IBM テクノロジー : データリンク スイッチング(DLSw)および データリンク スイッチング プラス(DLSw+)

データリンク スイッチング(DLSw)に関するトラブルシューティング:デバッグ

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は方法で情報を debug コマンドで Data-Link Switching (DLSw; データリンク スイッチング)を解決する提供したものです。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

デバッグ

のこの資料の debug コマンド試みる前に、Debug コマンドの重要な情報を参照して下さい。

セッションの始動を解決しているとき、debug dlsw コマンドを発行し、観察して下さい:

  • セッション 初期セットアップ

  • 回線はアップしているかどうか

このダイアグラムはデータリンク スイッチング プラス(DLSw+)によってホストに Cisco 3174 通信制御装置用のフローを示します:

/image/gif/paws/17568/dlswts9_a.gif

debug dlsw コマンドの次 の 例は始動すると同時に正しいセッションのフローを示します。

注意 注意: debug dlswを実行すると、パフォーマンスが大幅に低下することがあります。特に、複数のピアに接続する複数の回線を持つルータで、その傾向があります。

ibu-7206# debug dlsw

DLSw reachability debugging is on at event level for all protocol traffic
DLSw peer debugging is on
DLSw local circuit debugging is on
DLSw core message debugging is on
DLSw core state debugging is on
DLSw core flow control debugging is on
DLSw core xid debugging is on

ibu-7206#

DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : UDATA_STN.Ind   dlen: 208
CSM: Received CLSI Msg : UDATA_STN.Ind   dlen: 208 from TokenRing3/0
CSM:   smac 8800.5a49.1e38, dmac c000.0000.0080, ssap F0, dsap F0
CSM: Received frame type NETBIOS DATAGRAM from 0800.5a49.1e38, To3/0
DLSw: peer_put_bcast() to non-grouped peer 5.5.5.1(2065)
DLSw: Keepalive Request sent to peer 5.5.5.1(2065))
DLSw: Keepalive Response from peer 5.5.5.1(2065)
DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : TEST_STN.Ind   dlen: 41
CSM: Received CLSI Msg : TEST_STN.Ind   dlen: 41 from TokenRing3/0
CSM:   smac c001.68ff.0001, dmac 4000.0000.0001, ssap 4 , dsap 0

ステーション c001.68ff.0001 からの 4000.0000.0001 の MAC アドレスに LAN から(ローカルで)来ているテストフレームに注意して下さい。 それが a を見るたびに。Ind、LAN から来ているそれはパケットです。 それが LAN にパケット 送信 される、.RSP を見るはずです。

DLSw: peer_put_bcast() to non-grouped peer 5.5.5.1(2065)
%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 4( ICR ) -explorer from peer 5.5.5.1(2065)
DISP Sent : CLSI Msg : TEST_STN.Rsp dlen: 44

ブロードキャストに注意して下さいリモートピアおよび ICR (達することができます)応答に差し向けられる。 これは、リモート ルータがそのステーションを到達可能とみなしたことを意味します。 それからルータか。である TEST_STN.Rsp に注意して下さい、か。か。ステーションへの s テスト応答。

DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID_STN.Ind   dlen: 54
pfinCSM: Received CLSI Msg : ID_STN.Ind   dlen: 54 from TokenRing3/0
CSM:   smac c001.68ff.0001, dmac 4000.0000.0001, ssap 4 , dsap 4

ステーションがテスト応答を受け取った後、最初の交換識別情報 (XID)は Ciscoルータに送信 されます; これは ID_STN.Ind と見られる場合があります。 ルータは2台のDLSWルータ間で詳細が決まるまで、このフレームを保持します。

