アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco 500 シリーズ コンテンツ エンジン

Enterprise CDN Software V2.0 からV2.1 へアップグレードした後で孤立したコンテンツエンジンを復旧する方法

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Enterprise CDN ソフトウェアをアップグレードする標準手続 きはすべての Content Engine (COEs)をアップグレードし、次に置き去りになるどの COEs でも「孤立している」。のでコンテンツディストリビューションマネージャ (CDM)をアップグレードすることです

顧客 需要が原因で、この資料に CDM をアップグレードした後で孤立した COE をアップグレードする方法を示されていますこれが標準手続 きではないのに。

: シスコシステムズは孤立した COE を回復 するために CDM をダウングレード推奨しません。

ハードウェアとソフトウェアのバージョン

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Enterprise CDN ソフトウェア リリース 2.0 および 2.1
  • Cisco Content Engine 500 シリーズ
  • Cisco Content Distribution Manager (CDM)

孤児になったCOEを回復する方法

CDM をアップグレードした後次のプロセスおよび観測は孤立した COE を回復 する方法を記述します。 この例では、CDN ソフトウェア リリース 2.0 からリリース 2.1 に COEs をアップグレードする前に CDM のアップグレードに成功しました。

: ソフトウェア バージョン 2.0 および 2.1 が対応しないことを覚えていて下さい。

    CDM はアップグレードに成功しました。 デバイス コンソールに注意して下さい。 COEs はまだオンラインとして(グリーン)リストされていますが、稼働時間は 0 秒です。

    Software Update ページに戻る時、CDM だけがリストされています。

    インストール ウィザードに従って、COEs は準備ができたオンラインです; ただし、それらはコンテンツを動作するか、またはユーザインターフェイス(UI)からアップグレードされて「十分に準備ができていません」。

    デバイスの Web および File Transfer Protocol (FTP)サーバはアップおよび安定 して います。

    機能 ページから、次の再度ブートする[telnet]までの Telnet を『Enable』 を選択 し、『Set』 をクリック して下さい。

    COE にリリースを送信 するのに FTP を使用し ftp://device_ip_address/support で Webブラウザを指して下さい。 それから、Microsoft Windows Explorer からのファイルをドラッグし、ページに下記に示されているように廃棄して下さい。 サポート フォルダはこの例のために書く特権を可能にするので使用されました。

    Telnetセッションから、サポート フォルダに置いた .upg ファイルを使用してアップグレード プログラムを実行して下さい。 完全なパスがプログラムおよびファイル両方に必要となることに注意して下さい。 アップグレードが動作する間、戻るためにプロンプトを待たなければなりません。 それから、COE をリブートして下さい。

    COE は Software Update ページで今現われます。

    COE は CDN ソフトウェア リリース 2.0 インストール ウィザードが付いている連絡先を途絶えます。

    この場合 COEs がリブートされれば CDM の IP アドレスに達することができれば、上で詳述されると同じプロシージャを実行する「十分のオンライン」です。

    上のプロセスによって残りの 2 つ COEs を置いた後、CDM UI でボックスが再表示されました。

考えられる問題

不適切なファイル名

以下はキャッシュ ディレクトリに複製される .upg ファイルを使用する試みの例です。 コマンド構文は正しいです。 長いファイル名に注意して下さい。 ファイルはインポート プロセスの間にこのロングネームを取ります。

/sonoma/sys/bin/upgrade /sonoma/state/cache/V2-1-rc18.upg.22079810569421.providername.sn.data

入力 キーを押した後、次のエラーメッセージを得ます:

spdist: input not recognized as a valid spdist file (573)
install is missing from `/sonoma/state1/cache/V2-1-rc18.upg.22079810569
421.providername.sn.data'

ファイルは不完全です。 アップグレード プロセスはチェックサムを実行し、これらのテストが失敗した、アップグレードは「spdist を打ち切り、報告します: 有効な spdist ファイル(573)" エラーメッセージとして認識されない入力。

CDM のダウングレード

テストしている間、バージョン 2.1 から 2.0 に CDM をダウングレード試みました。 使用不可能な COE 両方演劇および CDM プレビューからコンテンツになされるこのダウングレード。 CDN を使用可能にするために、工場出荷時の設定および再度ブートするに CDM をリセットしなければなりません。 それから、CDM は再度使用可能ですが、すべてのコンテンツおよびチャネルは失われます。

アドオンCOEs

、そして受け取った COEs がバージョン 2.0 で製造された買ったら、そして CDN がバージョン 2.1 に既になら既存の CDN のためのアドオンCOEs をアップグレードされていたら、COEs はバージョン 2.0 CDM を定期講読されなければなりません。 このプロセスは CDM UI を使用してアップグレードするか、またはアップグレード ファイルをサポート フォルダに廃棄し、アップグレードを手動で実行するために上で詳述されたプロシージャを使用するオプションがあります。

ボックスがアップグレードされた後、Box Links ページを使用して工場出荷時の設定へリセットすることである必要があります。 それから、2.1 インストール ウィザードを使用して適切な CDM をそれらを指す必要があります。



関連情報



Document ID: 16527