ダイヤルとアクセス : 非同期接続

モデムのトラブルシューティング

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 6 月 20 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

最近のアナログ モデム通信は非常に複雑になってきています。 最新のテクノロジーはもはやシンプルで基本的なレイアウトを必要としておらず、電話会社(Telco)クラウドがデジタル テクノロジーを基盤としてエンドツーエンドで構築されることを求めています。 このため、複雑化という代償はあったものの、帯域幅が劇的に増加しました。 現在、モデムのコール接続のほとんどでは次の図に示すコンポーネントが利用されています。

/image/gif/paws/14280/anatomy.gif

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

ローカル ループは Telcoクラウドが付いているエラーなしのインターフェイスを提供します。 リモート クライアントにはアナログ ループまたはデジタル ループのどちらかを備えることができ、アクセス サーバは通常はデジタル ループ経由で動作するように設計されています。 ループの 1 つが失敗した場合、端間のそれ以上の接続はまた失敗します。

Telcoクラウドはデジタル信号を、エンドツーエンド透過的に送信します。 中央のリンクがこの要件を(のような、デジタルに余分アナログ変換、音声 チャネル 圧縮、散発的データ損失、等)満たさなければ、モデム接続はどちらの端もループと何でも間違って見ないのに可能性が高いです影響を受ける。

要約すると、粗末な低いコール成功率(CSR)は速度を、頻繁なリトレイン、等、ではないです必ずしも悪いモデム 設計の現象接続します。 まずチェックされる必要があるのはモデムではないかもしれません。

トラブルシューティング

このセクションはモデムに erlated よくある問題をリストし方法で情報をそれらを修復する提供します。

ダイヤルアップ クライアント Telco(電話会社) アクセス サーバ
デジタルおよびアナログ ロケーション
  1. 影響を受けるただある特定の場所のクライアント。
  2. 異なるモデムのブランドは違いを生じません。
  3. 他の場所からのクライアントは接続します。
モデム ブランド
  1. ある特定のモデム機種またはブランドのクライアントは影響を受けています。
  2. 同じ場所の同じクライアントは他のモデルかブランドを使用すると接続します。
デジタルおよびアナログ DS1 回線
  1. さまざまなモデム機種とのさまざまな場所からの呼び出しかある特定の番号へのブランドは(DS1 かアクセス サーバ)影響を受けています。
  2. 同じ場所の同じクライアントは他の数に良く接続します。
更に続行する前に、アクセス サーバの設定をチェックして下さい。 下記の推奨事項はアクセス サーバが正しく設定され、解決する必要がある明確に 明らかになった問題点いくつかあると仮定します。
接続性なし モデムおよびデジタルコールを両方送信するクライアントは接続に関する問題を報告します ある特定のアカウントのクライアントは接続できません モデムのいくつかのモデルは同じ場所の他はできるが接続されることができません モデムおよびデジタルコールを両方送信するクライアントは接続に関する問題を報告します ある特定の数への呼び出しは(DS1 かアクセス サーバ)接続されません モデムがコールを選択しない
モデムは選びますが呼び出しを、トレインしません
劣悪な接続性 ある特定の Locations レポート 劣悪な接続のクライアント モデムの特定のモデルに劣悪な接続があります ある特定の数への呼び出しに(DS1 かアクセス サーバ)劣悪な接続があります モデムはトレインしますが、接続は粗末です
モデムはトレインしますが、PPP は開始しません
不安定な接続性 ある特定の場所のクライアントは、以降、コール ドロップ接続します モデムの特定のモデルは接続されますが、コールが廃棄する以降 ある特定の数への呼び出しは(DS1 かアクセス サーバ)、コールが廃棄する以降接続されますが モデムはトレインし、PPP は、コール 以降ドロップ開始します
特に問題は見つからないが、CSR が低い

モデムおよびデジタルコールを両方送信するクライアントは接続に関する問題を報告します

時々、モデム(V.92、V.90、V.34)およびデジタル(ISDN、Switched 56、V.110 または V.120)販売報告書接続に関する問題を両方置くクライアント。

概要で説明したように、モデム プロトコルの伝送はデジタル テクノロジーに基づいています。 モデム プロトコルはデジタルよりもエラーの起こりやすいアナログ通信を起源としていることから、回線エラーに対してより堅牢であり、適応性があります。 このような問題は非常に気づきにくいかもしれませんが、実際に発生しています。 最初に、デジタルコールをトラブルシュートして下さい:

  • アクセス サーバと最も近い Telco交換機間の行がエラーがないことを確認するためにコントローラおよびインターフェイス統計情報をチェックして下さい。 Ciscoイクイップメントを使用するアクセス サーバおよびクライアントの場合、コントローラおよびインターフェイス レベルで統計情報をチェックできます。 サードパーティ製品に関しては、ベンダードキュメンテーションに続くか、またはプロトコル アナライザを得て下さい。 統計情報は Telco 側でもチェックする必要があります(近接の Telco 交換機に送信された信号にのみ、問題の影響が及ぶ場合に対応するため)。

  • カウンタに問題がないものの、回線が Telco 交換機内で直接終端していない場合(中間にライン エクステンダや交換機がある場合)は、Telco 交換機へのパス全体についてエラーがないかを確かめます。

  • 行が確認されたきれいだった後、シグナリングをチェックして下さい。 Channel Associate Signals (CAS)トラブルシューティング テクニックに関しては、ISDN 接続のトラブルシューティングを参照して下さい。

詳細については、汎用モデムおよび NAS回線 の品質の概要を参照して下さい。

注: モデムを解決するように試みる前にこれらのチェックをすべて行って下さい

ある特定のアカウントのクライアントは接続できません

ある特定のアカウントのクライアント、か、接続できませんある特定の場所から呼出すクライアントは。 いくつかのモデムのブランドは他の場所のクライアントは影響を受けないようではないが満足な結果無しで、接続することを試みます。

これらの問題ではモデム自体には原因がないと考えられます。 アカウントはモデムプロトコル(PPP、AAA、RPMS、等)の上に常駐するアプリケーションかプロトコルによって(呼出すおよび呼出 し 番号 ID、名前およびパスワード)処理されます。 それはプロトコルかアプリケーションが取除かれるか、または変更される必要がある場合モデムの解決を助けないかもしれません。

更に続行するために、解決することを試みて下さい:

特徴が複雑(のような、発信者番号または呼出 し 番号の ID を使用して)でなければ、問題は Telcoクラウドにどこかにあることをようです。 別の位置に同じモデムを移す場合、1 つのファクタだけが変更します: すなわちコール パスのみ。 変更が問題を解決して十分である場合エンドポイントは正しく設定され、更に解決する必要がない場合もあります。 アクセス サーバと近接の Telco(電話会社) 交換機との間の Telco 回線はおそらく正常であり、特定のクライアントにのみ問題が存在します。 考えられる回避策として、モデムの設定を調べる方法があります。これが見つかれば、Telco(電話会社) の問題に関係なく、モデムからの接続が可能になります。 詳細については、モデムを最適化することを参照して下さい。

注: この回避策は解決策ではありません。 ソリューションを見つけるために、クライアントと最も近い Telco交換機間の行を調査するために電話会社に連絡しコール パスに沿って促進して下さい

ある特定の Locations レポート 劣悪な接続のクライアント

時折、ある特定の Locations レポート 劣悪な接続のクライアント。 これには下位が接続します速度を、頻繁にリトレイン、高いエラー発生率、等含まれています。 いくつかのモデムのブランドは他の場所は影響を受けないようではないが満足な結果無しで接続することを試みます。

特徴が複雑(のような、RPMS のための発信者番号または呼出 し 番号の ID を使用して)でなければ、問題は Telcoクラウドにどこかにあることをようです。 別の位置で同じモデムを使用する時、1 つのファクタだけが変更します: すなわちコール パスのみ(Telco クラウド内部では着信コールと発信コールとでパスが異なってもよい)。 変更が問題を解決して十分である場合エンドポイントは正しく設定され、更に解決する必要がない場合もあります。 アクセス サーバと近接の Telco (電話会社) 交換機との間の Telco (電話会社) 回線はおそらく正常であり、特定の場所にのみ問題が存在します。 問題はクライアントに近接する Telco (電話会社) 交換機にある可能性が高いと考えられます。 疑わしい呼び出しがアクセス サーバでまったく到着するダイヤルアップ技術で説明されているようにかどうか、チェックして下さい: Troubleshooting Techniques」

(たとえば)コールがそれを作る、およびクライアントと最も近い Telco交換機間の Telco回線がきれい他のローカル 番号、サンノゼ ダイヤルイン ラボのような、かオーストラリア Dial-in Lab を呼出す時クライアントが問題を見ない場合、同様にようである場合、更に解決するために全コール パスをチェックする必要がある場合もあります。

