IBM テクノロジー : データリンク スイッチング(DLSw)および データリンク スイッチング プラス(DLSw+)

DLSw のトラブルシューティング: SDLC

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2008 年 11 月 5 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントは、Synchronous Data Link Control(SDLC)で接続されたエンド デバイスが、Data-Link Switching(DLSw; データリンク スイッチング)を介してデータ センターに接続する際に、ネットワークで発生する可能性がある問題のトラブルシューティングに役立ちます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

SDLC のトラブルシューティング

SDLC のトラブルシューティングを開始するには、ルータで show interface serial x コマンドを発行します。 このコマンドの出力には、問題の特定に役立つ場合がある情報が含まれています。

Serial1/0 is up, line protocol is up

!--- If line is down/down, then check CLOCKING.
!--- If line is up/down, then check NRZI_ENCODING.
!--- If line is cycling between up/up and up/down, then check DUPLEX.
!--- A modem sharing device (MSD) uses full duplex.

   Hardware is CD2430 in sync mode
   Description SDLC PU2.1 PRIMARY 
   MTU 1500 bytes, BW 128 Kbit, DLY 20000 usec, rely 255/255, load 1/255
   Encapsulation SDLC, loopback not set
     Router link station role: PRIMARY (DCE)

!--- DCE has to provide the clock. It is responsible for raising DCD, CTS,
!--- and DSR. Issue the show controllers command to check DTE, DCE, and
!--- cable type.

     Router link station metrics:
       slow-poll 10 seconds
       T1 (reply time out) 3000 milliseconds

!--- The sdlc t1 <milliseconds> command sets the amount of time waited
!--- for an acknowledgement to an SDLC frame, where <milliseconds> is a
!--- numeric value in milliseconds between 1 and 64000 (default is 3000).

       N1 (max frame size) 12016 bits

!--- The sdlc n1 <bit-count> commands sets the maximum size of an
!--- incoming frame, where <bit-count> is a numeric value from 1 to 12000
!--- (default is 12000).

       N2 (retry count) 20

!--- The sdlc n2 <retry-count> command sets the number of times that an
!--- SDLC frame is sent before the session is terminated, where <retry-count>
!--- is a numeric value between 1 and 255 (default is 20).

       poll-pause-timer 200 milliseconds

!--- Set this with the sdlc poll-pause-timer <milliseconds> command,
!--- where <milliseconds> is a numeric value in milliseconds from 1 to 10000.
!--- Set this value to a minimum of 2000 before you run SDLC debugs; otherwise,
!--- you will flood the console with SDLC polling messages.

       poll-limit-value 1

!--- Set this with the sdlc poll-limit-value <count> command, where <count>
!--- is a numeric value from 1 to 10.
!--- Use this command on multidrops to determine the number of polls that are
!--- dedicated to each secondary device. Higher value allows a single secondary
!--- to send more data but can decrease overall secondary servicing efficiency.  

       k (windowsize) 1
       modulo 8

!--- Set K with the sdlc k <window-size> command, where <window-size> is a
!--- numeric value of 1 through 7 (if modulo 7) or 1 through 127 (if modulo 128).
!--- rrrz sss0
!---   rrr = Frame number of the block that is expected to be received next
!---   (rrrrrrr if modulo 128)
!---   z   = Poll/Final bit, which may be 0 or 1.
!---   sss = Frame number of the block that is expected to be sent next
!---   (sssssss if modulo 128)
!--- The K value determines how many frames after which the poll bit is set to 1,
!--- which indicates that it is the other side???s turn to send.

       sdlc vmac: 4000.1555.21--
   sdlc addr 01 state is CONNECT

!--- Refer to SDLC States

.
       cls_state is CLS_IN_SESSION

!--- See Table 1 ??? CLS States.

       VS 6, VR 6, Remote VR 6, Current retransmit count 0
       Hold queue: 0/200 IFRAMEs 2649/683
       TESTs 0/0 XIDs 0/0, DMs 0/0 FRMRs 0/0

!--- FRMRs could indicate a bug in the end station SDLC emulation package.
!--- Check the values in the FRMR frame against the FRMR frame description.

       RNRs 1797153/2291 SNRMs 222/0 DISC/RDs 12/0 REJs 0/0

!--- If you see a steady increase in RNRs, then check for congestion on the DLSw
!--- peer (the value under the TCP column in show dlsw peer command output).
!--- If RNRs are greater than 50 percent of the default TCP queue depth 200, then
!--- there is congestion.

