ワイヤレス : Cisco WT2750 Multipoint Broadband Wireless System

Cisco WT-2750 Multipoint Broadband Wireless System FAQ

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

このドキュメントでは、Cisco WT-2750 Multipoint Broadband Wireless System に関する FAQ について記載しています。 Multipoint Broadband Wireless Network のコンポーネントの図については、このドキュメントの質問「What are subchannels?」を参照してください。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

一般

Q. マルチポイントブロードバンドワイヤレスシステムのための必要なコンポーネントとは何か。

A. ヘッドエンド (HE):

  • Cisco uBR7223/7246/7246VXR Universal Broadband ルータ

  • WT-2751 Multipoint headend line card -各 HE のための 4 まで; 1024 人までの同時ユーザをサポートします

  • WT-2781 Multipoint quad power feed panel - 2 つまでのラインカードのための 1 つ

  • 電源(-48VDC)

  • HE トランスバータ(屋外ユニット(ODU)) -多様性が用いられるかどうかによって各ラインカードのための 1-2、

  • HE デュプレクサ-各 ODU のための 1 つ

    インストール済みデュプレクサの方向は transmit (tx)または設定のレシーブ(RX)高周波を高く判別します。

  • アンテナ-全方向性か sectorized

  • 避雷器

Subscriber Unit (SU):

  • Cisco 2600/3600 シリーズ ルータ(2610、2611、2612、2613、2620、2621、3620、3640、3661、3662)

  • WT-2755 マルチポイント サブスクライバ Network Module (NM)

    NM は Cisco 3660 ルータでを除いてルータがオフになるときインストールする必要があります。

  • 電源が付いている DCパワー注入器(標準電源 ODU の高出力 ODU または +24VDC のための -48VDC)

  • 多様性を使用している場合 SU Transverter (ODU) -必要とされる 2; 利用可能 な統合されたアンテナとか統合されていない、およびどちらかの提供最高または標準電源

    ダイバシティ アンテナは RX だけです。

  • (ない統合された ODU を使用して) SU 指向性アンテナ

  • 避雷器

Q. ポイント ツー マルチポイントネットワークはどのように一般的に設計されているか。

  • Supercell:

    • 直径(10 マイル半径)のまで 20 マイル

    • 単一 HE

  • Minicell:

    • 直径の 4 から 10 マイル(2 から 5 マイル半径)

    • 周波数再利用を用いることができます

  • Microcell:

    • 直径(1 つのマイル半径)のまで 2 マイル

    • SU はより低い TX 電力を使用できます

    • ある特定のエリア内の SU の最大数を許可します

    • 周波数再利用を可能に

Q. このシステムに使用する周波数帯域とは何か。

  • MMDS: 2.500 - 2.690 GHz

  • MD: 2.150 - 2.162 GHz (アップストリームだけに使用する)

  • ETSI: 3.400 - 3.600 GHz (ODU は 2001)の利用可能 な第 2 半分です

  • U-NII: 5.725 - 5.825 GHz (ODU は 2001)の利用可能 な 第一 四半期です

Q. Cisco WT-2750 マルチポイントブロードバンドワイヤレスシステムが使用するモジュレーションスキームとは何か。

A. Vector Orthogonal Frequency Division Multiplexing (VOFDM)上の 64QAM

Q. Vector Orthogonal Frequency Division Multiplexing (VOFDM)とは何、およびなぜです VOFDM とても強制的か。

A. VOFDM は–実際配備長所に…多重通路現象を–マイクロウェーブ伝達のキー抑制活用します。 VOFDM テクノロジーは受電端で複数の場合の組み合せによって伝達 信号 強度を高めます。 VOFDM は全面的なワイヤレスシステム パフォーマンス、リンク 品質およびアベイラビリティを高めます。 VOFDM はまた見通し外伝送を通してサービスプロバイダーのマーケット カバレッジを大幅に高めます。

Q. 最大カバレッジ範囲とは何か。

A. 異なる通常のアンテナ設計に基づいて 3、4、および 6 セクター設計を、あることができます。

Q. 見通し外伝送とは何か。

A. 見通し外伝送のカバー範囲はこれらのパラメータによって決まります:

  • パス 損失想定—どの位場合が伝送経路に沿って失われるか。

  • リンク 信頼性およびアベイラビリティ要求—何 9s サービスプロバイダーがワイヤレスリンクに保証する必要があるか。

  • Customer Premises Equipment (CPE) ODU 伝達パワー標準電源 ODU か CPE エンドの高出力 ODU。

  • アンテナゲイン— CPE エンドで使用されるアンテナの種類。

  • チャンネル管理および性能要件—どのようなチャンネル管理およびパフォーマンスが各セクターのために必要となったか。

  • 受信アンテナの数— 1-2。

高利得アンテナを使うと標準電源 ODU を使うと、WT-2750 マルチポイントブロードバンドワイヤレスシステムは 99.9% リンク アベイラビリティ要求を満たす、各 CPE のための 2 本のアンテナ/ODU を使うと場合(LOS)伝達の非損失の 6 マイル、および単一 antenna/ODU を使うと 3 マイルを実現でき各セクターのために正常なパス 損失で 6 MHz チャネル ダウンストリームおよび 3 MHz チャネル アップストリームをとき使用します。

Q. ヘッドエンド (HE)のための中間周波(Ifs)および Subscriber Unit (SU)とは何か。

  • HE: 324 MHz TX、420 MHz RX

  • CPE: 330 MHz TX、426 MHz RX

Q. どんな Cisco IOS か。 リリースは現在 マルチポイントブロードバンドワイヤレスシステムをサポートしますか。

  • 12.1(3)XQ1

  • 12.1(3)XQ2

  • 12.1(5)XM

  • 12.2(1)T (利用可能 な 2 月/行進 2001)

  • 関連するマイクロコード

Q. どんなダウンストリーム 周波数 帯域幅が許可されますか。 これを変更できますか。

A. 6 MHz の帯域幅は、3 MHz、1.5 MHz 許可されます。 HE ラインカードはこの設定を可能にしない Radio Frequency (RF) 変数がなければ MHz 使用するために幅単一 チャネルを 6 設定されます。

Q. 設定できる異なるアップストリーム周波数 帯域幅とは何か。

A. 帯域幅は 6 MHz、3 MHz および 1.5 MHz です。 subchannelization が可能性のあるであるので、これらのチャンネル管理方式のそれぞれの組み合わせを利用できます。 たとえば、3 つのアップストリームポートを使用すれば、3 MHz のために設定 される 1 アップストリームおよび 1.5 MHz のための他の 2 つのセットがあることができます。 これらの組み合わせを用いる 6 MHz 合計を超過できません。

Q. このシステムのためのデータスループットレートとは何か。

下流

帯域幅(MHz) スループット(Mbps) マルチパス頑強性 バースト長
1.5 4.2 標準
1.5 3.2 標準
1.5 1.6 標準
3.0 10.0 標準
3.0 7.6 標準
3.0 5.1 標準
3.0 8.6 high
3.0 6.6 high
3.0 4.4 high
6.0 22.0 標準
6.0 17.0 標準
6.0 12.0 標準
6.0 19.0 high
6.0 14.0 high
6.0 11.0 high

アップストリーム

帯域幅(MHz) スループット(Mbps) マルチパス頑強性 バースト長
1.5 4.2 標準
1.5 3.2 標準
1.5 1.4 標準
3.0 8.1 high
3.0 6.3 high
3.0 4.4 high
6.0 19.0 high
6.0 15.0 high
6.0 11.0 high

Q. サブチャネルとは何か。

A. サブチャネルは 6 メガヘルツワイド チャネルの 6 MHz、3 MHz、または 1.5 MHz ブロックです。 サブチャネルはワイヤレスモデムカードの複数のアップストリームポートを使用することを可能にします。 特定のサブチャネルは使用のために正当な 6 MHz 帯域の内で置かれます。 すべてのサブチャネル 使用がそのチャネルのための 6 MHz を超過できない全帯域幅。 たとえば、6 MHz であるサブチャネルだけ 1 使用すれば、1 つのアップストリームポートを使用ただできます。 複数のアップストリームポートを使用したいと思う場合サブチャネル 2 〜 7 は 3 MHz または 1.5 MHz の帯域割り当てを可能にします。 サブチャネル 2 〜 7.を使用して変調 プロファイルを設定して下さい。

図 1 –サブチャネル マップ ダイアグラム

p2mp-faq-02.gif

設定—ヘッドエンド

Q. 何に HE ルータ見えの設定 例か。

A. このように設定 例な:

radio modulation-profile 1 bandwidth 6.0 throughput 22.0
 multipath-robustness standard burst-length medium 
radio modulation-profile 2 bandwidth 6.0 throughput 19.0
 multipath-robustness high burst-length medium 

! 
!--- To view acceptable inputs for these modulation profiles, use the 
!--- show radio capability modulation-profile command. 
!--- Change the throughput setting from high to medium to employ more 
!--- multipath-robustness, and change the throughput setting from medium
! --- to low to employ more forward error correction (FEC) coding. 


interface Radio4/0 point-to-multipoint 
ip address 191.20.1.1 255.255.255.0 secondary 

!--- IP address network used for hosts behind SUs. 

ip address 10.1.1.1 255.255.255.0 

!--- IP address network used for the SUs. 

