ルータ : Cisco ONS 15454 SONET Multiservice Provisioning Platform(MSPP)

ONS 15454のタイミング問題

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次

STU

概要

Cisco ONS 15454 のタイミングを設定する場合に発生するいくつかの一般的な問題があります。 このドキュメントでは、それらの問題について説明し、4 ノードの ONS 15454 ネットワークで使用できるタイミングに関するベスト プラクティスの例を示します。 このドキュメントでは、次の領域を扱っています。

Cisco ONS 15454 ユーザドキュメントの設定 ONS 15454 タイミングセクションとこの資料を使用して下さい。 使用されるラボ の セットアップはユーザドキュメントのネットワークに基づいています。 ただし、またスタンドアロン設定およびトラブルシューティングガイドとしてこの資料を使用できます。

各 ONS 15454 のための同期光ファイバ ネットワーク (SONET) タイミング パラメータを設定 して下さい。 タイミングは外部、行、または混合されたノードに設定 することができます。 ほとんどの ONS 15454 ネットワークでは、1 つのノードは外部に設定 され、他のノードは行に設定 されます。 External ノードは BITS バックプレーン ピンに配線されるビル内統合タイミング供給源 (BITS) ソースからのタイミングを受け取ります。 BITS ソースは層 1 (ST1)クロックまたは Global Positioning Satellite (GP)場合のようなプライマリ基準ソース (PRS)からタイミングを、得ます。 line ノードはオプティカル キャリア カードからのタイミングを受け取ります。 3 つまでのタイミング基準は保護のために識別することができます。 これらは一般的に 2 つの BITS レベルまたは line-level ソースおよび内部基準です。 内部基準は各 ONS 15454 Timing Communication and Control (TCC)カードで提供される層 3 (ST3)クロックです。

それが ST3 なぜであるか表 1 はクロック 正確性を示したものです。 タイミング ソースは ONS 15454 がホールドオーバーに入ったりおよび自身の内部クロックから時間を計っている最低 24 時間のタイミング許容範囲の内である必要があります。

表 1 –クロック 正確性

層正確さ 調整範囲 プル範囲 安定性 最初フレームスリップへの時間
1 つの 1 つの x 10-11 該当せず 該当せず 72 日
2 1.6 x 10-8 同期 +/-1.6 x 10-8 は正確さとの時間を記録するために 1 つの x できる必要があります 10-10/day 14 日
3E 4.6 x 10-6 同期 +/-4.6 x 10-6 は正確さとの時間を記録するために 1 つの x できる必要があります 10-8/day 17 時間
3 4.6 x 10-6 同期正確さとの時間を記録するために +/-4.6 x 10-6 3.7 x はできる必要があります 10-7/day 23 分
SONET Minimum Clock 20 x 10-6 同期正確さとの時間を記録するために +/-20 x 10-6 はできる必要があります 規定 されない 規定 されない
4E 32 x 10-6 同期正確さとの時間を記録するために +/-32 x 10-6 はできる必要があります 正確さと同じ 規定 されない
4 32 x 10-6 同期正確さとの時間を記録するために +/-32 x 10-6 はできる必要があります 正確さと同じ 規定 されない

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

タイミングの概念

よくある 間違いはタイミング基準が ONS 15454 ノードから隣接ノードに制御されていると考えることです。 各ノードは独自にこれらのソースの 1 つからの自身のタイミング基準を受け入れます:

  • BITS は ONS 15454 バックプレーンのピンを入力しました

  • ONS 15454 にインストールされるオプティカル キャリア カード

  • TCC/TCC+/TCC2 カードの内部 ST3 クロック

ONS 15454 は外部タイミングのためにタイミングが BITS 入力 ピンから来る場合設定 する必要があります。 ONS 15454 はラインタイミングのためにタイミングがオプティカル キャリア カードから来る場合設定 する必要があります。 デフォルト タイミング ソースは内部 ST3 クロックです。 ONS 15454 は混合される外部、行または内部 タイミングのために設定 することができます。 ONS 15454 は受け入れるタイミング ソースによってインターフェイスすべてを時間を計ります。

トラフィック リンクに渡される DS-1 は適しなかった BITS ソースではないです。 これのための主な理由はコントロール スリップが実行されたのでオフ周波数 DS-1 のための SONET 補正がジッタという結果に終ることです。

混合されたモードタイミング

参考資料のリスト オプションは外部タイミング モードで 2 つの BITS ソースおよび内部クロックが含まれています。 参考資料のリスト オプションはラインタイミング モードですべての光ポートおよび内部クロックが含まれています。 外部およびラインタイミング ソースは両方ミックス モード タイミングを用いる同期 参考資料のリストに含んでいることができます。 不注意なタイミング ループという結果に終る場合があるのでミックス モード タイミングを使用するとき注意して下さい。 Cisco Transport Controller ウィンドウはミックス モード タイミングがどのように提供されるか表示します。

参考資料のリストはタイミング ソースとして BITS および光ポートが両方含まれています。

内部(自由継続)同期

ONS 15454 は良質参照をトラッキングするのに使用する TCC/TCC+/TCC2 で内部クロックを備えています。 クロックはノード分離の場合にホールドオーバタイミングかフリー ランニング クロック ソースを提供します。 内部クロックは層 3E 仕様を一致する 拡張機能の証明された ST3 クロックです:

  • フリーラン精度。

  • ホールドオーバー 周波数ドリフト。

  • ふらつき許容範囲。

  • ふらつき 生成。

  • 同期引込みおよび hold-in。

  • 参照ロック/演算時間。

  • フェーズ トランジェント(許容範囲および生成)。

ラインタイミングの代表的な例はリングの各ノードのポートがリングの他のノードのためのプライマリおよびセカンダリ タイミング リファレンスであるために設定されるときあります。 プライマリ タイミング 基準はリングのまわりの 1 方向でそれから受け入れられ、セカンダリ タイミング リファレンスは反対方向で受け入れられます。

これはラインタイミング時最良 の 推奨事項です:

リングのまわりでプライマリ タイミング、およびリングのまわりでセカンダリタイミングを左回りに右回りに設定して下さい。 図 1 タイミング トポロジーを示します:

図 1 –タイミングトポロジーのダイアグラム

15454-timingissues-1.gif

ノード 3-1 はこのタイミングトポロジーのダイアグラムの BITS 1 ピンの外部 ST1 参照を受け入れます。 ノード 3-1 はラインタイミングを使用する他のノードが右回りか左回りのプライマリおよびセカンダリ タイミング リファレンスを受け入れるマスターです。

ただし、もう一つの同様に有効なタイミング トポロジーはバックプレーン BITS ピンの別々の ST1 プライマリ タイミング 基準から時間を計られるこの 4 つのノードのそれぞれを持つことです。

