オプティカル : 自動保護スイッチング(APS)

POS インターフェイスのAPS バージョンの理解

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この資料は Protect Group Protocol (PGP)を記述したものです、Ciscoルータおよびエンタープライズ版スイッチの Packet over SONET(PoS) 自動保護スイッチング (APS)の主要部分である。

前提条件

要件

この資料に特定の必要条件がありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

PGP 概要

ベルコア(今 Telcordia)書 TR-TSY-000253、SONET転送システム; よくある包括的 な 基準は、セクション 5.3、自動保護スイッチング (APS)を定義します。 この機能に使用する保護メカニズムに 1+1 が、冗長回線ペアが実働回線および予備回線 プロテクション ラインで構成されているアーキテクチャあります。

この実例は可能性のある SONET保護の設定を示します。 保護しなさいワーキング インターフェイスが異なるポートである状況のための Cisco POS 保護方式を設定でき。 これらのポートは同一ルータまたは同一ルータの同じラインカードである場合もあります。 しかしこれらのシナリオはルータ インターフェイスかリンク障害に保護を提供します。 ほとんどの実働配置にはたらくことがあり、異なるルータのインターフェイスを保護します。 そのような 2 つのルータ APS 設定では、PGP のようなプロトコルが必要となります。 PGP は作業間のプロトコルを定義し、ルータを保護します。

/image/gif/paws/16144/aps_versions_16144_01.gif

PGP バージョン

Cisco IOS 現在か。 ソフトウェア リリース 12.0(10)S は、PGP の 2 バージョン利用できます。 作業はルータを同じ PGP バージョンを使用し、アウトオブバンド通信リンクを使用してネゴシエーションメッセージを交換する必要があります保護し。 ネゴシエーションの間に、保護ルータは多重 PGP バージョンのメッセージを、最も高く最初に送信 します。 作動ルータは専有物より高いバージョン番号との hellos を無視し、他に答えます。 作動ルータが HELLO メッセージに答えれば、そのバージョン番号を採用し、すべてのそれ以降の応答で使用します。

現在の Cisco IOS リリースでは、作業はルータを同じ IOS リリースを実行する必要はありません保護し。 従って作業はルータを独自にアップグレードすることができます保護し。

Cisco IOSソフトウェアがバージョン ミスマッチを検出する場合、これと同じようなログメッセージを印刷します:

Sep 10 06:34:25.305 cdt: %SONET-3-MISVER: POS4/0: APS version mismatch. 
WARNING: Loss of Working-Protect link can deselect both 
protect and working interfaces. Protect router requires 
software upgrade for full protection. 
Sep 10 06:34:25.305 cdt: %SONET-3-APSCOMMEST: POS4/0: 
Link to protect channel established - protocol version 0
Sep 10 06:34:33.257 cdt: %SONET-3-APSCOMMEST: POS4/0: 
Link to protect channel established - protocol version 1

このリンクが低下した パフォーマンスおよび高いパケットロスを経験する場合、作業間の APS バージョン ネゴシエーションはおよびルータを失敗します保護します。 その結果、ルータは両方とも「down-rev」PGP バージョンを採用します。 破損したネゴシエーションメッセージからの問題結果。 PGP 通信リンクが高いパケットロスを経験する場合、作動ルータはアドバタイズされたバージョン番号が付いている保護ルータによって送信 される HELLO が抜ける場合があります。 これが起こる場合、それに続く down-rev メッセージを見るただかもしれません。 このシナリオにより作業を引き起こし、低いバージョン ナンバーにロックするためにルータを保護します。 Cisco IOS Sofware リリース 12.0(21)S はオンザフライ式再ネゴシエーションを要求に応じてすることによってこの問題を回避します。

IOS Sofware リリース 12.0(21)S 以前のリリースを使用していて、この問題に直面する場合、標準 PGP バージョンを復元するのにこの回避策を使用して下さい。 2 人のルータ間の信頼できるリンクを確立したらこれをして下さい:

  1. ワーキング インターフェイスが選択されるようにして下さい。 これをする aps force 0 コマンドを使用できます。

  2. 保護インターフェイスを使用不能にして下さい。 保護インターフェイスが付いている通信を切断したとはたらく 1 つが宣言するようにそれを随分長い残して下さい。

  3. プロトコルネゴシエーションを再起動する保護インターフェイスの no shutdown コマンドを使用して下さい。

PGP 通信障害はこれらの問題の何れか原因で発生する場合があります:

  • 作動ルータ失敗

  • ルータ失敗を保護して下さい

  • PGP チャネル失敗

PGP チャネル失敗はこれらの問題の何れか原因で発生する場合があります:

  • 交通渋滞

  • アラームによるインターフェイス失敗

  • インターフェイス ハードウェア障害

PGP に輻輳を最小に し、何人かの PGP チャネル失敗を防ぐためにより高い帯域幅インターフェイスを提供できます。 作動ルータは各 HELLO間隔保護ルータから hellos を受け取ると期待します。 作動ルータが保持間隔によって規定 される タイムインターバルのための hellos を受け取らない場合作動ルータは PGP 失敗を仮定し、APS は中断されます。 PGP が失敗およびスイッチオーバ発生する場合があることを保持間隔 タイマーは切れる前に保護ルータが作動ルータから HELLO 確認応答を受け取らなければ同様に、宣言します。

hello および hold タイマー

POS APS は「厳密な」SONET APS と異なります。 POS APS は PGP のパラメータを設定するのに使用される追加設定コマンドをサポートします。

Hello タイマーおよびホールド タイマーを変更する aps timers コマンドを使用できます。 Hello タイマーは helloパケット間の時間を定義します。 保持タイマーは保護インターフェイス プロセスがダウンするとワーキング インターフェイスのルータが宣言する前に時間を設定 します。 デフォルトで、一時待機時間はにハロータイム 等しい、 またはそれ以上 3 倍のです。

次の例は POS インターフェイス 5/0/0 の回線 1 の 6 秒の 2 秒および一時待機時間のハロータイムを規定 したものです:

router#configure terminal 
router(config)#interface pos 5/0/0 
router(config-if)#aps working 1 
router(config-if)#aps timers 2 6 
router(config-if)#end

上に示されているように、保護インターフェイスのだけ aps timers コマンドを設定しました。

作業を設定し、ユニークな HELLO および一時待機時間のインターフェイスを保護できます。 はたらくことが保護インターフェイスと接触してあるとき、保護インターフェイスのために規定 される タイマー値を使用します。 はたらくことが保護インターフェイスと接触してないとき、ワーキング インターフェイスのために規定 される HELLO および ホールドタイマーを使用します。

認証

POS APS によってだけサポートされるもう一つのコマンドは作業を制御するプロセス間の認証を有効に し、インターフェイスを保護する認証コマンドです。 保護またはワーキング インターフェイスのパケットを受け入れるためにある必要があるストリングを規定 するのにこのコマンドを使用して下さい。 8 つまでの英数字は受け入れられます。

Cisco TAC に連絡する方法

トラブルシューティング APS のアシスタンスを必要とする場合、Cisco Technical Assistance Center (TAC)に連絡して下さい。 保護およびワーキング インターフェイスを持つルータの次の show コマンドからの出力を収集して下さい:

  • バージョンがシステムハードウエアおよびソフトウェア バージョンの設定を表示することを示して下さい。 このコマンドはまた名前および設定ファイルのソースおよびブートイメージ 表示するものです。

  • show controller pos-は POS コントローラについての情報を表示する。

  • show aps -現在の自動保護スイッチング 機能についての情報を表示する。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 16144