ブロードバンド ケーブル : ケーブル モデム

トラブルシューティング:uBR ケーブル モデムがオンラインにならない場合

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2009 年 7 月 17 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この文書は、Cable Modem(CM; ケーブル モデム)がオンラインになり、IP 接続性を確立する前に経過するさまざまな状態について説明しています。 資料は最も広く使われた Cisco IOS を強調表示したものですか。 ソフトウェア の トラブルシューティングはどんな状態 CM がであり、モデムがその状態で着きます場合がある原因か確認するために命じます。 ケーブル モデム ターミネーション システム(CMTS)と CM の両方について、debug コマンドや show コマンドを使用して説明しています。 また、この文書では正しいステータスに到達するために実行できるいくつかの手順についても説明しています。これらの正しいステータスには online(pt)や online(d)といったいくつかの online ステータスがあります。

ケーブル モデムの初期化フローチャートと簡単な概要については、「基本的な初期化の仕組み」を参照してください。

はじめに

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントの読者は、DOCSIS プロトコルについて理解している必要があります。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

ケーブル モデムの状態に関するトラブルシューティング

CMTS で最もよく使用するコマンドは、show cable modem です。

sydney# show cable modem

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address
            Sid  State      Offset Power
Cable2/0/U0 4    online(d)  2814   -0.50  6   0   10.1.1.20       0030.96f9.65d9
Cable2/0/U0 5    online(pt) 2290   -0.25  5   0   10.1.1.25       0050.7366.2223
Cable2/0/U0 6    offline    2287   -0.25  2   0   10.1.1.26       0050.7366.2221
Cable2/0/U0 7    online(d)  2815   -0.25  6   0   10.1.1.27       0001.9659.4461

上記の State フィールドはどんなステータスに CM があるか表示します。 フィールドの値は次のいずれかになります。

CM の状態(CMTS で表示される状態) 意味
offline ケーブル モデムがオフラインと見なされました。
init(r1) ケーブル モデムが初期レンジングを送信しました。
init(r2) ケーブル モデムがレンジング中です。
init(rc) ケーブル モデムのレンジングが完了しました。
init(d) dhcp 要求を受信しました。
init(i) 受け取った DHCP応答; IP アドレスが割り当てられました
init(t) TOD 交換が開始しました。
init(o) オプション ファイル転送が開始しました。
online ケーブル モデムが登録され、データの送受信が可能になりました。
online(d) ケーブル モデムが登録されましたが、このケーブル モデムのネットワーク アクセスはディセーブルになっています。
online(pk) ケーブル モデムが登録され、BPI がイネーブルになり、KEK が割り当てられました。
online(pt) ケーブル モデムが登録され、BPI が有効になり、TEK が割り当てられました。
reject(pk) KEK モデム キーの割り当てが拒否されました。
reject(pt) TEK モデム キーの割り当てが拒否されました。
reject(m) ケーブルモデムは登録されるように試みました; 登録はでした悪い MIC (Message Integrity Check)が拒否された原因
reject(c) ケーブルモデムは登録されるように試みました; 登録はでした悪い COS (サービス クラス)が拒否された原因

CM 側での同等のコマンドは show controllers cable-modem 0 mac state であり、MAC 状態についてのフィールドを確認します。 出力の State フィールドに主に私達自身をかかわります 後者のコマンドの出力表示はかなりの量になることがあるため、該当する特定の部分だけを示します。 debug cable-modem mac log verbose コマンドの全出力は、このテクニカル ノートの最後にある「CM 側での debug の全出力」のセクションに掲載しています。

CMTS では、 debug cable interface cable x/y sid sid value verbose を使用して SID 値をフィルタリングしてから debug cable range などの他の debug コマンドを実行できます。 こうすることで、デバッグ出力が指定された SID 値に限定されるため、CMTS のパフォーマンスへの影響が小さくなります。

以降の各セクションでは、個々の状態値、考えられる原因、および正しいオンライン状態に到達するためにとりうる手順について、それぞれ説明しています。

どのような状態のトラブルシューティングを開始する場合でも、その前にすべてのケーブル モデムの状態を確認して、この状態がすべてのモデムで見られるのか、あるいは数台のみで見られるのか、また新しいネットワークで起きているか、既存のネットワークで起きているかを確認することが重要です。 既存のネットワークの場合は、最近実施した変更について調べてください。 この文書ではほとんどの部分で、すべてのケーブル モデムが問題の影響を受けること、および次のラボ トポロジが適用可能であることを前提としています。

上の設定はトラブルシューティングの目的に使用できます。

上の設定はトラブルシューティングの目的に使用できます。この設定ではケーブル TV 信号が除外されているため、RF の問題は無視できます。

uBR7100 は内蔵アップコンバータを備えているため、外部のアップコンバータは必要ありません。 詳細は、『内蔵アップコンバータの設定』を参照してください。

オフライン状態

sydney# show cable modem

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address
            Sid  State      Offset Power
Cable2/0/U0 5    offline    2290    0.00  2   0   10.1.1.25       0050.7366.2223
Cable2/0/U0 6    offline    2811    0.00  2   0   10.1.1.22       0050.7366.1e01
Cable2/0/U0 7    offline    2810   -0.50  2   0   10.1.1.20       0030.96f9.65d9
Cable2/0/U0 8    offline    2810   -0.25  2   0   10.1.1.21       0030.96f9.6605

上記の show cable modem コマンドの出力から、4 つのモデムが offline 状態になっていることがわかります。 場合によっては、モデムが他の状態を経て offline に戻ることもあります。 モデムで Quadrature Amplitude Modulation(QAM; 直交振幅変調)ロックが失敗する最も一般的な理由を次に示します。

  • ケーブル モデムがネットワークに接続されていないか、電源がオンにされていない。

  • キャリア信号が弱すぎる(ノイズが多すぎる)。

  • ダウンストリーム中心周波数が正しくない。

  • DOCSIS ファイルで指定されている周波数が正しくない。

  • ダウンストリームのデジタル QAM 変調信号が存在しない。

  • CMTS ルータの cable modem change-frequency で指定されている周波数が正しくない。

  • MCxx カード内のパディングが正しくない。

ケーブル モデム(Kuffing)側から得られた show controllers cable-modem 0 の出力の一部を次に示します。

kuffing# show controllers cable-modem 0

BCM Cable interface 0: 
CM unit 0, idb 0x8086C88C, ds 0x8086E460, regaddr = 0x2700000, reset_mask 0x80
station address 0030.96f9.65d9  default station address 0030.96f9.65d9
PLD VERSION: 1
Concatenation: ON Max bytes Q0: 2000 Q1: 2000 Q2: 2000 Q3: 2000 

MAC State is ds_channel_scanning_state, Prev States = 3
MAC mcfilter 01E02F00  data mcfilter 00000000

MAC extended header ON
DS: BCM 3300 Receiver: Chip id = BCM3300
US: BCM 3300 Transmitter: Chip id = 3300

Tuner: status=0x00
Rx: tuner_freq 529776400, symbol_rate 5361000, local_freq 11520000
    snr_estimate 166(TenthdB), ber_estimate 0, lock_threshold 26000
    QAM not in lock, FEC not in lock, qam_mode QAM_64   (Annex B)
Tx: tx_freq 27984000, symbol rate 8 (1280000 sym/sec)
     power_level: 6.0 dBmV (commanded)
                  7   (gain in US AMP units)
                  63  (BCM3300 attenuation in .4 dB units)
::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

!--- Rest of display omitted.

上記から、信号対雑音比の推定が 16.6 dB であることがわかります。 CM が 64 QAM で正常に動作するためには、この値が 30 dB 以上であることが理想的です。 Data Over Cable Service Interface Specification(DOCSIS)のダウンストリームおよびアップストリームの仕様については、『RF 仕様』および『ダウンストリーム信号の確認について』を参照してください。 場合によっては、たとえば 34 dB といった良好な Signal to Noise Ratio(SNR)が得られているのに、インパルス ノイズなどのノイズが存在することがあります。 これは多くの場合、フォワード パス スイープ トランスミッタ内にモデム信号に干渉する信号が存在することが原因で生じます。 このことはゼロ スパン モードで動作するスペクトル アナライザを使用しないと検出できません。

スペクトラム アナライザを使用したノイズ問題の調査については、『Cisco uBR7200 シリーズ ルータのケーブル ヘッドエンドへの接続』を参照してください。 インパルス ノイズの兆候には、次の show interfaces cable 2/0 upstream 0 の出力に見られるような修正不可能(uncorrectable)なエラーがあります。

sydney# show interfaces cable 2/0 upstream 0

Cable2/0: Upstream 0 is up
     Received 46942 broadcasts, 0 multicasts, 205903 unicasts
     0 discards, 12874 errors, 0 unknown protocol
     252845 packets input, 1 uncorrectable  
     12871 noise, 0 microreflections
     Total Modems On This Upstream Channel : 3 (3 active)
     Default MAC scheduler
     Queue[Rng Polls]  0/64, fifo queueing, 0 drops
     Queue[Cont Mslots]  0/104, fifo queueing, 0 drops
     Queue[CIR Grants]  0/64, fair queueing, 0 drops
     Queue[BE Grants]  0/64, fair queueing, 0 drops
     Queue[Grant Shpr]   0/64, calendar queueing, 0 drops
     Reserved slot table currently has 0 CBR entries
     Req IEs 77057520, Req/Data IEs 0
     Init Mtn IEs 1194343, Stn Mtn IEs 117174
     Long Grant IEs 46953, Short Grant IEs 70448
     Avg upstream channel utilization : 1%
     Avg percent contention slots : 96%
     Avg percent initial ranging slots : 4%
     Avg percent minislots lost on late MAPs : 0%
     Total channel bw reserved 0 bps
     CIR admission control not enforced
     Current minislot count   : 7192093    Flag: 0
     Scheduled minislot count : 7192182    Flag: 0

10,000 件につきに 1 件よりも高い頻度で修正不可能なエラーが発生している場合、おそらくインパルス ノイズが発生しています。

CM での最適な入力レベルは 0 dBmV であり、レシーバでの範囲は -15 dBmv から +15 dBmV です。 このレベルはスペクトル アナライザで測定できます。 入力が低すぎる場合は、『Cisco uBR7200 シリーズ ユニバーサル ブロードバンド ルータ ハードウェア インストレーション ガイド』に従って、アップコンバータの設定が必要になることがあります。 信号レベルが強すぎる場合は、高周波ポート接続でさらに減衰を加えることが必要になることがあります。 特定の周波数でノイズが多すぎる場合は、スペクトラム内で別の周波数の選択が必要になることがあります。

uBR7100 には内蔵アップコンバータが搭載されています。 詳細は、『内蔵アップコンバータの設定』を参照してください。

注意 注意:  問題の影響を受けているのが 1 ~ 2 台のモデムだけであり、他のモデムは正常に動いている場合は、問題がアップコンバータ側にある可能性は非常に低いと考えられます。 この状況でアップコンバータの設定を変更すると、ネットワークの残りの部分に深刻な悪影響を及ぼす可能性があります。

CM で QAM ロックができるようになっていないことを確認するには、debug cable-modem mac log verbose をオンにします。すると次のような情報が出力されます。

5w0d: 3084365.172 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                ds_channel_scannie
5w0d: 3084365.172 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      99/805790200/99770
5w0d: 3084365.176 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      98/601780000/79970
5w0d: 3084365.176 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      97/403770100/59570
5w0d: 3084365.176 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      96/73753600/115750
5w0d: 3084365.180 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      95/217760800/39770
5w0d: 3084365.180 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      94/121756000/16970
5w0d: 3084365.180 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      93/175758700/21170
5w0d: 3084365.184 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      92/79753900/857540
5w0d: 3084365.184 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      91/55752700/677530
5w0d: 3084365.188 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      90/177000000/21300
5w0d: 3084365.188 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      89/219000000/22500
5w0d: 3084365.188 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      88/141000000/17100
5w0d: 3084365.192 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      87/135012500/13500
5w0d: 3084365.192 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      86/123012500/12900
5w0d: 3084365.192 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      85/405000000/44700
5w0d: 3084365.196 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      84/339012500/39900
5w0d: 3084365.196 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      83/333025000/33300
5w0d: 3084365.200 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      82/231012500/32700
5w0d: 3084365.200 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      81/111025000/11700
5w0d: 3084365.200 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      80/93000000/105000
5w0d: 3084365.204 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      79/453000000/85500
5w0d: 3084365.204 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_SAVED_DS_FREQUENCY     453000000
5w0d: 3084366.324 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 453000000
5w0d: 3084366.324 CMAC_LOG_DS_TUNER_KEEPALIVE                 
5w0d: 3084367.440 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 453000000
5w0d: 3084368.556 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 453000000
5w0d: 3084369.672 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 459000000
5w0d: 3084370.788 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 465000000
5w0d: 3084371.904 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 471000000
5w0d: 3084373.020 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 477000000
5w0d: 3084374.136 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 483000000
5w0d: 3084375.252 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 489000000
5w0d: 3084376.368 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 495000000
5w0d: 3084376.368 CMAC_LOG_DS_TUNER_KEEPALIVE                 
5w0d: 3084377.484 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 501000000
5w0d: 3084378.600 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 507000000
5w0d: 3084379.716 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 513000000
5w0d: 3084380.832 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 519000000
5w0d: 3084381.948 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 525000000
:::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::                 ::::::::::

