WAN : フレーム リレー

フレームリレー トラフィック シェーピング フローチャート

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | ライター翻訳版 (2011 年 10 月 21 日) | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

次のフローチャートは、フレームリレー トラフィック シェーピングを実装する場合のパケット フローを示しています。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントは、特定のソフトウェアやハードウェアのバージョンに限定されるものではありません。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

フローチャート

トラフィック シェーピングの詳細については、Cisco IOS ソフトウェア リリース 12.2 メインラインの「ポリシングとシェーピングに関する概要」を参照してください。

/image/gif/paws/14195/frts_fchart.gif

このフローチャートで使用されている用語の定義は、次のとおりです。

  • FIFO: 先入れ先出し

  • CQ: カスタム キューイング

  • PQ: プライオリティ キューイング


関連情報


Document ID: 14195