ルータ : Cisco 12000 シリーズ ルータ

Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータ ラインカード障害のハードウェア トラブルシューティング

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2003 年 12 月 1 日) | 英語版 (2015 年 4 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

実際には正常に機能しているハードウェアを交換することで、貴重な時間とリソースが無駄になることがよくあります。 この文書では、Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータのハードウェアに関する一般的な問題のトラブルシューティングに役立つ情報と、故障がハードウェアに関するものかどうかを識別するための手がかりとなる情報を提供します。

注: このドキュメントは、ハードウェアの問題と誤認されやすい問題を除き、ソフトウェア関連の障害は取り上げていません。

前提条件

要件

このドキュメントの読者は次のトピックについて理解している必要があります。

問題はハードウェア障害と関連していることに感じれば、この資料は失敗の原因を特定するのを助けることができます。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • すべての Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータ。12008、12012、12016、12404、12406、12410、および 12416。

  • すべての Cisco IOSか。 Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータをサポートするソフトウェア バージョン。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

ハードウェアとソフトウェアの互換性およびメモリ要件

新しいラインカード、モジュール、または Cisco IOSソフトウェアイメージをインストールする時はいつでも、ハードウェア および ソフトウェアが機能と互換性があることルータに十分なメモリがある、使用したいと思うかどうか確かめることは重要であり。

ハードウェアとソフトウェアの互換性およびメモリ要件があるように確認するためにこれらの推薦されるステップを完了して下さい:

  1. 使用しているネットワーク デバイス用のソフトウェアを選択するには、 Software Advisor登録ユーザ専用)を使用します。

    ヒント:

  2. Cisco IOS ソフトウェアまたは Cisco IOS ソフトウェア イメージのダウンロードに必要な最低限のメモリ量(RAM およびフラッシュ)をチェックするには、Download Software Area登録ユーザ専用)を使用してください。 ルータ装備のメモリ量(RAM およびフラッシュ)を判別するには、『メモリ要件』を参照してください。

    ヒント:

    • ルータで現在バージョンと同じ機能を維持し動作するたいと思ったり、どの機能セットを使用するか知らなかったら、Ciscoデバイスの show version コマンドを入力し、Output Interpreter ツールの出力を貼り付けて下さい。 アウトプット インタープリタ登録ユーザ専用)を使用して、潜在的な問題や修正を表示できます。 アウトプットインタープリタ登録ユーザ専用)を使用するためには、登録ユーザであり、ログインしていて、さらに JavaScript を有効にしている必要があります。一部ツールについては、ゲスト登録のお客様にはアクセスできない場合がありますことをご了承ください。 特に最新のソフトウェア機能を使用しようとする場合は、機能サポートについて確認することが重要です。

    • Cisco IOS ソフトウェア イメージを新しいバージョンまたは機能セットにアップグレードする必要がある場合、詳細は、『Cisco IOS ソフトウェア リリースの選択方法』を参照してください。

  3. Cisco IOS ソフトウェアのアップグレードが必要と判断された場合には、Cisco 12000 シリーズ ルータに関する「ソフトウェア インストールおよびアップグレード手順」に従ってください。

    ヒント: ROMmon (rommon # > prompt)状態になった Cisco 12000シリーズルータの回復方法に関しての情報は、「Cisco 12000 における ROMmon 回復手順」を参照してください。

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

問題の特定

このセクションの情報の助けによって、ラインカードに直面する問題がハードウェア関連であるかどうか判別できます。

する必要がある最初の事柄は出会うコンソール エラーまたはラインカード クラッシュの原因を特定することです。 これらのコマンドから出力を集めることはどのカードが可能性のある間違っているか見るために、必要です:

  • show context summary

  • show logging

  • show logging summary

  • show diag <slot>

  • show context slot <slot>

これらの特定の show コマンドと共に、またこの情報を収集して下さい:

  • コンソール ログと syslog 情報: これらは複数の症状が発生する場合始まりの問題を判別して重大である場合もあります。 syslog サーバにログを送信 するためにルータが設定される場合何が起こったかの可能性のある 情報を見ます。 コンソール ログに関しては、直接システム メッセージ ロギングを通ってコンソールポートのルータに接続されることが最善です。

  • show technical-support: show technical-support コマンドは多くの異なったコマンドのコンパイルで、show versionshow running-config および show stacks が含まれています。 通常、ルータで問題が発生したときには、シスコ Technical Assistance Center(TAC)エンジニアからこの情報の提供を求められます。 これらのアクションが問題についてのすべての情報を失います場合があるのでデバイスをリロードするか、またはパワーサイクルを行う前に show technical-support コマンドの出力を集めることは重要です。

Gigabit Route Processor (GRP)かラインカードはクラッシュしたかどうか見ると期待できるいくつかの出力例はここにあります:

Router#show context summary 

CRASH INFO SUMMARY 

  Slot 0 : 0 crashes 
  Slot 1 : 1 crashes 

    1 - crash at 10:36:20 UTC Wed Dec 19 2001 
 
  Slot 2 : 0 crashes 

  Slot 3 : 0 crashes 

  Slot 4 : 0 crashes 

  Slot 5 : 0 crashes 

  Slot 6 : 0 crashes 

  Slot 7 : 0 crashes 

  Slot 8 : 0 crashes 

  Slot 9 : 0 crashes 

  Slot 10: 0 crashes 
 
  Slot 11: 0 crashes 
 
  Slot 12: 0 crashes 

  Slot 13: 0 crashes 

  Slot 14: 0 crashes 

  Slot 15: 0 crashes

Router#show logging 

Syslog logging: enabled (2 messages dropped, 0 messages rate-limited, 0 flushes, 

0 overruns) 

    Console logging: level debugging, 24112 messages logged 

    Monitor logging: level debugging, 0 messages logged 

    Buffer logging: level debugging, 24411 messages logged 

    Logging Exception size (4096 bytes) 

    Trap logging: level informational, 24452 message lines logged

5d16h: %LCINFO-3-CRASH: Line card in slot 1 crashed 

5d16h: %GRP-4-RSTSLOT: Resetting the card in the slot: 1,Event: 38 

5d16h: %IPCGRP-3-CMDOP: IPC command 3 

5d16h: %CLNS-5-ADJCHANGE: ISIS: Adjacency to malachim2 (GigabitEthernet1/0) Up, 

n8 (slot1/0): linecard is disabled 

-Traceback=602ABCA8 602AD8B8 602B350C 602B3998 6034312C 60342290 601A2BC4 601A2BB0 

5d16h: %LINK-5-CHANGED: Interface GigabitEthernet1/0, changed state to 

administratively down 

5d16h: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface GigabitEthernet1/0, 

changed state to down 

5d16h: %GRP-3-CARVE_INFO: Setting mtu above 8192 may reduce available buffers 

on Slot: 1. 

SLOT 1:00:00:09: %SYS-5-RESTART: System restarted -- 

Cisco Internetwork Operating System Software 

IOS (tmew adjacency) GS Software (GLC1-LC-M), Version 12.0(17)ST3, 

EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1) 

TAC Support: http://www.cisco.com/tac 

Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc. 

Compiled Thu 08-Nov-01 20:21 by dchih 

5d16h: %GRPGE-6-AUTONEG_STATE: Interface GigabitEthernet1/0: Link OK - 

autonegotiation complete 

5d16h: %LINK-3-UPDOWN: Interface GigabitEthernet1/0, changed state to up 

5d16h: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface GigabitEthernet1/0, 

changed state to up

Router#show diag 1 

SLOT 1  (RP/LC 1 ): 3 Port Gigabit Ethernet 

  MAIN: type 68,  800-6376-01 rev E0 dev 0 

        HW config: 0x00    SW key: 00-00-00 

  PCA:  73-4775-02 rev E0 ver 2 

        HW version 2.0  S/N CAB0450G8FX 

  MBUS: Embedded Agent 

        Test hist: 0x00    RMA#: 00-00-00    RMA hist: 0x00 

  DIAG: Test count: 0x00000001    Test results: 0x00000000 

  FRU:  Linecard/Module: 3GE-GBIC-SC= 

        Route Memory: MEM-GRP/LC-64= 

        Packet Memory: MEM-LC1-PKT-256= 

  L3 Engine: 2 - Backbone OC48 (2.5 Gbps) 

  MBUS Agent Software version 01.46 (RAM) (ROM version is 02.10) 

  Using CAN Bus A 

  ROM Monitor version 10.06 

  Fabric Downloader version used 05.01 (ROM version is 05.01) 

  Primary clock is CSC 0  Board is analyzed 

  Board State is Line Card Enabled (IOS  RUN ) 

  Insertion time: 00:00:10 (5d16h ago) 

  DRAM size: 67108864 bytes 

  FrFab SDRAM size: 134217728 bytes, SDRAM pagesize: 8192 bytes 

  ToFab SDRAM size: 134217728 bytes, SDRAM pagesize: 8192 bytes 

  1 crash since restart

Router#show context slot 1 

CRASH INFO: Slot 1, Index 1, Crash at 10:36:20 UTC Wed DEC 19 2001
VERSION: 

GS Software (GLC1-LC-M), Version 12.0(17)ST3,

EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1) 

TAC Support: http://www.cisco.com/tac 

Compiled Thu 08-Nov-01 20:21 by dchih 

Card Type: 3 Port Gigabit Ethernet, S/N 

System exception: sig=10, code=0x10, context=0x41036514 

System restarted by a Bus Error exception 

STACK TRACE: 

-Traceback= 406914C8 4004EEAC 4005BCE4 400A33F4 400A33E0 

CONTEXT: 