no keepalive 
radio alc interval 96 

!--- Airline Control (ALC) ensures the TRP at the HE is maintained
!--- over time, through power measurements of all subscribers 
!--- several times each second. 


radio cable-loss auto 

!--- Usually set to "auto." 

radio transmit-power 20 

!--- Acceptable range for Multichannel Multipoint Distribution Service (MMDS)
!--- is 15 to 38 dBm. For Unlicensed National Information Infrastructure
!--- (UNII), it is -5 to 15 dBm.


radio upstream frequency 2677000 width 6.0 
radio upstream 0 subchannel 1 modulation-profile 2 

!--- Refer to modulation-profile and sub-channel chart above. 

radio upstream 0 target-receive-power -65 
no radio upstream 0 shutdown 
no radio upstream 1 target-receive-power 
radio upstream 1 shutdown 
no radio upstream 2 target-receive-power 
radio upstream 2 shutdown 
no radio upstream 3 target-receive-power 
radio upstream 3 shutdown 
radio downstream frequency 2521000 width 6.0 

!--- Default width is 6 MHz.     

radio downstream subchannel 1 modulation-profile 1 

!--- Refer to the modulation-profile and sub-channel chart. 

radio dhcp-giaddr policy 
radio helper-address 10.1.1.5 

!--- IP address of the DHCP server, if you do not use DHCP on HE router
!--- (see the next question). 

radio su-onoff-trap interval 600

Q. HE を 1 の TOD、TFTP および DHCP をすべて実行するために設定する方法

A. この設定を使用する時最新の「T」コードがあることを確かめて下さい。 DISCOVER パケットが「別のマシンに」助けられる必要はないので設定の radio helper address コマンドをパケット常駐します HE に有効に しない で下さい。

service udp-small-servers max-servers no-limit 
! 
radio time-server 
! 
ip dhcp pool modems-c3 

!--- Modems-c3 is just a string. 

! 
  network 10.30.128.0 255.255.240.0 
  bootfile p2mp.cm 
  next-server 10.30.128.1 

!--- Radio interface. 

  ! 
  default-router 10.30.128.1 
  option 7 ip 10.30.128.1 
  option 4 ip 10.30.128.1 
  option 2 hex 0000.0000 
  ! 
interface Radio3/0 point-to-multipoint 
ip address 10.30.128.1 255.255.240.0 
! 
tftp server slot0:p2mp.cm alias p2mp.cm 

!--- Use this statement when .cm file is stored in "flash,"
!--- not in the TFTP server.
 

フラッシュするに .cm ファイルを置くためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. Copy tftp slot:0 は、『Enter』 を押し。
  2. リモートホストの名前のためのパーサー クエリが、TFTPサーバのアドレスを入力する時。
  3. ソースファイル名のためのパーサー クエリが、.cm ファイル名を入力し、『Enter』 を押す時。

また TFTPサーバの代りに HE に常駐する DOCSISコンフィギュレーションファイルを設定できます:

radio config-file 
p2mp.cm
cpe max 
4
service-class 
1 priority 2
service-class 
1 max-upstream 128
service-class 
1 max-downstream 1000
timestamp

.cm ファイルがないので文「TFTPサーバ slot0:p2mp.cm エイリアス p2mp.cm」を必要としません。 設定の中にあるためです。

Q. ベースラインプライバシーを設定する方法

A. ベースラインプライバシーを設定するためにこれらのステップを完了して下さい:

  1. HE および SU で K1 イメージをロードして下さい。
  2. Configuration File Editor を DOCSISコンフィギュレーションファイルを開くのに使用して下さい。
  3. サービス クラス Group タブで『Expand』 をクリック して下さい。
  4. Class-of-Serviceプライバシー イネーブル(0/1)の下で 1 つを有効に して下さい: 1 フィールド。 デフォルトでこれは 0 です、従って 1.に値を変更して下さい。
  5. HE の Fast Ethernet (FE) ポートに接続される TFTPサーバに常駐する DOCSISコンフィギュレーションファイルを TFTP ブート ファイル保存して下さい。 再度ブートするが上記のパラメータと、SU 新しい DOCSISコンフィギュレーションファイルをロードした後。
  6. SU は HE と Baseline Privacy Interface (BPI)をネゴシエートします。 SU がちょうど「オンライン」として「online(pt)で」としての代りに登録されていることがわかる show radio subscriber コマンドを使用して下さい。 SU および HE の K1 イメージがある見なかったり、および .cm ファイルの 1 に匹敵するために「Class-of-Serviceプライバシー」を有効に したかどうか確認すればかどうか見るために「(PT)」チェックを。

Q. DOCSISコンフィギュレーションファイルと IOSコンフィギュレーション ファイルの違いとは何か。

A. DOCSISコンフィギュレーションファイルは来る無線 SU オンライン ISP がたとえば、最大ダウンストリーム および アップストリーム率、最大 アップストリーム バースト 比率、サービス クラスまたはベースラインプライバシー、MIB および他の多くのパラメータ提供するものにバイナリファイルで、のためのパラメータが調和のあります。

Cisco IOS設定ファイルは特定のコンフィギュレーションが、アクセス リストのような、パスワード含まれている場合がある、および DOCSISコンフィギュレーションファイルの内でダウンロードできる、NAT コンフィギュレーションですテキストファイル。

Q. ヘッドエンドを監視し、解決するいくつかの有用な コマンドとは何か。

  • show radio interface スロット 番号/ポート番号[{ | RF}]

  • show radio subscribers —無線加入者および現在のステート全員を示します。

  • show radio flap-list — ワイヤレスモデムカードの無線 flap-list を表示する。

  • show interfaces radio slot number/port number hist-data — Signal to Noise Ratio (SNR)を示します。 出力を見るために無線インターフェイスで設定されるヒストグラムを持たなければなりません。 これは SNR を示す唯一 の コマンドです。

  • show interfaces radio slot number/port number link-metrics —特定の期間にわたるリンクのすべてのコード名エラーを示します。

  • show controllers radio slot number/port number [{ | RF}] —特定のモデムカードすべてまたは属性の一部を表示する。

  • show controllers radio slot/downstream-port downstream —ワイヤレスモデムカードのためのダウンストリーム ポート 情報を表示する。

  • show controllers radio slot/upstream-port upstream —ワイヤレスモデムカードのためのアップストリームポート 情報を表示する。

  • radio loopback local main if —ラインカードが不良であるかどうか示します。

  • radio loopback local main rf —カードと ODU 間にケーブル問題があるかどうか示します。

Q. show radio subscriber コマンド出力は何どんな風に見え、各列は意味しますか。

Headend# show radio flap-list 
    MAC Address		Upstream	Ins		Hit		Miss	CRC		P-Adj	Flap	Time
    0003.6b4f.bf90	Radio4/0/U0	0		21180	148		10		0		9		Oct 3 17:34:23 

A. これは HE の show radio flap-list コマンド出力です。 フラップ リストはイベントディテクタで、ここにイベントを数えます 3 つの状況です:

  • 挿入

  • ヒット件数

  • Misses

この出力の Power-Adjustment (P-Adj) の カラムを無視して下さい。 P-Adj カラムは show cable flap-list コマンドのためのケーブルネットワークにだけ適用します

挿入

最初に SU に登録問題があり、繰り返しすぐに再登録することを試みれば、挿入と共にフラップを表示できます。 P-Adj カラムは低い場合もあります。 SU による 2 つの最初のメンテナンス再登録間の時間が 180 秒より小さいとき、「挿入と共に「フラップ」を得」、フラップ探知器はそれを数えます。 ほしい場合 180 秒のこのデフォルト値を変更できます:

Headend(config)# radio flap-list insertion-time ?
 <60-86400> Insertion time interval in seconds

ヒット数/ミス数

2 番目に、フラップ探知器は「ヒットに先行している" miss "を」。見るときフラップを数えます イベント検出はフラップ カラムだけで数えられます。 これらのポールは、30 秒ごとに送出される hello パケットです。 " miss "を「ミスに先行させていて得る場合」、それからポーリングは各秒 16 秒の送信 されます。 16 秒の前に" hit "を稼働していれば得る場合、フラップを得ます、16 のポーリングのための" hit "を得なければ最初のメンテナンスを再度始めるために、モデムはオフラインになります。 SU が最終的に再びオンラインになる場合、SU が ACTIVE 状態に再びそれ自身を挿入したので「挿入」を得ます。 フラップ カウントは 6 つの連続ミスがある場合増分します。 このデフォルト値は、必要に応じて変更できます。

Headend(config)# radio flap miss-threshold ?
 <1-12> missing consecutive polling messages

現在 P-Adj カラムはポイント マルチポイント間 システムのために使用されません。

Q. どんな TX および RX 周波数が show run コマンド以外設定されるかどんなコマンドが示されていますか。 他のどのような有益な情報はこのコマンド提供しますか。

A. show controller r4/0 rf コマンドはどんな TX および RX 周波数が設定されるか示します。 以下は出力例およびいくつかのこの出力をを検知 する 重要な事柄です:

Headend# show controller r4/0 rf 
RF ODU# 1 Hardware Identification Info: 
 PIC code version: 0.15 

 !--- This shows the point in call (PIC) code version that is 
 !--- currently on the ODU.
 !--- This is important if you encounter problems with the ODU. 

