音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco 7800 シリーズ メディア コンバージェンス サーバ

Cisco CallManager 3.0(1) インストール手順

2015 年 11 月 26 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

Cisco CallManager リリース 3.0(1) には、Cisco CallManager がインストールされているサーバのドメイン ネーム システム(DNS)設定に関する複数の既知の警告があります。 インストール プロセス中に構造化照会言語(SQL)による DNS への依存関係があるため、Cisco CallManager を正常にインストールするには DNS が必要です。 ただし、インストールが完了する後、Cisco Unified CallManager は DNS なしで特定の条件が満たされる限り動作できます。 また DNS と動作するとき、すべての既知の警告が避けられるようにするために注意して下さい。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

この文書に記載されている情報は Cisco CallManager 3.0(1)に基づいています。

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Cisco CallManager 3.0(1)に関するDNS 問題

これは Cisco CallManager 3.0(1)における既知 DNS 問題のリストです:

これらのインストーラ バグと同様、:

このセクションは回避策にどのようにこれらの警告を解説します。

全体の OS CD をインストールして下さい(1)ディスクはこれに留意し。 Cisco バグ ID CSCdr65502登録ユーザのみ)にインストールプロセスの間に動作できます。 画面がこの画面で 10 分以上の間ハングする場合、先に行き、マシンをリブートすればインストールは普通続きます。 この問題は BIOS のより古いバージョンのマシンに帰因します。

: Running array F/W Update

: COMPAQ H/W Upgrade Utlility 4.0.1A (R)

: Reprogramming Firmware

DO NOT RE-BOOT OR POWER CYCLE MACHINE!!!

注: CD は Cisco バグ ID CSCdr46034登録ユーザのみ)が理由でディスク 1 インストールの間にホスト名でハイフンかアンダースコアを使用することを可能にしません。 変更が必要となる場合、インストールプロセスのこの回避策以降の一部として行われます。 ここでは、ハイフンかアンダースコアなしで名前を入力して下さい。

最初の CD をインストールした後、既に IP アドレス 情報、また DNSサーバ情報および DNS サフィックスを入力しました。 SQL 含まれている、DC Directory および Cisco Unified CallManager が第 2 インストール用CD (挿入する前に)これらのステップを完了して下さい:

  1. デスクトップのマイ コンピュータを右クリックし、『Properties』 を選択 して下さい。 このダイアログボックスは現われます:

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/unified-communications/7800-series-media-convergence-servers/13931-cm301-4.gif

  2. Properties ボタンをクリックします。 このボックスでは「コンピュータ名」は設定されるものがこのマシンのためのホスト名で DNS で一致する必要があります。 ハイフンかアンダースコアなしでマシン名を入力したが、マシン名はハイフンかアンダースコアがあってほしい場合このボックスでそれを変更して下さい。

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/unified-communications/7800-series-media-convergence-servers/13931-cm301-5.gif

  3. More ボタンをクリックして下さい。 dialogthat ではドメイン メンバシップ変更がチェックを外されるときようです、このコンピュータのプライマリ DNS サフィックスがブランクおよび変更プライマリ DNS サフィックスであることを確かめます。 Spirian インストール用CD はこれに記入します従ってこのようになることは重要です:

    http://www.cisco.com/c/dam/en/us/support/docs/unified-communications/7800-series-media-convergence-servers/13931-cm301-6.gif

    コンピュータ名またはダイアログへのどの変更でも行う場合、コンピュータは再起動する必要があります。 すべてのダイアログに良く言った後再起動するためにプロンプト表示されます。

  4. 疑わしい Cisco Unified CallManager のためのホスト名がある DNSサーバで逆 DNS エントリのためのホストエントリおよび PTR レコードが両方同様に含まれているようにして下さい。 この逆DNSエントリなしで、Cisco Unified CallManager クラスタ処理ははたらきません。

DNS が使用されない場合、サーバに全然設定される DNSサーバがないようにすべての DNS Configuration ダイアログボックスが空であることを確認して下さい。 場合、IP アドレスが Cisco CallManager名として使用されても、まだ逆 DNS に頼ります。

DNSサーバがまったくない場合、LMHOST ファイルを編集し、IP アドレスにクラスタのコンピュータおよび他のどのコンピュータのためのホスト名マッピングに手動で置いて下さい。 LMHOST ファイルは C:\WINNT\system32\drivers\etc ディレクトリで見つけることができます。 このファイルの形式に関する手順自体はファイルに含まれています。

これらの回避策が設定されていたら、第 2 ディスクをインストールし、手動で CD の Cisco Unified CallManager インストーラを実行して下さい。

Cisco Unified CallManager をインストールした後、Cisco バグ ID CSCdr65911登録ユーザのみ)で文書化されていますコンパック パーティション ユーティリティ問題を回避して下さい。 利用可能になるときマシンを削除し、3.0(2) CD と再インストールすれば F10 キー作業を再度作る方法がありません。 一方、ユーティリティはフロッピーディスクから必要ならば実行することができます。 ユーティリティはコンパック Webサイトからここにダウンロードすることができます:

http://h20000.www2.hp.com/bc/docs/support/SupportManual/c00280248/c00280248.pdf?jumpid=reg_R1002_USEN leavingcisco.com

私を読まれるそしての手順に基づいて 4 フロッピーディスクをファイル作成し、最初のフロッピーディスクから起動して下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13931