オプティカル : 自動保護スイッチング(APS)

APS リフレクタチャネルの理解

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Packet over SONET(POS)機能を介した Cisco の自動保護スイッチング(APS)のリフレクタ チャネル、またはリフレクタ モードについて説明します。 APS の動作を強化するために、APS のリフレクタ モードは、リモート ルータが APS 回線内の動作ルータと保護ルータ間でのスイッチオーバーを検知したときに発生するリモート タイムアウトを低下させます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco IOS に基づいていますか。 ソフトウェア リリース 12.0(7)S および 11.2(18)GS はの APS リフレクタ モードを Cisco 12000 シリーズもたらしました(CSCdm64396)。

詳細については、リリース ノートを参照して下さい。 サポート リフレクタ モードをサポートする 1+1 リニア APS すべての 12000 シリーズ POS インターフェイス タイプ。 これらのインターフェイスは 4xOC3、1xOC12、4xOC12 および OC48 が含まれています。 Cisco 7600 シリーズまたサポート リフレクタ モードのための Optical Services Modules (OSM)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

APS リフレクタ モードは SONETパスの反対側でローカルルータ間の通信 チャネルを(かルータ ペア)およびリモートルータ(またはルータ ペア)確立します。 これらのルータは Path Terminating Equipment (PTE)として行動します。 リフレクタ モードは介入アド/ドロップ な マルチプレクサ(ADM)が SONET回線 着信側機器(LTE)で、Path Overhead をそのままの状態で送信するというファクトを利用します。

次に例を示します。

refl_chan_16143.gif

W および P 各送信する標準 SONET または同期デジタルハイアラーキ (SDH) フレームの Path Overhead の特有な識別シグニチャ。 R は Path Overhead のさまざまな部分でそれを反射し返します。

リフレクタ モードは 2 つの新しい機能を提供します:

  • MSP 支流インターフェイスの K1 および K2 プロトコルを(標準 SONET回線 オーバーヘッドのバイトによって)設定しない SDH ADM の Multiplexed Switch Protocol (MSP)のためのサポート。 (そのような ADM は単方向モードで別の方法で普通切り替えます。) ここにリフレクタ モードがこの問題をどのように回避するかです:

    1. ADM は R が W および P.に戻って反映するシグニチャを繋ぎます。

    2. P は反映されたシグニチャを読み、ADM が W か P.を受信するかどうか学びます。

      この情報は K1/K2 情報の欠如を補正できます。 この簡単で APS のよう な プロトコルを実施する情報割り当て P。

    3. aps reflector コマンドはこのモードに P を設定し、すべての着信 K1/K2 情報を廃棄します。

  • 改善されたルーティング コンバージェンス。 リフレクタ モードはリモートルータが今 W に P 間のスイッチの早い表記を備えている高め、現在非選択のシステムの今では旧式の隣接関係を中断できタイムアウトを待つ必要はありませんのでルーティング コンバージェンスを。 統合 機能拡張は aps reflector コマンドが設定されるかどうかに左右されません。 W、P および R ルータはリフレクタ モード必要条件をサポートする必要があります。 Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(7)S 現在の Intermediate System-to-Intermediate System(IS-IS)サポート APS リフレクタ モード。 Open Shortest Path First (OSPF)は Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.0(11.03)S および 12.0(11.03)SC (CSCdr57673)現在で APS リフレクタ モードをサポートします。

このセクションの出力はラボ 環境でリモート PTE がレイヤ3 隣接関係をどのようにすぐに中断 する キャプチャ され、約 4 秒という結果に新しい隣接関係に切り替えるために終りますか説明するために。

  1. show clns neighbors コマンドの出力をキャプチャして下さい。 SONETパスのリモート エンドの IP ネイバーは core-02 と指名されます。

    top#show clns neighbors
    System Id  Interface   SNPA    State    Holdtime  Type  Protocol 
    bottom     PO3/0       *HDLC*  Up       24         L2   IS-IS 
    core-02    PO0/0       *HDLC*  Up        2         L2   IS-IS
  2. P インターフェイスへのスイッチオーバを強制して下さい。 ログ 出力を調べて下さい。

    May 25 20:29:20.943 UTC: %SONET-6-APSREMSWI: POS0/0: 
    Remote APS status now Protect 
    May 25 20:29:23.387 UTC: %CLNS-5-ADJCHANGE: ISIS: 
    Adjacency to edge-02(POS0/0) Down, hold time expired 
    May 25 20:29:24.807 UTC: %CLNS-5-ADJCHANGE: ISIS: 
    Adjacency to  core-01 (POS0/0) Up, new adjacency
  3. show clns neighbors コマンドの出力をキャプチャして下さい。 SONETパスのリモート エンドの IP ネイバーは変更し、core-01 のホスト名を使用するようになります。

    top#show clns neighbors
    System Id Interface SNPA    State  Holdtime  Type Protocol 
    core-01   PO0/0     *HDLC*  Up     27        L2   IS-IS 
    bottom    PO3/0     *HDLC*  Up     22        L2   IS-IS

