ルータ : Cisco 7200 シリーズ ルータ

Bad CPU ID メッセージの原因

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 3 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

この文書では、「Bad CPU ID」メッセージの原因とその解決方法について説明します。 このメッセージは、ルータがロードしたソフトウェアが、シャーシ内のプロセッサを認識しない場合に表示されます。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景理論

これらのメッセージは高度プロセッサが Cisco 7200, 7200vxr および 7500 シリーズ ルータのような利用できるルータ プラットフォームで最も一般に表示します。 通常、ソフトウェアアップグレードにおけるこの問題を解決できます。 ブートアップで、ルータは 7200VXR から奪取 されるこの出力と同じようなメッセージを表示する:

Self decompressing the image : #################################
################################################################
################################################################
################################################################
########
[OK]
Bad CPU ID 00002710
System Bootstrap, Version 12.0(19990210:195103) [12.0XE 105], DEVELOPMENT
SOFTWARE
Copyright (c) 1994-1999 by cisco Systems, Inc.
C7200 platform with 262144 Kbytes of main memory

問題

Background Theory セクションに言及されているように、この問題はより新しいプロセッサが利用できるルータで多分発生します。 ルータシリーズの概要により Cisco IOS " BAD CPU ID " メッセージを引き起こす場合があるのでリリースされるプロセッサか。 ソフトウェア イメージは新しいプロセッサを認識しません。 これが可能性としては適用できる 7200 シリーズ用のプロセッサは NPE-175、NPE-200、NPE-225、NPE-300 および NSE-1 が含まれています。 これが可能性としては適用できる 7500 シリーズ用のプロセッサは RSP4+ および RSP8 が含まれています。 これらのシナリオにより一般に「DOWNREV」メッセージおよび" BAD CPU ID " メッセージを引き起こします:

  • 入出力 (i/o) コントローラは 7200 シリーズ ルータで取り替えられます。

    新しいコントローラは既存の NPE をサポートしないブートフラッシュでイメージがあれば、ブートイメージは起動するときルータに rxboot およびレポート「悪い CPU ID」のそのバージョンでこの場合サポートされないそれで NPE が、ルータ メインシステムイメージをロードし、適切に機能し続けることができますあること、検出ロードするように試みます。 ただし、ブート サイクルの間にルータ レポート「悪い CPU ID」

  • ブートイメージはルータプロセッサをサポートしないバージョンにアップグレードされます。

    起動するとき、ブートイメージは検出する ルータを持っています CPU をロードするように試みます(NPE か Route/Switch Processor (RSP)) それは rxboot のそのバージョン、およびレポート「悪い CPU ID」でサポートされません

  • 現在のブートイメージが新しい NPE をサポートすること 7200 シリーズ NPE は確認なしでより速い NPE にアップグレードされます。

    ブートフラッシュにある古いブートイメージがハイエンド NPE をサポートしない場合、起動するときブートフラッシュが RSP で含まれているのでルータに rxboot およびレポート「悪い CPU ID」のそのバージョンでこのシナリオ サポートされないそれで NPE があること、ブートイメージ 検出は 7500 シリーズで起こってがまずないです。

  • 主要な Cisco IOSソフトウェアイメージは現在のプロセッサをサポートしないバージョンに手動でアップグレードされます。

    このシナリオは 7200VXR/NPE300 および 7500/RSP8 と最も一般に起こります。 ブートイメージがまた変更されない場合、まだ既存 の プロセッサをサポートします。 起動時に、ブートイメージは報告されるエラー無しでロードします。 ただし、主要な Cisco IOSソフトウェアイメージ、ルータ レポート " Bad CPU ID "および読み込みをロードする試みが行われる時。 この場合、ルータはコンフィギュレーションレジスタ設定値および ROM 修正 レベルに基づいて絶えずリロードできます。 通常ルータはブートイメージに戻ってメインシステムイメージをフラッシュするからロードして失敗した場合廃棄します((ブート) > プロンプトによって示される)。

  • ブートイメージおよび主要な Cisco IOSソフトウェアイメージは両方プロセッサをサポートしないバージョンにアップグレードされます。

    起動するとき、ブートイメージはしかしサポートされていないプロセッサがシステムにある、レポート「悪い CPU ID」は、ルータ主要な Cisco IOSソフトウェアイメージと起動することを試み続けますこと検出ロードするように試み。 主要な Cisco IOSソフトウェアイメージはサポートされていないプロセッサがシステムにある、コンフィギュレーションレジスタ設定値および ROM 修正に基づくまたレポート「悪い CPU ID」は ROMMON か絶えずリブートにルータ廃棄しますこと検出ロードするように試み。

