ルータ : Cisco 7500 シリーズ ルータ

7500 シリーズ ルータのハードウェア トラブルシューティング

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 3 月 11 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

実際には正常に機能しているハードウェアを交換することで、貴重な時間とリソースが無駄になることがよくあります。 このドキュメントは、Cisco 7500 シリーズ ルータ シャーシに関する一般的なハードウェア問題のトラブルシューティングに役立ちます。 このドキュメントには、ハードウェアに障害があるかどうかを見極めるための指針が示されていますが、ハードウェアの問題と誤認されることがあるものを除き、ソフトウェア関連の障害は取り上げられていません。 この文書では、ハードウェアの問題とよく誤解されるものを除いて、ソフトウェア関連の不具合に関する問題は取り扱いません。

はじめに

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

この文書を読む前に、次の文書を読むことをお勧めします。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IOS(R) ソフトウェア(すべてのバージョン)

  • このドキュメントの情報は、7505、7507、7513、7546 を含むすべての Cisco 7500 シリーズ ルータに適用されます。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

Cisco 7500 のコンポーネント

Cisco 7500 シャーシを構成するコンポーネントは次のとおりです。

  • シャーシ

  • 電源モジュール

  • カード ケージ

  • アービター

  • シャーシ インターフェイス

  • ファン アセンブリ

シャーシ自体には電子部品は組み込まれていないので、バックプレーン コネクタが部分的に曲がっていたり破損していないかぎり、シャーシがハードウェア関連の問題の原因になることはほとんどありません。 電源モジュール、カード ケージ、アービター、シャーシ インターフェイス、およびファン アセンブリにはすべて電子式コンポーネントが組み込まれているため、ハードウェア上の問題が発生する可能性があります。 一般に、これらのコンポーネントでハードウェア上の問題が発生すると、エラー メッセージが出力されるか、またはルータの機能が完全に停止します。

注: Cisco 7505 にはシングル アービターが装備されており、Cisco 7507 と Cisco 7513 には、デュアル Cybus 用にデュアル アービターが装備されています。

注: デュアル アービタおよび Chassis Interface(CI)はバックプレーンの後方に接続するプリント基板です。 デュアル アービターとシャーシ インターフェイスはバックプレーンの背面に接続されるプリント基板で、カード ケージとバックプレーン アセンブリを交換する際には一緒に交換されます。

問題の特定

ルータの再起動とリロード、機能停止、またはエラー メッセージの生成は、さまざまな理由で起こります。 それらの理由のいくつかは、潜在的なハードウェアの問題です。

よくあるシャーシ 関連問題のほとんどは次のエラーメッセージ構文によって報告されます:

%CI-n-YYYY :  [text]

CI は Chasis Interface (CI) カードを示します。 n はエラーの重大度を示し、YYYY はこのメッセージを記述するコードを表します。 テキストはイベントの詳細な説明が含まれています。 CI カードは一組の登録および EEPROM メモリをその保持重要なシャーシ関連の環境 情報保存します。 潜在的な問題を示す下記の以降のセクションに記述されているようにいくつかのよくあるログメッセージはあります。

ファン障害

%CI-3-BLOWER: main fan failure 
%CI-3-BLOWER: #1 fan failure

上記のメッセージは冷却ファンの 1 つが失敗したら印刷されます。 これは次の可能性によりによって引き起こすことができます:

  1. 汚れたファンかフィルタ—によってファンを検知 することこれを物理的に判別できます。 それが汚れている場合、ファンを引き出し、エア コンプレッサか電気掃除機を使用してきれいにして下さい。 ルータの電源を切らないでファンを引き出すことができます。

    注意 注意: ハンドかオブジェクトの使用によって回転からファンを停止することを試みないで下さい; これはあなたのために危なく、ファンを損傷する可能性があります。

    注: 障害の原因はファン アセンブリおよびルータにあることがならネットワーク本番のために必要分られる場合、ルータは少数の時間の 1 つのファン アセンブリなしで動作できます。

  2. 悪くかきちんと装着されていない ファン アセンブリ—フィルタがきれいである場合、ファンが悪くなったというよい可能性があります。 ファンが回っているかどうか確認して下さい; そうでなかったら、ファンを再置することを試みて下さい。 これはルータの電源を切らないですることができます。

  3. 上がチェックされ、エラーメッセージが続けば壊れる CI は card —、CI カード失敗したかもしれません。 カードを取り替えてもらうようにテクニカル アシスタンス センタ (TAC)とのケースをオープンして下さい。

ルータは過熱しました

%CI-4-COND: Restarting with <n> 
recent soft power shutdowns

n はルータが検出する過熱状態が理由でラインカードの電源を切る回数を表します。 温度がボードの上に上がるときトリップ ポイントをシャットダウンして下さい、カードはシャットダウンされますが、電源、ファンおよび CI は動作し続けます。 詳細については、CI エラーメッセージを参照して下さい。