       Poll: clear, Poll count: 0, ready for poll, chain: 01/01
   Last input 00:00:00, output 00:00:00, output hang never
   Last clearing of "show interface" counters never
   Queueing strategy: fifo
   Output queue 0/40, 0 drops; input queue 0/75, 0 drops

!--- Check that the input and output queues are not wedged (41/40 or 76/75).
!--- If the queue is wedged, then the router usually must be reloaded to recover.

   5 minute input rate 0 bits/sec, 4 packets/sec
   5 minute output rate 0 bits/sec, 4 packets/sec
      2857443 packets input, 5738306 bytes, 0 no buffer
      Received 409483 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
      1 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 1 abort

!--- Giants and input errors might indicate a wrong NRZI value (NRZI-ENCODING).

      2857874 packets output, 6029620 bytes, 0 underruns
      0 output errors, 0 collisions, 60523 interface resets
      0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
      53 carrier transitions
      DCD=up  DSR=up  DTR=up  RTS=down  CTS=up

!--- RTS and CTS are always up, with full duplex.
!--- RTS and CTS will cycle between up and down, with half duplex.

表 1 か。か。か。 CLS 状態

State 意味
CLS_STN_CLOSED 回線起動プロセスがまだ始まっていません。
CLS_ROSCNF_PEND ReqOpenStn は PU に送信 されました; ReqOpenStnCfm の期待。
CLS_STN_OPENED PU から受信された ReqOpenStnCfm。
CLS_CONNECT_RSP_PEND 送信 された SNRM; PU からの UA の期待。
CLS_DISCCNF_PEND PU が(プライマリの場合は)DISC または(セカンダリの場合は)RDISC を送信します。
CLS_CONNECT_REQ_PEND 接続応答を待っています。
CLS_FULL_XID_PEND 送信された Null XID に対する応答を待っています。
CLS_CONNECTED_IND_PEND DLU から受信された Connect.Rsp。
CLS_DISC_IND_SENT Disconnect.Ind が送信されました。
CLS_IN_SESSION 回線確立が完了しました。
CLS_CLOSING Cisco Link Services(CLS)が終了状態にあります。

PU タイプ

SDLC に接続されるコントローラに関しては、使用される Physical Unit(PU; 物理ユニット)のタイプ(PU 2.0 や PU 2.1 など)、および SDLC の役割を知っておくことが重要です。

表 2 には、最も一般的なデバイスの一部と、それらが表す PU の種類を示しています。 「SDLC ステーションの役割がセカンダリに設定された PU 2」で説明されているように、PU の種類により、採用する必要がある設定が決まります。

表 2 か。か。か。 デバイス PU 型

デバイス PU タイプ
5294 1
5394 1
5394 +RPQ 8Q0775 2.1
5494 2.1
3276 2.0
3274 2.0
3174 2.0/2.1
3745 4
3172 PU XCA ノードなし
S/38 2.0
36XX 2.0
Netware/SAA 2.0/2.1
SNA Server NT 2.0/2.1

セカンダリに設定された SDLC ステーション ロールを持つ PU 2

interface serial x

encapsulation sdlc 
sdlc role primary

!--- Assumes SDLC station role secondary for the attached SDLC controller.

sdlc vmac 1234.3174.0000

!--- Virtual MAC address given to the SDLC controller, which has the
!--- SDLC address (D2) appended to it.


!--- For more information about the sdlc vmac command, refer to
!--- LLC2 and SDLC Commands.

sdlc address D2

!--- SDLC address obtained from SDLC controller configuration.

sdlc xid D2 01730020

!--- D2 is the SDLC address, and 01730020 is the IDBLK and IDNUM, which is 
!--- obtained from the Switched Major Node on the host.

sdlc partner 1000.5aed.1f53 D2

!--- 1000.5aed.1f53 is the MAC address of the host, and D2 is the SDLC address.

sdlc dlsw D2

SDLC ステーションの役割がプライマリに設定された PU 2

interface serial x

sdlc role secondary
sdlc vmac 1234.3174.0000
sdlc address D2
sdlc xid D2 01730020
sdlc partner 1000.5aed.1f53 D2
sdlc dlsw D2

SDLC ステーションの役割がネゴシエート可能またはプライマリに設定されたノード タイプ 2.1

interface serial x

encapsulation sdlc
sdlc role none
sdlc vmac 1234.3174.0000
sdlc address D2
sdlc partner 1000.5aed.1f53 D2
sdlc dlsw D2