ブートプロセス

このセクションは Cisco ハイエンドルータ プラットフォームに発生するブートプロセスを説明します。 このブートプロセスが" BAD CPU ID " メッセージにどのように関連している、そしてどのようにプロセッサをサポートしないイメージから回復 するのに使用することができるかまた説明します。

通常 Cisco ハイエンドルータに 3 つの異なるイメージがあります。 これらは 7200、7200VXR および 7500 シリーズ ルータが含まれています: ブートストラップ イメージ、ブートイメージおよびメインシステムイメージ。 この情報は標準記憶域で 3 つのイメージがすべてルータにローカルであるという想定のもとで「正常な」ブートシーケンスと、含まれていますみなされ、特別なロード シーケンスはルータの設定で規定 されません。 この情報は異なるプラットフォームで異なることができます(たとえば、2600 ルータはブートイメージが含まれていません)。

  • ブートストラップ イメージ

    ルータが起動するとき、ロードするべき最初のイメージはブートストラップ イメージとして知られています。 ブートストラップ イメージは NPE または I/Oコントローラ(これは NPE 依存—の ROMチップでです含まれています NPE に ROM がある場合、I/Oコントローラにある 1 つは使用されません)。 ブートストラップ イメージはプロセッサおよび主要な I/O の基本的 な 初期化処理します。 ユーザは rommon> プロンプトによって示されるコマンド ライン インターフェースを通ってブートストラップ イメージと相互に作用することができます。 ブートストラップ イメージ負荷の後で、それはブートイメージのためのブートフラッシュを検知 し、ブートイメージをロードします。

  • ブート イメージ

    イメージはブートイメージとしてブートフラッシュにある知られています。 このイメージは簡単 な インターフェイス 初期化をすることができます。 リカバリ状況の TFTP を使用してルータに主要な Cisco IOSソフトウェアイメージをダウンロードすることを使用します。 ユーザは敏速な Router(boot)# によって示されるコマンドラインインターフェイスを通ってこのイメージと相互に作用することができます。 ルータは異なる名前(ホスト名)に設定することができます。 このイメージがロードすれば、有効で主要な Cisco IOSソフトウェアイメージをシステムフラッシュを捜します。 有効で主要な Cisco IOSソフトウェアイメージがある場合、ブートイメージはそれをロードします。

  • メインシステムイメージ

    主要な Cisco IOSソフトウェアイメージは通常ブートイメージによってロードされます。 このイメージにルーティング、インターフェイスの初期化および調整の責任が、高レベル機能実行、等あります。 ユーザは Router> プロンプトによって示されるコマンド・ラインを通ってこのイメージと相互に作用することができます。 ルータは異なる名前(ホスト名)に設定することができます。

show version コマンド(この出力の例)からの出力のこの 3 つのイメージ バージョンを次のように表示できます:

Cisco Internetwork Operating System Software IOS (tm) 7200 Software 
(C7200-JS-M), Version 12.0(7)XE1, EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)

!--- This corresponds to the main system IOS image stored in Flash. 

TAC:Home:SW:IOS:Specials for info
Copyright (c) 1986-2000 by cisco Systems, Inc.
  Compiled Sat 05-Feb-00 01:02 by lstringr
Image text-base: 0x60008900, data-base: 0x613E8000

ROM: System Bootstrap, Version 11.1(13)CA, EARLY DEPLOYMENT 
RELEASE SOFTWARE (fc1)

!--- This corresponds to the bootstrap image stored in ROM.

BOOTFLASH: 7200 Software (C7200-JS-M), Version 12.0(7)XE1, EARLY 
DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)

!--- This corresponds to the boot image stored in bootflash.

解決策

エラーメッセージを除去するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. インストールされる NPE か NSE を識別して下さい。 ルータがブートモードか完全な Cisco IOSソフトウェア モードにある場合、この出力に示すように show version コマンドを、発行して下さい。

    7200#show version
    Cisco Internetwork Operating System Software
    IOS (tm) 7200 Software (C7200-P-M), Version 12.2(12a), 
    RELEASE SOFTWARE (fc1)
    Copyright (c) 1986-2002 by Cisco Systems, Inc.
    Compiled Tue 24-Sep-02 00:37 by pwade
    Image text-base: 0x60008940, data-base: 0x610B8000
    
    ROM: System Bootstrap, Version 12.0(19990210:195103) [12.0XE 105],
    DEVELOPMENT SOFTWARE
    
