ユニバーサル ゲートウェイとアクセス サーバ : Cisco 6700 シリーズ マルチサービス アクセス プラットフォーム

デバイス間でシステム イメージをコピーする方法

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2004 年 9 月 14 日) | 英語版 (2015 年 12 月 31 日) | フィードバック


目次


概要

この文書では、同じルータ内のあるデバイスから別のデバイスへ、および、ルータからルータへシステム イメージをコピーする方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。 この文書の目的に使用されるプラットフォームは、Cisco 2500 シリーズ ルータと Cisco 3600 シリーズ ルータです。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

同じルータ内でのデバイス間のコピー

次の表は、デバイス間でシステム イメージをコピーするためのコマンド オプションを示しています(方法はプラットフォームによって異なります)。

コマンドの概要

TFTP サーバからイメージのコピーが可能なさまざまなロケーションを、次の表に掲載します。 プラットフォームによって、この選択肢は異なります。 参照すれば URL プレフィックスを詳細をこれらのオプションのそれぞれについて学ぶために詳細については使用します

Router#copy tftp ?
構文の説明
bootflash: bootflash:にコピーして下さい ファイルシステム
disk0: disk0 にコピーして下さい: ファイルシステム
disk1: disk1 にコピーして下さい: ファイルシステム
flash: 点滅するためにコピーして下さい: ファイルシステム
flh: flh にコピーして下さい: ファイルシステム
ftp: ftp にコピーして下さい: ファイルシステム
lex: lex にコピーして下さい: ファイルシステム
null: 無効にするためにコピーして下さい: ファイルシステム
nvram: nvram にコピーして下さい: ファイルシステム
rcp: rcp にコピーして下さい: ファイルシステム
running-config 現在のシステム コンフィギュレーションを更新(マージ)する。
スロット 0: slot0:にコピーして下さい ファイルシステム
slot1: slot1:にコピーして下さい ファイルシステム
startup-config スタートアップ コンフィギュレーションにコピーする。
システム: システムにコピーして下さい: ファイルシステム
tftp: tftp にコピーして下さい: ファイルシステム

イメージのコピーに使用する最も一般的なコマンドは、次の 3 つです。

  • copy tftp flash

  • copy rcp flash

  • copy slot0: slot1:

次の例は、Cisco 3600 シリーズ ルータ上のあるデバイスから別のデバイス(あるスロット/ディスクから別のスロット/ディスクなど)へ、システム イメージをコピーする手順を示しています。

詳細な例

router#show slot0:

!--- This command is used to view the contents of slot 0

-#- ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------  name
1 .D unknown 5E8B84E6 209D8 11 2392 Jan 22 2000 00:22:42 flashconfig 
2 ..  image 5E7BAE19 B623C4 22 11802988 Jan 22 2000 00:23:18 rsp-jsv-mz.1 20-8.0.2.T  

router#show slot1:

!--- This command is used to view the contents of slot 1

-#- ED --type-- --crc--- -seek-- nlen -length- -----date/time------  name 
1 .. unknown 6A2B4BA7 6FA9E0 20 7186784 Jul 30 1999 15:05:19 rsp-jv-mz.11  1-26.CC1 
2 .. config 631F0D8B 6FB1EC 6 1929 Oct 19 1999 06:15:49 config 
3 .. config  631F0D8B 6FB9F8 7 1929 Oct 19 1999 06:16:03 config1 

次に示す copy コマンドは、あるデバイスから別のデバイスへシステム イメージをコピーするために使用されています。 次の例では、システムイメージは slot0 から slot1 へのコピーされます。

router#copy slot0: slot1 
Source  filename []? rsp-jsv-mz.120-8.0.2.T 

!--- Enter the file name of the system image to be copied

Destination filename [slot1]? 

Erase slot1: before copying? [confirm]Erasing the slot1 filesystem will remove 
all files! Continue? [confirm]
Erasing device... eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee 
...erasedeeErase of slot1: complete
Copy in progress...CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCCC
CCCCCCCCCCC


! --- Output Suppressed


Verifying checksum...  OK (0xE884)11802988 bytes copied in 346.312 secs 
(38481 bytes/sec) 

ルータ間でのコピー

別のルータに TFTPサーバとして機能するルータから Cisco IOSソフトウェアイメージをコピーするために続くべきステップは下記にあります。 この例のルータは両方とも Cisco 2500 シリーズ ルータです。 この例では、Router1 は TFTPサーバであり、Router2 は Cisco IOSソフトウェアイメージがコピーされているルータです。

始める前に、ping コマンドを使用して Router1 と Router2 間の接続を確認して下さい。

  1. show flash コマンドで Router1 のイメージサイズをチェックして下さい。

    Router1#show flash
    System flash directory:
    File Length Name/status
    1 15694836 /c2500-js-l.122-10b
    
     !--- Cisco IOS image file to be copied
    
    [15694900 bytes used, 1082316 available, 16777216 total]
    16384K bytes of processor board System flash (Read ONLY)
    
  2. 十分なスペースがコピーされるべきシステムイメージファイルに Router2 で利用できるかどうか確認する show flash コマンドで Router2 のイメージサイズをチェックして下さい。

    Router2#show flash   
    
    System flash directory: 
    File  Length   Name/status 
    
     1   11173264  c2500-jos56i-l.120-9.bin 
    [11173328 bytes used, 5603888 available, 16777216 total]     
    16384K bytes of processor board System flash (Read ONLY) 
    

    システムイメージファイルをコピーする領域が十分ある場合オリジナル 1 つは保ち、新しいファイルは追加メモリスペースでコピーすることができます。 利用可能 な領域が十分ない場合この場合として、フラッシュするからの既存のファイルは新しいものをダウンロードしている間削除されます。 それは copy flash tftp コマンドを使用して TFTPサーバに既存のシステム イメージをバックアップする好ましい習慣です。

  3. configure terminal コマンドを使用して TFTPサーバで Router1 を設定して下さい。

    Router1#configure terminal
    Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z. 
    