SDLC ステーションの役割がセカンダリに設定されたノード タイプ 2.1

interface serial x

encapsulation sdlc
sdlc role prim-xid-poll
sdlc vmac 1234.3174.0000
sdlc address D2
sdlc partner 1000.5aed.1f53 D2
sdlc dlsw D2

注: PU 2.0 または PU 2.1 のマルチドロップ SDLC、および PU 2.0 と PU 2.1 の組み合わせについては、『データリンク スイッチング プラスの設定』の「SDLC マルチドロップ サポートを使用した DLSw+ の設定例」を参照してください。

SDLC を持つ PU 4.0

interface serial x

no ip address
encapsulation sdlc
no keepalive
clock rate 19200 
sdlc vmac 4000.3745.0100
sdlc address 01 seconly
sdlc partner 4000.3745.2176 01
sdlc dlsw 1

Format Indicator 4(FID4)フレームに関する SDLC の Logical Link Control, type 2(LLC2; 論理リンク制御タイプ 2)への変換の詳細については、『PU4/5 デバイスのための DLSw+ FID4 LLC2-to-SDLC 変換』を参照してください。

Cisco Link Services と SDLC との間には直接的な関係があります。 Cisco Link Services に関しては、Set Normal Response Mode(SNRM)が Unnumbered Acknowledgment(UA)により確認応答されるまで、変化は発生しません。 UA が取得されると、ルータは、Receiver Not Ready(RNR、USBUSY)を SDLC ステーションに送信し、ホスト(SDLC ロール プライマリ)を使用して DLSw が DLSw 回線をアップさせている間、SDLC ステーションを休止状態に保ちます。 SDLC コードは内部で null の Exchange Identification(XID; 識別子)を Cisco Link Services コードに送信し、これを開始します。 確認できる Cisco Link Services の状態には次のものがあります。

  • CLS_STN_CLOSED か。か。か。CANUREACH エクスプローラは(CUR 前) DLSw ピア、ICANREACH エクスプローラに差し向けられますが(ICR 前)応答がまだ受け取られていない。 おそらく、MAC アドレスが不適切であるか、ホスト アダプタがオープンまたはアクティブではないことが問題です。

  • CLS_STN_OPENED か。か。か。ゼロXID は送信 されますが、ホストから無応答を受け取ります。 不正な宛先アクセスポイント (SAP)または利用可能な論理回線がない可能性があります。

  • CLS_CONNECT_REQ_PEND か。か。か。システム ネットワーク アーキテクチャ (SNA) XID は送信 され、ホストから無応答があります。 スイッチドメジャーノードが不正またはアクティブでない、または別のデバイスにより アクティブになっている可能性があります。

一般的な SDLC の問題

このセクションでは、最も一般的な SDLC の問題の一部を示しています。

不適切な SDLC アドレス

ルータ上で設定されている SDLC アドレスは、接続されている SDLC コントローラの SDLC アドレスに一致する必要があります。 たとえば 3174 クラスタ コントローラでは、これは設定行番号 104 になります。 ルータが SDLC ロール プライマリ向けに設定されていて、SDLC 状態が SNRMSENT のままである場合、2 つのアドレスは一致しない可能性があります。 発行する役に立つコマンドは SDLC 行およびコントローラをテストするために SDLC テスト シリアルです; LLC2 および SDLC コマンドSDLC テスト シリアルを参照して下さい。 IPピングに類似した、それは 10 のテストフレームを送信します; 10 がすべて受け取られる場合、テストは a とか。みなされますか。か。。か。渡して下さいか。か。 このテストはまた正しい符号化があることを確認します(NRZ か NRZI); 同期シリアルポート Setup コマンドnrzi-encoding を参照して下さい。 SDLC アドレス パラメータと同じように、エンコーディングはルータのシリアル インターフェイス上と SDLC コントローラ上で一致する必要があります。 3174 の例では、これは設定行番号 313 になります。 0 は NRZ を意味し、1 は NRZI を意味します。 ルータのデフォルトは 0(NRZ)です。