    Lima5 uptime is 1 day, 51 minutes
    System returned to ROM by reload at 14:03:47 ARG Wed Nov 27 2002
    System restarted at 14:05:31 ARG Wed Nov 27 2002
    System image file is "slot0:c7200-p-mz.122-12a.bin"
    
    Cisco 7206VXR (NPE300) processor (revision D) with 122880K/40960K 
    bytes of memory.
    Processor board ID 20391634
    R7000 CPU at 262Mhz, Implementation 39, Rev 1.0, 256KB L2, 2048KB L3 Cache
    6 slot VXR midplane, Version 2.0
  2. ハードウェアをサポートするために必要なソフトウェアの最小バージョンを判別するのに Software Advisor登録ユーザのみ)を使用して下さい。

  3. dir bootflash を発行して下さい: ブートイメージのどのバージョンがブートフラッシュにあるかチェックするために命じて下さい。 リストされている何が Software Advisor登録ユーザのみ)にこのブートイメージ バージョンが早かったらより、必要なバージョンにブートイメージをアップグレードして下さい。

  4. dir flash を発行して下さい: コマンド主要な Cisco IOSソフトウェアのどのバージョンがフラッシュするで保存されるか見るため。 リストされている何が Software Advisor登録ユーザのみ)に主要な Cisco IOSソフトウェアのこのバージョンが早かったらより、必要なバージョンに主要な Cisco IOSソフトウェアイメージをアップグレードして下さい。

  5. 参照して下さい Cisco テクニカル サポート-アップグレードでアシスタンスをこれらのイメージ必要とすればルータ

定義

boot image — rxboot として時々参照されて、このイメージがルータの最初のブーティングをするのに使用されています。 このイメージはシステムの基本的 な 初期化だけを処理し、ルーティングの形式をサポートしません。 このイメージはブートフラッシュで含まれています。

主要な Cisco IOSソフトウェアイメージ—これはルーティングするか、または切り替えるのに使用されるイメージです。

7200 —これはハイエンドルータ シャーシです。 このシャーシは NPE-100、NPE-150、NPE-175、NPE-200 および NPE-225 としか動作できません。 NPE-300 は 7200 シリーズ シャーシに合いません。

7200VXR — これはハイエンドルータ シャーシです。 このシャーシはすべての利用可能 な NPE と動作できます。 豊富な可能性は NPE-300 またはそれ以降、か NSE-1 およびそれ以降とだけ実現されます。

I/Oコントローラ—このコンポーネントは NPE とポートアダプタ間の入出力通信を処理します。

NPE — このコンポーネントはルータのプロセッサが含まれています。 現在 NPE の 6 つのフレーバーがあります。 それらは NPE-100、NPE-150、NPE-175、NPE-200、NPE-225 および NPE-300 です。 NPE-300 7200VXR シャーシへの適合だけ。 NPE-300 は" bad CPU ID " エラーメッセージが最も頻繁に見られるコンポーネントです。 ただし、他の NPE のそのようなエラーメッセージを見ることは可能性のあるです。

ブートフラッシュ—ブートフラッシュはブートイメージをルータの最初のブーティングをするのに使用されて保持するフラッシュ メモリです。 このメモリは設定することができないし I/Oコントローラで含まれています。

システムフラッシュ—これは主要な Cisco IOSソフトウェアイメージを保持するフラッシュ メモリです。

TAC のサービスリクエストをオープンする場合に収集する情報

上記のトラブルシューティング手順を実行した後も、依然としてサポートが必要な場合は、シスコのテクニカル サポートでサービスリクエストをオープンする登録ユーザ専用)ことができます。 必ず次の一覧に示されている情報を収集してください。
  • エラー メッセージが表示されたコンソールのキャプチャ
  • 実施したトラブルシューティングの手順と、各手順を実施した際のブート シーケンスを示すコンソールのキャプチャ
  • 故障したハードウェア コンポーネントとシャーシのシリアル番号
  • トラブルシューティングのログ
  • show technical-support コマンドからの出力
収集したデータは、圧縮しないプレーン テキスト形式(.txt)でサービス リクエストに添付してください。 TAC Service Request Tool登録ユーザのみ)のケースに情報をアップロードできます。 TAC Service Request Tool にアクセスできない場合は、情報を E メールの添付ファイルとし、attach@cisco.com 宛てに送信してください。 メッセージの件名の行にサービスリクエスト番号を記入することにより、サービスリクエストに関連情報を添付できます。

注: 必要のない限り、この情報を収集する前に手動でルータをリロードしたり、ルータの電源のオフ/オンを行わないでください。 これにより、問題の根本的な原因を判断するために必要な重要情報が消えてしまう可能性があります。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 15088