WAN : T1/E1 と T3/E3

E1 アラームのトラブルシューティング

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、E1 動作時に表示される可能性のある一般的なアラーム タイプについて説明します。 また、トラブルシューティング テクニックについても説明します。 E1 エラーイベント トラブルシューティングおよびインターネット トラブルシューティング の 手引きと共にこの資料を使用して下さい。

前提条件

要件

このドキュメントに関する固有の要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアのバージョンに基づくものです。

  • Cisco IOS(R) ソフトウェア リリース 12.0

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 対象のネットワークが実稼働中である場合には、どのような作業についても、その潜在的な影響について確実に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

アラームを識別して下さい

show controller e1 コマンドを使用すると、該当のコントローラ ハードウェアに限定されたコントローラ ステータスが表示されます。 この情報は診断タスクを行うテクニカルサポート担当者に役立ちます。 Network Processor Module(NPM; ネットワーク プロセッサ モジュール)または MultiChannel Interface Processor(MIP; マルチチャネル インターフェイス プロセッサ)は、ポート アダプタに問い合わせて現在のステータスを確認できます。

show controller e1 EXEC コマンドはまた提供します:

  • E1 リンクの統計情報 スロットおよびポート番号を規定 する場合、15分毎については統計情報を表示できます。

  • 物理層とデータリンク層のトラブルシューティング情報

  • E1 回線上のローカル アラームおよびリモート アラーム情報(該当する場合)

コントローラによって表示する アラームまたはエラーがあるかどうか見る show controller コマンドを発行して下さい。 カウントを増加するフレーム、伝送符号およびスリップ秒エラーカウンタ レジスタが show controller e1 コマンドを繰り返し発行するかどうか見るため。 カウンターが現在の間隔のために示す値に注意して下さい。

フレームおよび伝送符号設定に関してはサービスプロバイダーに連絡して下さい。 CRC4 フレーミングは最も広く使用されていますが、HDB3 は E1 回線にのみ定義されている回線コードです。 探された「クロック ソースはクロック ソースがネットワークから得られることを確認する show controller e1 コマンド出力のライン プライマリ」です。

アラームのトラブルシューティング

このセクションによってはそれらを訂正するためにアラームおよび手順が当たります。 各ステップの後で、どのアラームでも発生したかどうか確認する show controller e1 コマンドを発行して下さい。

受信リモートアラーム表示信号

レシーブ(rx)アラーム表示信号 (AIS)はポートに接続される機器からの行アップストリームにアラームがあることを意味します。 AIS失敗はフレーム同期損失(LOF)失敗が宣言された後 AIS欠陥が入力およびそれでも存在で検出するとき宣言されます(すべての "1s" 場合のフレームのない性質によりによって引き起こされて)。 AIS失敗は LOF 失敗をクリアするときオフです。

rxAIS エラーを訂正するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. ポートで設定されるフレーミングフォーマットがラインのフレーミングフォーマットと一致するかどうか show controller e1 スロット/ポート コマンド 出力を確認して下さい。

    一致しない場合は、コントローラのフレーミング フォーマットを変更して、回線に一致させます。

    フレーミングフォーマットを変更するために、フレーム化 {crc4 を発行して下さい | コントローラコンフィギュレーションモードの no-crc4} コマンド、たとえば:

    bru-nas-03#configure terminal
    Enter configuration commands, one per line. End with CNTL/Z. 
    bru-nas-03(config)#controller e1 0
    bru-nas-03(config-controlle)#framing crc4 
    
  2. アップストリーム接続の電話会社または失敗内の誤ったコンフィギュレーションがあるように確認するためにサービスプロバイダーに連絡して下さい。

受信リモートアラーム表示信号

Remote Alarm Indication (RAI)は終端装置にローカル機器から受け取っている場合に問題があることを意味します。

RAI 失敗は Aビットが(帯のタイム・スロット フレーム アライメント シグナル[FAS が含まれていない]ゼロのビット 3) 1 (1)になるとき宣言されます。 RAI 失敗は信号消失 (LOS)か LOF が検出するとき宣言されません。

rxRAI エラーを訂正するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. 外部ループバック ケーブルをポートに挿入します。

    詳細については、E1 行資料についてはハード プラグ ループバック テストを参照して下さい。

  2. どのアラームでも発生したかどうか確認する show controller e1 EXEC コマンドを発行して下さい。

    アラームを見つけない場合、ローカルハードウエアはおそらく良好です。 そのケースでは、これらのステップを完了して下さい:

    1. 配線を確認します。 正しくインターフェイス ポートおよび E1 E1 サービスプロバイダー側の設備または端末装置間のケーブルを接続したようにして下さい。 正しいポートにケーブルを接続したようにして下さい。 必要な場合は、ケーブルを接続し直してください。

    2. ケーブルに破損またはその他の物理的異常がないか調べ、ケーブルの完全性を確認します。 ピン配置が正しく設定されているか確認します。 必要であればケーブルを交換します。

    3. リモート エンドで設定を確認し、ポート設定と一致するか確認します。

      問題が続くようであれば、サービス プロバイダーに問い合せてください。

  3. ループバックプラグを取除き、E1 行を再接続して下さい。

  4. 配線を確認します。

  5. ルータの電源をオフ/オンします。

  6. E1 回線を別のポートに接続する。 回線と同じ設定で、ポートを設定します。

    問題が続かない場合は、障害はポートにあります。 その場合は、次のステップを最後まで実行します。

    1. E1 回線を元のポートに接続する。

    2. ハードウェアのループテストを実行します。 詳細については、E1 行資料についてはハード プラグ ループバック テストを参照して下さい。

Transmit Remote Alarm Indication

インターフェイスに終端装置から受け取る場合に問題があることを E1 インターフェイスの transmit (tx) RAI は意味します。

txRAI エラーを訂正するために、次のステップを完了して下さい:

  1. リモート エンドの設定を確認し、ポート設定に一致するか確認します。

  2. 別の alarim は txRAI に伴います。 このアラームは E1 ポート/カードに終端装置からの場合とある問題を示唆します。 txRAI を解決するために状態を解決して下さい。

送信アラーム表示信号

txAIS アラームは E1 コントローラがシャットダウンされるとき宣言されます。 すべての "1"s で構成されているメッセージは E1 無枠場合で送信 されます。

txAIS エラーを訂正するために、これらのステップを完了して下さい:

  1. E1 コントローラが稼働しているようにする show controller e1 number コマンドを発行して下さい(番号はインターフェイス番号です)。

  2. E1 コントローラがない場合、それを始動する no shutdown コマンドを発行して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 14158