スイッチ : Cisco Catalyst 4500 シリーズ スイッチ

CatOS が稼働している Catalyst 4500/4000 シリーズ スイッチ上の Catalyst Web インターフェイスのイネーブル化

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 10 月 7 日) | フィードバック


目次


概要

Catalyst OS(CatOS)ソフトウェアを実行している Cisco Catalyst 4500/4000 シリーズ スイッチは、Web ベースの管理をサポートしています。 Catalyst Web インターフェイス(CWI)は、このタイプの管理をイネーブルにする Web ブラウザ ベースのツールです。 このツールは、Catalyst 4500/4000 シリーズ スイッチの全製品で使用できます。 デフォルトでは、個別の CWI ソフトウェア イメージはフラッシュ メモリにありません。 ソフトウェア イメージを個別にインストールする必要があります。 このドキュメントでは、Catalyst 4500/4000 シリーズのスイッチで CWI 機能をインストールし、設定する手順について説明します。 また、スイッチとブラウザの要件およびクライアントの CWI にアクセスする手順についても説明します。

注: Catalyst 4500/4000 シリーズ スイッチその実行 Cisco IOS か。 システム ソフトウェアは現時点で Webインターフェイスをサポートしません。

前提条件

要件

このセクションは CWI を使用するときサポートされるすべてのハードウェア および ソフトウェア バージョンをリストします。

  • プラットフォーム

    • Catalyst 4500/4000 シリーズ Supervisor Engine I

    • Catalyst 4500/4000 シリーズ Supervisor Engine II

    • Catalyst 2948G、2980G および 4912G

  • Web ブラウザ

    • Internet Explorer、バージョン 5.0 または それ 以降

    • Netscape Navigator、バージョン 4.61 または それ 以降

      注: 実行する CiscoViewバージョンに基づいて、クライアントでこれらの Java Plug-In (JPI)の 1 つをインストールして下さい:

      • CiscoView 5.4(2) 〜 5.5(3) — JPI 1.2.2 を使用して下さい。

      • CiscoView 5.5(4) およびそれ以降— JPI 1.3 を使用して下さい。

  • メモリ要件

    • DRAM — HTTPサーバのための相当数を必要としません。 使用方法およびパフォーマンス影響は同時 HTTP セッションの数によって決まります。 スイッチは最大 3 同時 HTTP セッションをサポートします。

    • flash — Catalyst CiscoView ファイルのための 3.5 MB まで、スイッチ イメージに加えて、必要です。 スイッチ イメージに加えて HTTPサーバのための 40 KB を必要とします。

    • NVRAM — CWI のための相当数を必要としません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Catalyst 4000

  • CatOS 5.5(8)

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

このセクションは CWI の外観を提供します。 Catalyst 4500/4000 シリーズ スイッチを設定するのに CWI を使用できます。 ツールはから成っています:

  • クライアントで動作するネーム Catalyst CiscoView との GUI

  • HTTPサーバ スイッチで実行する

CiscoView イメージは CatOS イメージに統合されていません。 ブート可能なイメージに加えてフラッシュ ファイルシステムに CiscoView イメージを、ダウンロードし、コピーして下さい。

常連および CiscoView イメージは両方同じような命名規則を使用します。 しかし CiscoView イメージはイメージ名でイメージを区別するために「cv」が含まれています。 たとえば、バージョン 5.5.8 イメージは CWIイメージの名前は cat4000-cv.5-5-8.bin であるが名前 cat4000.5-5-8.bin がある場合があります。

注: CiscoView イメージは各システムイメージ リリースとリリースされません。 CiscoView イメージを使用して下さいシステムイメージと同じリリース トレインにある。 たとえばシステムイメージが 6.3.x である場合、CiscoView イメージ 6.3(2a) を使用して下さい。 6.3(2a) イメージは 6.3 ソフトウェア リリース トレインの CiscoView 最新のイメージです。

CWI はスイッチのリアルタイム グラフィック 表示を提供します。 CWI はまた詳細を提供します(以下を参照):

