ワイヤレス : Cisco WT2750 Multipoint Broadband Wireless System

ワイヤレス・ポイントツーポイントのトラブルシューティングFAQ およびチェックリスト

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2002 年 10 月 1 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

このドキュメントでは、ワイヤレス ポイントツーポイントのトラブルシューティングについての質問と回答を紹介します。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Q. リンクがはたらかないとき何にするか、または探す必要がありますか。

  • 対称信号損失—各レシーバ端に受信信号レベルが期待値に密接であることを確認して下さい。 値は初期値の下に 4 dB より下部のでなければなりません。 値がより低ければ、特に値が両端で同量より低ければ、アンテナにおける問題をかケーブル接続またはコネクタ疑うことができれば。 対称信号損失は不適切に調節されたアンテナに発生する場合があります雌ジカ。

  • 湿気—湿気はまたアンテナか接続を損なう場合があります。 湿気が及ぼす悪影響については、十分に強調しておく必要があります。 同軸 ケーブル接続に得る湿気はさらにもっと険悪、湿気原因が見えなく、厳しい被害です。 同軸ケーブルに侵入した湿気は、目に見えないうえに深刻であるため、さらに注意が必要です。

    ほとんどの同軸ケーブルは内部誘電体に発泡材を使用しており、これがスポンジのように作用してケーブルの奥まで水を吸い込む可能性があります。 同軸ケーブルに湿気が侵入していると判断される場合は、ケーブル全体を交換してください。

  • 屋外システム エラー—システムの屋外一部の内で、たとえばアンテナおよびケーブル成長するリンクの両端の同量低下する受信信号レベルで明らかなエラー。 すなわち、屋外システムは全体として両端が対称的に動作します。 従って測定する最初の端に低下させた受信信号電源測定単位に注意したら、エラーがその端にコンポーネントとあると仮定しないで下さい; エラーはまたもう一方である場合もあります。

  • 非対称的な信号損失—最終的には受信信号レベルが一端他で低くないが、屋外システムが本来適切に機能することを結論を出すことができます。 そのような非対称的な状況は一般に不適当なセットアップの結果または無線ユニットの(たとえば、TX 電力は一端に設定 された余りに低いです)、または干渉の設定です。 従って、アンテナを再調整しませんでしたり、または RF 接続を離れて奪取 しない で下さい。 セットアップが正しい考えられ、機器障害が除外されれば、干渉は本当らしい問題です。

Q. どのように干渉があったかどうか確認するためにチェックできますか。

Q. 干渉問題があることを確認するとき何をする必要がありますか。

A. 干渉源の位置を特定します。 そうするために、リンクの両端で検知 して下さい。 アンテナまたはそれに関連する設備はありますか。 近くに無線設備を見つけたら、次のことを調べます:

  • 運用担当者

  • 所有者

  • 動作周波数

  • どの位電源がを使ってこの他の機器 送信するをするか

  • どんな種類か型がのアンテナ偏波使用中であるか

調べるためにこの他の機器のオーナーかオペレータに連絡できるかどうか参照して下さい:

  • 使用時間帯、および

  • それらはあなたと機器が全く問題のもとであるかどうか確認するためにはたらきますか。 ここでは交渉力が重要です。

干渉無線設備の種類および位置(および他の詳細)確認したら、ソリューションを把握できます。 まず自分のアンテナから始めます。

  • どちらかは 1 つ他のシステム アンテナで(または両方)指されますか。

  • 干渉源となっているシステムが自分のシステムのパス軸から外れるように、自分のアンテナの一方(または両方)の位置または向き(もしくはその両方)を変更できないか試してみます。

干渉システムの分極にの反対に(交差させる)問題を解決するためであるようにアンテナの分極を変更して下さい。 このソリューションが設定するためにとても有効で、最少および努力を要するように要求するので最初にシステム アンテナが他のシステム アンテナに交差分極 して いることを確認して下さい。

これを行っても問題が解決しない場合は、次の解決策として、一方の(多くの場合自分の)システムの周波数を変更します。 周波数が等しくない(または近接していない)システム同士は、ほとんど干渉し合うことがありません。 妨害物が非常に強力(レーダーのような)なら、干渉はまだ強力な妨害物がレシーバを発生する過剰にする場合があり、干渉に似た現象をので引き起こします。 周波数の変更は通常有効です。

このソリューションは特定の周波数の使用が必要の、ライセンス不要の帯域で動作するシステムの場合だけ適切です。 この解決 の オプションはこうすればを解決できること干渉に出会うそのようなユーザが可能性はほとんどないが、一般的に認可されたユーザに利用できません。

時々、周波数 分離を最大化するためにシステムおよび干渉システム両方のための周波数を変更する必要があります。

システムの周波数を変更するために、送信するを交換し、周波数を受け取って下さい。 このプロセスは現在反転 した TX/RX 周波数分割を取り扱うためにそれらを向き直すためにデュプレクサの両方の削除および再インストールが、要求します。 アンテナの他のどの調整か再調整もする必要はありません。 レシーバがその周波数で干渉を今送信する受け取っていたところリンク端のでリンク(もっとも一般的な 状況)の一端だけで干渉を経験するときこれを試みることができます。 つまり、干渉を受けるのは受信機だけです。

すべての他が失敗に終た後やっと干渉問題を軽減するのに最終的なツールを使用して下さい。 そのツールとはアンテナ ゲインです。 アンテナに関しては、高利得より狭いビーム幅と事実上同じ意味です。 高利得にアンテナを変更するとき、システムをなります妨害物を見ることより少なくできるように入力しビーム幅がより低いこのステップは時々問題を解決します。

上で述べたように、干渉は一般にリンクの一方でのみ発生します。 従って、だけレシーバが問題に直面するリンク端にアンテナを変更する必要があります。 アンテナを変更することは最も高価な、最も時間のかかるソリューションです。 従って、十分なゲイン(狭いところ十分なビーム幅)のアンテナをインストールして下さい。

片方または両方のアンテナをよりゲインの高いユニットに変更する場合は、放射 TX電力(EIRP)を該当する FCC 規則に準拠させるために、TX 電力を低くする必要があるかどうかを確認してください。

Q. ポイントツーポイント リンクのための簡単なトラブルシューティング チェックリストはありませんか。


関連情報


Document ID: 14241