BITS ソースの連結はサポートされません。 これは同じワイヤラップピンからのマルチノードを時間を計るのに 1 BITS ソースが使用されていないことを意味します。 タイミング ソースからの各タイミング ラインカードは 1 組のタイミング入力に一般的に ピン出力を提供します。 保護カードを使用すれば他の BITS のための別のタイミング ラインカードは冗長性およびタイミング保護のために入力しました。

ONS 15454 はラインタイミングを行い、光カードの 1 つからのプライマリ タイミング 基準を受け入れれば反対方向のその光カードの「Don't Use for Synchronization (DUS)」SSM メッセージを送返します。 図 2 このシナリオを表します(これは自動ではないです; それはラインカードで選択する必要があります)。 これはラインカードでチェックされるように DUS の使用のタイミングの好まれる方法、です。

図 2 – DUS の使用のタイミング

15454-timingissues-2.gif

(DUS) Source Specific Multicast を使用しないで下さい。 (SSM) ONS 15454 が反対ノードがプライマリ タイミング 基準を受け入れた同じインターフェイスからのプライマリ タイミング 基準を受け入れた場合同じタイミング基準が 1 つの ONS 15454 から他の ONS 15454 に一周するのでメッセージ表示。 これはタイミング ループという結果に終ります。 バックプレーン BITS ピンから外部に時間を計るのでノード 3-1 はラインタイミングに対して DUS SSM メッセージを、受け取りません。

そのインターフェイスが隣接ノード 4-1 にラインタイミングを提供するので、ノード 3-1 はスロット 5 の DUS SSM メッセージを、ポート 1 表示する必要があります。 ただし、それはスロット 5 がノード 3-1 のプライマリ、セカンダリかまたは第 3 タイミング基準の 1 つではないので DUS SSM メッセージを報告しません(ノード 3-1 はタイミング基準 BITS 1、BITS 2 および内部です)。 同様に、DUS SSM メッセージはセカンダリ タイミング リファレンス(ノードからの 5) スロットを 4-1 および 4-2 取除く場合消えます。

DUS SSM メッセージは Cisco Transport Controller 内のアクティブアラーム ウィンドウ ログオンされます。 記録 された DUS SSM メッセージはタイミング トポロジーを確認することを可能にします。 各 ONS 15454 がタイミングを受け取る方向をチェックするのにそれらを使用できます。

右回りプライマリ タイミング 基準および左回りセカンダリ タイミング リファレンス タイミング トポロジーは論理的、理解しやすいようです。 ただし反対方向から受け入れられるべき 3ライン タイミングノード プライマリ タイミング 基準の 1 つを向き直す場合、何が起こるかチェックするためにノード 4-2 を奪取 して下さい。 プライマリ タイミング 基準がノード 3-2 からように図 3 示す今、現在のノード 4-1 に対して受け入れる必要があることノードに指示して下さい:

図 3 –ノード 3-2 から受け入れられるプライマリ タイミング 基準

15454-timingissues-3.gif

3ライン タイミングノードのそれぞれはプライマリおよびセカンダリ タイミング リファレンスを受け入れられます図 3。 このタイミング トポロジーは理解すること容易ようにありません。 IThere はまたノード 4-1 とノード 4-2 間のタイミング ループのようです。 あるタイミング ループ IF ノード 4-1 が失い、プライマリ タイミング 基準をセカンダリ タイミング リファレンスを使用しなければならなかったあるかどうか確認して下さい。 これは、ように図 4 示します DUS SSM メッセージの重要性が入るところです:

図 4 – DUS SSM メッセージの重要性

15454-timingissues-4.gif

DUS SSM メッセージはノード 4-2 をセカンダリ タイミング リファレンスを使用するノード 4-1 によるタイミング ループの代りにタイミング基準のためにこのインターフェイスを使用しないように告げるように送信 されます。 ノード 4-1 からのセカンダリ タイミング リファレンスに対してプライマリ タイミング 基準を、ように図 5 示せば失う場合ノード 4-2 は内部 ST3E クロックのデフォルト タイミング基準を受け入れるために強制されます:

図 5 –内部 ST3E クロックのデフォルト タイミング基準

15454-timingissues-5.gif

質問は今より容易に理解しやすい右回りプライマリ タイミング 基準および左回りセカンダリ タイミング リファレンス トポロジーが使用することができるときこの複雑なタイミング トポロジーがなぜについて使用する必要があるか起こります。 この質問に答えるために、より大きいトポロジーにこのネットワークを、ように図 6 示します拡張して下さい:

図 6 –ネットワークがより大きいトポロジーに拡張される時

15454-timingissues-6.gif

各ノードはこの 8 ノード 双方向回線交換リング(BLSR) Optical Carrier (OC)の左回りの右回りおよびセカンダリ タイミング リファレンスのプライマリ タイミング 基準を受け入れます(BLSR OC は 48)鳴ります。

このタイミング トポロジーにおける問題はプライマリ タイミング 基準がノード 8 によって受け入れられるまでに、6 回再生したことです。 スリップのようなタイミングに関する問題は大規模なネットワークでプライマリ タイミング 基準が全体のリングのあたりで時間を計られる行でなければならないとき発生する場合があります。

ソリューションはプライマリ タイミング 基準がリングのまわりの両方向で受け入れられるようにすることです。 これはプライマリ タイミング 基準がリングのまわりでしか中途半端に移動しなければならないことをように図 7 示します意味します:

図 7 –プライマリ タイミング 基準はリングのまわりで中途半端に移動します

15454-timingissues-7.gif

プライマリ タイミング 基準はただ図 7. リングのまわりで中途半端に受け入れられる必要があります ノード間のリンクのうちのどれかが壊れていればまた、まだセカンダリ タイミング リファレンスを受け入れることができることがわかります。

タイミングの完全な説明はこの資料の範囲を超えてあります。 ただし、このセクションは ONS 15454 でタイミングの後ろの概念の基本的な説明を提供します。

同期モード

ONS 15454 はネットワークの状態に基づいてこれらの同期モードの 1 つで動作します:

  • 通常モード: システム クロックは参照資料に同期化されます。 クロックの出力周波数は長期上の入力参照周波数と同じです。 TCC/TCC+/TCC2 および XC/XCVT/XC10G カードの同期化 LED は通常モードを示します。

  • ファースト開始モード: ファースト開始するは参照クロックの「同期引込み」のために内部基準 周波数が外部参照 クロックから相殺されるとき速く使用され、アクティブです。 セカンダリ参照資料は 2 PPM 以上(百万ごとの一部)周波数 30 秒毎に相殺されます『IF』 を選択 されます(「ふらつき しきい値」と呼ばれる)。 ノードはプライマリ基準ソースに特定の閾値の内にあるとき戻ります(たとえば、+/- 15 PPM)。 切り替えプロセスの間のファースト開始モードの内部クロック。 ファースト開始するは時々「状態」を得なさいと同時に参照されます。