DLSw: new_ckt_from_clsi(): TokenRing3/0 4001.68ff.0001:4->4000.0000.0001:4
DLSw: START-FSM (1622182940): event:DLC-Id state:DISCONNECTED
DLSw: core: dlsw_action_a()
DISP Sent : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Req   dlen: 108
DLSw: END-FSM (1622182940): state:DISCONNECTED->LOCAL_RESOLVE
DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Cfm CLS_OK dlen: 108
DLSw: START-FSM (1622182940): event:DLC-ReqOpnStn.Cnf state:LOCAL_RESOLVE
DLSw: core: dlsw_action_b()
CORE: Setting lf size to 30
%DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 3( CUR  )  to peer 5.5.5.1(2065) success
DLSw: END-FSM (1622182940): state:LOCAL_RESOLVE->CKT_START
%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 4( ICR  )  from peer 5.5.5.1(2065)
DLSw: 1622182940 recv FCI 0 - s:0 so:0 r:0 ro:0
DLSw: recv RWO
DLSw: START-FSM (1622182940): event:WAN-ICR state:CKT_START
DLSw: core: dlsw_action_e()
DLSw: sent RWO
DLSw: 1622182940 sent FCI 80 on  ACK   - s:20 so:1 r:20 ro:1
%DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 5( ACK  )  to peer 5.5.5.1(2065) success
DLSw: END-FSM (1622182940): state:CKT_START->CKT_ESTABLISHED

2つのピア間におけるDLSWの内部フローに注目してください。 これらのパケットは、セッション起動時に普通に見られるものです。

このプロセスの第一歩は切断された状態から CKT_ESTABLISHED 状態へ移ることです; このシーケンスは実行されます:

  1. 両方のルータが、回線に関してCUR_CS(can u reach circuit setup)と呼ばれるCURフレームを送信します。

  2. CUR_CSフレームを発信したピアがICR_CSフレームを受信すると、そのピアは確認応答を送信し、回線を確立します。

  3. 両方のDLSWルータでXID処理を行う準備が整います。

DLSw: START-FSM (1622182940): event:DLC-Id state:CKT_ESTABLISHED
DLSw: core: dlsw_action_f()
DLSw: 1622182940 sent FCA on  XID
%DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 7( XID  )  to peer 5.5.5.1(2065) success
DLSw: END-FSM (1622182940): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED

XIDの受信後、テスト応答がステーションに送信され、ルータに保持されます。 ルータはこの回線を渡るピアにそれからこの XID を送信します、つまりタグ付けされるパケットがそれ circuit id のピアに出入してに送信されていることを意味します。

このように、DLSw は DLSw がクラウドの各側で LLC2 セッションを終了するので行っているものが中間ステーション 2 つで認知しています。

gnb%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 7( XID  )  from peer 5.5.5.1(2065)
DLSw: 1622182940 recv FCA on  XID   - s:20 so:0 r:20 ro:0
DLSw: START-FSM (1622182940): event:WAN-XID state:CKT_ESTABLISHED
DLSw: core: dlsw_action_g()
DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 12
DLSw: END-FSM (1622182940): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED
DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 39
DLSw: START-FSM (1622182940): event:DLC-Id state:CKT_ESTABLISHED
DLSw: core: dlsw_action_f()
%DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 7( XID  )  to peer 5.5.5.1(2065) success
DLSw: END-FSM (1622182940): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED

最初は、前に送信された最初のXIDに対する応答があります。

、ID.Rsp で、XID が(DLSw ピアに送信 される)もう一つのと XID である ID.Ind 応答を返すステーションに送信 されることに注意して下さい。

%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 8( CONQ )  from peer 5.5.5.1(2065)
DLSw: START-FSM (1622182940): event:WAN-CONQ state:CKT_ESTABLISHED

反対側のステーションは SABME (CONQ)と XID に応答します; 従って、XID ネゴシエーションは終わり、セッションは開始して準備ができています。

DLSw: core: dlsw_action_i()
DISP Sent : CLSI Msg : CONNECT.Req   dlen: 16

!--- CONNECT.Req means that a SABME has been sent.