  • ポートの状況

  • モジュール状況

  • シャーシ型

  • モジュール

CWI はサーバからクライアントに CiscoView をダウンロードするために HTTP を使用します。 デフォルトステートでは、HTTPサーバは無効です。 CWI を有効に することを HTTPサーバが可能にして下さい。 HTTPサーバを有効に した後、サーバはポート番号 80 の要求をデフォルトで受信します。 1 から 65,535 までのポート番号に TCP/IP ポート番号を変更できます。

正常なダウンロードが、CiscoView および開いた後ディスプレイはブラウザの情報を切り替えます。 CWI は簡易ネットワーク管理プロトコル(SNMP) 要求の使用のスイッチからのこの情報を得ます。

Webインターフェイスソフトウェアがあることを確認して下さい

CWI機能を有効に するためブートイメージおよび CiscoView 別途のイメージは両方フラッシュ メモリにである必要があります。

注: ブートイメージおよび CiscoView イメージ両方のために同じソフトウェアコード バージョンを使用して下さい。

  1. フラッシュ ファイルシステムに常駐する両方のイメージのために利用可能 な領域があることを確認して下さい。

    dir bootflash: コマンドを発行します。 コマンド確認するため。 次に例を示します。

    cat4000 (enable) dir bootflash:
    -#- -length- -----date/time------ name
      1  3651336 May 16 2001 14:30:39 cat4000.5-5-8.bin
      2  2580656 Oct 09 2001 11:22:20 cat4000-cv.5-5-8.bin
     
    9365320 bytes available (6232248 bytes used)
    cat4000 (enable)
  2. この資料の適切なセクションに進んで下さい:

    注: システム ファイルを使用する方法に関する詳細についてはフラッシュ ファイルシステムを使用を参照して下さい。

ソフトウェアを Flash にダウンロードしてブートイメージをアップグレードする方法

CiscoView 別途のイメージがブートフラッシュにまだあっていない場合、スイッチのフラッシュ ファイルシステムにイメージをコピーして下さい。 これら二つのオプションの 1 つを選択して下さい:

  • 既に同じバージョンの対応するブートイメージがあっている場合 CiscoView イメージだけダウンロードして下さい。 このセクションのプロシージャのステップ 8 に進んで下さい。

    または

  • 対応するブートイメージを持たない場合、ブートイメージおよび CiscoView 対応するイメージを両方ダウンロードして下さい。 このセクションのプロシージャのステップ 1 に進んで下さい。

  1. ダウンロードして下さいソフトウェアダウンロードからイメージ ファイルを- Cisco Catalyst 4500/4000 CatOS システム ソフトウェア登録ユーザのみ)。

  2. 選択の TFTPサーバにブートイメージをコピーして下さい。

    ワークステーションに TFTP 適切なディレクトリにブートイメージ ファイルを置いて下さい。

    注: TFTP サーバをダウンロードします。 利用可能 な TFTP 多くのサーバがあります。 インターネット サーチ エンジンの「TFTPサーバ」を捜して下さい。 Cisco はとりわけ TFTP 特定の実装を推奨しません。

  3. コンソールポートまたは Telnetセッションを通したスイッチへのログイン。

    Telnet のログイン、Telnetセッション切断新しいソフトウェアを実行するためにスイッチをリセットした場合の。

  4. TFTPサーバからソフトウェア イメージをダウンロードするために copy tftp flash コマンドを発行して下さい。

    プロンプトで、ダウンロードするために TFTPサーバの IP アドレスかホスト名およびファイルの名前を入力して下さい。 「ブートフラッシュ」をようにプロンプト表示される時コピーするためフラッシュデバイス使用して下さい。 既定値 の 名前にそしてファイルをコピーするか、または宛先 ファイル名を修正できます。

    スイッチは TFTPサーバからイメージ ファイルをダウンロードし、イメージはブートフラッシュにコピーされます。

  5. set boot システムフラッシュ bootflash:を使用して下さいスイッチをリセットすると新しいイメージが立ちあがるようにファイル名 プリペンド コマンド BOOT 環境変数を修正するため。

