オプティカル : スペース再利用プロトコル/ダイナミック パケット トランスポート(SRP/DPT)

SRP ハードウェアのトラブルシューティング ガイド

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 10 月 29 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco ルータ間のスペース再利用プロトコル(SRP)リンクをトラブルシューティングするためのヒントを紹介します。 この資料はまたレイヤ 1 および 2 で SRP トラブルシューティング の 例を提供し、SRP 概念を説明し、Cisco IOS を使用する方法を記述したものですか。 SRP 接続を確認するコマンド。

図 1 セットアップをことこの資料使用表示します。

図 1 - トポロジ

/image/gif/paws/16182/srp2.gif

前提条件

要件

次の項目に関する知識があることが推奨されます。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

関連製品

このリストのハードウェアは現在 Ciscoルータ間の SRP Dynamic Packet Transport (DPT)リンクをサポートします:

  • 光搬送波 OC12/STM4 および OC48/STM16 および OC192/STM64 の 12xxx

  • Cisco 10720 ルータ(OC48)

  • 1519x(OC12 および OC48)

  • 720x / 720xVXR(OC12)

  • uBR720x / uBR720xVXR(OC12)

  • 75xx(OC12)

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

ルータ間の SRP/DPT リンクのインストールの主要なファクタはここにあります:

  • Side A は Side B に常に接続する必要があります。

  • Transmit (tx)は受け取るために常に接続する必要があります(Rx)。

  • カードに入って来る電力レベルは仕様の内である必要があります。

  • 距離制限は仕様の内である必要があります。

  • クロッキングは正しく設定する必要があります。

  • フレーム作成は正しく設定する必要があります。

リンクは電力レベルが仕様の内になくてもしばらくアップし、動作できます。 ただし、予想外の問題は電源が仕様の内にない場合あとでようです。

SRP の概要

このセクションは Ciscoルータ間の SRP リンクの主要コンポーネントの外観を提供します。

ファイバのタイプ

OC12 SRP カードのためのファイバには 2 つの型があります:

  • マルチモード(MM)

  • Singlemode (SM)

一般的に、MM カードは 1 タイプしかなく、SM カードは最大で 3 タイプあります。 リンクが 2 つのノードの間にある場合もある最長の距離に変換する SM カード間の唯一の違いは電力レベルです。 MM および SM カード間の違いは光源としてこと MM カード 使用 LED 間、SM カード 使用 レーザー。 OC48 SRP カードのファイバは SM のみです。

仕様距離必要を満たして Very Short Reach (VSR)、Short Reach (SR)および Intermediate Reach (IR) 光カードと利用可能の 1 ポート OC-192c/STM-64c DPT と問い合わせられる the12xxx (GSR)ファミリーに使用するたった 1 つのラインカードがあります。 SR および IR モデルが SC コネクタおよび SMファイバーを使用するが、VSR モデルは Multiple Terminations プッシュ プル(MTP)ラッチと呼ばれる 12x を 62.5 ミクロン MMファイバー組み込む、使用し短い 距離のためにより低い コストで 400 までのメーターを操作できます特別なコネクタを。 VRS 光カードは特別な MTP ケーブルと接続されます。 従って VRS 光カードは同じ余地の互換性のあるデバイス、通常同じようなラインカードまたはビルディングだけ相互接続できます。

ファイバ トポロジ

2 つの方法で SRP ノードの間でファイバ実行を得ることができます:

  • 1 つは 2 つの SRP ノード(マルチプレクサ (mux)、ファイバ 再生器、または相互接続のような機器)の間の Telco Synchronous Optical Network (SONET)機器の Telco 提供 回線です。 これは SRP ノード(Ciscoルータ)は生じるあらゆるエラーのために間違っていないことを Telco に示すのにハードなループバック テストを使用するときあります。

  • 他のファイバ セットアップは時々 direct to fiber と呼ばれるダークファイバの使用です。 ダークファイバは電源(光)を提供する唯一の機器が回線の端デバイスであるファイバの実行です。 Telco はファイバのこの型を提供できます Telco にファイバに接続される機器がありません; それはグラウンドのちょうどファイバです。 ダークファイバのもう一つの例はノードが両方とも同じ余地にある、ファイバ実行はそのの間でインストールされていますところにであり。

クロッキングおよび電力レベルはダークファイバの重要な要因です。 詳細についてはこの資料のクロッキングおよび電力レベル セクションを参照して下さい。

クロッキング

SRP は SONETリンクを実行します。 従って、SRP インターフェイスに Packet-over-SONET (POS) インターフェイスと同じクロッキング ルールがあります。 POS インターフェイスのように、SRP インターフェイスをに設定できます:

  • 内部、リンクにクロックを提供する

    または

  • リンクからクロックを受け取る行、

各側面を設定 する インターフェイス設定モードの下で srp clock-source [type] [side] コマンドを使用して下さい(自身のクロック コンフィギュレーションを用いる A および B)。

クロッキングは、電話会社のネットワークとダーク ファイバ ネットワークでは異なります。 Telcoネットワークに関しては、通常すべてがラインクロッキングに設定 される Telco と同様にインターフェイスを設定して下さい。

ダークファイバネットワークに関しては、理想的なクロッキング方式は内部へすべての A 側、および行にすべての b サイドを設定 することです。 クロックがスリップし始めるとき内部また設定 されるすべての側作業に、しかし BIP(Bx)エラーは出て来ます。 これがサポートされないのでラインクロッキングに両側を設定できません。

フレーミング

フレーム作成には 2 つの型があります:

  1. SONET

    SONET は北アメリカ規格です。

  2. SDH

    SDH はヨーロッパ規格です。

クロッキングのように、フレーム作成は srp framing [type] [side] コマンドを使用する場合サイドに依存しない場合もあります。 デフォルト フレーム作成は SONET です。

レイヤ1 で解決して下さい

SRP は SONET を実行します。 SRP 物理層問題を解決することは同じでハイレベル データ(HDLC)またはポイント ツー ポイント プロトコル(PPP) Packet over SONET(PoS) リンクのトラブルシューティングを実行します。 SRP リンクにおけるほとんどの問題は不適当な物理的コンフィギュレーションが原因ですまたは電源は仕様の安定します。

