ユニバーサル ゲートウェイとアクセス サーバ : Cisco AS5200 シリーズ ユニバーサル アクセス サーバ

1600、2000、2500、3000、AS5100 およびAS5200 におけるソフトウェアインストールおよびアップグレードの手順

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 3 月 1 日) | 英語版 (2015 年 11 月 10 日) | フィードバック


目次


概要

この資料に Cisco IOS をインストールする方法を説明されていますか。 「Trivial File Transfer Protocol (TFTP) サーバまたはリモート コピー プロトコル (RCP) サーバアプリケーションを使用してフラッシュ」Ciscoルータからの実行にソフトウェア。 提供される例は Cisco 1600 シリーズ ルータに基づいていますが、これは Components Used セクションで述べられるすべてのプラットフォームに適当です。

この文書に記載されている情報は Cisco IOS ソフトウェア Release 12.1 と それ以降に基づいています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

ルータかアクセスサーバ の 設定をバックアップして下さい

Cisco は Cisco IOSソフトウェアイメージをアップグレードする前にルータ/アクセスサーバ 設定のバックアップを保存することを推奨します。

ステップ 1: TFTP サーバのインストール

TFTPサーバか RCPサーバアプリケーションは TCP/IP対応ワークステーションか PC でインストールする必要があります。 アプリケーションがインストールされていれば、設定の最小レベルはこれらのステップの完了によって実行された必要があります:

  1. TFTP クライアントではなく、TFTP サーバとして動作するように、TFTP アプリケーションを設定します。

  2. 発信ファイル ディレクトリを指定します。 これは Cisco IOSソフトウェアイメージが保存されるディレクトリです(ステップを 2)参照して下さい。 ほとんどの TFTP アプリケーションには、このような設定作業用にセットアップ ルーチンが用意されています。

    多数の TFTP や RCP アプリケーションが独立系ソフトウェア ベンダーから提供されており、ワールド ワイド ウェブで公開されているシェアウェアとしても入手可能です。

ステップ 2: Cisco IOS ソフトウェア イメージのダウンロード

ワークステーションに Cisco IOSソフトウェアイメージかダウンロード ソフトウェア エリアから PC をダウンロードして下さい。

サポートをハードウェアおよび要件両方ダウンロードした Cisco IOSソフトウェアイメージを確かめて下さい。 Cisco Software Advisor ツール登録ユーザのみ)を使用してハードウェアおよび機能サポートを確認できます。 また両方の Dynamic RAM (DRAM)があるようにメモリ要件を確認して下さい、フラッシュするにルータを確かめるために十分な DRAM およびフラッシュ メモリが『Cisco IOS』 を選択 された ソフトウェア バージョンをロードするあります。 ルータのための右の Cisco IOS ソフトウェア リリースの選択のより多くのアドバイスに関しては、Cisco IOS ソフトウェア リリースを選択する方法を参照して下さい。

フラッシュから実行する設定

フラッシュインストーレーションから動作するためにこれらのステップを完了して下さい:

RCP アプリケーションの場合には、TFTP の部分をすべて RCP に置き換えます。 たとえば、copy tftp flash コマンドの代わりに copy rcp flash コマンドを使用します。

  1. ルータへのコンソール セッションを確立します。

    Telnetセッションを通ってルータに接続することは可能性のあるでも直接コンソールポートを通してルータに接続されることを強く推奨します。 原因は何かがアップグレードの間にうまくいかなければ、それのパワーサイクルを行うことを物理的にルータの隣で配置することは必要であるかもしれませんことです。 さらにルータがアップグレード手順の間にリブートしている間、Telnet接続を失います。

