるために各徴候のためのハイパーリンクをクリックして下さい。

最初にルータがリブートするか、または連続ループにあれば、チェック。 正常な動作へのルータ リロードおよび戻りが、それリブートすれば。 ルータがリブートするかどうか明確な時間 フレームはに関して時またはありません。 ルータに 1-2 週のような操作上(ルータを意味することはトラフィックを通過させて、それにログイン するか、またはアクセス権を得ることができます)または長期であることの 2 から 3 分短い期間内のこれらのリブートが生じることができます。 ルータに再度ブートするが生じる場合、問題を解決するためにルータ の リブート/リロード セクションを参照して下さい。

ルータが継続 または ブートループ 状態にある場合、ルータへのアクセス権を得ることができません。 ルータはブートプロセスを繰り返し通り、回復不可能であるとき連続ループを経験します。 ルータが継続 または ブートループ 状態を経験する場合、問題を解決するために Continuous Loop セクションを参照して下さい。

ルータのリブート/リロード

ルータはさまざまな理由で、リブートまたはリロードすることがあります。 ルータはリブートすると正常な状態に戻りますが、もう一度リブートする可能性もあります。 正常な状態とは、ルータがトラフィックを伝送し、または機能し、ユーザがルータにアクセスできる状態です。 なぜ発生するかもしれませんかルータの次の例がいくつかの理由リブートすることを参照すれば。 これらの問題の 1 つに直面する場合、その個別 の 問題点のためのトラブルシューティングガイドにアクセスするためにリンクをクリックして下さい。 なぜルータがリブートしたのかを調べるには、show version コマンドを実行し、その出力を参考にします(下記の例を参照してください)。

Router# show version 

	 Router uptime is 2 weeks, 19 hours, 22 minutes 
  System returned to ROM by power-on

連続ループ

また、ハードウェアの不具合によって、ルータが連続したループに入る可能性があります。 連続ループの間、(たとえばイネーブル モードにログインすることによって)ルータにアクセスすることはできず、ルータは電源が切られるまでエラー メッセージをスクロールし続けます。 ハードウェアのどの部分が連続ループを引き起こしているのかを判断するには、下記に列挙した例およびトラブルシューティングのステップを参照してください。

  • バス エラー例外

    例:

    *** System received a Bus Error exception ***
    Access address = 0x3c210040
    signal= 0xa, code= 0x1c, context= 0x60e632f0
    PC = 0x6037668c, Cause = 0xc20, Status Reg = 0x34008002
    
    
    ** TLB (Load/Fetch) Exception ***
    Access address = 0x4
    PC = 0xbfc165f8, Cause = 0x8, Status Reg = 0x30408403
    monitor: command "boot" aborted due to exception
  • 書き込みバス エラー割り込み

    例:

    *** System received a Write Bus Error Interrupt ***
    Signal = 0x15, code= 0x0, context= 0x6036f580
    PC = 0x600f45d8, Cause = 0x20, Status Reg = 0x34008002http

バス エラーエクセプションおよび連続ループのためのトラブルシューティング ステップ

次のフローチャートはバス エラー エクセプションおよび連続ループの解決で助けます。

hwts_2600_16138.gif

**ルータがすべてのネットワークモジュールによって試すことの後で連続ループを経験しなければ、誤って装着されたネットワークモジュールによって引き起こされたかもしれません。 ルータを 24 時間監視し、問題が再度発生することなくルータが稼働し続けることを確認してください。

LED

示すか何を LED に関する詳細については次に挙げるドキュメントを参照すれば:

モジュールのシャーシ LED、また LED に注目して下さい。

配線

ケーブル仕様は AS5200 か AS5300 で使用できるピン配列)およびさまざまなケーブルをリストします(。

ケーブルは規格に付着し、正しいピン配列があることを確認して下さい。 原因としてそれを除去するためにトラブルシューティングの間にケーブルを交換することは賢明常にです。

メモリ交換およびアップグレード

ネットワーク モジュールを 1 度に 1 つずつ取り付け、それぞれを取り付けるたびにルータをリブートします。 ルータは連続ループに戻りましたか? はい:ステップ 3 に進みます。 いいえ:連続ループはネットワーク モジュールが適切に取り付けられていないことによって起きていました。 次のダイアグラムは AS5300 のメモリの位置を説明します。

/image/gif/paws/17881/as5300_17881.gif

ステップ 3。 またメモリが正しいスロットにインストールされていることを確認する必要があります。 たとえばブート フラッシュ メモリがシステムフラッシュ スロットにまたその逆にもインストールされていないように、して下さい。 ルータは連続ループに戻りましたか?