  • ホールドオーバーモード: ONS 15454 はホールドオーバーに最後の利用可能 な参照が失われ、ノードが 140 秒以上のその参照に同期されるとき入ります。 内部クロックは Phase Lock Loop (PLL)パラメータの最後の既知の値でノードがこの期間の間に参照クロックにそれでも同期されるとき保持されます。 ONS 15454 はフリー ラン モードにホールドオーバー 周波数の値が破損している場合切り替えます。

  • フリー ラン モード: ONS 15454 は内部クロックを単独で操作するとき rree 運営のモードにあると考慮されます。 ONS 15454 およびほとんどの SONET ノードのためのフリーラン精度は ST3 です。 +/- 20 PPM であるあらゆる SONET ノードのための最小正確さは SONET Minimum Clock (SMC)よりよい必要があります。

外部タイミング基準のために BITS バックプレーン ピンを使用して下さい

ONS 15454 バックプレーンは 2 つの BITSクロック ピン フィールドをサポートします。 最初の 4 本の BITS ピン(行 3 および 4)最初の外部タイミング デバイスからのサポート 出力 および 入力。 最後の 4 本の BITS ピン(行 1 は 2)第 2 外部タイミング デバイスのための同一の機能を行い。 ビット タイミング ピン フィールドのピン アサインメントについては表 2 を参照して下さい。

表 2 –ビット タイミング ピン フィールドのためのピン アサインメント

外部デバイス 解決しない場合は、 チップアンドリング 機能
最初外部デバイス A3 (BITS 1) プライマリ リング(-) 外部デバイスへの出力
B3 (BITS 1) プライマリ 助言(+) 外部デバイスへの出力
A4 (BITS 1) セカンダリー リング(-) 外部デバイスからの入力
B4 (BITS 1) セカンダリ助言(+) 外部デバイスからの入力
第 2 外部デバイス A1 (BITS 2) プライマリ リング(-) 外部デバイスへの出力
B1 (BITS 2) プライマリ 助言(+) 外部デバイスへの出力
A2 (BITS 2) セカンダリー リング(-) 外部デバイスからの入力
B2 (BITS 2) セカンダリ助言(+) 外部デバイスからの入力

図 8 –および BITS

15454-timingissues-8.gif

図 9 – 15454 バックプレーン

15454-timingissues-9.gif

タイミングアラームを理解して下さい

ONS 15454 は現在のステータスの概略を提供するためにさまざまなアラームを表示する アクティブアラーム ウィンドウを使用します。 すべてのタイミング状態はブルーにより古い動作中のソフトウェアのアラームとして現われるがそれらが無批判イベント 通知 メッセージか状態として扱う必要があることを示すようです。

新しいタイミング イベント通知 アラームはブルーに現われ、古いタイミング イベント通知 アラームはときタイミングイベント通知(タイミング トポロジーの変更のような)ディスプレイ期限切れとなり白に変わります。 それらはそれから警告表示表示画面がリフレッシュされるとき取除かれます。

これは表示しますタイミングイベント通知型コードの概略を区分します。

図 10 – BITS-1 型コード

15454-timingissues-10.gif

BITS 1 型コードは ONS 15454 の BITS 1 インターフェイスがタイミングイベント通知を生成することを示します。

図 11 – BITS-2 型コード

15454-timingissues-11.gif

BITS 2 型コードは ONS 15454 の BITS 2 インターフェイスがタイミングイベント通知を生成することを示します。

図 12 – SYNC-NE 型コード

15454-timingissues-12.gif

SYNC-NE 型コードは TCC カードの同期が ONS 15454 のためのタイミングイベント通知を生成することを示します。

図 13 – FAC-6-X-Y 型コード

15454-timingissues-13.gif

FAC-6-X-Y 型コードはスロット X のファシリティが、ポート Y ONS 15454 のためのタイミングイベント通知を生成することを示します。

図 14 – SYNC-BITS 1 型コード

15454-timingissues-14.gif

SYNC-BITS 1 型コードは TCC カードの同期が BITS 1 インターフェイスのためのタイミングイベント通知を生成することを示します。

図 15 – SYNC-BITS 2 型コード

15454-timingissues-15.gif

SYNC-BITS 2 型コードは TCC カードの同期が BITS 2 インターフェイスのためのタイミングイベント通知を生成することを示します。

最良のタイミングトポロジのセットアップ例

このラボ の セットアップは ONS 15454 のための通常のタイミング設定を示します。 このセットアップは BLSR OC 48 リングの 4 つの ONS 15454 ノードで構成されているラボ の セットアップに基づいています。 このラボ の セットアップは示します:

  • 1 つのノードが BITS 1 外部タイミング基準をどのように受け入れるか

  • 右回りプライマリ タイミング 基準を受け入れ、それから彼ら自身を同期するのにマスターがリングで他のノードのためにラインタイミングを使用すると同時に機能するノードどのように

  • リングは慎重に壊れていること

このラボ の セットアップはタイミングを回復 し、再同期化するためにノードが左回りセカンダリ タイミング リファレンスをどのように受け入れるか示します。 リングはそれから修理され、ノードはタイミングをに戻って受け入れます右回りプライマリ タイミング 基準を再同期化します。

ラボ の セットアップで使用されるネットワーク トポロジについては図 16 参照して下さい:

図 16 –最良のタイミングトポロジーの試験的セットアップ

15454-timingissues-16.gif

図 17 Cisco Transport Controller Network ビューによる同じタイミング トポロジー ディスプレイ。 ラインタイミングである All ノードは右回りプライマリ タイミング 基準を受け入れるために同期されます。

図 17 – CTC Network ビュー

15454-timingissues-17.gif

外部タイミングの最初のノード

タイミングのために設定されるべき最初のノードはノード 3-1 です。 Provisioning > Timing タブによってタイミング ウィンドウにナビゲート するのに Cisco Transport Controller インターフェイスを使用して下さい。 ONS 15454 は行(光カードの)からの 1 または外部 BITS 1 ソースからのタイミングを受け取ることができます。 タイミング モードのための外部を規定 して下さい。 外部を規定 するときノード 3-1 はプライマリ タイミング ソースを受け入れるのに BITS バックプレーン ピンを使用するように指示されます。

タイミング設定例は図 18 NE 参照 REF 1 フィールドが BITS 1.に設定 されることを示したものです これはプライマリ タイミング 基準を受け入れるのに BITS 1 IN バックプレーン ピンを使用するようにノード 3-1 に指示します。 BITS 1 State フィールドは BITS 1 ピンを有効に する置かれた In Service (IS)です。

ノード 3-1 が初期化するときノード 3-1 はプライマリ タイミング基準ソースとして BITS 1 IN バックプレーン ピンを使用します。 ノード 3-1 は BITS 1 バックプレーン ピンを使用できない場合 TCC カードで動作する内部 ST3 クロックからのセカンダリ タイミング リファレンスを受け入れます。 それはこの操作が失敗した場合第 3 タイミング基準を(内部 ST3 クロック)受け入れます。