    圧延ケーブル(通常黒いフラットケーブル)が PC の COMポートの 1 つにルータのコンソールポートを接続するのに使用されています。

  2. PC がルータのコンソールポートに接続されれば、PC のハイパーターミナルを開く必要がありこれらの設定を使用します:

    Speed 9600 bits per second
    
    8 databits
    
    0 parity bits
    
    1 stop bit
    
    No Flow Control

    ハイパーターミナルセッションの文字化けを受け取る場合、これはハイパーターミナル特性を正しく設定 しなかった、またはルータのコンフィギュレーション レジスタはコンソール接続速度が 9600 ビット/秒より高い標準外値に設定 されますことを意味します。 コンフィギュレーション レジスタの値を show version コマンドを使用して(最後のラインで示されている)チェックし、設定 されます 0x2102 か 0x102 に確認して下さい。 考慮事項にこの変更を運ぶためにルータをリロードすることは必要です。 コンソールのスピードはルータ側の 9600 ビット/秒に設定されることを確かめれば、ハイパーターミナル特性が上で示されるように設定 されることを確認する必要があります。 HyperTerminal のプロパティの設定方法については、「コンソール接続用の適切なターミナル エミュレータの適用」を参照してください。

    ブーティング問題—ルータのコンソールポートに接続されれば、ルータが ROMmon かブートモードにあることに注意するかもしれません。 この 2 つのモードは、回復手順や診断手順用に使われます。 通常 の ルータ プロンプトが表示されない場合、アップグレード手順 の インストールと続くためにこれらの推奨事項を使用して下さい。

    • ルータは rommon モードで起動し、dir flash を発行するとこのメッセージが現れます: コマンドにより、WLC CLI で明確に示されます。

      rommon 1 > dir flash: 
      device does not contain a valid magic number 
      dir: cannot open device "flash:" 
      rommon 2 >

      このエラーメッセージが表示されるとき、それはフラッシュするが空であるか、またはファイルシステムが破損していることを意味します。 この問題を解決する方法の情報に関しては ROMmon を 使用した Xmodem コンソールダウンロード の 手順を参照して下さい。

    • ルータはコンソールのこれらのメッセージとのブートモードで、起動します:

      router(boot)>
      device does not contain a valid magic number
      boot: cannot open "flash:"
      boot: cannot determine first file name on device "flash:"

      コンソール出力のこれらのエラーメッセージを受け取るとき、フラッシュするが空であるか、またはファイル システムが破損していることを意味します。 この資料で提供される手順の完了によってフラッシュするの正しいイメージをコピーして下さい。

  3. ルータかアクセス サーバを Rxbootモードに(起動後)入るために設定して下さい。

    これらのプラットフォームで、Cisco IOSソフトウェアイメージはフラッシュ メモリから実際に直接動作します。 従ってユーザ 特権EXECモード(router#)になる場合、TFTPサーバからフラッシュするに Cisco IOSソフトウェアイメージをコピーできません。 フラッシュ メモリがユーザ priviledged Execモードの read only であることがこの出力からわかります。

    Router#show flash:
    
    PCMCIA flash directory:
    File  Length   Name/status
      1   9615124  c1600-sy-l.122-7b.bin
    [9615188 bytes used, 7162024 available, 16777212 total]
    16384K bytes of processor board PCMCIA flash (Read ONLY)
    
    Router#

    ルータかアクセス サーバを Rxbootモードに(起動後)入るために設定するためにコンフィギュレーションレジスタ値を変更しなければなりません。

    コンフィギュレーション レジスタの現在の値を確認します。 show version コマンド出力最後の行でそれを表示できます。 これは通常、0x2102 または 0x102 に設定されています。 後の手順のこの値を必要とします。

    0x2101 にコンフィギュレーション レジスタを変更して下さい。 これは Rxbootモードに(起動後)入るためにルータを準備します:

    Router>enable
    Password: 
    ! --- Enter the password here.
    
    Router#
    Router#configure terminal
    Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    Router(config)#config-register 0x2101
    Router(config)#^Z
    Router#
    %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console 
    
    !--- It is not necessary to save the configuration here, as the 
    !--- configuration register has already been changed in NVRAM.
      