コール パスをチェックするため:

  • まず、問題の原因として考えられる内部配線をチェックします。

    • 接続応答 配線上の 2 つのクライアント側のモデム続けて(1 モデム インポートにコールを待っているダイヤルトーン 使用 ATX3D なしでし、他のモデムを待っている答えさせますリング場合使用 ATA なしで)。 モデムがトレインした、データモードに入る後、ライン上のトラフィックを生成し、そして modems into コマンド モードを切り替えるのにエスケープシーケンス(通常 Hayes +++ か TIES +++AT)を使用しライン パラメータ(信号対雑音比[SNR]、信号品質、リトレイン、等)を確認して下さい。

    • 同じ電話回線にモデムと並列に接続されている機器をすべて取りはずします。

    • ネットワーク インターフェイスからモデムに直接、電話線(クワッドまたは Unshielded Twisted Pair(UTP; シールドなしツイストペア線)が望ましい)をつなぎます。

  • クライアント モデムが製造元からの最新のファームウェアを実行していること(サーバ モデムがサポートしているプロトコルと一致していること)を確認します。 またもっと耐久性をもって接続できるようにクライアント側のモデムを再構成したいと思うかどうか確認して下さい。 詳細については、「モデムの微調整」を参照してください。 たとえば、クライアント側のモデムの DCE 速度を制限することを試みることができます。 それが Rockwellクライアントである場合、接続します 42Kbps で AT+MS=56,1,300,42000 を K56Flex を試みるために使用するように試みて下さい。 あるいは、V.34 を 19.2Kbps で接続する場合は +MS=11,1,300,19200 を試してみてください。

  • 更なる分析のためのクライアントをログオンするleavingcisco.com イネーブル モデム

  • 複数の A/D 変換の USR モデムによってチェックして下さいleavingcisco.com

  • Microsoft Windows を使用する場合、接続解除コードをチェックして下さいleavingcisco.com

  • USR モデム AT i11ルーセント モデムleavingcisco.com AT i11 によって接続診断をチェックして下さいleavingcisco.com

  • CPU で実行される Winmodem を使用している場合は、接続のトラブルシューティングを行うための既存の AT コマンドについてモデム ベンダーに問い合せます。 モデム ベンダーによっては Microsoft からの UnIModem 診断コード(AT#UG)を使用している場合があります。

コール パスの調査では Telco とのより緊密な連携が必要になる場合があります。 潜在的な問題を明らかにするために、汎用モデムおよび NAS回線 の品質の概要に記述されているように show modem operational-status コマンドで特定のコールがあるように接続パラメータを、確認して下さい。 詳細については、このリリース ノートを参照して下さい。 考えられる回避策として、モデムの設定を調べる方法があります。これが見つかれば、Telco の問題に関係なく、モデムからの接続が可能になります。 モデムを最適化することを参照して下さい。

ある特定の場所のクライアントは、以降、コール ドロップ接続します

いくつかの場所のクライアントが接続できるがコールはいつかの後で廃棄します。 いくつかのモデムのブランドは他の場所は影響を受けないようではないが満足な結果無しで接続することを試みます。

特別な機能が関与していない限り(たとえば RPMS の発信元または発信先番号 ID など)、問題は Telco クラウド内部のどこかに存在すると考えられます。 別の位置で同じモデムを使用する場合、1 つのファクタだけが変更します: Telcoクラウドの中では、着信 および 発信コールのためのパスが異なるかもしれないことを)コール パス(また覚えて下さい。 変更が問題を解決されて得て十分である場合アクセス サーバは可能性が高く正しく設定される更に解決するように要求しないかもしれません。 アクセス サーバと近接の Telco 交換機との間の Telco 回線もおそらく正常であり、特定の場所でのみ問題が発生しています。 ダイヤルアップ クライアントが問題の根本原因でないことを確かめるため、次のことを確認します。

呼び出しはマウント接続エラーが切断された原因であることを調査が明らかにしたら、モデムが Telco関連の問題にもかかわらず接続するようにするモデム設定を見つけることを試みて下さい。 詳細については、モデムを最適化することを参照して下さい。

注: この回避策は解決策ではありません。 解決策を見つけるには、Telco に連絡してクライアントと近接の Telco 交換機との間の回線を調査し、さらにコール パスに沿って調査を進めてください。

モデムのいくつかのモデルは同じ場所の他はできるが接続されることができません

時々、モデムのいくつかのモデルは同じ位置の他のモデルはそうされるが接続されることができません。 この問題はベンダーの互換性に原因がある可能性があります。 丁度接続解除がなぜ発生するか識別するために、モデムログを接続解除の原因についてチェックして下さい。 (注を 1)また参照して下さい:

可能性のある回避策はモデムを避ける互換性の問題を有効に する設定を識別することです。 詳細については、モデムを最適化することを参照して下さい。 回避策が役に立たない場合(専用機能をすべて無効にする場合など)は、クライアント モデムのベンダーに連絡して詳細なトラブルシューティングを行ってください。

PPP を取除くようにして下さい。 クライアント モデムは Windows HyperTerminal などのターミナル プログラムから AT コマンドを使用してダイヤルしているはずです。 アクセス サーバにおいて、どのユーザについても PPP が自動的に開始されないように設定し、それでも exec ログインは許可されるように設定します(たとえば、グループ非同期インターフェイスで async mode interactive を設定し、回線で autoselect ppp を設定します)。 これは接続されて、クライアントが直接モデムからの有用な情報を制御し、グリーニングできる接続に重点を置くために exec トラフィックを生成できるようにあり。

クライアント ターミナルで、セッションを記録 し始めて下さい(Transfer > Capture Text in HyperTerminal の順に選択 して下さい)。

  • クライアント側のモデムからの次の情報を収集して下さい:

    • ATI、ATI0、ATI1、ATI2。

    • AT&V0、AT&V1、AT&V2。

    注: いくつかのコマンドはいくつかのモデムのエラーを返すかもしれません。 そのようなエラーを無視できます。

  • モデムを工場出荷時状態(か別の方法で望ましい設定に)リセットし、スピーカーが常時接続であることを確認して下さい:

    • AT&F

    • ATL2M2

  • .WAV ファイルにコールを記録し始めて下さい。 Windows NT でそうするために、Start > Programs > Accessories > Multimedia > Sound Recorder の順に選択 して下さい。

    赤いボタンはダイヤルし始めるまで記録を開始しますが、見つけません。 HyperTerminal ウィンドウで、ダイヤルを開始します。

  • ATDT <number>

    コールが接続されないか、または必須変調がネゴシエートされなかったら、キャリアがターミナル ウィンドウに現われなかった後記録を停止して下さい。 問題がコールは望まれるように接続されるがこと、ことなら .WAV ファイルを記録し続けるため時間切断されていた後。 サウンドレコーダーを使用する場合毎分 red record ボタンを再度押す必要があります。

    コールが望んでいる変調か不必要な 1 で、接続されたら、接続されている間次の興味深い情報を収集して下さい。

    • サーバ側、show modem operational-status (MICA、NextPort)またはモデム at-mode/at@e1 (Microcom)情報。

    • クライアント側で、AT モードに +++ によってエスケープし、ATI6 を、AT&V1、AT&V2 得て下さい。 ATO によりオンラインに戻ることができます。

  • コールが完了するとき、サウンドレコーダー ファイルを保存して下さい。 これを行うために、File > Save As > Format Change の順に選択 して下さい。

    Format: PCM

    帰因します: 8.000 kHz、8 ビット、モノラル 7 kb/sec

    File name : filename.wav

分析のための Cisco Technical Assistance Center (TAC)に収集する情報を送信 して下さい。

モデムの特定のモデルに劣悪な接続があります

下位の点では特定のモデル フェイス劣悪な接続は速度を、頻繁にリトレイン、高いエラー発生率、等接続します。 同じ場所の他のモデルによい接続があります。

この問題はベンダーの互換性に原因がある可能性があります。 丁度接続解除がなぜ起こるか識別するために、モデムログを接続解除の原因についてチェックして下さい。 (注を 1)また参照して下さい:

次の調査はまた取除くある特定のクライアント側のモデムがなぜの壊れるか光をかもしれません:

  • まず、問題の原因として考えられる内部配線をチェックします。

    • 接続応答 配線上の 2 つのクライアント側のモデム続けて(1 モデム インポートにコールを、使用 ATX3D 待っているダイヤルトーンなしでし、他のモデムを待っている答えさせますリング場合、使用 ATA なしで)。 モデムがトレインした、データモードに入る後、ライン上のトラフィックを生成し、そして modems into コマンド モードを切り替えるのにエスケープシーケンス(通常 Hayes +++ か TIES +++AT)を使用しライン パラメータ(SNR、信号品質、リトレイン、等)を確認して下さい。