物理的コンフィギュレーションをトラブルシューティングして下さい

SRP リンクに使用されるファイバの物理構成は、リングが適切に動作するための重要な要素です。 かどうか確かめて下さい:

  • Transmit(Tx)ポートは Receive(Rx)ポートに接続している。

  • サイド A は正しい近隣ルータのサイド B に接続している。

図 2 このラボ の セットアップで使用される設定を示します。

図 2 –設定

/image/gif/paws/16182/srp2.gif

2 つの可能性のある 物理的 な セットアップ エラーは SRP リングで発生する場合があります:

  • Transmit(Tx)が Receive(Rx)ポートに接続していない。 これは不正確に設定されてと SRP インターフェイスがアクティブにならないので解決するべき最も容易なシナリオです。

  • Side B はネイバーの Side A に接続されません(Side B は味方するために B)接続されます。 このシナリオは間違って設定されたノードを解決するように要求します。

物理的 な セットアップが間違っているかどうか確認する show controllers srp コマンドを発行して下さい。

この例では、Rx ポートは hswan-12410-3a で切り替えられました。 Path Trace Buffer は交差するリンクのために間違っています。 、Tx 実際接続されます Rx に覚えていて下さい、そうすればリンクはアップします。 ただし、ここに Side B は Side B に接続されます、無効な設定である。

図 3 – Invaid 設定の例

/image/gif/paws/16182/srp3.gif

hswan-12410-3a#show controllers srp
SRP0/0 - Side A (Outer Rx, Inner Tx)
SECTION
  LOF = 1          LOS    = 1                            BIP(B1) = 0
LINE
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B2) = 0
PATH
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 16         BIP(B3) = 21
  LOP = 0          NEWPTR = 0          PSE  = 0          NSE     = 0

Active Defects: None
Active Alarms:  None
Alarm reporting enabled for: SLOS SLOF PLOP 

Framing           : SONET
Rx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16
Tx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16  J0 = 0x1 
Clock source      : Internal
Framer loopback   : None
Path trace buffer : Stable 
  Remote hostname : hswan-10720-3a
  Remote interface: SRP1/1
  Remote IP addr  : 100.1.1.4
  Remote side id  : A  

!--- The remote interface is also Side A. 
!--- This must be Side B. This is a physical cabling error.

          
BER thresholds:           SF = 10e-3  SD = 10e-6
IPS BER thresholds(B3):   SF = 10e-3  SD = 10e-6
TCA thresholds:           B1 = 10e-6  B2 = 10e-6  B3 = 10e-6

SRP0/0 - Side B (Inner Rx, Outer Tx)
SECTION
  LOF = 1          LOS    = 1                            BIP(B1) = 0
LINE
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B2) = 0
PATH
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 16         BIP(B3) = 18
  LOP = 0          NEWPTR = 0          PSE  = 0          NSE     = 0

Active Defects: None
Active Alarms:  None
Alarm reporting enabled for: SLOS SLOF PLOP 

Framing           : SONET
Rx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16
Tx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16  J0 = 0x1 
Clock source      : Internal
Framer loopback   : None
Path trace buffer : Stable 
  Remote hostname : hswan-12016-2a
  Remote interface: SRP12/0
  Remote IP addr  : 100.1.1.5
  Remote side id  : B 

!--- The remote interface is also Side B. 
!--- This must be Side A. This is a physical cabling error.


BER thresholds:           SF = 10e-3  SD = 10e-6
IPS BER thresholds(B3):   SF = 10e-3  SD = 10e-6
TCA thresholds:           B1 = 10e-6  B2 = 10e-6  B3 = 10e-6

この場合、hswan-12410-3a では、ログに次のエラーが表示されます。 hswan-12410-3a に接続するその他の 2 つのノードには、これらのエラーは表示されません。

hswan-12410-3a#
%SRP-3-RING_ID_ERROR: SRP0/0 : Rx side A, Tx side of fibeA
%SRP-3-RING_ID_ERROR: SRP0/0 : Rx side B, Tx side of fibeB

適切 な 設定に戻って Rx ポートを置き、hswan-12410-3a の Tx ポートを切り替える場合、hswan-12410-3a に接続されるノードのないそのノードのこれらのエラーを得ます。 そういうわけで持たなければリングがどのようにの設定する必要があるか物理的 なダイアグラムをなりません。

図 4 –リングを設定する方法

srp4.gif

hswan-12016-2a#
%SRP-3-RING_ID_ERROR: SRP12/0 : Rx side B, Tx side of fibeB

hswan-10720-3a#
%SRP-3-RING_ID_ERROR: SRP1/1 : Rx side A, Tx side of fiber originates on A

!--- Note that the error syntax is different 
!--- on the Cisco 10720 router.

hswan-12016-2a#show controllers srp
SRP12/0 - Side A (Outer Rx, Inner Tx)
SECTION
  LOF = 0          LOS    = 0                            BIP(B1) = 0
LINE
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B2) = 0
PATH
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B3) = 0
  LOP = 0          NEWPTR = 0          PSE  = 0          NSE     = 0

Active Defects: None
Active Alarms:  None
Alarm reporting enabled for: SLOS SLOF PLOP 

Framing           : SONET
Rx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16
Tx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16  J0 = 0x1 
Clock source      : Internal
Framer loopback   : None
Path trace buffer : Stable 
  Remote hostname : hswan-12008-2b
  Remote interface: SRP6/0
  Remote IP addr  : 100.1.1.2
  Remote side id  : B
          
BER thresholds:           SF = 10e-3  SD = 10e-6
IPS BER thresholds(B3):   SF = 10e-3  SD = 10e-6
TCA thresholds:           B1 = 10e-6  B2 = 10e-6  B3 = 10e-6

SRP12/0 - Side B (Inner Rx, Outer Tx)
SECTION
  LOF = 0          LOS    = 0                            BIP(B1) = 0
LINE
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B2) = 0
PATH
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B3) = 0
  LOP = 0          NEWPTR = 0          PSE  = 0          NSE     = 0

Active Defects: None
Active Alarms:  None
Alarm reporting enabled for: SLOS SLOF PLOP 

Framing           : SONET
Rx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16
Tx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16  J0 = 0x1 
Clock source      : Internal
Framer loopback   : None
Path trace buffer : Stable 
  Remote hostname : hswan-12410-3a
  Remote interface: SRP0/0
  Remote IP addr  : 100.1.1.1
  Remote side id  : B 

!--- The remote interface is also Side B. 
!--- This must be Side A. This is a physical cabling error.


