スイッチ : Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ

Catalyst 6500/6000 スイッチにおける IP Phone インライン電源供給について

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2004 年 4 月 26 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

インラインに展開することは Cisco Catalyst 6500/6000 シリーズ 製品の電話に、前方に計画する必要があります動力を与えました。 ワイヤリング クローゼットの機器および電源コンセントを発注する前に正しいファシリティおよび電源を選択する必要があります。 このドキュメントを参照すると、Catalyst 6500/6000 シリーズ スイッチの電源管理システムの理解に役立ちます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Catalyst 6500/6000 スイッチでの電源管理

Catalyst 6500/6000 スイッチには、システム内の電源のアベイラビリティに基づいて、各種のシステム コンポーネントへの電源供給の可否を決める、インテリジェントな電源管理システムが備わっています。 Catalyst 6500/6000 スイッチには 2 つの電源モジュール ベイがあり、サイズの異なる 1 つまたは 2 つの電源モジュールを搭載できます。 現在、使用できるオプションは 1300 ワット(W)と 2500W です。

Catalyst 6500/6000 スイッチは冗長または非冗長モードで動作できます。 この動作モードはユーザが選択できます。 冗長モードでは、スイッチでカードと接続デバイスが利用できるのは、システム内の最小の電源モジュールが供給できるのと同等の電力量だけです。 このようにスイッチに 1300W 提供および 2500W 提供があり、リダンダント モードで動作すれば、スイッチは 1300W 提供がそれ自体処理できるよりデバイスがより多くの電源を引かないようにしません。

冗長性はデフォルトで有効に なります。 冗長性を有効に するために、電源冗長性モードを発行して下さい{結合される | グローバル コンフィギュレーション モードの冗長 な}コマンド。 冗長か非冗長に電源の設定をいつでも変更できます。 IP 電話またはワイヤレスアクセスポイントのような新しいデバイスを追加するとき、否定されるインラインパワーを示すエラーメッセージを得ることができます。 このエラーは不十分な電源が利用できるので発生する場合があります。 この問題を解決するために、結合されるに冗長性 モードを変更して下さい。

非冗長なモードでは、両方の提供からの利用可能 な電源は集計されます。 合計は電源コンポーネントにシステムに利用できます。 このシナリオでは、単一 電源装置の障害強制ある特定のコンポーネントの電源を切るスイッチ選択式に。 この操作はスイッチが残りの電力供給のキャパシティを超過しないようにします。 電源管理に関する詳細については、電源管理および環境モニタリングを参照して下さい。

利用可能な電源容量

利用可能 な Catalyst 6500 モデルおよび対応したを見ることは電源を、示します Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチ モデル比較をサポートしました。

また Catalyst 6500 スイッチ用の詳しい電源仕様を表示できます。 電源仕様(Catalyst 6500 シリーズ スイッチ インストレーションガイド)を参照して下さい。

IP Phone 消費電力か。

Cisco IP 電話はインラインパワー(79xx シリーズ)を受け入れることができるどの位電力を必要とするかそれらが接続するスイッチに指示できます。 Catalyst 6500/6000 スイッチは電話への正しい電力量を割り当てることができますが overallocate か underallocate。 最初に、スイッチはどの位電源を電話が必要とするか知りません。 従って、スイッチは電話がユーザ設定デフォルト アロケーションを必要とすると仮定します。 電話は起動した後、スイッチに Cisco Discovery Protocol (CDP) メッセージを送ります。 CDP メッセージにどの位電力を電話が必要とするかについての情報が含まれている一種類が、長さ、値(TLV)オブジェクトあります。 この時点で、スイッチは元の割り当てを調整し、システムに残りすべての電力量を戻して、その他のポートで使用できるようにします。

次の表に、各 IP Phone の電力量の要件を示します。

IP Phone のモデル 要求されるアンペア 42 ボルトでのワット数
Cisco 7960 0.15A 6.30W
Cisco 7940 0.15A 6.30W
Cisco 7910 0.15A 6.30W