ケーブル モデムが先に特定のダウンストリーム周波数にロックされていると、設定が消去されない限り、必ず同じ周波数でスキャンを開始するようになります (デバッグの出力例を参照してください)。 ダウンストリーム周波数の値がすでに変更されている場合は、別の周波数にロックされない限り、ケーブル モデムは他の周波数のスキャンを続けます。 いったんロックされた周波数は、次回のスキャンのために新しい値として保存されます。 CMTS での設定コマンド cable downstream frequency には実効がなく、内蔵アップコンバータが搭載されている uBR7100 の場合を除いては、アップコンバータの出力周波数には影響しないことも注意すべき点です。 12.1 よりも前のバージョンの Cisco IOS では、CM で表示と設定が可能な cable-modem downstream saved channel コマンドが自動的に追加されます。 12.1 以降では、このコマンドはコンフィギュレーション内で設定も表示もできなくなっています。

CM で QAM ロックが失敗する別の理由として、アップコンバータで設定されているダウンストリーム中心周波数が正しくないことがあります。たとえば、北米の標準 6 MHz チャネル帯域に対応した National Television Systems Committee(NTSC)周波数マップによれば、チャネル 100-100 は中心周波数を 651 MHz とする 648.0~654.0 を使用しています。 アップコンバータのほとんどは中心ビデオ キャリア周波数を使用しています。 しかし、アップコンバータ GI C6U または C8U では、中心周波数よりも 1.75MHz 低い周波数が使用されており、チャネル 100 では周波数を 649.25 MHz に設定する必要があります。 GI アップコンバータがこの周波数を使用する理由については、『ケーブル無線周波数(RF)FAQ』(登録ユーザ専用)を参照してください。

もう 1 つのよくある誤りとして、DOCSIS CPE Configurator において Radio Frequency Info の下の Downstream Frequency フィールドに正しくない周波数値を指定していることがあります。 通常、このオプションの下で周波数値を指定する必要はありません。 しかし、特定のモデムで異なる周波数でロックしなければならないなどの場合は、すでに説明したように適正な周波数値を選択する必要があります。 次のデバッグはこのことを具体的に示しています。この例では、CM が初期状態で 453 MHz にロックされ、その後 DOCSIS コンフィギュレーション ファイルで指定された 535.25 MHz にロックされます。これによってモデムがリセットし、このプロセスが無限に繰り返されます。

4d00h: 345773.916 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_SAVED_DS_FREQUENCY     453000000
4d00h: 345774.956 CMAC_LOG_UCD_MSG_RCVD                       1
4d00h: 345775.788 CMAC_LOG_DS_64QAM_LOCK_ACQUIRED             453000000

4d00h: 345775.792 CMAC_LOG_DS_CHANNEL_SCAN_COMPLETED          
4d00h: 345775.794 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       wait_ucd_state
4d00h: 345776.946 CMAC_LOG_UCD_MSG_RCVD                       1
4d00h: 345778.960 CMAC_LOG_UCD_MSG_RCVD                       1
4d00h: 345778.962 CMAC_LOG_ALL_UCDS_FOUND                     
4d00h: 345778.966 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       wait_map_state
4d00h: 345778.968 CMAC_LOG_FOUND_US_CHANNEL                   1
4d00h: 345780.996 CMAC_LOG_UCD_MSG_RCVD                       1
4d00h: 345781.000 CMAC_LOG_UCD_NEW_US_FREQUENCY               27984000
4d00h: 345781.004 CMAC_LOG_SLOT_SIZE_CHANGED                  8
4d00h: 345781.084 CMAC_LOG_UCD_UPDATED                        
4d00h: 345781.210 CMAC_LOG_MAP_MSG_RCVD                       
4d00h: 345781.212 CMAC_LOG_INITIAL_RANGING_MINISLOTS          40
4d00h: 345781.216 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       ranging_1_state
4d00h: 345781.220 CMAC_LOG_RANGING_OFFSET_SET_TO              9610
4d00h: 345781.222 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS                     22.0  dBmV (comma)
4d00h: 345781.226 CMAC_LOG_STARTING_RANGING                   
4d00h: 345781.228 CMAC_LOG_RANGING_BACKOFF_SET                0
4d00h: 345781.232 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED                     0
4d00h: 345781.272 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
4d00h: 345781.280 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
4d00h: 345781.282 CMAC_LOG_RNG_RSP_SID_ASSIGNED               3
4d00h: 345781.284 CMAC_LOG_ADJUST_RANGING_OFFSET              2288
4d00h: 345781.288 CMAC_LOG_RANGING_OFFSET_SET_TO              11898
4d00h: 345781.292 CMAC_LOG_ADJUST_TX_POWER                    7
4d00h: 345781.294 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS                     24.0  dBmV (comma)
4d00h: 345781.298 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       ranging_2_state
4d00h: 345781.302 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED                     3
4d00h: 345782.298 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
4d00h: 345782.300 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
4d00h: 345782.304 CMAC_LOG_RANGING_SUCCESS                    
4d00h: 345782.316 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       dhcp_state
4d00h: 345782.450 CMAC_LOG_DHCP_ASSIGNED_IP_ADDRESS           10.1.1.25
4d00h: 345782.452 CMAC_LOG_DHCP_TFTP_SERVER_ADDRESS           172.17.110.136
4d00h: 345782.456 CMAC_LOG_DHCP_TOD_SERVER_ADDRESS            172.17.110.136
4d00h: 345782.460 CMAC_LOG_DHCP_SET_GATEWAY_ADDRESS           
4d00h: 345782.464 CMAC_LOG_DHCP_TZ_OFFSET                     0
4d00h: 345782.466 CMAC_LOG_DHCP_CONFIG_FILE_NAME              frequency.cm
4d00h: 345782.470 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_SEC_SVR_ADDR  
4d00h: 345782.474 CMAC_LOG_DHCP_COMPLETE                      
4d00h: 345782.598 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_tod_state
4d00h: 345782.606 CMAC_LOG_TOD_REQUEST_SENT                   
4d00h: 345782.620 CMAC_LOG_TOD_REPLY_RECEIVED                 3178880491
4d00h: 345782.628 CMAC_LOG_TOD_COMPLETE                       
4d00h: 345782.630 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       security_associate_state
4d00h: 345782.634 CMAC_LOG_SECURITY_BYPASSED                  
4d00h: 345782.636 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       configuration_file
4d00h: 345782.640 CMAC_LOG_LOADING_CONFIG_FILE                frequency.cm
4d00h: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface cable-modem0, changed state to up
4d00h: 345783.678 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_PROCESS_COMPLETE       
4d00h: 345783.682 CMAC_LOG_DS_FREQ_OVERRIDE                   535250000  
4d00h: 345783.686 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_hardware_state
4d00h: 345784.048 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       wait_for_link_up_state 
4d00h: 345784.052 CMAC_LOG_DRIVER_INIT_IDB_RESET              0x082A5226
4d00h: 345784.054 CMAC_LOG_LINK_DOWN                          
4d00h: 345784.056 CMAC_LOG_LINK_UP                            
4d00h: 345784.062 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       ds_channel_scanning_state
4d00h: 345785.198 CMAC_LOG_DS_NO_QAM_FEC_LOCK                 535250000
4d00h: 345785.212 CMAC_LOG_DS_TUNER_KEEPALIVE                 
4d00h: 345787.018 CMAC_LOG_UCD_MSG_RCVD                       1
4d00h: 345787.022 CMAC_LOG_DS_64QAM_LOCK_ACQUIRED             453000000

周波数は上書きされています。

CMTS ルータで cable modem change-frequency により誤った周波数が設定されていると、CM が周波数を切り替えてしまうことがあり、CMTS で設定されている周波数が注意深く選択されていないと、上記のような結果になります。 CMTS の cable modem change-frequency コマンドはオプションであり、通常はデフォルトで省略されています。

ダウンストリーム チャネルの取得が完了すると、次のタスクとして、適切なアップストリーム チャネルの特定が行われます。 モデムは DOCSIS のセクション 4 で説明されているバースト記述でアップストリーム周波数、変調、チャネル幅および定義される他のパラメータのようなアップストリームチャンネルの物理的特性が含まれているアップストリームチャンネル記述子(UCD)を聞き取りますleavingcisco.com

モデムが使用可能な UCD を見つけられない場合、そのモデムはアップストリーム サービスの提供されていないダウンストリーム チャネル上にある可能性があります。 これはおそらくヘッドエンドの設定ミスです。 show controllers cable コマンドから始めるのが適切です。 モデムが UCD を見つけられない別の理由としては、そのハードウェアまたは MAC がバーストディスクリプタ内のパラメータをサポートしていないことが考えられます。 これは、ヘッドエンドの設定ミスか、あるいはモデムが DOCSIS に準拠していない可能性があります。

使用可能な UCD が見つかると、モデムは MAP(帯域割り当てマップ)メッセージの受信を開始します。MAP にはアップストリームの帯域割り当て時間マップが含まれています。 時間のセクションが各ミニスロットにマップされ、個々のモデムに割り当てられます。 MAP には、ブロードキャスト、コンテンション ベースの初期メンテナンス(またはブロードキャスト)レンジング用の領域もあります。 モデムは、CMTS がレンジング応答(RNG-RSP)で応答するまで、MAP のこれらの領域にモデム自身の初期レンジング要求を送信する必要があります。

T2 タイマーが切れるまでに初期メンテナンス領域を見付けられないモデムは、ヘッドエンドの設定が誤っていると考えられます。 CMTS でケーブル インターフェイスの insertion-interval もチェックする必要があります。 insertion-intervalは細かい調整ができるパラメータとして使用され、登録時にモデムが DHCP サーバにアクセスするのを CMTS がどのくらい迅速に許可するかを制御します。したがって、さまざまな原因による停止状態が長く続いた後での DHCP、TFTP、TOD サーバの負荷を間接的に制御できます。 このパラメータは、ネットワークを回復するための時間の長さを直接制御します。

注意 注意: 注意:insertion-interval の設定が正しくないと、モデムが何時間もオフラインの状態になります。一方でプdebロビジョニング サーバの負荷はゼロになります。 insertion-interval の最適な値は automatic です。

『CMTS における RF または設定の問題の特定』では、ケーブル設備における RF の問題について非常に詳しく説明しています。

レンジング プロセス:init(r1)、init(r2)、および init(rc)状態

このステージでは、CM はレンジング プロセスを開始し、望ましい入力電力レベルで CMTS に到達するために必要な送信電力レベルを計算します。 通常良好とされる送信電力は、実稼動ネットワークにおいておよそ 40~50 dBmV です。 ハードウェアによってはこれと異なる場合もあります。 ダウンストリーム チャネルと同様に、アップストリーム チャネル内のキャリアも CMTS レシーバがシンボルを識別できるだけの十分な強さを持つ必要があります。 信号が強すぎると、リターン RF ネットワークのアクティブ転送における歪みや混変調が起こり、ビット エラー率が増加します。また、全データを損失するおそれもあります。 これは信号のクリッピングが原因となって起こります。

CM はレンジング要求(RNG-REQ)メッセージを CMTS に送り、レンジング応答(RNG-RSP)メッセージが送り返されてくるか、または T3 タイマーが切れるのを待ちます。 T3 のタイムアウトが発生した場合は、リトライ回数がインクリメントされます。 リトライ回数がリトライ最大回数よりも少なければ、モデムは、より高い電力レベルで別の RNG-REQ を送信します。 レンジング プロセスは MAP の初期メンテナンス領域またはブロードキャスト領域で発生します。これは、CMTS が、MAP 内のユニキャスト送信に使用する Service Identifier(SID)をまだモデムに割り当てていないためです。 このため、ブロードキャスト レンジングはコンテンション ベースとなり、コリジョンの影響を受けます。 これを補正するため、モデムは RNG-REQ 送信の間のランダムなバックオフ時間を計算するためのレンジング バックオフ アルゴリズムを備えています。 この設定には、cable upstream range-backoff コマンドを使用します。 送信電力が CMTS に対して十分なレベルに達すると、CMTS は一時的な SID を含む RNG-RSP で RNG-REQ に応答します。 この SID は、ユニキャスト レンジングで使用される MAP 内のユニキャスト送信領域の識別に使用されます。

次の出力では、SID 6 の CM が init(r1) 状態で、CM が初期レンジング状態から先に進めないでいることがわかります。

sydney#show cable modem
Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address
            Sid  State      Offset Power
Cable2/0/U0 5    offline    2287    0.00  2   0   10.1.1.25       0050.7366.2223
Cable2/0/U0 6    init(r1)   2813    12.00 2   0   10.1.1.22       0050.7366.1e01
Cable2/0/U0 7    offline    2810    0.25  2   0   10.1.1.20       0030.96f9.65d9

次のデバッグでは、CM がレンジング プロセスの実行にどのように失敗したか、また T3 タイマーが切れた後のリセット、およびリトライ回数が超過したことがわかります。 CMTS から送信され、CM に電力を調整するよう指示している CMAC_LOG_ADJUST_TX_POWER メッセージに注意してください。

1w3d: 871160.618 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       ranging_1_state
1w3d: 871160.618 CMAC_LOG_RANGING_OFFSET_SET_TO              9610

1w3d: 871160.622 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS                     19.0  dBmV (comman)
1w3d: 871160.622 CMAC_LOG_STARTING_RANGING                   
1w3d: 871160.622 CMAC_LOG_RANGING_BACKOFF_SET                0
1w3d: 871160.622 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED                     0
1w3d: 871160.678 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w3d: 871160.682 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
1w3d: 871160.682 CMAC_LOG_RNG_RSP_SID_ASSIGNED               6
1w3d: 871160.682 CMAC_LOG_ADJUST_RANGING_OFFSET              2813
1w3d: 871160.682 CMAC_LOG_RANGING_OFFSET_SET_TO              12423
1w3d: 871160.686 CMAC_LOG_ADJUST_TX_POWER                    -48
1w3d: 871160.686 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       ranging_2_state
1w3d: 871160.686 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED                     6
1w3d: 871161.690 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED             
1w3d: 871161.690 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                  
1w3d: 871161.694 CMAC_LOG_ADJUST_TX_POWER                    -36
1w3d: 871161.694 CMAC_LOG_RANGING_CONTINUE                   
1w3d: 871162.698 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w3d: 871162.898 CMAC_LOG_T3_TIMER                           
1w3d: 871163.734 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w3d: 871163.934 CMAC_LOG_T3_TIMER                           
1w3d: 871164.766 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w3d: 871164.966 CMAC_LOG_T3_TIMER                           
131.CABLEMODEM.CISCO: 1w3d: %UBR900-3-RESET_T3_RETRIES_EXHAUSTED: R03.0 Ranging 
1w3d: 871164.966 CMAC_LOG_RESET_T3_RETRIES_EXHAUSTED         
1w3d: 871164.966 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_interface_state
1w3d: 871164.966 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_hardware_state

init(r1) は ranging_1_state、および init(r2) は ranging_2_state です。次のコマンドを実行すると、CM の送信電力を表示することができます。