上記のメッセージが %CI-3-BLOWER メッセージに付随していない場合、ルータの次のコマンドの発行によってもたらされる情報を収集し次に TAC でサービス リクエストを作成して下さい:

  • show environment all

  • show environment last

  • show environment table

このエラーメッセージを引き起こすことができる上の情報は原因を正確に示すのを助けます複数の可能性のある状態があり。

電源装置の障害

%CI-4-ENVWARN: -12 Voltage measured at -13.48
%CI-4-ENVWARN: +24 Voltage measured at 26.70
%CI-2-ENVCRIT: +12 Voltage measured at 13.62
%CI-2-ENVCRIT: +5 Voltage measured at 5.78

上記のメッセージは CI カードによって測定される電圧を示します。 以下はこれらのメッセージのための可能性が高いトリガーです:

  • 不良な電源—利用可能 な予備電源がある場合それを電源湾のどちらかにインストールし、エラーメッセージが消えることを確認して下さい。 電源を取り替えた後、エラーがそれでも発生する場合、CI カードは(下記参照)をチェックする次の事柄です。

  • ルータが 2 つの電源を備えていれば不良な CI は card —、結合されたバス 電圧は低く、原因電源の問題である場合もありません。 Cisco 7500 アーキテクチャでは、1 つの電源は別のものの出力電圧を引張ることができません; 絶縁 ダイオードはこれが起こることを防ぎます。 不良な CI カードは可能性が高い原因です。 それ以上のトラブルシューティングのための TAC のケースをオープンして下さい。

%CI-3-PSFAIL: Power supply 2 failure
      %CI-3-BLOWER: ps2 fan failure

電源装置の障害があると上記のメッセージが現れます。 この例では、失敗は電源スロット 2.で起こります。 電源装置の障害が原因で、スロット 2 のファンはまた壊れます。

上記のエラーメッセージが表示されるとき、次のステップを踏んで下さい:

  1. 上記のメッセージを記録 する 電源がルータに完全に装着されして いることを確認して下さい。 そうでなかったら、IT企業に挿入して下さい。 ルータはこのアクティビティのために電源がオフになっている必要はありません。

  2. 電源が完全に装着されして いればが、メッセージがそれでも現れれば、電源が失敗したことは可能性のあるです。 このイベントでは、TAC でサービス リクエストを作成して下さい。

  3. 電源の置換がそれでも問題に対処しない場合、CI カードは取り替えられる必要があります。 電源 の コネクタ ピンは CI カードコネクタ ピンに接続され、CI カードのピンは曲がるかもしれません。 この問題を提起するために、TAC でサービス リクエストを作成して下さい。

紛らわしい症状

このポイント前に、この資料はのハードウェア上の問題を Cisco 7500 シリーズ取扱いました。 ただしそれらがないのに、ハードウェア上の問題として誤解することができる少数の問題があります。 一般的な例はルータが対応することを単に止めるまたは「」。ハングしますときあります もう一つの例は新しいハードウェアインストーレーションに続いている失敗です。 これらの現象のどちらかがシャーシのコンポーネントによって引き起こされることは非常に珍しいです。 Cisco Route スイッチ プロセッサ(RSP)のためのハードウェア トラブル シューティングの Misleading Symptoms セクションを詳細については参照して下さい。

情報の収集

問題の原因を特定するための最初のステップは、その問題について可能な限り多くの情報を収集することです。 問題の原因を特定する上で不可欠な情報には、次のようなものがあります。

  • コンソール ログおよび syslog 情報—これらは複数 の エラーが同時に発生する場合始まりの問題の判別で重大である場合もあります。 ルータが syslog サーバにログを送信するよう設定されている場合は、クラッシュの前に起こったことに関する情報を syslog サーバで確認できる場合があります。 コンソール ログの場合は、logging enabledになっているルータのコンソール ポートに直接接続するのが最もよい方法です。

  • show environment コマンド—次のコマンドは電源と(直接ファン アセンブリのステータスを示す)のさまざまなコンポーネントの温度についての情報をルータ提供します:

    • show environment all

    • show environment table

    • show environment last

  • 示して下さいテクニカル サポートshow technical-support コマンドは show versionshow running-config および show stacks を含む多くの異なったコマンドのコンパイルです。 リロードかパワーサイクルをする前に show technical-support 情報を収集することは重要ですこれらの操作が問題についてのすべての情報を失います場合があるので。

  • Crashinfo ファイル— RSP はクラッシュするとき、ブートフラッシュ メモリに crashinfo ファイルを保存するように試みます。 crashinfo ファイルの詳細については、『Crashinfo ファイルからの情報の取得』を参照してください。 一般に crashinfo ファイルが作成されたら、そしてクラッシュした RSP のブートフラッシュで存在 するそれ。

    注: ルータに二重 RSP があり、スタンバイ RSP がクラッシュしたら、crashinfo ファイルはスタンバイ RSP のブートフラッシュであるかもしれません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 17852