それからの同期を受け入れるノード 3-1 スイッチは IF ノード 3-1 セカンダリか第 3 タイミング ソースを受け入れるために初期化しますが、後になってプライマリ タイミング ソースは利用可能になります。 これは切り換えオプションがコンフィギュレーションウィンドウで選択されるという理由によります。 それを受け入れるために切り替えるために利用可能になるプライマリ タイミング 基準の時間そのノード 3-1 待機である 5 分の復帰時間は設定 されます。

ノード 3-1 のインターフェイス カードすべてはプライマリ タイミング基準ソースとして ST1 クロック IF ノード 3-1 によって使用します BITS 1 ピンを時間を計られます。 さもなければ、ノード 3-1 はセカンダリか第 3 タイミング基準を使用し、インターフェイス カードすべては ST3 クロックによって時間を計られます。

タイミング設定 ウィンドウから利用可能 な オプションの完全な記述のための ONS 15454 ユーザドキュメントの設定 ONS 15454 タイミングセクションを参照して下さい。

図 18 –最初のノードが外部に時間を計られる設定例

15454-timingissues-18.gif

外部タイミングを設定された最初のノードのためのアラーム

3 アラームは外部 BITS 1 タイミング基準を受け入れる Configure ノード 3-1 ように図 19 示すとき生成されます。 Cisco Transport Controller インターフェイスを通してこれらのアラームを表示することを Alarms タブによって ALARMS ウィンドウに行って下さい。 アラームはそのノード 3-1 を示します:

  • ST1 追跡可能な PRS を検出する

  • ST1 追跡可能な PRS に正常に切り替えられて

  • BITS 1 バックプレーン ピンで着信です

アラーム の 重大度はすべての Not Reported (NR)または Not Alarmed (NA)です。 これはアラームが情報であるただことを示します。

図 19 –最初のノードが外部に時間を計られる時生成される 3 アラーム

15454-timingissues-19.gif

2 番目のノードにタイミングの設定をする

タイミングのために設定される Next ノードはノード 3-2 です。 Provisioning > Timing タブによってタイミング ウィンドウにナビゲート するのに Cisco Transport Controller インターフェイスを使用して下さい。 タイミング モードのための行を規定 して下さい。 行を規定 するときノード 3-2 はセカンダリ タイミング リファレンスを受け入れるためにプライマリ タイミング 基準およびスロット 5 を受け入れるようにスロット 6 の光カードを検知 するように指示されます。

NE 参照 REF 1 フィールドはスロット 6タイミング設定 ウィンドウのポート 1 設定 されました。 これはスロット 6 の OC 48 光カードの 125 マイクロ秒 SONET パケットを検知 するようにプライマリ タイミング ソースを見つけるためにノード 3-2 に指示するところです。

NE 参照 REF 2 フィールドはスロット 5、ポート 1.設定 されました これはスロット 5 の OC 48 光カードの 125 マイクロ秒 SONET パケットを検知 するようにセカンダリ タイミング ソースを見つけるためにノード 3-2 に指示するところです。

ノード 3-2 が初期化するときノード 3-2 はスロット 6 でプライマリ タイミング 基準を受け入れるのに OC 48 カードを使用します。 OC この 48 カードを使用できない場合ノード 3-2 はスロット 5 の OC 48 カードからのセカンダリ タイミング リファレンスを受け入れます。 ノード 3-2 は両方プライマリ および セカンダリ タイミングソースが受け入れることができない場合 TCC カードで動作する内部 ST3 クロックからの第 3 タイミング基準を受け入れます。

IF ノード 3-2 は初期化するためにセカンダリか第 3 タイミング ソースを受け入れますがそれを受け入れるために後になってプライマリ タイミング 基準は利用可能に、ノード 3-2 スイッチなります。 これは切り換えオプションがコンフィギュレーションウィンドウで選択されるという理由によります。 それを受け入れるために切り替えるために利用可能になる時間そのプライマリ タイミング 基準からのノード 3-2 待機である 5 分の復帰時間は設定 されます。

ノード 3-2 のすべてのインターフェイス カードは OC 48 スロット 6 IF ノード 3-2 のカードがプライマリ タイミング 基準をによって受け入れる時間を計られます。 すべてのインターフェイス カードは OC 48 スロット 5 IF ノード 3-2 のカードがセカンダリ タイミング リファレンスをによって受け入れる時間を計られます。 さもなければ、すべてのインターフェイス カードは内部 ST3 クロックによって時間を計られます。

タイミング設定 ウィンドウから利用可能 な オプションの完全な記述のための ONS 15454 ユーザドキュメントの設定 ONS 15454 タイミングセクションを参照して下さい。

図 20 –第 2 ノードが時間を計られる行である場合の設定例

15454-timingissues-20.gif

回線タイミングを設定された2番目のノードのためのアラーム

Rour アラームはラインタイミングのための Configure ノード 3-2、ように図 21 示すとき生成されます。 Cisco Transport Controller インターフェイスからのこれらのアラームを表示することを Alarms タブによって ALARMS ウィンドウに行って下さい。 アラームから、それはそれ推論することができます:

  • 正常に ST1 追跡可能な PRS に切り替えられるノード 3-2。

  • スロット 6 で利用可能 な ST1 追跡可能な PRS ポート 1。

  • ノード 3-2 は ST1 追跡可能な PRS を検出する。

  • ST1 追跡可能な PRS はスロット 5 で利用できます、ポート 1。

アラーム の 重大度はすべての NR または NA です。 これはアラームが情報であるただことを示します。

図 21 –第 2 ノードが時間を計られる行である時生成されるアラーム

15454-timingissues-21.gif

3 番目のノードにタイミングの設定をする

タイミングのために設定される Next ノードはノード 4-1 です。 Provisioning > Timing タブによってタイミング ウィンドウにナビゲート するのに Ciscoトランスポート Contoller インターフェイスを使用して下さい。 タイミング モードのための行を規定 して下さい。 行を規定 するときノード 4-1 はスロット 6 のセカンダリ タイミング リファレンスを受け入れるためにプライマリ タイミング 基準を受け入れるように光カードおよびスロット 5 を検知 するように指示されます。

NE 参照 REF 1 フィールドはスロット 6タイミング設定 ウィンドウのポート 1 設定 されます。 これはスロット 6 の OC 48 光カードの 125 マイクロ秒 SONET パケットを検知 するようにプライマリ タイミング ソースを見つけるためにノード 4-1 に指示するところです。

NE 参照 REF 2 フィールドはスロット 5、ポート 1.設定 されます これはスロット 5 の OC 48 光カードの 125 マイクロ秒 SONET パケットを検知 するようにセカンダリ タイミング ソースを見つけるためにノード 4-1 に指示するところです。

ノード 4-1 が初期化するときノード 4-1 はスロット 6 でプライマリ タイミング 基準を受け入れるのに OC 48 カードを使用します。 OC この 48 カードを使用できない場合ノード 4-1 はスロット 5 の OC 48 カードからのセカンダリ タイミング リファレンスを受け入れます。 両方プライマリ および セカンダリ タイミングソースが受け入れることができない場合ノード 4-1 は TCC カードで動作する内部 層 3 クロックからの第 3 タイミング基準を受け入れます。