$0 : 00000000, AT : 41030000, v0 : 00000000, v1 : 41036290 

a0 : 00000030, a1 : 412C6CA0, a2 : 00000000, a3 : 00000000 

t0 : 00008100, t1 : 34008101, t2 : 400C5590, t3 : FFFF00FF 

t4 : 400C5560, t5 : 00040000, t6 : 00000000, t7 : 413D1D78 

s0 : FF012345, s1 : 00000031, s2 : 41032B10, s3 : 41BB8F00 

s4 : 00000000, s5 : 00000001, s6 : 4101D620, s7 : 00000000 

t8 : 418EA1C8, t9 : 00000000, k0 : 4142C7A0, k1 : 400C7538 

gp : 40F57DC0, sp : 41BB8EE8, s8 : 41023740, ra : 406914C8 

EPC : 0x406914C8, SREG : 0x34008103, Cause : 0x00000010 

ErrorEPC : 0x400B3A5C
-Process Traceback= No Extra Traceback
SLOT 1:00:00:09: %SYS-5-RESTART: System restarted -- 

Cisco Internetwork Operating System Software 

IOS (tm) GS Software (GLC1-LC-M), Version 12.0(17)ST3, 

EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1) 

TAC Support: http://www.cisco.com/tac 

Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc. 

Compiled Thu 08-Nov-01 20:21 by dchih 

SLOT 1:20:18:09: %LCGE-6-GBIC_OIR: 3 Port Gigabit Ethernet GBIC

removed from port  2 

SLOT 1:20:18:29: %LCGE-6-GBIC_OIR: 3 Port Gigabit Ethernet GBIC

inserted in port 2 

SLOT 1:3d20h: %LCGE-6-GBIC_OIR: 3 Port Gigabit Ethernet GBIC

removed from port 2 

SLOT 1:3d20h: %LCGE-6-GBIC_OIR: 3 Port Gigabit Ethernet GBIC

inserted in port 2 

SLOT 1:00:00:09: %SYS-5-RESTART: System restarted -- 

Cisco Internetwork Operating System Software 

IOS (TM) GS Software (GLC1-LC-M), Version 12.0(17)ST3, 

EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1) 

TAC Support: http://www.cisco.com/tac 

Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc. 

Compiled Thu 08-Nov-01 20:21 by dchi

ラインカード クラッシュ

ラインカードがクラッシュし、クラッシュしたラインカードを識別したら場合、今クラッシュの原因を判別する必要があります。 show context <slot > コマンドからの出力はこれをすることを可能にします。 次に例を示します。

Router#show context slot 2 

CRASH INFO: Slot 2, Index 1, Crash at 12:24:22 MET Wed Nov 28 2001
VERSION: 

GS Software (GLC1-LC-M), Version 12.0(18)S1,

EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1) 

TAC Support: http://www.cisco.com/tac 

Compiled Fri 07-Sep-01 20:13 by nmasa 

Card Type: 3 Port Gigabit Ethernet, S/N 

System exception: SIG=23, code=0x24, context=0x4103FE84 

System restarted by a Software forced crash 

STACK TRACE: 

-Traceback= 400BEB08 40599554 4004FB64 4005B814 400A1694 400A1680 

CONTEXT: 

$0 : 00000000, AT : 41040000, v0 : 00000032, v1 : 4103FC00 

a0 : 4005B0A4, a1 : 41400A20, a2 : 00000000, a3 : 00000000 

t0 : 41D75220, t1 : 8000D510, t2 : 00000001, t3 : FFFF00FF 

t4 : 400C2670, t5 : 00040000, t6 : 00000000, t7 : 4150A398 

s0 : 0000003C, s1 : 00000036, s2 : 4103C4D0, s3 : 41D7EC60 

s4 : 00000000, s5 : 00000001, s6 : 41027040, s7 : 00000000 

t8 : 41A767B8, t9 : 00000000, k0 : 415ACE20, k1 : 400C4260 

GP : 40F0DD00, SP : 41D7EC48, s8 : 4102D120, ra : 40599554 

EPC : 0x400BEB08, SREG : 0x3400BF03, Cause : 0x00000024 

ErrorEPC : 0x400C6698, BadVaddr : 0xFFBFFFFB
-Process Traceback= No Extra Traceback
SLOT 2:00:00:09: %SYS-5-RESTART: System restarted -- 

Cisco Internetwork Operating System Software 

IOS (TM) GS Software (GLC1-LC-M), Version 12.0(18)S1, 

EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1) 

TAC Support: http://www.cisco.com/tac 

Copyright (c) 1986-2001 by cisco Systems, Inc. 