SONET-6-APSREMSWI

SONET-6-APSREMSWI ログメッセージはリモート PTE の APS ステータスの変更をアナウンスします。 これらのメッセージは今 PAIS または PRDI のようなパス レベル の エラーが SONETシグナルにある場合抑制されます。

*Sep  5 17:41:46: %SONET-4-ALARM:  POS1/0: SLOS 
*Sep  5 17:41:46: %SONET-4-ALARM:  POS2/0: APS enabling channel 
*Sep  5 17:41:46: %SONET-6-APSREMSWI: POS2/0: Remote APS status now Protect 

*Jun 26 20:20:06.235: %SONET-6-APSREMSWI: POS3/0: Remote APS status now non-aps

リモート PTE から届く現在のリフレクタ チャネル情報を表示する show controller pos コマンドを発行して下さい。

GSR_A#show controller pos 1/0 
POS1/0 
SECTION 
  LOF = 0          LOS    = 0                            BIP(B1) = 0 
LINE 
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B2) = 0 
PATH 
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B3) = 0 
  LOP = 0          NEWPTR = 0          PSE  = 0          NSE     = 0 
Active Defects: None 
Active Alarms:  None 
Alarm reporting enabled for: SF SLOS SLOF B1-TCA B2-TCA PLOP B3-TCA 

Framing: SONET 
APS 
 working (active) 

 !--- Verify whether the show controller output displays the correct status 
 !--- of "working (active)".
 
  COAPS = 0          PSBF = 0 
  State: PSBF_state = False 
  ais_shut = FALSE 
  Rx(K1/K2): 00/00  S1S0 = 00, C2 = CF 
  Remote aps status working; Reflected local aps status working 

 !--- Verify a "working" status for the working APS interface. 

CLOCK RECOVERY 
  RDOOL = 0 
  State: RDOOL_state = False 
PATH TRACE BUFFER : STABLE 
  Remote hostname : GSR_B 
  Remote interface: POS1/0 
  Remote IP addr  : 192.168.1.1 
  Remote Rx(K1/K2): 00/00  Tx(K1/K2): 00/00 

BER thresholds:  SF = 10e-3  SD = 10e-6 
TCA thresholds:  B1 = 10e-6  B2 = 10e-6  B3 = 10e-6 
  
GSR_A#show controller pos 2/0 
POS2/0 
SECTION 
  LOF = 0          LOS    = 0                            BIP(B1) = 0 
LINE 
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B2) = 0 
PATH 
  AIS = 0          RDI    = 0          FEBE = 0          BIP(B3) = 0 
  LOP = 0          NEWPTR = 0          PSE  = 0          NSE     = 0 

Active Defects: None 
Active Alarms:  None 
Alarm reporting enabled for: SF SLOS SLOF B1-TCA B2-TCA PLOP B3-TCA 

Framing: SONET 
APS 
 protect (inactive) 

 !--- Verify whether the show controller output displays the correct status 
 !--- of "protect (inactive)". 

  COAPS = 0          PSBF = 0 
  State: PSBF_state = False 
  ais_shut = FALSE 
  Rx(K1/K2): 00/05 Tx(K1/K2): 00/05 
  Signalling protocol: SONET APS by default 
  S1S0 = 00, C2 = CF 
  Remote aps status protect; Reflected local aps status protect 

  !--- Verify a "protect" status for the protect APS interface. 

RECOVERY 
  RDOOL = 0 
  State: RDOOL_state = False 
PATH TRACE BUFFER : STABLE 
  Remote hostname : GSR_B 
  Remote interface: POS2/0 
  Remote IP addr  : 192.168.1.1 
  Remote Rx(K1/K2): 00/05  Tx(K1/K2): 00/05 
BER thresholds:  SF = 10e-3  SD = 10e-6 
TCA thresholds:  B1 = 10e-6  B2 = 10e-6  B3 = 10e-6

Remote APS configuration: (ヌル)

リフレクタ モードは SONETパスのリモート エンドでリフレクタ モードが可能なインターフェイスを必要とします。 リモートインターフェイスを APS 作業で設定し、ペアを保護する必要はありません。

show controller pos コマンドのリモート APS 設定フィールドの値はの「(ヌル)」ローカル エンドがリモート PTE からリフレクタ チャネル情報を受け取らなかったことを示します。 リモート PTE がリフレクタチャネル機能を、おそらくリモート PTE とリモート ADM の間で存在 する問題サポートすれば。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 16143