IP : ボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)

bgp deterministic-med コマンドと bgp always-compare-med コマンドの相違点

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

bgp deterministic-med と bgp always-compare-med の 2 つのボーダー ゲートウェイ プロトコル(BGP)コンフィギュレーション コマンドは、混同されることがあります。 このドキュメントでは、bgp deterministic-med と bgp always-compare-med の 2 つのコマンドが、Multi Exit Discriminator(MED)ベースの経路選択にどのように影響するのか、また、各コマンドによって、最適経路の選択時に BGP の動作がどのように変化するのかについて説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco IOS に基づいていますか。 ソフトウェア リリース 12.2(10b)。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

MEDベースパス選択、bgp deterministic-med および bgp always-compare-med コマンドに影響を及ぼすことができる 2 つの BGP設定コマンドがあります。

bgp deterministic-med コマンドを有効に することは同一自律システムの別の同位によってアドバタイズされるルートを選択するとき MED 変数の比較を確認します。 bgp always-compare-medコマンドをイネーブルにすると、異なる自律システムのネイバからのルートについて、MEDが比較されます。 複数のサービス プロバイダーまたは企業が MED の設定に関して統一されたポリシーに合意している場合には、bgp always-compare-med コマンドが便利です。 従って、ネットワーク X のために、インターネットサービスプロバイダーなら A (ISP A)は 10 に MED を設定 し、ISP A に X.によりよい実行パスがあることが ISP によって B は 20 に MED を、両方の ISP 一致します設定 します。

注: bgp deterministic med および bgp always-compare-med コマンドはデフォルトで有効に なりません。 また、2 つのコマンドは別途です; 1 つを有効に することは自動的に他を有効に しません。

コマンド例

このセクションの例は bgp deterministic med および bgp always-compare-med コマンドが MEDベースパス選択にどのように影響を及ぼすことができるか示します。

注: シスコシステムズはすべての新しいネットワーク ロールアウトの bgp deterministic-med コマンドを有効に することを推奨します。 既存ネットワークの場合には、内部BGP(iBGP)ルーティング ループが発生しないように考慮しながら、すべてのルータ上に同時にこのコマンドを配備するか、増分的に配備していく必要があります。

たとえば、ネットワーク10.0.0.0/8に次のルートを設定したとします。

entry1: AS(PATH) 500, med 150, external, rid 172.16.13.1
entry2: AS(PATH) 100, med 200, external, rid 1.1.1.1
entry3: AS(PATH) 500, med 100, internal, rid 172.16.8.4

BGPルートが受け取られた順序は entry3、entry2 および entry1 です。 (Entry3 は BGPテーブルの最も古いエントリであり、entry1 は最も新しいものです。)

注: BGP は特定のデスティネーションにいくつものルートを受け取るとき、受け取られたこと最も新しいのからの最も古いのに逆順にそれらを、リストします。 BGP は最も古いエントリの方の最も新しいエントリおよび比較します(リストの一番上から開始するおよび降ろす)移動にはじまってそれからペアのルーティングを。 つまり、entry1 と entry2 が比較されます。 これら二つのよりよいの entry3 とそれから、等比較されます。

例 1: 両方のコマンドがディセーブルの場合

最初に、entry1 と entry2 が比較されます。 Entry2 はこれら二つのよりよいのとしてより低い Router ID があるので選択されます。 MED はパスが別の隣接自律システムからあるのでチェックされません。 次に、entry2 と entry3 が比較されます。 外部ルートである entry2 が最適経路として選択されます。

例 2: bgp deterministic-med がディセーブル、bgp always-compare-med がイネーブルの場合

entry1 と entry2 が比較されます。 これらのエントリは異なる隣接自律システムからありますが、bgp always-compare-med コマンドが有効に なるので、MED はどちらかというと使用されます。 これら二つのエントリの、entry1 は下部の MED があるのでよりよいです。 次に、entry1はentry3と比較されます。 MED はエントリが同一自律システムから今あるので再度チェックされます。 Entry3 はベストパスとして選択されます。

例 3: bgp deterministic-med がイネーブル、bgp always-compare-med がディセーブルの場合

bgp deterministic-med コマンドが有効に なるとき、同一自律システムからのルートは一緒にグループ化され、各グループの最もよいエントリは比較されます。 このように BGPテーブルな:

entry1: AS(PATH) 100, med 200, external, rid 1.1.1.1
entry2: AS(PATH) 500, med 100, internal, rid 172.16.8.4 
entry3: AS(PATH) 500, med 150, external, rid 172.16.13.1

AS 100 のためのグループおよび AS 500 のためのグループがあります。 各グループの最適エントリが比較されます。 Entry1 はそれが AS 100 からの唯一のルートであるのでグループの推奨です。 Entry2 は最も低い MED があるので AS 500 のための推奨です。 次に、entry1 は entry2 と比較されます。 2 つのエントリが同じ隣接自律システムからないので、MED はどちらかというと考慮されません。 内部BGPルートよりも外部BGPルートが優先されるので、entry1 が最適経路になります。

例 4: 両方のコマンドがイネーブルの場合

この例の比較は entry2 と entry1 間の最後の比較を除いて Example 3:同じ次、です。 MED は最後の比較のために bgp always-compare-med コマンドが有効に なるので考慮に入れられます。 Entry2 はベストパスとして選択されます。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 16046