Compiled Fri 07-Sep-01 20:13 by nmae

show context slot <slot > コマンド 出力の「SIG=」値から行われたクラッシュ の タイプを識別できます。 詳細については SIG 符号表を参照して下さい。

ラインカード クラッシュの 3 つのもっとも一般的な型で詳細を提供するここにあり、それらを解決する方法を説明しますいくつかのリンクは:

上記の例では、ラインカードは「ソフトウェアによるクラッシュ」でクラッシュしました。そして、名前が示すように、ソフトウェアの例外によってリロードが起こりました。 原因を判別し、必要な出力を集めたら、Bug Toolkit登録ユーザのみ)を使用して Cisco IOS ソフトウェア リリースの不具合があるように確認できます。

ラインカードの現在のステータスをチェックして下さい

問題はログまたは実際のクラッシュのシステムエラーであるかどうか判別したら、発生したエラーから回復 したかどうか見るためにラインカードの現在のステータスをチェックして下さい。 個々のラインカードのステータスを識別するために、カードの前部にいる発光ダイオード (LED)を検査できますまたは show led コマンドを発行して下さい。 次に出力例を示します。

Router#show led 

SLOT 1  : RUN IOS 

SLOT 6  : DNLD FABL 

SLOT 7  : RP ACTV 

SLOT 10 : RUN IOS 

SLOT 11 : RUN IOS 

SLOT 13 : RUN IOS 

SLOT 14 : RUN IOS

表 1 および表 2 はこのコマンドおよび意味から表示される出力のもっとも一般的な型を記述したものです。

注: LEDの値は逆になっていることがあります。 たとえば、IOS RUN は RAN IOS として表示することができます。

表 1 – RP LEDステータスおよび意味

RP LEDステータス LEDステータスの意味
RP UP RPはCisco IOS ソフトウェアを実行し正しく機能しています。
MSTR RP RPがプライマリGRPとして機能しています。
SLAV RP RPがスレーブGRPとして機能しています。
RP ACTV RPがプライマリGRPとして機能しています。
RP SEC RPがスレーブGRPとして機能しています。
MEM INIT RPがメモリをサイジングしています。

表 2 – LC LEDステータスおよび意味

LC LEDステータス LEDステータスの意味
DIAG DNLD ラインカードがフィールド診断ソフトウェアをダウンロードしています。
DIAG FAIL ラインカードがフィールド診断テストで不合格となりました。
DIAG PASS ラインカードがフィールド診断テストに合格しました。
DIAG TEST ラインカードがフィールド診断ソフトウェアを実行しています。
FABL DNLD ラインカードが「ファブリック ダウンローダ」を開始しています。
FABL WAIT ラインカードが「ファブリック ダウンローダ」のロード待ちです。
IN RSET ラインカードがリセットしています。
IOS DNLD ラインカードがスイッチ ファブリックを介してCisco IOS ソフトウェアをダウンロードしています。
IOS RUN ラインカードは現在有効です。
IOS UP ラインカードがロードを完了し、Cisco IOS ソフトウェアを実行しています。
MBUS DNLD ラインカードがメンテナンス バス(MBUS)エージェントをダウンロードしています。
MEM INIT ラインカードがメモリのサイジングを行っています。
PWR OFF ラインカードがの電源が切れました。

ラインカード ステータスが「IOS RUN」以外の状態であるか、あるいはGRPが有効なマスター/プライマリでもスレーブ/セカンダリでもない場合は、何らかの問題があってカードが完全に正しくロードされていないことを示しています。 カードを取り替える前に、Cisco は問題を解決するためにこれらのステップを試すことを推奨します:

  1. microcode reload <slot > グローバル 設定 コマンドによってマイクロコードをリロードして下さい。

  2. hw-module slot <slot > reload コマンドによってカードをリロードして下さい。 ラインカード Cisco IOSソフトウェアを再びダウンロードするように試みる前にこれによりラインカードはメンテナンスバス (MBUS)および Fabric Downloader ソフトウエアモジュールをリセットし、再びダウンロードします。

  3. ラインカードを手動でリセットします。 これは MBUS かスイッチング ファブリックに接続エラーによって引き起こされる問題を除外できます。

注: RAN IOS 以外あらゆるステータスでスタックしているラインカードを解決する方法に関する詳細については Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータのブートプロセスの理解を参照して下さい。

ファブリック ping 障害

ラインカードまたはセカンダリ GRP が、スイッチ ファブリックを介してプライマリ GRP からのファブリック Ping 要求に応答できなかった場合、ファブリック Ping 障害が発生します。 そのような失敗は調査する必要がある問題の症状です。 彼らはこれらのエラーメッセージによって示されます:

%GRP-3-FABRIC_UNI: Unicast send timed out (1)

%GRP-3-COREDUMP: Core dump incident on slot 1, error: Fabric ping failure 

%LCINFO-3-CRASH: Line card in slot 1 crashed

この問題の詳細は、「トラブルシューティング:Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータにおけるファブリック Ping のタイムアウトおよび障害」で説明されています。