IF ノード 4-1 はセカンダリか第 3 タイミング ソースを受け入れることを初期化しますが、それを受け入れるために後になってプライマリ タイミング 基準は利用可能に、ノード 4-1 スイッチなります。 これは切り換えオプションがコンフィギュレーションウィンドウで選択されるという理由によります。 それを受け入れるために切り替えるために利用可能になるプライマリ タイミング 基準の時間そのノード 4-1 待機である 5 分の復帰時間は設定 されます。

ノード 4-1 のすべてのインターフェイス カードは OC 48 スロット 6 IF ノード 4-1 のカードがプライマリ タイミング 基準をによって受け入れる時間を計られます。 すべてのインターフェイス カードは OC 48 スロット 5 IF ノード 4-1 のカードがセカンダリ タイミング リファレンスをによって受け入れる時間を計られます。 さもなければ、すべてのインターフェイス カードは内部 ST3 クロックによって時間を計られます。

タイミング設定 ウィンドウから利用可能 な オプションの完全な記述のための ONS 15454 ユーザドキュメントの設定 ONS 15454 タイミングセクションを参照して下さい。

図 22 –第 3 ノードが時間を計られる行である場合の設定例

15454-timingissues-22.gif

回線タイミングを設定された3番目のノードのためのアラーム

同じアラームは DUS SSM メッセージを除いてノード 3-2 に関してはノード 4-1 のために報告されます。 このアラームはネットワーク内のタイミング トポロジーを認識することを可能にするので重要です。 ONS 15454 がラインタイミングで、タイミング ループを防ぐためにインターフェイスするプライマリ タイミング 基準として光カードの特定の着信 回線を使用する場合、DUS SSM メッセージ背部を送信 します。

これは起こらないかもしれません。 DUS SSM メッセージはラインカードの Provisioning タブの下でことを機能チェックしたらだけ送信 されます。 DUS SSM メッセージを送信 するためにこれをして下さい。

詳細についてはこの資料のリングが壊れている場合のタイミングトポロジの変更 セクションを参照して下さい。

図 23 –第 3 ノードが時間を計られる行である時生成されるアラーム

15454-timingissues-23.gif

ラインタイミングと 4 番目のノードへのBITS OUTタイミング参照設定

設定される最後のノードはノード 4-2 です。 Provisioning > Timing タブによってタイミング ウィンドウにナビゲート するのに Cisco Transport Controller インターフェイスを使用して下さい。 タイミング モードのための行を規定 して下さい。 行を規定 するときノード 4-2 はスロット 6 の光カードおよびセカンダリ タイミング リファレンスを受け入れるためにプライマリ タイミング 基準を受け入れるようにスロット 5 の光カードを検知 するように指示されます。

BITS OUT ピンおよび ONS 15454 自体は使用したいと思うタイミング基準を規定 する別々のフィールドを備えています。 これらのフィールドはここに説明されます:

  • BITS 1 OUT はスロット 6 に、REF 1 フィールド、ポート 1.設定 されます これはバックプレーンの BITS 1 OUT ピンのためのプライマリ タイミング 基準としてスロット 6 の OC 48 光カードの 125 マイクロ秒 SONET パケットを受け入れるようにノード 4-2 に指示します。

  • BITS 1 OUT はスロット 5 に、REF 2 フィールド、ポート 1.設定 されます 再度、これはバックプレーンの BITS 1 OUT ピンのためのセカンダリ タイミング リファレンスとしてスロット 5 の OC 48 光カードの 125 マイクロ秒 SONET パケットを受け入れるようにノード 4-2 に指示します。

  • BITS 1 State フィールドは BITS 1 ピンを有効に することです置かれます。

  • NE 参照 REF 1 フィールドはスロット 6、ポート 1.設定 されます これはスロット 6 の OC 48 光カードの 125 マイクロ秒 SONET パケットを検知 するようにプライマリ タイミング ソースを見つけるためにノード 4-1 に指示するところです。

  • NE 参照 REF 2 フィールドはスロット 5、ポート 1.設定 されます これはスロット 5 の OC 48 光カードの 125 マイクロ秒 SONET パケットを検知 するようにセカンダリ タイミング ソースを見つけるためにノード 4-1 に指示するところです。

ノード 4-2 が初期化するときノード 4-2 はスロット 6 でプライマリ タイミング 基準を受け入れるのに OC 48 カードを使用します。 OC この 48 カードを使用できない場合ノード 4-2 はスロット 5 の OC 48 カードからのセカンダリ タイミング リファレンスを受け入れます。 ノード 4-2 は両方プライマリ および セカンダリ タイミングソースが受け入れることができない場合 TCC カードで動作する内部 ST3 クロックからの第 3 タイミング基準を受け入れます。

IF ノード 4-2 はセカンダリか第 3 タイミング ソースを受け入れることを初期化しますが、それを受け入れるために後になってプライマリ タイミング 基準は利用可能に、ノード 4-2 スイッチなります。 これは切り換えオプションがコンフィギュレーションウィンドウで選択されるという理由によります。 それを受け入れるために切り替えるために利用可能になるプライマリ タイミング 基準の時間そのノード 4-2 待機である 5 分の復帰時間は設定 されます。

ノード 4-2 のすべてのインターフェイス カードは OC 48 スロット 6 IF ノード 4-2 のカードがプライマリ タイミング 基準をによって受け入れる時間を計られます。 すべてのインターフェイス カードはスロット 5 IF ノード 4-2 の OC-48 カードによって受け入れますセカンダリ タイミング リファレンスを時間を計られます。 さもなければ、すべてのインターフェイス カードは内部 ST3 クロックによって時間を計られます。

タイミング設定 ウィンドウから利用可能 な オプションの完全な記述のための ONS 15454 ユーザドキュメントの設定 ONS 15454 タイミングセクションを参照して下さい。

図 24 –あるとき第 4 ノードのための例は BITS 時間を計られ、提供される行参照します

15454-timingissues-24.gif

4番目のノードに回線タイミングとBITS OUTタイミング参照を設定するためのアラーム

ネクスト ホップ ノード 3-2 がラインタイミングで、インターフェース スロット 5 を使用するので再度 DUS SSM メッセージ表示、ノード 4-2 のためのプライマリ タイミング 基準としてポート 1。 ONS 15454 は ONS 15454 がタイミング基準として特定の光カードを使用する場合 DUS SSM メッセージ引き下がを送信 します タイミング ループを防ぐためにインターフェイスする。 詳細についてはこの資料のリングが壊れている場合のタイミングトポロジの変更 セクションを参照して下さい。

また BITS 1 バックプレーン ピン dispays のための場合(LOS)アラームの OSS。 これは BITS 1 バックプレーン ピンがサービスに入ったがそれらのピンにラップされる機器 物理的にネットワークがないという理由によります。 BITS 1 IN バックプレーン ピンに着信信号がありません。

