音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unified Communications Manager(CallManager)

Avaya Octel 250 メッセージング サーバと Cisco CallManager バージョン 2.4 との統合

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


目次


概要

このドキュメントでは、Cisco CallManager バージョン 2.4 と Avaya Octel 250TM メッセージング サーバを統合する方法について説明します。

前提条件

要件

このドキュメントに関する特別な要件はありません。

使用するコンポーネント

このドキュメントの情報は、次のソフトウェアとハードウェアのバージョンに基づくものです。

  • 1 つの利用可能 なシリアル(COM)ポートが付いている Cisco Unified CallManager PC。

  • アナログ ステーション ポート、Octel ポートごとに 1 つ。 アナログ ステーション ポートは Cisco アクセス アナログ ステーション ゲートウェイで提供されます。 ゲートウェイは 2 つ(AS-2)、4 つ(AS-4)および 8 つの(AS-8)ポートコンフィギュレーションで購入することができます。

  • リモートサービス アクセスのための 1 つのアナログ ステーション ポート。

  • ケーブル、25 ペア、オス型amphenol、FLT ごとに 1 人。

  • DB25-to-DB9 コネクタ。

  • 最小 ソフトウェア: バージョン 2.4

このドキュメントの情報は、特定のラボ環境にあるデバイスに基づいて作成されたものです。 このドキュメントで使用するすべてのデバイスは、クリアな(デフォルト)設定で作業を開始しています。 ネットワークが稼働中の場合は、コマンドが及ぼす潜在的な影響を十分に理解しておく必要があります。

表記法

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

背景説明

/image/gif/paws/13922/drawing1.gif

RS-232 統合によって、呼び出し情報は Cisco Unified CallManager と Avaya Octel 250TM 間のデジタルリンクに送信されます。 音声通信は CallManager で Octelシステム内の FLT に接続するアナログ ステーションのハント グループが作成する別個のパスによって提供されます。 ハント グループが着信コールを受信するとき、呼び出し情報が含まれている Cisco Unified CallManager からの標準 SMDI 形式のデジタル メッセージが同伴します。 Octel 250 はそして特定のポートのコールに応答し、適切なメッセージをします。 メッセージ待ち 通知を取り消すために設定 するか、または、Octel 250 は Cisco Unified CallManager に RS-232 リンク上のデジタル メッセージを送ります。

注: この資料はすべてのハードウェア および ソフトウェア 製品の固有バリエーションがある各設定 の 可能性を予想する場合がありません。 この資料で詳述されない問題に直面することができることを覚えて下さい。 その場合、ルーセントか Cisco を知らせて下さい。 連絡先 情報はこの資料の終わりに提供されます。

Octel 250 発注情報

  • 行 TIC (FLT)を、ボード毎に 8 つのポート ファックスして下さい。

  • ディスク ドライブ。

  • RS-232 統合 ソフトウェア。

注: Octel 250 のシリアルチャンネル 1、2、および 3 は RS232 統合リンクかシステム管理ターミナル(SMT)として設定可能です。 SMT これらのチャネルをサポートするのに使用された場合ヌルモデムケーブルを必要として下さい。 チャネル 4 は SMT 使用のために予約済みで、ヌルモデムケーブルを必要としません。

次 の テーブルは統合リンクおよび SMT の正当な組み合わせを示します:

統合リンクの数 システム管理ターミナルの数
1 3 まで
2 2 まで
3 1 まで

サポートされている機能

このセクションはサポートされる機能をリストします:

  • 順方向のステーション パーソナル グリーティングに。

    音声メールシステムは Call forward all 状態が理由で転送されたようにすべての転送された コールを処理します。

    • すべての呼び出し

    • 使用中

    • ring-no-answer

  • メッセージ待ち 通知

    • 光だけ

  • アウトコールすること

  • Automated Attendant

  • 多重戻りにオペレータ

  • ダイレクト コール

  • 内部電話返事モードでサブスクライバが残すメッセージに答えて下さい

  • 送信側を呼出して下さい

Cisco CallManager統合

Cisco Unified CallManager は Cisco Messaging Interface によって Octel に統合に 250 のシステムを与えます。 このインターフェイスは Octel 250 に SMDI データ ストリームを提供します。 音声接続は Cisco アクセス アナログ ステーション ゲートウェイ ポートからのアナログ回線に実現します。 Cisco Unified CallManager を Octel 250 と統合ために設定するように以降のセクションのステップを完了して下さい。

注: Cisco CallManager バージョン 2.4 はこれらのステップを続行する前に既にインストールする必要があります。

1. Cisco Messaging Interface をインストールして下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco Messaging Interface ソフトウェアをインストールするために Cisco CallManager Administration を開いて下さい。

  2. 『Plug-ins』 をクリック して下さい。

    結果: オプション コンポーネント画面は表示する。

  3. 『Cisco Messaging Interface』 をクリック し、ソフトウェアをインストールするためにスクリーン上の指示を従って下さい。

    結果: インストールが終了次第、Cisco Messaging Interface はインストールされています。

2. アナログ ステーション ゲートウェイを追加して下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco CallManager Administration を開きます。 これを行うために、> Cisco Unified CallManager 2.4 > CallManager Administration 『Start > Programs』 を選択 して下さい。

    結果: Welcome 画面は表示する。

  2. [Configuration] をクリックします。

    結果: システム 画面は表示する。

  3. 『Device Wizard』 をクリック して下さい。

    結果: Device ウィザード- New 画面は表示する。

  4. デバイスの種類 ボックスで、『Analog Access』 を選択 し、『Next』 をクリック して下さい。

    結果: Device ウィザード- MAC アドレス 画面は表示する。

  5. MAC アドレス ボックスでは、ゲートウェイのマシン(MAC)アドレスを入力して下さい。 MAC アドレスはゲートウェイの後部の 12 文字数です。 たとえば、0010EB001C11。

  6. 説明ボックスでは、入力して下さい "Gateway1" または「音声メールのような説明を」。 これはオプションのボックスです。

  7. [Next] をクリックします。

    結果: Device ウィザード-デバイス プール コンフィギュレーションスクリーンは表示する。

  8. (Device Pool) ボックスで、割り当てられるこのゲートウェイがほしいと思うデバイス プールを選択して下さい。 デバイス プールは領域を、日付/時間グループ判別し、ゲートウェイが使用する CallManagerグループ。

  9. [Next] をクリックします。

    結果: Device ウィザード- Location コンフィギュレーションスクリーンは表示する。

  10. 『Hub』 を選択 して下さい。

  11. [Next] をクリックします。

    結果: Device ウィザード-ロードID 画面を表示する割り当てて下さい。 既定の読み込み ID はあなたのために供給されます。

  12. [Next] をクリックします。

    結果: Device ウィザード-国別コード 画面を表示する割り当てて下さい。

  13. ボックスで、ゲートウェイがある国を選択して下さい。

  14. [Next] をクリックします。

    結果: Device ウィザード-アナログ アクセス ポート コンフィギュレーションスクリーンは表示する。

  15. ポートの選択順序 ボックスで、ポートにゲートウェイで選択されてほしい順序を選択して下さい。 TOP_DOWN はチャネルが 1 から 8 まで降順で選択されることを意味します; BOTTOM_UP はチャネルが昇順 8 に 1.で選択されることを意味します。 使用するポート順序が TOP_DOWN を選択する確実ではない場合。

  16. この画面のゲートウェイのポートを設定できます。 ゲートウェイの各ポートに関しては、対応する ポート 番号 ボックスをクリックし、ポートの通信プロトコルを選択して下さい。 アナログ ステーション ゲートウェイに関しては、ポートタイプを『POTS』 を選択 して下さい。