DCE が DCD 信号ではなく DSR を送信している

もう 1 つの一般的な SDLC の問題は、DCE または DTE の使用と、クロッキングの問題です。 通常、Cisco のルータはクロッキングを提供し、DCE ケーブルが接続されています。 これによりルータのシリアル インターフェイスが DCE として動作し、接続されたコントローラが DTE として動作します。 この構成は逆も可能です ルータのシリアル インターフェイスに接続される DTEケーブルがあり、接続 された コントローラはクロックを提供します。 デフォルトでは、シリアル インターフェイスが DTE モードで動作している場合、インターフェイスは DCD 信号を回線のアップまたはダウンのインジケータとして監視します。 通常、接続された DCE デバイスが DCD 信号を送信します。 DTE インターフェイスが DCD 信号を検出すると、インターフェイスの状態が up に変更されます。 SDLC マルチドロップ環境などの構成によっては、DCE デバイスは DCD 信号ではなく DSR 信号を送信します。この場合、インターフェイスはアップになることはできません。 インターフェイスで DCD 信号ではなく DSR 信号を回線のアップまたはダウンのインジケータとして監視するには、インターフェイス コンフィギュレーション モードで ignore-dcd コマンドを発行します。 『同期シリアル ポート設定コマンド』の ignore-dcd を参照してください。

DTE で DTR 信号が上げられていない

ルータのシリアル インターフェイスが DCE として動作する場合、発生しうる問題の 1 つに、DTE で DTR 信号が上げられない問題があります。 これは、show interface コマンドの表示出力の最後の行により確認できます。 問題の原因は、不適切なケーブル配線、不適切なピン配置(『ハードウェアの仕様およびケーブルのピン配置』を参照)、または SDLC コントローラで適切に電源投入がされない障害である可能性があります。 ブレークアウト ボックスを使用して DCE と DTE の両側からのすべての信号を確認します。 ルータのシリアル インターフェイスに接続されているケーブルの種類を判別するには、show controllers serial コマンドを発行します。 『インターフェイス コマンド』の show controllers serial を参照してください。

全二重または半二重の動作

デュプレックスは、SDLC 接続のもう 1 つの一般的な問題発生源です。 ルータ インターフェイスおよび SDLCコントローラは同一の全二重モード設定がある必要があります: 、半分または十分に。 たとえば、3174 クラスタ コントローラと、これは設定行番号 318 です: 0 は全二重方式速度を意味し、1 つは半二重速度を意味します。 ルータのシリアル インターフェイスのデフォルトは全二重です。 ルータが Modem Sharing Device(MSD; モデム共有デバイス)に接続されている場合、ルータのシリアル インターフェイスと MSD は全二重で動作する必要があります。 『LLC2 および SDLC のパラメータの設定』の「半二重モード向けの SDLC インターフェイスの設定」を参照してください。

PU 2.0 デバイスのセッション確立フロー例

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ibm-technologies/data-link-switching-dlsw-data-link-switching-plus-dlsw-/17566-dlswts6-a.gif

PU2.1 デバイスのセッション確立フロー例

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ibm-technologies/data-link-switching-dlsw-data-link-switching-plus-dlsw-/17566-dlswts6-b.gif

SDLC イベントまたはパケットのデバッグ

SDLC 用の最も一般的な debug コマンドは、debug sdlc eventdebug sdlc packet です。 これらのコマンドは、SDLC アナライ ザを使用できず、急ぎの診断が必要な場合に使用できます。 複数の SDLC アドレスが設定してある場合、すべてのアドレスについて debug 出力が表示される場合があります。 イベントのみを表示する debug sdlc packet ではなく、すべてのパケットを表示する debug sdlc event を使用してください。

注: 複数の SDLC シリアル インターフェイスを使用する場合、コマンドは SDLC が設定されたすべてのインターフェイスからデバッグを生成します。

出力を 1 つのインターフェイスに限定するには、次のコマンドを発行します。

  • debug list serial xx はインターフェイス番号)

  • debug sdlc event

debug sdlc packet コマンドはフィルタをバイパスするため、このコマンドは発行しないでください。

注意 注意: 特に設定される複数の SDLCアドレスを備えているルータで発行されたとき debug sdlc コマンドによりひどいパフォーマンス低下を引き起こす場合があります。 この debug コマンドを使用する前に、『debug コマンドの重要な情報』を参照してください。

SDLC のフレーム形式

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ibm-technologies/data-link-switching-dlsw-data-link-switching-plus-dlsw-/17566-dlswts6-c.gif

PU 2.1 の SDLC を使用した DLSw 中の SDLC パケット

http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/ibm-technologies/data-link-switching-dlsw-data-link-switching-plus-dlsw-/17566-dlswts6-d.gif

%LINK-3-UPDOWN: Interface Serial1, changed state to up

debug sdlc packet コマンドを発行した後、次のイベントが発生します。

  1. XID または BF が、SDLC ブロードキャスト アドレス FF に送信される。

    Serial1 SDLC output???????? FFBF
  2. XID が 5494 から発行される。 これは XID 形式 3 タイプ 2 であるため、debug sdlc packet コマンドを発行して、これを表示できます。

