音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Cisco CallManager: ロケーションに関連付けられたデバイス検索のためにSSQL Query Analyzer を使用する方法

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco CallManager バージョン 3.3 までで、ロケーションに関連付けられたデバイスを見つけるための SQL クエリの実行方法を説明します。 デバイスは、IP フォンやゲートウェイなどのエンドポイントです。 Cisco CallManager バージョン 3.3 以降には、Dependency Records と呼ばれる新機能があります。

前提条件

要件

この ドキュメント を 読む人は Cisco CallManager Administration のナレッジがあるはずです。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco CallManagerバージョン 3.x および 4.x に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

デバイスを Location と関連付けられて発見します

これらのセクションは位置と関連付けられるデバイスを発見する方法を説明します。 Cisco CallManagerバージョンで SQL クエリより 3.3、および Cisco CallManager 3.3 およびそれ以降の使用 依存関係レコードを先に使用して下さい。

SQL クエリ

SQL クエリを位置と関連付けられるデバイスを発見するのに使用するようにこのセクションのステップに従って下さい。

注: どれもの値が Cisco CallManager Configuration ウィンドウの Location フィールドに現われない場合、デバイスは特定の位置に割り当てられませんでした。 位置に割り当てられないそのようなデバイスはこのクエリによって戻りません。

  1. SQL サーバ クエリ アナライザ アプリケーションを実行するために Cisco CallManager サーバの Windows 2000 サーバコンソールで、Start > Programs > Microsoft SQL Server > Query Analyzer の順に選択 して下さい。

    SQL Server ウィンドウへの接続応答は現われます。 (SQL Query Analyzer ウィンドウはバックグラウンドで薄暗くなります。)

    /image/gif/paws/15266/sql_query_devices_1.gif

  2. SQL Server フィールドでは、期間をタイプして下さい()。

  3. それが停止されたチェックボックスである場合開始する SQL サーバのチェックを外して下さい。

  4. Windows Authenticationオプション・ボタンをクリックして下さい。

  5. [OK] をクリックします。

    クエリー- (local) ウィンドウは現われます。 (SQL Query Analyzer ウィンドウはバックグラウンドで薄暗くなります。)

  6. DB フィールドで、ドロップダウン矢印をクリックし、最も高い番号を付けられた Cisco CallManagerデータベースを選択して下さい。

    Cisco CallManagerデータベースは形式 CCM03xx と(XX がデータベースの数であるかところで)分類されます。

  7. クエリーのボディでこの SQL クエリーを- (local) ウィンドウ入力して下さい:

    SELECT Device.name, Device.description
    FROM Device, Location
    WHERE Device.fkLocation=Location.pkid
    AND Location.name="enter the location name between these quotes"
  8. 主要な Query Analyzer ウィンドウでは、クエリーを実行するために Query > Execute の順に選択 して下さい。

    またツールバーのグリーンの矢印をクリックするか、またはクエリを実行するために F5 を押すことができます。

  9. 結果が出たら、SQL Server Query Analyzer ウィンドウを閉じて下さい。

依存関係レコード

Cisco CallManager 3.3 およびそれ以降では、Dependency Records と呼ばれる新しい 機能があります。 この機能はだれがクエリを実行する必要なしで Location と関連付けられるか見ることを可能にします。

  1. Cisco CallManager Administration ウィンドウ Location 設定 ページで、依存関係レコードをクリックして下さい。

    /image/gif/paws/15266/sql_query_devices_2.gif

    それと関連付けられる 1 台の電話および 1 つのディレクトリ番号があることを告げるこのウィンドウは現われます。

    sql_query_devices_3.gif

  2. 電話レコード型をクリックする場合、現在 Analog telephone adaptor (ATA)があることがその位置で設定されるわかります。

    /image/gif/paws/15266/sql_query_devices_4.gif

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 15266