BER thresholds:           SF = 10e-3  SD = 10e-6
IPS BER thresholds(B3):   SF = 10e-3  SD = 10e-6
TCA thresholds:           B1 = 10e-6  B2 = 10e-6  B3 = 10e-6

hswan-12410-3a#show controllers srp
SRP0/0 - Side A (Outer Rx, Inner Tx)
SECTION
  LOF = 0          LOS    = 0                            BIP(B1) = 0
LINE
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B2) = 0
PATH
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B3) = 0
  LOP = 0          NEWPTR = 0          PSE  = 0          NSE     = 0

Active Defects: None
Active Alarms:  None
Alarm reporting enabled for: SLOS SLOF PLOP 

Framing           : SONET
Rx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16
Tx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16  J0 = 0x1 
Clock source      : Internal
Framer loopback   : None
Path trace buffer : Stable 
  Remote hostname : hswan-12016-2a
  Remote interface: SRP12/0
  Remote IP addr  : 100.1.1.5
  Remote side id  : B
          
BER thresholds:           SF = 10e-3  SD = 10e-6
IPS BER thresholds(B3):   SF = 10e-3  SD = 10e-6
TCA thresholds:           B1 = 10e-6  B2 = 10e-6  B3 = 10e-6

SRP0/0 - Side B (Inner Rx, Outer Tx)
SECTION
  LOF = 0          LOS    = 0                            BIP(B1) = 0
LINE
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B2) = 0
PATH
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B3) = 0
  LOP = 0          NEWPTR = 0          PSE  = 0          NSE     = 0

Active Defects: None
Active Alarms:  None
Alarm reporting enabled for: SLOS SLOF PLOP 

Framing           : SONET
Rx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16
Tx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16  J0 = 0x1 
Clock source      : Internal
Framer loopback   : None
Path trace buffer : Stable 
  Remote hostname : hswan-10720-3a
  Remote interface: SRP1/1
  Remote IP addr  : 100.1.1.4
  Remote side id  : A      

BER thresholds:           SF = 10e-3  SD = 10e-6
IPS BER thresholds(B3):   SF = 10e-3  SD = 10e-6
TCA thresholds:           B1 = 10e-6  B2 = 10e-6  B3 = 10e-6

hswan-10720-3a#show controllers srp
Interface SRP1/1
Hardware is OC48 SRP

SRP1/1 - Side A (Outer Rx, Inner Tx)

OPTICS
Rx readout values: -6 dBm    - Within specifications

SECTION
  LOF = 0          LOS    = 0                            BIP(B1) = 0
LINE
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B2) = 0
PATH
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B3) = 0
  LOP = 0          NEWPTR = 0          PSE  = 0          NSE     = 0

Active Defects: None
Active Alarms:  None
Alarm reporting enabled for: SLOS SLOF PLOP 

Framing           : SONET
Rx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16
Tx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16  J0 = 0x1 
Clock source      : Internal
Framer loopback   : None
Path trace buffer : Stable 
  Remote hostname : hswan-12410-3a
  Remote interface: SRP0/0
  Remote IP addr  : 100.1.1.1
  Remote side id  : A 

!--- The remote interface is also Side A. 
!--- This must be Side B. This is a physical cabling error.


BER thresholds:           SF = 10e-3  SD = 10e-6
IPS BER thresholds(B3):   SF = 10e-3  SD = 10e-6
TCA thresholds:           B1 = 10e-6  B2 = 10e-6  B3 = 10e-6

SRP1/1 - Side B (Inner Rx, Outer Tx)

OPTICS
Rx readout values: -5 dBm    - Within specifications

SECTION
  LOF = 0          LOS    = 0                            BIP(B1) = 0
LINE
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B2) = 0
PATH
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B3) = 0
  LOP = 0          NEWPTR = 0          PSE  = 0          NSE     = 0

Active Defects: None
Active Alarms:  None
Alarm reporting enabled for: SLOS SLOF PLOP 

Framing           : SONET
Rx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16
Tx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16  J0 = 0x1 
Clock source      : Internal
Framer loopback   : None
Path trace buffer : Stable 
  Remote hostname : hswan-12008-2b
  Remote interface: SRP6/0
  Remote IP addr  : 100.1.1.2
  Remote side id  : A

BER thresholds:           SF = 10e-3  SD = 10e-6
IPS BER thresholds(B3):   SF = 10e-3  SD = 10e-6
TCA thresholds:           B1 = 10e-6  B2 = 10e-6  B3 = 10e-6

電力レベルを解決して下さい

Cisco 10720 ルータの場合を除き、電力レベル(光レベルとも呼びます)を確認する適切な方法は、サードパーティの光テスターを使用することです。 Cisco 10720 ルータは組み込み電源テスト担当者を備えています。 show controllers srp コマンドの出力を表示できます。

電力レベルをテストするために、リンクの Rx 終わりに電力の測定を奪取 して下さい。 Rx ファイバをポートから切り離し、光テスタに Rx ファイバを接続して下さい。 これは実際にリンクのもう一方の端からの TX 電力をテストします。 テストの出力はカードの電力 仕様の内で落ちる必要があります。 カードの各型は別の出力領域がある場合があります。 使用されるカードのための仕様をチェックして下さい。