    
    Router#reload
    

    Telnet によって接続される場合、セッションはリロードの後で失われます。 数分間待ち、もう一度試して下さい。 ルータがインストールされているところにほとんどの障害復旧手順は物理的に配置されるように要求するので Cisco IOS ソフトウェア アップグレードをリモートで行わないことが強く推奨されます。

  4. 次のリロードの以前のコンフィギュレーション レジスタ値を復元する。

    ルータがブートモードにある間、設定を保存しないで下さい。 (write memorycopy running-config startup-config) save コマンドを使用することを避け、現在のコンフィギュレーションを保存することを提案するプロンプトにいいえ答えて下さい。 ルータがこのモードにある間、設定を保存すれば、設定は部分的または完全に消すことができます。

    次のコマンドでは、そのコンフィギュレーションレジスタ値と****を注意しました前のステップで取り替えて下さい:

    Router(boot)>
    Router(boot)>enable
    Password: 
    Router(boot)#configure terminal
    Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
    Router(boot)(config)#config-register 0x****
    Router(boot)(config)#^Z
    Router(boot)#
    

    以前に 設定 された コンフィギュレーション レジスタの値を覚えなければ、このステップで 0x2102 を使用できます。

  5. TFTP サーバからルータへの IP 接続が確立されたことを確認します。

    TFTP サーバがルータにネットワーク接続していること、および TFTP ソフトウェア アップグレードの対象となるルータの IP アドレスに TFTP サーバから ping できることが必要です。 これを実現させるために、ルータ インターフェイスおよび TFTPサーバは次のものを持たなければなりません:

    • 同じ範囲内にある IP アドレス、または

    • デフォルト ゲートウェイの設定

  6. TFTPサーバからルータかアクセス サーバに新しいソフトウェア Cisco IOSソフトウェアイメージをコピーして下さい。

    TFTPサーバおよびルータとして機能している IP接続があり、コンピュータの間で ping できるのでフラッシュするに Cisco IOSソフトウェアイメージをコピーできます。

    コピーする前に、PC およびそれの TFTPサーバソフトウェアを TFTPサーバ ルート ディレクトリで述べられるファイル名を持ち開始するように確かめて下さい。 Cisco はアップグレードする前にルータのバックアップをまたはアクセスサーバ の 設定が保存することを推奨します。 アップグレード自体は、不揮発性 RAM(NVRAM)に保存されている設定には影響しません。 ただし、正しいステップを適切に実行しないと、設定に影響が出ることがあります。

    RCP アプリケーションの場合には、TFTP の部分をすべて RCP に置き換えます。 たとえば、copy tftp flash コマンドの代わりに copy rcp flash コマンドを使用します。

    Router (boot)#copy tftp flash
    
  7. TFTP サーバの IP アドレスを指定します。

    プロンプトが表示されたら、次の例のように TFTP サーバの IP アドレスを入力します。

    Address or name of remote host [255.255.255.255]? 172.17.247.195
    
  8. 新しい Cisco IOS ソフトウェア イメージのファイル名を指定します。

    プロンプトが表示されたら、次の例のように、インストールする Cisco IOS ソフトウェア イメージのファイル名を入力します。

    Source file name? c1600-y-l.122-7b.bin
    

    ファイル名は大文字/小文字の区別があります、従って確かめて下さい正しく入ることを。

  9. コピー先のイメージ ファイル名を指定します。

    このファイル名は、新しいソフトウェア イメージがルータにロードされたときに使用されるファイル名です。 イメージには任意の名前を付けられますが、通常は同じイメージ ファイル名を入力します。

    Destination file name [c1600-y-l.112-18.P]? c1600-y-l.122-7b.bin
  10. またはいいえはい答える前にフラッシュデバイスを消して下さい

    このプロンプトが表示される時:

    Erase flash device before writing? [confirm] yes/no
    
    • 新しいものをコピーする前にルータのフラッシュ メモリの既存の常駐ソフトウェアイメージを消すためにはい入力して下さい。

    • 既存のソフトウェア イメージを保持する場合は no と入力します。 両方を保存する十分なメモリがあることを確認して下さい。

    コピー プロセスは数分かかります。 この時間はネットワークごとに異なります。 コピー処理中に、どのファイルにアクセスしているかを示すメッセージが表示されます。

    感嘆符は(!)コピー プロセスが起こっていることを示します。 各感嘆符は(!) 10 のパケットが正常に転送されたことを示します。 イメージがフラッシュ メモリに書き込まれた後、イメージのチェックサム検証が行われます。 ソフトウェアアップグレードが完了するときルータかアクセス サーバは新しいイメージとリロードされなければなりません。