    • 同じ電話回線にモデムと並列に接続されている機器をすべて取りはずします。

    • ネットワーク インターフェイスからモデムに直接、電話線(クワッドまたは UTP が望ましい)をつなぎます。

  • クライアント モデムが製造元からの最新のファームウェアを実行していること(サーバ モデムがサポートしているプロトコルと一致していること)を確認します。 またもっと耐久性をもって接続できるようにクライアント側のモデムを再構成して下さい。 モデムを詳細については最適化することを参照して下さい。 たとえば、クライアント側のモデムの DCE 速度を制限することを試みることができます。 それが Rockwellクライアントである場合、試み AT+MS=56,1,300,42000 は 42Kbps で K56Flex を試みるために接続します。 あるいは、V.34 を 19.2Kbps で接続する場合は +MS=11,1,300,19200 を試してみてください。

  • 更なる分析のためのクライアントをログオンするleavingcisco.com イネーブル モデム

  • 複数の A/D 変換の USR モデムによってチェックして下さいleavingcisco.com

  • Microsoft Windows を使用する場合、接続解除コードをチェックして下さいleavingcisco.com

  • USR モデム AT i11ルーセント モデムleavingcisco.com AT i11 によって接続診断をチェックして下さいleavingcisco.com

  • CPU で実行される Winmodem を使用している場合は、接続のトラブルシューティングを行うための既存の AT コマンドについてモデム ベンダーに問い合せます。 モデム ベンダーによっては Microsoft からの UnIModem 診断コード(AT#UG)を使用している場合があります。

考えられる回避策として、モデムの設定を調べる方法があります。これが見つかれば互換性の問題を回避できます。 モデムを最適化することを参照して下さい。 回避策が(たとえば、ディセーブルにすることはアクセス サーバ 内部モデムでリトレインします)助けなかったら、更に解決するためにクライアント側のモデムベンダーに連絡して下さい。

モデムの特定のモデルは接続されますが、コールが廃棄する以降

モデムのいくつかのモデルは接続されられますがコールが廃棄する以降。 同じ場所の他のモデルは接続されられてとどまります。

この問題はベンダーの互換性に原因がある可能性があります。 接続解除がなぜ起こるか識別するために、次をチェックして下さい(注を 1)また参照して下さい:

呼び出しはマウント接続エラーが切断された原因であることを調査が明らかにすれば、可能性のある回避策はモデムが互換性の問題を避けるようにする設定得ることですかモデムファームウェアを。 詳細および互換性 マトリックスに関してはモデムを最適化することを参照して下さい。 回避策が(最大速度を手動で制限するか、またはキャップする積極的なモデムを使用することのような)助けなかったら、更に解決するためにクライアント側のモデムベンダーに連絡して下さい。

ある特定の数への呼び出しは(DS1 かアクセス サーバ)接続されません

各種のモデム モデルによる、さまざまな場所から特定の番号(DS1 またはアクセス サーバ)へのコールが接続できない。 同じ場所の同じクライアントは他のローカル 番号に良く接続します(サンノゼ ダイヤルイン ラボ、かオーストラリア Dial-in Lab のような)。

コントローラで統計情報およびエラーに関してはインターフェイス レベルをチェックして下さい(詳細については概要を参照して下さい)。 たとえばアクセス サーバが複数の Telco回線を終了したら、行が同じプロバイダから奪取 する必要があることをすべての行が同期されるクロック 同期で説明されているようにように(通常それは意味します)、して下さい。 チェックはアクセス サーバおよび Telco側両方(問題がアクセス サーバから最も近い Telco交換機に来るで場合に影響を与えれば、アクセス サーバはエラーを報告しないかもしれません)される必要があります。 モデム トラブルシューティングを続行する前に No エラーが T1/E1 層に事実上あることを確認して下さい。

次に呼び出しがダイヤルアップ技術で説明されているようにアクセス サーバに、達することを、確かめて下さい: Troubleshooting Techniques」 呼び出しが到着する場合、show controller <e1|t1> コール カウンター コマンドをチェックして下さい。 いくつかの Telco関連の問題に関しては、ある特定の DS0 はレポート非常に低い接続時間および非常に多くの呼び出しを一般的にチャネリングします。

最後のテストに関しては、Telco はアクセス サーバが Telco交換機によってそれ自身と呼出されることを可能にする必要があります。 また、アクセス サーバとスイッチ間のパスでアナログからデジタルへの余分な変換が発生していないことも確認します。 このような変換は近端エコーを発生させます。近端エコーはデジタル モデムで処理できない場合があり、PCM モデムの接続動作が妨げられます。 Telco に T1 または E1 リンクを設定するとき、アクセス サーバと Telcoスイッチ間に完全 な デジタル 回線があることを確かめて下さい。 スイッチへの直接の T1 または E1 リンクが存在する場合はこれに該当します。 チャネルがチャンネルバンクを通して、再度たとえば、およびデジタル・アナログおよび背部からそれにより変換されてルーティングされれば、チャネルのデジタル 統合は失われます。 この結果、次のようになります。

  • Pulse Code Modulation(PCM; パルス符号変調)(V.90、K56Flex、または X2)モデム変調が使用できない。 V.34 だけ以下に使用することができ V.34 パフォーマンスは損なわれるかもしれません。

  • Switched 56 のようなデジタルサービスか ISDN データは提供することができません。

  • デジタルモデムは、MICA のような、ニアエンドエコーの高レベルが原因でよく動作しません。

近端 A-D 変換の MICA の一般的 な 症状は次のとおりです:

  • PCM (K56Flex か V.90)キャリア無し。

  • mediocre (19.2 -市内電話のための 26.4) V.34 キャリア。

  • 長距離電話が V.34、V.32bis、または V.32 でトレイン アップできない。 ただし、クライアント側のモデムが 2400bps V.22bis でキャップされれば、罰金の上でトレインできます。

    注: V.22bis はエコー 消去を必要としません。

Telco がアクセス サーバに完全 な デジタル 回線を渡すことができない場合 MICA (か他のデジタルモデム)、およびそれですサラ(Cisco 2600 または 3600 routers の統合されたアナログ Microcomモデム)のような V.34 アナログ モデムを、使用してがより適切推奨されません。

スイッチへのパスがデジタルモデムのために適しているかどうか判別するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. ダイヤルアウトを可能にするために DS1 行が設定されるようにして下さい。

  2. どのモデムがコールに応答するか識別することを debug modem がおよび debug modem csm または debug csm modem 可能にして下さい。

  3. 逆 Telnet接続をモデムに確立し、コールを送信して下さい。

  4. モデムがトレインした後、トラフィック(のような、terminal length 0 および show tech-support を)生成し、そして両端で show modem operational-status をチェックして下さい。

最も近い Telco交換機に行における問題を示唆するほとんどの一般的 な 症状は次のとおりです:

  • 規則的な Error Correction (EC) 再送信。

  • 総リトレイン カウンターの連続的な増加。

  • 信号品質(SQ)値より少しより 3。

  • 30 dB の下の Signal to Noise Ratio (SNR)。

  • 水平な送信するの下の大いに受信レベル。

  • ゼロ以外の周波数オフセット、フェーズジッタ周波数、フェーズジター レベルまたはフェーズ ロール。

  • 遠端エコー水平な -40 以下 dB。

  • 回線の途中にギャップがあるか、またはエッジでかなりのロールオフが見られる。

近端(送話器またはローカルとも呼ばれます)エコーは発信者の信号の一部分であり、ローカルの Central Office(CO; 電話局)から発信者のローカル ループを経由して、反射して発信者に戻ります。 近端エコーは通常はアナログ回線上のモデムにのみ見られます。これは、ハイブリッドでのインピーダンスの不一致が原因で起こるためです。ハイブリッドとは、2 線のアナログ ローカル ループを 4 線の Telco 送信ネットワークに結合する変成器です。

遠端エコーとは、リモート モデムのアナログ フロント エンドで反射された送信アナログ信号の一部です。

次のダイアグラム:

  • FEC - 遠端エコー

  • NEC - 近端 エコー

エコーtest.gif

FEC - 遠端エコー NEC - 近端エコー 最近の変調方式(V.32 以上)では、エコー キャンセラを使用して送信信号と受信信号を同時に使用可能とすることで、同じ周波数帯域を占めるようになっています。 これらに送信される場合を把握するデジタル信号プロセッサ(DSP)があり次に場合からの場合が受け取ったこと引きます。 最近のクライアント(アナログ回線側)モデムは近端および遠端の両方のエコー キャンセラを備えています。 MICA モデムは遠端エコー キャンセラのみ備えており、近端エコー キャンセラは備えていません。これは、アナログ ローカル ループへの接続を想定していないためです。 デジタルのローカル接続を使用すれば、近端エコーは事実上発生しません。