電力レベルは dBm 否定的な範囲にある必要があります。 より多くの電源がリンクに追加される場合、dBm はゼロに近い方にあります。 インライン減衰器とのリンクに減衰を追加するには余りにもファーストであるたくさんの電源(リンク)があれば、できます。 これらの外部減衰器は通常 5dB 増分で動作します。 リンクが仕様の内にもどって来るまで減衰を追加して下さい。 高速リンクでは電力レベルにだけ問題があるのが普通で、通常はファイバまたはインターフェイスの問題を示すものではありません。

電力レベルが問題が下記のもののあるには余りにも低ければ(時々「冷たい」リンクと呼出される)、できます:

  • ファイバ、たとえば、ファイバ 切断

  • リンクの距離

  • ファイバが接続されるインターフェイス

最初に、すべての光接続をきれいにし、ファイバに問題がないことを確認して下さい。 たとえばよじれ、中断および堅いくねりがないことを、確認して下さい。 電力レベルが増加しない場合、パッチ パネル接続ファイバー接続およびスプライスの数を、たとえば減らすことを、試みて下さい。 問題が持続すればおよびリンクは以前にはたらきましたり、先にこのセクションにリストされているように問題がある場合もあります。 新しいインストールの場合には、リンクの距離をリンクが仕様の内にあることを確認するためにチェックすること確かめて下さい。 リンクの減衰を取除いて下さい。 リンクがそれでもゆっくり実行される場合、問題が下記のもののある場合もあります:

  • インターフェイス

  • 電話会社経由で不正にマッピングされたインターフェイス

  • より強力な視覚に変更する必要があるインターフェイス(距離仕様から)

SONET エラーを解決して下さい

物理的 な SONET エラーを解決する show controllers srp コマンドを発行して下さい。 このセクションはコマンドの出力例を提供します。

リングの各サイドに 2 セットの統計情報があることに注意してください。 両側のためのすべてのカウンターはゼロである必要があります。 これらのカウンターは次の場合にはリンクの非ゼロ値が問題なくある場合があります:

  • リンクが最初にアップした。

  • ファイバが削除/挿入された。

  • ルータ リロード

非ゼロ値を検出する場合、カウンターをクリアして下さい show controllers SRP からの出力の値を再確認します。 エラーカウントが増分する場合、問題があります。

hswan-12410-3a#show controllers srp 0/0
SRP0/0 - Side A (Outer Rx, Inner Tx) 

!--- Start of side A of the node.

SECTION
  LOF = 0          LOS    = 0                            BIP(B1) = 0 

!--- Section counters must be zero.

LINE
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B2) = 0 

!--- Line counters must be zero.

PATH
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B3) = 0 

!--- Path counters must be zero.

  LOP = 0          NEWPTR = 0          PSE  = 0          NSE     = 0 

!--- Path counters must be zero.


Active Defects: None 
! -- A stable link should show "None"
Active Alarms:  None 
! -- A stable link should show "None"
Alarm reporting enabled for: SLOS SLOF PLOP

Framing           : SONET  

!--- Framing type for this side of the node.

Rx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16
Tx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16  J0 = 0x1 
Clock source      : Internal 

!--- Clock source for this side of the node.

Framer loopback   : None 

!--- Shows whether the node has a software loop enabled.
 
Path trace buffer : Stable 
  Remote hostname : hswan-12016-2a 

!--- Name of the remote node to which the SRP link is connected.
 
  Remote interface: SRP12/0 

!--- Remote interface to which the SRP link is connected.
 
  Remote IP addr  : 100.1.1.5 

!--- Remote interface to which the SRP link is connected. 

  Remote side id  : B 

!--- Remote side to which the link is connected.  
!--- Must be the opposite to local side!


BER thresholds:           SF = 10e-3  SD = 10e-6 

!--- Number of errors it has to receive to cause an Alarm.

IPS BER thresholds(B3):   SF = 10e-3  SD = 10e-6 

!--- Number of errors it has to receive to cause an Alarm.

TCA thresholds:           B1 = 10e-6  B2 = 10e-6  B3 = 10e-6 

!--- Number of errors it has to receive to cause an Alarm.



SRP0/0 - Side B (Inner Rx, Outer Tx) 

!--- Start of side B of the node.  Same layout/output as side A.

SECTION
  LOF = 0          LOS    = 0                            BIP(B1) = 0
LINE
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B2) = 0
PATH
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B3) = 0
  LOP = 0          NEWPTR = 0          PSE  = 0          NSE     = 0

Active Defects: None
Active Alarms:  None
Alarm reporting enabled for: SLOS SLOF PLOP 

Framing           : SONET
Rx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16
Tx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16  J0 = 0x1 
Clock source      : Internal
Framer loopback   : None
Path trace buffer : Stable 
  Remote hostname : hswan-10720-3a
  Remote interface: SRP1/1
  Remote IP addr  : 100.1.1.4
  Remote side id  : A      

BER thresholds:           SF = 10e-3  SD = 10e-6
IPS BER thresholds(B3):   SF = 10e-3  SD = 10e-6
TCA thresholds:           B1 = 10e-6  B2 = 10e-6  B3 = 10e-6

LOF および LOS エラー

Loss of Frame(LOF; フレーム同期損失)エラーは、受信 SONET 信号に、重大エラーのあるフレーミング障害が 3 ミリ秒以上あると発生します。 Loss of Signal(LOS; 信号消失)エラーは、19(+/-3)マイクロ秒以上の受信 SONET 信号で、オール ゼロのパターンが検知されると起こります。 また、信号が消失した場合も(電力が仕様範囲外の場合)、LOS は報告されます。

LOF および LOS は両方セクション エラーで、通常ノードと次の SONET デバイス(通常 SONET マルチプレクサ[MUX]間に問題が場合 Telcoネットワークに行っている)あることを示します。

BIP(B1) 、BIP(B2) 、およびBIP(B3) エラー

B1、B2 および B3 エラーは通常インターフェイスに入って来るセクション、行およびパス ビット挿入 パリティエラーです。 これらの値は通常、リンクか遠端機器のどちらかに問題があることを示します。 解決するために、インターフェイスのハードなループバックテストを行って下さい。 詳細についてはこの資料のハードなループバック テスト セクションを参照して下さい。

