音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Catalyst 6000 WS-X6608-T1/E1 Blade を使用するトランスコードおよび会議ブリッジングの理解

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 9 月 19 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、トランスコーダ(ハードウェア MTP)、および CAT6000 WS-X6608-T1/E1 のカードで実行されているコンファレンス ブリッジ アプリケーションの機能(容量)について説明します。 特に、Cisco CallManager release 3.0(8) における、アドバタイズされる容量の変更について説明します。 また、記述の容量を達成するために必要な特定のパケット サイズの制約についても詳しく説明します。 パケット サイズをより小さくすることで、容量を減らすことができます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco Unified CallManager 3.0(8)

  • CAT6000 WS-X6608-T1/E1 カード

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメントの表記法の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco CallManager 音声サービス

Cisco Unified CallManager で、Media Termination Point (MTP)特色になる、すべての音声 サービスの間でトランスコーダおよびコンファレンスブリッジは CAT6000 WS-X6608-T1/E1 カードで設定されます。 2 人のサービスは「トランスコーダ」と Cisco Unified CallManager Web管理 プログラムで単一 CAT6000 WS-X6000-T1/E1 ポートおよびポートで(MTP およびトランスコーダ)定義されます結合されます。 同じ CAT6000 カードの異なるポートはコンファレンスブリッジとコンファレンスブリッジ サービスを提供するために定義しコンファレンスブリッジは会議に low-bit-rate 参加要素を追加するのに組み込み トランスコーダを使用できます。 2 つの存在 PC ソフトウェア プログラムが MTP およびコンファレンスブリッジの機能を設定する、組み込み トランスコーダがありませんことに注目して下さい。

用語

この資料では MTP およびトランスコーダを提供するために CAT6000 WS-X6000-T1/E1 ポートを表すのに、トランスコーダがおよび MTP ポートは相互に使用されています。 コンファレンスブリッジはコンファレンスブリッジ 機能を提供する CAT6000 WS-X6000-T1/E1 ポートのための条件です。

サービスプラットフォーム

CAT6000 WS-X6608-T1/E1 カードに 1 つのモジュールで 8 つの(8)ポートがあります。 各ポートはデジタルゲートウェイ、トランスコーダまたはコンファレンスブリッジで設定することができます。 トランスコーダおよびコンファレンスブリッジは Skinny Client Control Protocol (SCCP)を使用して Cisco Unified CallManager と通信します。

定義

トランスコーダは 2 機能を行います:

  • コーデック 変換

  • H323 Media Termination Point (MTP)

よくあるコーデックのない 2 つの IP エンドポイントが互いに話したいと思うときコーデック コンバータはそのの間で変換するために挿入する必要があります。 H323 MTP の目的は対応しないシグナリング 機能と 2 つのストリームを接続することです。 その原点はトランスコードすることとは全く関係ありません。 早い H323 デバイスは RTP ストリームを(停止するか、または切り替えることを)割り当てませんでした。 具体的には、それらはまた H225 リンクを中断 しないで H245 セッションを中断 することをサポートしませんでした。 従って、呼び出しは保留の状態で送信されか、または転送できませんでした。 これらの機能を許可するために、H323 デバイスは反対側が SCCP デバイスに接続された MTP ポートに接続されました。 これは SCCP を停止し、再起動することが流れる間、CallManager が H323 接続を維持できるようにしました。 WS-X6008-T1/E1 の DSP を使用する、トランスコードする機能は MTP アプリケーションに今追加されてしまいました。 H.323v2 (2) このより新しいプロトコルを使用してデバイスは MTP リソースを使用する必要はないしシステムはそれに応じて設定する必要があります。

コンファレンスブリッジは参加要素のグループの中の電話会議を提供します。 それに会議パーティを低ビットレートコデックを使用することを許可するようにハードウェアをトランスコードする組み込みが(MTP ポートのように)あります。 WS-X6608-T1/e1 Blade を使用するとき、会議ブリッジは上位演算処理装置(MPC860)の RTP ストリームの総計によって-ない DSP 達成されます。 これをするために、すべてのストリームは G711 である必要があります。 各 non-G711 ストリームはオリジナル low-bit-rate 形式から最初にトランスコードする必要があります。 (PC で動作する)ではソフトウェア コンファレンスブリッジ アプリケーション、まだ存在 する G711 である必要があるすべてのストリームの制限。 必要であれば、トランスコードすることは外部にする必要があります(さまざまなデバイスによって)。

同義語

この資料の範囲内で、次の用語は同義です:

  • トランスコーダ = WS-X6608-T1/E1 DSP = MTP ポート = ハードウェア MTP

  • コンファレンスブリッジ = WS-X6608-T1 DSP コンファレンスブリッジ = ハードウェア コンファレンス ブリッジ

  • Cisco CallManager 3.0(1) = 栄誉証

  • Cisco CallManager 3.0 (5A) = Encore

  • Cisco CallManager 3.0 (8) = Encore メンテナンス

Cisco CallManager の設定

Cisco CallManager を登録するときにキャパシティが通知される

Cisco Unified CallManager が付いているトランスコーダ レジスタが、それセッションが H323 パーティに SCCP パーティ(MTP を)接続する 24 (2 パーティ)セッションのキャパシティをアドバタイズする時、または low-bit-rate パーティへの G711 パーティ(トランスコードして下さい)。 登録で、コンファレンスブリッジは 32 人のブリッジ参加要素のキャパシティをアドバタイズします。 Cisco Unified CallManager パフォーマンスモニタは画面、24 トランスコーダおよび 10 の会議のそれらおよびディスプレイを、変換します。 (会議のための最小参加要素サイズは 3.)あります

トランスコードセッションは G711 音声 ストリームと low-bit-rate ストリーム間の 1 つの全二重方式コーデック 変換です。 G711 音声 ストリームおよび 1 人のトランスコードセッションとして G711 数をまた使用する SCCP デバイスを使用する H323 デバイス間の MTP コール。

コントラストに関しては、次 の テーブルはさまざまな Cisco CallManager リリースで 2 つのアプリケーションによってアドバタイズされるキャパシティの履歴を要約します:

MTP/Transcoding
Release アドバタイズされるトランスコードセッション G.723-G.711 トランスコードセッションの総数 G.729-G.711 トランスコードセッションの総数
3.0(1) 16 16 12
3.0(5A) 31 31 24
3.0(8) 24 24 24

会議ブリッジ
Release 参加要素の総数 G.711 コーデックの総数 G.723 コーデックの総数 G.729 コーデックの総数
3.0(1) 16 16 16 12
3.0(5A) 32 32 32 24
3.0(8) 32 32 32 24

トランスコード セッション番号の変更

以前のリリースでは、アドバタイズされたトランスコードセッションは 31 才でした。 数は 24 にいくつかの理由で変更されました:

  • トランスコーダのプライマリ 使用は相違コーデックが理由で対応しないストリームを接続することです。 通常、Low Bit Rate (LBR) コーデックは G711 にトランスコードする必要があります。

  • CiscoSelsius 標準的な IP 電話(、また NetMeeting LBR コーデックとして) G723 を使用しました。

  • WS-X6608-T1/e1 Blade はトランスコードする G723 の 31 のチャネルをサポートしますがこの 31 ストリーム機能で登録する理にかなっていました。

  • 今日の IP Phone、また Catalyst 6000 音声 ブレード、LBR コーデックとして使用 G729。

  • WS-X6608-T1/e1 Blade がこれらのストリームの 24 だけをサポートするので、それに応じて登録する理にかなっています。

この変更の長所はトランスコードする G729-G711 の場合には実際にサポートできる従って CallManager は否定するトランスコーダが必要がある呼び出しを提供しませんよりトランスコーダがアドバタイジングをより多くのセッション登録しないことです。 短所は CallManager が追加呼び出しを一度提供しないので標準的な電話(か low-bit-rate NetMeeting デバイス)の 24 だけがサポートされることです、アドバタイズされたキャパシティ制限は達しました。

コンファレンスごとの参加者の最大数

一貫性および単純に関しては、マーケティング 文書は 6 であるために会議ごとの参加要素の最大数を— CAT4000 シャーシのための DSP リソース ボードがサポートする同じ数定義します。 必要な場合、顧客は Cisco Unified CallManager Web Admin パラメータの変更によって—サービスパラメータ会議サイズを拡張することができます | 32 までである MaxAdHocConference

Cisco Unified CallManager による装置割振 り: トランスコーダおよびコンファレンスブリッジ

複数のトランスコーダが利用できる場合、Cisco Unified CallManager は未使用セッションのトランスコーダからトランスコーダ セッションを(必要な場合に)割り当てます。 これの結果はトランスコーダ呼び出しが登録されているすべてのトランスコーダを渡ってかなり均等に広がることです。 同じ方法論はコンファレンスブリッジに適用します。 Encore ソフトウェア ストリームでは、トランスコーダおよびコンファレンスブリッジは特定の Cisco Unified CallManager によって登録され、その 1 つの Cisco Unified CallManager だけ関連するリソースのアロケーションを制御します。 従って、上記の文は単一 Cisco Unified CallManager に割り当てられる複数のリソースに関係します。 リソースの単一 プー ルは複数の Cisco Unified CallManager の間で共有することができません。