Staryn# show controllers  cable-modem 0

BCM Cable interface 0: 
CM unit 0, idb 0x2010AC, ds 0x86213E0, regaddr = 0x800000, reset_mask 0x80
station address 0050.7366.2223  default station address 0050.7366.2223
PLD VERSION: 32

MAC State is wait_for_link_up_state, Prev States = 2
MAC mcfilter 00000000  data mcfilter 00000000

MAC extended header ON
DS: BCM 3116 Receiver: Chip id = 2
US: BCM 3037 Transmitter: Chip id = 30AC

Tuner: status=0x00
Rx: tuner_freq 0, symbol_rate 5055932, local_freq 11520000
    snr_estimate 30640, ber_estimate 0, lock_threshold 26000
    QAM not in lock, FEC not in lock, qam_mode QAM_64
Tx: tx_freq 27984000, power_level 0x20 (8.0 dBmV), symbol_rate 8 (1280000 sym/s)

モデムがレンジング状態から先に進めない場合は、送信電力レベルが十分でないことが原因と考えられます。 上記の設定では、低周波ポートでの減衰を調整することで送信電力を調整できます。 減衰を増やすと、結果的に送信電力レベルが上昇します。 およそ 20 ~ 30 dB の減衰から始めるとよいでしょう。 初期レンジング init(r1)の後、モデムは init(r2)に進みます。init(r2)では、モデムからの送信が正しいタイミングで受信され、なおかつ、その送信が CMTS レシーバでの入力電力レベルの許容範囲に収まるようにするため、モデムは送信のタイミング オフセットと電力レベルを設定する必要があります。 この設定はユニキャストの RNG-REQ および RNG-RSP メッセージのやり取りを通じて実行されます。 RNG-RSP メッセージには、モデムで実行しなければならない電力およびタイミング オフセットの訂正値が含まれています。 モデムは、RNG-RSP メッセージでレンジングの成功が示されるか、または init(rc)状態への到達によってレンジングが完了するまで RNG-REQ を送信し続け、RNG-RSP ごとに調整を実行します。 モデムが init(r2)から先に進めない場合は、送信電力を調整する必要があります。 init(r2)状態の CM の出力表示を次に示します。

sydney# show cable modem

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address
            Sid  State      Offset Power
Cable2/0/U0 5    init(r2)   2289   *4.00  2   0   10.1.1.25       0050.7366.2223
Cable2/0/U0 6    online     2811   -0.25  5   0   10.1.1.22       0050.7366.1e01
Cable2/0/U0 7    online     2811   -0.50  5   0   10.1.1.20       0030.96f9.65d9

ノイズパワーの調整方法がこのモデムのためにアクティブであることを示す Rec Power カラムの隣の*シンボル。 見れば! this means the modem has reached its maximum transmit power.

CMTS 側:

sydney# conf t

Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
sydney(config)#access-list 101 permit ip host 10.1.1.10 host 172.17.110.136
sydney(config)#access-list 101 permit ip host 172.17.110.136 host 10.1.1.10
sydney(config)#^Z

where 10.1.1.10 is ip address of Cable interface on the CMTS
and 172.17.110.136 is ip address of DHCP server

sydney# debug list 101

sydney# debug ip packet detail

IP packet debugging is on
        for access list: 101  
 (detailed)
sydney#

2w5d: IP: s=10.1.1.10 (local), d=172.17.110.136 (Ethernet1/0), len 604, sending

2w5d:     UDP src=67, dst=67
2w5d: IP: s=172.17.110.136 (Ethernet1/0), d=10.1.1.10, len 328, rcvd 4
2w5d:     UDP src=67, dst=67

これがテスト用または実験環境のルータである場合は、debug ip udp も使用できます。

sydney# debug ip udp

2w5d: UDP: rcvd src=0.0.0.0(68), dst=255.255.255.255(67), length=584
2w5d: UDP: sent src=10.1.1.10(67), dst=172.17.110.136(67), length=604
2w5d: UDP: rcvd src=172.17.110.136(67), dst=10.1.1.10(67), length=308
2w5d: UDP: sent src=0.0.0.0(67), dst=255.255.255.255(68), length=328
2w5d: UDP: rcvd src=0.0.0.0(68), dst=255.255.255.255(67), length=584
2w5d: UDP: sent src=10.1.1.10(67), dst=172.17.110.136(67), length=604
2w5d: UDP: rcvd src=172.17.110.136(67), dst=10.1.1.10(67), length=308
2w5d: UDP: sent src=0.0.0.0(67), dst=255.255.255.255(68), length=328

注意 注意: 注意:debug ip udp コマンドは、Universal Broadband RouteruBR; ユニバーサル ブロードバンド ルータ)では、アクセス リストと組み合せて使用することはできません。これを実行すると、デバッグを継続するために uBR でシステムが停止する可能性があります。 この場合、すべてのモデムが同期を失うおそれがあり、デバッグの意味がなくなります。 CMTS で送受信される IP パケットをトレースするにはできるだけネットワーク アナライザを使用し、debug ip コマンドは最後の手段として使用することを推奨いたします。

上記のアクセス リストはグローバルに設定されており、IP の動作には影響ありません。 これは debug ip packet detail の実行時には、指定した IP アドレスへのデバッグを制限するために使用されます。 まず最初に debug list 101 を実行するようにしてください。

デバッグ メッセージの間にパケットが見られない場合は、このモデムが接続されているケーブル インターフェイスの cable helper-address 設定文による設定を確認してください。 これが正常に設定されていて、DHCP サーバ サブネットのパケット トレースでもモデムからの DHCP パケットがまったく見られない場合は、モデムのケーブル インターフェイスの出力エラーか、または uBR のケーブル インターフェイスの入力エラーを調べてみてください。

DHCP サーバ サブネットに送信されているパケットがあれば、モデムのデバッグ メッセージを再度チェックして、パラメータの要求または割り当てに関するエラーがないかを調べます。 これはモデムと DHCP サーバ間のルーティングを調べるトラブルシューティング ステージです。 また、DHCP サーバの設定や DHCP のログについても再度チェックすることを推奨いたします。

CM で debug cable-modem mac log verbose コマンドを実行して得られたデバッグ例を次に示します。

1w3d: 865015.920 CMAC_LOG_RANGING_SUCCESS                    
1w3d: 865015.920 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       dhcp_state             
1w3d: 865053.580 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w3d: 865053.584 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
1w3d: 865055.924 CMAC_LOG_WATCHDOG_TIMER                     
131.CABLEMODEM.CISCO: 1w3d: %UBR900-3-RESET_DHCP_WATCHDOG_EXPIRED: 
Cable Interface Reset due to DHCP watchdog timer expiration
1w3d: 865055.924 CMAC_LOG_RESET_DHCP_WATCHDOG_EXPIRED        
1w3d: 865055.924 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_interface_state
1w3d: 865055.924 CMAC_LOG_DHCP_PROCESS_KILLED                
1w3d: 865055.924 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_hardware_state

上の例では、DHCP プロセスが失敗し、ケーブル モデムがリセットされたことがわかります。

Cisco Network Registrar(CNR; Cisco ネットワーク レジストラ)を使用している場合は、『Cisco Network Registrar のデバッグを使用したケーブル ネットワークにおける DHCP 問題のトラブルシューティング』が init(d) のトラブルシューティングに役立ちます。 このドキュメントには、CNR でのデバッグの使用方法についての詳細な説明があります。

DHCP - init(d) 状態

レンジングが成功すると、次のステージとして DHCP によるネットワーク コンフィギュレーションの取得が行われます。 CM は DHCP 要求を送り、CMTS はこれらの DHCP パケットを両方の方向に中継します。 次に示すのは show cable modem の出力で、SID 7 のモデムが init(d) 状態であり、ケーブル モデムから DHCP 要求を受信したことを示しています。

sydney# show cable modem

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address
            Sid  State      Offset Power
Cable2/0/U0 7    init(d)    2811    0.25  2   0   10.1.1.20       0030.96f9.65d9
Cable2/0/U0 8    online     2813    0.25  3   0   10.1.1.21       0030.96f9.6605
Cable2/0/U0 9    online     2812   -0.75  3   0   10.1.1.22       0050.7366.1e01

このケーブル モデムでは、init(r1) から init(d) への循環が無限に繰り返されています。 考えられる原因を次に示します。

  • CMTS に cable helper-address ip アドレス コマンドがないか、またはip アドレス が正しくない。

  • CMTS から DHCP サーバへの IP 接続性に関する問題。

  • DHCP サーバのダウン。

  • 間違ったデフォルト ゲートウェイが DHCP サーバで設定されている。

  • CM で伝送パワーが低いことや、アップストリーム SNR が低いことについては、『RF 仕様』を参照してください。

  • DHCP サーバの過負荷。

  • DHCP サーバによって割り当てられる IP アドレスが枯渇した。

  • モデム用に予約されている IP アドレスが正しくないスコープにある。これについては『Network Registrar GUI ユーザ ガイド』の「IP アドレスの管理について」を参照してください。

DHCP サーバで正しいデフォルト ゲートウェイが設定されていることを確認してください。 IP 接続性を確認する方法の 1 つとして、拡張 ping を使用し、発信元 IP として CMTS ケーブル インターフェイスで設定されたプライマリ アドレス、宛先として DHCP サーバの IP アドレスを指定する方法があります。 同様にセカンダリ IP アドレスを発信元アドレスとして拡張 ping を実行すれば、CPE に IP 接続性があることを確認できます。 「CMTS の設定例」を参照してください。

DHCP プロセスは、ケーブル モデムからブロードキャスト DHCP DISCOVER メッセージが送信されることで始まります。 DHCP サーバが DISCOVER に OFFER で応答した場合、モデムは提示された設定に対して REQUEST を送信できます。 DHCP サーバは確認応答(ACK)または否定応答(NAK)で応答する可能性があります。 NAK になる原因としては、互換性のない IP アドレスおよびゲートウェイ アドレスが考えられます。この状況は、あるダウンストリーム チャネルから異なるサブネット上にある別のダウンストリーム チャネルにモデムがホップした場合に起こることがあります。 モデムがリースの更新を要求した場合、DHCP REQUEST メッセージの IP アドレスとゲートウェイ アドレスは異なるネットワーク番号であり、DHCP サーバは NAKで REQUEST を拒否します。 このような状況になることはまれであり、モデムは単にリースを解放して DHCP DISCOVER メッセージをやり直します。

しばしば、DHCP 状態のエラーが NAK ではなくタイムアウトとして現れることがあります。 DHCP メッセージの順序は、DISCOVER、OFFER、REQUEST、ACK の順になるはずです。 モデムが DISCOVER を送信していて DHCP サーバからの OFFER 応答がない場合は、CMTS で IP デバッグをオンにしてください。 これには次の手順を実行します。

DHCP - init(i) 状態

DHCP 要求への応答を受信して IP アドレスがケーブル モデムに割り当てられると、show cable modem で出力される状態は init(i) になります。

sydney# show cable modem

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address
            Sid  State      Offset Power
Cable2/0/U0 7    init(i)    2815   -0.25  2   0   10.1.1.20       0030.96f9.65d9
Cable2/0/U0 8    online     2813    0.25  3   0   10.1.1.21       0030.96f9.6605
Cable2/0/U0 9    online     2812    0.50  3   0   10.1.1.22       0050.7366.1e01

上記から、SID 7 のケーブル モデムが init(i) の状態から先に進めないでいることがわかります。 show cable modem を繰り返し実行すると、通常はこのケーブル モデムが init(r1)、init(r2)、init(rc)、init(d)、および init(i) を無限に循環していることが表示されます。

ケーブル モデムが init(i)から先に進まない原因としては、いくつかの理由が考えられます。 最もよくある理由を次に示します。

  • DHCP サーバで指定されている DOCSIS ファイルが正しくないか、または無効である。

  • TFTP サーバの問題。IP アドレスが正しくない、TFTP サーバが到達不可能であるなど。

  • TOD またはタイミング オフセットの取得に関する問題。

  • DHCP コンフィギュレーション内の Router の設定が正しくない。

ケーブル モデムは init(i)までは到達しているので、IP アドレスの取得までは完了していることがわかります。 このことは、次に示すこのケーブル モデムでの debug cable-modem mac log verbose の出力ではっきりと示されています。

3d20h: 334402.548 CMAC_LOG_RANGING_SUCCESS                 
3d20h: 334402.548 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       dhcp_state        
3d20h: 334415.492 CMAC_LOG_DHCP_ASSIGNED_IP_ADDRESS           10.1.1.20 

!--- IP address Assigned to CM.

3d20h: 334415.492 CMAC_LOG_DHCP_TFTP_SERVER_ADDRESS           172.17.110.136
3d20h: 334415.492 CMAC_LOG_DHCP_TOD_SERVER_ADDRESS            172.17.110.136
3d20h: 334415.492 CMAC_LOG_DHCP_SET_GATEWAY_ADDRESS           
3d20h: 334415.492 CMAC_LOG_DHCP_TZ_OFFSET                     0
3d20h: 334415.496 CMAC_LOG_DHCP_CONFIG_FILE_NAME              nofile 

!--- DOCSIS file CM is trying to load.