AIS、RDI、FEBE エラー

SONET ネットワーク デバイスが LOF か LOS を検出するとき、デバイスはアラーム表示信号 (AIS) メッセージおよびアップストリーム デバイスを知らせるためにダウンストリーム デバイスを知らせるようにリモート検出識別子 (RDI) メッセージを送信 します。 同じは B2 および B3 エラーにあてはまますが、これらのエラーは Far End Block Error Path (FEBE) エラーとして報告されます。

ルータ A の show controllers srp コマンドが FEBEエラーを見る場合、このリンクのもう一方の端のデバイスに B2 か B3 がエラーあり、ルータ A に戻ってルータ A かリンクから来るエラーを示すためにエラーを報告することを推論できます。

FEBE または Remote Defect Indication(RDI; リモート障害表示)アラームの受信は、必ずしもローカル インターフェイスの問題を指すとは限りません。 ファイバ スパンによりエラーを引き起こす場合があります。 再度、ハードなループバック テストはエラーがあるかどうか示します。 詳細についてはこの資料のハードなループバック テスト セクションを参照して下さい。

LOP、NEWPTR、PSE、NSE エラー

Loss of Pointer(LOP; ポインタ損失)、NEW SONET Pointer(NEWPTR)、Positive Stuff Event(PSE)、および Negative Stuff Event(NSE)エラーは、リンクのクロッキング エラーを示唆します。 これらのエラーが対象とする SONET フレームの部分は、H1 および H2 バイトです。 これらのエラーの Node レポートがクロッキングに関する問題があるように、回線を確認すれば。 リンクのノードが両方とも正しく設定されても、Telco SONET ネットワーク内のクロッキングに関する問題によりこれらのエラーを引き起こす場合があります。

ハードなループバック テスト

ルータにおける問題を除外するためにハードなループバック テストを行って下さい。 このテスト用の前提条件はここにあります:

  • テストする必要があるスパンを降ろせます必要があります。

  • ルータにアクセスできなければなりません。

  • Tx ポートおよび Rx ポートを接続するファイバ ストランドがなければなりません。

  • ファイバ ストランドが付いている仕様にインターフェイスを得る musthave 十分な減衰。

次の手順を実行します。

  1. 調査対象のスパンを、残りのリングから切り離します。

    重要事項 スパンがリングの他から断ち切られない場合、SONET ループはリングの完全 停止を作成し、リングはトラフィックをもう通過させません。 このデッド スポットにリングを行き渡るすべての IPS パケットを止める可能性があります。 スパンを隔離するために、Cisco はリングの他からテストすることを推奨します。 次の手順を実行します。

    1. SONET ループがあるノードにおけるインターフェイス設定モードに得て下さい。

    2. SONET ループがある側面の手動ラップのための srp ips request forced-switch [side] コマンドを発行して下さい。

      たとえばノードの Side A に SONET ループを置きたいと思ったら srp ips request forced-switch a コマンドを発行して下さい。 これにより Side B はラップします。 Side B は今でもリングの一部で、今でもトラフィックを通過させます。 ラップされて Side B がまだリングの他に効果無しでノードの Side A に、取り組むことができます。

  2. ステップ 1 (a)および(b)のと同様にリングからのスパンの反対側のノードを隔離して下さい。

  3. インターフェイスから回線を抜きます。

  4. ファイバ糸の方端を、Tx ポートに差し込みます。

  5. レベルはそのインターフェイスのための仕様の内にあることをことを確かめるためにファイバ ストランドから出る電力レベルをチェックして下さい。

    電力レベルが電力レベルを切るには余りにも高い場合、レベルが仕様の内にあるまで減衰器を使用して下さい。

  6. ファイバ糸の反対側の端を、カードの Rx ポートに差し込みます。

  7. このインターフェイスのクロック ソースを内部に変更します。

  8. カウンタをクリアします。

  9. 2 ~ 3 分待機します。

  10. show controllers srp コマンドを実行して、エラーを確認します。

Side A にハードなループがあったときに奪取 される show controllers srp コマンドからの出力はここにあります。 Path Trace Buffer は Side A と同じ情報を示し、ポートがループすることを確認します(同じホスト名、インターフェイス、IP アドレスおよび側 ID)。

ほとんどのループ テストでは、インターフェイスが up または up(looped)であるかを確認するために、show interface コマンドが必要であるため、このことは重要です。 SRP はこのような情報は報告しないので、show interface コマンドを使用して、ポートがループされたかどうかを調べることはできません。

インターフェイスがループするように確認されるとき、エラーがあるかどうかインターフェイスを点検できます。 インターフェイスがエラーを報告していたら、電力レベルとファイバ糸を再点検してください。 これをした後、それでもインターフェイス Reports エラーが、インターフェイスを取り替える場合:

hswan-12008-2b#show controllers srp 1/0
SRP1/0 - Side A (Outer RX, Inner TX)
SECTION
  LOF = 0          LOS    = 0                            BIP(B1) = 0
LINE
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B2) = 0
PATH
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B3) = 0
  LOP = 0          NEWPTR = 0          PSE  = 0          NSE     = 0

Active Defects: None
Active Alarms:  None
Alarm reporting enabled for: SLOS SLOF PLOP

Framing           : SONET
Rx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16
Tx SONET/SDH bytes: (K1/K2) = 0/0        S1S0 = 0  C2 = 0x16  J0 = 0x1
Clock source      : Internal
Framer loopback   : None
Path trace buffer : Stable
  Remote hostname : hswan-12008-2b 

!--- Check that host name is matched to verify that interface is looped.

  Remote interface: SRP1/0 

!--- Check that interface matches to verify that interface is looped.

  Remote IP addr  : 150.150.150.3 

!--- Check that IP address matches to verify that interface is looped.

  Remote side id  : A 

!--- Check that remote side ID matches to verify that interface is looped.