DLSw: END-FSM (1622182940): state:CKT_ESTABLISHED->CONTACT_PENDING
DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : CONNECT.Cfm CLS_OK dlen: 8
DLSw: START-FSM (1622182940): event:DLC-Connect.Cnf state:CONTACT_PENDING
DLSw: core: dlsw_action_j()
%DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 9( CONR )  to peer 5.5.5.1(2065) success
DISP Sent : CLSI Msg : FLOW.Req   dlen: 0
DLSw: END-FSM (1622182940): state:CONTACT_PENDING->CONNECTED

ルータはステーションから今 UA を受け取り、これは CONNECT.Cfm メッセージで見られる場合があります。 このメッセージはCONR経由でリモート ピアに送信されます。

%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 10( INFO )  from peer 5.5.5.1(2065)
DLSw: 1622182940 decr r - s:20 so:0 r:19 ro:0
DLSw: START-FSM (1622182940): event:WAN-INFO state:CONNECTED
DLSw: core: dlsw_action_m()
DISP Sent : CLSI Msg : DATA.Req   dlen: 34
DLSw: END-FSM (1622182940): state:CONNECTED->CONNECTED 
DLSw: 1622182940 decr s - s:19 so:0 r:19 ro:0
DLSW Received-disp : CLSI Msg : DATA.Ind   dlen: 35
DLSw: sent RWO
DLSw: 1622182940 sent FCI 80 on  INFO  - s:19 so:0 r:39 ro:1
%DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 10( INFO )  to peer 5.5.5.1(2065) success
%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 10( INFO )  from peer 5.5.5.1(2065)
DLSw: 1622182940 decr r - s:19 so:0 r:38 ro:1
DLSw: 1622182940 recv FCA on  INFO  - s:19 so:0 r:38 ro:0
DLSw: 1622182940 recv FCI 0 - s:19 so:0 r:38 ro:0
DLSw: recv RWO
DLSw: START-FSM (1622182940): event:WAN-INFO state:CONNECTED
DLSw: core: dlsw_action_m()
DISP Sent : CLSI Msg : DATA.Req   dlen: 28
DLSw: END-FSM (1622182940): state:CONNECTED->CONNECTED

DATA.Req は I フレームが送信されたこと示す値です; DATA.Ind は I フレームが受け取られたこと示す値です。 これらはどんなパケットが DLSw ルータを渡って流れているか判別して非常に役立ちます。

DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : DISCONNECT.Ind   dlen: 8
DLSw: START-FSM (1622182940): event:DLC-Disc.Ind state:CONNECTED

その出力は DISCONNECT.Ind を示したものです; の前に見られる。Ind は LAN から来ています。 前述したように、LANからany.Ind が着信していて、これはステーションがdisconnectを送信したことを意味します。 これによりルータは回線を中断 し始めます。

DLSw: core: dlsw_action_n()
%DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 14( HLTQ )  to peer 5.5.5.1(2065) success
DLSw: END-FSM (1622182940): state:CONNECTED->DISC_PENDING
%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 15( HLTR )  from peer 5.5.5.1(2065)
DLSw: START-FSM (1622182940): event:WAN-HLTR state:DISC_PENDING

disconnectを受信したあと、ルータはリモート ピアにHALTを送信し、応答を待ちます。 応答を受信すると、ルータはステーションにUAを送信し、回線をダウンにします。 これは DISCONNECT.Rsp として示されています:

DLSw: core: dlsw_action_q()
DISP Sent : CLSI Msg : DISCONNECT.Rsp   dlen: 4
DISP Sent : CLSI Msg : CLOSE_STN.Req   dlen: 4
DLSw: END-FSM (1622182940): state:DISC_PENDING->CLOSE_PEND
DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : CLOSE_STN.Cfm CLS_OK dlen: 8
DLSw: START-FSM (1622182940): event:DLC-CloseStn.Cnf state:CLOSE_PEND
DLSw: core: dlsw_action_y()
DLSw: 1622182940 to dead queue
DLSw: END-FSM (1622182940): state:CLOSE_PEND->DISCONNECTED