  17. [Next] をクリックします。

    結果: Device ウィザード- POTS ラインコンフィギュレーション 画面は表示する。

  18. Directory Number ボックスを空のままにして下さい。 入力しないで下さい「前方すべてのような他のどのフィールドにも」、「前方使用中」、か「Forward No Answer」。

  19. [Next] をクリックします。

    結果: Device ウィザード-確認 の 画面は表示する。

  20. デバイス名およびデバイス タイプ情報が正しいかどうか確かめて下さい。 そうでないか、またはの値変更したいと思ったら既に選択していたら場合、『Back』 をクリック して下さい。 情報が正しい場合、『Finish』 をクリック して下さい。

    結果: Device ウィザード-アナログゲートウェイが追加されたことを示す Done 画面は表示する。

  21. [OK] をクリックします。 より多くのアナログゲートウェイを追加するためにこれらのステップを繰り返して下さい。

3. 音声メール行を設定して下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco CallManager Administration の上メニューでは、システムをクリックして下さい。

    結果: システム 画面は表示する。

  2. Cisco Messaging Interface 領域で、『Configure』 をクリック して下さい。

    結果: Cisco Messaging Interface コンフィギュレーションスクリーンは表示する。

  3. Directory Number ボックスでは、Octel アクセス番号として使用したいと思うディレクトリ番号を入力して下さい。 外部電話から Octel 250 にアクセスしたらことをユーザが可能にしたいと思う場合 Direct Inward Dial (DID)数であるディレクトリ番号を選択して下さい。 これはアナログポート 設定の Device Pool フィールドで入力した同じ数です。

  4. COM Port Number ボックスで、CallManager のシリアル COMポートの COMポート数を選択して下さい。 この COMポートはによって Octel 250 非同期ポートに Lucent/OMD 提供しました RS-232 ケーブル(P/N 057-1323-000)および顧客提供 DB25-to-DB9 コネクタを接続されます。

  5. [Update] をクリックします。

    結果: 情報はデータベースに保存されました。

4. 1234 にコール リスタート タイマーを設定 して下さい

各 POTS ポートで、1234 の値にコール リスタート タイマーを設定 して下さい。 この設定はアナログ ステーション ゲートウェイのために必要接続解除に Octel ポートにダイヤルトーンを再生するためにです。 Octel はダイヤルトーンがポートをリリースするように要求します。

次の手順を実行します。

  1. Cisco CallManager Administration の上メニューでは、『Gateways』 をクリック して下さい。

    結果: デバイスのリストは表示する。

  2. ゲートウェイのリストでは、ちょうど追加したゲートウェイの隣でアイコンをクリックして下さい。

    結果: ゲートウェイ デバイス 情報は表示する。

  3. Port Parameters 領域で、『Configure』 をクリック して下さい。

    結果: アナログ アクセス ポートパラメータ 画面は表示する。

  4. [Advanced] をクリックします。

    結果: 追加パラメータは表示する。

  5. Call Restart Timer フィールドでは、1234 入力し、『Update』 をクリック して下さい。

    結果: パラメータはアップデートされました。

  6. [Continue] をクリックします。

    結果: このゲートウェイのためのデバイス情報は表示する。

  7. アップデートされる必要がある追加ポートがあったら左のリストの各ポートのためのアイコンをクリックし、各 POTS ポートのためのステップ 3 〜 7 を繰り返して下さい。

5. ルート ポイント/ルート グループ

注: Cisco Unified CallManager の現在のバージョンは最大ルート ポイント毎にルート グループおよび 30 人のルート グループ毎に 49 のポートを可能にします。 いくつかの音声メール 実装は複数のルート ポイントを必要とするかもしれません。

次の手順を実行します。

  1. Cisco アクセス アナログ ステーション ゲートウェイのポートのためのルート グループを設定するとき、ルート グループにすべてのポートをすぐに割り当てるために All オプションを選択しないで下さい。 その代り、ルート グループにそれぞれにポートをそれぞれ割り当てて下さい。