メモリアップグレードに関する詳細については、次に挙げるドキュメントを参照して下さい:

トラブルシューティング:T1/E1 モジュール

アクセス サーバの回線問題に出会う場合、問題は Telco関連の問題、ケーブル接続またはハードウェア上の問題が原因である可能性があります。

最初にカードは診断試験の上の最初 の 電源を渡した示し、普通オペレーティングであることを Board OK (OK) LED が点灯していることを、確認して下さい。 それが「良くない」場合、スワップはモジュール別のスロットまたはルータからの機能モジュールを挿入し。 ルータは連続ループに戻りましたか? はい:スロットが不良です。 対処方法:シャーシを取り替えます。

最終的にカードの仕様 T1/E1 ポートが不完全であるかどうか判別するために、ハード プラグ ループバック テストを行って下さい。 ループバック テストの実行に関する詳細については次に挙げるドキュメントを参照して下さい:

ポートが正常にハード プラグ ループバック テストに合格する場合、問題の原因として安全に T1/E1 カード/ポートを除去できます。 ただしモジュール ループバック テストの個別のポートが失敗した、そして別のポートを使用するか、または全体のモジュールを交換して下さい。

ルータが再びその問題を起こさずに動作し続けることを確認するために、ルータを 24時間モニタすることを推奨します。 また telco の支援とエラー発生率テスト(BERT)を少し行うことができます。 これは回線の統合の包括的なテストを提供します。

モデムモジュールのトラブルシューティング

MICAモデムを解決するために AS5200 および AS5300 の MICAモデムハードウェア問題のトラブルシューティング資料を参照して下さい。

要約

問題を引き起こしているハードウェアのピースを識別できれば、Cisco Technical Assistance Center (TAC)とのサービス リクエストを Web登録ユーザのみ上で開き、ルータが有効な保証かサービス契約にカバーされている場合問題を引き起こしている部品に関して Return Materials Authorization (RMA)を要求して下さい。

トラブルシューティングの後でハードウェアの交換が示される場合は、次の方法のいずれかを実行してください。

  • この部分について直接 Cisco とハードウェア サポート契約を結んでいる場合は、Service Order Submit Tool登録ユーザ専用)を使用して、交換部品を直接要求してください。

  • 保証サービスに関しては、TAC Service Request Tool登録ユーザのみ)を使用して Cisco Technical Assistance Center (TAC) オンラインに連絡して下さい。

  • ご使用の製品が契約または保証の対象に含まれない場合は、シスコ パートナーまたは販売代理店に連絡して、問題の原因となっているハードウェア コンポーネントの交換部品を注文してください。

ハードウェアのピースが問題に引き起こしている識別に成功しなかったら、TAC サービス リクエスト登録ユーザのみ)を開いて下さい、記録にあるトラブルシューティング の ログおよびトラブルシューティング の 手順のようなすべての関連情報を一緒に送ればエンジニアは更に問題を解決するのに助けることができます。

TAC のサービスリクエストをオープンする場合に収集すべき情報

交換が必要なコンポーネントが特定されたら、Cisco パートナーまたは販売代理店に連絡して、問題の原因となっているハードウェア コンポーネントの交換を依頼してください。 Cisco と直接サポート 契約を結んでいる場合、TAC サービス リクエストを開き、ハードウェア置換を要求するのに TAC Service Request Tool登録ユーザのみ)を使用して下さい。 サービス リクエストを開くとき付加次の情報確かめて下さい:
  • エラー メッセージが表示されたコンソール キャプチャ
  • 実施したトラブルシューティング ステップと各ステップを実施した際のブート シーケンスを示すコンソールのキャプチャ
  • 障害があったハードウェア コンポーネントとシャーシのシリアル番号
  • トラブルシューティングのログ
  • show tech-support コマンドの出力

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 17881