 NVS checksum	0x69 
 NVS version:	0.0 
 Card type:	0x10 
 Vendor name:	cisco 
 Part number:	800-05805-03 
 Board number:	73-4352-03 
 HW rev code:	03 
 Serial number:	JAB041904BZ 
 Date code:	05112000 

RF ODU# 1 Hardware Capability Info: 
 Capability flag1: 0x9F 
 Capability flag2: 0x2C 
 RF Diversity Head: Tx/Rx 
 Tx Blanking Capable: Yes 
 RF Power Level Mode Capable: Yes 
 RF Power Gain Mode Capable: Yes 
 RF Loopback Capable: Yes 
 Tx Predistortor Capable: No 
 Antenna Alignment Capable: No 
 PA Temp Sensor Capable: Yes 
 Tx Spectral Inversion: No 
 Rx Spectral Inversion: No 
 Rx Blanking Capable: Yes 
 Rx Gain Cal. Capable: Yes 
 Variable Gain Info Available: No 
 Duplexor Field Replaceble: Yes 
 Max chan. BW: 6 Mhz 
 Tx frequency bands: 1, step: 600 Khz 
  min: 2500000 Khz, max: 2686000 Khz 
 
!--- These TX and RX values show the ODU bandpass. 
 !--- With this information, you will know what center 
 !--- frequencies are available for use. 

 Rx frequency bands: 2, step: 600 Khz 
  min1: 2150000 Khz, max1: 2162000 Khz 
  min2: 2500000 Khz, max2: 2686000 Khz 
 IF Tx freq: 330000 Khz 
 
!--- These are the IF, TX, and RX frequencies that you can measure 
 !--- for verification purposes from the front of the board out of
 !--- the monitor port. 

 IF Rx freq: 426000 Khz 
 Freq reference: 24 Mhz 
 Tx power range min: 15 dbm, max: 41 dbm, step: 1 dbm 
 Tx fixed gain min: 0 db, max: 0 db, step: 0 db 
 Rx fixed gain min: 0 db, max: 0 db, step: 0 db 
 Tx var gain min: 48 db, max: 56 db, step: 1 * 0.125 db 
 Rx var gain min: 30 db, max: 36 db, step: 1 * 0.125 db 
 Temp. threshold low: 95 deg. C, high: 98 deg. C 
 BW adjusted max tx pwr: full:0 dbm	half:0 dbm	quarter:0 dbm 

RF ODU# 1 Status: 
  TX Frequency: 2521000 Khz 
  
!--- These are the TX and RX frequencies that are actually
  !--- configured on the HE. 

  RX Frequency: 2677000 Khz 
  TX Output Power: 20 dbm 

  !--- As well as the output power that is configured on the HE. 

  TX Cable Loss: 15 db 

Q. ヒストグラムを設定し、それらからデータ出力を表示される方法

A. ヒストグラムは無線インターフェイスで設定されます。 設定するべきヒストグラムには複数の異なる型があります; 最も広く使われた物は signal-to-interference plus noise ratio (SINR)および RF RX 電源のため物です。 少数はの利用可能 なヒストグラム下記のようにリストされています:

radio histogram sinr-ant1 0 bin-range 10 50 duration 5 tone average
 update 5 sum false width coarse 
    radio histogram timing-offset 0 bin-range -10 10 duration 5
 update 5 sum false width coarse 
    radio histogram rf-rx-power-ant1 0 bin-range -100 0 duration
 5 update 5 sum false width coarse 
    radio histogram chan-delay-spread-ant1 0 bin-range 0 22 duration
 5 update 5 sum false width coarse 
    radio histogram power-amb 0 bin-range -101 -21 duration
 5 update 5 sum false width coarse

ヒストグラムが無線インターフェイスで設定されるとき、show interface slot number/port number hist-data <particular histogram> グローバルコマンドでそれからのデータを表示できます。 例については次 の 質問を参照して下さい。

Q. show interface radio slot number/port number hist-data コマンド 出力は何に HE でのように一般的に見えますか。

ヒストグラムの出力を検知 するとき、最小、平均および最大値に周到な注意を注意して下さい。

Headend# show interface r4/0 hist-data sinr-ant1 0  
% Radio4/0 Histogram captured at 17:42:58 UTC Mon Jan 3 2000 
% radio histogram sinr-ant1 0 
% bin 10 50 dur 5 tone ave up 5 sum f width c 
% min=29.250 avg=30.000 max=30.500 

!--- This is the SNR value for the wireless modem card. 

% [1*=100 events]  captured 0 seconds remain 
% 0		MININT<=x<10	| 
% 0		10<=x<14		|
% 0		14<=x<18		| 
% 0		18<=x<22		| 
% 0		22<=x<26		| 
% 2		26<=x<30		|* 
% 3		30<=x<34		|* 
% 0		34<=x<38		| 
% 0		38<=x<42		| 
% 0		42<=x<46		| 
% 0		46<=x<50		| 
% 0		50<=x<MAXINT	|

Headend# show interface r4/0 hist-data chan 0 
% Radio4/0 Histogram captured at 17:58:21 UTC Mon Jan 3 2000 
% radio histogram chan-delay-spread-ant1 0 
% bin 0 22 dur 5 up 5 sum f width c 
% min=2.500 avg=2.500 max=2.500 

!--- You want channel delay spread to be minimal. 

% [1*=100 events]  captured 0 seconds remain 
% 0		MININT<=x<0		| 
% 5		0<=x<4			|*
% 0		4<=x<8			| 
% 0		8<=x<12			|
% 0		12<=x<16		| 
% 0		16<=x<20		| 
% 0		20<=x<24		|
% 0		24<=x<28		| 
% 0		28<=x<32		| 
% 0		32<=x<36		| 
% 0		36<=x<40		| 
% 0		40<=x<MAXINT	| 

Headend# show interface r4/0 hist-data power-amb 0
% Radio4/0 Histogram captured at 17:59:16 UTC Mon Jan 3 2000 
% radio histogram power-amb 0 
% bin -101 -21 dur 5 up 5 sum f width c 
% min=-96.000 avg=-96.000 max=-96.000 
% [1*=100 events]  captured 0 seconds remain 
% 0		MININT<=x<-101	| 
% 1		-101<=x<-93		|* 
% 0		-93<=x<-85		| 
% 0		-85<=x<-77		| 
% 0		-77<=x<-69		| 
% 0		-69<=x<-61		| 
% 0		-61<=x<-53		| 
% 0		-53<=x<-45		| 
% 0		-45<=x<-37		| 
% 0		-37<=x<-29		| 
% 0		-29<=x<-21		| 
% 0		-21<=x<MAXINT	| 

Headend# show interface r4/0 hist-data rf-rx-power-ant1 0 
% Radio4/0 Histogram captured at 17:58:37 UTC Mon Jan 3 2000 
% radio histogram rf-rx-power-ant1 0 
% bin -100 0 dur 5 up 5 sum f width c 
% min=-65.000 avg=-65.000 max=-65.000 

!--- These are good values. 

% [1*=100 events] captured 0 seconds remain 
% 0		MININT<=x<-100	| 
% 0		-100<=x<-84		| 
% 0		-84<=x<-68		| 
% 5		-68<=x<-52		|* 
% 0		-52<=x<-36		| 
% 0		-36<=x<-20		| 
% 0		-20<=x<-4		| 
% 0		 -4<=x<12		| 
% 0		12<=x<28		| 
% 0		28<=x<44		| 
% 0		44<=x<60		| 
% 0		60<=x<MAXINT	| 

Headend# show interfaces r4/0 hist-data timing-offset 0 
% Radio4/0 Histogram captured at 17:58:48 UTC Mon Jan 3 2000 
% radio histogram timing-offset 0 
% bin -10 10 dur 5 up 5 sum f width c 
% min=-1 avg=0 max=0 
% [1*=100 events]  captured 0 seconds remain 
% 0		MININT<=x<-10	| 
% 0		-10<=x<-8		| 
% 0		-8<=x<-6		| 
% 0		-6<=x<-4		| 
% 0		-4<=x<-2		| 
% 4		-2<=x<0			|* 
% 1		0<=x<2			|* 
% 0		2<=x<4			| 
% 0		4<=x<6			| 
% 0		6<=x<8			| 
% 0		8<=x<10			| 
% 0		10<=x<MAXINT	| 

Q. どんなデバッグがリンクの無線部分のトラブルシューティングを実行して HE で利用できますか。

A. debug radio p2mp phy cwrlog radio — サブスクライバユニットモデムカードのためのデジタル 信号処理 (DSP) 同期を表示するのにこのコマンドを使用して下さい。

加入者装置 (SU)

Q. 何に SU ルータ見えの設定 例か。

interface Radio1/0 point-to-multipoint 
ip address docsis 
docsis boot admin 2 
docsis boot oper 5 
docsis mac-timer t2 40000 
radio cable-loss 1 2 1 
radio downstream saved channel 2521000 subchannel 0 

!--- This is an optional parameter that can be added to save 
!--- the SU time from scanning the digital signal DS upon initialization.