  2. ルート グループの各ポートとルート ポイントの各ルート グループにユニークな注文番号を割り当てて下さい。 ルート グループのポートと音声メールシステムのポート間に 1対1の関係があります。 音声メールシステムのポート 1 は適切なルート グループで選択される最初のポートと対応し、ルート ポイント 組み合せは選択される第 2 ポートと、音声メールシステムのポート 2 等対応する必要があります。 たとえば 8 つのポートが付いている 3 つの Cisco アクセス アナログ ステーション ゲートウェイがそれぞれあると、仮定して下さい。 次 の テーブルに示すようにルート グループとルート ポイントにそれらのポートを割り当てる可能性があります。

    /image/gif/paws/13922/img2.gif

6. Cisco Messaging Interface を開始して下さい

次の手順を実行します。

  1. 開いた Cisco Process Control は(> Cisco Unified CallManager 2.4 > Cisco Process Control 『Start > Programs』 をクリック して下さい)、または既に動作しているかどうか確かめます。 Cisco Process Control が動作する場合、システムトレイのアイコンをダブルクリックして下さい。 稲妻のように Cisco Process Control アイコン見え。 システムトレイはモニタの右下隅にあり、動作しているアプリケーションのアイコンを表示する。

  2. Cisco Process Control で、『Cisco Messaging Interface』 を選択 し、『Start』 をクリック して下さい。

    結果: Cisco Messaging Interface は動作し始め、10 桁 入出力 ストリングを伝送し、受け取ります。 音声メールシステムが 10 桁 入出力 ストリング以外何かを必要とする場合、Cisco Messaging Interface ががこれを反映することができるできるように登録値を調節して下さい。 以降のセクションを、Cisco Messaging Interface 統合、詳細については参照して下さい。

    注: Cisco Messaging Interface を停止する場合、音声メールシステムは起呼 端末を識別するか、またはメッセージ待機インディケーターを操作できません。

7. ユーザのキーパッド テンプレートに Message Waiting ボタンを追加して下さい

次の手順を実行します。

  1. Cisco IP Phone はキーパッド テンプレートをユーザの電話で現われるボタンを判別するのに使用します。 電話によって使用されるキーパッド テンプレートが Message Waiting ボタンが含まれているようにして下さい。 彼らに音声メールメッセージがあるときユーザが判別できるようにこれが必要となります。 Cisco CallManager Administration の上メニューでは、システムをクリックして下さい。

    結果: システム 画面は表示する。

  2. Keypad Templates 領域で、『Configure』 をクリック して下さい。

    結果: キーパッド テンプレート 画面は表示する。

  3. まだユーザ向けに設定されるキーパッド テンプレートがあっていない場合キーパッド テンプレートを追加するか、またはカスタマイズするためにプロシージャについては Cisco CallManagerシステム ガイドを参照して下さい。 テンプレートを設定するとき Message Waiting ボタンを含むことを忘れないでいて下さい。 既に設定され、ユーザに電話を割り当てられるキーパッド テンプレートがあっている場合 Keypad Template リストのそのテンプレートをクリックして下さい。

    結果: Keypad Template Configuration 画面は表示する。

  4. Message Waiting ボタンを割り当てることを望むボタン 位置を選択して下さい。 そのではリスト ボックスを、『Message Waiting』 を選択 します廃棄して下さい。

  5. Message Waiting ボタンのための機能インデックス ボックスでは、『1』 を選択 して下さい。 Message Waiting ボタンの 1 つの例だけ持たなければなりません。 従って、機能インデックスは 1.です。

  6. [Update] をクリックします。

    結果: Message Waiting ボタンはユーザ向けにキーパッド テンプレートに割り当てられました。

  7. 実施されるために変更のための Cisco Unified CallManager を再起動して下さい。 Cisco Process Control を開いて下さい。 これを行うために、> Cisco Unified CallManager 2.4 > Cisco Process Control 『Start > Programs』 をクリック して下さい。