すべての利用可能 な Cisco 7900 シリーズ参照するために IP 電話の詳細仕様を、統一された IP 電話 データシートを Cisco 7900 シリーズ参照して下さい。

注: P003P301 ロード前に、Cisco 7960 は電話が電源の 6.30W に作成できるがだけ、要求しました電源の 5.04W を電話をかけます。 問題は P003P301 にアップグレードの前に利用可能 なちょうど足りるだけの電源があった顧客と起こりました。 いくつかの電話はアップグレードの後で利用可能 な電源が十分なかったのでアップしませんでした。

インラインパワー ラインカード(WS-X6348)消費電力

WS-X6348-RJ45 はそれにプラグインされるデバイスに関係なく電源の 100.38W (2.39A)を、必要とします。 スイッチはシャーシの各インラインパワー カードのためのこの量を割り当てる必要があります。 インラインパワー ドータ カードはスイッチに追加所要電力を課しません。 2.39A 要件は接続された 電話に動力を与えるために必要となる電源がのうちのどれも含まれていません。 この電源は IP Phone 消費電力の情報の使用と別々に用の、説明する必要がありますか。従ってください。

情報に関しては Cisco Catalyst 6500 シリーズ スイッチの Power over Ethernet を参照して下さい:

  • Catalyst 6500 シリーズ Power over Ethernet (PoE)ラインカード オプション

  • Catalyst 6500 シリーズ PoE モジュールのための所要電力

  • 別の Catalyst 6500 シャーシのための IP 電話の最大可能性のある 密度

それをすべてまとめて下さい

各コンポーネントのための個別の要件およびシステムの利用可能 な電源の量を理解するので、望ましい設定を実現させることを必要とするサイズ電源を判別するのに簡単な計算を使用できます。

注: また Supervisor Engine が消費する電源を考慮に入れて下さい。

注: スロット 2 が空である場合、ネットワーク管理プロセッサ (NMP)はまだ十分な電源を割り当てます。 目的はプライマリスーパバイザ エンジンと等しい所要電力のスタンバイスーパバイザ エンジンがこのスロットで挿入されることケースの十分な電源を供給することです。

仕様 PoE 設定のための 電源要件を計算するために Cisco 電源カルキュレータ登録ユーザのみ)を参照して下さい。

設定例

このセクションでは、さまざまなシナリオでのサンプル設定と電力量の要件を説明します。 ほとんどのワイヤリング クローゼットはマルチレイヤスイッチ機構 カード(MSFC)を必要としないが、多分 QoS 目的でポリシー機能 カード(PFC)があるので、このセクションのコンフィギュレーションにシャーシで PFC の 2 冗長スーパバイザ エンジン 1As があります。

イーサネットポート動力を与えられる冗長スーパバイザ エンジンおよび 240 インラインに 10/100 の

合計消費電力は 52.95A です。

スロット カード カードの電力 IP Phone の電力
1 Supervisor Engine 1A および PFC 2.5A 0
2 Supervisor Engine 1A および PFC 2.5A 0
3 WS-X6348 およびインラインパワー 2.39A 7.2A
4 WS-X6348 およびインラインパワー 2.39A 7.2A
5 WS-X6348 およびインラインパワー 2.39A 7.2A
6 WS-X6348 およびインラインパワー 2.39A 7.2A
7 WS-X6348 およびインラインパワー 2.39A 7.2A
8    
9    
非冗長のための冗長 なか単一 PS1 1300W のための 2500W 非冗長の冗長 1300W のための 2500W

1 PS = 電源。

冗長スーパバイザ エンジン、ポート動力を与えられる 96 インラインに 10/100、およびポート 48 Nonpowered 10/100 の

合計消費電力は 26.56A です。

注: この設定のために 6006 か 6506 シャーシを使用できます。

スロット カード カードの電力 IP Phone の電力
1 Supervisor Engine 1A および PFC 2.5A 0
2 Supervisor Engine 1A および PFC 2.5A 0
3 WS-X6348 およびインラインパワー 2.39A 7.2A
4 WS-X6348 およびインラインパワー 2.39A 7.2A
5 WS-X6348 2.39A 0
6    
7    
8    
9    
1300W 1300W