BER thresholds:           SF = 10e-3  SD = 10e-6
IPS BER thresholds(B3):   SF = 10e-3  SD = 10e-6
TCA thresholds:           B1 = 10e-6  B2 = 10e-6  B3 = 10e-6

スパンをリングに戻す準備ができたら、強制折り返しをオフにするのを忘れないでください。

レイヤ2 で解決して下さい

SRP でレイヤ2 を解決するのにこのセクションを使用して下さい。

SRP IPS

SRP リングの他のノードと通信する SRP 使用インテリジェント保護スイッチング (IPS)。 IPS はそれらが自動的に失敗したスパンのトラフィックのラップによってノード障害かファイバファシリティから回復 するようにする強力 な 自己修復機能を SRP リングに与えます。

SRP リングの各ノードはアウター リングのまわりでトポロジーパケットを送信します従ってことができる誰を伝えるリングのすべてのノードはと確認します。 トポロジーパケットがリングのまわりで送信され、受信されるかどうか確かめる show srp topology コマンドを発行して下さい:

hswan-12008-2b#show srp topology

 Topology Map for Interface SRP6/0
  Topology pkt. sent every 5 sec. (next pkt. after 1 sec.)
  Last received topology pkt. 00:00:03 

!--- If this value is higher than the topology packet sent value
!--- (5 seconds), topology packet drops occur somewhere on the ring.

  Nodes on the ring: 4
  Hops (outer ring)      MAC       IP Address      Wrapped Name
      0             0003.a09f.5700 100.1.1.2         No    hswan-12008-2b
      1             0001.c9ec.d300 100.1.1.5         No    hswan-12016-2a
      2             0000.5032.3037 100.1.1.1         No    hswan-12410-3a
      3             0006.d74a.f900 100.1.1.4         No    hswan-10720-3a

この例にリングの 4 つのノードが、最初のノードある(ホップは 0) ローカルノードです。 show srp topology コマンドの出力はリングとリングがそれでもトポロジーパケットを受信する限り変わります。

重要なのは、show srp topology コマンドのこの出力は最後のトポロジーパケットが受信されたときに示します:

Last received topology pkt. 00:00:04

この情報は一定時間にわたりエージング・アウトしません。 このようにこのカウンターがデフォルトに何でも 5 秒なら、トポロジーパケットはリングでどこかに失われています。

srp topology-timer コマンドでこのタイマーを変更できます。

リングがトポロジーパケットを失う場合、ノード 情報はノードが受信する最後のトポロジーパケットを保存するので間違います。 どのノードが接続されるか確認するために、ノードが物理的に接続されるネイバーが表示されるのに show controllers srp コマンド Path Trace Buffer 情報を使用して下さい。

このセクションは show srp ips コマンドで間違ったコンフィギュレーションのために解決する方法を示します。 IPS がリング ラップを報告しないこと、そして IDLE が、送受信される IPS メッセージで状態報告短いあることを確認して下さい。 報告される IPS 要求はまた IDLE である必要があります。 その他のステータスもすべて、SONET リンクの問題を示します。

これはよい show srp ips コマンド出力の例です:

hswan-12008-2b#show srp ips srp 6/0 

 IPS Information for Interface SRP6/0
 MAC Addresses
   Side A (Outer ring Rx) neighbor 0006.d74a.f900
   Side B (Inner ring Rx) neighbor 0001.c9ec.d300
   Node MAC address 0003.a09f.5700
 IPS State
   Side A not wrapped 

!--- Must be in a "not wrapped" state.

   Side B not wrapped 

!--- Must be in a "not wrapped" state.

   Side A (Inner ring Tx) IPS pkt. sent every 1 sec. (next pkt. after 1 sec.)
   Side B (Outer ring Tx) IPS pkt. sent every 1 sec. (next pkt. after 1 sec.)
   inter card bus enabled
   IPS WTR period is 60 sec. (timer is inactive)
   Node IPS State: idle  

!--- Must be idle.

 IPS Self Detected Requests           IPS Remote Requests
   Side A IDLE                          Side A IDLE 

!--- Side A reports good IDLE status.

   Side B IDLE                          Side B IDLE 

!--- Side B reports good IDLE status.

 IPS messages received
   Side A (Outer ring Rx) {0006.d74a.f900,IDLE,SHORT}, TTL 255 

!--- Side A receives good "IDLE,SHORT" status.

   Side B (Inner ring Rx) {0001.c9ec.d300,IDLE,SHORT}, TTL 255 

!--- Side B receives good "IDLE,SHORT" status.

 IPS messages transmitted
   Side A (Outer ring Rx) {0003.a09f.5700,IDLE,SHORT}, TTL 128 

!--- Side A transmits good "IDLE,SHORT" status.

   Side B (Inner ring Rx) {0003.a09f.5700,IDLE,SHORT}, TTL 128 

!--- Side B transmits good "IDLE,SHORT" status.

これは Side A がダウンしているので) (Side B がラップされるかところに悪い show srp ips コマンドの例です:

hswan-12008-2b#show srp ips

 IPS Information for Interface SRP1/0
 MAC Addresses
   Side A (Outer ring Rx) neighbor 0003.a09f.5480
   Side B (Inner ring Rx) neighbor 0048.dc8b.b300
   Node MAC address 0003.a09f.5480
 IPS State
   Side A not wrapped
   Side B wrapped 

!--- Side B is wrapped because A is down.

   Side A (Inner ring Tx) IPS pkt. sent every 1 sec. (next pkt. after 1 sec.)
   Side B (Outer ring Tx) IPS pkt. sent every 1 sec. (next pkt. after 1 sec.)
   inter card bus enabled
   IPS WTR period is 60 sec. (timer is inactive)
   Node IPS State: wrapped 

!--- One side is wrapped.

 IPS Self Detected Requests           IPS Remote Requests
   Side A SF                            Side A IDLE 

!--- Side A reports SF instead of IDLE. This indicates 
!--- an error condition on the ring.

   Side B IDLE                          Side B IDLE
 IPS messages received
   Side A (Outer ring Rx) none 

!--- Side A is down, and does not receive any IPS messages.

   Side B (Inner ring Rx) {00b0.8e96.b41c,SF,LONG}, TTL 253 

!--- Side B reports SF,LONG instead of IDLE,SHORT.