    コマンド構文でダウンロードしたイメージのファイル名を規定 して下さい。

    注: このステップはブート可能なイメージにだけ必要、ない CiscoView イメージです。 CiscoView イメージはブート可能なイメージではないです。

  6. スイッチをリセットするために reset system コマンドを発行して下さい。

    この操作はスイッチに接続すればのに Telnet を使用する場合、Telnetセッションを切断します。

  7. 再度ブートするの後で、スイッチのソフトウェアのバージョンをチェックするために show version コマンドを発行して下さい。

  8. ワークステーションの TFTP 適切なディレクトリに CiscoView イメージ ファイルをコピーして下さい。

  9. コンソールポートまたは Telnetセッションを通したスイッチへのログイン。

    Telnet のログイン、Telnetセッション切断新しいソフトウェアを実行するためにスイッチをリセットした場合の。

  10. TFTPサーバから CiscoView イメージをダウンロードするために copy tftp flash コマンドを発行して下さい。

    プロンプトで、ダウンロードするために TFTPサーバの IP アドレスかホスト名およびファイルの名前を入力して下さい。 「ブートフラッシュ」をようにプロンプト表示される時コピーするためフラッシュデバイス使用して下さい。 既定値 の 名前にそしてファイルをコピーするか、または宛先 ファイル名を修正できます。

    スイッチは TFTPサーバから CiscoView イメージ ファイルをダウンロードし、イメージはブートフラッシュにコピーされます。

  11. dir bootflash: コマンドを発行します。 コマンド CiscoView イメージが正常にダウンロードしたことを確認するため。

    cat4000 (enable) dir bootflash:
    -#- -length- -----date/time------ name
      1  3651336 May 16 2001 14:30:39 cat4000.5-5-8.bin
      2  2580656 Oct 09 2001 11:22:20 cat4000-cv.5-5-8.bin
     
    9365320 bytes available (6232248 bytes used)
    cat4000 (enable)

TFTP によるブートイメージ アップグレードの例

このセクションの例は TFTP アップグレードの間にスイッチからの出力を示したものです。 例は点滅し、ブートイメージ プロシージャをアップグレードするためにダウンロード ソフトウェアを示したものです。

注: 詳細についてはアップグレー ソフトウェア イメージに、システムソフトウェアイメージを使用をどのようにに関する参照しなさいか。

Console> (enable) copy tftp flash
 
IP address or name of remote host []? 172.20.52.3
 
Name of file to copy from []? cat4000.6-1-1.bin
 
Flash device [bootflash]?
Name of file to copy to [cat4000.6-1-1.bin]?
 
4369664 bytes available on device bootflash, proceed (y/n) [n]? y
 
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCC
File has been copied successfully.
Console> (enable) set boot system flash bootflash:cat4000.6-1-1.bin prepend
 
BOOT variable = bootflash:cat4000.6-1-1.bin,1;bootflash:cat4000.4-1-2.bin,1;
Console> (enable) reset system
 
This command will reset the system.
Do you want to continue (y/n) [n]? y
 
Console> (enable) 07/21/2000,13:51:39:SYS-5:System reset from Console//
 
System Bootstrap, Version 3.1(2)
Copyright (c) 1994-1997 by cisco Systems, Inc.
Presto processor with 32768 Kbytes of main memory
 
Autoboot executing command: "boot bootflash:cat4000.6-1-1.bin"
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCC
Uncompressing file:  ###########################################################
################################################################################
################################################################################
################################################################################
################################################################################
################################################################################
################################################################################
################################################################################
################################################################################
################################################################################
#############
 
System Power On Diagnostics
NVRAM Size .. .................512KB
ID Prom Test ..................Passed
DPRAM Size ....................16KB
DPRAM Data 0x55 Test ..........Passed
DPRAM Data 0xaa Test ..........Passed
DPRAM Address Test ............Passed
Clearing DPRAM ................Done
System DRAM Memory Size .......32MB
DRAM Data 0x55 Test ...........Passed
DRAM Data 0xaa Test ...........Passed
DRAM Address Test  ............Passed
Clearing DRAM .................Done
EARL++ ........................Present
EARL RAM Test .................Passed
EARL Serial Prom Test .........Passed
Level2 Cache ..................Present
Level2 Cache test..............Passed
 