パリティ・エラー・メッセージ

Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータ パリティ エラーフォールト ツリー 資料はいろいろなパリティエラーメッセージが表示した後、失敗するコンポーネントか Cisco 12000 シリーズ インターネット ルータの部品を解決し、隔離するためにステップを説明したものです。

エラー メッセージ

ラインカードの 1 つに関するエラーメッセージを経験する場合エラーメッセージの意味についての情報を見つけるのに Cisco エラーメッセージ デコーダー登録ユーザのみ)を使用できます。 これらの情報にはラインカードのハードウェア問題を示すものもありますし、Cisco IOS ソフトウェア バグ やルータの他の部分のハードウェア問題を示すものもあります。 このドキュメントはこれらのすべてのメッセージをカバーするものではありません。

いくつかの Cisco Express Forwarding (CEF)および Inter Process Communication (IPC)関連のメッセージは CEF関連 エラーメッセージの解決で説明されます。

ハードウェア障害のためにラインカードをテストして下さい

ラインカード フィールド診断ソフトウェアは Cisco 12000 (すべての 12xxx シリーズ)ルータ内の不良ラインカードを識別するように設計されています。 Cisco IOS software release 12.0(22)S 前に、フィールド診断ソフトウェアは Cisco IOSソフトウェアの内で組み込みでした。 前の Cisco IOS software release 12.0(22)S から、このソフトウェアは個々に価格をつけられ、CCO からダウンロード ソフトウェア エリア登録ユーザのみ)によってそれを(120XX プラットフォームの下の SELECT フィールド DIAGS)ダウンロードできます。 それはまだ始められるコマンドから Cisco IOSソフトウェアを実行している間動作します、コマンド・ラインのソース(どちらかの Trivial File Transfer Protocol (TFTP) ブート サーバ、か PCMCIA フラッシュ メモリを)規定 して下さい。 All フィールド診断コマンドは Cisco IOSソフトウェアの水平なイネーブルで動作します。

12.0(22)S以降のCisco IOS ソフトウェアリリース

前の Cisco IOS software release 12.0(22)S から、シスコシステムズは Cisco IOSソフトウェアイメージからの Cisco 12000 フィールド診断 ラインカードイメージを切り離しました。 以前のバージョンでは、診断はコマンド・ラインから起動でき、組み込み診断イメージは起動します。 20Mb フラッシュ メモリカードを持つ顧客に対応するために、フィールド診断ソフトウェアは個々のイメージとして今保存され、維持されます: (x がバージョン番号であるかところ) c12k-fdiagsbflc-mz.xxx-xx.S.bin。 これは顧客向けにフィールド診断を起動させるためにそれを意味しますこのイメージは別途のフラッシュカードか TFTP ブート サーバで利用可能である必要があります。 最新バージョンは Cisco.com で利用できます常に。 Performance Route Processor (PRP) カードに関しては、ギガビットスイッチ ルートプロセッサ(GRP)カードは、ファブリックはテストし、これらのテスト Cisco IOSソフトウェアイメージと組み込みに残ります。 コマンド・ライン機能はこれを反映するために変更されました。

診断テストが進行中の間、ラインカードは普通機能しないし、テスト(ラインカードの複雑な状況に基づいて 5-20 分、)の間にトラフィックを通過できません。 verboseキーワードなしで、コマンドはカードのための成否を示す切捨てられた 出力を与えたものです。 TAC と通信するとき、冗長 モードは特定の問題点を明らかにして有用です。 このように verbose コマンドなのない診断テストの出力:

Router# diag 7 verbose tftp://223.255.254.254/muckier/award/c12k-fdiagsbflc-mz

Running DIAG config check
Fabric Download for Field Diags chosen: If timeout occurs, try 'mbus' option.
Running Diags will halt ALL activity on the requested slot.  [confirm]
Router#
Launching a Field Diagnostic for slot 7
Downloading diagnostic tests to slot 7 via fabric (timeout set to 300 sec.)
5d20h: %GRP-4-RSTSLOT: Resetting the card in the slot: 7,Event: 
   EV_ADMIN_FDIAGLoading muckier/award/c12k-fdiagsbflc-mz from 223.255.254.254 
   (via Ethernet0):      !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
5d20h: Downloading diags from tftp file tftp://223.255.254.254/muckier/award/
    c12k-fdiagsbflc-mz
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
[OK - 13976524 bytes]
FD 7> *****************************************************
FD 7> GSR Field Diagnostics V6.05

FD 7> Compiled by award on Tue Jul 30 13:00:41 PDT 2002

FD 7> view: award-conn_isp.FieldDiagRelease

FD 7> *****************************************************


Executing all diagnostic tests in slot 7

(total/indiv. timeout set to 2000/600 sec.)

FD 7> BFR_CARD_TYPE_OC12_4P_POS testing... 

