音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity の Microsoft SQL Desktop Edition(MSDE)SP のインストール

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco Unity バージョンをインストールまたはアップグレードする前には、多くの場合、Microsoft SQL Desktop Edition(MSDE)サービス パックのインストールが必要です。 このドキュメントでは、Cisco Unity の MSDE サービス パックをインストールする方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

この資料は Cisco Unity 3.0 のような MSDE 2000 の例を利用する Cisco によって承認されるアプリケーションあらゆるサーバーで実行、3.1、または 32 のポートまたはより少しとの 4.0 に適当です。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

MSDE サービスパックをインストールして下さい

Sql server 2000 のためのサービスパックは 3 人の部でダウンロードのサイズを減らすために提供されます。

  • データベース コンポーネント

  • 分析各構成軍部隊

  • デスクトップ エンジン(MSDE)

マイクロソフト社Webサイトからの SQL サービスパックのためのインストールプロセスは 3 人の部にあります。 この資料は MSDE に関連しているインストールの部分だけ取り扱っています。 サービスパック 3 のインストールは一例として使用されます。

手順説明

Cisco Unity のための MSDE サービスパックをインストールするために、これらのステップを完了して下さい。

  1. 既に Cisco Unity 3.0 のバージョンがあっている場合、3.1、かきちんとパッチを加えるために動作する 4.0 停止 Cisco Unity。

  2. Microsoft の Webサイトに行き、leavingcisco.com パッチをダウンロードして下さい。

    Sql server 2000 のためのサービスパックは 3 人の部でダウンロードのサイズを減らすために提供されます。 デスクトップ エンジンは MSDE にサービスパックを加える必要なダウンロードです。 この例に関しては、SQLDeskSP3.exe を必要とします。

    SQL_SP_install-1.gif

  3. ファイルをダウンロードしたら、ファイル名 SQLDeskSP3.exe のダブル クリックによって実行可能モジュールを実行して下さい。

  4. C:\sql2ksp3 に圧縮 ファイルを抽出するためにプロンプト表示された場合このデフォルト の ロケーションを受け入れて下さい。

  5. Cisco Unity Data Store 2000 CD を挿入して下さい。

    このインストールが正常に完了することができるようにこれが必要となります。 SQL Installation メニューが自動的に開始する場合、続行する前にそれを閉じて下さい。

  6. きちんと MSDE サービスパック 3 をインストールするために、コマンド プロンプトからパッチを実行して下さい。 コマンドプロンプトウィンドウを開き、C:\sql2ksp3\MSDE にナビゲート して下さい。

    Windowsエクスプローラから MSDE バージョン実行可能モジュールを実行できません。 エクスプローラからそれを実行するように試みる場合このエラーメッセージが現れます:

    /image/gif/paws/16048/SQL_SP_install-2.gif

  7. コマンドプロンプトウィンドウのセットアップ /upgradesp sqlrun を入力し、『Enter』 を押して下さい。

    このパッチをインストールする問題に直面する場合ファイルと含まれている私を読まれるファイル参照して下さい。 ローカル パスは C:\sql2ksp3\MSDE\sp3readme.htm です。 このファイルはダウンロード可能 サービスパック 3 ファイルのすべての 3 の情報が、ちょうど SQLDeskSP3.exe ファイル含まれています。 この情報のためのセクション 名は「インストール デスクトップ エンジン SP3" です。

    インターネットアクセスをアクセスできる場合、また- 810826 Microsoft Knowledge Base 記事参照できます(INF: )代りに設定される MSDE サービスパック 3 の新しいleavingcisco.com スイッチ。 このパッチに特定、より読み易いこの技術情報は情報が含まれています。

  8. インストールが終わったら、パッチが加えられたこと、そしてインストールプロセスを完了するためにサーバをリブートする必要があること通知を受信します。 今再度ブートする。

    再度ブートするが完了した、Cisco Unity は予想通り開始します。

" Instance name is invalid " エラーを解決して下さい

MSDE サービスパック 3 のインストールによりエラーを「引き起こせばインスタンス名 無効」、は完了しますこれらのステップをです:

  1. MSDE サービス パックのファイルの抽出先フォルダを表示します。

  2. MSDE ディレクトリを表示します。

  3. Setup.exe ファイルを右クリックし、CreateShortcut を選択して下さい

  4. Setup.exe へのショートカットで右クリックし、Properties を選択します。

  5. ターゲット フィールドで setup.exe の後に /upgradesp sqlrun blanksapwd=1 を追加します。

    c:\temp にファイルを抽出した場合、ストリングは "c:\temp\sql2ksp3\MSDE\setup.exe /upgradesp sqlrun blanksapwd=1" です。

  6. Setup.exe へのショートカットをダブルクリックし、アップグレードを実行します。

インストールの検証

MSDE の例の詳細を確認するために SQL Server または MSDE のバージョン、およびサービス パック レベルの確認を参照して下さい。


関連情報


Document ID: 16048