3d20h: 334415.496 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_SEC_SVR_ADDR  
3d20h: 334415.496 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_LOG_ADDRESS   
3d20h: 334415.496 CMAC_LOG_DHCP_COMPLETE                      
3d20h: 334415.508 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_tod_state
3d20h: 334415.512 CMAC_LOG_TOD_REQUEST_SENT                   172.17.110.136
3d20h: 334415.524 CMAC_LOG_TOD_REPLY_RECEIVED                 3178343318
3d20h: 334415.524 CMAC_LOG_TOD_COMPLETE                       
3d20h: 334415.528 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       security_association_state
3d20h: 334415.528 CMAC_LOG_SECURITY_BYPASSED                  
3d20h: 334415.528 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       configuration_file
3d20h: 334415.528 CMAC_LOG_LOADING_CONFIG_FILE                nofile     


!--- DOCSIS file name.

133.CABLEMODEM.CISCO: 3d20h: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface cap
3d20h: 334416.544 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_TFTP_FAILED            -1
3d20h: 334416.548 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_PROCESS_COMPLETE       
3d20h: 334416.548 CMAC_LOG_RESET_CONFIG_FILE_READ_FAILED

同様に、TFTP サーバに関する問題でも同じようなエラーが見られ、結果として CM がリセットして同じプロセスを無限に循環することになります。

3d21h: 336136.520 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       dhcp_state               
3d21h: 336149.404 CMAC_LOG_DHCP_ASSIGNED_IP_ADDRESS           10.1.1.20
3d21h: 336149.404 CMAC_LOG_DHCP_TFTP_SERVER_ADDRESS           172.17.110.100 

!--- Incorrect TFTP Server address.

3d21h: 336149.404 CMAC_LOG_DHCP_TOD_SERVER_ADDRESS            172.17.110.136
3d21h: 336149.404 CMAC_LOG_DHCP_SET_GATEWAY_ADDRESS           
3d21h: 336149.404 CMAC_LOG_DHCP_TZ_OFFSET                     0
3d21h: 336149.408 CMAC_LOG_DHCP_CONFIG_FILE_NAME              platinum.cm
3d21h: 336149.408 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_SEC_SVR_ADDR  
3d21h: 336149.408 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_LOG_ADDRESS   
3d21h: 336149.408 CMAC_LOG_DHCP_COMPLETE                      
3d21h: 336149.420 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_tod_state
3d21h: 336149.424 CMAC_LOG_TOD_REQUEST_SENT                   172.17.110.136
3d21h: 336149.436 CMAC_LOG_TOD_REPLY_RECEIVED                 3178345052
3d21h: 336149.436 CMAC_LOG_TOD_COMPLETE                       
3d21h: 336149.440 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       security_association_state
3d21h: 336149.440 CMAC_LOG_SECURITY_BYPASSED                  
3d21h: 336149.440 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       configuration_file
3d21h: 336149.440 CMAC_LOG_LOADING_CONFIG_FILE                platinum.cm
133.CABLEMODEM.CISCO: 3d21h: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface cap           
3d21h: 336163.252 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
3d21h: 336163.252 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
3d21h: 336165.448 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_TFTP_FAILED            -1 

!--- TFTP process failing.

3d21h: 336165.448 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_PROCESS_COMPLETE       
3d21h: 336165.452 CMAC_LOG_RESET_CONFIG_FILE_READ_FAILED      
3d21h: 336165.452 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_interface_state

TFTP サーバをテストする方法として、DOCSIS コンフィギュレーション ファイルなどの小さなファイルを CMTS のフラッシュ カードにダウンロードしてみる方法があります。 これには、copy tftp flash コマンドを使用します。 下記の出力のそれがそこに platinum.cm と名付けられたファイルを開くことを試みるエラーだったことを注意して下さい。 この原因は、CMTS が TFTP サーバの IP アドレス 172.17.110.100 に接続できないためです。なぜなら、172.17.110.100 は偽アドレスだからです。

sydney# copy tftp flash

Address or name of remote host []? 172.17.110.100

Source filename []? platinum.cm

Destination filename [platinum.cm]? 

Accessing tftp://172.17.110.100/platinum.cm...

%Error opening tftp://172.17.110.100/platinum.cm (Permission denied)

sydney#

ここで、TFTP サーバへの接続をチェックする必要があります。

Time of Day(TOD)やタイミング オフセットを取得する問題でも、モデムがオンライン状態にならないことが生じます。

3d21h: 338322.500 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       dhcp_state              
3d21h: 338334.260 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
3d21h: 338334.260 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
3d21h: 338335.424 CMAC_LOG_DHCP_ASSIGNED_IP_ADDRESS           10.1.1.20
3d21h: 338335.424 CMAC_LOG_DHCP_TFTP_SERVER_ADDRESS           172.17.110.136
3d21h: 338335.424 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_TOD_ADDRESS   
3d21h: 338335.424 CMAC_LOG_DHCP_SET_GATEWAY_ADDRESS           
3d21h: 338335.424 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_TZ_OFFSET     
3d21h: 338335.424 CMAC_LOG_DHCP_CONFIG_FILE_NAME              platinum.cm
3d21h: 338335.428 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_SEC_SVR_ADDR  
3d21h: 338335.428 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_LOG_ADDRESS   
3d21h: 338335.428 CMAC_LOG_DHCP_COMPLETE                      
3d21h: 338335.428 CMAC_LOG_RESET_DHCP_FAILED                  
3d21h: 338335.432 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_interface_state
3d21h: 338335.432 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_hardware_state
3d21h: 338336.016 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       wait_for_link_up_state

Cisco IOS ソフトウェア リリース バージョン 12.1(1) よりも前のバージョンでは、ケーブル モデムをオンラインにするために、TOD を DHCP サーバで指定する必要がありました。 しかし、Cisco IOS ソフトウェア リリース バージョン 12.1(1)以降では TOD は必要ありません。ただし、ケーブル モデムでは、次のデバッグに示すように引き続きタイミング オフセットを取得する必要があります。

344374.528 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       dhcp_state
344377.292 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
344377.292 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                                    
344387.412 CMAC_LOG_DHCP_ASSIGNED_IP_ADDRESS           10.1.1.20
344387.412 CMAC_LOG_DHCP_TFTP_SERVER_ADDRESS           172.17.110.136 
344387.412 CMAC_LOG_DHCP_TOD_SERVER_ADDRESS            172.17.110.136  

!--- TOD server IP address obtained.

344387.412 CMAC_LOG_DHCP_SET_GATEWAY_ADDRESS           
344387.412 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_TZ_OFFSET             

!---  Timing offset not specified in DHCP server.

344387.412 CMAC_LOG_DHCP_CONFIG_FILE_NAME              platinum.cm
344387.412 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_SEC_SVR_ADDR  
344387.412 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_LOG_ADDRESS   
344387.412 CMAC_LOG_DHCP_COMPLETE                      
344387.412 CMAC_LOG_RESET_DHCP_FAILED                  
344387.412 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_interface_state 

!--- Modem resetting.

次のデバックでは、no time-server を指定していますが、DHCP サーバでタイミング オフセットが設定されているため、ケーブル モデムがオンラインになっています。

3d23h: 345297.516 CMAC_LOG_DHCP_ASSIGNED_IP_ADDRESS           10.1.1.20
3d23h: 345297.516 CMAC_LOG_DHCP_TFTP_SERVER_ADDRESS           172.17.110.136
3d23h: 345297.516 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_TOD_ADDRESS   
3d23h: 345297.516 CMAC_LOG_DHCP_SET_GATEWAY_ADDRESS           
3d23h: 345297.516 CMAC_LOG_DHCP_TZ_OFFSET                     
03d23h: 345297.516 CMAC_LOG_DHCP_CONFIG_FILE_NAME              platinum.c
3d23h: 345297.520 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_SEC_SVR_ADDR  
3d23h: 345297.520 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_LOG_ADDRESS   
3d23h: 345297.520 CMAC_LOG_DHCP_COMPLETE                      
3d23h: 345297.532 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_tod_state
3d23h: 345297.532 CMAC_LOG_TOD_NOT_REQUESTED_NO_TIME_ADDR     
3d23h: 345297.532 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       security_association_state
3d23h: 345297.536 CMAC_LOG_SECURITY_BYPASSED                  
3d23h: 345297.536 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       configuration_file
3d23h: 345297.536 CMAC_LOG_LOADING_CONFIG_FILE                platinum.cm
3d23h: 345297.568 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_PROCESS_COMPLETE       
3d23h: 345297.568 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       registration_state              
3d23h: 345297.592 CMAC_LOG_REG_RSP_MSG_RCVD                   
3d23h: 345297.592 CMAC_LOG_COS_ASSIGNED_SID                   1/7
3d23h: 345297.596 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED                     7
3d23h: 345297.596 CMAC_LOG_REGISTRATION_OK                    
3d23h: 345297.596 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_privacy_state
3d23h: 345297.596 CMAC_LOG_PRIVACY_NOT_CONFIGURED             
3d23h: 345297.596 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       maintenance_state
133.CABLEMODEM.CISCO: 3d23h: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface changed state to up

どの DHCP オプションが必須であり、どれがオプションであるかが示された包括的なリストは、『ケーブル モデムのための DHCP と DOCSIS コンフィギュレーション ファイル(DOCSIS 1.0)』テクニカル ノートを参照してください。

注: CNR を DHCP サーバとして使用するときに一般的に犯しやすい誤りは、Policy 設定メニューで Servers オプションの下から NTP サーバを選択してしまうことです。 そのようにしないで、Bootp Compatible オプションの下からタイム オフセットとタイム サーバを選択してください。 CNR の設定についての詳細は、CNR のドキュメントにある『DHCP の設定』を参照してください。

DHCP サーバで Router オプション設定を含めなかったり、Router オプション フィールドで無効な IP アドレスを指定したりした場合にも、モデムが init(i) 状態から先に進まなくなります。このことは次の debug cable-modem mac log verbose でわかります。

1d16h: 146585.940 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_TFTP_FAILED            -
1d16h: 146585.940 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_PROCESS_COMPLETE       
1d16h: 146585.944 CMAC_LOG_RESET_CONFIG_FILE_READ_FAILED      
1d16h: 146585.944 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_interface_state
1d16h: 146585.944 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_hardware_state

無効な DOCSIS コンフィギュレーション ファイルの場合、特に DOCSIS CPE コンフィギュレータのサービス クラスで最大アップストリーム伝送バーストが 255 に設定されていると、モデムが init(i) よりも先に進めなくなることがあります。 これは通常、この値をミニスロット単位で設定する初期の DOCSIS の仕様で見られます。 推奨される値は 1600 または 1800 バイトです。

TOD の交換:init(t) 状態

ネットワーク パラメータの取得が完了した後、モデムは Time Of Day(TOD)サーバから日時を要求します。 TOD は UTC タイムスタンプ(1970 年 1 月 1 日からの秒数)を使用します。 DHCP からのタイム オフセット オプション値を組み合せると、現在時刻を計算できます。 時刻は syslog およびイベント ログのタイムスタンプに使用されます。

次の例では、SID 1 および 2 のケーブル モデムが init(t)状態にあります。 Cisco IOS ソフトウェア リリース バージョン 12.1(1) よりも後の最近の IOS では、TOD の交換が失敗した場合でもケーブル モデムがオンラインになります。次に示す show cable modem コマンドのデバッグ出力を参照してください。

sydney# show cable mode

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address
            Sid  State      Offset Power
Cable2/0/U0 1    init(t)    2808    0.00  2   0   10.1.1.20       0030.96f9.65d9
Cable2/0/U0 2    init(t)    2809    0.25  2   0   10.1.1.21       0030.96f9.6605
Cable2/0/U0 3    init(i)    2810   -0.25  2   0   10.1.1.22       0050.7366.1e01
2d01h: 177933.712 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       dhcp_state
2d01h: 177933.716 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
2d01h: 177933.716 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD    
2d01h: 177946.596 CMAC_LOG_DHCP_ASSIGNED_IP_ADDRESS           10.1.1.20
2d01h: 177946.596 CMAC_LOG_DHCP_TFTP_SERVER_ADDRESS           172.17.110.136
2d01h: 177946.596 CMAC_LOG_DHCP_TOD_SERVER_ADDRESS            172.17.110.130
2d01h: 177946.596 CMAC_LOG_DHCP_SET_GATEWAY_ADDRESS           
2d01h: 177946.596 CMAC_LOG_DHCP_TZ_OFFSET                     0
2d01h: 177946.600 CMAC_LOG_DHCP_CONFIG_FILE_NAME              platinum.cm
2d01h: 177946.600 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_SEC_SVR_ADDR  
2d01h: 177946.600 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_LOG_ADDRESS   
2d01h: 177946.600 CMAC_LOG_DHCP_COMPLETE                      
2d01h: 177946.612 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_tod_state
2d01h: 177946.716 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
2d01h: 177946.716 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
133.CABLEMODEM.CISCO: 2d01h: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface cap
2d01h: 177947.716 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
2d01h: 177947.716 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
2d01h: 177948.616 CMAC_LOG_TOD_REQUEST_SENT                   172.17.110.130
2d01h: 177948.716 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED     
2d01h: 177954.616 CMAC_LOG_TOD_REQUEST_SENT                   172.17.110.130
2d01h: 177954.716 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
2d01h: 177954.716 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                               
2d01h: 177960.616 CMAC_LOG_TOD_REQUEST_SENT                   172.17.110.130
2d01h: 177960.712 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
2d01h: 177960.716 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
2d01h: 177961.716 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 

131.CABLEMODEM.CISCO: 2d01h: %UBR900-3-TOD_FAILED_TIMER_EXPIRED:TOD failed,
but Cable Interface proceeding to operational state
2d01h: 177986.616 CMAC_LOG_TOD_WATCHDOG_EXPIRED               
2d01h: 177986.616 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       security_association_state
2d01h: 177986.616 CMAC_LOG_SECURITY_BYPASSED                 
2d01h: 177986.616 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       configuration_file
2d01h: 177986.620 CMAC_LOG_LOADING_CONFIG_FILE                platinum.cm
2d01h: 177986.644 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_PROCESS_COMPLETE       
2d01h: 177986.644 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       registration_state
2d01h: 177986.644 CMAC_LOG_REG_REQ_MSG_QUEUED                 
2d01h: 177986.648 CMAC_LOG_REG_REQ_TRANSMITTED                
2d01h: 177986.652 CMAC_LOG_REG_RSP_MSG_RCVD                   
2d01h: 177986.652 CMAC_LOG_COS_ASSIGNED_SID                   1/1
2d01h: 177986.656 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED                     1
2d01h: 177986.656 CMAC_LOG_REGISTRATION_OK                       

!--- Modem online.