FD 7> Available test types 2

FD 7> 1

FD 7> Completed f_diags_board_discovery() (0x1)

FD 7> Test list selection received: Test ID 1, Device 0

FD 7> running in slot 7 (30 tests from test list ID 1)

FD 7> Skipping MBUS_FDIAG command from slot 2

FD 7> Just into idle state
Field Diagnostic ****PASSED**** for slot 7

Shutting down diags in slot 7

Board will reload

5d20h: %GRP-4-RSTSLOT: Resetting the card in the slot: 7,Event: 
   EV_ADMIN_FDIAG


5d20h: %GRP-4-RSTSLOT: Resetting the card in the slot: 7,Event: 
   EV_FAB_DOWNLOADER_DOWNLOAD_FAILURE


SLOT 7:00:00:09: %SYS-5-RESTART: System restarted --

Cisco Internetwork Operating System Software 
IOS (tm) GS Software (GLC1-LC-M), Experimental Version 12.0(20020509:045149)      
  [award-conn_isp.f_diag_new 337]
Copyright (c) 1986-2002 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 25-Jun-02 15:51 by award

それがテストに合格する後やっと自動的にラインカード読み込み。

Cisco IOS ソフトウェア リリースより早い than12.0(22)S が、ラインカード テスト失敗し、こうして自動的にリロードしなかった例はここにあります。 手動で hw-module slot <slot > reload コマンドでラインカードをリロードできます。

verboseキーワードを使用するとき、出力は実行された各個々のテストが含まれています。 テスト成功が、次のテスト始まれば。 出力例は以下のとおりです。

Router# diag 7 verbose tftp tftp://223.255.254.254/
muckier/award/c12k-fdiagsbflc-mz

Running DIAG config check
Fabric Download for Field Diags chosen: If timeout occurs, try 'mbus' option.
Verbose mode: Test progress and errors will be displayed
Runnning Diags will halt ALL activity on the requested slot.  [confirm]
Router#
Launching a Field Diagnostic for slot 7
Downloading diagnostic tests to slot 7 via fabric (timeout set to 300 sec.)
00:07:41: %GRP-4-RSTSLOT: Resetting the card in the slot: 7,Event: EV_ADMIN_FDIAG

Loading muckier/award/c12k-fdiagsbflc-mz from 223.255.254.254 (via Ethernet0):      
 !!!!!! (...)

00:08:24: Downloading diags from tftp file tftp://223.255.254.254/muckier/
award/c12k-fdiagsbflc-mz

!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!

[OK - 13976524 bytes]

FD 7> *****************************************************

FD 7> GSR Field Diagnostics V6.05

FD 7> Compiled by award on Tue Jul 30 13:00:41 PDT 2002

FD 7> view: award-conn_isp.FieldDiagRelease

FD 7> *****************************************************

Executing all diagnostic tests in slot 7

(total/indiv. timeout set to 2000/600 sec.)

FD 7> BFR_CARD_TYPE_OC12_4P_POS testing... 

FD 7> Available test types 2

FD 7> 1

FD 7> Completed f_diags_board_discovery() (0x1)

FD 7> Verbosity now (0x00000011) TESTSDISP FATL
FD 7> Test list selection received: Test ID 1, Device 0
FD 7> running in slot 7 (30 tests from test list ID 1)
FD 7> Just into idle state
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #1 Dram Marching Pattern
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #2 Dram Datapins
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #3 Dram Busfloat
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #4 RBM SDRAM Marching Pattern
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #5 RBM SDRAM Datapins
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #6 RBM SSRAM Marching Pattern
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #7 RBM SSRAM Datapins Memory
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #8 TBM SDRAM Marching Pattern
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #9 TBM SDRAM Datapins
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #10 TBM SSRAM Marching Pattern
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #11 TBM SSRAM Datapins Memory
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #12 PSA TLU SDRAM Marching Pattern
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #13 PSA TLU SDRAM Datapins
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #14 PSA PLU SDRAM Marching Pattern
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #15 PSA PLU SDRAM Datapins
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #16 PSA SRAM Marching Pattern
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #17 PSA SRAM Datapins
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #18 To Fabric SOP FIFO SRAM Memory
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #19 From Fabric SOP FIFO SRAM Memory
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #20 RBM to SALSA Packet
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #21 TBM to SALSA Packet
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #22 RBM to TBM SLI Packet Loopback
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #23 TBM to PSA Packet -Framer Loopback
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #24 TBM to TX SOP Packet
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #25 TBM to RX SOP Packet -4302 Terminal Loopback
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #26 TBM to RX SOP Packet -Framer System Bus Loop
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #27 RBM to TBM Fabric Packet Loopback
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #28 TBM to RBM Packet, RBM page crossing
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #29 TBM to TX SOP Packet Simultaneous
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(7): test #30 TBM to PSA Multicast Packets -Framer Loopback
FDIAG_STAT_DONE(7)
FD 7> Changed current_status to FDIAG_STAT_IDLE