図 25 –第 4 ノードのために生成されるアラーム

15454-timingissues-25.gif

4 つのノード ONS 15454 ラボ の セットアップは現在完了しました。 OC 48 BLSRリング トポロジーで設定される 4 つのノードがあります。 ノード 3-1 はマスターとして機能し、着信 BITS 1 IN バックプレーン ピンを通して ST1 タイミング基準を供給します。

リングの他の 3 つのノードはノード 3-1 からの各ラインタイミングです。 ノード 4-2 はまた BITS 1 OUT バックプレーン ピンを通して ST1 タイミング基準を供給します。

これはリングのまわりで右回りに受け入れられるプライマリ タイミング 基準を用いる簡単なタイミング トポロジーでありセカンダリ タイミング リファレンスはリングのまわりで左回りを受け入れました。

リングが壊れている場合のタイミングトポロジの変更

リングはラボ の セットアップのリングのまわりで右回りに受け入れられる PRS と安定 して いますように図 26 示します:

図 26 –リングのまわりで右回りに受け入れられる PRS

15454-timingissues-26.gif

リングは今慎重に壊れます。 これをするためにノード 4-1 とノード 4-2 間の OC 48 リンクを切断して下さい。 次の セクションはアラーム ウィンドウをリングがどのように回復 するか説明するのに使用します。

リングの再同期化されたタイミング トポロジーがノード 4-1 とノード 4-2 間のリンクの後でのように見えるもの図 27 示します壊れています。

図 27 –ノード 4-1 とノード 4-2 間のリンクが壊れている場合のトポロジー

15454-timingissues-27.gif

ノード 3-1 はまだバックプレーンの BITS 1 ピンを通して ST1 プライマリ タイミング 基準を受け入れます。 これはノード 3-1 外部に時間という理由により、行時間。 ノード 3-1 はリングの中断によって変化しないです。

ノード 4-1 はファイバ 中断からアップストリームで、まだ右回りプライマリ タイミング 基準を受け入れることができます。

ノード 4-2 はファイバ 中断からダウンストリームで、左回りセカンダリ タイミング リファレンスを受け入れるために切り替わらせます。

ノード 3-2 はファイバ 中断からまたダウンストリームで、また左回りセカンダリ タイミング リファレンスを受け入れさせます。

タイミングトポロジーの変更を説明するのにアラーム 画面を使用して下さい

リングが壊れていた後個々のノードのタイミング変更を理解するように試みる前に変更されたタイミング トポロジーのネットワーク レベル Cisco Transport Controller 概観を検知 して下さい。

図 28 –修正されたタイミング トポロジー

15454-timingissues-28.gif

個々のノードのこの場合外観次々と。

最初のノードのためのタイミングトポロジーの変更

各 ONS 15454 に 3 つのタイミング ソース、プライマリ、セカンダリは、および三番目があります。 ノード 3-1 は外部タイミングのために設定され、これらからのタイミング基準を受け入れます:

  • プライマリ— ONS 15454 バックプレーンの BITS 1 ピン

  • セカンダリ— TCC カードの内部 ST3 クロック

  • 三番目の TCC カードの内部 ST3 クロック

プライマリ タイミング基準ソースがこの設定と BITS 1 IN バックプレーン ピンに直接接続されると同時にノード 3-1 はリングの中断によって変化しないです。 ノード 3-1 は、ように図 29 示します変更されません:

図 29 –ノード 3-1 が不変であることを示すアラーム 画面

15454-timingissues-29.gif

第2 ノードのためのタイミングトポロジーの変更

ノード 3-2 はラインタイミングのために設定され、これらからのタイミング基準を受け入れます:

  • プライマリ—スロット 6、ポート 1 光搬送波 OC 48 ラインカード。

  • セカンダリ—スロット 5、ポート 1 光搬送波 OC 48 ラインカード。

  • 三番目の TCC カードの内部 ST3 クロック。

ノード 3-2 はこの設定のリングの中断から影響を受けます。 これはリングにもたらされる中断を渡るリングのまわりに右回りに来るプライマリ タイミング基準ソースからのタイミングを受け取るという理由によります。

ノード 3-2 はセカンダリ タイミング ソースにプライマリ タイミング ソースの損失およびスイッチを検出する。

図 30 –ノード 3-2 はプライマリ タイミング ソースの損失を検出する

15454-timingissues-30.gif

第3 ノードのためのタイミングトポロジーの変更

ノード 4-1 はラインタイミングのために設定され、これらからのタイミング基準を受け入れます:

  • プライマリ—スロット 6、ポート 1 光搬送波 OC 48 ラインカード。

  • セカンダリ—スロット 5、ポート 1 光搬送波 OC 48 ラインカード。

  • 三番目の TCC カードの内部 ST3 クロック。

ノード 4-1 はこの設定のリングの中断から影響を受けます。 これはリングにもたらされる中断の前にノード 3-2 からリングのまわりに右回りに来るプライマリ タイミング 基準からのタイミングを受け取るという理由によります。 ただし、アラームはリングの中断のために報告されます。

図 31 –リングの中断のために報告されるアラーム

15454-timingissues-31.gif

第4 ノードのためのタイミングトポロジーの変更

ノード 4-2 はラインタイミングのために設定され、これらからのタイミング基準を受け入れます:

  • プライマリ—スロット 6、ポート 1 OC 48 ラインカード。

  • セカンダリ—スロット 5、ポート 1 OC 48 ラインカード。

  • 三番目の TCC カードの内部 ST3 クロック。

ノード 4-2 はリングの中断およびこの設定のセカンダリ タイミング ソースへのスイッチから影響を受けます。 これはリングにもたらされる中断を渡るノード 3-2 からリングのまわりに右回りに来るプライマリ タイミング 基準からのタイミングを受け取るという理由によります。 アラームはまたリングの中断のために報告されます。

図 32 –リングの中断から影響を受けるノード 4-2

15454-timingissues-32.gif

タイミングトポロジの回復(逆転)

各ノードにラボ の セットアップの Cisco Transport Controller タイミング設定 ウィンドウで選択される切り換えオプションがあります。 このオプションを選択するときプライマリ タイミング 基準を失い、切り替えなければならなければそれセカンダリか第 3 タイミング基準を受け入れる必要があるノードは指示されます。 それは以降 プライマリ タイミング 基準を回復 する場合受け入れますそれをに戻って切り替えることができます。

各ノードにまた 5 分に設定 された 反転タイマーがありました。 反転タイマーはに戻って受け入れるそれを切り替える前にノードがプライマリ タイミング 基準を取り戻した後どの位待っているか規定 します。

ラボ の セットアップのファイバ 中断は今修理されます。 ノードは中断が修理されるが、認識しますタイミング トポロジーをまで反転タイマーの後で切れましたことを変更しません。 反転タイマーは 5 分後に切れ、タイミング トポロジーは右回り円形ノード 3-2 の BITS 1 ピンからリング来る ST1 プライマリ タイミング 基準を受け入れる各ノードの最初 の 状態に戻ります。

