オプティカル : 同期光ネットワーク(SONET)

Packet Over SONET(POS)インターフェイスでの C2 フラグ バイトについて

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 6 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この文書は、Synchronous Optical Network(SONET; 同期光ファイバ ネットワーク)/Synchronous Digital Hierarchy(SDH; 同期デジタル階層)フレームでフレーム内部のペイロードの内容を示すために、Path OverHead(POH; パス オーバーヘッド)内の C2 バイトがどう使用されるかについて説明しています。 また、Packet over SONET(POS)インターフェイスでペイロードがスクランブルされているかどうかを表示するために C2 バイトがどう使用されるか、についても触れています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

SONET フレームの基礎

C2 バイトの説明の前に、最初にいくつかの SONET 基礎を理解する必要があります。

SONET は階層化アーキテクチャを使用するレイヤ 1(L1)プロトコルです。 図 1 SONET、即ち、セクション、行およびパスの 3 つの層を示します。

Section OverHead(SOH; セクション オーバーヘッド)と Line OverHead(LOH; ライン オーバーヘッド)によって Transport OverHead(TOH; トランスポート オーバーヘッド)が構成され、POH と実際のペイロード(図 1 では Payload Capacity と表記されている)によって Synchronous Payload Envelope(SPE; 同期ペイロード エンベロープ)が構成されています。

図 1 – SONET の 3 つの層

図 1:SONET の 3 つの層

各層は SONET フレームに対していくつかのオーバーヘッド バイトを追加します。 この表は SONET フレームのオーバーヘッド バイトを説明したものです:

パス オーバーへッド
セクション オーバーへッド A1 Framing A2 Framing A3 Framing J1 Trace
B1 BIP-8 E1 Orderwire E1 User B3 BIP-8
D1 Data Com D2 Data Com D3 Data Com C2 Signal Label
ライン オーバーヘッド H1 Pointer H2 Pointer H3 Pointer Action G1 Path Status
B2 BIP-8 K1 K2 F2 User Channel
D4 Data Com D5 Data Com D5 Data Com H4 Indicator
D7 Data Com D8 Data Com D9 Data Com Z3 Growth
D10 Data Com D11 Data Com D12 Data Com Z4 Growth
S1/Z1 Sync Status/Growth M0 または M1/Z2 REI-L Growth E2 Orderwire Z5 Tandem Connection

注: 表は重点のための太字の C2 バイトを表示するものです。

C2 バイトとは何か。

SONET 規格では、C2 バイトはパス信号ラベルと定義されています。 このバイトの目的は SONET Framing OverHead (FOH)がカプセル化するペイロードのタイプを伝えることです。 C2 バイトはイーサネットネットワークの Ethertype および論理リンク制御 (LLC) /Subnetwork アクセスプロトコル(SNAP)ヘッダー フィールドに類似した機能します。 C2 バイトは単一 のインターフェイスが複数のペイロードのタイプを同時に転送するようにします。

この表は C2 バイトの共通の価値観をリストしたものです:

16 進値 SONET ペイロードの内容
00 未実装。
01 equipped-non specific な ペイロード。
02 仮想トリビュタリ(VT)中(デフォルト)。
03 ロック・モードの VT (もはやサポートされる)。
04 非同期 DS3 マッピング。
12 非同期 DS-4NA マッピング。
13 非同期転送モード (ATM) セル マッピング。
14 分散型キュー二重バス (DQDB) セル マッピング。
15 非同期にファイバ 分散データ インターフェイス (FDDI) マッピング すること。
16 スクランブリングのポイントツーポイントプロトコル (PPP)の中の IP。
CF スクランブルしないで PPP の中の IP。
E1- FC ペイロード 障害識別子(PDI)。
FE テスト シグナル マッピング(ITU Rec を参照して下さい。 G.707)。
FF アラーム表示信号 (AIS)。

C2 バイトとスクランブリング

表について、POS インターフェイスは C2 バイトで ATMスタイルのスクランブリングが有効に なるかどうかによって 0x16 または 0xCF の値を使用します。 RFC 2615 はleavingcisco.com SONET/SDH 上の PPP を定義するスクランブリングの設定に基づいてこれらの値の使用を命じます。 これは RFC が C2 バイト値をどのように定義するかです:

「X^43+ 1 スクランブリング [4] を使用する PPP を示す場合は、値 22(16 進数では 16)を使用します。 RFC 1619(STS-3c-SPE/VC-4 のみ)との互換性を維持するために、スクランブリングがオフに設定されている場合は、パス信号ラベルに値 207(16 進数では CF)を使用して、スクランブリングされていない PPP を示します。