Field Diagnostic ****PASSED**** for slot 7

Field Diag eeprom values: run 62 fail mode 0 (PASS) slot 7


last test failed was 0, error code 0


Shutting down diags in slot 7

Board will reload

これらの結果はラインカードで Electrically Erasable Programmable Read-Only Memory (EEPROM)でそれから保存されます。 > 前のコマンド diag <slot が付いているラインカードで実行された 最終診断の結果を表示できます。 次に出力例を示します。

Router#diag 3 previous 

Field Diag eeprom values: run 0 fail mode 0 (PASS) slot 3 
   last test failed was 0, error code 0

前のフィールド診断がカードで実行された場合、このように出力な:

Router#diag 3 previous 

Field Diags have not been run on this board previously - 

EE prom results uninitialized. 

Field Diag eeprom values: run 16777215 fail mode 0 (PASS) slot 9 
   last test failed was 65535, error code 65535

過去に、カードに障害がないにもかかわらず診断テストに不合格となったいくつかのバグがあります。予防策として、ラインカードが不合格となって以前にすでにカードを取り替ていれば、この出力についてテクニカルアシスタンツ センター(TAC)でチェックすると良いでしょう。

12.0(22)S以前のCisco IOS ソフトウェアリリース

ラインカード フィールド診断ソフトウェアは主要な Cisco IOSソフトウェアと疑わしいラインカードが不良であるかどうかテストすることを可能にするように組み込まれます。 この機能を使用するために、特権イネーブル モードでなる必要があり diag <slot > <verbose > コマンドを発行します。

診断テストが進行中の間、ラインカードは普通機能しないし、テスト(ラインカードの複雑な状況に基づいて 5-15 分、)の間にトラフィックを通過できません。 verboseキーワードなしで、コマンドはカードのための成否を示す切捨てられた 出力を与えたものです。 このように verbose コマンドなのない診断テストの出力:

Router#diag 3 

Running DIAG config check 

Running Diags will halt ALL activity on the requested slot 

[confirm] 

Router# 
Launching a Field Diagnostic for slot 3 
Downloading diagnostic tests to slot 3 (timeout set to 600 sec.) 

*Nov 18 22:20:40.237: %LINK-5-CHANGED: Interface GigabitEthernet3/0, 

changed state to administratively down 

Field Diag download COMPLETE for slot 3 

FD 3> ***************************************************** 

FD 3> GSR Field Diagnostics V4.0 

FD 3> Compiled by award on Thu May 18 13:43:04 PDT 2000 

FD 3> view: award-conn_isp.FieldDiagRelease 

FD 3> ***************************************************** 

FD 3> BFR_CARD_TYPE_1P_GE testing... 

FD 3> running in slot 3 (83 tests)
Executing all diagnostic tests in slot 3 

(total/indiv. timeout set to 600/200 sec.) 

Field Diagnostic: ****TEST FAILURE**** slot 3: last test run 51, 

Fabric Packet Loopback, error 3 

Shutting down diags in slot 3
slot 3 done, will not reload automatically

それがテストに合格する後やっと自動的にラインカード読み込み。 上述の例では、ラインカードはテスト壊れ、こうして自動的にリロードしませんでした。 手動で hw-module slot <slot > reload コマンドでラインカードをリロードできます。

verboseキーワードを使用するとき、出力は実行された、そしてかどうかが各テストは成功するか、または失敗した各個々のテスト含まれています。 次に出力例を示します。

Router#diag 3 verbose 

Running DIAG config check 

Running Diags will halt ALL activity on the requested slot. 

[confirm] 

Router# 
Launching a Field Diagnostic for slot 3 
Downloading diagnostic tests to slot 3 (timeout set to 600 sec.) 
Field Diag download COMPLETE for slot 3 

FD 3> ***************************************************** 

FD 3> GSR Field Diagnostics V4.0 

FD 3> Compiled by award on Thu May 18 13:43:04 PDT 2000 

FD 3> view: award-conn_isp.FieldDiagRelease 

FD 3> ***************************************************** 

FD 3> BFR_CARD_TYPE_1P_GE testing... 

FD 3> running in slot 3 (83 tests)
Executing all diagnostic tests in slot 3 

(total/indiv. timeout set to 600/200 sec.) 

