WAN : T1/E1 と T3/E3

ライン コーディング情報

2016 年 10 月 28 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、頻繁に寄せられるライン コーディングの質問について説明します。

Q. Cisco に DS-3 行で使用するべきライン コーディングに関して公式 プリファレンスがありますか。 オプションは Cbit または M 13 です。 をなぜ使用しないか原因がないことをようではないです。 ライン コーディングがルータに対して透過的であり、気遣わなければそれが DS-1 に類似した、権限であると仮定していますか。

A. Ciscoインターフェイスが実際に行を「見ない」のでによって符号化がであるものが重要ではありません。 ネットワーク回線のフォーマッティングおよび符号化を心配しなければならないインターフェイスは T3 DSU です。

DSU (例えば T3 と)のベンダーは両方をサポートしないかもしれません。 DSU が両方ともサポートする場合、Cbit は改善されたメンテナンス オプションのために好まれます。

Cbit はネットワーク管理のような事柄のためにインバンド シグナリングを使用したいと思うとき T1 の Facility Data Link (FDL)に類似した使用されます。 それは 21 ビット フィールドです。 Cbit はそれが M フレームと呼ばれる以外、T1 フレームのような M13 フレームの一部です。 "13" は DS3 マルチプレクサ、それ故に M13 に DS1 を表します。


関連情報


Document ID: 14151