Q. 加入者ユニットを監視し、解決するいくつかの有用な コマンドとは何か。

  • show interfaces radio slot number/port number link-metrics —特定のある一定の時間にわたるリンクのすべてのコード名エラーを表示する。

  • show interfaces radio slot number/port number hist-data —出力を見るためにインターフェイスで設定されるヒストグラムを持たなければなりません。

  • show controllers radio slot number/port number —特定のモデムカードすべてまたは属性の一部を表示する。

  • show controllers radio slot number/port number if —規定 された 無線インターフェイスのための IF ハードウェア情報を表示する。

  • radio loopback local main if — NM が不良なら表示する。

  • radio loopback local main rf —カードと ODU 間にケーブル問題があれば表示する。

    このコマンドを実行するために、ドーターボードを持っていることは必要です。

Q. 何に show interfaces radio slot number/port number link-metrics コマンド 出力見えか。

 ------------------ show interface radio 1/0 link-metrics ------------------ 
    
Radio link metrics.		Collected from: 00:12:00 - Fri Dec 1 2000 
  							to: 00:12:00 - Fri Dec 1 2000 
Availability of the physical link: 
	Available seconds	(EFS+ES-SES):		00:00:00:	0.000999% 
	Unavailable seconds (SES+SLS):   00:00:00: 99.99900% 
	Total               :            00:00:00: 100.0000% 
Error characteristics of the physical link: 
	Error free seconds		(EFS):       00:00:00:	0.00000% 
	Errored seconds	(CWerr>=1)    (ES):  	   00:00:00:	0.00000% 
	Degraded seconds  (5.00000>CWerr>=  1.00000%)(DS):	 00:00:00:   	0.00000% 
	Severely errored seconds (CWerr>=  5.00000%)(SES):  00:00:00:  	0.00000% 
    Sync Loss seconds		SLS):      00:00:00:	0.00000% 

Synchronization event counters: 
	Initial Synchronization seconds		:    00:00:19 
	Time since last successful synchronization :	00:00:00 
	Time since last synchronization failure	:    00:00:00 
	Synchronization attempts - Successful	: 1 : Unsuccessful : 0 
	Recovery attempts	- Medium effort   : 0 :  High effort : 0 

Physical link data rates: 
	Effective data rate (PHY payload bits/sec) :	0 
	Efficiency (PHY payload bits/total bits)	:   0.00000%

Q. show interfaces radio slot number/port number hist-data コマンド 出力は何に SU でのように一般的に見えますか。

ヒストグラムの出力を検知 するとき、最小、平均および最大値に周到な注意を注意して下さい。

Subscriber# show interfaces r1/0 hist-spec data sinr-ant1
% Radio1/0 Histogram captured at 02:01:59 UTC Mon Mar 1 1993 
% radio histogram sinr-ant1 
% bin 10 50 dur 5 tone ave up 5 sum f width c 
% min=28.750 avg=29.875 max=30.875 
% [1*=1100events]  captured 0 seconds remain 
% 0		MININT<=x<10	| 
% 0		10<=x<14		| 
% 0		14<=x<18		| 
% 0		18<=x<22		| 
% 0		22<=x<26		| 
% 22632		26<=x<30	|********************* 
% 31717		30<=x<34	|***************************** 
% 0		34<=x<38		| 
% 0		38<=x<42		| 
% 0		42<=x<46		| 
% 0		46<=x<50		| 
% 0		50<=x<MAXINT	| 

Subscriber# sh int r1/0 hist-data timing-offset 
% Radio1/0 Histogram captured at 02:01:59 UTC Mon Mar 1 1993 
% radio histogram timing-offset 
% bin -10 10 dur 5 up 5 sum f width c 
% min=-1 avg=0 max=1 
% [1*=100 events]  captured 0 seconds remain 
% 0		MININT<=x<-10	| 
% 0		-10<=x<-8		| 
% 0		-8<=x<-6		| 
% 0		-6<=x<-4		| 
% 0		-4<=x<-2		| 
% 287	-2<=x<0			|*** 
% 1223	0<=x<2			|************* 
% 0		2<=x<4			| 
% 0		4<=x<6			| 
% 0		6<=x<8			| 
% 0		8<=x<10			| 
% 0		10<=x<MAXINT	| 

Subscriber# sh int r1/0 hist-data rf-rx-power-ant1 
% Radio1/0 Histogram captured at 02:01:59 UTC Mon Mar 1 1993 
% radio histogram rf-rx-power-ant1 
% bin -100 0 dur 5 up 5 sum f width c 
% min=-44.625 avg=-42.000 max=-39.125 
% [1*=100 events]  captured 0 seconds remain 
% 0		MININT<=x<-100	| 
% 0		-100<=x<-84		| 
% 0		-84<=x<-68		| 
% 0		-68<=x<-52		| 
% 4529	-52<=x<-36		|********************************************** 
% 0		-36<=x<-20		| 
% 0		-20<=x<-4		| 
% 0		-4<=x<12		| 
% 0		12<=x<28		| 
% 0		28<=x<44		| 
% 0		44<=x<60		| 
% 0		60<=x<MAXINT	| 

Subscriber# sh int r1/0 hist-data chan-delay-spread-ant1 
% Radio1/0 Histogram captured at 02:01:59 UTC Mon Mar 1 1993 
% radio histogram chan-delay-spread-ant1 
% bin 0 22 dur 5 up 5 sum f width c 
% min=2.500 avg=2.500 max=2.500 
% [1*=100 events]  captured 0 seconds remain 
% 0		MININT<=x<0		| 
% 4529	0<=x<4			|********************************************** 
% 0		4<=x<8			| 
% 0		8<=x<12			| 
% 0		12<=x<16		| 
% 0		16<=x<20		| 
% 0		20<=x<24		| 
% 0		24<=x<28		| 
% 0		28<=x<32		| 
% 0		32<=x<36		| 
% 0		36<=x<40		| 
% 0		40<=x<MAXINT	| 

Q. どんなデバッグがワイヤレスリンクのトラブルシューティングを実行して SU で利用できますか。

  • debug radio p2mp phy cwrlog radio — サブスクライバユニットモデムカードのためのデジタル 信号処理 (DSP) 同期を表示するのにこのコマンドを使用して下さい。

  • debug docsis mac [log] — DOCSIS MAC リアルタイム ログによって生成されるデバッグ メッセージを表示する。

Q. 何に debug radio p2mp phy cwrlog radio コマンドの出力は下正常な初期化のように見えますか。

Subscriber Unit# 
01:48:27: SU RFSM: STATE CHANGE standby_state
 ====> if_hw_reset_state 
01:48:27: SU RFSM: Debug PIC Timeouts occurred=0 
01:48:27: SU RFSM: Debug PIC NAKs occurred=0 
01:48:28: SU RFSM: Resetting IF HW 
01:48:28: SU RFSM: STATE CHANGE if_hw_reset_state
 ====> if_hw_read_version_state 
01:48:28: SU RFSM: Default IF Unsolicited Msg Processing 
01:48:28: IFHW: PIC unsolicited msg received - IDU PIC Reset Event 
01:48:28: IFHW: PIC boot loader version=1, vendor ID=0 
01:48:28: IFHW: IF PIC code version=0.10, eeprom version=0 
01:48:28: IFHW: IF EEPROM Checksum=0x87 
01:48:28 : SU RFSM: STATE CHANGE if_hw_read_version_state
 ====> if_hw_read_eeprom_state 
01:48:28: SU RFSM: Reading IF HW EEPROM 
01:48:28: SU RFSM: IF Hardware Cached EEPROM okay 
01:48:28: SU RFSM: STATE CHANGE if_hw_read_eeprom_state
 ====> rf_hw_reset_state 
01:48:28: SU RFSM: Default RF Resp. Processing 
01:48:28: SU RFSM: Default DSP Resp Processing 
01:48:28: SU RFSM: Default DSP Ind Processing 
01:48:28: SU RFSM: Default DSP Ind Processing 
01:48:28: SU RFSM: Resetting RF/ODU1 
01:48:28: %LINK-3-UPDOWN: Interface Radio1/0, changed state to up 

!--- The line above is out of place.  This line often appears here. 
!--- You can ignore this line. You can get stuck in this state 
!--- if for some reason the SU cannot communicate with the ODU. 