 IPS messages transmitted 
   Side A (Outer ring Rx) {0003.a09f.5480,SF,SHORT}, TTL 128
   Side B (Inner ring Rx) {0003.a09f.5480,SF,LONG}, TTL 128

show arp コマンドで正しいアドレス解決プロトコル (ARP) 表があるかどうか確かめて下さい:

hswan-12008-2b#show arp
Protocol  Address          Age (min)  Hardware Addr   Type   Interface
Internet  100.1.1.4              59   0006.d74a.f900  SRP-A  SRP6/0
Internet  100.1.1.1             234   0000.5032.3037  SRP-B  SRP6/0
Internet  100.1.1.2               -   0003.a09f.5700  SRP2   SRP6/0
Internet  150.150.150.4           3   00b0.8e96.b41c  SRP-B  SRP1/0
Internet  150.150.150.2          30   0048.dc8b.b300  SRP-B  SRP1/0
Internet  150.150.150.3           -   0003.a09f.5480  SRP    SRP1/0
Internet  150.150.150.1          30   0030.b660.6700  SRP-B  SRP1/0
  • SRP - SRP バージョン 1(OC12 SRP)

  • SRP2 - SRP バージョン 2(OC48 SRP)

  • SRP-A SRP ƒCƒ“ƒ^[ƒtƒFƒCƒX‚̃TƒCƒh A ‚ɐڑ±‚·‚éƒm[ƒh

  • SPR-B SRP インターフェイスのサイド B に接続するノード

SRP1/0 のためのすべてのエントリに SRP-B の一種類があります。 これは Side A がダウンしている、従ってノードはインターフェイスの Side B からすべてを学びますという理由によります。

SRP インターフェイスもパススルー モードになっている可能性があります。 これを確認するために、show interface コマンドを発行して下さい。 パススルー モードになるのは、インターフェイスの両サイドがトラフィックを通過させることができないときです。 たとえば、インターフェイスが管理上のシャットダウン状態になるまたは両側 SRP キープアライブがとき抜けて下さい。 そのため、カードはリング上で光リピータとなります。 パススルー モードについての重要な点は単独でこのモードによりリングはラップしませんことです。 従って、ノードのシャットダウンは IPS 問題を引き起こしません(これはリング問題を解決してよいです)。 show interface コマンドの出力例はここにあります:

hswan-12008-2b#show interface srp 1/0
SRP1/0 is administratively down, line protocol is down 
  Hardware is SRP over SONET, address is 0003.a09f.5480 (bia 0003.a09f.5480)
  Internet address is 150.150.150.3/24
  MTU 4470 bytes, BW 622000 Kbit, DLY 100 usec, rely 255/255, load 1/255
  Encapsulation SRP,
  Side A: loopback not set
  Side B: loopback not set
     4 nodes on the ring   MAC passthrough set 
     Side A: not wrapped   IPS local: IDLE       IPS remote: IDLE
     Side B: not wrapped   IPS local: IDLE       IPS remote: IDLE
  Last input 00:00:10, output 00:00:09, output hang never
  Last clearing of "show interface" counters 00:00:03
  Queueing strategy: fifo
  Output queue 0/40, 0 drops; input queue 0/75, 0 drops
  5 minute input rate 0 bits/sec, 1 packets/sec
  5 minute output rate 0 bits/sec, 0 packets/sec
     0 packets input, 0 bytes, 0 no buffer
     Received 0 broadcasts, 0 runts, 0 giants, 0 throttles
     0 input errors, 0 CRC, 0 frame, 0 overrun, 0 ignored, 0 abort
     0 packets output, 0 bytes, 0 underruns
     0 output errors, 0 collisions, 0 interface resets
     0 output buffer failures, 0 output buffers swapped out
     Side A received errors:
        0 input errors, 0 CRC, 0 ignored,
        0 framer runts, 0 framer giants, 0 framer aborts,
        0 mac runts, 0 mac giants, 0 mac aborts
     Side B received errors:
        0 input errors, 0 CRC, 0 ignored,
        0 framer runts, 0 framer giants, 0 framer aborts,
        0 mac runts, 0 mac giants, 0 mac aborts

SRP アラーム

SRP アラーム メッセージとのヘルプに関しては、Cisco 10720 インターネット ルータ インストレーション コンフィギュレーション ガイドアラーム メッセージ セクションを参照して下さい。

SRP デバッグ

show コマンドは十分に普通 SRP 問題を解決することです。 ただし、デバッグをつける必要がある状況があります。 2 つの最も頻繁に使用された debug コマンドはここにあります:

  • debug srp ips

  • debug srp topology

リングを行き渡る IPS パケットを表示するのに debug srp ips を使用して下さい。 show srp ips コマンドと同様に、両側は不足分 IDLE のステータスがなければなりません。

ノードが両方からパケットをリング(最初 2 つの行)の A および B サイド受信するところに正常 な デバッグ SRP IPS 例はここにあります。 それはまた隣接ノード(最後の 2 つの行)に(Tx) IDLE を、短いメッセージ送信します。

*Nov 3 02:46:47.899: srp_process_ips_packet: SRP1/0, checksum 64620, ttl 255, B 

!--- Receives packet from side B.

*Nov 3 02:46:48.139: srp_process_ips_packet: SRP1/0, checksum 14754, ttl 255, A 

!--- Receives packet from side A.

*Nov 3 02:46:48.403: Tx pkt node SRP1/0 side A {IDLE, SHORT} 

!--- Transmits (Tx) IDLE,SHORT msg to neighbor on side A.

*Nov 3 02:46:48.403: Tx pkt node SRP1/0 side B {IDLE, SHORT} 

!--- Transmits(Tx) IDLE,SHORT msg to neighbor on side B.

Side B がダウンしている Side A がラップされる debug srp ips コマンドの悪い例はここにあり、:

*Jan 4 21:11:25.580: srp_process_ips_packet: SRP12/0, 
checksum 50326, ttl 253,A
*Jan 4 21:11:26.200: Tx pkt node SRP12/0 side A {SF, LONG} 

!--- Transmits (Tx) IDLE,SHORT (error) msg to neighbor on side A.