    結果: Cisco Process Control は表示する。

  8. リストで、『Cisco CallManager』 を選択 し、『Stop』 をクリック して下さい。

    結果: Cisco Unified CallManager 停止。

  9. サービスが停止したら、『Start』 をクリック して下さい。

    結果: Cisco Unified CallManager は開始し、キーパッド テンプレートへの変更は有効になります。

  10. ユーザに電話のための新しいキーパッド テンプレートを印刷するように助言して下さいそうすれば更新済ボタン レイアウトは反映されます。

Cisco Messaging Interface インターフェイス 統合

Cisco CallManager バージョン 2.4 のための Cisco Messaging Interface は調節可能なディジット ストリングを可能にします(デフォルトは両方の入出力 ストリングのための 10 ディジットです)。 これは SMDIリンクの音声メール マシンに送信 される前に 10 ディジットに達するまでディレクトリ番号が 7 ディジットなら、7 桁数は先行ゼロとパッドを入れられることを意味します。 たとえば、1234567 は 0001234567 になります。

音声メールシステムがデフォルト 10 桁 入出力以外何かを必要とする場合、Cisco Messaging Interface レジストリの入出力 ストリングを修正できます。

これらのステップを実行する必要がありますか。

音声メールシステムが入出力のために 10 ディジット以下必要とする場合、Cisco Messaging Interface を修正するのに次のステップを使用する必要があります。 Cisco Messaging Interface は 1 から 10 の入力されたまたは出力ディジットの範囲を可能にします。

音声メールシステムが 10 桁 入出力 ストリングを受け入れれば、このセクションの手順を従う必要はありません。 Octel System Integration セクションにスキップして下さい。

ディジット 形式を理解して下さい

デフォルトで、Cisco Messaging Interface (別名 Selsius Unified Messaging インターフェイス)は 10 桁 ストリングを伝送し、受け取ります。 これは 10 桁デフォルトよりディジットの異なる数のために設定される音声メールシステムに問題を引き起こす場合があります。 アプリケーションに合うために調整をする必要があるときだけ次を、一例として使用して下さい。

9212345

ここで、

  • 9212345 は音声メールシステム 7 ディジットを必要とします。

  • 92 音声メールシステムによって認識される一定したプレフィクス ディジット。

  • 12345 Cisco IP 電話のディレクトリ番号。

ディジット 形式を調節して下さい

注: これらのステップを試みる前に Cisco Messaging Interface をインストールして下さい。

ディジット 形式を 10 ディジットが音声メールシステムによって必要な数にデフォルトから変更するためにこれらのステップを完了します:

  1. 形式に調整をするために Cisco Messaging Interface (別名 Selsius Unified Messaging インターフェイス)のためのレジストリ エディタの 2 つの値をアップデートして下さい。 [Start]、[Run] の順にクリックします。

    結果: Run ダイアログボックスは表示する。

  2. regedit を入力し、『OK』 をクリック して下さい。

    結果: Registry Editor ウィンドウは表示する。

  3. HKEY_LOCAL_MACHINE/Software/Selsius Systems Inc./Selsius Unified Message Interface をクリックして下さい。

    結果: デフォルト情報はサブ フォルダと共に、表示する。

  4. OutputDnFormat と呼ばれるストリングを編集して下さい。 このレジストリエントリは音声メールシステムから出力されているストリングだけに影響を与えます。 音声メールシステムによって期待される一定したプレフィクス ディジットを知って下さい、また音声メールシステムが受信すると期待するディジットの数。 OutputDnFormat を右クリックし、『Modify』 を選択 して下さい。

    結果: [Edit String] ダイアログボックスが表示されます。

  5. たとえば s.に先行しているシステムのディレクトリ番号のディジットの先行ゼロ、そして数のすぐ前に先行している%に一定したプレフィクス ディジットを 92%05s 入力して下さい(ディレクトリ番号は 5 ディジット長くおよび 92)と付加されてまたは 214510%04s です(ディレクトリ番号は長く 4 ディジットおよび 214510)と付加されてです。