2d01h: 177986.656 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_privacy_state
2d01h: 177986.656 CMAC_LOG_PRIVACY_NOT_CONFIGURED             
2d01h: 177986.656 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       maintenance_state
2d01h: 177988.716 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED

次のデバッグは Cisco IOS ソフトウェア リリース バージョン 12.0(7)T を実行しているケーブル モデムから得られたもので、TOD タイマーの時間切れのためにモデムがリセットされることを示しています。 この場合はモデムが online ステータスに達することはありません。

18:31:23:  66683.974 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       dhcp_state
18:31:24:  66684.110 CMAC_LOG_DHCP_ASSIGNED_IP_ADDRESS           10.1.1.25
18:31:24:  66684.114 CMAC_LOG_DHCP_TFTP_SERVER_ADDRESS           172.17.110.136
18:31:24:  66684.118 CMAC_LOG_DHCP_TOD_SERVER_ADDRESS            172.17.110.130
! Deliberate wrong IP Address
18:31:24:  66684.122 CMAC_LOG_DHCP_SET_GATEWAY_ADDRESS          
18:31:24:  66684.124 CMAC_LOG_DHCP_TZ_OFFSET                    0
18:31:24:  66684.128 CMAC_LOG_DHCP_CONFIG_FILE_NAME             platinum.cm
18:31:24:  66684.132 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_SEC_SVR_ADDR 
18:31:24:  66684.136 CMAC_LOG_DHCP_COMPLETE                     
18:31:24:  66684.260 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                      establish_tod_state
18:31:24:  66684.268 CMAC_LOG_TOD_REQUEST_SENT                   
18:31:25: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface cable-modem0, changed state to up
18:31:29:  66689.952 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
18:31:29:  66689.956 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
18:32:04:  66724.266 CMAC_LOG_WATCHDOG_TIMER                     
18:32:04: %UBR900-3-RESET_TOD_WATCHDOG_EXPIRED: Cable Interface Reset due to TOD watchdog timer
18:32:04:  66724.272 CMAC_LOG_RESET_TOD_WATCHDOG_EXPIRED        
18:32:04: 66724.274 CMAC_LOG_STATE_CHANGE reset_interface     

!---  Modem resetting.

日時に関するエラーは、そのほとんどすべてが DHCP の設定ミスを示しています。 TOD エラーを起こす設定ミスとしては、ゲートウェイ アドレスの設定ミスや、間違った TOD サーバ アドレスが考えられます。 タイム サーバに PING を送信して IP 接続に関する問題を切り離し、タイム サーバが使用可能であることを確認してください。

トラブルシューティングの目的のために、CMTS を ToD サーバとして設定できます。 コマンドを次に示します。

sydney# conf t

Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.

sydney(config)# cable time-server

sydney(config)# service udp-small-servers max-servers 25

CMTS が ToD として設定されている場合に、ToD に関する問題をデバッグするために使用するコマンドには、show cable clockshow controllers clock-reference があります。

オプション ファイル転送開始:init(o)状態

ケーブル モデムへの主要な設定および管理インターフェイスとなるのが、プロビジョニング サーバからダウンロードされるコンフィギュレーション ファイルです。 このコンフィギュレーション ファイルには次のものが含まれています。

  • ダウンストリーム チャネルおよびアップストリーム チャネルの識別情報と特性

  • サービス クラス設定

  • ベースライン プライバシー設定

  • 全般的な運用設定

  • ネットワーク管理情報

  • ソフトウェア アップグレード フィールド

  • フィルタ

  • ベンダー固有の設定

ケーブル モデムが init(o)状態から先に進まない場合、通常は、ケーブル モデムがコンフィギュレーション ファイルのダウンロードを開始したか、またはダウンロードの準備ができているものの、次の理由のためにダウンロードが成功しなかったことを示しています。

  • 不正確、破損(たとえば: バイナリの代りの ASCII)、か抜けている DOCSISコンフィギュレーションファイル

    TFTP サーバに到達できない、あるいは TFTP サーバが使用できない、ビジー状態である、または IP 接続性がない。

  • DOCSIS ファイル内のコンフィギュレーション パラメータが無効であるか、または見つからない。

  • TFTP サーバのファイル権限が間違っている。

必ずしも init(o)が示されるとは限らず、init(i)の後に init(r1)から init(i)までが循環することもあるので注意してください。 より正確な状態を判断するには、show controller cable-modem 0 mac state の出力を表示します。 表示の抜粋を次に示します。

kuffing# show controller cable-modem 0 mac state

MAC State:                  configuration_file_state
Ranging SID:                4
Registered:                 FALSE
Privacy Established:        FALSE

次の show cable modem コマンドの後の debug cable-modem mac log verbose では、コンフィギュレーション ファイルが壊れているのか、または TFTP サーバが失敗したのかがわかりません。 このデバッグはこれらの両方を指摘しています。

sydney# show cable modem

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address
            Sid  State      Offset Power
Cable2/0/U0 1    init(o)    2812    0.00  2   0   10.1.1.21       0030.96f9.6605
Cable2/0/U0 2    init(o)    2814    0.50  2   0   10.1.1.22       0050.7366.1e01

w3d: 880748.992 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       dhcp_state
1w3d: 880751.652 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w3d: 880751.656 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                                 
1w3d: 880761.876 CMAC_LOG_DHCP_ASSIGNED_IP_ADDRESS           10.1.1.20
1w3d: 880761.876 CMAC_LOG_DHCP_TFTP_SERVER_ADDRESS           172.17.110.136
1w3d: 880761.876 CMAC_LOG_DHCP_TOD_SERVER_ADDRESS            172.17.110.136
1w3d: 880761.876 CMAC_LOG_DHCP_SET_GATEWAY_ADDRESS           
1w3d: 880761.876 CMAC_LOG_DHCP_TZ_OFFSET                     0
1w3d: 880761.880 CMAC_LOG_DHCP_CONFIG_FILE_NAME              data.cm 

!--- Corrupt configuration file.

1w3d: 880761.880 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_SEC_SVR_ADDR  
1w3d: 880761.880 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_LOG_ADDRESS   
1w3d: 880761.880 CMAC_LOG_DHCP_COMPLETE                      
1w3d: 880761.892 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_tod_state
1w3d: 880761.896 CMAC_LOG_TOD_REQUEST_SENT                   172.17.110.136
1w3d: 880761.904 CMAC_LOG_TOD_REPLY_RECEIVED                 3180091733
1w3d: 880761.908 CMAC_LOG_TOD_COMPLETE                       
1w3d: 880761.908 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       security_association_state
1w3d: 880761.908 CMAC_LOG_SECURITY_BYPASSED                  
1w3d: 880761.912 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       configuration_file_state
1w3d: 880761.912 CMAC_LOG_LOADING_CONFIG_FILE                data.cm
1w3d: 880762.652 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w3d: 880762.652 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
133.CABLEMODEM.CISCO: 1w3d: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface cable-modem0,
changed state to up
1w3d: 880762.928 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_TFTP_FAILED            -1
1w3d: 880762.932 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_PROCESS_COMPLETE       
1w3d: 880762.932 CMAC_LOG_RESET_CONFIG_FILE_READ_FAILED      
1w3d: 880762.932 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_interface_state
1w3d: 880762.932 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_hardware_state

DOCSIS CPE コンフィギュレータでの不正なコンフィギュレーション パラメータの例としては、ベンダー ID またはベンダー固有の情報が誤っているか、設定されていないなどがあります。 この場合は上のデバッグとほぼ同じ結果が得られ、加えて次のメッセージが表示されます。

133.CABLEMODEM.CISCO: 00:13:07: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface cable-modem0,
changed state to up

00:13:08:    788.004 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_CISCO_BAD_TYPE         155
00:13:08:    788.004 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_CISCO_BAD_TYPE         115
00:13:08:    788.004 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_CISCO_BAD_TYPE         116
00:13:08:    788.004 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_CISCO_BAD_ATTR_MAX_LENG128
00:13:08:    788.008 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_PROCESS_COMPLETE       
00:13:08:    788.008 CMAC_LOG_RESET_CONFIG_FILE_READ_FAILED

online、online(d)、online(pk)、online(pt)状態

sydney#show cable modem 

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address
            Sid  State      Offset Power
Cable2/0/U0 4    online     2810   -0.75  6   0   10.1.1.20       0030.96f9.65d9
Cable2/0/U0 5    online(pt) 2290    0.25  5   0   10.1.1.25       0050.7366.2223
Cable2/0/U0 7    online(d)  2815    0.00  6   0   10.1.1.27       0001.9659.4461

online(d)を除いて、online、online(pk)、および online(pt)は、CM が online ステータスに達してデータの送受信が可能になったことを示します。 しかし、online(d)は、モデムがオンラインになったもののネットワーク アクセスが拒否されたことを示します。 通常、これは DOCSIS CPE Configurator の Radio Frequency 情報の下にある Network Access オプションが無効になっていることが原因です。 Network Access はデフォルトではイネーブルになっています。 CM に接続されている PC を拒否する DOCSIS コンフィギュレーション ファイルを作成する方法を調べます。

このことは、上記の show cable modemdebug cable-modem mac log verbose の出力からはっきりとわかります。

04:11:34:  15094.700 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       dhcp_state

04:11:46:  15106.392 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
04:11:46:  15106.396 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
04:11:47:  15107.620 CMAC_LOG_DHCP_ASSIGNED_IP_ADDRESS           10.1.1.20
04:11:47:  15107.620 CMAC_LOG_DHCP_TFTP_SERVER_ADDRESS           172.17.110.136
04:11:47:  15107.620 CMAC_LOG_DHCP_TOD_SERVER_ADDRESS            172.17.110.136
04:11:47:  15107.620 CMAC_LOG_DHCP_SET_GATEWAY_ADDRESS           
04:11:47:  15107.620 CMAC_LOG_DHCP_TZ_OFFSET                     0
04:11:47:  15107.624 CMAC_LOG_DHCP_CONFIG_FILE_NAME              noaccess.cm 

!---  Network Access disabled.

04:11:47:  15107.624 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_SEC_SVR_ADDR  
04:11:47:  15107.624 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_LOG_ADDRESS   
04:11:47:  15107.624 CMAC_LOG_DHCP_COMPLETE                      
04:11:47:  15107.636 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_tod_state
04:11:47:  15107.640 CMAC_LOG_TOD_REQUEST_SENT                   172.17.110.136
04:11:47:  15107.648 CMAC_LOG_TOD_REPLY_RECEIVED                 3179226080
04:11:47:  15107.652 CMAC_LOG_TOD_COMPLETE                       
04:11:47:  15107.652 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       security_association_state
04:11:47:  15107.652 CMAC_LOG_SECURITY_BYPASSED                  
04:11:47:  15107.652 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       configuration_file_state
04:11:47:  15107.652 CMAC_LOG_LOADING_CONFIG_FILE                noaccess.c
133.CABLEMODEM.CISCO: 04:11:48: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface cable-modem0,
changed state to up
04:11:48:  15108.672 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_PROCESS_COMPLETE       
04:11:48:  15108.672 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       registration_state
04:11:48:  15108.672 CMAC_LOG_REG_REQ_MSG_QUEUED                 
04:11:48:  15108.676 CMAC_LOG_REG_REQ_TRANSMITTED                
04:11:48:  15108.680 CMAC_LOG_REG_RSP_MSG_RCVD                   
04:11:48:  15108.680 CMAC_LOG_COS_ASSIGNED_SID                   1/4
04:11:48:  15108.684 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED                     4
04:11:48:  15108.684 CMAC_LOG_NETWORK_ACCESS_DENIED              
04:11:48:  15108.684 CMAC_LOG_REGISTRATION_OK                    
04:11:48:  15108.684 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_privacy_state
04:11:48:  15108.684 CMAC_LOG_PRIVACY_NOT_CONFIGURED             
04:11:48:  15108.684 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       maintenance_state
04:11:49:  15109.392 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED

別のチェック方法として、ケーブル モデムでの show controllers cable-modem 0 mac state の出力を調べる方法があります。

(表示の冒頭部分は省略)

Config File:
  Network Access:           FALSE 

!--- Network Access denied.