ファイバ 中断が修理された 3 分後図 33 タイミング トポロジーの Cisco Transport Controller Network ビューを示します。 ノードは反転タイマーが切れる前にファイバ 中断が修理されたが、検出するまだ待つ 2 分をこと過します。

図 33 –タイミング トポロジーの Cisco Transport Controller Network ビューはファイバ 中断の後の 3 分修理されます

15454-timingissues-33.gif

これらのメッセージはノードによってソートされます。 マイナー全員(MN)、メジャー(MJ)、およびノード 4-1 とノード 4-2 間のファイバ 中断によって引き起こされる重要な(CR)アラームは現在白いです。 これはファイバ 中断が修理されたことノード 4-1 およびノード 4-2 が検出することを示します。

ノード 4-1 の DUS SSM メッセージはまた白いです。 これはノード 4-2 がノード 3-2 からのセカンダリ タイミング リファレンスを受け入れ、ノード 3-2 に DUS を送り返すという理由によります。 ノード 4-2 に今修理されたファイバーリンク上のノード 4-1 から着信有効なプライマリ タイミング 基準があるが反転タイマーが切れるまでノード 4-2 はに戻って受け入れますそれを切り替わりません。

通常、ONS 15454 はタイミングを受け取るインターフェイスの DUS だけを送返します。

5 分 反転タイマーが切れた直後に図 34 ウィンドウを示します。

図 34 – 5 分間 な 反転タイマーは切れました

15454-timingissues-34.gif

これらのメッセージはノードによってソートされます。 これらは各ノードのための次々とメッセージです:

図 35 –最終的なアクティブアラーム ウィンドウ

15454-timingissues-35.gif

タイミング トポロジーはオリジナル設定に各ノードがリングのまわりでプライマリ タイミング 基準を右回りに受け入れるか、戻りました。

図 36 –各ノードはリングのまわりでプライマリ タイミング 基準を右回りに受け入れます

15454-timingissues-36.gif

タイミングAlarms/Conditions およびタイミング(ソフトウェアレベルに依存) のトラブルシューティング

このセクションはタイミングアラームおよび状態を記述します。 それはまたそれらを解決するか、または解決するために助言および手順を提供します。

FRNGSYNC

フリー ラン同期(FRNGSYNC)は主要なサービスに影響を与える エラーです。

レポート ONS 15454 はフリー ラン同期モードにあります。 外部タイミング ソースは無効であり、ノードは内部クロックを使用します、または ONS 15454 は指定 BITSタイミングソースを失いました。

FRNGSYNC をクリアするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ONS 15454 が自身の内部クロックから動作するために設定される場合このアラームを無視して下さい。

  2. ONS 15454 が外部タイミング ソースを離れて動作するために設定される場合 BITSタイミングソースが有効であることを確認して下さい。 BITSタイミングソースにおけるよくある問題は反転させた配線および不適切なタイミングのカードが含まれています。

FSTSYNC

Fast Start Synchronization (FSTSYNC)はマイナー、non-service-affecting アラームです。

FSTSYNC モードは ONS 15454 が新しいタイミング基準を選択することを意味します。 前のタイミング基準は失敗しました。 この情報アラームはおよそ 30 秒後に消えます。

HLDOVERSYNC

Holdover Synchronization (HLDOVERSYNC)は主要なサービスに影響を与える アラームです。

プライマリかセカンダリ タイミング リファレンスの損失によっては HLDOVERSYNC アラームが発します。 タイミング基準損失はタイミング入力のライン コーディングが ONS 15454 の設定と異なっていると発生します。 それはまた通常 New ノード 参照クロックの選択の間に発生します。 このアラームは ONS 15454 がホールドオーバーに入った示し、ONS 15454 内部基準 クロックをことを使用します、ST3-level タイミング デバイスである。 アラームはプライマリまたはセカンダリタイミングときの再確立されるクリアされます。

HLDOVERSYNC をクリアするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 追加アラームがあるように確認して下さいタイミングに関連付ける。

  2. 現地の規約に従ってプライマリ および セカンダリ タイミングソースを再確立して下さい。

LOF (TCC+)

フレーム同期損失(LOF) (TCC+)は主要なサービスに影響を与える アラームです。

TCC+ BITS 入力のポートは着信 BITS タイミング基準場合の LOF を検出する。 LOF は受信 ONS 15454 が着信 データのフレームの識別を失ったことを示します。

プロシージャは BITS タイミング基準場合が適切に機能すると仮定します。 それはまたアラームがノード ターンアップの間に現われないことを仮定します。

TCC+ の LOF をクリアするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. ライン フレーミングおよびライン コーディングが BITS 入力と TCC+ の間で一致することを確認して下さい。

  2. Cisco Transport Controller のアラームを報告するスロットをおよびポートに注意して下さい。

  3. 外部 BITSタイミングソースの符号化およびフレーミングフォーマットを見つけて下さい。 これは外部 BITSタイミングソースのためのまたはタイミング ソース自体のユーザドキュメントにあります。

  4. 一般のタイミング ウィンドウを表示するために Provisioning > Timing タブをクリックして下さい。

  5. コーディングが BITSタイミングソースの符号化と一致することを確認して下さい(B8ZS か AMI)。

  6. 符号化が一致する場合メニューを明らかにするために符号化をクリックして下さい。 適切な符号化を選択して下さい。 詳細についてはこれらのセクションを参照して下さい:

    • Cisco ONS 15454トラブルシューティングおよびレファレンスガイドの 36 ページ

    • PalmOS のために解決する 12576-01 6月 2001 年アラームの 78 ページ

  7. フレーム化が BITSタイミングソースのフレーム作成と一致することを確認して下さい(ESF か SF [D4])。

  8. フレーム作成が一致する場合メニューを明らかにするためにフレーム作成をクリックして下さい。 適切なフレーム作成を選択して下さい。

    B8ZS 符号化 フィールドはタイミング サブタブの Framing フィールドの ESF と普通組み合わせられ、AMI ライン コーディング フィールドは Framing フィールドの SF (D4)と普通組み合わせられます。

  9. ライン フレーミングおよびライン コーディングが BITS 入力と TCC+ の間で一致するときにアラームがないクリア場合 TCC+ カードを取り替えて下さい。

    カードの同一の型とカードを取り替えるときデータベースへの変更を行なう必要はありません。

STU

同期追跡不能(STU)は Not Alarmed です。

STU アラームはレポート ノードが同期ステータス メッセージング(SSM)をサポートしない参照に時間を計られるとき発生します。 SSM はタイミング ソースの品質についての情報を伝える SONETのプロトコルです。 SSM メッセージは S1 バイトの SONET回線 層で伝えられます。 SSM は自動的に良質タイミング基準を選択し、タイミング ループを回避することを SONET デバイスが可能にします。 ONS 15454 サポート SSM。 このアラームはタイミング ソースが SSM をあるが、またはレポート ノードに有効に なる SSM タイミング ソース サポート SSM がサポートしないことをレポート ノードに有効に なる SSM がありませんことを示します。