DLSWはこの回線をデッド キューに入れます。 デッド キューではポインタがクリアされ、新しい回線用に準備されます。

/image/gif/paws/17568/dlswts9_b.gif

NetBIOS のセッションに関しては、DLSw がネゴシエーションを処理する方法で変更があります; しかし、デバッグは非常に類似したです。 ただ1つ注意すべき点は、NetBIOSステーションの場合はXIDが使用されず、その代わりにDLSWルータがNetBIOS Name QueryフレームおよびNetBIOS Name Recognizedフレームを交換するという点です。これがSNAとNetBIOSの唯一の違いです。

DLSw メディア変換

/image/gif/paws/17568/dlswts9_c.gif

インターフェイスがアップした後、ルータはプロセスを開始します: それはリモートコントローラの位置を判別します。

%LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial4, changed state to up
DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID_STN.Ind    dlen: 46
CSM: Received CLSI Msg :   ID_STN.Ind    dlen: 46 from Serial4
CSM: smac 4000.5494.00dd, dmac 4000.9404.0001, ssap 4 , dsap 4
%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 4( ICR ) -explorer from peer 10.17.2.198(2065)
DLSw: new_ckt_from_clsi(): Serial4 4000.5494.00dd:4-4000.9404.0001:4

ICR フレームが受信された後、DLSw はこのセッションのための有限状態マシン (FSM)を開始します。 これは DLSw と Cisco Link Services Interface (CLSI)の間で行く REQ_OPNSTN.Cfm および REQ_OPNSTN.Req によってされます。

DLSw: START-FSM (488636): event:DLC-Id state:DISCONNECTED
DLSw: core: dlsw_action_a()
DISP Sent : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Req   dlen: 106
DLSw: END-FSM (488636): state:DISCONNECTED->LOCAL_RESOLVE
DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Cfm CLS_OK dlen: 106
DLSw: START-FSM (488636): event:DLC-ReqOpnStn.Cnf state:LOCAL_RESOLVE
DLSw: core: dlsw_action_b()
CORE: Setting lf size to FF

CLSIと対話したあと、ルータはセッション起動CURフレームをリモート ルータに送信します。 これらのCURフレームは、2台のルータ間でのみ送受信されます。

%DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 3( CUR ) to peer 10.17.2.198(2065) success
DLSw: END-FSM (488636): state:LOCAL_RESOLVE->CKT_START
%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 4( ICR  )  from peer 10.17.2.198(2065)
DLSw: 488636 recv FCI 0 - s:0 so:0 r:0 ro:0
DLSw: recv RWO
DLSw: START-FSM (488636): event:WAN-ICR state:CKT_START
DLSw: core: dlsw_action_e()
DLSw: sent RWO
DLSw: 488636 sent FCI 80 on  ACK   - s:20 so:1 r:20 ro:1
%DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 5( ACK  )  to peer 10.17.2.198(2065) success
DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_START->CKT_ESTABLISHED

回線が接続された後、保存された XID および開始する XID 交換を送信 します。

理解することは非常に重要 XID がどこにから来ているかです。 この場合、2 重要な出力があります:

  • DLC ID か。か。か。XID がローカル DLC ステーションから来たことを意味します。

  • WAN-XID か。か。か。XID がリモートルータ(リモートステーション)から来たことを意味します。

DLSw: START-FSM (488636): event:DLC-Id state:CKT_ESTABLISHED
DLSw: core: dlsw_action_f()
DLSw: 488636 sent FCA on  XID
%DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 7( XID  )  to peer 10.17.2.198(2065) success
DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED
%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 7( XID  )  from peer 10.17.2.198(2065)
DLSw: 488636 recv FCA on  XID   - s:20 so:0 r:20 ro:0
DLSw: START-FSM (488636): event:WAN-XID state:CKT_ESTABLISHED
DLSw: core: dlsw_action_g()
DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 12
DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED
%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 7( XID  )  from peer 10.17.2.198(2065)
DLSw: START-FSM (488636): event:WAN-XID state:CKT_ESTABLISHED
DLSw: core: dlsw_action_g()
DISP Sent : CLSI Msg : ID.Req   dlen: 88
DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED
DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 82
DLSw: START-FSM (488636): event:DLC-Id state:CKT_ESTABLISHED
DLSw: core: dlsw_action_f()
%DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 7( XID  )  to peer 10.17.2.198(2065) success
DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED
%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 7( XID  )  from peer 10.17.2.198(2065)
DLSw: START-FSM (488636): event:WAN-XID state:CKT_ESTABLISHED
DLSw: core: dlsw_action_g()
DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 88
DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED
DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 82
DLSw: START-FSM (488636): event:DLC-Id state:CKT_ESTABLISHED
DLSw: core: dlsw_action_f()
%DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 7( XID  )  to peer 10.17.2.198(2065) success
DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED
%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 7( XID  )  from peer 10.17.2.198(2065)
DLSw: START-FSM (488636): event:WAN-XID state:CKT_ESTABLISHED
DLSw: core: dlsw_action_g()
DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 88
DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED
DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 82
DLSw: START-FSM (488636): event:DLC-Id state:CKT_ESTABLISHED
DLSw: core: dlsw_action_f()
%DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 7( XID  )  to peer 10.17.2.198(2065) success
DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CKT_ESTABLISHED

ルータは一定通常応答(SNRM)としてシリアルラインに変換される AS/400 (SABME)からそれから CONQ を受け取ります。 このシリアル回線上にUAが現れると(CONNECT.Cfm)、ルータは相手先にCONRを送信し、セッションはCONNECTEDになります。

%DLSWC-3-RECVSSP: SSP OP = 8( CONQ )  from peer 10.17.2.198(2065)
DLSw: START-FSM (488636): event:WAN-CONQ state:CKT_ESTABLISHED
DLSw: core: dlsw_action_i()
DISP Sent : CLSI Msg : CONNECT.Req   dlen: 16
DLSw: END-FSM (488636): state:CKT_ESTABLISHED->CONTACT_PENDING
DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : CONNECT.Cfm CLS_OK dlen: 8
DLSw: START-FSM (488636): event:DLC-Connect.Cnf state:CONTACT_PENDING
DLSw: core: dlsw_action_j()
%DLSWC-3-SENDSSP: SSP OP = 9( CONR )  to peer 10.17.2.198(2065) success
DLSw: END-FSM (488636): state:CONTACT_PENDING->CONNECTED

メディア変換(逆)として使用する DLSW

/image/gif/paws/17568/dlswts9_d.gif

別のよくあるセットアップは反転同期 データリンクコントロール(SDLC)論理リンク制御(LLC と呼ばれます; 一次局が SDLC 行を通したルータに接続される時ある SDLLC)。 これは通常トークン リング添付ファイルにホストを移行するホスト環境で見られます。 このセットアップはリモート PU はアクティブまたはないであるかどうかについて通常高度の不確実性があるので、DLSw が SDLC 行を処理する方法を変更します。

AS/400 はプライマリでしたりまたはロールの交渉可能に設定 されるので、セッションを開始する必要があります。 それが起こるとき、このシーケンスは実行されます:

  1. シリアル回線が確立される

  2. AS/400が最初のXIDを送信する

  3. リモート コントローラの検索プロセスが開始される

  4. 回線のセットアップが完了する

  5. 回線上でXIDネゴシエーションが始まる

ローカル DLSw メディア変換

XID ネゴシエーション完了が Ciscoルータに、AS/400 SNRM を送信 する時。 これによりルータは CONQ を送信 し、リモートルータからの CONR を期待します。 しかし UA は CONR の受信の後まで送信 されません。