よい T1 (スイッチにデジタル)および悪い(変換される A-D) T1 からの show modem operational-status 出力のいくつかの例はここにあります。 終端エコーの違いに加えて、またその SNR 違いに(41 dB 対 35 dB)終ります平凡な 28800 キャリアと比較される完全な 33600 キャリアという結果に注意して下さい。

有効な接続

   isdn2-9>show modem operation 1/55
   Modem(1/55) Operational-Status:

    Parameter #0  Disconnect Reason Info:  (0x0)
          Type (=0 ):  <unknown>
         Class (=0 ):  Other
        Reason (=0 ):  no disconnect has yet occurred
    Parameter #1  Connect Protocol:  LAP-M
    Parameter #2  Compression:  V.42bis both
    Parameter #3  EC Retransmission Count:  0
    Parameter #4  Self Test Error Count:  0
    Parameter #5  Call Timer:  44 secs
    Parameter #6  Total Retrains:  0
    Parameter #7  Sq Value:  4
    Parameter #8  Connected Standard:  V.34+
    Parameter #9  TX,RX Bit Rate:  33600, 33600
    Parameter #11 TX,RX Symbol Rate:  3429, 3429
    Parameter #13 TX,RX Carrier Frequency:  1959, 1959
    Parameter #15 TX,RX Trellis Coding:  16, 16
    Parameter #16 TX,RX Preemphasis Index:  0, 0
    Parameter #17 TX,RX Constellation Shaping:  Off, Off
    Parameter #18 TX,RX Nonlinear Encoding:  Off, Off
    Parameter #19 TX,RX Precoding:  Off, Off
    Parameter #20 TX,RX Xmit Level Reduction:  0, 0 dBm
    Parameter #21 Signal Noise Ratio:  41 dB
    Parameter #22 Receive Level:  -12 dBm
    Parameter #23 Frequency Offset:  0 Hz
    Parameter #24 Phase Jitter Frequency:  0 Hz
    Parameter #25 Phase Jitter Level:  0 degrees
    Parameter #26 Far End Echo Level:  -73 dBm
    Parameter #27 Phase Roll:  22 degrees
    Parameter #28 Round Trip Delay:  3 msecs
    Parameter #30 Characters transmitted, received:  83, 3194
    Parameter #32 Characters received BAD:  0
    Parameter #33 PPP/SLIP packets transmitted, received:  0, 0
    Parameter #35 PPP/SLIP packets received (BAD/ABORTED):  0
    Parameter #36 EC packets transmitted, received OK:  81, 105
    Parameter #38 EC packets (Received BAD/ABORTED):  0
    Parameter #39 Robbed Bit Signalling (RBS) pattern:  0
    Parameter #40 Digital Pad:  None,  Digital Pad Compensation: None
   Line Shape:
   .........*
   ........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   * 

悪い T1 (CAS) -スイッチへのチャンネルバンク接続-終端エコーは -36dBm です

   term-server-1#show modem operation 1/38
   Modem(1/38) Operational-Status:

    Parameter #0  Disconnect Reason Info:  (0x0)
          Type (=0 ):  <unknown>
         Class (=0 ):  Other
        Reason (=0 ):  no disconnect has yet occurred
    Parameter #1  Connect Protocol:  LAP-M
    Parameter #2  Compression:  V.42bis both
    Parameter #3  EC Retransmission Count:  2
    Parameter #4  Self Test Error Count:  0
    Parameter #5  Call Timer:  96 secs
    Parameter #6  Total Retrains:  1
    Parameter #7  Sq Value:  3
    Parameter #8  Connected Standard:  V.34+
    Parameter #9  TX,RX Bit Rate:  28800, 28800
    Parameter #11 TX,RX Symbol Rate:  3429, 3429
    Parameter #13 TX,RX Carrier Frequency:  1959, 1959
    Parameter #15 TX,RX Trellis Coding:  16, 16
    Parameter #16 TX,RX Preemphasis Index:  0, 6
    Parameter #17 TX,RX Constellation Shaping:  Off, Off
    Parameter #18 TX,RX Nonlinear Encoding:  Off, Off
    Parameter #19 TX,RX Precoding:  Off, Off
    Parameter #20 TX,RX Xmit Level Reduction:  0, 0 dBm
    Parameter #21 Signal Noise Ratio:  35 dB
    Parameter #22 Receive Level:  -13 dBm
    Parameter #23 Frequency Offset:  0 Hz
    Parameter #24 Phase Jitter Frequency:  0 Hz
    Parameter #25 Phase Jitter Level:  0 degrees
    Parameter #26 Far End Echo Level:  -36 dBm
    Parameter #27 Phase Roll:  0 degrees
    Parameter #28 Round Trip Delay:  6 msecs
    Parameter #30 Characters transmitted, received:  8636, 116
    Parameter #32 Characters received BAD:  0
    Parameter #33 PPP/SLIP packets transmitted, received:  0, 0
    Parameter #35 PPP/SLIP packets received (BAD/ABORTED):  0
    Parameter #36 EC packets transmitted, received OK:  124, 63
    Parameter #38 EC packets (Received BAD/ABORTED):  4
    Parameter #39 Robbed Bit Signalling (RBS) pattern:  0
    Parameter #40 Digital Pad:  None,  Digital Pad Compensation: None
   Line Shape:
   .........*
   ......*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .......*
   ........*
   * 

詳細については、汎用モデムおよび NAS回線 の品質の概要およびこのリリース ノートを参照して下さい。

これらのテストによって回線に関する問題が示されない場合は、さらにコール パスに沿って Telco まで調査を進めてください。

ある特定の数への呼び出しに(DS1 かアクセス サーバ)劣悪な接続があります

さまざまなモデム機種とのさまざまな場所からのある特定の数への呼び出しは下位の点では(DS1 かアクセス サーバ)劣悪な接続を高いエラー発生率、等速度を、頻繁にリトレイン接続して、もらいます。 他のローカル 番号を呼出すとき同じ場所の同じクライアントによい接続があります(サンノゼ ダイヤルイン ラボ、かオーストラリア Dial-in Lab のような)。

コントローラで統計情報およびエラーに関してはインターフェイス レベルをチェックして下さい(詳細については概要を参照して下さい)。 たとえばアクセス サーバが複数の Telco回線を終了したら、行が同じプロバイダから奪取 する必要があることをすべての行が同期されるクロック 同期で説明されているようにように(通常それは意味します)、して下さい。 チェックはアクセス サーバおよび Telco側両方(問題がアクセス サーバから最も近い Telco交換機に来るで場合に影響を与えれば、アクセス サーバはエラーを報告しないかもしれません)される必要があります。

事柄は T1 または E1 層、けれどもうまくあることモデムレイヤで事柄に納得がいく程度に動作しなければ確認する場合、確認するべきいくつかの事柄はここにあります:

  • 側が切断を始めどれ、それのための原因はであるかものの代表的な統計情報を集めて下さい(メモを 1)また参照して下さい。 アクセス サーバ側の接続解除の原因については、次に説明があります。

    モデムを最適化することが接続時間または接続解除 の 原因の影響を作るかどうか確認して下さい。

  • 正常なモデム コードを使用するようにして下さい(モデムの最適化を参照して下さい)

  • 最適化されたパフォーマンスのための Telco によって DS0 パスを調整するようにして下さい。 DS0 / 3.1 KHz パス内のどこかで部分最適化がなされている可能性があります。

    • クライアント側のモデムの前提配線の中では(たとえば、拡張)。

    • クライアントのローカル ループ(ロング ループ、ロードコイル、ブリッジタップ)。

    • スイッチ設定内部でデジタルまたはアナログのパディングが多すぎるか、または足りない。

    • Telco (古いマイクロウェーブアクセス、古い E&M 四線式アナログ幹線)内の問題のある幹線。

ローカルの Telco ネットワーク送信網およびローカル ループ(の大部分)を除外するために、良好であることがわかっているお客様側のクライアント(モデムと近接の Telco スイッチへのループ)から対象のアクセス サーバに対してダイヤルアウトを行うのはよい考えです。 望ましい品質の接続が得られれば、これによってアクセス サーバとそのモデム、およびその DS1 回線が正常であることが証明されます。

スイッチへのパスがデジタルモデムのために適しているかどうか判別するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. ダイヤルアウトを可能にするために DS1 行が設定されるようにして下さい。

  2. どのモデムがコールに応答するか識別することを debug modem がおよび debug modem csm または debug csm modem 可能にして下さい。

  3. 逆 Telnet接続をモデムに確立し、コールを送信して下さい。

  4. モデムがトレインした後、トラフィック(のような、terminal length 0 および show tech-support を)生成し、そして両端で show modem operational-status をチェックして下さい。

最も近い Telco交換機に行における問題を示唆するほとんどの一般的 な 症状は次のとおりです:

  • 規則的な Error Correction (EC) 再送信。

  • 総リトレイン カウンターの連続的な増加。

  • 信号品質(SQ)値より少しより 3。

  • 30 dB の下の Signal to Noise Ratio (SNR)。

  • 水平な送信するの下の大いに受信レベル。

  • ゼロ以外の周波数オフセット、フェーズジッタ周波数、フェーズジター レベルまたはフェーズ ロール。

  • 遠端エコー水平な -40 以下 dB。

  • 回線の途中にギャップがあるか、またはエッジでかなりのロールオフが見られる。

近端(送話器またはローカルとも呼ばれます)エコーは発信者の信号の一部分であり、ローカルの CO から発信者のローカル ループを経由して、反射して発信者に戻ります。 近端エコーは通常はアナログ回線上のモデムにのみ見られます。これは、ハイブリッドでのインピーダンスの不一致が原因で起こるためです。ハイブリッドとは、2 線のアナログ ローカル ループを 4 線の Telco 送信ネットワークに結合する変成器です。

遠端エコーとは、リモート モデムのアナログ フロント エンドで反射された送信アナログ信号の一部です。

次のダイアグラム:

  • FEC - 遠端エコー

  • NEC - 近端 エコー

エコーtest.gif

FEC - 遠端エコー NEC - 近端エコー 最近の変調方式(V.32 以上)では、エコー キャンセラを使用して送信信号と受信信号を同時に使用可能とすることで、同じ周波数帯域を占めるようになっています。 これらは DSP を送信される場合を把握してもらい次に場合からの場合が受け取ったこと引きます。 最近のクライアント(アナログ回線側)モデムは近端および遠端の両方のエコー キャンセラを備えています。 MICA モデムは遠端エコー キャンセラのみ備えており、近端エコー キャンセラは備えていません。これは、アナログ ローカル ループへの接続を想定していないためです。 デジタルのローカル接続を使用すれば、近端エコーは(事実上)発生しません。

よく、(スイッチにデジタル)悪い(変換される A-D) T1 からの show modem operational-status の例はここにあります。 終端エコーの違いに加えて、またその SNR 違いに(41 dB 対 35 dB)終ります平凡な 28800 キャリアと比較される完全な 33600 キャリアという結果に注意して下さい。

有効な接続

   isdn2-9>show modem operation 1/55 
   Modem(1/55) Operational-Status:

    Parameter #0  Disconnect Reason Info:  (0x0)
          Type (=0 ):  <unknown>
         Class (=0 ):  Other
        Reason (=0 ):  no disconnect has yet occurred
    Parameter #1  Connect Protocol:  LAP-M
    Parameter #2  Compression:  V.42bis both
    Parameter #3  EC Retransmission Count:  0
    Parameter #4  Self Test Error Count:  0
    Parameter #5  Call Timer:  44 secs
    Parameter #6  Total Retrains:  0
    Parameter #7  Sq Value:  4
    Parameter #8  Connected Standard:  V.34+
    Parameter #9  TX,RX Bit Rate:  33600, 33600
    Parameter #11 TX,RX Symbol Rate:  3429, 3429
    Parameter #13 TX,RX Carrier Frequency:  1959, 1959
    Parameter #15 TX,RX Trellis Coding:  16, 16
    Parameter #16 TX,RX Preemphasis Index:  0, 0
    Parameter #17 TX,RX Constellation Shaping:  Off, Off
    Parameter #18 TX,RX Nonlinear Encoding:  Off, Off
    Parameter #19 TX,RX Precoding:  Off, Off
    Parameter #20 TX,RX Xmit Level Reduction:  0, 0 dBm
    Parameter #21 Signal Noise Ratio:  41 dB
    Parameter #22 Receive Level:  -12 dBm
    Parameter #23 Frequency Offset:  0 Hz
    Parameter #24 Phase Jitter Frequency:  0 Hz
    Parameter #25 Phase Jitter Level:  0 degrees
    Parameter #26 Far End Echo Level:  -73 dBm
    Parameter #27 Phase Roll:  22 degrees
    Parameter #28 Round Trip Delay:  3 msecs
    Parameter #30 Characters transmitted, received:  83, 3194
    Parameter #32 Characters received BAD:  0
    Parameter #33 PPP/SLIP packets transmitted, received:  0, 0
    Parameter #35 PPP/SLIP packets received (BAD/ABORTED):  0
    Parameter #36 EC packets transmitted, received OK:  81, 105
    Parameter #38 EC packets (Received BAD/ABORTED):  0
    Parameter #39 Robbed Bit Signalling (RBS) pattern:  0
    Parameter #40 Digital Pad:  None,  Digital Pad Compensation: None
   Line Shape:
   .........*
   ........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   *

悪い T1 (CAS) -スイッチへのチャンネルバンク接続-終端エコーは -36dBm です

   term-server-1#show modem operation 1/38 
   Modem(1/38) Operational-Status:

    Parameter #0  Disconnect Reason Info:  (0x0)
          Type (=0 ):  <unknown>
         Class (=0 ):  Other
        Reason (=0 ):  no disconnect has yet occurred
    Parameter #1  Connect Protocol:  LAP-M
    Parameter #2  Compression:  V.42bis both
    Parameter #3  EC Retransmission Count:  2
    Parameter #4  Self Test Error Count:  0
    Parameter #5  Call Timer:  96 secs
    Parameter #6  Total Retrains:  1
    Parameter #7  Sq Value:  3
    Parameter #8  Connected Standard:  V.34+
    Parameter #9  TX,RX Bit Rate:  28800, 28800
    Parameter #11 TX,RX Symbol Rate:  3429, 3429
    Parameter #13 TX,RX Carrier Frequency:  1959, 1959
    Parameter #15 TX,RX Trellis Coding:  16, 16
    Parameter #16 TX,RX Preemphasis Index:  0, 6
    Parameter #17 TX,RX Constellation Shaping:  Off, Off
    Parameter #18 TX,RX Nonlinear Encoding:  Off, Off
    Parameter #19 TX,RX Precoding:  Off, Off
    Parameter #20 TX,RX Xmit Level Reduction:  0, 0 dBm
    Parameter #21 Signal Noise Ratio:  35 dB
    Parameter #22 Receive Level:  -13 dBm
    Parameter #23 Frequency Offset:  0 Hz
    Parameter #24 Phase Jitter Frequency:  0 Hz
    Parameter #25 Phase Jitter Level:  0 degrees
    Parameter #26 Far End Echo Level:  -36 dBm
    Parameter #27 Phase Roll:  0 degrees
    Parameter #28 Round Trip Delay:  6 msecs
    Parameter #30 Characters transmitted, received:  8636, 116
    Parameter #32 Characters received BAD:  0
    Parameter #33 PPP/SLIP packets transmitted, received:  0, 0
    Parameter #35 PPP/SLIP packets received (BAD/ABORTED):  0
    Parameter #36 EC packets transmitted, received OK:  124, 63
    Parameter #38 EC packets (Received BAD/ABORTED):  4
    Parameter #39 Robbed Bit Signalling (RBS) pattern:  0
    Parameter #40 Digital Pad:  None,  Digital Pad Compensation: None
   Line Shape:
   .........*
   ......*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .......*
   ........*
   *

詳細については、汎用モデムおよび NAS回線 の品質の概要およびこのリリース ノートを参照して下さい。

最も近い Telcoスイッチ(両方クライアントからおよびアクセスサーバ側)へのループが Telcoパスにきれい、次善ルートのどこかにあればようである、することができるいくつかの事柄はここにあります:

  • V.22bis 2400 bps で非 EC コールを発信します。 回線が健全である場合、見られる事実上 No エラーがあるはずです。 接続がアイドル状態を坐らせ、再発するエラーを見るようにすれば(特にコード 0x7B と、「{」ASCII で)、(制御された)クロック スリップの存在を示します(たとえば、まれに見られる Telco の T-spans の内で、)

  • クライアントで見られる送信/受信 電力レベルが余りに高くまたは余りに低い場合、送信する レベルを調節し、回線あるいはトランク埋め込みを追加するか、または取除いて下さい。

V.34 健全なキャリアがあるか、弱いまたは受け取ればパルス符号変調 (PCM)は(クライアントの PCM コードがサーバモデムと互換性がある知られているかところで)接続しません:

  • クライアント側のモデムへの回線パスが PCM 接続を支えることができることを確認して下さい。 他の wirds では、それらに余分アナログ-デジタル変換がないことを確認して下さい。