01:48:29: SU RFSM: STATE CHANGE if_hw_reset_state
 ====> if_hw_read_version_state 
01:48:29: IFHW: IF PIC code version=0.11, NVS major version=0 
01:48:29: IFHW: PIC boot loader version=1, vendor ID=0 
01:48:29: IFHW: IF NVS Checksum=0x9D 
01:48:29: SU RFSM: STATE CHANGE if_hw_read_version_state
 ====> if_hw_read_eeprom_state 
01:48:29: SU RFSM: Re-using cached IF NVS data 
01:48:29: SU RFSM: STATE CHANGE if_hw_read_eeprom_state
 ====> rf_hw_reset_state  
01:48:29: RFHW: Unsolicited PIC msg - ODU PIC Reset Event (opcode=0x1A state=0x0) 
01:48:29: SU RFSM: STATE CHANGE rf_hw_reset_state
 ====> rf_hw_read_version_state 
01:48:29: RFHW: RF/ODU1 PIC code version=0.30, NVS major version=0 
01:48:29: RFHW: RF/ODU1 PIC boot loader version=255, vendor ID=0 
01:48:29: RFHW: RF/ODU1 NVS Checksum=0x48 
01:48:29: SU RFSM: STATE CHANGE rf_hw_read_version_state
 ====> rf_hw_read_eeprom_state 
01:48:30: SU RFSM: Re-using cached RF/ODU1 NVS data 
01:48:30: SU RFSM: STATE CHANGE rf_hw_read_eeprom_state
 ====> rf_hw_reset_state 
01:48:35: SU RFSM: RF/ODU2 not detected/operational 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE rf_hw_reset_state
 ====> if_hw_cable_comp_state 
01:48:35: IFHW: Rx1 cable loss=1 db compensation=12 db 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE if_hw_cable_comp_state
 ====> rf_hw_cable_comp_state 
01:48:35: RFHW: Tx cable loss=2 db compensation=11 db 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE rf_hw_cable_comp_state
 ====> if_hw_config_state 
01:48:35: IFHW: IF Tx Gain=16 db 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE if_hw_config_state
 ====> rf_hw_config_state 
01:48:35: RFHW: RF/ODU1 Rx Fixed Gain=0 db, Rx Var Gain=15 db 
01:48:35: RFHW: RF/ODU1 Tx Fixed Gain=0 db, Tx Var Gain=20 db 
01:48:35: RFHW: RF/ODU1 Auto updating cached NVS (Max Tx Pwr)
 for Standard Power ODU 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE rf_hw_config_state
 ====> loopback_state 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE loopback_state
 ====> ds_candidate_selection_state 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE ds_candidate_selection_state
 ====> ds_hardware_init_state 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE ds_hardware_init_state
 ====> dspinit_powerup_state 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE dspinit_powerup_state
 ====> dspinit_ping_state 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE dspinit_ping_state
 ====> dspinit_config_state 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE dspinit_config_state
 ====> dspinit_agc_config_state 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE dspinit_agc_config_state
 ====> dspinit_ifrf_config_state 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE dspinit_ifrf_config_state
 ====> dspinit_down_sync_config_state  
01:48:35: SU RFSM: DS RF Freq = 2521000  Down sync carrier for DSP = 50420 
01:48:35: SU RFSM: DS RF Freq = 2521000  Down sync carrier for DSP = 50420 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE dspinit_down_sync_config_state
 ====> dspinit_down_sync_state_config_state 
01:48:35: SU RFSM: STATE CHANGE dspinit_down_sync_state_config_state
 ====> dsp_sync_state 
01:48:36: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (0) 
01:48:36: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (2) 
01:48:36: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (4) 
01:48:36: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (5) 
01:48:36: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (7) 
01:48:37: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (4) 
01:48:37: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (5) 
01:48:37: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (8) 
01:48:37: SU RFSM: DSP SYNC PASSED 
01:48:37: SU RFSM: STATE CHANGE dsp_sync_state ====> fec_sync_state 

!--- You have found a valid downstream signal at this state. 

01:48:37: SU RFSM: SYNC Timer 
01:48:37: SU RFSM: FEC Sync State, Viterbi Sync SUCCESS 

!--- If you get stuck here, try a shut command and then a no shut command
!--- on the SU first. Sometimes this state has intermittent failures. 
!--- Try again if you receive a failure response. 

01:48:37: SU RFSM: STATE CHANGE fec_sync_state ====> trc_sync_state 
01:48:38: SU RFSM: TRC Sync State, Successful TRC LOCK 
01:48:38: SU RFSM: STATE CHANGE trc_sync_state ====> maintenance_state 

!--- This is where the SU MAC chip starts to communicate with the HE MAC chip. 

01:48:38: SU RFSM: Received Advance DS Channel Msg 
01:48:43: SU RFSM: Default RF Resp. Processing 
01:48:43: SU RFSM: UCD US bw is Full, adjusted max RF tx gain is 37 
01:48:43: SU RFSM: Default RF Resp. Processing 
01:48:43: SU RFSM: Default RF Resp. Processing 
01:48:43: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [-128 db], IF[-4 db], RF[-13 db] 
01:48:45: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [3 db], IF[-1 db], RF[-13 db] 

!--- Lines like the one above appear often in the debug messages.  
!--- This line says that the transmit power is being adjusted up 3 dB,
!---  and after the adjustment, the IF gain is -1 dB, and the RF gain
!--- is -13 dB. 

01:48:48: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [3 db], IF[02 db], RF[-13 db] 
01:48:49: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [3 db], IF[05 db], RF[-13 db] 
01:48:50: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [3 db], IF[06 db], RF[-11 db] 
01:48:51: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [3 db], IF[06 db], RF[-8 db] 
01:48:52: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [3 db], IF[06 db], RF[-5 db] 
01:48:53: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [3 db], IF[06 db], RF[-2 db] 
01:48:54: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [3 db], IF[06 db], RF[01 db] 
01:48:55: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [3 db], IF[06 db], RF[04 db] 
01:48:56: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [3 db], IF[06 db], RF[07 db] 
01:48:57: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [3 db], IF[06 db], RF[10 db] 
01:48:58: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [3 db], IF[06 db], RF[13 db] 
01:48:59: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [3 db], IF[06 db], RF[16 db] 
01:49:00: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [3 db], IF[06 db], RF[19 db] 
01:49:01: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [2 db], IF[06 db], RF[21 db] 
01:49:02: SU RFSM: Set ALC State Resp: alcState 1, IFloopMode 0,
 RFloopMode 1, Tmin_IF 35 
01:49:16: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Radio1/0,
 changed state to up

Q. 何に debug docsis mac log コマンドの出力は初期化の通常の状況でのように見えますか。

Subscriber Unit#
01:24:34:   5074.432 CMAC_LOG_LINK_DOWN 
01:24:34:   5074.432 CMAC_LOG_LINK_UP 
01:24:34:   5074.432 CMAC_LOG_STATE_CHANGE      
ds_channel_scanning_state 
01:24:35: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Radio1/0,
 changed state to down 
01:24:42:   5082.264 CMAC_LOG_DS_TUNER_KEEPALIVE 
01:24:45:   5085.392 CMAC_LOG_UCD_MSG_RCVD                1 
01:24:45:   5085.664 CMAC_LOG_DS_CHANNEL_SCAN_COMPLETED 
01:24:45:   5085.664 CMAC_LOG_STATE_CHANGE      
wait_ucd_state 

!--- This is where the SU mac chip starts to communicate with the HE MAC chip. 

01:24:47:   5087.392 CMAC_LOG_UCD_MSG_RCVD                1 
01:24:49:   5089.392 CMAC_LOG_UCD_MSG_RCVD                1 
01:24:49:   5089.392 CMAC_LOG_ALL_UCDS_FOUND 
01:24:49:   5089.396 CMAC_LOG_STATE_CHANGE      
wait_map_state 
01:24:49:   5089.396 CMAC_LOG_FOUND_US_CHANNEL            1 
01:24:51:   5091.392 CMAC_LOG_UCD_MSG_RCVD                1 
01:24:51:   5091.592 CMAC_LOG_UCD_NEW_US_FREQUENCY        2677000 
01:24:51:   5091.592 CMAC_LOG_SLOT_SIZE_CHANGED           8 
01:24:51:   5091.604 CMAC_LOG_UCD_UPDATED 
01:24:51:   5091.632 CMAC_LOG_MAP_MSG_RCVD 
01:24:51:   5091.632 CMAC_LOG_INITIAL_RANGING_MINISLOTS   18 
01:24:51:   5091.636 CMAC_LOG_STATE_CHANGE      
ranging_1_state 

!--- In ranging 1 state, the SU sends a message to the HE, and then waits 
!--- for a response.  If it doesn't get a response, it tries again a little 
!--- louder (3 dB more transmit power each attempt).  This continues until 
!--- there is a response, or until the SU has used up its tries. 

01:24:51:   5091.636 CMAC_LOG_RANGING_OFFSET_SET_TO       21368 
01:24:52:   5092.836 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS              0.0 dBmV(commanded) 
01:24:52:   5092.836 CMAC_LOG_STARTING_RANGING 
01:24:52:   5092.836 CMAC_LOG_RANGING_BACKOFF_SET          0 
01:24:52:   5092.936 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED               0 
01:24:52:   5092.956 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:24:53:   5093.156 CMAC_LOG_T3_TIMER 

!--- The T3 timer sets how long the SU waits before it decides that the HE 
!--- didn't hear the last message.  The line above indicates that this timer 
!--- has expired, and now the SU will try retransmitting.  The T3 timer can be set to a 
!--- very large value, so if you want the SU to receive downstream but never transmit anything,  
!--- use the docsis mac-timer t3 3600000 command.  