/image/gif/paws/17568/dlswts9_e.gif

%LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial2, changed state to up
%SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
 DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID_STN.Ind   dlen: 46
CSM: Received CLSI Msg : ID_STN.Ind   dlen: 46 from Serial2

これが DLSw ローカルであるので、動作はやや異なっています。 最初に見られるのは、シリアル側からのXIDです。 シリアル側からの XID は LLC テストフレームまで保存される必要があり、応答は完了します。

CSM:   smac 4000.5494.00dd, dmac 4000.9404.0001, ssap 4 , dsap 4
  DISP Sent : CLSI Msg : TEST_STN.Req   dlen: 46
  DISP Sent : CLSI Msg : TEST_STN.Req   dlen: 46
  DISP Sent : CLSI Msg : TEST_STN.Req   dlen: 46
CSM: Write to all peers not ok - PEER_NO_CONNECTIONS
  DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : TEST_STN.Ind   dlen: 43
CSM: Received CLSI Msg : TEST_STN.Ind   dlen: 43 from TokenRing0
CSM:   smac c000.9404.0001, dmac 4000.5494.00dd, ssap 0 , dsap 4

テスト ステーションはルータを接続を終了し、応答は AS/400 から返ります。 ローカル FSM は今作成することができます。 (前述したように、これはローカル セッションです)。

DLSw: csm_to_local(): Serial2-->TokenRing0  4000.5494.00dd:4->4000.9404.0001:4
DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:ADMIN-START
DLSw: LFSM-A: Opening DLC station
 DISP Sent : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Req   dlen: 106
DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:DISCONNECTED ->OPN_STN_PEND
DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:ADMIN-START
DLSw: LFSM-A: Opening DLC station
 DISP Sent : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Req   dlen: 106
DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:DISCONNECTED ->OPN_STN_PEND
 DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Cfm CLS_OK dlen: 106
DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:DLC-ReqOpnStn.Cnf
DLSw: LFSM-B: DLC station opened
DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:OPN_STN_PEND ->ESTABLISHED
 DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : REQ_OPNSTN.Cfm CLS_OK dlen: 106
DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-ReqOpnStn.Cnf
DLSw: LFSM-B: DLC station opened
DLSw: processing saved clsi message

ローカル確認はこのシナリオの AS/400 であるパートナーに FSM が準備ができていること、ルータ XID (ID.Req)を送信 しました後。

DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-Id
DLSw: LFSM-X: forward XID to partner
DISP Sent : CLSI Msg : ID.Req   dlen: 12
DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED
DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:OPN_STN_PEND ->ESTABLISHED
DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Cfm CLS_OK dlen: 32
DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:DLC-Id
DLSw: LFSM-X: forward XID to partner
DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 12
DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED

トークンリングからXIDが着信します。 このID.Indの長さは108であり、これをパートナー(ここではSDLC回線)に転送しなければなりません。 これはID.Reqが送信されたことで分かります。 それがパケット受け取られる度に、LFSM は開始する必要があることに注意して下さい。

DLSw Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind dlen: 108
DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:DLC-Id
DLSw: LFSM-X: forward XID to partner
 DISP Sent : CLSI Msg : ID.Req   dlen: 88
DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED

シリアル回線からのXID応答があり、これをパートナー(ここではトークンリング ステーション)に転送します。 これはこの PU 2.1 デバイスのための XID 交換が終了するまで、しばらく続きます。

 DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 82
DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-Id
DLSw: LFSM-X: forward XID to partner
 DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 80
DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED
 DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 108
DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:DLC-Id
DLSw: LFSM-X: forward XID to partner
 DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 88
DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED
 DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 82
DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-Id
DLSw: LFSM-X: forward XID to partner
 DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 80
DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED
 DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 108
DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:DLC-Id
DLSw: LFSM-X: forward XID to partner
 DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 88
DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED
%LINK-3-UPDOWN: Interface Serial2, changed state to up
 DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : ID.Ind   dlen: 82
DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-Id
DLSw: LFSM-X: forward XID to partner
 DISP Sent : CLSI Msg : ID.Rsp   dlen: 80
DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:ESTABLISHED  ->ESTABLISHED