    Router1(config)#tftp-server ?   
      bootflash:  Allow URL file TFTP load requests  
      disk0:      Allow URL file TFTP load requests  
      disk1:      Allow URL file TFTP load requests  
      flash:      Allow URL file TFTP load requests   
      flh:        Allow URL file TFTP load requests   
      lex:        Allow URL file TFTP load requests   
      null:       Allow URL file TFTP load requests   
      nvram:      Allow URL file TFTP load requests   
      slot0:      Allow URL file TFTP load requests  
      slot1:      Allow URL file TFTP load requests  
      system:     Allow URL file TFTP load requests 

    上記の tftp-server コマンドで指定したオプションは、プラットフォームによって異なることがあります。

    Router1(config)#tftp-server flash:? 
    flash:/c2500-js-l.122-10b 
    
    !--- The Cisco IOS image file name.
    
    Router1(config)#tftp-server flash:/c2500-js-l.122-10b 
    
    !--- This command configures the router as a TFTP server.
    
    Router1(config)#^Z 
    
  4. TFTP サーバが設定されたら、copy tftp flash コマンドを使用して、Router1 から Router2 へ指定したイメージをダウンロードします。

    Router2#copy tftp flash                         
                              ****  NOTICE  ****
    Flash load helper v1.0
    This process will accept the copy options and then terminate
    the current system image to use the ROM based image for the copy.
    Routing functionality will not be available during that time.
    If you are logged in via telnet, this connection will terminate.
    Users with console access can see the results of the copy operation.                         
                            ---- ******** ----
    Proceed? [confirm]
    Address or name of remote host []? 10.10.10.1 
    
    !--- Enter the IP address of the TFTP Server
    
    Source filename []? /c2500-js-l.122-10b
    
    
    !--- This is the filename of the Cisco IOS image 
    !--- that you want to copy from the TFTP server
    
    
    Destination filename [c2500-js-l.122-10b]?
    
    
    !--- Press 'Enter'
     
    
    
    Accessing tftp://10.10.10.1//c2500-js-l.122-10b...
    Erase flash: before copying? [confirm]
    
    18:37:54: %SYS-5-RELOAD: Reload requested 
    
    !--- The reload is platform-specific and is only for the 
    !--- Run-from-flash systems.*
    
    
    ** System going down for Flash upgrade ** 
    
    %SYS-4-CONFIG_NEWER: Configurations from version 12.2 may not be 
    correctly understood.
    %FLH: /c2500-js-l.122-10b from 10.10.10.1 to flash ...
    
    System flash directory:
    File Length Name/status
    1 15694836 /c2500-js-l.122-10b
    [15694900 bytes used, 1082316 available, 16777216 total]
    Accessing file '/c2500-js-l.122-10b' on 10.10.10.1...
    Loading /c2500-js-l.122-10b from 10.10.10.1 (via Ethernet0): ! [OK]
    
    Erasing device... eeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeeee
    eeeeeeeeeeeeee ...erased
    Loading /c2500-js-l.122-10b from 10.10.10.1 (via Ethernet0): 
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
    !!!!!!!
    [OK - 15694836/16777216 bytes]
    
    Verifying checksum... OK (0x58D2) 
    
    !--- System Image file has been successfully copied
    
    Flash copy took 0:07:37 [hh:mm:ss]
    %FLH: Re-booting system after download
    F3: 14732748+962056+889336 at 0x3000060
    
    Restricted Rights Legend
    
    Use, duplication, or disclosure by the Government is
    subject to restrictions as set forth in subparagraph
    (c) of the Commercial Computer Software - Restricted
    Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
    (c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
    Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.
    
    cisco Systems, Inc.
    170 West Tasman Drive
    San Jose, California 95134-1706
    
    
    Cisco Internetwork Operating System Software
    IOS (tm) 2500 Software (C2500-JS-L), Version 12.2(10b), 
    RELEASE SOFTWARE (fc1)
    Copyright (c) 1986-2002 by cisco Systems, Inc.
    ..........
    
  5. ルータ 2 に新しいシステム イメージがあるか、フラッシュを確認します。

    Router2#show flash   
    System flash directory:
    File Length Name/status
    1 15694836 /c2500-js-l.122-10b 
    
    !--- Cisco IOS image file has been copied
    
    [15694900 bytes used, 1082316 available, 16777216 total]
    16384K bytes of processor board System flash (Read ONLY)

    * ルータは、Run-from-flash システム用のリロードだけを実行します。 詳細については、Run-from-Flash システムについてはフラッシュ メモリにコピーを参照して下さい

スタートアップ設定ファイルをデバイス間でコピーするために、TFTP の使用によってコピー コンフィギュレーション ファイルを参照して下さい。


関連情報


Document ID: 15092