01:24:53:   5093.156 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS              0.25 dBmV(commanded) 
01:24:53:   5093.156 CMAC_LOG_RANGING_BACKOFF_SET         0 
01:24:53:   5093.256 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED              0 
01:24:53:   5093.316 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:24:53:   5093.516 CMAC_LOG_T3_TIMER 
01:24:53:   5093.516 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS              0.50 dBmV(commanded) 
01:24:53:   5093.516 CMAC_LOG_RANGING_BACKOFF_SET         2 
01:24:53:   5093.616 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED              0 
01:24:53:   5093.796 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:24:53:   5093.996 CMAC_LOG_T3_TIMER 
01:24:53:   5093.996 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS              0.75 dBmV(commanded) 
01:24:53:   5093.996 CMAC_LOG_RANGING_BACKOFF_SET         0 
01:24:54:   5094.096 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED              0 
01:24:54:   5094.156 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:24:54:   5094.356 CMAC_LOG_T3_TIMER 
01:24:54:   5094.356 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS              1.0  dBmV(commanded) 
01:24:54:   5094.356 CMAC_LOG_RANGING_BACKOFF_SET         0 
01:24:54:   5094.456 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED              0 
01:24:54:   5094.516 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:24:54:   5094.716 CMAC_LOG_T3_TIMER 
01:24:54:   5094.716 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS              1.25 dBmV(commanded) 
01:24:54:   5094.716 CMAC_LOG_RANGING_BACKOFF_SET         3 
01:24:54:   5094.816 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED              0 
01:24:55:   5095.056 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:24:55:   5095.260 CMAC_LOG_T3_TIMER 
01:24:55:   5095.260 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS              1.50 dBmV(commanded) 
01:24:55:   5095.260 CMAC_LOG_RANGING_BACKOFF_SET         0 
01:24:55:   5095.360 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED              0 
01:24:55:   5095.416 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:24:55:   5095.620 CMAC_LOG_T3_TIMER 
01:24:55:   5095.620 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS              1.75 dBmV(commanded) 
01:24:55:   5095.620 CMAC_LOG_RANGING_BACKOFF_SET         0 
01:24:55:   5095.720 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED              0 
01:24:55:   5095.776 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:24:55:   5095.980 CMAC_LOG_T3_TIMER 
01:24:55:   5095.980 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS              2.0  dBmV(commanded) 
01:24:55:   5095.980 CMAC_LOG_RANGING_BACKOFF_SET         0 
01:24:56:   5096.080 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED              0 
01:24:56:   5096.136 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:24:56:   5096.340 CMAC_LOG_T3_TIMER 
01:24:56:   5096.340 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS              2.25 dBmV(commanded) 
01:24:56:   5096.340 CMAC_LOG_RANGING_BACKOFF_SET         7 
01:24:56:   5096.440 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED              0 
01:24:56:   5096.916 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:24:57:   5097.116 CMAC_LOG_T3_TIMER 
01:24:57:   5097.116 CMAC_LOG_POWER_LEVEL_IS              2.50 dBmV(commanded) 
01:24:57:   5097.116 CMAC_LOG_RANGING_BACKOFF_SET         1 
01:24:57:   5097.216 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED              0 
01:24:57:   5097.336 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:24:57:   5097.340 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:24:57:   5097.344 CMAC_LOG_RNG_RSP_SID_ASSIGNED        138 
01:24:57:   5097.344 CMAC_LOG_ADJUST_RANGING_OFFSET       61 
01:24:57:   5097.344 CMAC_LOG_RANGING_OFFSET_SET_TO       21429 
01:24:57:   5097.344 CMAC_LOG_ADJUST_TX_POWER             20 
01:24:57:   5097.344 CMAC_LOG_STATE_CHANGE      
ranging_2_state 

!--- The HE got the ranging message from the SU, and sent a response.  
!--- Now the SU enters the ranging 2 state. In this state, it sends 
!--- messages to the HE, and the HE sends back messages
!--- that instruct the SU on how to adjust its transmit power.  
!--- The distance between the HE and SU is also measured, and the
!--- SU is given a ranging offset to account for propagation delay. 

01:24:57:   5097.448 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED              138 
01:24:58:   5098.348 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:24:58:   5098.352 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:24:58:   5098.356 CMAC_LOG_ADJUST_TX_POWER             20 
01:24:58:   5098.356 CMAC_LOG_RANGING_CONTINUE 
01:24:59:   5099.364 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:24:59:   5099.368 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:24:59:   5099.368 CMAC_LOG_ADJUST_TX_POWER             20 
01:24:59:   5099.368 CMAC_LOG_RANGING_CONTINUE 
01:25:00:   5100.376 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:00:   5100.380 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:00:   5100.380 CMAC_LOG_ADJUST_TX_POWER             20 
01:25:00:   5100.384 CMAC_LOG_RANGING_CONTINUE 
01:25:01:   5101.388 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:01:   5101.396 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:01:   5101.396 CMAC_LOG_ADJUST_TX_POWER             16 
01:25:01:   5101.396 CMAC_LOG_RANGING_CONTINUE 
01:25:02:   5102.404 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:02:   5102.408 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:02:   5102.408 CMAC_LOG_RANGING_SUCCESS 
01:25:02:   5102.408 CMAC_LOG_STATE_CHANGE      
dhcp_state 

!--- In this example, the SU was told to increase its power in the 
!--- ranging 2 state. In total, the SU increased its gain by 20 dB 
!--- during this state. This is an indication that the channel is 
!--- very clean - the HE was able to demodulate the signal from the SU, 
!--- even when it was 20 dB below the optimal signal level. If the 
!--- opposite occurs, and the SU is told to decrease the power in this
!--- state, then that is an indication that the upstream 
!--- channel is not very clean. At this point, the state machine has
!--- reached the dhcp_state. The SU sends an IP broadcast request 
!--- looking for a DHCP server. 

01:25:02:   5102.420 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:02:   5102.428 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:03:   5103.424 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:03:   5103.428 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:04:   5104.424 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:04:   5104.428 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:05:   5105.420 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:05:   5105.428 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:06:   5106.420 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:06:   5106.424 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:07:   5107.424 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:07:   5107.428 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:08:   5108.420 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:08:   5108.428 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:09:   5109.420 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:09:   5109.428 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:10:   5110.420 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:10:   5110.424 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:11:   5111.424 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:11:   5111.428 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:12:   5112.420 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:12:   5112.428 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:13:   5113.420 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:13:   5113.424 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:14:   5114.420 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:14:   5114.424 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:15:   5115.292 CMAC_LOG_DHCP_ASSIGNED_IP_ADDRESS           10.1.1.3 
01:25:15:   5115.292 CMAC_LOG_DHCP_TFTP_SERVER_ADDRESS           10.1.1.1 
01:25:15:   5115.292 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_TOD_ADDRESS 
01:25:15:   5115.292 CMAC_LOG_DHCP_SET_GATEWAY_ADDRESS 
01:25:15:   5115.292 CMAC_LOG_DHCP_TZ_OFFSET                     0 
01:25:15:   5115.296 CMAC_LOG_DHCP_CONFIG_FILE_NAME              p2mp.cm 
01:25:15:   5115.296 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_SEC_SVR_ADDR 
01:25:15:   5115.296 CMAC_LOG_DHCP_ERROR_ACQUIRING_LOG_ADDRESS 
01:25:15:   5115.300 CMAC_LOG_DHCP_COMPLETE 

!--- Other parameters that are required by the SU are the TFTP server  
!--- address, the Time of Day (TOD) server address, the Time Zone (TX)
!--- offset value and DHCP config file name (also known as the DOCSIS
!--- config file). These parameters must all be present
!--- in the DHCP response from the DHCP server. 

01:25:15:   5115.312 CMAC_LOG_STATE_CHANGE      
establish_tod_state 
01:25:15:   5115.316 CMAC_LOG_TOD_NOT_REQUESTED_NO_TIME_ADDR 
01:25:15:   5115.316 CMAC_LOG_STATE_CHANGE      
security_association_state 
01:25:15:   5115.316 CMAC_LOG_SECURITY_BYPASSED 
01:25:15:   5115.316 CMAC_LOG_STATE_CHANGE     
configuration_file_state 
01:25:15:   5115.316 CMAC_LOG_LOADING_CONFIG_FILE                p2mp.cm 

!--- The establish_tod_state is the point in which the SU tries to retrieve 
!--- the time of day from the TOD server. This is used to synchronize clocks 
!--- for alarms and logs, among other reasons. The security_association_state
!--- is a placeholder for a state yet to be defined. In the future, 
!--- a security association with a security server would provide 
!--- IPsec-like security for the SUs. This is NOT the baseline privacy state.
!--- The configuration_file_state is the main configuration and
!--- administration interface to the SU DOCSIS subsystem. 
!--- The name of this file and the TFTP server address in which 
!--- this could be downloaded was originally provided in the DHCP state.
!--- This configuration file contains downstream channel and upstream
!--- channel identification, characteristics, Class of Service settings,
!--- Baseline Privacy settings, and general operational settings. 

01:25:15:   5115.424 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:15:   5115.428 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:16: %LINEPROTO-5-UPDOWN: Line protocol on Interface Radio1/0,
 changed state to up 
01:25:16:   5116.420 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:16:   5116.428 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:17:   5117.420 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:17:   5117.424 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:18:   5118.424 CMAC_LOG_RNG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:18:   5118.428 CMAC_LOG_RNG_RSP_MSG_RCVD 
01:25:19:   5119.352 CMAC_LOG_CONFIG_FILE_PROCESS_COMPLETE 
01:25:19:   5119.352 CMAC_LOG_STATE_CHANGE      
registration_state 
01:25:19:   5119.352 CMAC_LOG_REG_REQ_MSG_QUEUED 
01:25:19:   5119.356 CMAC_LOG_REG_REQ_TRANSMITTED 
01:25:19:   5119.368 CMAC_LOG_REG_RSP_MSG_RCVD 

!--- The link is now up.  
!--- The link comes up and then the SU tries to register with the HE
!--- through the registration_state. After configuration, the modem sends
!--- a registration request (REG-REQ) with a required subset 
!--- of the configuration settings received in the DOCSIS config file. 