インラインパワー問題を解決して下さい

多くの場合、インラインパワー問題を解決するために多くをすることができません。 ただし、Catalyst 6500/6000 スイッチはほとんどのトラブルシューティング ツールを提供します。 Catalyst 6500/6000 はインラインパワーをサポートするすべてのプラットフォームの最も複雑な電源管理システムを備えています。 インラインパワー パッチ パネルは利用可能 な トラブルシューティング ツールを持っていません。 インラインパワー パッチ パネルはソフトウェアインターフェイス無しにハードウェアのピース単にです。 また、インラインパワー パッチ パネルはすべての 48 のポートに電源を供給できます。 従って、それは電源がオーバースクライブされている得ないようにすることを種類の電源管理システムを必要としません。

サード パーティ IP 電話をつけることが不可能

Catalyst スイッチは Cisco 両方 prestandard および IEEE 802.3af 規格の PoE に広範囲のサポートを提供します。 サード パーティ電話は Catalyst 6500 スイッチに「cisco」のデフォルト インラインパワー ディスカバリー モードのその実行プラグインされるとき電源投入。 set port inlinepower mod/ポート ディスカバリ IEEE 隠しコマンドの使用の「IEEE」にインラインパワー ディスカバリー モードを変更して下さい。

「Partial-deny」ラインカード モジュール状況

show module コマンドは partial-deny として 1つ以上のラインカード ステータスを表示する:

Switch> (enable) show module
Mod Slot Ports Module-Type               Model               Sub Status
--- ---- ----- ------------------------- ------------------- --- --------
1   1    2     1000BaseX Supervisor      WS-X6K-SUP2-2GE     yes ok
3   3    48    10/100BaseTX Ethernet     WS-X6348-RJ-45      yes ok
4   4    48    10/100BaseTX Ethernet     WS-X6348-RJ-45      yes ok
5   5    48    10/100BaseTX Ethernet     WS-X6348-RJ-45      yes ok
6   6    48    10/100BaseTX Ethernet     WS-X6348-RJ-45      yes ok
7   7    48    10/100BaseTX Ethernet     WS-X6348-RJ-45      yes ok
8   8    48    10/100BaseTX Ethernet     WS-X6348-RJ-45      yes partial-deny

電源の状態を確認するために show environment コマンドを発行して下さい。 PS1 または PS2 のステータスが F である場合、電源を再置し、AC インプットパワー電源を確認して下さい。

Switch> (enable) show environment       
Environmental Status (. = Pass, F = Fail, U = Unknown, N = Not Present)
PS1: .     PS2: .     PS1 Fan: .     PS2 Fan: .
Chassis-Ser-EEPROM: .     Fan: .
Clock(A/B): A         Clock A: .     Clock B: .
VTT1: .    VTT2: .    VTT3: .

すべてのための電源以前に電源投入されたモジュールが十分ない場合、システム電源いくつかのモジュール。 これらのモジュールは show module Status フィールドの power-deny としてマークされます。 電源冗長性 設定、割り当てられた電力および利用可能 な電力を確認するために show environment power コマンドを発行して下さい。

Switch> (enable) show environment power

PS1 Capacity: 5771.64 Watts (137.42 Amps @42V)

PS2 Capacity: 5771.64 Watts (137.42 Amps @42V)

PS Configuration : PS1 and PS2 in Redundant Configuration.