言い換えると、次のようになります。

  • スクランブリングが有効な場合、POS インターフェイスは C2 値として 0x16 を使用する。

  • スクランブリングが無効な場合、POS インターフェイスは C2 値として 0xCF を使用する。

0x16 がデフォルト値であるのでこのラインが実行コンフィギュレーションに現われないが、設定で 0x16 (22 小数)挿入のデフォルト C2 値を pos flag c2 22 コマンド使用するほとんどの POS インターフェイス。 デフォルト値を変更する pos flag c2 コマンドを使用して下さい。

7507-3a(config-if)#pos flag c2 ?
   <0-255>  byte value

変更を確認するには、show running-config コマンドを使用します。 show controller pos コマンドは受け取った値を出力します。 従って、ローカル エンドの値の変更は show controller コマンド出力の値を変更しません。

7507-3a#show controller pos 0/0/0
COAPS = 13       PSBF = 3
 State: PSBF_state = False
 Rx(K1/K2): 00/00  Tx(K1/K2): 00/00
 S1S0 = 00, C2 = CF

スクランブリングおよび 2 つのレベルを理解して下さい

スクランブリングは 1s および 0s のパターンを送りましたすべての 1s またはすべての 0s の連続的な一連を防ぐために SONET フレームをランダム化します。 このプロセスはまたクロッキングを維持するために 1s と 0s 間の十分な遷移に頼る physical layer protocol の必要を満たします。

POS インターフェイスはここに説明されるスクランブリングの 2 つのレベルをサポートします、:

  • International Telecommunications Union(ITU-T; 国際電気通信連合電気通信標準化部門)GR-253 規格で定義されている 1 + x6 + x7 アルゴリズムは、SOH の最初の行を除くすべてをスクランブリングします。 SONET フレームがペイロードの電話を伝送するとき十分であるこのスクランブラをディセーブルにすることができません。

  • ITU-T I.432 規格で定義されているスクランブリングは、POS インターフェイスで ATM 型スクランブリングと呼ばれます。 このスクランブラは 1 の整式を + x43 使用し、自己 同期 スクランブラです。 これは送信側がレシーバに状態を送信 する必要はないことを意味します。

0s の比較的単純な文字列が行フラップに導き、サービスを割り込むことができると同時に Cisco はすべてのコンフィギュレーションの ATMスタイルのスクランブリングを有効に することを、推奨しますダークファイバを含んで。 ギガビット スイッチ ルータ (GSR)のいくつかのラインカードで、たとえば、OC-192 POS はコマンドラインインターフェイスから、scrambling コマンド取除かれ、このコマンドを有効に して下さい。 下位互換性を維持するため、低速 POS ラインカードでは、スクランブリングはデフォルトでオフになっています。

スクランブリングはハードウェアで実行された、ルータのパフォーマンスペナルティを提起しません。 スクランブリングは GSR の 8/16xOC3 および 4xOC12 のようなより新しいラインカードのフレーマ アプリケーション向け集積回路(ASIC)に、または GSR の 4xOC3 または 1xOC12 POS のようなより古いラインカードの隣接した ASIC に直接発生します。

スクランブリングが伝達の間に実行されたとき図 2 適切なオペレーションの順序を示し、示します。

図 2 –適切なオペレーションの順序

図 2:処理の順序

pos scramble-atm および pos flag c2 0x16 コマンドを理解して下さい

pos scramble-atm コマンドを設定するとき ATMスタイルのスクランブリングを使用するために、POS インターフェイスは設定され pos flag c2 22 コマンドは設定に置かれます。 pos atm-scramble コマンドのない pos flag c2 22 コマンドの実行はペイロードが無秩序であること SONET ヘッダの C2 バイトを受信インターフェイスを警告 するためにただ単に設定します。 すなわち、pos scramble-atm コマンドだけ実際にスクランブリングをアクティブにします。

サードパーティ製の POS インターフェイス

Cisco POS インターフェイスがサードパーティ製デバイスに接続するときに up/up にならない場合は、スクランブリングと Cyclic Redundancy Check(CRC; 巡回冗長チェック)の設定、および C2 バイトでアドバタイズされた値を確認してください。 Juniper Networks からのルータで、rfc-2615 モードの設定はこの 3 つのパラメータを設定 します:

  • スクランブリング:有効

  • C2 値 = 0x16

  • CRC-32

以前は、スクランブリングが有効であっても、これらのサードパーティ製デバイスは C2 値として 0xCF を使用し続けていて、スクランブリングされたペイロードを正しく反映していませんでした。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 16146