  6. [OK] をクリックします。

    結果: OutputDnFormat のために表示する入力したデータ。

  7. DWORD によって呼出される InputDnFormat を編集して下さい。 音声メールシステムが各 SMDI メッセージの Cisco Unified CallManager に送信 する ディジットことをの数確認して下さい。 InputDnFormat に右クリックし、『Modify』 を選択 して下さい。

    結果: Edit DWORD Value ダイアログボックスは表示する。

  8. 値のデータ ボックスでは、ディジットの数をディレクトリ番号のためのシステム使用入力して下さい。 たとえば、5 か 7。

  9. 基礎エリアで、『Decimal』 をクリック して下さい。 10 進数だけを使用することを推奨します。

  10. [OK] をクリックします。

    結果: InputDnFormat のために表示する入力したデータ。

  11. Registry Editor ウィンドウを閉じて下さい。

  12. Cisco Messaging Interface を開始して下さい。 (そうするため、> Cisco Unified CallManager 2.4 > Cisco Process Control 『Start > Programs』 をクリック して下さい。 『Cisco Messaging Interface』 を選択 し、『Start』 をクリック して下さい)。

トラブルシューティング

Cisco Messaging Interface はトラブルシューティングを行うのに使用されるべきトレース ログを提供します。 すべてのメッセージが音声メールシステムと Cisco Unified CallManager の間で送信 し、受け取ったトレース Log レポート。 使用中ときのトレース ログを消すことを推奨します。

トレース ログをつけて下さい

次の手順を実行します。

  1. トレース 機能をつけるために Cisco Messaging Interface (別名 Selsius Unified Messaging インターフェイス)のためのレジストリ エディタの 1 つの文字列型の値をアップデートして下さい。 [Start]、[Run] の順にクリックします。

    結果: Run ダイアログボックスは表示する。

  2. regedit と入力し、[OK] をクリックします。

    結果: Registry Editor ウィンドウは表示する。

  3. HKEY_LOCAL_MACHINE/Software/Selsius Systems Inc./Selsius Unified Message Interface をクリックして下さい。

    結果: デフォルト情報はサブ フォルダと共に、表示する。

  4. トレースと呼ばれるストリングを編集して下さい。 トレースを右クリックし、『Modify』 を選択 して下さい。

    結果: [Edit String] ダイアログボックスが表示されます。

  5. SumiLog.txt

  6. [OK] をクリックします。

    結果: トレースのために表示する入力したおよびトレース 機能はつきますデータ。

  7. Windowsエクスプローラを開き、Cisco \ビン サブディレクトリに行って下さい。

  8. ファイル SumiLog.txt をダブルクリックして下さい。 表示するためにこのファイルのためのウィンドウをリフレッシュして下さい。

    結果: ログファイルは音声メールシステムと Cisco Unified CallManager の間で送信 され、受け取ったすべてのメッセージを報告します。 以下はトレースファイルで示されているかもしれない情報の例です(実際のトレースファイルのパラメータは下記に示されているそれらとわずかに異なります)。

        15:24:39.703 |Process Initalizing () 
        15:24:39.703 |Read OutputDnFormat string: 92%05s 
        15:24:39.703 |Read InutDnSignificantDigits: 5 
        15:24:40.694 |Init - Dirn - 5100, Port - COM1
        15:24:40.694 |Opening the com port
    
  9. 診断情報のためのトレース ログをまたは形式がに送信 し、音声メールから受け取られて予想通りあることを確認するために見て下さい。 確認を完了したら、Registry Editor ウィンドウに戻して下さい。