  11. リロードする前に、イメージのインストールを確認します。

    イメージがフラッシュ メモリに正しくインストールされ、boot system コマンドがロードするファイルを適切に示していることを確認します。

    リロードするために、入力して下さい:

    Router(boot)#reload
    *Mar 1 00:30:49.972: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
    System configuration has been modified. Save? [yes/no]: NO
    Proceed with reload? [confirm] YES
    
  12. ルータで正しいイメージが稼働していることを確認します。

    リロードが完了すると、ルータでは必要な Cisco IOS ソフトウェア イメージが稼働しているはずです。 アップグレードを確認するために show version コマンドを発行して下さい。

出力例 - Cisco 1600 シリーズルータ - フラッシュから実行する設定

Router >enable
Password:
Router#show version
Cisco Internetwork Operating System Software 
IOS (tm) 1600 Software (C1600-NY-L), Version 12.0(9), RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-2002 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 05-Mar-02 01:14 by pwade
Image text-base: 0x08039850, data-base: 0x02005000

ROM: System Bootstrap, Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT RELEASE 
SOFTWARE (fc1)
ROM: 1600 Software (C1600-BOOT-R), Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT 
RELEASE SOFTWARE (fc1) 

Router uptime is 7 minutes
System returned to ROM by reload
System image file is "flash:c1600-ny-l.120-9.bin"

cisco 1602 (68360) processor (revision C) with 7680K/2560K bytes of memory.
Processor board ID 14236252, with hardware revision 00000000
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
1 Serial network interface(s)
On-board Switched 56K Line Interface.
System/IO memory with parity disabled
2048K bytes of DRAM onboard 8192K bytes of DRAM on SIMM 
System running from FLASH
7K bytes of non-volatile configuration memory.
12288K bytes of processor board PCMCIA flash (Read ONLY)

Configuration register is 0x2102

!-- This is the original value of the configuration register.


Router#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Router(config)#config-register 0x2101 
Router(config)#^Z
Router#
*Mar  1 00:03:32.656: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by console
Router#reload
Proceed with reload? [confirm]
 
*Mar  1 00:02:00: %SYS-5-RELOAD: Reload requested

System Bootstrap, Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1997 by cisco Systems, Inc.
C1600 processor with 10240 Kbytes of main memory

              Restricted Rights Legend

Use, duplication, or disclosure by the Government is
subject to restrictions as set forth in subparagraph
(c) of the Commercial Computer Software - Restricted
Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
(c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.

           cisco Systems, Inc.
           170 West Tasman Drive
           San Jose, California 95134-1706


Cisco Internetwork Operating System Software 
IOS (tm) 1600 Software (C1600-BOOT-R), Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT 
RELEASE SOFTWARE (fc1) 
Copyright (c) 1986-1997 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 18-Mar-97 14:01 by ccai
Image text-base: 0x04018060, data-base: 0x02005000

cisco 1602 (68360) processor (revision C) with 9728K/512K bytes of memory.
Processor board ID 14236252
X.25 software, Version 2.0, NET2, BFE and GOSIP compliant.
1 Ethernet/IEEE 802.3 interface.
1 Serial network interface.
On-board Switched 56K Line Interface.
System/IO memory with parity disabled
8K bytes of non-volatile configuration memory.
12288K bytes of processor board PCMCIA flash (Read/Write)


Press RETURN to get started!

00:00:14: %LINK-3-UPDOWN: Interface Ethernet0, changed state to up

Router(boot)>enable
Password:
Router(boot)#
Router(boot)#configure terminal
Enter configuration commands, one per line.  End with CNTL/Z.
Router(boot)(config)#config-register 0x2102
Router(boot)(config)#^Z
Router(boot)#
Router(boot)#ping 172.17.247.195
 
Type escape sequence to abort.
Sending 5, 100-byte ICMP Echoes to 172.17.247.195, timeout is 2 seconds:
!!!!!
Success rate is 100 percent (5/5), round-trip min/avg/max = 1/200/1000 ms
 
Router(boot)#copy tftp flash
 
PCMCIA flash directory:
File  Length   Name/status
  1   5235300  /c1600-ny-l.120-9  
[5235364 bytes used, 7347548 available, 12582912 total]
Address or name of remote host [255.255.255.255]? 172.17.247.195
Source file name? c1600-y-l.122-7b.bin
Destination file name [c1600-y-l.122-7b.bin]? y
Accessing file 'c1600-y-l.122-7b.bin' on 172.17.247.195...
Loading c1600-y-l.122-7b.bin from 172.17.247.195 (via Ethernet0): ! [OK]

 
Erase flash device before writing? [confirm] NO

!--- Enter "Yes" if your router does not have enough memory in the 
!--- Flash for both Cisco IOS software images.


