WAN : T1/E1 と T3/E3

AS5xxx ネットワーク・アクセス・サーバのためのクロック同期

2016 年 10 月 27 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 12 月 31 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、AS5xxx ネットワーク アクセス サーバ(NAS)のクロック同期化の概要を説明し、さらに複数の例を使用して説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco AS5xxx Network アクセス サーバ。

  • Cisco 2691、Cisco 28xx、Cisco 37xx インストールされる、および Cisco 38xx プラットフォーム MIX モジュールが付いている Cisco 3660。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

ワイドエリア デジタル放送は一般的にきちんと同期されるべき送信機およびレシーバを必要とします。 async RS-232 かイーサネットのようなローカル エリア非同期 デジタル放送は一般的に レシーバの内部クロックが密接にトランスミッタのそれと同期化されるように要求しません。 レシーバは送信 される各フレームとあらためて同期します。 非同期 レシーバのタイミングはデータ損失無しで千の 1 人の部大いにトランスミッタのタイミングとによって異なる可能性があります。

Time Division Multiplexing (TDM) ネットワークでは、すべてのネットワークコンポーネントが互いに同期するデータは失われるかもしれません。 レシーバが遅いまたはトランスミッタより速く実行する場合、クロック スリップは発生する場合があります。 各スリップはフレームをに、データ ストリームから失われるために、または追加します。 TDM チャネルを使用するスリップの影響はアプリケーションによって決まります:

  • 同期ポイントツーポイントプロトコル (PPP)のようなデジタル アプリケーションはデータフレームの損失を普通被害を受け、再送信という結果に終ります。

  • 音声帯域モデムセッションは一般的にリトレインを経、およそ 15 秒の伝達一時停止という結果に終ります。

  • 音声コールは一般的に聞こえるクリックで被害を受けます。

TDM ネットワークに AS5xxx NAS を接続するとき、注意深く使用するクロッキング方式を考慮することは重要です。 下記の例では、1 つのクロッキング ドメインできちんと同期される TDM ネットワークコンポーネントは緑で表示です。 別途のある他の TDM コンポーネントはオレンジで、非同時性クロッキング ドメインに示され、パケットネットワーク コンポーネントは青で表示です。

例 1: 単一 の スイッチに非同時性 NAS

/image/gif/paws/14169/fig1.gif

NAS は単一 TDM スイッチに接続されますが、そのスイッチに同期されません。 NAS はソース ローカルオシレータ(自由な実行)を使用するまたは他のに同期することができます。 NAS と TDM スイッチ間のインターフェイスにスリップがあります。 ソリューションは行からクロックを得るために NAS を設定することです。

例 2: 同じ TDM ネットワークのマルチプルスイッチに同期される NAS

/image/gif/paws/14169/fig2.gif

NAS は 2 つの TDM スイッチに接続されます。 2 つのスイッチは同じ TDM ネットワークにあり、互いに同期されます。 クロッキングを行の 1 つから取り出し、他の行に失敗するために NAS を設定して下さい。

例 3: NAS は異なるプレシオクロナス TDM ネットワークのマルチプルスイッチに同期しました

/image/gif/paws/14169/fig3.gif

NAS は異なる TDM ネットワークにある 2 つの TDM スイッチに接続されます。 ネットワークは公有地で直接時間を記録されません。 ただし、それらはプレシオクロナスであり、すべての実用的 な 目的で、同期されること両方ともそのような正確なクロックを使用します。 Example 2:と同じように、クロッキングを行の 1 つから取り出し、他の行に失敗するために NAS を設定して下さい。

例 4: TDM ネットワークで切り替えるために同期され、非同期PBX に接続される NAS

/image/gif/paws/14169/fig4.gif

NAS は左のスイッチからクロッキングを取り出すために設定されます。 構内交換機 (PBX)は同期のために異なるソースを使用し、従って右のオレンジ スパンはスリップを経験します。 ソリューションは行から NAS にクロッキングを取り出すために PBX を再構成することです。

例 5: 2 つの別々の非同時性 TDM ネットワークに接続される NAS

/image/gif/paws/14169/fig5.gif

この場合、NAS は互いに同期されない 2 つの異なる TDM ネットワークに接続されます。 NAS がグリーン ネットワークからクロッキングを取り出す場合、オレンジ ネットワークにスパンのスリップを経験します。 それがオレンジ ネットワークからクロッキングを取り出す場合、グリーン ネットワークへのスパンはスリップします。 TDM ネットワークが同期することができない限りスリップは相互接続されるとき避けられないです。 このシナリオでは、Example 6.:に示すように 2 NAS および 2 つの別々の非同時性 TDM ネットワークを、使用して下さい

例 6: 2 NAS、2 つの別々の非同時性 TDM ネットワーク

/image/gif/paws/14169/fig6.gif

ここでは、2 つの非同時性 TDM ネットワークをパケットネットワーク パスで分けてもらいます。 これは TDM スパンのスリップの発生を防ぎます。 ただし、パケットネットワークを通して Voice over IP (VoIP) リンクの 2 つのネットワーク間の回線を構築すれば、同期の問題は発生する場合があります。

Example 7.:。 バックツーバック 2 NAS (ラボ 環境で)

/image/gif/paws/14169/fig7.gif

クロックの設定しました(自由継続)ソースをたどるために 1 NAS を。 他は行からクロックを得るために設定されます。

NAS クロッキングコマンド

AS5200 、AS5300

システムをソース クロックに設定するために、clock source free-running controller コマンドを使用して下さい。 システムをラインからクロックを得るために設定するためにプライマリ クロックソースラインおよび clock source line secondary コマンドを使用して下さい。 PBX が NAS からクロックを得るところ)ラインからクロックを得たいと思わない場合 clock source internal コマンドを使用して下さい(たとえば、Example 4:

AS5350 、AS5400 、AS5800 、AS5850

dial-tdm-clock を使用して下さい(先のバージョン Cisco IOS よりのためにか。 ソフトウェア リリース 12.2(11)T)またはクロック ソースに優先順位をつける TDM クロック(Cisco IOS ソフトウェア Release 12.2(11)T と それ以降 バージョンのために)グローバルコマンド。

他のすべてのプラットフォームのための設定コマンドの情報に関しては、それぞれユーザマニュアルを参照して下さい。


関連情報


Document ID: 14169