Boot image: bootflash:cat4000.6-1-1.bin
 
 
Cisco Systems Console
 
 
 
 
Enter password:
07/21/2000,13:52:51:SYS-5:Module 1 is online
07/21/2000,13:53:11:SYS-5:Module 4 is online
07/21/2000,13:53:11:SYS-5:Module 5 is online
07/21/2000,13:53:14:PAGP-5:Port 1/1 joined bridge port 1/1.
07/21/2000,13:53:14:PAGP-5:Port 1/2 joined bridge port 1/2.
07/21/2000,13:53:40:SYS-5:Module 2 is online
07/21/2000,13:53:45:SYS-5:Module 3 is online
 
Console> show version 1
 
Mod Port Model      Serial #              Versions
--- ---- ---------- -------------------- ---------------------------------
1   0    WS-X4012   JAB03130104          Hw : 1.5
                                         Gsp: 6.1(1.4)
                                         Nmp: 6.1(1)
Console>

HTTP サーバの設定

CWIイメージはブートフラッシュにあることを確認した後、スイッチの HTTPサーバを設定できます。 タスクにこれらのサブタスクがあります:

HTTPサーバをイネーブルに設定する

デフォルトステートでは、HTTPサーバはスイッチでディセーブルにされます。 HTTPサーバをディセーブルにするために有効に するか、または、イネーブル モードのこのコマンドを発行して下さい:

set ip http server {enable | disable}

この例はサーバをイネーブルに設定します:

Console> (enable) set ip http server enable
 
HTTP server is enabled on the system.

この例はサーバをディセーブルにします:

Console> (enable) set ip http server disable

HTTP server is disabled on the system.

HTTPポートの設定

TCP/IP ポート 80 のデフォルト設定を変更したいと思わなければ HTTPポートを設定する必要はありません。 HTTPサーバのためのポート番号を設定するために、イネーブル モードのこのコマンドを発行して下さい:

set ip http port {port_number | default}

この例は 80 のデフォルト以外 TCPポート番号を設定したものです:

注: この例は 2398 の TCPポート番号を使用します。

Console> (enable) set ip http port 2398

HTTP TCP port number set to 2398.

この例は 80 のデフォルトに TCPポート番号を設定 します:

Console> (enable) set ip http port default

HTTP TCP port number set to 80.

HTTPサーバ情報を表示する方法

HTTPサーバ 情報を表示するために、通常モードのこのコマンドを発行して下さい:

show ip http

この例に HTTPサーバの情報を表示する方法を示されています。 例はまた CWI機能がサポートされることを示したものです:

cat4000 (enable) show ip http
HTTP Information
----------------------
HTTP server:           enabled
HTTP port:             80
Web Interface:         Supported
Web Interface version(s):
           Engine: 5.2 ADP device: Cat4000 ADP Version: 1.4 ADK: 37a
 
HTTP active sessions: 0 

CWIバージョン番号を表示する方法

CWIバージョン番号を表示するために、通常モードのこのコマンドを発行して下さい:

show version

この例は CWIバージョン番号を表示するものです:

Console> show version
cat4000 (enable) show version
WS-C4006 Software, Version NmpSW: 5.5(8)
Copyright (c) 1995-2001 by Cisco Systems, Inc.
NMP S/W compiled on May 15 2001, 15:51:27
GSP S/W compiled on May 15 2001, 14:14:47
System Bootstrap Version: 5.4(1)
Hardware Version: 1.2  Model: WS-C4006  Serial #: JAB043300MG
 
Mod Port Model      Serial #              Versions
--- ---- ---------- -------------------- ---------------------------------
1   2    WS-X4013   JAB043300MG          Hw : 1.2
                                         Gsp: 5.5(8.0)
                                         Nmp: 5.5(8)
2   34   WS-X4232-GB-RJ JAE042921NV          Hw : 2.3
 