    Serial1 SDLC input
    0046C930: DDBF3244 073000DD 0000B084 00000000?? ...........d....
    0046C940: 00000001 0B000004 09000000 00070010?? ................
    0046C950: 17001611 01130012 F5F4F9F4 F0F0F2F0?? ........54940020
    0046C960: F0F0F0F0 F0F0F0F0 0E0CF4D5 C5E3C14B?? 00000000..4NETA.
    0046C970: C3D7F5F4 F9F4?????????????????????????????????????????????? CP5494

    このドキュメントにはこの XID を解析するのに必要な完全な詳細情報が記載されていませんが、次にフィールドの一部の説明を示します。

    • 073000DD???The ブロック ID および 5494 で設定される ID 番号。 これらはまとめて XID と呼ばれ、セッション ネゴシエーション中に 5494 によりピアに送信されます。

    • NETA か。か。か。拡張分散ネットワーク機能 (APPN) ネットワーク識別名 (NETID)使用されている。 通常、ピアで設定されている NETID と一致する必要があります。 この場合、ピアは AS/400 です。

    • 5494 の CP5494???The コントロール ポイント名。

  3. XID は AS/400 から発行されます。

    Serial1 SDLC output
    004BC070:???????? FFBF 324C0564 52530000 000A0800?????? ...<..........
    004BC080: 00000000 00010B30 0005BA00 00000007?? ................
    004BC090: 000E0DF4 D5C5E3C1 4BD9E3D7 F4F0F0C1?? ...4NETA.RTP400A
    004BC0A0: 1017F116 11011300 11F9F4F0 F4C6F2F5?? ..1......9404F25
    004BC0B0: F1F0F0F0 F4F5F2F5 F3460505 80000000?? 100045253.......
    004BC0C0:
    SERIAL1 SDLC INPUT
    0046C270:???????????????????????????????????? DDBF3244 073000DD?????????????????? ........
    0046C280: 0000B084 00000000 00000001 0B000004?? ...D............
    0046C290: 09000000 00070010 17001611 01130012?? ................
    0046C2A0: F5F4F9F4 F0F0F2F0 F0F0F0F0 F0F0F0F0?? 5494002000000000
    0046C2B0: 0E0CF4D5 C5E3C14B C3D7F5F4 F9F4?????????? ..4NETA.CP5494
    SERIAL1 SDLC OUTPUT
    004C0B10:???????? FFBF 324C0564 52530000 00F6C800?????? ...<.......6H.
    004C0B20: 00000080 15010B10 0005BA00 00000007?? ................
    004C0B30: 000E0DF4 D5C5E3C1 4BD9E3D7 F4F0F0C1?? ...4NETA.RTP400A
    004C0B40: 1017F116 11011300 11F9F4F0 F4C6F2F5?? ..1......9404F25
    004C0B50: F1F0F0F0 F4F5F2F5 F3460505 80150000?? 100045253.......
    004C0B60:
    SERIAL1 SDLC INPUT
    0046BBC0: DDBF3244 073000DD 0000B084 00000000?? ...........D....
    0046BBD0: 00000001 0B000004 09000000 00070010?? ................
    0046BBE0: 17001611 01130012 F5F4F9F4 F0F0F2F0?? ........54940020
    0046BBF0: F0F0F0F0 F0F0F0F0 0E0CF4D5 C5E3C14B?? 00000000..4NETA.
    0046BC00: C3D7F5F4 F9F4?????????????????????????????????????????????? CP5494
    • 05645253???The ブロック ID および AS/400 の ID 番号。

    • AS/400 の RTP400A???The コントロール ポイント名。

      これは、AS/400 の Display Network Attributes(DSPNETA)ファイルにあります。

  4. SNRM(93)および UA(73)はその行で確認できます。 SNRM よりも前には、ルータでは常にブロードキャスト アドレスが使用されていました。 これ以降、ルータでは常に DD の実際のポーリング アドレスが使用されます。

    Serial1 SDLC output???????? DD93
    Serial1 SDLC input?????????? DD73
    Serial1 SDLC output???????? DD11
    Serial1 SDLC input?????????? DD11

    AS/400 で コントローラをオフに変更すると、DISC(53)および UA(73)が表示され、セッションの SDLC 側に影 響します。

    Serial1 SDLC output DD53
    Serial1 SDLC input

    デバッグの残りは省略されています。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 17566