  Maximum CPEs:             3
  Baseline Privacy:
    Auth. Wait Timeout:     10
    Reauth. Wait Timeout:   10
    Auth. Grace Time:       600
    Op. Wait Timeout:       1
    Retry Wait Timeout:     1
    TEK Grace Time:         600
    Auth. Reject Wait Time: 60
  COS  1: 
    Assigned SID:           4
    Max Downstream Rate:    10000000
    Max Upstream Rate:      1024000
    Upstream Priority:      7
    Min Upstream Rate:      0
    Max Upstream Burst:     0
    Privacy Enable:         FALSE

(表示の残りの部分は省略)

online は、モデムがオンラインになり、CMTS と通信できるようになったことを示します。 Baseline Privacy Interface(BPI; ベースライン プライバシー インターフェイス)が有効でない場合、ケーブル モデムの初期化は成功したとみなし、online ステータスはデフォルト状態となります。 BPI が設定されていると、online(pk) の状態になり、その後すぐに online(pt) になります。 次のデバッグ出力表示は、CM 側で debug cable-modem mac log verbose を使用して得られた出力のうち登録に関する部分だけを示しています。

5d03h: 445197.804 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       registration_state
5d03h: 445197.804 CMAC_LOG_REG_REQ_MSG_QUEUED                 
5d03h: 445197.812 CMAC_LOG_REG_REQ_TRANSMITTED                
5d03h: 445197.816 CMAC_LOG_REG_RSP_MSG_RCVD                   
5d03h: 445197.816 CMAC_LOG_COS_ASSIGNED_SID                   1/4
5d03h: 445197.816 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED                     4
5d03h: 445197.816 CMAC_LOG_REGISTRATION_OK                    
5d03h: 445197.816 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_privacy_state
5d03h: 445197.820 CMAC_LOG_PRIVACY_FSM_STATE_CHANGE          
 machine: KEK, event/state: EVENT_1_PROVISIONED/STATE_A_START, new state: STATE_B_AUTH_WAIT
5d03h: 445197.828 CMAC_LOG_BPKM_REQ_TRANSMITTED               
5d03h: 445197.848 CMAC_LOG_BPKM_RSP_MSG_RCVD                  
5d03h: 445197.848 CMAC_LOG_PRIVACY_FSM_STATE_CHANGE          
 machine: KEK, event/state: EVENT_3_AUTH_REPLY/STATE_B_AUTH_WAIT, new state: STATE_C_AUTHORIZED
5d03h: 445198.524 CMAC_LOG_PRIVACY_FSM_STATE_CHANGE           
machine: TEK, event/state: EVENT_2_AUTHORIZED/STATE_A_START, new state: STATE_B_OP_WAIT
5d03h: 445198.536 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
5d03h: 445198.536 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
5d03h: 445198.536 CMAC_LOG_BPKM_REQ_TRANSMITTED               
5d03h: 445198.536 CMAC_LOG_BPKM_RSP_MSG_RCVD                  
5d03h: 445198.540 CMAC_LOG_PRIVACY_FSM_STATE_CHANGE          
 machine: TEK, event/state: EVENT_8_KEY_REPLY/STATE_B_OP_WAIT, new state: STATE_D_OPERATIONAL
5d03h: 445198.548 CMAC_LOG_PRIVACY_INSTALLED_KEY_FOR_SID      4
5d03h: 445198.548 CMAC_LOG_PRIVACY_ESTABLISHED                
5d03h: 445198.552 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       maintenance_state
5d03h: 445201.484 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
5d03h: 445201.484 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD

一般に、BPI に問題がある場合は、鍵認証ステージを通過できなかったことを示す reject(pk)が表示されます。 これについては、reject(pk)および reject(pt)のセクションで取り上げています。

BPI を正常に機能させるため、必ず CMTS と CM の両方で BPI 対応イメージを実行してください。BPI 対応イメージのイメージ名には記号 K1 が含まれています。 また、DOCSIS CPE Configuratorで、Class of Service オプションの下で、 フィールド Baseline Privacy Enable を必ず 1 に設定してください。 CMTS では BPI 対応のイメージを実行していながら、CM では実行しておらず、DOCSIS CPE コンフィギュレータで BPI をイネーブルにしている場合は、モデムではオンラインになるのとオフラインになるのが繰り返されるのが見られます。

Telco リターンの場合のオンライン

ケーブル モデムが Telco リターン環境でオンラインになると、モデムでは「U0」などのアップストリーム ポートではなく「T」と表示されます。 次の出力はこの状況を示しています。

ubr7223# show cable modem 

   Interface   Prim Online    Timing     Rec       QoS    CPE IP address      MAC address 

               Sid   State    Offset     Power    

   Cable2/0/T  94   online     0          0.00     3      2   10.10.169.151     0020.4066.b6b0 
   Cable2/0/T  95   online     0          0.00     3      1   10.10.168.18      0020.4061.db5e 
   Cable2/0/T  96   online     0          0.00     3      1   10.10.169.240     0020.4066.b644 
   Cable2/0/U0 97   online    307         0.25     4      1   10.10.168.108     0020.4002.fc7c    
   Cable2/0/T  98   online     0          0.00     3      1   10.10.169.245     0020.4003.65fe 
   Cable2/0/U0 99   online    332         0.25     4      0   10.10.168.110     0020.400b.9b40    
   Cable2/0/U0 100  online    277         0.25     4      1   10.10.169.114     0020.4002.ff42 
   Cable2/0/T  101  online     0          0.00     3      1   10.10.169.175     0020.4066.b6c8

上の出力は、混合環境で online 状態にあるケーブル モデムを示しています。 SID 97、99、および 100 の各ケーブル モデムはポート アップストリーム 0 を使用していますが、残りのケーブル モデムはアップストリーム パスに Telco リターンを使用していることがわかります。 Telco リターンの設定およびトラブルシューティングの手順については、この文書の適用範囲外です。 Telco リターンの情報は、『Cisco uBR7200 シリーズ ケーブル ルータのテレフォン リターン』および『Cisco CMTS の Telco リターン』を参照してください。

reject(pk) および reject(pt) 状態

CMTS ルータでの show cable modem の表示出力を次に示します。

sydney# show cable modem 
Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address

            Sid  State      Offset Power
Cable2/0/U0 1    offline    2811    0.00  2   0   10.1.1.27       0001.9659.4461
Cable2/0/U0 2    reject(pk) 2812    0.00  6   0   10.1.1.20       0030.96f9.65d9
Cable2/0/U0 3    online     2287    0.00  5   0   10.1.1.25       0050.7366.2223

01:58:51: %UBR7200-5-UNAUTHSIDTIMEOUT: CMTS deleted BPI unauthorized Cable Modem 0030.96f9.65d9

BPI の設定に問題があると、ほとんどの場合、reject(pk)が表示されます。 この状態は通常、次の原因によって起こります。

  • 認証要求に含まれる CM の公開鍵が壊れている。 イベントの正しい順序については、debug cable privacy の例を参照してください。

  • cable privacy authenticate-modem 設定コマンドが CMTS ルータには存在するが、Radius サーバには存在しない。

  • Radius サーバの設定が適切でない。

  • Radius サーバの設定が適切でない。

Reject(pt) は、通常は無効な TEK またはトラフィック暗号化キーが原因で発生します。

詳細についてはベースライン プライバシー インターフェイス 仕様を参照して下さいleavingcisco.com

sydney# debug cable privacy

02:32:08: CMTS Received AUTH REQ.
02:32:08: Created a new CM key for 0030.96f9.65d9.
02:32:08: CMTS generated AUTH_KEY.
02:32:08: Input : 70D158F106B0B75
02:32:08: Public Key:
02:32:08: 0x0000: 30 68 02 61 00 DA BA 93 3C E5 41 7C 20 2C D1 87 
02:32:08: 0x0010: 3B 93 56 E1 35 7A FC 5E B7 E1 72 BA E6 A7 71 91 
02:32:08: 0x0020: F4 68 CB 86 A8 18 FB A9 B4 DD 5F 21 B3 6A BE CE 
02:32:08: 0x0030: 6A BE E1 32 A8 67 9A 34 E2 33 4A A4 0F 8C DB BD 
02:32:08: 0x0040: D0 BB DE 54 39 05 B0 E0 F7 19 29 20 8C F9 3A 69 
02:32:08: 0x0050: E4 51 C6 89 FB 8A 8E C6 01 22 02 34 C5 1F 87 F6 
02:32:08: 0x0060: A3 1C 7E 67 9B 02 03 01 00 01 
02:32:08: RSA public Key subject:
02:32:08: 0x0000: 30 7C 30 0D 06 09 2A 86 48 86 F7 0D 01 01 01 05 
02:32:08: 0x0010: 00 03 6B 00 30 68 02 61 00 DA BA 93 3C E5 41 7C 
02:32:08: 0x0020: 20 2C D1 87 3B 93 56 E1 35 7A FC 5E B7 E1 72 BA 
02:32:08: 0x0030: E6 A7 71 91 F4 68 CB 86 A8 18 FB A9 B4 DD 5F 21 
02:32:08: 0x0040: B3 6A BE CE 6A BE E1 32 A8 67 9A 34 E2 33 4A A4 
02:32:08: 0x0050: 0F 8C DB BD D0 BB DE 54 39 05 B0 E0 F7 19 29 20 
02:32:08: 0x0060: 8C F9 3A 69 E4 51 C6 89 FB 8A 8E C6 01 22 02 34 
02:32:08: 0x0070: C5 1F 87 F6 A3 1C 7E 67 9B 02 03 01 00 01 
02:32:08: RSA encryption result = 0
02:32:08: RSA encrypted output:
02:32:08: 0x0000: B6 CA 09 93 BF 2C 05 66 9D C5 AF 67 0F 64 2E 31 
02:32:08: 0x0010: 67 E4 2A EA 82 3E F7 63 8F 01 73 10 14 4A 24 ED 
02:32:08: 0x0020: 65 8F 59 D8 23 BC F3 A8 48 7D 1A 08 09 BF A3 A8 
02:32:08: 0x0030: D6 D2 5B C4 A7 36 C4 A9 28 F0 6C 5D A1 3B 92 A2 
02:32:08: 0x0040: BC 99 CC 1F C9 74 F9 FA 76 83 ED D5 26 B4 92 EE 
02:32:08: 0x0050: DD EA 50 81 C6 29 43 4F 73 DA 56 C2 29 AF 05 53 
02:32:08: CMTS sent AUTH response.
02:32:08: CMTS Received TEK REQ.
02:32:08: Created a new key for SID 2.
02:32:08: CMTS sent KEY response.

認証が失敗したときの CM でのデバッグの出力例を次に示します。

6d02h: 527617.480 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_PROCESS_COMPLETE   
6d02h: 527617.480 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       registration_state
6d02h: 527617.484 CMAC_LOG_REG_REQ_MSG_QUEUED                 
6d02h: 527617.488 CMAC_LOG_REG_REQ_TRANSMITTED                
6d02h: 527617.492 CMAC_LOG_REG_RSP_MSG_RCVD                   
6d02h: 527617.492 CMAC_LOG_COS_ASSIGNED_SID                   1/2
6d02h: 527617.492 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED                     2
6d02h: 527617.492 CMAC_LOG_REGISTRATION_OK                    
6d02h: 527617.496 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_privacy_state
6d02h: 527617.496 CMAC_LOG_PRIVACY_FSM_STATE_CHANGE          
 machine: KEK, event/state: EVENT_1_PROVISIONED/STATE_A_START, new state: STATE_B_AUTH_WAIT
6d02h: 527617.504 CMAC_LOG_BPKM_REQ_TRANSMITTED               
6d02h: 527617.504 CMAC_LOG_BPKM_RSP_MSG_RCVD                  
6d02h: 527617.508 CMAC_LOG_PRIVACY_FSM_STATE_CHANGE          
 machine: KEK, event/state: EVENT_2_AUTH_REJECT/STATE_B_AUTH_WAIT, new state: STATE_E_AUTH_REJ_WAIT
129.CABLEMODEM.CISCO: 6d02h: %CMBPKM-1-AUTHREJECT: Authorization request rejected by CMTS: 
Unauthorized CM
6d02h: 527618.588 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
6d02h: 527618.592 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD

同様に、CMTS ルータでの debug cable privacy は次のエラーを示します。

02:47:00: CMTS Received AUTH REQ.

