ブロードバンド ケーブル : ケーブル ビデオ

RateMux C6920 からIP アドレスを取得して変更する方法

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco 6920 RateMux の IP アドレスを取得または変更する方法について説明します。

注: この文書に記載されている情報は Cisco RateMux バージョン 2.5 に基づいています。 Ratemux 6920 の説明に関しては、データシートCisco 6920 RateMUX によって進められる MPEG-2 マルチプレクサを参照して下さい。

注: Cisco RateMux バージョン 2.3 の後で、6920 は 10.0.0.200 の固定IPアドレスが付いています。 これは Ciscoルータの初期設定を容易にすることです。 より古いバージョンを実行する場合 RateMux から IP アドレスを取得する方法を、この資料に記述されています。

はじめに

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントの読者は次の項目に関する知識が必要です。

  • デジタル プログラミング

  • サテライト レシーバ

  • エンコーダ

  • MPEG-2 転送する

  • 直交振幅変調 (QAM)

  • Digital Headend Interface (DHEI)

  • デジタル ビデオ ブロードキャスト非同期 シリアルインターフェイス(DVB-ASI)規格

  • 選択的なビットレート リダクション

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • PowerPC カードが付いている Cisco RateMux 6920

  • ソフトウェア connect.exe および/またはハイパーターミナルは PC でロードしました

  • イーサネット クロスケーブル 1 本

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

RateMux に接続する方法

PowerPC カードに 1 つのイーサネットポートおよび 1 デバッグ ポートがあります。 RateMux にアクセスするのにこれら二つのポートを使用できます。 次の図 1 を参照してください。

/image/gif/paws/15981/ratemux_change_ip1.gif

図 1: Cisco RateMux 6920 デジタル ビデオの PowerPC カード

次の 2 つのセクションはハイパーターミナルおよび connect.exe プログラム両方を使用して RateMux に接続する方法を記述します

ハイパーターミナルを使用する接続手順

ハイパーターミナルを使用して RateMux に接続するために下記に提供される手順に従って下さい:

  1. PowerPC カードのデバッグ ポートから PC のシリアルポートにシリアルケーブル RS232 を接続して下さい。

    注: 終端 ポートは使用されません。

    /image/gif/paws/15981/ratemux_change_ip2.gif

    図 2: ハイパーターミナルを使用する接続トポロジー

  2. 次の設定との COM1 のハイパーターミナルセッションを開始して下さい:

    • ビット/秒 = 57600

    • データビット = 8

    • パリティ = どれも

    • ストップ・ビット = 1

    • フロー制御:なし

    図 3 ハイパー ターミナル 設定のピクチャを示します。

    /image/gif/paws/15981/ratemux_change_ip3.jpg

    図 3: RateMux に接続するべきハイパー ターミナル 設定

  3. RateMux Power OFF を回して下さい。

  4. ハイパーターミナルを起動させて下さい。

  5. HyperTerminal メニュー棒から『Call』 を選択 して下さい。

  6. RateMux の電源。

  7. RateMux をつけることの 10 秒以内に、HyperTerminal Call メニューから『Connect』 を選択 して下さい。

  8. HyperTerminal 画面の Open ウィンドウのマウス カーソルをクリックして下さい。

  9. 接続までの毎秒が確立されるまたはスペース バーおよそ『Enter』 をクリック して下さい。

    最初 の 数行は Cisco 6920 によって使用されるブート・ローダ リビジョン番号および IP およびイーサネットのMACアドレス示します。 下記に図 4 参照して下さい。

    /image/gif/paws/15981/ratemux_change_ip4.jpg

    図 4: RateMux のパワーサイクルを行った後ハイパーターミナルで表示する

connect.exe プログラムを使用する接続手順

もう一つの方法アクセスは connect.exe プログラムの起動によって RateMux 行います。 Cisco はデスクトップか PC にこのプログラムのショートカットを置くことを推奨します。 Connect.exe はイーサネットで PC からの RateMux への接続を確立します。 これはネットワーク接続かクロスオーバーイーサネットケーブルを使用して堪能である場合もあります。 下記に図 5 参照して下さい。

ratemux_change_ip5.gif

図 5: イーサネットポートおよび connect.exe プログラムを使用した接続

注: クロス ケーブルがない場合、よくあるハブに接続される 2 つのストレート ケーブルを使用できます。

クロス ケーブルかハブを使用しながら:

  • PC および RateMux の IP アドレスが同じ サブネットにあることを確かめて下さい。

  • PC で定義される正しいゲートウェイを持つために確かめて下さい。

これを達成するために PC の TCP/IP プロパティを変更できます。

物理的に接続される、通信を確立するのに次のステップを使用して下さい。

  1. RateMux OFF に動力を与えて下さい。

  2. アイコンをダブルクリックから connect.exe プログラムを開始して下さい。 /image/gif/paws/15981/ratemux_change_ip6.gif

  3. 『Connection』 をクリック して下さい。

  4. 接続 メニューの下で『Connect』 をクリック し、RateMux の IP アドレスを入力し、『OK』 をクリック して下さい。

  5. RateMux 電源。

  6. Open ウィンドウのカーソルをクリックし、接続が確立されるまで入力スペース バーを見つけて下さい。

    接続が確立された後図 6 connect.exe ウィンドウを示します。

    ratemux_change_ip7.gif

    図 6: RateMux への接続が確立された後 Connect.exe ウィンドウ

RateMux からIP アドレスを検索する方法

通常、ユニークなIPアドレスは RateMux にある PowerPC モジュールに割り当てられます。 与えられる IP アドレスはネットワーク 10.0.0.0 にあります。 Webブラウザは Cisco 6920 と専ら通信するのにこの事前割り当て IP アドレスを使用します。 この IP アドレスは Cisco 6920 のラベルで印刷されます。

注: バージョン2.3およびそれ以降に関しては、RateMux は 10.0.0.200 のデフォルト IP アドレスが付いています。

時々 Cisco 6920 に IP アドレス ラベルがありません。 IP アドレスを判別するために下記のようにプロシージャに従って下さい:

  1. RateMux に接続するためにハイパーターミナル プロシージャのステップに従って下さい。

  2. 接続が確立されれば、IP アドレスは出力第 2 行で現われます。 図 4 示されている例では IP アドレスは 10.0.0.178 です。

RateMux のパワーPCカードのIP アドレスを変更する方法

ほとんどの場合 RateMux にリモートアクセスことはできることは好ましいです。 ただし、あらかじめ定義されたアドレスはネットワーク体系でないかもしれません。 IP アドレスは 255.0.0.0 およびゲートウェイ 10.0.0.1 のマスクの 10.0.0.0 ネットワークで通常現れます。 255.255.255.0 のマスクおよび 10.0.0.6 のゲートウェイをまたよくあります持っていることは。

この場合、PowerPC カードの IP アドレスを変更することは好ましいです。 これはハイパーターミナルか connect.exe によってすることができます。 ただし、ハイパーターミナルを使用することは推奨しますあります。 connect.exe を使用した場合、RateMux として同じ サブネットにあるために最初に PC の TCP/IP 設定を行わなければならないことに注意して下さい。 この IP アドレスを変更した場合、接続を得るために PC の TCP/IP 設定をもう一度行う必要があります。

  1. ハイパーターミナル プロシージャを使用して RateMux に接続して下さい。

  2. 接続を確立してもらえばメニューがによってものに類似したに図 4.表示されます メニューから 3 つのオプションの次のシーケンスを選択して下さい:

    1. 『C:』 を選択 して下さい 環境パラメータおよびフラッシュパーティション

    2. B を選択して下さい: 環境設定

    3. B を選択して下さい: 環境パラメータを変更して下さい

  3. これの後で、複数の異なるパラメーターを入力するためにプロンプト表示されます。 ただ次のいずれかを変更する必要があります:

    • ゲートウェイ

    • ネットマスク

    • IPADDR

    他のパラメータに関しては、押された ENTER。 この例で変更します:

    • 172.22.86.1 へのゲートウェイ

    • 255.255.254.0 へのネットマスク

    • 172.22.87.6 への IP-ADDR

  4. S: 設定を保存する FLASH への保存環境パラメータ

  5. A を入力して下さい: RateMux の設定を表示するのに使用される現在のコンフィギュレーションを表示するために環境パラメータをリストして下さい

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 15981