       DRAM                    FLASH                   NVRAM
Module Total   Used    Free    Total   Used    Free    Total Used  Free
------ ------- ------- ------- ------- ------- ------- ----- ----- -----
1       65536K  30015K  35521K  16384K   7239K   9145K  480K  165K  315K
 
Uptime is 0 day, 4 hours, 40 minutes

スイッチへの接続

スイッチに接続するために、Requirements セクション リストそのサポートされている We bブラウザの 1 つを使用して下さい。

注: スイッチに接続されるとき、クライアントで動作する名前 CiscoView の GUI プログラムをダウンロードできます。

  1. Webブラウザの URL フィールドでスイッチ アドレスを入力して下さい。

    たとえば、開いた Netscape Navigator か Internet Explorer はおよび http://172.50.10.20 を入力します。 次に例を示します。

    /image/gif/paws/15954/105a.gif

    この例では、172.50.10.20 はスイッチ IP アドレスです。

    ポート 80 のデフォルトからのポートの修正がある場合、この変更を示すために URLストリングを修正して下さい。 たとえば、http://172.50.10.20:8080 使用ポート 8080。 次に例を示します。

    /image/gif/paws/15954/105b.gif

    スイッチに接続した後、Login ダイアログボックスでユーザー名およびパスワードを求めるプロンプトが表示されます。

    105c.gif

  2. ユーザー名およびパスワードを提供します。

    スイッチの既定のログイン認証を修正しない場合、イネーブル モード パスワードを使用し、User Name フィールド ブランクを残して下さい。

    認証を設定する方法に関する詳細については Catalyst 6500 シリーズ、4500 シリーズおよび 5000 のシリーズ スイッチ Webインターフェイス インストールおよび設定に関する注意書きConfiguring Authentication Login セクションを参照して下さい。

    スイッチのホームページはブラウザに現われます。

  3. CiscoView クライアントソフトウェアをダウンロードするために『Switch Manager』 をクリック して下さい。

    数分後に、現在の Java セッションを与えるダイアログボックスを見ます。

    /image/gif/paws/15954/105d.gif

  4. 常に『Grant this session』 をクリック するか、続くためにまたは許可して下さい

    JPI がこの時点でフリーズする場合、バージョン 1.3.1 への JPI アップデートは必要である場合もあります。 プラグインをダウンロードするためにサン・マイクロシステムズ Java 2 プラットフォームを、Enterprise Edition (J2EEleavingcisco.com ) 1.3 参照して下さい。

    CiscoView 認証 ダイアログボックス ディスプレイ。

    /image/gif/paws/15954/105e.gif

  5. デフォルトの認証を使用したら、入力して下さいまたは設定された認証情報を入力して下さいイネーブルパスワードをユーザネームなしで。

    コミュニティ ストリング ダイアログボックス ディスプレイ。

    /image/gif/paws/15954/105f.gif

  6. 受け入れるために提供される、または新しい値をリード(read)コミュニティおよびライト(write)コミュニティ フィールドで入力し、『OK』 をクリック するために『OK』 をクリック して下さい既定の文字列を。

    これらの文字列名を修正する場合その時だけ提供されるストリングを変更して下さい。

    この操作は CiscoView イメージのダウンロードおよびログオンを完了します。 スイッチ ディスプレイのビジュアル表現。

    /image/gif/paws/15954/105g.gif

  7. 現在のコンフィギュレーションを表示するか、またはコンポーネントを設定するために特定 の コンポーネントをクリックして下さい。

要約

CiscoView インターフェイスは CiscoView 5.x.で利用可能の総機能のサブセットです 監視しません CiscoView との CPU かメモリ使用量をできません。 ただし、CiscoView はポートが作動中であるなければビューを提供します。 CiscoView はまた多くの基本的なポートおよび VLAN管理タスクを提供します。

CiscoView の第一の目的は CiscoView 5.x ネットワーク管理システムを購入したいと思わない顧客向けのスイッチを設定するために GUI を提供することです。 CiscoView で Catalyst スイッチを設定する方法に関する詳細については CiscoView 5.3 の使用Configuring Your Devices セクションを参照して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 15954