  
Copy 'c1600-y-l.122-7b.bin' from server
  as 'c1600-y-l.122-7b.bin' into Flash WITH erase? [yes/no]N
Loading c1600-y-l.122-7b.bin from 172.17.247.195 (via Ethernet0): !!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!
!
[OK - 7120752/12582912 bytes]

Verifying checksum...  OK (0xA523)
Flash device copy took 00:06:28 [hh:mm:ss]
 
Router(boot)#reload
*Mar  1 00:30:49.972: %SYS-5-CONFIG_I: Configured from console by consoled
 
System configuration has been modified. Save? [yes/no]: NO
Proceed with reload? [confirm] YES
 
*Mar  1 00:13:15: %SYS-5-RELOAD: Reload requested

System Bootstrap, Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1997 by cisco Systems, Inc.
C1600 processor with 10240 Kbytes of main memory

              Restricted Rights Legend

Use, duplication, or disclosure by the Government is
subject to restrictions as set forth in subparagraph
(c) of the Commercial Computer Software - Restricted
Rights clause at FAR sec. 52.227-19 and subparagraph
(c) (1) (ii) of the Rights in Technical Data and Computer
Software clause at DFARS sec. 252.227-7013.

           cisco Systems, Inc.
           170 West Tasman Drive
           San Jose, California 95134-1706


Cisco Internetwork Operating System Software 
IOS (tm) 1600 Software (C1600-Y-L), Version 12.2(7b), RELEASE SOFTWARE (fc1)
Copyright (c) 1986-2002 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 05-Mar-02 01:14 by pwade
Image text-base: 0x08039850, data-base: 0x02005000

cisco 1602 (68360) processor (revision C) with 7680K/2560K bytes of memory.
Processor board ID 14236252, with hardware revision 00000000
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
1 Serial network interface(s)
On-board Switched 56K Line Interface.
System/IO memory with parity disabled
2048K bytes of DRAM onboard 8192K bytes of DRAM on SIMM 
System running from FLASH
7K bytes of non-volatile configuration memory.
12288K bytes of processor board PCMCIA flash (Read ONLY)
 
Press RETURN to get started!

正しい Cisco IOSソフトウェアイメージがロードされること、そしてコンフィギュレーション レジスタが 0x2102 であることを確認するために show version コマンドを発行して下さい。

Router >enable
Router# show version
Cisco Internetwork Operating System Software 
IOS (tm) 1600 Software (C1600-Y-L), Version 12.2(7b), RELEASE SOFTWARE 
(fc1)
Copyright (c) 1986-2002 by cisco Systems, Inc.
Compiled Tue 05-Mar-02 01:14 by pwade
Image text-base: 0x08039850, data-base: 0x02005000

ROM: System Bootstrap, Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT RELEASE 
SOFTWARE (fc1)
ROM: 1600 Software (C1600-BOOT-R), Version 11.1(10)AA, EARLY DEPLOYMENT 
RELEASE SOFTWARE (fc1) 

Router uptime is 7 minutes
System returned to ROM by reload
System image file is "flash:c1600-y-l.122-7b.bin"

cisco 1602 (68360) processor (revision C) with 7680K/2560K bytes of memory.
Processor board ID 14236252, with hardware revision 00000000
Bridging software.
X.25 software, Version 3.0.0.
1 Ethernet/IEEE 802.3 interface(s)
1 Serial network interface(s)
On-board Switched 56K Line Interface.
System/IO memory with parity disabled
2048K bytes of DRAM onboard 8192K bytes of DRAM on SIMM 
System running from FLASH
7K bytes of non-volatile configuration memory.
12288K bytes of processor board PCMCIA flash (Read ONLY)

Configuration register is 0x2102

関連情報


Document ID: 15084