STU をクリアするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Provisioning > Timing タブを選択して下さい。

  2. 同期化メッセージングがチェックされる場合選択をクリアして下さい。 同期化メッセージングが選択されない場合ボックスをチェックして下さい。

  3. [Apply] をクリックします。

SWTOPRI

Not Alarmed はプライマリ(SWTOPRI)に切り替えられます。

ONS 15454 はプライマリ タイミング ソース(1)参照に切り替えました。 ONS 15454 は 3 つのランク付けされたタイミング基準を使用します。 タイミング基準は一般的に 2 つの BITS レベルまたは line-level ソースおよび内部基準です。

これは条件でアラームではないです。 それは情報だけのため、解決するように要求しません。

SWTOSEC

Not Alarmed はセカンダリ(SWTOSEC)に切り替えられます。 詳細についてはこれらのセクションを参照して下さい:

  • Cisco ONS 15454トラブルシューティングおよびレファレンスガイドの 56 ページ

  • PalmOS のために解決する 12576-01 6月 2001 年アラームの 78 ページ

ONS 15454 はセカンダリ タイミング ソース(2)参照に切り替えました。 ONS 15454 は 3 つのランク付けされたタイミング基準を使用します。 タイミング基準は一般的に 2 つの BITS レベルまたは line-level ソースおよび内部基準です。

調べ、SWTOSEC をクリアする SYNCPRI アラームのようなプライマリソースの失敗に、関するアラームをトラブルシューティングを実行して下さい。

SWTOTHIRD

(SWTOTHIRD) Not Alarmed は第 3 に切り替えられます。

ONS 15454 は第 3 タイミング ソース(3)参照に切り替えました。 ONS 15454 は 3 つのランク付けされたタイミング基準を使用します。 タイミング基準は一般的に 2 つの BITS レベルまたは line-level ソースおよび内部基準です。

調べ、プライマリの失敗に関するアラームをトラブルシューティングを実行すれば SWTOTHIRD をクリアするために SYNCPRI および SYNCSEC のようなセカンダリ参照資料は、警告します。

SYNCPRI

1次基準タイミングの紛失(SYNCPRI)はマイナー、non-service-affecting アラームです。

SYNCPRI アラームは ONS 15454 がプライマリ タイミング ソース(1)参照を失うと発生します。 ONS 15454 は 3 つのランク付けタイミング基準を使用します。 タイミング基準は一般的に 2 つの BITS レベルまたは line-level ソースおよび内部基準です。 ONS 15454 はセカンダリ タイミング ソース(2)参照に SYNCPRI が発生する場合切り替える必要があります。 このスイッチはまた SWTOSEC アラームを引き起こします。

TCC+ カードの SYNCPRI をクリアするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 報告 TCC+ カードにカード ビューから Provisioning > Timing タブを選択して下さい。

  2. NE 参照の REF-1 があるように現在のコンフィギュレーションを確認して下さい。

  3. プライマリ 参照が BITS 入力である場合ページの 41 " LOS (OC-N) " セクションのプロシージャに従って下さい。

  4. プライマリ 参照 クロックが ONS 15454 の着信ポートである場合プライマリ 参照 クロックをチェックして下さい。

SYNCSEC

SYNCSEC はマイナー、non-service-affecting アラームです。

詳細についてはこれらのセクションを参照して下さい:

  • Cisco ONS 15454トラブルシューティングおよびレファレンスガイドの 57 ページ

  • Palm OS 78-12576-01 6月 2001 年のために解決するアラーム

2次基準タイミングの紛失(SYNCSEC)アラームは ONS 15454 がセカンダリ タイミング ソース(2)参照を失うと発生します。 ONS 15454 は 3 つのランク付けされたタイミング基準を使用します。 タイミング基準は一般的に 2 つの BITS レベルまたは line-level ソースおよび内部基準です。 SYNCSEC が発生する場合、ONS 15454 は第 3 タイミング ソース(ONS 15454 にのための有効なタイミングを得る 3)参照切り替える必要があります。 このスイッチはまた SWTOTHIRD アラームを引き起こします。

TCC+ カードの SYNCSEC をクリアするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 報告 TCC+ カードにカード ビューから Provisioning > Timing タブを選択して下さい。

  2. NE 参照があるように REF-2 の現在のコンフィギュレーションを確認して下さい。

  3. セカンダリ参照が BITS 入力である場合ページの 41 " LOS (OC-N) " セクションのプロシージャに従って下さい。

  4. セカンダリ タイミング ソースが ONS 15454 の着信ポートである場合セカンダリ タイミング ソースをチェックして下さい。

SYNCTHIRD

SYNCTHIRD はマイナー、non-service-affecting アラームです。

3次基準タイミングの紛失(SYNCTHIRD)アラームは ONS 15454 が第 3 タイミング ソース(3)参照を失うと発生します。 ONS 15454 は 3 つのランク付けタイミング基準を使用します。 タイミング基準は一般的に 2 つの BITS レベルまたは line-level ソースおよび内部基準です。 SYNCTHIRD が発生し、ONS 15454 がソース 3 のために内部基準を使用すれば、TCC+ カードは失敗するかもしれません。 ONS 15454 は頻繁に SYNCTHIRD の後で FRNGSYNC か HLDOVERSYNC を報告します。

TCC+ カードの SYNCTHIRD をクリアするためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. 報告 TCC+ カードにカード ビューから Provisioning > Timing タブを選択して下さい。

  2. NE 参照があるように REF-3 の現在のコンフィギュレーションを確認して下さい。

  3. 第 3 タイミング ソースが BITS 入力である場合ページの 41 " LOS (OC-N) " セクションのプロシージャに従って下さい。

  4. 第 3 タイミング ソースが ONS 15454 の着信ポートである場合タイミング ソースをチェックして下さい。

  5. 第 3 タイミング ソースが内部 ONS 15454 タイミングを使用する場合 TCC+ カードでリセットされるソフトウェアを行って下さい:

    1. Cisco Transport Controller Node View を表示する。

    2. アラームを報告するスロット上のカーソルを置いて下さい。

    3. 右クリックし、『Reset Card』 を選択 して下さい。

  6. 物理的にこの操作がアラームをクリアしない場合 TCC+ カードをリセットして下さい。

  7. リセットがアラームをクリアしない場合 TCC+ カードを取り替えて下さい。

詳細についてはこのソースを参照して下さい:

  • Cisco ONS 15454 トラブルシューティングガイドの第 2 章-リリース 4.1.x およびリリース 4.5 (アラーム トラブルシューティング)

カードの同一の型とカードを取り替えるときデータベースへの変更を行なう必要はありません。

タイミングウォールチャート

タイミングに関する詳細についてはこの PDF ウォール・チャートを参照して下さい。


関連情報


Document ID: 15234