  • パスのデジタル パディングを検査して下さい。

さらにコール パスに沿って Telco まで調査を進めてください。

ある特定の数への呼び出しは(DS1 かアクセス サーバ)、コールが廃棄する以降接続されますが

各種のモデム モデルによる、さまざまな場所から特定の番号(DS1 またはアクセス サーバ)へのコールは正常に接続するが、その後コールがドロップする。 他のローカル 番号を呼出すとき同じ場所の同じクライアントによい接続があります(サンノゼ ダイヤルイン ラボ、かオーストラリア Dial-in Lab のような)。

最初に、コントローラで統計情報およびエラーに関してはインターフェイス レベルをチェックして下さい(詳細については概要を参照して下さい)。 たとえばアクセス サーバが複数の Telco回線を終了したら、行が同じプロバイダから奪取 する必要があることをすべての行が同期されるクロック 同期で説明されているようにように(通常それは意味します)、して下さい。 チェックはアクセス サーバおよび Telco側両方(問題がアクセス サーバから最も近い Telco交換機に来るで場合に影響を与えれば、アクセス サーバはエラーを報告しないかもしれません)される必要があります。

次に呼び出しがアクセス サーバに達するダイヤルアップ技術で説明されているようにように、して下さい: Troubleshooting Techniques」 それから show controller <e1|t1> コール カウンターをチェックして下さい。 いくつかの Telco関連の問題に関しては、ある特定の DS0 はレポート非常に低い接続時間および非常に多くの呼び出しを一般的にチャネリングします。 側が切断を始めどれ、原因がであるかものの代表的な統計情報を集めて下さい(また注を 1)参照して下さい:

接続性エラーが原因でコールが接続解除している場合は、モデムの微調整(「モデムの微調整」)によって接続回数や接続解除の原因になんらかの影響が出ていないかを確かめます。

  • 正常なモデム コードを使用するようにして下さい(モデムの最適化を参照して下さい)

  • 最適化されたパフォーマンスのための Telco によって DS0 パスを調整するようにして下さい。 DS0 / 3.1 KHz パス内のどこかで部分最適化がなされている可能性があります。

    • クライアント側のモデムの前提配線の中では(たとえば、拡張)。

    • クライアントのローカル ループ(ロング ループ、ロードコイル、ブリッジタップ)。

    • スイッチ設定内部でデジタルまたはアナログのパディングが多すぎるか、または足りない。

    • Telco (古いマイクロウェーブアクセス、古い E&M 四線式アナログ幹線)内の問題のある幹線。

ローカルの Telco ネットワーク送信網およびローカル ループ(の大部分)を除外するために、良好であることがわかっているお客様側のクライアント(モデムと近接の Telco スイッチへのループ)から対象のアクセス サーバに対してダイヤルアウトを行うのはよい考えです。 望ましい品質の接続が得られれば、これによってアクセス サーバとそのモデム、およびその DS1 回線が正常であることが証明されます。

スイッチへのパスがデジタルモデムのために適しているかどうか判別するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. ダイヤルアウトを可能にするために DS1 行が設定されるようにして下さい。

  2. どのモデムがコールに応答するか識別することを debug modem がおよび debug modem csm または debug csm modem 可能にして下さい。

  3. 逆 Telnet接続をモデムに確立し、コールを送信して下さい。

  4. モデムがトレインした後、トラフィックを(たとえば、terminal length 0 および show tech-support)生成し、そして両端で show modem operational-status をチェックして下さい。

最も近い Telco交換機に行における問題を示唆するほとんどの一般的 な 症状は次のとおりです:

  • 規則的な Error Correction (EC) 再送信。

  • 総リトレイン カウンターの連続的な増加。

  • 信号品質(SQ)値より少しより 3。

  • 30 dB の下の Signal to Noise Ratio (SNR)。

  • 水平な送信するの下の大いに受信レベル。

  • ゼロ以外の周波数オフセット、フェーズジッタ周波数、フェーズジター レベルまたはフェーズ ロール。

  • 遠端エコー水平な -40 以下 dB。

  • 回線の途中にギャップがあるか、またはエッジでかなりのロールオフが見られる。

近端(送話器またはローカルとも呼ばれます)エコーは発信者の信号の一部分であり、ローカルの CO から発信者のローカル ループを経由して、反射して発信者に戻ります。 近端エコーは通常はアナログ回線上のモデムにのみ見られます。これは、ハイブリッドでのインピーダンスの不一致が原因で起こるためです。ハイブリッドとは、2 線のアナログ ローカル ループを 4 線の Telco 送信ネットワークに結合する変成器です。

遠端エコーとは、リモート モデムのアナログ フロント エンドで反射された送信アナログ信号の一部です。

遠端エコーとは、リモート モデムのアナログ フロント エンドで反射された送信アナログ信号の一部です。

次のダイアグラム:

  • FEC - 遠端エコー

  • NEC - 近端 エコー

エコーtest.gif

FEC - 遠端エコー NEC - 近端エコー 最近の変調方式(V.32 以上)では、エコー キャンセラを使用して送信信号と受信信号を同時に使用可能とすることで、同じ周波数帯域を占めるようになっています。 これらは DSP を送信される場合を把握してもらい次に場合からの場合が受け取ったこと引きます。 最近のクライアント(アナログ回線側)モデムは近端および遠端の両方のエコー キャンセラを備えています。 MICA モデムは遠端エコー キャンセラのみ備えており、近端エコー キャンセラは備えていません。これは、アナログ ローカル ループへの接続を想定していないためです。 デジタルのローカル接続を使用すれば、近端エコーは(事実上)発生しません。

よく、(スイッチにデジタル)悪い(変換される A-D) T1 からの show modem operational-status の例はここにあります。 終端エコーの違いに加えて、またその SNR 違いに(41 dB 対 35 dB)終ります平凡な 28800 キャリアと比較される完全な 33600 キャリアという結果に注意して下さい。

有効な接続

   isdn2-9>show modem operational 1/55 
   Modem(1/55) Operational-Status:

    Parameter #0  Disconnect Reason Info:  (0x0)
          Type (=0 ):  <unknown>
         Class (=0 ):  Other
        Reason (=0 ):  no disconnect has yet occurred
    Parameter #1  Connect Protocol:  LAP-M
    Parameter #2  Compression:  V.42bis both
    Parameter #3  EC Retransmission Count:  0
    Parameter #4  Self Test Error Count:  0
    Parameter #5  Call Timer:  44 secs
    Parameter #6  Total Retrains:  0
    Parameter #7  Sq Value:  4
    Parameter #8  Connected Standard:  V.34+
    Parameter #9  TX,RX Bit Rate:  33600, 33600
    Parameter #11 TX,RX Symbol Rate:  3429, 3429
    Parameter #13 TX,RX Carrier Frequency:  1959, 1959
    Parameter #15 TX,RX Trellis Coding:  16, 16
    Parameter #16 TX,RX Preemphasis Index:  0, 0
    Parameter #17 TX,RX Constellation Shaping:  Off, Off
    Parameter #18 TX,RX Nonlinear Encoding:  Off, Off
    Parameter #19 TX,RX Precoding:  Off, Off
    Parameter #20 TX,RX Xmit Level Reduction:  0, 0 dBm
    Parameter #21 Signal Noise Ratio:  41 dB
    Parameter #22 Receive Level:  -12 dBm
    Parameter #23 Frequency Offset:  0 Hz
    Parameter #24 Phase Jitter Frequency:  0 Hz
    Parameter #25 Phase Jitter Level:  0 degrees
    Parameter #26 Far End Echo Level:  -73 dBm
    Parameter #27 Phase Roll:  22 degrees
    Parameter #28 Round Trip Delay:  3 msecs
    Parameter #30 Characters transmitted, received:  83, 3194
    Parameter #32 Characters received BAD:  0
    Parameter #33 PPP/SLIP packets transmitted, received:  0, 0
    Parameter #35 PPP/SLIP packets received (BAD/ABORTED):  0
    Parameter #36 EC packets transmitted, received OK:  81, 105
    Parameter #38 EC packets (Received BAD/ABORTED):  0
    Parameter #39 Robbed Bit Signalling (RBS) pattern:  0
    Parameter #40 Digital Pad:  None,  Digital Pad Compensation: None
   Line Shape:
   .........*
   ........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   .........*
   *

悪い T1 (CAS) -スイッチへのチャンネルバンク接続-終端エコーは -36dBm です

     term-server-1#show modem operational 1/38 
     Modem(1/38) Operational-Status:

      Parameter #0  Disconnect Reason Info:  (0x0)
            Type (=0 ):  <unknown>
           Class (=0 ):  Other
          Reason (=0 ):  no disconnect has yet occurred
      Parameter #1  Connect Protocol:  LAP-M
      Parameter #2  Compression:  V.42bis both
      Parameter #3  EC Retransmission Count:  2
      Parameter #4  Self Test Error Count:  0
      Parameter #5  Call Timer:  96 secs
      Parameter #6  Total Retrains:  1
      Parameter #7  Sq Value:  3
      Parameter #8  Connected Standard:  V.34+
      Parameter #9  TX,RX Bit Rate:  28800, 28800
      Parameter #11 TX,RX Symbol Rate:  3429, 3429
      Parameter #13 TX,RX Carrier Frequency:  1959, 1959
      Parameter #15 TX,RX Trellis Coding:  16, 16
      Parameter #16 TX,RX Preemphasis Index:  0, 6
      Parameter #17 TX,RX Constellation Shaping:  Off, Off
      Parameter #18 TX,RX Nonlinear Encoding:  Off, Off
      Parameter #19 TX,RX Precoding:  Off, Off
      Parameter #20 TX,RX Xmit Level Reduction:  0, 0 dBm
      Parameter #21 Signal Noise Ratio:  35 dB
      Parameter #22 Receive Level:  -13 dBm
      Parameter #23 Frequency Offset:  0 Hz
      Parameter #24 Phase Jitter Frequency:  0 Hz
      Parameter #25 Phase Jitter Level:  0 degrees
      Parameter #26 Far End Echo Level:  -36 dBm
      Parameter #27 Phase Roll:  0 degrees
      Parameter #28 Round Trip Delay:  6 msecs
      Parameter #30 Characters transmitted, received:  8636, 116
      Parameter #32 Characters received BAD:  0
      Parameter #33 PPP/SLIP packets transmitted, received:  0, 0
      Parameter #35 PPP/SLIP packets received (BAD/ABORTED):  0
      Parameter #36 EC packets transmitted, received OK:  124, 63
      Parameter #38 EC packets (Received BAD/ABORTED):  4
      Parameter #39 Robbed Bit Signalling (RBS) pattern:  0
      Parameter #40 Digital Pad:  None,  Digital Pad Compensation: None
     Line Shape:
     .........*
     ......*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .........*
     .......*
     ........*
     * 

詳細については、汎用モデムおよび NAS回線 の品質の概要およびこのリリース ノートを参照して下さい。

最も近い Telcoスイッチ(両方クライアントからおよびアクセスサーバ側)へのループが Telcoパスにきれい、次善ルートのどこかにあればようである、することができるいくつかの事柄はここにあります:

  • V.22bis 2400 bps で非 EC コールを発信します。 回線が健全である場合、見られる事実上 No エラーがあるはずです。 接続がアイドル状態を坐らせ、再発するエラーを見るようにすれば(特にコード 0x7B と、「{」ASCII で)、(制御された)クロック スリップの存在を示します(たとえば、まれに見られる Telco の T-spans の内で、)

  • クライアントで見られる送信/受信 電力レベルが余りに高くまたは余りに低い場合、送信する レベルを調節し、回線あるいはトランク埋め込みを追加するか、または取除いて下さい。

V.34 健全なキャリアがあるか、弱いまたは受け取ればパルス符号変調 (PCM)は(クライアントの PCM コードがサーバモデムと互換性がある知られているかところで)接続しません:

  • クライアント側のモデムへの回線パスが PCM 接続を支えることができることを確認して下さい。 他の wirds では、それらに余分アナログ-デジタル変換がないことを確認して下さい。

  • パスのデジタル パディングを検査して下さい。

さらにコール パスに沿って Telco まで調査を進めてください。

モデムがコールを選択しない

この問題を解決するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. コールがダイヤルアップ技術を用いるアクセス サーバで到着するかどうか確認して下さい: Troubleshooting Techniques」

  2. ISDNコールは正しいベアラケーパビリティがある確認し、DoV が設定されないようにして下さいかどうか。

  3. 音声コールを選ぶためにモデムが設定されるかどうか確認して下さい。

  4. モデム管理オペレーションで説明されているようにモデムキャップ設定、ことを確認して下さい(注を 2)また参照して下さい、正しくであって下さい(たとえば、S0 レジスタは 0 または余りに高い値に設定 されません):

  5. RPM または RPMS を使用している場合は、機能を無効にした後も引き続き問題が起こるかどうかをチェックします。 これで問題が解決される場合は、ローカルに設定された RPM について調査を進め、modemcap 設定を確かめます。

  6. B チャネルがビジーでないかをチェックし(show isdn active)、空きモデムが存在するかをチェックします(show modem)。 モデムがマークされた悪い状態である場合、それはハードウェアまたはソフトウェア側の問題のどれである場合もあります。

    • ハードウェア障害は通常、特定のキャリア カードまたは特定のモデム カードに潜んでいます。 モデムを必ずしも「bad」とマークする必要はありませんが、ブートアップ以降、そのモデムでのコールはすべて失敗します。 ハードウェアの交換が解決策となります。

    • ソフトウェア障害の場合、モデムは通常リブートするたびに正常な動作に戻りますが、その後ランダムに「bad」とマークされる(たとえば、同じモデム カード内部にある 1、2、3、6、または 12 のクラスタが「bad」とマークされる)か、または単にそのモデムでの以降のコールがすべて失敗します。 問題がピーク時間帯にのみ見られる場合は、modem statistics show modem をチェックします。 すべてのモデムにわたって同じように No Answer 率が高くなっていれば、単にアクセス サーバがそのような大量のコールを処理できないことを示しています。 高い No Answer 率が少数の特定のモデムにのみ見られる場合には、依然としてソフトウェア障害の可能性があります。 ファームウェアのリロード」が回避策となります。 ソリューションはアップグレー ソフトウェアに部品番号は -02 バージョンではないことを show diag コマンドの出力が示したものです場合あり、有効に なる モデムオートリカバリがあります(Cisco 3600 ルータのために、ネットワークモジュール[NM は]置換を必要とする場合もあります: 800-0553x-02)。 詳細については、MICA および Nextport の各モデムを参照してください。

モデムは選びますが呼び出しを、トレインしません

時々、モデムは呼び出しを受信しますが、トレインしません。 側が切断を始めどれ、原因がであるかもののこれを確認するために、代表的な統計情報を集めて下さい(また注を 1)参照して下さい。 アクセス サーバ側の接続解除の原因については、次に説明があります。

また CSR は減少しモデムはモデムステータス遷移の最中にどこかに停止する必要があります。

まず、modem country が正しく設定されているかどうかをチェックします。 アクセス サーバ側と Telco 側の双方で、コントローラまたはインターフェイスについてエラーがないかをチェックします(アクセス サーバから近接の Telco 交換機への信号に対して問題の影響が出ている場合、アクセス サーバではエラーをまったく報告しないことがあります)。 RPM または RPMS を使用している場合は、機能を無効にした後も引き続き問題が起きるかどうかをチェックします。 そして、ローカルに設定された RPM で試してみて、「モデムの管理運用」で説明しているように、modemcap 設定が正しいことを確かめます。

モデム統計情報を show modem (MICA)を使用してチェックして下さいまたは spe (NextPort)コマンドを示して下さい。 同じモデム カード内部にある 1、2、3、6、または 12 のモデム クラスタで、失敗コール数が異常に高い値を示しているか、または「bad」とマークされている場合は、ハードウェアまたはソフトウェアのどちらかに問題のある可能性があります。

  • ハードウェア障害は通常、特定のキャリア カードまたは特定のモデム カードに潜んでいます。 モデムを必ずしも「bad」とマークする必要はありませんが、ブートアップ以降、そのモデムでのコールはすべて失敗します。 ハードウェアの交換が解決策となります。

  • ソフトウェア障害に関してはそれはモデムが各再度ブートするの直後に良く動作するが、以降は無作為にマークされた悪い状態(同じモデムカードの内の 1 つ、2、3、6 か 12 のクラスタにあるかもしれないです)単にすべてのそれ以上の呼び出しでまたは失敗しますこと典型的です。 ファームウェアのリロード」が回避策となります。 ソリューションはアップグレー ソフトウェアに部品番号は -02 バージョンではないことを show diag の出力が示したものです場合あり、有効に なる モデムオートリカバリがあります(Cisco 3600 ルータのために、NM は置換を必要とする場合もあります: 800-0553x-02)。 詳細については、MICA および Nextport の各モデムを参照してください。

問題がアクセス サーバのアーキテクチャに特定ない場合、モデムを最適化することが接続時間および接続解除 の 原因の影響を作るかどうか参照して下さい。

モデムはトレインしますが、接続は粗末です

これらの問題の原因は、Telco、クライアント モデム、またはアクセス サーバに等しく存在する可能性があります。 問題の場所に関する過去の統計情報が残っていない場合は、ITU-T V.56 の一連の勧告を参照して、どの接続レートがどのような比率になるかについての初期の概算値を見積もることができます。 コントローラおよびインターフェイスについてエラーがないかをチェックします。 チェックはアクセス サーバ側と Telco 側の双方で実行する必要があります(アクセス サーバから近接の Telco 交換機への信号に対して問題の影響が出ている場合、アクセス サーバではエラーをまったく報告しないことがあります)。 さらにパスに沿って Telco までの調査が必要となる場合もあります。