01:25:19:   5119.368 CMAC_LOG_COS_ASSIGNED_SID                   1/138 
01:25:19:   5119.372 CMAC_LOG_COS_ASSIGNED_SID                   2/139 
01:25:19:   5119.472 CMAC_LOG_RNG_REQ_QUEUED                     138 
01:25:19:   5119.472 CMAC_LOG_REGISTRATION_OK 
01:25:19:   5119.472 CMAC_LOG_STATE_CHANGE      
establish_privacy_state 
01:25:19:   5119.472 CMAC_LOG_PRIVACY_NOT_CONFIGURED 
01:25:19:   5119.476 CMAC_LOG_STATE_CHANGE      
maintenance_state 

!--- At this point, the service identifier (SID), which designates the
!--- MAP grants on which the SU is allowed to speak,
!--- is assigned. The establish_privacy_state only comes into effect
!--- if baseline privacy is turned on.  At the current time, 
!--- this is not supported, but it will be in the future.

Q. SU が downstram_channel_scanning_state を転送されることができない場合はどうしたらいいのですか。

A. これはおそらくマイクロコードが決してロードしなかったことを意味します。 マイクロコード の ダウンロードが失敗した場合、このメッセージが現れます:

 00:00:38: %CWRMP-3-UCODEFAIL: Radio 1/0: Loading slot1:/cod.001 failed

起動してすぐにこのメッセージが現れます従って容易にこのメッセージが抜ける場合があります。 また no shut コマンドによって問題を次のように表示できます:

SU1(config-if)# no shut 
SU1(config-if)# 
00:02:26:    146.628 CMAC_LOG_LINK_DOWN 
00:02:26:    146.628 CMAC_LOG_LINK_UP 
00:02:26:    146.628 CMAC_LOG_STATE_CHANGE	  ds_channel_scanning_state 
00:02:27:    147.628 CMAC_LOG_RESET_CANT_START_DS_TUNER_PRCESS 
00:02:27:    147.628 CMAC_LOG_STATE_CHANGE    reset_interface_state 
00:02:27: SU RFSM: MAC FSM Stop Cmd 
00:02:27:    147.628 CMAC_LOG_STATE_CHANGE	  reset_hardware_state 
00:02:27:    147.628 CMAC_LOG_STATE_CHANGE    wait_for_link_up_state 
00:02:27:    147.628 CMAC_LOG_LINK_DOWN 

問題のタイプを修復するため:

end 
conf t 
microcode cwrsu [path to microcode] 
microcode reload 

マイクロコードするべきパスは一般的に slot1:です このようにそうコマンドな:

microcode cwrsu slot1:

コードが正常にロードするときこのメッセージを受け取ります:

00:06:06: %CWRMP-5-UCODE: Radio 1/0: Loaded slot1:

これがそれでもはたらかない場合、フラッシュカードが slot1 にきちんと挿入されることを確認するため。 execプロンプト(execプロンプトに到達するべき型端検知あるものがの slot0 または 1 またはフラッシュするのカードに)から、ディレクトリをできます。 Type:

dir flash: 
dir slot0: 
dir slot1: 

Q. SU が rf_hw_reset_state の枠を越えることができない場合はどうしたらいいのですか。

A. この問題のための考えられる 原因はここにあります:

  • ODU は起動されません。 これは ODU にルータと別々につける必要がある自身の電源があるので見落とし易いです。

  • ODU はワイヤレス ラインカードに正しく接続されません。 ケーブルがすべて接続され、堅くねじで締まることを確かめて下さい。 配線図についてはインストレーションガイドを参照して下さい。

  • PIC は、ODU の中のプロセッサ、使用できなくなりました。 この問題を解決するために、ODU を消し、数秒待ち、ODU を再び入れて下さい。

  • ルータは 2 ODU のために設定されますが、1 つだけは接続されます。

SU が rf_hw_reset_state の枠を越えることができない場合ログはソフトウェアが第 2 ODU をリセットすることを試みることを示します:

10:26:43: SU RFSM: STATE CHANGE if_hw_read_eeprom_state
 ====> rf_hw_reset_state 
10:26:43: SU RFSM: Resetting RF/ODU1 
10:26:44: %LINK-3-UPDOWN: Interface Radio1/0, changed state to up 
10:26:48: SU RFSM: STATE CHANGE rf_hw_reset_state
 ====> rf_hw_read_version_state 
10:26:48: RFHW: RF/ODU1 PIC boot loader version=255, vendor ID=0 
10:26:48: RFHW: RF/ODU1 PIC code version=0.5, eeprom version=0 
10:26:48: RFHW: Error: RF/ODU1 EEPROM Checksum failed! 
10:26:48: RFHW: RF/ODU1 EEPROM Checksum=0x61 
10:26:48: SU RFSM: STATE CHANGE rf_hw_read_version_state
 ====> rf_hw_read_eeprom_state 
10:26:48: SU RFSM: Reading RF HW EEPROM 
10:26:48: SU RFSM: Loading RF/ODU1 HW EEPROM data... 
10:26:52: SU RFSM: Re-using RF/ODU1 HW EEPROM cached data 
10:26:52: SU RFSM: RF/ODU1 HW EEPROM load complete 
10:26:52: SU RFSM: STATE CHANGE rf_hw_read_eeprom_state
 ====> rf_hw_reset_state 
10:26:52: SU RFSM: Resetting RF/ODU2 
10:27:00: SU RFSM: PIC RESP Timeout 
10:27:00: SU RFSM: Error: PIC msg timeout during SU RFSM rf_hw_reset_state 
10:27:00: %CWRMP-4-RF_IF_COMM: Radio1/0, IF-to-RF/ODU2 comm error
 (ODU Controller Reset cmd)
10:27:00: SU RFSM: STATE CHANGE rf_hw_reset_state
 ====> standby_state 

この問題を解決することは、第 2 ODU を接続するか、または 1 つだけを使用するためにシステムを設定します。 1 ODU のために設定するために、無線インターフェイス プロンプトからの radio receive-antennas 1 コマンドをタイプして下さい。

Q. SU が dsp_sync_state の枠を越えることができない場合はどうしたらいいのですか。

A. この状態では、有効なダウンストリーム 信号を見つける DSP 試みはその場合の周波数にロックし、場合を復調し始めます。 間違って何でも着くダウンストリーム 信号とあれば、問題はここに出て来る可能性が高いです。 解決するのを助けるために DSP は同期処理によってそれとしてメッセージを進歩します送信 します。 すべてがはたらく場合、これらのメッセージは送信 されます:

09:55:54: SU RFSM: STATE CHANGE dspinit_down_sync_state_config_state
 ====> dsp_sync_state
09:55:54: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (0) 
09:55:54: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (2) 
09:55:54: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (4) 
09:55:54: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (5) 
09:55:54: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (8) 
09:55:54: SU RFSM: DSP SYNC PASSED

または

09:55:54: SU RFSM: STATE CHANGE dspinit_down_sync_state_config_state
 ====> dsp_sync_state 
09:55:54: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (0) 
09:55:54: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (2) 
09:55:54: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (4) 
09:55:54: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (5)
09:55:54: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (7)
09:55:54: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (4)
09:55:54: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (5)
09:55:54: SU RFSM: Received DSP SYNC IND (8)
09:55:54: SU RFSM: DSP SYNC PASSED 

可能性のある DSP 同期化インジケーターは次のとおりです:

  • 0 AGC_PASS — DSP は受信 シグナルの電源を見ます。

  • 1 AGC_FAIL — DSP は受信 シグナルの電源を見ません。 このインジケータは得にくいです。 ダウンストリーム周波数が正しく設定 されることを確かめて下さい。

  • 2 BURST_SIZE_PASS — DSP は有効なダウンストリーム 信号の存在を仮定します。 これが受け取る最後の DSP インジケータなら、DSP はダウンストリームの周波数にロックできません。 電源の再投入すべておよびもう一度試。 それがはたらかない場合、SU IF カードを取り替えて下さい。

  • 3 BURST_SIZE_FAIL — DSP は有効なダウンストリーム 信号を見つけることができません。 この問題は余りに弱くか余りに強い場合が原因で発生する場合があります。 HE が起動され、きちんと送信することを確かめて下さい、アンテナは正しい方向で指し、ダウンストリーム周波数は正しく設定 されます。 これらの設定の何れかにおける問題は受け取る場合、または非常に弱い場合が、ないことを意味します。 他の可能性はたくさんの場合があることです。 これが事実である場合、ODU の増幅器は飽和できます。 スペクトラムアナライザおよびスプリッタを ODU とラインカード間の場合を検知 するのに使用して下さい。 ダウンストリーム 信号は 423 のおよび 429 MHz の間にでありシグナル電力は 64 および 15 dBm の間にある必要があります。 場合が余りに強く検知 する場合、鮮やかさがあるように確認して下さい。 より低いゲインのアンテナを考慮して下さい。 もう一つの可能性は cable-comp が間違って設定されることです。

  • 4 TIME_D_PASS — DSP は受信 シグナルのタイミングに同期しました。

  • 5 COARSE_FREQ_PASS —このインジケータは標識番号 4.に常に続きます。 それはほとんど無意味です。

  • 6 —この数は未使用です。

  • 7 OSC_ADJ_PASS — DSP は大きい周波数調整を作る必要がありました。 大きい周波数調整の後で、DSP は TIME_D 状態に、そうである標識番号 4.この 1 つに続くことができる唯一のメッセージ戻ります。 何回もこのメッセージが表示される場合、IF モジュールが miscalibrated 可能性が高いといえます。 IF カードを取り替えて下さい。