*Jan 4 21:11:26.200: Tx pkt node SRP12/0 side B {SF, SHORT} 

!--- Transmits (Tx) IDLE,SHORT (error) msg to neighbor on side B.

使用できるもう一つの debug コマンドは debug srp topology です。 debugs は、リング周辺のトポロジ パケットのフローを示しています。 ラップされたノードでは、node_wrapped ステータスは 1 です。

debug srp topology のよい例はリングのラップ無しにここにあります:

*Jan 3 23:34:01.846: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000002 
*Jan 3 23:34:01.846: srp_forward_topology_map_packet: SRP12/0, len 20
*Jan 3 23:34:01.846: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000003 
*Jan 3 23:34:01.846: srp_forward_topology_map_packet: SRP12/0, len 20
*Jan 3 23:34:02.266: srp_send_topology_map_packet: SRP12/0 on side B 
- Not Wrapped
*Jan 3 23:34:02.266: srp_send_topology_map_packet: SRP12/0 on side A 
- Not Wrapped
*Jan 3 23:34:02.266: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000002 
*Jan 3 23:34:02.266: srp_consume_topology_map_packet: SRP12/0, len 34
*Jan 3 23:34:02.266: 0, src node_wrapped 0, src mac_addr 0001.c9ec.d300 

!--- If the node is not wrapped, the node_wrapped bit should be zero (0).

*Jan 3 23:34:02.266: 1, src node_wrapped 0, src mac_addr 0000.5032.3037 
*Jan 3 23:34:02.266: 2, src node_wrapped 0, src mac_addr 0006.d74a.f900
*Jan 3 23:34:02.266: 3, src node_wrapped 0, src mac_addr 0003.a09f.5700
topology changed = No
*Jan 3 23:34:02.266: 0, src node_wrapped 0, src mac_addr 0001.c9ec.d300
*Jan 3 23:34:02.266: 1, src node_wrapped 0, src mac_addr 0000.5032.3037
*Jan 3 23:34:02.266: 2, src node_wrapped 0, src mac_addr 0006.d74a.f900
*Jan 3 23:34:02.266: 3, src node_wrapped 0, src mac_addr 0003.a09f.5700
topology updated = No
*Jan 3 23:34:02.266: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000003 
*Jan 3 23:34:02.930: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000002 
*Jan 3 23:34:02.930: srp_forward_topology_map_packet: SRP12/0, len 13
*Jan 3 23:34:02.930: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000003 
*Jan 3 23:34:02.930: srp_forward_topology_map_packet: SRP12/0, len 27
*Jan 3 23:34:04.194: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000003 
*Jan 3 23:34:04.194: srp_forward_topology_map_packet: SRP12/0, len 13
*Jan 3 23:34:04.194: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000002 
*Jan 3 23:34:04.194: srp_forward_topology_map_packet: SRP12/0, len 27

ラップされるノードの debug srp topology の悪い例はここにあります:

*Jan 3 23:44:47.042: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000002 
*Jan 3 23:44:47.042: srp_forward_topology_map_packet: SRP12/0, len 20
*Jan 3 23:44:47.058: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000002 
*Jan 3 23:44:47.058: srp_forward_topology_map_packet: SRP12/0, len 20
*Jan 3 23:44:47.486: srp_send_topology_map_packet: SRP12/0 on side B 
- Wrapped
*Jan 3 23:44:47.486: srp_send_topology_map_packet: SRP12/0 on side A 
- Wrapped
*Jan 3 23:44:47.486: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000002 
*Jan 3 23:44:47.486: srp_consume_topology_map_packet: SRP12/0, len 34
*Jan 3 23:44:47.486: 0, src node_wrapped 1, src mac_addr 0001.c9ec.d300 

!--- If the node is wrapped, the node_wrapped bit should be one (1).

*Jan 3 23:44:47.486: 1, src node_wrapped 1, src mac_addr 0000.5032.3037 
*Jan 3 23:44:47.486: 2, src node_wrapped 0, src mac_addr 0006.d74a.f900
*Jan 3 23:44:47.486: 3, src node_wrapped 0, src mac_addr 0003.a09f.5700
topology changed = No
*Jan 3 23:44:47.486: 0, src node_wrapped 1, src mac_addr 0001.c9ec.d300
*Jan 3 23:44:47.486: 1, src node_wrapped 1, src mac_addr 0000.5032.3037
*Jan 3 23:44:47.486: 2, src node_wrapped 0, src mac_addr 0006.d74a.f900
*Jan 3 23:44:47.486: 3, src node_wrapped 0, src mac_addr 0003.a09f.5700
topology updated = No
*Jan 3 23:44:47.486: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000002 
*Jan 3 23:44:48.182: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000002 
*Jan 3 23:44:48.182: srp_forward_topology_map_packet: SRP12/0, len 13
*Jan 3 23:44:48.186: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000002 
*Jan 3 23:44:48.186: srp_forward_topology_map_packet: SRP12/0, len 27
*Jan 3 23:44:49.362: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000002 
*Jan 3 23:44:49.362: srp_forward_topology_map_packet: SRP12/0, len 27
*Jan 3 23:44:49.362: srp_input: pkt_hdr=0x0F002007, flags=0x00000002 
*Jan 3 23:44:49.362: srp_forward_topology_map_packet: SRP12/0, len 13

SRP に関する FAQ

いくつかの FAQ はここにあります:

  • 質問 1: MM カードで SM リンクを、また SM カードで MM リンクを使用することはできますか。

    回答: Rx ポートが正しい電力レベルの受信にだけかかわっていることをいいえ、だけど覚えています。

  • 質問 2: OC12 SRP カードを OC48 SRP カードに接続できますか。

    回答: いいえ。 速度が違うだけでなく、OC12 が SRP バージョン 1 を使用するのに対し、OC48 は SRP バージョン 2 を使用しているからです。

  • 質問 3: パス トレース バッファに自分の情報が表示されています。 何が間違っていますか。

    回答: どこかにループがありますノードのその側に戻って指す。 ループがそこにあるならない場合ループを見つけ、ループを取除いて下さい。


関連情報


Document ID: 16182