Total Power Available                        : 5771.64 Watts (137.42 Amps @42V)

Total Power Chassis Limit                    : 14700.00 Watts (350.00 Amps @42V)

Total Power Chassis Recommended              : 14700.00 Watts (350.00 Amps @42V)

Total Power Available for Line Card Usage    : 5771.64 Watts (137.42 Amps @42V)

Total Power Drawn From the System            : 2240.28 Watts (53.34 Amps @42V)

Total Power Drawn by the Chassis             :    0.00 Watt

Total Power Drawn by the modules             :  808.50 Watts (19.25 Amps @42V)

Total Inline Power Drawn From the System     : 1187.61 Watts (28.28 Amps @42V)

Total Power Reserved as localpool for modules:  244.02 Watts ( 5.81 Amps @42V)

Remaining Power in the System                : 3531.36 Watts (84.08 Amps @42V)

Configured Default Inline Power allocation per port: 9.00 Watts ( 0.21 Amps @42V)


Slot power Requirement/Usage :


Slot Model                   PowerRequested PowerAllocated CardStatus

                             Watts   A @42V Watts   A @42V

---- ----------------------- ------- ------ ------- ------ ----------

1    WS-X6K-SUP2-2GE          128.52  3.06   128.52  3.06  ok

2    WS-X6148-45AF            100.38  2.39   128.52  3.06  ok

3    WS-X6148-45AF            100.38  2.39   100.38  2.39  ok

4    WS-X6148-45AF            100.38  2.39   100.38  2.39  ok

5    WS-X6148-45AF            100.38  2.39   100.38  2.39  ok

6    WS-X6148-45AF            100.38  2.39   100.38  2.39  ok

8    WS-X6148A-45AF            49.56  1.18    49.56  1.18  ok

9    WS-X6148-45AF            100.38  2.39   100.38  2.39  ok


Slot Inline Power Requirement/Usage :


Slot Sub-Model           Total Allocated   Max H/W Supported  Max H/W Supported

                         To Module (Watts) Per Module (Watts) Per Port (Watts)

---- ------------------- ----------------- ------------------ -----------------

2    WS-F6K-FE48-AF      291.005           840.00             15.400

3    WS-F6K-FE48-AF      306.735           840.00             15.400

4    WS-F6K-FE48-AF      267.410           840.00             15.400

5    WS-F6K-FE48-AF      259.545           840.00             15.400

6    WS-F6K-FE48-AF      55.055            840.00             15.400

8    WS-F6K-GE48-AF      0.000             850.08             15.400

9    WS-F6K-FE48-AF      7.865             840.00             15.400

予備 電源 設定がすべてのモジュールに電源を供給する十分ではない場合電源をアップグレードして下さい。 また電源冗長性 モードをディセーブルにするために一定電力冗長性 disable コマンドを発行できます。 推奨される ソリューションは電源をアップグレードすることです。

Catalyst 6500/6000 スイッチの show コマンド

コマンドは Catalyst 6500/6000 スイッチでインラインパワーの現在のステータスについての情報をこのセクション与えることができますです。

最初に、show port inlinepower コマンドを発行できます:

  • 各ポートのインラインパワーを判別するために管理モードおよびオペレーショナル モードをチェックして下さい。

  • ポートに割り当てられた電力量をチェックして下さい。

  • どのポートでも不良なインラインパワー ステータスにあったかどうか確認して下さい。

コマンド構文および出力はここにあります:

  • コマンド: show port inlinepower mod | mod/ポート

  • 出力:

    Default Inline Power allocation per port: 10.00 Watts (0.23 Amps @42V)
    Port????? InlinePowered???? PowerAllocated
    
    ????? Admin Oper?? Detected mWatt? mA @42V
    
    ----- ----- ------ -------- -----? --------
    
    ?7/1? auto? off??? no?????? 0????? 0
    
    ?7/2? auto? on???? yes????? 5040?? 120
    
    ?7/3? auto? faulty yes????? 12600? 300
    
    ?7/4? auto? deny?? yes????? 0????? 0
    
    ?7/5? off?? off??? no?????? 0????? 0

各フィールドの定義は次のようになります。

  • off - ポートに電力が適用されていません。

  • on - ポートに電力が正しく適用されています。

  • 不良—過電流かポートのインラインパワーを防ぐ他のエラー状態は検出する。

  • deny - ポート上の電力要求を引き受けるのに十分な電力がシステムで使用可能ではありません。 電力が使用できるようになれば、ポートには電力が供給されます。

またモジュールかポート番号を示せば、コマンド 出力はそのモジュールのデバイスに割り当てられる総電力を示します。 次に例を示します。

vdtl-Catalyst 6000-PBX1> show port inlinepower 2
Default Inline Power allocation per port: 10.00 Watts (0.23 Amps @42V)

Total inline power drawn by module 2: 40.32 Watts ( 0.96 Amps @42V)

!--- Output suppressed.