FD 3> Verbosity now (0x00000001) TESTSDISP
FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #1 R5K Internal Cache 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #2 Burst Operations 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #3 Subblock Ordering 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #4 P4/EEPROM Clock Speed Matching 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #5 Dram Marching Pattern 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #6 Dram Datapins 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #7 Dram Busfloat 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #8 To Fabric (RX) BMA SDRAM Marching Pattern 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #9 To Fabric (RX) BMA SDRAM Datapins 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #10 To Fabric (RX) BMA Q Manager SRAM Busfloat 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #11 To Fabric (RX) BMA Q Manager SRAM Datapins 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #12 To Fabric (RX) BMA Q Manager SRAM Marching Pa 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #13 From Fabric (TX) BMA SDRAM Marching Pattern 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #14 From Fabric (TX) BMA SDRAM Datapins 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #15 From Fabric (TX) BMA Q Manager SRAM Busfloat 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #16 From Fabric (TX) BMA Q Manager SRAM Datapins 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #17 From Fabric (TX) BMA Q Manager SRAM Marching 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #18 To Fabric SOP FIFO SRAM Memory 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #19 From Fabric SOP FIFO SRAM Memory 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #20 SALSA Asic Registers 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #21 Salsa Dram Access 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #22 Salsa P4 Timeout 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #23 Salsa Asic General Purpose Counter 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #24 Salsa Asic Real Time Interrupt 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #25 Salsa Errors 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #26 Salsa DRAM Burst Operations Error 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #27 Salsa Dram Read Around Write 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #28 Salsa Dram Write Parity Error test 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #29 Salsa Prefetch/Write Buffers 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #30 Salsa FrFab BMA SDram Read Around Write 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #31 Salsa ToFab BMA SDram Read Around Write 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #32 Salsa FrFab Network Interrupt Disable Timer 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #33 Salsa ToFab Network Interrupt Disable Timer 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #34 Salsa ToFab Network Interrupt Mask 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #35 Salsa FrFab Network Interrupt Mask 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #36 Salsa ToFab BMA Interrupt Mask 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #37 Salsa FrFab BMA Interrupt Mask 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #38 Salsa - To Fabric BMA Packet - Early Clear 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #39 Salsa - From Fabric BMA Packet - Early Clear 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #40 Salsa To Fabric SOP Interrupt Mask 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #41 Salsa From Fabric SOP Interrupt Mask 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #42 SALSA ECC Generation 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #43 SALSA ECC Correction 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #44 To Fabric FIA48 ASIC Registers 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #45 To Fabric FIA48 Packet 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #46 To Fabric FIA48 Asic BMA Bus Parity Error 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #47 To Fabric FIA48 Asic CiscoCell Fifo Parity Er 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #48 From Fabric FIA48 ASIC Registers 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #50 SLI Packet Loopback 

FDIAG_STAT_IN_PROGRESS(3): test #51 Fabric Packet Loopback 

FD 3> INT_CAUSE_REG = 0x00000620
FD 3> Unexpected L3FE Interrupt occurred.
FD 3> ERROR: TX FIA48 Asic Interrupt Occurred
FD 3> *** 0-INT: External Interrupt ***
FD 3> Dumping out TX FIA Status Registers, Disabling
FD 3> TX FIA Interrupt, resetting Asics, continuing...
FDIAG_STAT_DONE_FAIL(3) test_num 51, error_code 3 

Field Diagnostic: ****TEST FAILURE**** slot 3: last test run 51, 

Fabric Packet Loopback, error 3 
Field Diag eeprom values: run 3 fail mode 1 (TEST FAILURE) slot 3 
   last test failed was 51, error code 3 

Shutting down diags in slot 3
slot 3 done, will not reload automatically
Router#

これらの結果はラインカードで Electrically Erasable Programmable Read-Only Memory (EEPROM)でそれから保存されます。 > 前のコマンド diag <slot が付いているラインカードで実行された 最終診断の結果を表示できます。 次に出力例を示します。

Router#diag 3 previous 

Field Diag eeprom values: run 0 fail mode 0 (PASS) slot 3 
   last test failed was 0, error code 0

前のフィールド診断がカードで実行された場合、このように出力な:

Router#diag 3 previous 

Field Diags have not been run on this board previously - 

EE prom results uninitialized. 

Field Diag eeprom values: run 16777215 fail mode 0 (PASS) slot 9 
   last test failed was 65535, error code 65535

過去に、カードに障害がないにもかかわらず診断テストに不合格となったいくつかのバグがあります。予防策として、ラインカードが不合格となって以前にすでにカードを取り替ていれば、この出力についてテクニカルアシスタンツ センター(TAC)でチェックすると良いでしょう。

TAC のサービスリクエストをオープンする場合に収集すべき情報

交換が必要なコンポーネントが特定されたら、Cisco パートナーまたは販売代理店に連絡して、問題の原因となっているハードウェア コンポーネントの交換を依頼してください。 Cisco と直接サポート 契約を結んでいる場合、ハードウェア置換用の TAC サービス リクエストを開くのに TAC Service Request Tool登録ユーザのみ)を使用して下さい。 必ず次の情報を添付してください。
  • エラー メッセージが表示されたコンソール キャプチャ
  • 実施したトラブルシューティング ステップと各ステップを実施した際のブート シーケンスを示すコンソールのキャプチャ
  • 障害があったハードウェア コンポーネントとシャーシのシリアル番号
  • トラブルシューティングのログ
  • show technical-support コマンドによる出力

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 15926