  10. トレースと呼ばれるストリングを編集して下さい。 トレースを右クリックし、『Modify』 を選択 して下さい。

    結果: [Edit String] ダイアログボックスが表示されます。

  11. SumiLog.txt を削除し、ボックスを空のままにして下さい。

  12. [OK] をクリックします。

    結果: トレースおよびトレース 機能のための引用符マーク ディスプレイだけ消えます。 重要: これがされなければ SumiLog は育ち続けま結局かなりディスクスペースを消費します。

いろいろ な エラー

このセクションは見つけられる可能性がないいくつかのエラーをリストします。

問題: Windowsエクスプローラの SumiTrace.txt ファイル無し。

[Condition]: これはトレース データをきちんと入力し損った場合発生するかもしれません。

解決策トレース ログ セクションの回転のステップを繰り返し、再試行して下さい。

問題: "%010s" という値は OutputDnFormat のためにレジストリのこのエントリの値を修正した後示されます。

[Condition]: これはこのストリングのデフォルト値で、別の値のストリングを修正しないか、またはストリングがきちんと修正されなかったことを示します。 また、レジストリを修正した後確実で停止および再始動 Cisco Messaging Interface であって下さい。

解決策: ステップを調節の 4-6 Digit Format セクション繰り返し、適切な値のデータを確認するために TraceLog.txt ファイルを入力されましたチェックして下さい。

問題: 10 というデフォルト値はディジット 長さのためにレジストリのこのエントリの値を修正した後示されます。

[Condition]: これはこの DWORD のデフォルト値で、別の値の DWORD を修正しないか、または DWORD がきちんと修正されなかったことを示します。 また、レジストリを修正した後確実で停止および再始動 Cisco Messaging Interface であって下さい。

解決策: ステップを調節の 7-10 Digit Format セクション繰り返し、適切な値のデータを確認するために TraceLog.txt ファイルを入力されましたチェックして下さい。

Octelシステム 統合

このセクションは各メニューでアップデートする必要がある値を記述します。

  1. メニュー 1.1 のこれらの値をアップデートして下さい。 (メインメニューから、『1』 を選択 して下さい メニュー 1 から、1.)選択して下さい

    • PBX 型: 3 - Centrex #1AESS 全二重

    • 拡張のディジットの数(アウトコールすることおよび ECP に使用する): set to mailbox length

    • 拡張のディジットの数(待っているメッセージに使用する): 10

      注: メッセージ待機インディケーターのための 10 桁 拡張への Cisco Messaging Interface デフォルト。 これは Windowsレジストリの値の修正によって調節することができます。 詳細についてはセクションを、Cisco Messaging Interface 統合参照して下さい。

  2. メニュー 4.1 のこれらの値をアップデートして下さい。 (メインメニューから、『4』 を選択 して下さい メニュー 4 から、1.)選択して下さい

    • 拡張/電話 NO: 各特定のポートにプラグインされる各アナログ回線の LTN (Logical Terminal Number)に先行しているメッセージ デスク数に先行している 2 ディジット 物理リンク数を(表を参照して下さい)入力して下さい。 このフィールドは次の形式の 9 桁の数が、含まれている必要があります:

      LLGGGMMMM

      LL = 物理リンク数(常に 01)

      GGG = メッセージ デスク(DCC)数(常に 001)

      MMMM = Logical Terminal Number (0001 - 0128)

    • ライン タイプ: 35 ループスタート

    • M カラム: すべてのポートのための N

  3. メニュー 4.3 のこれらの値をアップデートして下さい。 (メインメニューから、『4』 を選択 して下さい メニュー 4 から、3.)特別な RS-232 メッセージ待っていることを選択して下さい: Y

    物理リンク数 コネクタ 指定
    01 Async1
    02 Async 2
    03 Async 3

  4. メニュー 6.1 のこれらの値をアップデートして下さい。 (メインメニューから、『6』 を選択 して下さい メニュー 6 から、1.)選択して下さい

    • オンフック時間は点滅します: 850 ミリ秒

    • 一時停止時間: 1000 ミリ秒

    • コールを転送するダイヤル シーケンス: FPN

    • コールを再接続するダイヤル シーケンス:

      Ring No Answer: F

      使用中: F

    注: PBX のためのこれらのダイヤル シーケンスを確認して下さい。

  5. メニュー 6.5 のこれらの Integration Link Management 値をアップデートして下さい。 (メインメニューから、『6』 を選択 して下さい メニュー 6 から、5.)選択して下さい

    • リンク番号: (1-3)

    • リンク名:

      システムが統合されているスイッチの型: 3 - 1A ESS/SMDI

      フルデュプレックス

      ボーレート: 3 - 9600 ボー

      データビットの数: 0 - 7 データビット

      ストップ・ビットの数: 0 - 1 つのストップ・ビット

      パリティ(どれも/異様/): 2 -偶数 パリティー

      XON/XOFF: 1 -無視 XON/XOFF

      キャリア検知: 1 -使用されないキャリア検知

      SMDI メッセージ待っていることをチェックする拡張: 空白のままにします。

      最大 メッセージ。 待っているオペレーション 毎秒: 1

      このリンクが準であるスイッチ番号: 1

      SMDIリンク アラーム しきい値カウンター: 1

    注: 上記のメニューを設定した後、統合 リンクをリセットするために 6.5.5 を『menu』 を選択 して下さい。

  6. メニュー 8.のこれらの値をアップデートして下さい(メインメニューから、8.)選択して下さい

    • サブスクライバの拡張番号

      注: メールボックス番号と先行ゼロで「サブスクライバの拡張」数を設定できます。 たとえば、メールボックス 5001 はサブスクライバの 10 ディジットに匹敵する 0000005001 の駐屯地 番号がある場合があります。

RS-232 データリンクをインストールして下さい

Octel 通信は Cisco Unified CallManager PC の COMポート接続するためにケーブルをから Octel 250 に提供します。 DB25-to-DB9 コネクタと共にケーブル 部品番号 057-1323-000 を使用して下さい。 Octel 250 の CF ボードの適切なシリアルポートにケーブルを接続して下さい。 図 2 を参照してください。

/image/gif/paws/13922/fig2.gif

FLT ケーブルをインストールして下さい

8 つのアナログ音声ポートまでの各 FLT ボード サポート。 各 FLT に 1 つの 25 ペアが、アンフェノール ケーブル必要となります。 図 3 8 つの音声ポートのそれぞれのための適切なケーブル ピン配列を示します。

fig3.gif

インストールをテストして下さい

インストールが完了するとき統合かどうかテストするのにこれらのシナリオを使用して下さい:

  • 2 つのテスト拡張と関連付けられる 2 つのメールボックスを作成して下さい。 各メールボックスのための名前およびパーソナル グリーティングを記録して下さい。

  • 使用中および返事無しの自動転送 Octelシステム アクセス番号へのテスト拡張。

  • 他のテスト拡張を呼出すのに 1 つのテスト拡張を使用し、鳴るようにして下さい。 パーソナル グリーティングを聞いて下さい。

  • メッセージを残して下さい。 メッセージ待機インディケーターがつくかどうか確かめて下さい。

  • 付随作業へのその転送をきちんと確認して下さい。

  • テスト拡張からの Octel 250 を呼出して下さい。 レコード名を聞き、パスワードを入力することを頼む必要があります。

  • メールボックスのメッセージを検討して下さい。 直接応答機能が動作することを確認して下さい。 これを行うために、メッセージの終わりに『8』 を押して下さい。

  • メッセージを削除する。 メッセージ待機インディケーターが消えることを確認して下さい。

連絡先情報

Cisco Systems

Technical Assistance Center

170 West Tasman Drive サンノゼ、CA 95134 (408) 526-4000

世界的な TAC 連絡先

LUCENT TECHNOLOGIES

Octel メッセージング部

1001 人のマーフィー牧場ロード

Milpitas、CA 95035-7912

(408) 321-2000

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13922