XID 交換が AS/400 から CONNECT.Ind による、SABME 届いた後。 これはルータに対し、SDLC回線にCONNECT.Req(SNRM)を送信するように指示します。 そのあとシリアル回線からCONNECT.Cfm(UA)を受信し、それによってDLSWコードはAS/400にCONNECT.Rsp(UA)を送信します。

 DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : CONNECT.Ind   dlen: 8
DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:DLC-Connect.Ind
DLSw: LFSM-C: starting local partner
DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:ADMIN-CONN
DLSw: LFSM-D: sending connect request to station
 DISP Sent : CLSI Msg : CONNECT.Req   dlen: 16
DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:ESTABLISHED  ->CONN_OUT_PEND
DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:ESTABLISHED  ->CONN_IN_PEND
 DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : CONNECT.Cfm CLS_OK dlen: 8
DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-Connect.Cnf
DLSw: LFSM-E: station accepted the connection
DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:ADMIN-CONN
DLSw: LFSM-F: accept incoming connection
 DISP Sent : CLSI Msg : CONNECT.Rsp   dlen: 20
DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:CONN_IN_PEND ->CONNECTED
 DISP Sent : CLSI Msg : FLOW.Req   dlen: 0
DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:CONN_OUT_PEND->CONNECTED

コントローラ(SDLC)がシャットダウンされるとき発生するこれはセッションです:

%LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Serial2, changed state to down
%LINK-5-CHANGED: Interface Serial2, changed state to administratively down
 DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : DISCONNECT.Ind   dlen: 8
DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-Disc.Ind
DLSw: LFSM-Q: acknowledge disconnect
 DISP Sent : CLSI Msg : DISCONNECT.Rsp   dlen: 4

ここでは、DISC は AS/400 (DISCONNECT.Rsp)に送信 されます。 ローカル回線が切断されます。

DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:ADMIN-STOP
DLSw: LFSM-Z: close dlc station request
 DISP Sent : CLSI Msg : CLOSE_STN.Req   dlen: 4
DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:ESTABLISHED  ->CLOSE_PEND
 DISP Sent : CLSI Msg : CLOSE_STN.Req   dlen: 4
DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:ESTABLISHED  ->CLOSE_PEND
 DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : CLOSE_STN.Cfm CLS_OK dlen: 8
DLSw: START-LFSM TokenRing0 (4000.9404.0001->4000.5494.00dd) event:DLC-CloseStn.Cnf
DLSw: LFSM-Y: driving partner to close circuit
DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:ADMIN-STOP
DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:CLOSE_PEND   ->CLOSE_PEND
DLSw: END-LFSM (4000.9404.0001->4000.5494.00dd): state:CLOSE_PEND   ->DISCONNECTED
 DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : DISCONNECT.Ind   dlen: 8
DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-Disc.Ind
DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:CLOSE_PEND   ->CLOSE_PEND
 DLSW Received-ctlQ : CLSI Msg : CLOSE_STN.Cfm CLS_OK dlen: 8
DLSw: START-LFSM Serial2 (4000.5494.00dd->4000.9404.0001) event:DLC-CloseStn.Cnf
DLSw: LFSM-Y: removing local switch entity
DLSw: END-LFSM (4000.5494.00dd->4000.9404.0001): state:CLOSE_PEND   ->DISCONNECTED

DISCONNECT.Ind (UA)が AS/400 から届いた後、セッションはクリーンアップされ、DISCONNECT 状態に移動されます。

パフォーマンスの問題

パフォーマンス上の問題に関する詳細については、データリンク スイッチング プラス(DLSw+)帯域幅管理およびキューイング セクションを参照するか、または DLSw+ SAP/MAC フィルタ 技術を参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 17568