Cisco Unified CallManager は電話会議を作るために 2 つのコンファレンスブリッジからのリソースを結合しません。

Cisco Unified CallManager はトランスコーダで G729-G723 をトランスコードします可能にします。 このオペレーションは実際に 2 つを sessions —トランスコードします 1 G729-G711 および 1 G711-G723 を必要とします。 Cisco CallManagerバージョン 3.0(8) では、パフォーマンスモニタは消費される単一 トランスコーダだけ示します。 最初は、予想されなくこの機能が作動する、従ってトランスコードする LBR-to-LBR (Low Bit Rate)は文書化されていますことがサポートされますように。 その結果、この欠点はので「不具合」分類されませんでした。 LBR-LBR サポートがアドバタイズされる場合、パフォーマンスモニタは修復されてしまいます。

、何らかの理由で、トランスコードを提供するために十分なリソースが利用できなければトランスコーダはコールを拒否し、Cisco Unified CallManager はエンドユーザにリオーダー トーンを再生します。

最小パケットサイズの最大容量

および DSP、トランスコーダによっておよび Cisco Unified CallManager 登録の間にコンファレンスブリッジ アプリケーション両方ホスト CPU の処理力 制限が原因で報告されるキャパシティ(上の表で)しか各コーデックタイプのための特定の最小パケットサイズと実現することができません。 すなわち、パケットサイズ低下として音声データを転送するために、より多くのパケット毎秒が必要となり上位演算処理装置のパケット処理 オーバーヘッドは大幅に増加します。 パケットサイズはサービスパラメータとして Cisco Unified CallManager Web管理者で規定 することができます:

  • PreferedG711MillesecondPacketSize = 20msec

  • PreferedG729MillesecondPacketSize = 20msec

  • PreferedG723MillesecondPacketSize = 30msec

  • SilenceSupressionSystemWide = 本当か偽

(に基づいて設定 デフォルト値の)これらの設定、WS-X6608-T1/E1 DSP ポートのキャパシティは(で 3.0(8))次のとおりです:

  • コンファレンスブリッジの最大会議の出席者: 32

  • G711 コーデックを使用する参加要素の総数は次のとおりです: 32 以下

  • G723 コーデックを使用する参加要素の総数は次のとおりです: 32 以下

  • G729 コーデックを使用する参加要素の総数は次のとおりです: 24 以下

  • トランスコーダの最大トランスコードセッション: 24

  • G711-G711 MTP セッション: 24 (DSP は複雑ではないです)

  • G729-G729 MTP セッション: 24 (DSP は流出が始まる時複雑、見ますメモをではないです)

  • G711-G723 トランスコードセッション: 24

  • G711-G729 トランスコードセッション: 24

注: G729-G723 トランスコードすることはサポートされます、注意して使用する必要があります。 それは二重 DSP リソースを必要とします(2 人のトランスコードセッションのために— G729-G711 および G711-G723)。 ただし、Cisco CallManagerソフトウェアは、現在、1 人の通常のトランスコードセッションとしてリソースを割り当てるときそれを数えます。 従って、顧客は 2 つの別々の変換の実行によって引き起こされた処理 遅延がレイテンシーという結果に受け入れられないユーザ検索終る可能性があるので余分ハードウェアを提供し、生じるオーディオをチェックする必要があります。

注: トランスコーダが G729 コーデックを使用する両端ポイントの間で挿入されるとき、DSP リソースは第 2 パーティがと同時に G729 の同じ型識別されるとき最初に割り当てられ、次に取除かれるかもしれません。 従ってリソースが最初のパーティを受け入れるために必要となりますが第 2 のためにリリースします。

注: 設定されるパケットサイズが大きいより、または等号に限り、上記の数はキャパシティ有効です。 たとえば、PreferedG711MillesecondPacketSize への 30msec を設定 することはまだ(20msec の代りに) 32 人までの会議の出席者および 24 まで(トランスコードするか、または) MTP セッションをもたらします。

有効なパケットサイズ

次のパケットサイズは有効です:

  • PreferedG711MillesecondPacketSize = 10msec、20、30

  • PreferedG729MillesecondPacketSize = 10msec、20、30、40、50、60

  • PreferedG723MillesecondPacketSize = 30msec、60

注: 10 ミリ秒 パケットサイズが使用される場合、より少なくキャパシティをトランスコードするか、または繋ぐことは生じます。 新しいコールは一方向または壊れたオーディオの可能性のある現象と CPUタイムのほとんどが消費されるとき、否定されるか、または部分的に処理される可能性のあるだけかもしれません。 これは一般的に トランスコードセッションのアドバタイズされた数に達する前に発生します。

より大きいパケットサイズと、オーディオはレイテンシー、ネットワーク ジッタ、または失われたパケットをトランスコードすることの結果として粗末である場合もあります。

確認

現在、この設定に使用できる確認手順はありません。

トラブルシューティング

現在のところ、この設定に関する特定のトラブルシューティング情報はありません。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 15267