RPM または RPMS を使用している場合は、機能を無効にした後も引き続き問題が起こるかどうかをチェックします。 これが助ける場合、後で説明されるようにローカルで設定された RPM および modemcap を、調査して下さい。

モデムの管理運用」で説明しているように、modemcap 設定が正しいことを確かめます。

設定を微調整してみて(「モデムの微調整」)、すべてのタイプのモデムで改善が見られるかを確かめます。 潜在的な問題を明らかにするために汎用モデムおよび NAS回線 の品質の概要およびこのリリース ノートに記述されているように show modem operational-status と特定の呼び出しがあるように接続パラメータを、確認して下さい。

モデムはトレインしますが、PPP は開始しません

これを確かめるには、モデム ログの接続解除の原因をチェックします。 CSR が減少しない、モデム パススルー正常にすべての状態遷移ことを確認すれば。 設定 チェック:

  • アクセス サーバの PPP は対話式か専用モードで設定されるかどうか。 PPP が対話型で選択されるために設定 されれば クライアントはアクセス サーバの視点から、RFC 1662 で指定どおりに、PPP 自動選択シーケンスを PPP 接続です不可能送信 しないし。 クライアント側か Telco を調査して下さい。

  • モデム回線およびモデムインターフェイスは(通常グループ非同期)正しく設定されるかどうか(設定 例のために、このセクションかダイヤルアップ技術に概要を参照して下さい: トラブルシューティング テクニック)。

  • どのモデムでも孤立した外部 Group-Asyncインターフェイス グループ 範囲を残っているかどうか。 どれも孤立した残す必要がありません。

モデムはトレインし、PPP は、コール 以降ドロップ開始します

クライアント、Telco またはアクセス サーバが切断を始めるかどうか確認して下さい。

  • 最初にダイヤルアップ技術を用いる PPP リンクが(この接続解除はクライアントかアクセス サーバによって始めることができます)正しく終了したかどうか確かめて下さい: Troubleshooting Techniques」

  • PPP が正常に終了しなかった場合は、Telco 側に問題のある可能性があります。 モデムログの接続解除 の 原因をデコードして下さい。 (注を 1)また参照して下さい。

  • モデムがまた予想外接続解除を報告する場合、Telco は間違うかもしれません。 接続の両端からの接続解除の原因を比較するのが最善です。 ISDN接続解除原因を参照して下さい。 (注を 3)また参照して下さい。

  • アクセス サーバが接続を破棄した場合、関連 トラフィックが対応した ダイヤラーインターフェイスで正確に定義されることを確認して下さい。 debug dialer events コマンドを使用すると、アクセス サーバがタイムアウトでコールを接続解除したかどうかがわかります。

クライアントによってドロップが開始されている場合は、アクセス サーバのトラブルシューティングはおそらく役に立ちません。 クライアント モデムのトラブルシューティングの項で示している推奨事項を試み、先にクライアント側の調査を行ってください。 たまたまテストしたすべてのクライアントで突然のドロップが発生しても、この事実だけでは、アクセス サーバからの接続解除の原因を特定するには不十分です。 調査の結果、シスコからのさらなる支援が必要な場合は、観察結果を文書化した上で Cisco TAC でケースをオープンしてください。

特に問題は見つからないが、CSR が低い

CSR が高くまたは低いかどうか識別するために、エリアに典型的な参照図を必要とします。 目標は 95%の CSR を実現させることです。 ただし、さまざまな種類のクライアント モデムと膨大な範囲のローカル ループ条件を伴う ISP 環境では、この目標を達成することは困難です。 CSR の問題は複雑なため、予想される接続成功率を見積もることは簡単ではありません。 これは、さまざまな条件がモデム コールに影響を与えるためです。 次に、例を示します。

  • どのスイッチ タイプを使用しているか。

  • サイトはタンデム CO を使用しますか。

  • 回線がすでに一定の条件を満たしていて(BERT テストなど)、問題がないことが保証されているか。

  • 銅線ケーブル プラントの品質や整合性はどうか。

  • コール トポロジにアナログ ホップが含まれているか。

  • チャネル バンクや SLIC カードがネットワークで使用されているか。

  • 回線が ISDN PRI またはチャネライズド E1 か。

  • クライアント モデムの分散はどうか。

注: これらは要因のほんの一部にすぎません。

統計情報は代表的なものである必要があります。 なんらかの予備的な結論を出すためにはモデムごとに少なくとも 10 回のコールが必要になりますが、数千ものコールが発生するまで待つことは一般にはお勧めできません(「注 1」も参照してください)。 モデムの接続はそれぞれ固有のものです。 同じモデムから同じ宛先番号に 2 回コールを発信しても、PSTN を経由してまったく異なる 2 つのパスを通過する可能性があり、最終的に異なる物理ホスト モデムに達することもあり得ます。 ローカル ループとは顧客構内から市内交換機までの銅線接続のことです。ほとんどのローカル ループ プロバイダーはローカル ループの特性を確実に許容範囲内に収めようと努力していますが、それでもその顧客に固有の環境条件によってローカル ループが問題となることがあります。 クライアント モデムでは製造元ごとに異なるさまざまなチップセットが利用されており、製造元が同じでも製品ライン内部で異なることがあります。

監視する必要があるパラメータはここにあります:

  • CSR: show modem summary

  • 接続速度: show modem connect-speedsshow modem log (MICA)または show port modem ログ(NextPort)

  • Signal to Noise Ratio(SNR; 信号対雑音比): show modem operational-status (MICA、NextPort)、AT@E1 (Microcom)、show modem log (MICA)または show port modem ログ(NextPort)

  • 送信および受信レベル: show modem operational-status(MICA)、AT@E1(Microcom)

  • モデムの変調方式およびプロトコル: show modem log (MICA)または show port modem ログ(NextPort)

  • モデムの接続解除の原因: show modem call-stats

  • リトレインおよび EC ブロックは再送信します: 再トレインおよび EC ブロックの再送信:show modem log、show modem operational-status(MICA)

詳細については、汎用モデムおよび NAS回線 の品質の概要およびこのリリース ノートを参照して下さい。

Cisco アクセス サーバから報告される CSR がサードパーティのアクセス サーバから報告される CSR よりも数パーセント少なくなることは、許容範囲内です。これは、コールが成功したと見なす仕組みがアクセス サーバによってそれぞれ違うためです。 Cisco アクセス サーバでは、コールはとして初期訓練がによって成功するおよび EC ネゴシエーションフェーズ マークされます後やっと正常な(EC がネゴシエートされなければ、ユーザのデータはリンクを渡すことができません)。 サードパーティのアクセス サーバでは、初期トレイン アップの正常完了後ただちにコールが成功と見なされる傾向があります(つまり、EC の失敗はまったく考慮されません)。

低 CSR の問題の原因は、Telco、クライアント、またはアクセス サーバに等しく存在する可能性があります。 モデムの最適化によって CSR を改良することを試みて下さい。 モデムおよび Telco を解決するために、クライアント側のモデム トラブルシューティングについて記述されている個所を参照して下さい。 これらの現象はアクセス サーバにおける問題のために典型的です:

  • show modem は壊れるまたは返事呼び出しの異常に高な数を持っている同じモデムカード内の 1 つ、2 つ、3 つ、6 つか 12 のモデムのクラスタを表示しません。

  • 終えない場合)クライアント側のモデムが切断される前に LAP-M を dtrDrop よりカラムに帰因する切断の 10%以上か hostDrop および rmtLink (lostCarr はまたよい接続解除を数えるかもしれません示して下さい持っている同じカード内の 1 つ、2 つ、3 つ、6 つか 12 のモデムの modemcall 統計レポート クラスタを;

  • 同じモデムカード内の 1 つ、2 つ、3 つ、6 つか 12 のモデムのクラスタは、ファームウェア の リロードの後で、悪い状態としてマークされましたり呼び出しを再度受け取ることができます。

現象一致は、アップグレー ソフトウェア モデムオートリカバリを設定し。 詳細については、MICA および Nextport の各モデムを参照してください。

注意事項

注 1

モデム統計情報分析を自動化するために、Cisco-centric Open Source Initiative (COSI)の一部として利用可能 なleavingcisco.com ツールを使用して下さいleavingcisco.com

注 2

modemcap 分析を自動化するために、Cisco-centric Open Source Initiative (COSI)の一部として利用可能 なleavingcisco.com ツールを使用して下さいleavingcisco.com

注 3

ISDN シグナリング 分析は Cisco-centric Open Source Initiative (COSI)の一部として利用可能 なツールの使用によってleavingcisco.com 自動化することができますleavingcisco.com

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 14280