IBM テクノロジー : データリンク スイッチング(DLSw)および データリンク スイッチング プラス(DLSw+)

DLSw 設定のトラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2009 年 8 月 17 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、データリンク スイッチング(DLS)設定のトラブルシューティング方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

同位が接続されない場合、かどうか 2 人のルータの間で存在 する IP接続確かめて下さい。 その場合両方のローカル および リモートルータの適切な DLSw ピア文が適切なにあるかどうか、確かめて下さい。 基本的な DLSw+ コンフィギュレーションおよび詳細については DLSw IP接続問題のトラブルシューティングを参照して下さい。 リモート文がない場合、一端のローカルピア文のキーワード プロミスキャス モードを使用して下さい。 詳細については DLSw+ 設定コマンドを参照して下さい。

ネットワーク トポロジ

このセクションはどのようにで解決できるかいくつかのよくある 問題に対処し、助言を提供します。

ループ

ルーティング情報フィールド (RIF) 終了が DLSw の重要な側面であることを覚えていて下さい。 RIF はネットワークでループの容易な作成を通して大きな問題を引き起こしています。

ネットワーク トポロジ

ループの作成をトレースするトポロジーの例はここにあります。

/image/gif/paws/17563/dlswts3_a.gif

DLSwがRIFを終端していて、パケットは無限に行き来を繰り返しています。 それがピアツーピアから CANUREACH (CUR)フレーム 送信 される度に、受信者のピアは新しいエクスプローラ(RIF 無し)を作成し、それを送信 します。

ループ作成: シナリオ 1

これはエクスプローラのルートです:

  1. リング 11 内の 3174 は、エクスプローラを送信してホストに到達します。

    /image/gif/paws/17563/dlswts3_a01.gif

  2. San Francisco 1(SF1)およびブリッジがフレームをコピーします。

    /image/gif/paws/17563/dlswts3_a02.gif

  3. SF1 はピアであるロスアンジェルス 1 (LA1)に CURフレームを作成します、3174 はホストに達したいと思うことを LA1 に告げる。

    /image/gif/paws/17563/dlswts3_a03.gif

  4. サンフランシスコ 2 (SF2)はパケットを受信し、操作を繰り返します。

    /image/gif/paws/17563/dlswts3_a04.gif

  5. LA1およびLos Angeles 2(LA2)がエクスプローラを作成し、リングに送信します。

    /image/gif/paws/17563/dlswts3_a05.gif

  6. LA1 および LA2 各レシーブ エクスプローラ(作成される 1 その他)。

    /image/gif/paws/17563/dlswts3_a06.gif

    この場合問題は起こります。 双方とも3174がローカルに接続されていると判断し、各ルータはそれぞれ3174をローカルとリモートの両方で認識します。

    /image/gif/paws/17563/dlswts3_a07.gif

  7. 各側は SF1 および SF2 に CURフレームを送り、3174 からのホストのためのエクスプローラを作成します。

    /image/gif/paws/17563/dlswts3_a08.gif

  8. ルータは両方とも(SF1 および SF2)フレームを再度コピーし、ホストがローカルおよび遠隔両方であることがわかります。 DLSw はループに今割り込み、入ります。

    /image/gif/paws/17563/dlswts3_a09.gif

この場合することができる最もよい事柄はルータのためのバーチャル リングがクラウドの両方の側で丁度同じであることを確かめることです:

/image/gif/paws/17563/dlswts3_b.gif

ループ作成: シナリオ 2

クラウドの両方の側でルータは同じ仮想リング数で設定されます。 この設定は従ってエクスプローラを送信 する ルータがリングおよびルータを既に廃棄するエクスプローラを通ってしまったようにします。 LA1 が SF1 が受信する CURフレームのためのエクスプローラを生成するとき、LA2 はエクスプローラがリング 1.を既に通ったので、エクスプローラを廃棄します。 ルータは同じリングのために先頭に立たれる場合異なるブリッジ番号を設定してもらわなければなりません。 これはネットワークのLA側に該当します。 イーサネットによって、ピアをディセーブルにして下さい:

/image/gif/paws/17563/dlswts3_c.gif

イーサネットのパケットに RIF がそれ自体ありません。 従って、LAN の他のルータがブロードキャストを作成するとき、ルータはブロードキャストが他のルータまたは開始ステーションからあったかどうか確認できません。 システム ネットワーク アーキテクチャ (SNA)の場合には、ルータはパケットがローカルまたはリモートで起きるかどうか判別できません。 トークン リングからのエクスプローラに両方送信元および宛先 MACアドレスがあります。 従って、そのようなエクスプローラは実際にイーサネットのブロードキャストではないです。 むしろ、彼らはように 1 つのステーションからの別のものに directed frame 送信 されます。

このシーケンスを考慮して下さい:

  1. 3174 はホストにエクスプローラを差し向けます。

    dlswts3_c01.gif

  2. SF1 および SF2 は両方エクスプローラを使用します。

    /image/gif/paws/17563/dlswts3_c02.gif

  3. SF1およびSF2はそれぞれ、反対側(LA1およびLA2)にCURを生成します。

    /image/gif/paws/17563/dlswts3_c03.gif

  4. これらの CUR は両方ホストが応答するエクスプローラを生成します。 これが単一 経路 探索であるので、すべてのルーティング エクスプローラは応答します。

    /image/gif/paws/17563/dlswts3_c04.gif

  5. LA1 および LA2 は両方 3174 のためのこのパケットを作成する SF1 および SF2 に CURフレームを作成します。

    /image/gif/paws/17563/dlswts3_c05.gif

    問題は SF1 がイーサネットからのホストの MAC アドレスを聞き、ホストがローカルLAN 単独で常駐することを判別することです。 しかし、SF1 キャッシュで、ホストはリモートピアから応答するようです。 従って、ルータにローカルおよび遠隔両方と定義されるホストがあります。

    dlswts3_c06.gif

    DLSw はループに今割り込み、入ります。

    /image/gif/paws/17563/dlswts3_c07.gif

DLSw を固定するために、1 ピアをディセーブルにするか、またはイーサネット 冗長 機能を使用して下さい。 詳細については DLSw イーサネット冗長 設定例を参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 17563