アプリケーション ネットワーキング サービス : Cisco 500 シリーズ コンテンツ エンジン

Cisco IOS および Cisco Content Engine ソフトウェアの WCCP サポート

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

資料は Cisco IOS に Web Cache Communication Protocol (WCCP) サポートを提供したものですか。 ソフトウェアおよび Cisco Content Engine ソフトウェア。 WCCP は、次の表に示すすべてのサポート対象プラットフォームのソフトウェア交換パス内で実装されます。 WCCP は、プロセス、ファースト、および Cisco Express Forward(CEF)ベースの転送パスに使用できます。

Cisco によって開発される WCCP は 1 つ以上 の ルータ(またはレイヤ3スイッチ)間の相互対話、と 1つ以上の Webキャッシュを規定 します。 相互対話はルータのグループによってトラフィック フローの選択されたタイプの透過的なリダイレクションを確立および維持します。 選択したトラフィックは最適化リソース使用の目標を用いる Webキャッシュのグループに低下応答時間リダイレクトされ。

はじめに

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

前提条件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

Cisco IOSソフトウェアに対するWCCP サポート

Cisco IOS 機能 ナビゲータ登録ユーザのみ)ツールの使用によってそれぞれ WCCP バージョン(バージョン 1 (v1)またはバージョン 2 (v2))のためのルータのプラットフォームおよび Cisco IOS ソフトウェア リリースを確認できます。

Cisco Cache Engine ソフトウェアに対するWCCP サポート

下記の表は WCCP のどんなバージョンがそれぞれ Content Engine ソフトウェアでサポートされるか示します。

WCCP バージョン Content Engine バージョン
WCCPv1
WCCPv1 WCCPv2 1.76 またはより高い


関連情報


Document ID: 15065