  • 8 DEMOD_TT_PASS — DSP はダウンストリーム 信号のすべての修正パラメータを見つけ、データ 復調を始めて準備ができています。

dsp_sync_state に得るが、DSP からのインジケータ メッセージのうちのどれも表示されなければ、マイクロコードはおそらく正しくダウンロードされませんでした。 次のコマンドを入力します。

shut 
end 
configure terminal 
microcode reload 

Q. SU が fec_sync_state の枠を越えることができない場合はどうしたらいいのですか。

A. この問題は通常下位 SNR が原因で発生します。 DSP は多くの下部の SNR 場合で復調することができるより同期できます。 この問題を解決するために、サブスクライバにはっきりした場合を得る必要があります。 cable-comp 値が正しく設定 されること、そしてすべてのケーブルが堅く接続されることを確かめて下さい。 アンテナをリダイレクトして下さい。

この状態は時々明らかな理由もなく失敗します。 エラーを探す前に、もう一度試し、2 回目にはたらくかどうか参照して下さい。

Q. SU が trc_sync_state の枠を越えることができない場合はどうしたらいいのですか。

A. この問題は頻繁にサブスクライバを持つよりもむしろ HE における問題を、示唆します。 電源の再投入 サブスクライバおよびもう一度試、ちょうど確実であるため。 同じ問題に直面する場合、他のどのサブスクライバもこの HE カードへの接続に成功されるかどうか確認して下さい。 そうでなかったら、HE の shut/no shut コマンドを試みて下さい。 それがはたらかない場合、電源の再投入 HE。 問題は時々 no shut がある HE はようである実際決して開始する MAC 半導体素子ことではないです。 従って、送信されるダウンストリーム 信号がありますが場合にデータがありません。

Q. SU が wait_ucd_state の枠を越えることができない場合はどうしたらいいのですか。

A. ここに 2 つの可能性があります。 第 1 は DOCSIS initial-ranging-offset が間違って設定されることです。 これは show run コマンドで execプロンプトから表示できる実行コンフィギュレーションにあります。 この問題を解決するために、インターフェイス プロンプトに入り、docsis initial-ranging-offset 27000 を入力して下さい。 第 2 可能性は HE 持っています問題をです。 SU がか」trc_sync_state の枠を越えることができない場合何「参照して下さい 詳細については質問。

Q. SU が ranging_1_state の枠を越えることができない場合はどうしたらいいのですか。

A. initial-ranging-offset は間違って設定することができます。 上記の質疑応答を参照して下さい。 他の可能性は何かがアップストリーム場合と間違っていることです。 アップストリーム周波数が正しく設定 されることを確認して下さい。 ALC が起動されることを確かめて下さい。 これはデフォルトモードですが、ALC をディセーブルにするまた送信する ゲインを手動で 設定できます。 一般に、ALC をディセーブルにしてはなりません。 ALC が起動されることを保証するために、インターフェイス プロンプトからの no radio diag transmit-gain コマンドをタイプして下さい。

Q. SU が ranging_2_state の枠を越えることができない場合はどうしたらいいのですか。

A. これはおそらく HE が SU からのあまりまたはほんのわずかの電源を見るか、またはサブスクライバからの場合が一貫して復調するには余りにも粗末であることを意味します。 送信する ゲインが設定 されて いるものをに告げるメッセージがあります。 コマンドはここにあります、つまりゲインを減らすために SU が 3 dB [-3 db によって]、意味し告げられた従って SU は -4 dB に IF ゲインおよび 0 dB に RF ゲインを設定 しましたことを:

10:54:26: SU RFSM: DSPMSG_TX_POWER_ADJ [-3 db], IF[-4 db], RF[00 db] 

送信するの合法的な範囲が設定を得るのを見るために execプロンプトからのこれらのコマンドを入力して下さい:

show cont r1/0 rf 

show cont r1/0 if 

これらのコマンドは IF および RF カードについての多くの情報を示し、表示するフィールドの 1 つは時間帯(TX)可変ゲインの範囲です。 サブスクライバが範囲の下部のの近くだけでゲインを使用する場合、おそらく HE はたくさんの電源を受け取ります。 低い電力 ODU に切り替えますか、アンテナを別様に調整するか、または ODU とアンテナの間に減衰器を置いて下さい。

一方では、SU が完全なゲインに設定 され、電源を高めるように HE が SU に指示し続ければこれは HE が十分な電源を受け取らない示す値です。 どんなに値を HE の RF レシーブ電源が設定 されるチェックし、アンテナの配置をチェックして下さいか。 高利得アンテナは助けることができます。 また、アンテナを動かすか、またはそれをより高くマウントして下さい。

Q. SU が dhcp_state に到達するが、IP アドレスが見つかりません IP アドレスを。

A. dhcp_state メッセージが表示され、決して IP アドレスが SU に割り当てられるのを参照しない場合これは DHCPサーバの誤ったコンフィギュレーション、か DHCPサーバを IPパスの欠如を一般に指します。 DHCPサーバの設定を確認し、外部 DHCPサーバを実行したら、正しい radio helper-address コマンドが show running コマンドによる無線インターフェイスの下で設定されることを確認して下さい。

Q. SU が dhcp_state に到達すれば何が、IP アドレスを受け取りますが、他のパラメータで失敗しますか。

A. SU が必要とする他のパラメータは TFTPサーバアドレス、Time Of Day (ToD) サーバアドレス、時間帯(TX)オフセット値および DHCP 構成ファイル名です(また DOCSIS設定ファイルと呼ばれる)。 これらのパラメータはすべて DHCPサーバからの DHCP応答にある必要があります。

HE を DHCP/TFTP サーバの一部をするために設定できます。 HE が DHCP/TFTP サーバであるために設定されない場合 HE 無線インターフェイスの下で設定される radio helper-address コマンドがあることを確かめて下さい。 これは DHCP ブロードキャストが正しいサーバに転送されるようにします。 外部 DHCP/TFTP サーバを使用する場合、サーバはまた SU ネットワークに戻ってパケットを送信する方法を指示するルートをかデフォルト ゲートウェイが含まれている必要があります。

これらのエラーメッセージは DHCP応答のオプションパラメータの不在を指します:

DHCP_ERROR_ACQUIRING_SEC_SVR_ADDR
DHCP_ERROR_ACQUIRING_LOG_ADDRESS

これらのエラーを除去するために DHCPサーバのセカンダリサーバおよびログ サーバ アドレスを設定して下さい。

Q. SU が establish_tod_state に到達するが、TOD REPLY RECEIVED に到達しません。

A. この状態の失敗のための一般的 な 原因は TOD サーバが外部にまたは HE にないことです。 HE を TOD サーバとして行動するために設定できます。 グローバル コンフィギュレーション モードからの radio time-server コマンドを発行して下さい。 再度、外部 TOD サーバを使用するために、ルートは SU に戻って応答を返すために TOD サーバのためにある必要があります。

Q. SU が configuration_file_state で失敗した場合はどうしたらいいのですか。

A. configuration_file_state は SU DOCSIS サブシステムへメインコンフィギュレーションおよび管理インターフェイスです。 これがダウンロードすることができる TFTPサーバアドレス DHCP 状態でおよびこのファイルの名前は最初に提供されました。 このコンフィギュレーション ファイルには次のものが含まれています。

  • ダウンストリームチャンネルおよびアップストリームチャンネル識別

  • 特性

  • サービス クラス設定

  • ベースライン プライバシー設定

  • 全般的な運用設定

この状態の失敗のための一般的 な 原因は抜けたファイル、誤ったファイル許可、到達不能 TFTPサーバ、間違ったフォーマット の ファイル、抜けた要求されたオプション、間違って設定された要求されたオプション、または不正確なオプション(未知か無効 な Type-Length-Value (TLVs))のファイルです。

Q. SU が registration_state で失敗した場合はどうしたらいいのですか。

A. 登録における問題はコンフィギュレーション ファイル エラーにポイントをほとんどの場合示します。 SU および HE が両方コンフィギュレーション ファイルの設定をサポートすることを確かめて下さい。 HE がサービス クラス プロファイルの作成を許可する確かめて下さいまたは HE が作成するプロファイルをことを使用しなさい。 HE 無線インターフェイス 設定と DOCSISコンフィギュレーションファイルの認証文字列をチェックして下さい。

Q. SU が establish_privacy_state で失敗した場合はどうしたらいいのですか。

A. この状況はおそらく HE か SU が Baseline Privacy (BPI)を確立することを試み、他の 1 つがないことを意味します。 DOCSIS設定ファイルに起動される BPI があるかどうか確かめて下さい。 HE で、QoS プロファイルがまた起動される BPI を示すかどうか確かめて下さい。 show radio qos profile コマンドを使用して下さい。 また、HE および SU 両方使用 K イメージ確かめて下さい。

Q. SU が maintenance_state に到達するが、ping しません何が。

A. SU 無線ラインカードに有効 な IP アドレスがあることを確認して下さい。 ranging_2_state の枠を越える数回を試みなければならない場合これは何か他のものが間違っているというサインです。 これはどうかして SNR が余りに低いことを意味します。 SU のユニキャスト リトライ カウンタがゼロ以外に設定 される場合、これは下位 SNR の示す値です。 SNR 値を調べるために、show controller r1/0 mac コマンドを使用して下さい。


関連情報


Document ID: 14240