02:47:00: Sending KEK REJECT.
02:47:05: %UBR7200-5-UNAUTHSIDTIMEOUT: CMTS deleted BPI unauthorized Cable Modem 0030.96f9.65d9

CM は reject(pk)から init(r1)までを無限に循環し続けます。

これ以外に発生する可能性のあるエラーとして、暗号化のエクスポート制限のために、一部のベンダーのモデムにおいて CMTS ルータのインターフェイス コンフィギュレーションで次のコマンドが必要になることが考えられます。

sydney(config-if)# cable privacy 40-bit-des

登録:reject(m)状態

設定の後、モデムは登録要求(REG-REQ)を送ります。このとき、一部の必要な設定のほか、CM および CMTS の Message Integrity Check(MIC)も送信されます。 CM の MIC はコンフィギュレーション ファイルの設定に対するハッシュ計算の結果であり、コンフィギュレーション ファイルが移動中に改ざんされなかったことをモデムが確認するための手段を提供します。 CMTS の MIC はほとんど同じですが、認証文字列の cable shared-secret の設定が含まれることが異なります。 CMTS はこの共有秘密鍵を知っているため、許可されたモデムだけが CMTS への登録を許されることが保証されます。

sydney# show cable modem

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address
            Sid  State      Offset Power
Cable2/0/U0 1    reject(m)  2807    0.00  2   0   10.1.1.20       0030.96f9.65d9
Cable2/0/U0 2    online     2284   -0.50  5   0   10.1.1.25       0050.7366.2223
Cable2/0/U0 3    offline    18669   0.25  2   0   10.1.1.26       0050.7366.2221

01:17:59: %UBR7200-5-AUTHFAIL: Authorization failed for Cable Modem 0030.96f9.60
01:18:21: %UBR7200-5-AUTHFAIL: Authorization failed for Cable Modem 0030.96f9.60

上の出力は、SID 1 のケーブル モデムが reject(m)状態にあることを示しています。 この状態は不正な Message Integrity Check(MIC)が原因で起こります。不正な MIC は通常、次の理由によって発生します。

  • ケーブル インターフェイスで設定されている cable shared-secret と、DOCSIS CPE コンフィギュレータの Miscellaneous オプションの CMTS Authentication の値とが合っていない。 デフォルトではどちらの値も空であり、特に指定しない限り問題になることはありません。

  • コンフィギュレーション ファイル(DOCSIS ファイル)が壊れている。

ケーブル モデム側で debug cable-modem mac log verbose を実行して得られたデバッグ出力を次に示します。

00:32:08:   1928.816 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_tod_e
00:32:08:   1928.820 CMAC_LOG_TOD_REQUEST_SENT                   172.17.110.136
00:32:08:   1928.828 CMAC_LOG_TOD_REPLY_RECEIVED                 3179139839
00:32:08:   1928.832 CMAC_LOG_TOD_COMPLETE                       
00:32:08:   1928.832 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       security_association_state
00:32:08:   1928.832 CMAC_LOG_SECURITY_BYPASSED                  
00:32:08:   1928.832 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       configuration_e
00:32:08:   1928.832 CMAC_LOG_LOADING_CONFIG_FILE                platinum.cm
00:32:09:   1929.708 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
00:32:09:   1929.712 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
133.CABLEMODEM.CISCO: 00:32:09: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface
00:32:09:   1929.852 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_PROCESS_COMPLETE       
00:32:09:   1929.856 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       registration_state
00:32:09:   1929.856 CMAC_LOG_REG_REQ_MSG_QUEUED                 
00:32:09:   1929.860 CMAC_LOG_REG_REQ_TRANSMITTED                
00:32:09:   1929.864 CMAC_LOG_REG_RSP_MSG_RCVD                   
00:32:09:   1929.864 CMAC_LOG_RESET_AUTHENTICATION_FAILURE       
00:32:09:   1929.868 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_interface_state
00:32:09:   1929.868 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_hardware_state

問題を解決するには、有効なコンフィギュレーション ファイルがあり、CMTS Authentication の下の値とケーブル インターフェイスの cable shared-secret line で設定する値とが同じであることを確認します。

登録:reject(c)状態

sydney# show cable modem

Interface   Prim Online     Timing Rec    QoS CPE IP address      MAC address
            Sid  State      Offset Power
Cable2/0/U0 1    offline    2807   -0.25  2   0   10.1.1.20       0030.96f9.65d9
Cable2/0/U0 2    online     2284   -0.25  5   0   10.1.1.25       0050.7366.2223
Cable2/0/U0 3    reject(c)  2286   -0.25  2   0   10.1.1.26       0050.7366.2221
20:35:59: %UBR7200-5-CLASSFAIL: Registration failed for Cable Modem 0050.7366.2Q

上の例では、SID 3 のケーブル モデムが不正な Class Of Service(COS; サービス クラス)が原因で登録に失敗したこと(reject(c))を示しています。 通常は次のことが原因となって起こります。

  • CMTS ルータが要求された特定の COS を与えることができない、または与えようとしない。

  • DOCSIS CPE Configurator の Class of Service オプションにあるパラメータの設定が間違っている。たとえば、同じ ID を持つサービス クラスが 2 つあるなど。

次の出力は、CM 側で debug cable-modem mac log verbose を実行して得られたもので、COS の誤りが原因で生じた失敗を示しています。

1w3d: 885643.820 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       registration_state
1w3d: 885643.820 CMAC_LOG_REG_REQ_MSG_QUEUED                 
1w3d: 885643.824 CMAC_LOG_REG_REQ_TRANSMITTED                
1w3d: 885643.828 CMAC_LOG_REG_RSP_MSG_RCVD                   
1w3d: 885643.828 CMAC_LOG_SERVICE_NOT_AVAILABLE              0x01,0x01,0x01
1w3d: 885643.828 CMAC_LOG_RESET_SERVICE_NOT_AVAILABLE        
1w3d: 885643.828 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_interface_state
1w3d: 885643.832 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       reset_hardware_state
1w3d: 885644.416 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       wait_for_link_up_state
1w3d: 885644.420 CMAC_LOG_DRIVER_INIT_IDB_RESET              0x8039E23C
1w3d: 885644.420 CMAC_LOG_LINK_DOWN                          
1w3d: 885644.420 CMAC_LOG_LINK_UP                            
1w3d: 885644.420 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       ds_channel_scanning_state
133.CABLEMODEM.CISCO: 1w3d: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface cable-modem0,
changed state to down
1w3d: 885645.528 CMAC_LOG_UCD_MSG_RCVD                       1
1w3d: 885646.828 CMAC_LOG_DS_64QAM_LOCK_ACQUIRED             453000000

同様に、CMTS ルータでの debug cable registration では次のメッセージが表示されます。

sydney# debug cable registration 

CMTS registration debugging is on


sydney#

1d04h: %UBR7200-5-CLASSFAIL: Registration failed for Cable Modem 0001.9659.4461
on interface Cable2/0/U0: 

Bad/Missing Class of Service Config in REG-REQ

モデムは結局リセットされ、最初から動作をやり直します。

付録

CM からの show controller コマンド

kuffing# show controllers cable-modem 0 mac state

MAC State:                  maintenance_state
Ranging SID:                1
Registered:                 TRUE
Privacy Established:        TRUE
MIB Values:
  Mac Resets:        0
  Sync lost:         0
  Invalid Maps:      0
  Invalid UCDs:      0
  Invalid Rng Rsp:   0
  Invalid Reg Rsp:   0
  T1 Timeouts:       0
  T2 Timeouts:       0
  T3 Timeouts:       0
  T4 Timeouts:       0
  Range Aborts:      0


DS ID:                      0
DS Frequency:               453000000
DS Symbol Rate:             5056941
DS QAM Mode                 64QAM
DS Search:
  79 453000000 855000000 6000000
  80  93000000 105000000 6000000
  81 111025000 117025000 6000000
  82 231012500 327012500 6000000
  83 333025000 333025000 6000000
  84 339012500 399012500 6000000
  85 405000000 447000000 6000000
  86 123012500 129012500 6000000
  87 135012500 135012500 6000000
  88 141000000 171000000 6000000
  89 219000000 225000000 6000000
  90 177000000 213000000 6000000
  91  55752700  67753300 6000300
  92  79753900  85754200 6000300
  93 175758700 211760500 6000300
  94 121756000 169758400 6000300
  95 217760800 397769800 6000300
  96  73753600 115755700 6000300
  97 403770100 595779700 6000300
  98 601780000 799789900 6000300
  99 805790200 997799800 6000300

US ID:                      1
US Frequency:               27984000
US Power Level:             23.0 (dBmV)
US Symbol Rate:             1280000
Ranging Offset:             12418
Mini-Slot Size:             8
Change Count:               6

Preamble Pattern:           CC CC CC CC CC CC CC CC  CC CC CC CC CC CC CC CC 
                               CC CC CC CC CC CC CC CC  CC CC CC CC CC CC CC CC 
                               CC CC CC CC CC CC CC CC  CC CC CC CC CC CC CC CC 
                               CC CC CC CC CC CC CC CC  CC CC CC CC CC CC CC CC 
                               CC CC CC CC CC CC CC CC  CC CC CC CC CC CC CC CC 
                               CC CC CC CC CC CC CC CC  CC CC CC CC CC CC CC CC 
                               CC CC CC CC CC CC CC CC  CC CC CC CC CC CC CC CC 
                               CC CC CC CC CC CC CC CC  CC CC CC CC CC CC 0D 0D 

Burst Descriptor  0:
  Interval Usage Code:      1
  Modulation Type:          1
  Differential Encoding:    2
  Preamble Length:          64
  Preamble Value Offset:    952
  FEC Error Correction:     0
  FEC Codeword Info Bytes:  16
  Scrambler Seed:           338
  Maximum Burst Size:       1
  Guard Time Size:          8
  Last Codeword Length:     1
  Scrambler on/off:         1

Burst Descriptor  1:
  Interval Usage Code:      3
  Modulation Type:          1

  Differential Encoding:    2
  Preamble Length:          128
  Preamble Value Offset:    896
  FEC Error Correction:     5
  FEC Codeword Info Bytes:  34
  Scrambler Seed:           338
  Maximum Burst Size:       0
  Guard Time Size:          48
  Last Codeword Length:     1
  Scrambler on/off:         1

Burst Descriptor  2:
  Interval Usage Code:      4
  Modulation Type:          1
  Differential Encoding:    2
  Preamble Length:          128
  Preamble Value Offset:    896
  FEC Error Correction:     5
  FEC Codeword Info Bytes:  34
  Scrambler Seed:           338
  Maximum Burst Size:       0
  Guard Time Size:          48
  Last Codeword Length:     1
  Scrambler on/off:         1

Burst Descriptor  3:
  Interval Usage Code:      5
  Modulation Type:          1
  Differential Encoding:    2
  Preamble Length:          72
  Preamble Value Offset:    944
  FEC Error Correction:     5
  FEC Codeword Info Bytes:  75
  Scrambler Seed:           338
  Maximum Burst Size:       6
  Guard Time Size:          8
  Last Codeword Length:     1
  Scrambler on/off:         1

Burst Descriptor  4:
  Interval Usage Code:      6
  Modulation Type:          1
  Differential Encoding:    2
  Preamble Length:          80
  Preamble Value Offset:    936
  FEC Error Correction:     8
  FEC Codeword Info Bytes:  220
  Scrambler Seed:           338
  Maximum Burst Size:       0
  Guard Time Size:          8
  Last Codeword Length:     1
  Scrambler on/off:         1

Config File:
  Network Access:           TRUE
  Maximum CPEs:             3
  Baseline Privacy:
    Auth. Wait Timeout:     10
    Reauth. Wait Timeout:   10
    Auth. Grace Time:       600
    Op. Wait Timeout:       1
    Retry Wait Timeout:     1
  TEK Grace Time:         600
    Auth. Reject Wait Time: 60
  COS  1:
    Assigned SID:           1
    Max Downstream Rate:    10000000
    Max Upstream Rate:      1024000

    Upstream Priority:      6
    Min Upstream Rate:      0
    Max Upstream Burst:     0
    Privacy Enable:         TRUE

Ranging Backoff Start:      0 (at initial ranging)
Ranging Backoff End:        3 (at initial ranging)
Data Backoff Start:         0 (at initial ranging)
Data Backoff End:           4 (at initial ranging)

IP Address:                 10.1.1.20
Net Mask:                   255.255.255.0
TFTP Server IP Address:     172.17.110.136
Time Server IP Address:     172.17.110.136
Config File Name:           privacy.cm
Time Zone Offset:           0
Log Server IP Address:      0.0.0.0

Drop Ack Enabled:      TRUE

Mac Sid Status
Max Sids: 4  Sids In Use: 1
Mac Sid 0:
     Sid: 1    State: 2
Mac Sid 1:
     Sid: 0    State: 1
Mac Sid 2:
     Sid: 0    State: 1
Mac Sid 3:
     Sid: 0    State: 1
Test sid queue:             0
kuffing#