注: 引かれる総インラインパワーの値はモジュールに接続されるデバイスに割り当てられる電源だけを示します。 値はモジュール自体を実行して必要である電力量が含まれていません。

総合 システム パワーステータスを判別するために、このコマンドを発行して下さい:

  • コマンド: show environment power

  • 出力:

    PS1 Capacity: 1153.32 Watts (27.46 Amps @42V)
    PS2 Capacity: none
    PS Configuration : PS1 and PS2 in Redundant Configuration.
    
    Total Power Available: 1153.32 Watts (27.46 Amps @42V)
    
    Total Power Available for Line Card Usage: 1153.32 Watts (27.46 Amps @42V)
    
    Total Power Drawn From the System: 493.08 Watts (11.74 Amps @42V)
    
    Remaining Power in the System: 660.24 Watts (15.72 Amps @42V)
    
    Default Inline Power allocation per port: 10.00 Watts (0.23 Amps @42V)
    
    
    
    Slot power Requirement/Usage :
    
    
    
    Slot Card Type?????????? PowerRequested PowerAllocated CardStatus
    
    ???????????????????????? Watts?? A @42V Watts?? A @42V
    
    ---- ------------------- ------- ------ ------- ------ ----------
    
    1??? WS-X6K-SUP1-2GE????? 71.40?? 1.70?? 71.40?? 1.70? ok
    
    2??? WS-X6348-RJ-45????? 100.38?? 2.39? 100.38?? 2.39? ok
    
    3??? WS-X6624-FXS???????? 84.00?? 2.00?? 84.00?? 2.00? ok
    
    5??? WS-X6608-T1????????? 84.00?? 2.00?? 84.00?? 2.00? ok
    
    6??? WS-X6248-RJ-45????? 112.98?? 2.69? 112.98?? 2.69? ok

コマンドの出力は文字通りの意味です。 CardStatus フィールドが partial-deny拒否を示す場合、システムに利用可能 な追加電源がありません。 この場合、システムの残りの電力は低い値を比較的示します。 否定されたものが partial-deny 状態で何かを判断するために、そのモジュールがあるように show port inlinepower コマンドの出力を確認して下さい。 出力は電源を否定されるポートを示したものです。

syslog メッセージ

このセクションはインラインパワーに関連している潜在的な syslog メッセージのリストを提供します。 Catalyst 6500/6000 スイッチのこれらのメッセージが表示できます。

  • %SYS-3-PORT_NOPOWERAVAIL:Device on port 5/12 will remain unpowered
    

    このメッセージはシステムに利用可能 な電源がインライン電源可能なデバイスが検出する ポートに動力を与えるためにないことを示します。 このポートのための show port inlinepower mod/port コマンドの出力は動作状態がの否定することを示します。 別のポートがシステムに電力を戻すと、このポートには電力が供給されます。

  • %SYS-3-PORT_DEVICENOLINK:Device on port 5/26 powered but no link up
    

    このメッセージはインライン電源可能なデバイスが示されるが、スイッチはポートに電源 の 供給の 5 秒以内にポートのリンクを得ませんでしたポートで検出することを示します。 この問題は故障しているポートに電話がある場合起こる場合があります。 電源は PHY が有効に することができ、電話が電源投入することができるところである程度までは供給されません。

  • %SYS-6-PORT_INLINEPWRFLTY:Port 5/7 reporting inline power as faulty
    

    このメッセージはエラーがあり、ポートがオフになることを示します。 最初に、ケーブルをポートにプラグを差し込まれる取除き、エラーがなくなるかどうか参照して下さい。 不足分がないことを確認するケーブル接続をチェックして下さい。 ケーブルがパンチダウン ブロックに接続されている場合、ケーブルが正しくパンチ ダウンされていることを確認します。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 15256