音声とユニファイド コミュニケーション : Cisco Unity

Cisco Unity のコールホールディング

2015 年 11 月 25 日 - 機械翻訳について
その他のバージョン: PDFpdf | 英語版 (2015 年 8 月 22 日) | フィードバック


質問


概要

このドキュメントでは、Cisco Unity での通話保留、およびキューの動作を説明し、複数の FAQ に回答します。 このドキュメントの情報は、Cisco Unity の全バージョンに基づいており、バックエンドで Microsoft Exchange または Lotus Notes(Domino)と統合されている場合でも違いはありません。

コール ホールディングおよびキューがどのようにはたらくか

Cisco Unity はサブスクライバやコール ハンドラ セットアップがどのようにによってあるかある特定の呼び出しを、保留の状態で送信します。 次に、例を示します。

ESubscriber に 99990 の拡張があります。 SAWeb のサブスクライバ 設定の下で、ESubscriber にこの数で YES、リング サブスクライバの拡張またははい、リング サブスクライバ 設定 される コール転送があります。

発信者は Cisco Unity の開始グリーティングにダイアルインし、ESubscriber に転送されたいと思います。 それらはディジット 99990# を入力します。 Cisco Unity そして場所はコールレグ保留の状態でスイッチ MOH サーバからの Music on Hold (MOH)音声ファイルを流し始め、(Cisco Unified CallManager かレガシー PBX)。 Cisco Unified CallManager に関しては、これはデバイス プールでボイスメールポートがメンバーのであること規定 されます。 Cisco Unity はそれからコールが最初に入った同じ ポートの管理された転送を始めます。 そのサブスクライバが電話に(または使用中)あれば、スイッチから使用中ステータスを調べます。 現時点で、Cisco Unity はキャンセル保持を奪取 し、次にコールを再開します。 サブスクライバまでのこのサイクル リピートはもはや使用中ではないし、転送は正常です、または発信者はキューを残すことを選択します。 同じキューのそれに続く発信者に関しては、それらはその前の発信者の後でキューで切断を進め、(Cisco Unity サーバにある) MOH 音声 ストリーム遊ぶことを止めます。 これらのパラメータを微調整する方法のこの資料の FAQ を参照して下さい。

ドキュメント表記の詳細は、『シスコ テクニカル ティップスの表記法』を参照してください。

Q. コール ホールディングは自動呼分散(ACD)を取り替えることができますか。

A. いいえ。 ACD のための適切な Cisco AVVID ソリューションは Cisco IP Contact Center (IPCC) Express、Ciscoカスタマー 応答ソリューション(CRS)、または Ciscoカスタマー応答アプリケーション(CRA)です。 これらは機能性を使用するためにより装備されていて。

Q. キューの最初の人のときとぎれとぎれの MOH を聞く理由

A. 正常な電話を保留の状態で設置できれば、MOH 罰金を聞ける場合問題は MOH にありません。 とぎれとぎれの MOH は実際にスイッチ(Cisco Unified CallManager かレガシー PBX)と統合 TAPI Service Provider (TSP) Cisco Unity 使用の設計上 の 制限が原因です。 無音は(ユーザが忙しいので)試みられた転送が失敗した後スイッチへの別の転送を試みる発信者が次の間隔までの TSP ポートおよび待機で置かれるので聞かれます。 MOH オーディオは試みられた転送がコールを再開する失敗した必要があり、オーディオを流さない後 Cisco Unity がので停止します。 この相互対話のための合計時間は起こるおよそ 5 秒です。 従って、MOH のおよそ 5 秒を、およそ 20 秒の無音、そして MOH のおよそ 5 秒、等再度聞きます。

Cisco Unity が Cisco Unified CallManager によって統合、および無音が環境のための問題なら場合」、転送している間置きなさいことを待ち、MOH サーバにこれを類似した何かを「言うために Cisco Unified CallManager の MOH 音声ファイルを変更できます。 それからボイスメールポートだけで使用される新しいデバイス プールの可聴周波ソースを定義して下さい。 このファイルは Cisco Unified CallManager が試みられた転送の成功か使用中ステータスで応答する前にだけ MOH オーディオのおよそ 5 秒を聞くので 5 秒以下ある必要があります。 これは TSP の設計上 の 制限の内でオペレーティングで、Cisco Unity のすべてのバージョンに適用します。

Q. 間の時間いっぱいはプロンプトを「保持し」続けるために『1』 を押す延びるためにことができますか。

A. はい。 間の時間いっぱいはプロンプトを「ミュージック プロンプトの長さによって保持し」続けるために制御されます『1』 を押します。 Cisco Unity のためのプロンプト エディタがありません。 時間いっぱいが修正することができる 2 つの異なる状況があります:

  1. キューの最初の発信者に関してはプロンプトの時を拡張するためにこのレジストリエントリを修正する必要があります。 デフォルトで、これらは 5 にそれぞれ設定 されます。 従って、5 つは25秒 5 つの等号によって待ち続けたい場合 Cisco Unity が発信者を再度プロンプト表示する前にキューの最初の発信者を待つ増加しました。 この値を増加するために、1 つのまたは両方の値を増加して下さい。 サービスは実施されるためにこれのために再開される必要がありません。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Active Voice\CallTransfer\1.0\Attempts = 5
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Active Voice\CallTransfer\1.0\WaitTimeSec = 5 
    
  2. キューのそれに続く発信者の場合、あなた自身の MOH ファイルを記録し、次の位置にそれを置くことができます。 Cisco Unity はファイル PHHoldMusic000.wavX:\CommServer\Localize\Prompts\ENU\G711\AvPHGreet\ ディレクトリの PHHoldMusic009.wav から開始する MOH ファイルを順に流しましたりそして最初のファイルにループバックします。 待機 音楽の一貫性を維持するために、PHHoldMusic000.wav をコピーでき 9 回 PHHoldMusic001.wav にコピーされたファイルを、PHHoldMusic002.wav、等名前を変更します。 余分 9 つの MOH ファイルを削除できません。 続けるために『1』 を押すときこれによりそれに続く発信者はフェイル・セイフ メッセージを聞きます。

    また MOH ファイルが流出を停止するまでキューのそれに続く発信者がキューの次の位置に進まないことわかっていてであって下さい。 それは 300 第 2 MOH ファイルを持つよい概念ではないです。 よい一時待機時間は 60 から百の 20 秒の間にいつでもです。 60 から百の 20 秒に" press 1 to continue holding " プロンプト間の時間いっぱいを拡張する好ましい習慣はこの範囲の MOH ファイルを作成することです。

Q. " press 1 to continue holding " プロンプトはできますミュージック プロンプトの間で取除かれるためにされるか。

A. いいえ。 Cisco Unity Setup はこれを可能にしません。 Cisco Unity は発信者がハングアップするときよい切断が常にないのでこうすれば設計されていました。 発信者が「保持し」続けるためにプロンプト表示されなかったら『1』 を押し、結局、ポート スタックしていますホールディングでハングアップします。

Q. 発信者が保持し続けるために「『1』 を押さない場合」発信者は開始グリーティングに差し向けられます。 コールは別のコール ハンドラに代りに発信することができますか。

A. いいえ Cisco Unity はユーザが応答し損うときコールをアービタに渡し、エントリポイント(開始グリーティング)にそれを再ルーティングするためにハードコードされます。 これはエンジニアが Dynamic Packet Transport (DPT)を編集しても変更することができません。 その代り、メッセージ交換コードは変更される必要があります。

Q. コール」プロンプトを転送する間、Cisco Unity の「待機ディセーブルにする方法

A. デフォルトで、Cisco Unity は拡張にコールを転送するときコール」プロンプトを転送する間、「待機します。 このプロンプトをディセーブルにするために、Cisco Unity 管理者でこれらのステップを実行して下さい:

注: このオプションは Unity 4.2(1) およびそれ以降で利用できます。 この機能は Cisco Unity の前のバージョンに利用できません。

  1. Cisco Unity 管理者では、適当なページに行って下さい:
    • 見つけて下さいテンプレートを修正するためにサブスクライバ アカウントを作成するのに使用しあらゆる Subscribers > Subscriber テンプレート ページに行き、修正したいと思うテンプレートを。 それから Call Transfer ページに参照して下さい。

    • 既存のサブスクライバ アカウントを修正するために、あらゆるサブスクライバに > Subscribers ページ行き、適当なサブスクライバを見つけて下さい。 それから Call Transfer ページに参照して下さい。

    • 既存の呼出しハンドラを修正するために、あらゆる Call Management > Call Handlers ページに行き、適当なコール ハンドラを見つけて下さい。 それから Call Transfer ページに参照して下さい。

  2. 間転送呼出 発信者 セクションでは、コール」プロンプト チェックボックスを転送する間、しません「待機チェックして下さい。
  3. Save アイコンをクリックして下さい。

関連するシスコ サポート コミュニティ ディスカッション

シスコ サポート コミュニティは、どなたでも投稿や回答ができる情報交換スペースです。


関連情報


Document ID: 13919