CM 側でのデバッグの全出力

kuffing# debug cable mac log verbose

1w0d: 606764.132 CMAC_LOG_LINK_UP                            
1w0d: 606764.132 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       ds_channel_scanning_state
1w0d: 606764.136 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      99/805790200/997799800/6000300
1w0d: 606764.136 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      98/601780000/799789900/6000300
1w0d: 606764.136 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      97/403770100/595779700/6000300
1w0d: 606764.140 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      96/73753600/115755700/6000300
1w0d: 606764.140 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      95/217760800/397769800/6000300
1w0d: 606764.140 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      94/121756000/169758400/6000300
1w0d: 606764.144 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      93/175758700/211760500/6000300
1w0d: 606764.144 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      92/79753900/85754200/6000300
1w0d: 606764.148 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      91/55752700/67753300/6000300
1w0d: 606764.148 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      90/177000000/213000000/6000000
1w0d: 606764.148 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      89/219000000/225000000/6000000
1w0d: 606764.152 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      88/141000000/171000000/6000000
1w0d: 606764.152 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      87/135012500/135012500/6000000
1w0d: 606764.152 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      86/123012500/129012500/6000000
1w0d: 606764.156 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      85/405000000/447000000/6000000
1w0d: 606764.156 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      84/339012500/399012500/6000000
1w0d: 606764.160 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      83/333025000/333025000/6000000
1w0d: 606764.160 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      82/231012500/327012500/6000000
1w0d: 606764.160 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      81/111025000/117025000/6000000
1w0d: 606764.164 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      80/93000000/105000000/6000000
1w0d: 606764.164 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_DS_FREQUENCY_BAND      79/453000000/855000000/6000000
1w0d: 606764.164 CMAC_LOG_WILL_SEARCH_SAVED_DS_FREQUENCY     453000000
1w0d: 606765.416 CMAC_LOG_UCD_MSG_RCVD                       1
131.CABLEMODEM.CISCO: 1w0d: %LINK-3-UPDOWN: Interface cable-modem0, changed state to up
1w0d: 606766.576 CMAC_LOG_DS_64QAM_LOCK_ACQUIRED             453000000
1w0d: 606766.576 CMAC_LOG_DS_CHANNEL_SCAN_COMPLETED          
1w0d: 606766.576 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       wait_ucd_state
1w0d: 606767.416 CMAC_LOG_UCD_MSG_RCVD                       1
1w0d: 606769.416 CMAC_LOG_UCD_MSG_RCVD                       1
1w0d: 606769.416 CMAC_LOG_ALL_UCDS_FOUND                     
1w0d: 606769.416 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       wait_map_state
1w0d: 606769.420 CMAC_LOG_FOUND_US_CHANNEL                   1
1w0d: 606771.416 CMAC_LOG_UCD_MSG_RCVD                       1
1w0d: 606771.416 CMAC_LOG_UCD_NEW_US_FREQUENCY               27984000
1w0d: 606771.416 CMAC_LOG_SLOT_SIZE_CHANGED                  8
1w0d: 606771.436 CMAC_LOG_UCD_UPDATED                        
1w0d: 606771.452 CMAC_LOG_MAP_MSG_RCVD                       
1w0d: 606771.452 CMAC_LOG_INITIAL_RANGING_MINISLOTS          41
1w0d: 606771.452 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       ranging_1_state
1w0d: 606771.452 CMAC_LOG_RANGING_OFFSET_SET_TO              9610
1w0d: 606771.456 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS                     20.0  dBmV (commanded)
1w0d: 606771.456 CMAC_LOG_STARTING_RANGING                   
1w0d: 606771.456 CMAC_LOG_RANGING_BACKOFF_SET                0
1w0d: 606771.456 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED                     0
1w0d: 606771.512 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w0d: 606771.516 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
1w0d: 606771.516 CMAC_LOG_RNG_RSP_SID_ASSIGNED               1
1w0d: 606771.516 CMAC_LOG_ADJUST_RANGING_OFFSET              2810
1w0d: 606771.516 CMAC_LOG_RANGING_OFFSET_SET_TO              12420
1w0d: 606771.516 CMAC_LOG_ADJUST_TX_POWER                    17
1w0d: 606771.520 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       ranging_2_state
1w0d: 606771.520 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED                     1
1w0d: 606772.524 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w0d: 606772.524 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
1w0d: 606772.524 CMAC_LOG_RANGING_SUCCESS                    
1w0d: 606772.524 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       dhcp_state
1w0d: 606773.564 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w0d: 606773.564 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
1w0d: 606775.560 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w0d: 606775.564 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
1w0d: 606778.560 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w0d: 606778.564 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
1w0d: 606780.564 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w0d: 606780.564 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
1w0d: 606782.560 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w0d: 606782.564 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
1w0d: 606785.408CMAC_LOG_DHCP_ASSIGNED_IP_ADDRESS           10.1.1.20
1w0d: 606785.408 CMAC_LOG_DHCP_TFTP_SERVER_ADDRESS           172.17.110.136
1w0d: 606785.408 CMAC_LOG_DHCP_TOD_SERVER_ADDRESS            172.17.110.136
1w0d: 606785.408 CMAC_LOG_DHCP_SET_GATEWAY_ADDRESS           
1w0d: 606785.408 CMAC_LOG_DHCP_TZ_OFFSET                     0
1w0d: 606785.412 CMAC_LOG_DHCP_CONFIG_FILE_NAME              privacy.cm
1w0d: 606785.412 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_SEC_SVR_ADDR  
1w0d: 606785.412 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_LOG_ADDRESS   
1w0d: 606785.412 CMAC_LOG_DHCP_COMPLETE                      
1w0d: 606785.424 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_tod_state
1w0d: 606785.428 CMAC_LOG_TOD_REQUEST_SENT                   172.17.110.136
1w0d: 606785.440 CMAC_LOG_TOD_REPLY_RECEIVED                 3179817738
1w0d: 606785.440 CMAC_LOG_TOD_COMPLETE                       
1w0d: 606785.440 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       security_association_state
1w0d: 606785.444 CMAC_LOG_SECURITY_BYPASSED                  
1w0d: 606785.444 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       configuration_file_state
1w0d: 606785.444 CMAC_LOG_LOADING_CONFIG_FILE                privacy.cm
1w0d: 606785.560 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED                
1w0d: 606785.564 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD                   
133.CABLEMODEM.CISCO: 1w0d: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface cable-modem0,
changed state to up
1w0d: 606786.460 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_PROCESS_COMPLETE       
1w0d: 606786.460 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       registration_state
1w0d: 606786.464 CMAC_LOG_REG_REQ_MSG_QUEUED                 
1w0d: 606786.468 CMAC_LOG_REG_REQ_TRANSMITTED                
1w0d: 606786.472 CMAC_LOG_REG_RSP_MSG_RCVD                   
1w0d: 606786.472 CMAC_LOG_COS_ASSIGNED_SID                   1/1
1w0d: 606786.472 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED                     1
1w0d: 606786.472 CMAC_LOG_REGISTRATION_OK                    
1w0d: 606786.476 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       establish_privacy_state
1w0d: 606786.476 CMAC_LOG_PRIVACY_FSM_STATE_CHANGE           machine: KEK, event/state: 
EVENT_1_PROVISIONED/STATE_A_START, new state: STATE_B_AUTH_WAIT
1w0d: 606786.480 CMAC_LOG_BPKM_REQ_TRANSMITTED               
1w0d: 606786.496 CMAC_LOG_BPKM_RSP_MSG_RCVD                  
1w0d: 606786.496 CMAC_LOG_PRIVACY_FSM_STATE_CHANGE           machine: KEK, event/state: 
EVENT_3_AUTH_REPLY/STATE_B_AUTH_WAIT, new state: STATE_C_AUTHORIZED
1w0d: 606787.176 CMAC_LOG_PRIVACY_FSM_STATE_CHANGE           machine: TEK, event/state: 
EVENT_2_AUTHORIZED/STATE_A_START, new state: STATE_B_OP_WAIT
1w0d: 606787.184 CMAC_LOG_BPKM_REQ_TRANSMITTED               
1w0d: 606787.188 CMAC_LOG_BPKM_RSP_MSG_RCVD                  
1w0d: 606787.192 CMAC_LOG_PRIVACY_FSM_STATE_CHANGE           machine: TEK, event/state: 
EVENT_8_KEY_REPLY/STATE_B_OP_WAIT, new state: STATE_D_OPERATIONAL
1w0d: 606787.200 CMAC_LOG_PRIVACY_INSTALLED_KEY_FOR_SID      1
1w0d: 606787.200 CMAC_LOG_PRIVACY_ESTABLISHED                
1w0d: 606787.204 CMAC_LOG_STATE_CHANGE                       maintenance_state
1w0d: 606787.560 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED

CMTS からの show controller コマンド

sydney# show controllers cable 2/0

Interface Cable2/0
Hardware is MC16B
 BCM3210 revision=0x56B0
 idb 0x619705D8 MAC regs 0x3D100000 PLX regs 0x3D000000
 rx ring entries 1024 tx ring entries 128 MAP tx ring entries 128
 Rx ring 0x4B0607C0 shadow 0x6198DDF8 head 272
 Tx ring 0x4B062800 shadow 0x6198EE68 head 127 tail 127 count 0
 MAP Tx ring 0x4B062C40 shadow 0x6198F2D8 head 33 tail 33 count 0

 MAP timer sourced from slot 2

 throttled 0 enabled 0 disabled 0
 Rx: spurious 769 framing_err 0 hcs_err 1 no_buffer 0 short_pkt 0
     no_enqueue 0 no_enp 0 miss_count 0 latency 8
     invalid_sid 0 invalid_mac 0 bad_ext_hdr_pdu 0 concat 0 bad-concat 0
 Tx:  full 0 drop 0 stuck 0 latency 0
 MTx: full 0 drop 0 stuck 0 latency 9
 Slots 132642 NoUWCollNoEngy 2 FECorHCS 1 HCS 1
 Req 1547992064 ReqColl 0 ReqNoise 14211 ReqNoEnergy 1547905820
 ReqData 0 ReqDataColl 0 ReqDataNoise 0 ReqDataNoEnergy 0
 Rng 89613 RngColl 0 RngNoise 255
 FECBlks 248575 UnCorFECBlks 2 CorFECBlks 0
 MAP FIFO overflow 0, Rx FIFO overflow 0, No rx buf 0
 DS FIFO overflow 0, US FIFO overflow 0, US stuck 0
 Bandwidth Requests= 0x11961
 Piggyback Requests= 0xECC1
 Ranging Requests= 0x15D15
 Timing Offset = 0x0
 Bad bandwidth Requests= 0x0
 No MAP buffer= 0x0
 Cable2/0 Downstream is up
  Frequency not set, Channel Width 6 MHz, 64-QAM, Symbol Rate 5.056941 Msps
  FEC ITU-T J.83 Annex B, R/S Interleave I=32, J=4
  Downstream channel ID: 0
 Cable2/0 Upstream 0 is up
  Frequency 27.984 MHz, Channel Width 1.600 MHz, QPSK Symbol Rate 1.280 Msps
  Spectrum Group is overridden
  SNR 29.8280 dB
  Nominal Input Power Level 0 dBmV, Tx Timing Offset 2815
  Ranging Backoff automatic (Start 0, End 3)
  Ranging Insertion Interval automatic (60 ms)
  Tx Backoff Start 0, Tx Backoff End 4
  Modulation Profile Group 1
  Concatenation is enabled
  part_id=0x3137, rev_id=0x03, rev2_id=0xFF
  nb_agc_thr=0x0000, nb_agc_nom=0x0000
  Range Load Reg Size=0x58
  Request Load Reg Size=0x0E
  Minislot Size in number of Timebase Ticks is = 8
  Minislot Size in Symbols = 64
  Bandwidth Requests = 0x11969
  Piggyback Requests = 0xECC8
  Invalid BW Requests= 0x0
  Minislots Requested= 0x1C13EF
  Minislots Granted  = 0x1C13EF
  Minislot Size in Bytes = 16
  Map Advance (Dynamic) : 2454 usecs
  UCD Count = 40287

タイマーの説明

     
T1 10 秒 使用可能な UCD を待つ時間。
T2 12 秒 ブロードキャスト レンジングのために初期メンテナンス間隔として待つ時間。
T3 200 ミリ秒 レンジング中に RNG-RSP を待つ時間。
T4 30 秒 端末メンテナンス レンジングを実行するために端末メンテナンス間隔として待つ時間。
T6 6 秒 登録中に REG-RSP を待つ時間。

CMTS の設定例

sydney# wr t

Building configuration...
Current configuration:
!
version 12.1
service timestamps debug uptime
service timestamps log uptime
no service password-encryption
!
hostname sydney
!
boot system flash ubr7200-ik1s-mz_121-2_T.bin
no logging buffered
enable password cisco
!
no cable qos permission create
no cable qos permission update
cable qos permission modems
!
!
!
!
ip subnet-zero
no ip domain-lookup
!         
!
!
!
!
interface FastEthernet0/0
 no ip address
 shutdown
 half-duplex
!
interface Ethernet1/0
 ip address 172.17.110.139 255.255.255.224
!
interface Ethernet1/1
 no ip address
 shutdown
!
interface Ethernet1/2
 no ip address
 shutdown
!
interface Ethernet1/3
 no ip address
 shutdown
!
interface Ethernet1/4
 no ip address
 shutdown
!
interface Ethernet1/5
 no ip address
 shutdown
!
interface Ethernet1/6
 no ip address
 shutdown
!
interface Ethernet1/7
 no ip address
 shutdown
!
interface Cable2/0
 ip address 10.10.1.1 255.255.255.0 secondary
 ip address 10.1.1.10 255.255.255.0
 no keepalive
 cable downstream annex B
 cable downstream modulation 64qam
 cable downstream interleave-depth 32
 cable upstream 0 frequency 28000000
 cable upstream 0 power-level 0
 no cable upstream 0 shutdown
 cable upstream 1 shutdown
 cable upstream 2 shutdown
 cable upstream 3 shutdown
 cable upstream 4 shutdown
 cable upstream 5 shutdown
 cable dhcp-giaddr policy
 cable helper-address 172.17.110.136
!
interface Cable3/0
 no ip address
 no keepalive
 shutdown
 cable downstream annex B
 cable downstream modulation 64qam
 cable downstream interleave-depth 32
 cable upstream 0 shutdown
 cable upstream 1 shutdown
 cable upstream 2 shutdown
 cable upstream 3 shutdown
 cable upstream 4 shutdown
 cable upstream 5 shutdown
!
ip classless
ip route 0.0.0.0 0.0.0.0 172.17.110.129
no ip http server
!
!
line con 0
 exec-timeout 0 0
 transport input none
line aux 0
line vty 0
 exec-timeout 0 0
 password cisco
 login
line vty 1 4
 password cisco
 login
!
end
          
sydney# show version

Cisco Internetwork Operating System Software 
IOS (tm) 7200 Software (UBR7200-IK1S-M), Version 12.1(2)T,  RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-2000 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 16-May-00 13:36 by ccai
Image text-base: 0x60008900, data-base: 0x613E8000

ROM: System Bootstrap, Version 11.1(10) [dschwart 10], RELEASE SOFTWARE (fc1)
BOOTFLASH: 7200 Software (UBR7200-BOOT-M), Version 12.0(10)SC,
EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)

sydney uptime is 1 day, 4 hours, 31 minutes
System returned to ROM by reload
System image file is "slot0:ubr7200-ik1s-mz_121-2_T.bin"

cisco uBR7223 (NPE150) processor (revision B) with 57344K/8192K bytes of memory.
Processor board ID SAB0249006T
R4700 CPU at 150Mhz, Implementation 33, Rev 1.0, 512KB L2 Cache
3 slot midplane, Version 1.0

Last reset from power-on
Bridging software.

X.25 software, Version 3.0.0.
8 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
1 FastEthernet/IEEE 802.3 interface(s)
2 Cable Modem network interface(s)
125K bytes of non-volatile configuration memory.
1024K bytes of packet SRAM memory.

20480K bytes of Flash PCMCIA card at slot 0 (Sector size 128K).
4096K bytes of Flash internal SIMM (Sector size 256K).
Configuration register is 0x2102

関連情報


Document ID: 16510